FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

ソーラー温水器からのパイプ管に保温チューブを付けました。

ソーラー温水器のタンクを乗せたのはいつだっただろう。
昨年から冷え込みが厳しい朝は屋根の上に乗っているタンクから水が供給されない。
凍ってしまうからだ。
仕方が無いので水道をタンクに回さずに直接ボイラーに行くようにバイパスを作って冬場使用していた。
そうなるとせっかくお天気が良い日にお湯が沸いていても冷え込みの厳しい夜から朝は使うことが出来ないのである。
少々困った問題でありました。
何とかしたいと考えていたのですが、そのまま又一年が経ってしまいました。

一昨日ですわ、朝お湯が出ないのです。
冷え込みが厳しくて。
きちゃったなと思ったのです。
今朝も出ません。
9時頃になると出始めます。

屋根の上に登ってみたらタンクの下からあるはずの保温チュープがずれ落ちて1メートルくらい丸裸になっていました。
これじゃあ凍るわ。
夏の屋根の暑さや紫外線によって外側に巻いてある保護テープもぱりぱり状態でした。
テープのずれた部分は中の白い発砲材が粉状になって水道管をあらわにしていました。

そんな事でかねてより用意しておいた保温チューブを引っ張り出してきて修理作業をしました。
午前中はそれで終わってしまいまして、午後からお店の解体作業をする予定でしたが、周りの片付けだけして終わってしまいました。

明日は蕎麦の仕上げ唐箕掛けをします。
そば屋さんには種分お返しと後25キロ買って貰おうと思っています。
後は月パンそば会と製粉して小袋で販売していこうと思います。

それから大豆の脱粒作業を再開です。

おまけ記事
心配していた後蒔き麦の発芽ですが、
後蒔きの最初の黒麦が発芽していました。
これから先雨と晴れが3日置きくらいに来そうです。
続いてスペルトハナマンテンと発芽していくと良いのですが、気温が低いのが気になります。
スポンサーサイト



  1. 2017/11/12(日) 17:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風去って。

田んぼに置いてある脱穀機のシートは、あああああああ剥がされていました。
ハゼ掛け状態の餅稲は、ああああああ倒れていました。

島立てした蕎麦は・・・・大丈夫でした。

明日雨でなかったら米の脱穀作業をしなくちゃ。

それから、時間がもしあれば、桔梗圃場の蕎麦刈りを始めたいな。

おまけ記事
今日は晴れていましたが、農事はお休みしました。
鶏が昨夜狐にやられました。
ドウダンツツジがとても綺麗です。

aki (2)

腰の痛みと手の痛みが又始まってしまったので、午前中に松本の鷹匠治療院へ行ってきました。
やはりオイラには拷問のような痛みのある治療法が合っているようです。

今夜は月が静かに空を滑っていますね。
寒くなるのが早過ぎるけど、雨さえ無ければ助かるんだけどな。
  1. 2017/10/30(月) 18:28:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先の作業にそなえて・・・・

午前中に松本にある鷹匠治療院へ行こうと思っていた。
これ以上疲れを引きずっていたのではこれから先のハードな仕事をこなせないと思ったからだ。
朝一で電話で予約を入れようとしたのだが、今日は空いていないとのことだったので、前から聞いていた近くの整体へ行くことにした。
市内専用の電話帳には記載されていなかったので、直接いってみた。

やはり予約でないと駄目ということで断られてしまった。

午後にそこへ予約しようと電話を入れみると来週までいっぱいで駄目だと断られてしまった。
が、1日に同じ人を2度も断ったことも有り、どうしたんですか?相当痛いんですか?と向こうから声を掛けてくれた。
午後一人入っているが今すぐ来るならみてあげても良いといってくれた。
直ぐ行きますと言って整体を受けて来る事が出来たというわけだ。

強引に頼んで良かったと思った。
1時間ほど身体全体を見て貰うことが出来た。
車のハンドル操作も痛みでままならなかったのが、大分ましになった。
腰の痛みから手の痛みへと繋がっていたようだ。
特に右の腰部分が酷く凝っていたようだ。

帰りに今夜から明日に掛けていただるいかもしれないからと告げられた。

今は夜の10時過ぎになるが何だかどんどん良くなる気がしている。
  1. 2017/10/26(木) 22:06:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キジの卵

シュラーク圃場のライ麦が刈られてから2ヶ月が経った頃その雑草畑化したところにキジの卵が7つ産み落とされていた。
シュラークさんはモアーを使って雑草を刈っていたのだが、その部分だけを残すこととなった。
皆顔を見合わせてキジが戻ってくるかなぁと心配していた。

それから数日間畑道を通る度にキジの姿があるかどうかを確かめる日が続いていたが、どうも姿を見ることがなかったので5日後についに決心した。
卵を食べることにした。
それでもと思いゆっくり歩いて近づいてみたが、やはりキジの気配は全く無く・・・・・産み落とされた巣を見下ろしてみた。
7つ有ったはずの卵はなかった。
きっと俺と同じ思いの狐か鳥が見つけ持ち帰って食べたのだろう。

その後はトラクターで少しだけ残っていた草藪を耕起してきたのだった。
  1. 2017/09/14(木) 22:00:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農作業1日お休みを頂きました。

夏休みという事もあり産直所や道の駅は稼ぎ時となっている。
棚に全粒粉が売り切れで何も無い・・等という事はあり得ないが、補充を兼ねて3カ所廻ってみた。
減り方はそんなではなかった。
ただ、好評の黒細麺はJAの桔梗以外は全て売り切れてしまっていた。
手元に在庫も無く7月の初旬に製造を頼んで置いた物が出来上がってくるまでは在庫無し状態となっている。
来年の乾麺分の小麦と大麦は今年の倍の広さを予定している。
それでもスズメ達が一斉に通うようだったらそれでも足りなくなるのだろうか。

実は昨日からアルバイトを又始めだしている。
農業だけでまだ生活費を稼ぎ出すという所まで行っていないのだ。
歳のせいか毎年作業が辛く感じてきている。
当たり前のことだから心配してもしょうが無いが、何とか続けるにはやはり機械化に頼るしかないのが現実的である。
しかし、農業機械の値段の高さは半端ではない。
中古でしか買ったことが無いが、こんなに儲からない仕事でどうやって農機を買うお金を捻出出来るのだろう。
それも、農機は製造10年経った物は部品が無いという理由で直してくれない。
百姓いじめのようにも感じているが、企業戦略・・・・もしかして国政?なのか。

携帯を日に何度も確認している。
知らない電話番号からメールが届いていた。
「お伺いしていたライムソワーが入荷しました」と言う連絡だった。
暫く思いを巡らしても判らなかったのでライムソワーってなんだと思い調べてみると堆肥を撒く機械だという事が判った。
ああ、、あああ、先日草刈り機を買ってきたところで堆肥を撒ける機械がほしいなとぼやいていたことを思い出した。
今現在有るものは先代が粒状の化学肥料を撒くための機械で、塊の多い鶏糞にはつまりが多くて使うのに少々手こずっていたのだ。結局バケツに入れて手ですくい取って撒いているのだった。それが広い圃場を一気にやろうとすると結構大変なのだった。
お金にゆとりがあればと思うことは良くある。
今年の秋には特に生育の悪い圃場には微生物を入れた鶏糞を撒こうと思っている。
バケツで撒く広さでは無いので明日にでも見に行ってこようと思っている。
支払いが分割になると嬉しいんだけどな。
  1. 2017/08/21(月) 22:43:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボリジ。

今年初めて栽培しているボリジなる物。
でかくなってきたら益々不思議が頭の中で広がった。

kikyounoujou (7) kikyounoujou (8) kikyounoujou (9)

葉は生で食べるのが一番と書いてあったのでつまんで1枚大きいのを食べてみた。
食べやすいが、もう少し香りがほしいかな。
星形の紫色の花が付くそうでそれはお茶が良いとか。
  1. 2017/06/14(水) 20:55:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場にズッキーニとフニャララの種蒔きしました。

今朝畑で中村さんに会いました。
一応農水やりを済ませてハウスでコーヒーでも入れて飲もうかと思った矢先だったので、一緒に飲もうかと誘ってみました。
「私インスタントコーヒー持ってきたのでそれを一緒に飲みませんか」
『じゃ、ご馳走になろうかな』
お湯をその場で沸かして早速馬鹿話をしながら飲むわけです。
種の話になり今年は沢山作らないので種がいっぱい余っているという事でズッキーニとフニャララの種を少しだけ貰ったというわけです。
桔梗農場はまだいっぱい場所があるので、後きゅうりとオクラもほしいなと思っていますが、まあなくても良いとも思っています。
誰か種が余っていたら3粒くらいおくれ・・・。
オクラは昨年しっかり種取りしたはずなんだけど・・何処へやっちまったんだか判らんのですわ。

zukki-ni.jpg okura.jpg
ズッキーニ蒔きました。             オクラの種も見つかって蒔きました。

農場で鍬を手に腰痛を乗り越えて作業をするわけです。
鶏糞撒いて耕起作業をして畝を立てて種蒔きをします。
今年のズッキーニは棒に縛り付けて上に伸ばす育て方をしてみようかな・・・などとこの先を思いながら作業をするわけです。
すると辛い作業も少し楽しいわけです。

こうなってくると長ネギの除草作業もしたくなってくるのでした。

naganeginae.jpg 

それが終わるとこの隙間にももう一通り長ネギを植えても良いじゃないかなと思い始めました。
溝を掘って植え直ししきれなかった長ネギの苗を130本移植しました。
下ネタ葱ですが、苗まだあるんですけど誰かいるようならどうぞ。

先日草刈りをした枯れ草があちこちにあるので熊手でかき集めて草いれ場に運びます。
てな、訳でして、どんどん底なしの作業になってきてしまいました。

しかし、帽子もかぶらずに水も飲まずにやっていたものでだるさが出てきたので帰る事にしました。
自宅到着、11時過ぎてた。

松本が全国で一番の最高気温になると予報が出ていたんだ。
あぶなかった。
  1. 2017/05/23(火) 21:58:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぎっくり腰手前か。

せんげざらいで上がった砂利の片付け作業を昨日午前中したのだが、昼飯を食べてから動き出そうとしたら久しぶりに本格的な腰痛に襲われたl
仕事量としたら大したことはない。
約25キロくらいの砂利を収獲かごに入れてトラックに5箱積んで持ち帰り道に撒くという作業。
スコップ10杯分と目当てを付けたが、3箱目からもう少し行けるなぁと12杯に改めて仕切り直しを企てたのが間違いのもととなった。
どうしてももう少し‥・・という挑戦的になるのがいけないのだろうね。

午後3時半には運転手のアルバイトに行かなくてはならず、こしのいたみなどりゆうにしていられない。
何とかバイトもこなして帰ってきたが、暫くは腰痛と付き合わないといけないようだ。
  1. 2017/05/17(水) 14:52:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄砂と強風。

2日前に始まった黄砂の影響で遠いアルプスどころか近くの東山までぼんやりとしている。
午前中はまだ良かった。
苗床のシートを片側だけ開けて水やりを済ませていつものようにバッチリとシートバンドで止めて、念のためにを端には木材を載せてその上紐をたすき掛けにしておいてあった。
にもかかわらず銀行へ用事を済ませて帰ってくる頃には風が相当強くバイクで走るにも煽られふらつくほど天候は変わっていた。
もしかして苗床のシートはと思い念のために自宅へ行かずにそのまま苗床へ行ってみると、案の定シートは剥がれてバンドはあちこちらへと飛ばされていたのだった。
風の通り道となっている所をは砂埃を巻き上げて景色をカーテンのように隠している。

苗箱の土はまだ乾いているところはなく剥がされてまだ時間が経っていないようだった。
この分なら改めて水やりをする必要は無さそうなのでシートだけ直せば良いと判断して早速作業に取り掛かった。
帽子は飛ばされてしまうのでかぶらず手袋もバンドを止める作業には調子が悪いので素手で作業に入る。
シートを引っ張るのだがこちらまで来ない・・・トンネル支柱がシートと一緒に持ち上がってしまっていた。
支柱の指し直しからやらないとどうにもならない。
紐がたすき掛けされていたので全体が持って行かれなかったことが幸いしていた。

1時間ほど掛かってやっと11時頃には元に戻すことが出来た。

こんな時でも山に囲まれている自宅に帰ると風はそんなではなく、桜と柿と梅の木に行ったり来たりとオナガが3匹立ち寄ってゆらゆらと遊んでいるようだし、クマンバチは縄張りをこじするようにホバリングを繰り返していた。
中学生の時に先生から始めて黄砂のことを聞いた。
地図を示して遠く中国大陸から風に乗ってやってくるというのだった。
信じられんかった。

午後アルバイトに行く時にもう一度チェックを入れた方が良さそうだ。
  1. 2017/05/09(火) 10:00:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大荒れの天気の前に。

今日の午後から明日未明に掛けて天気は大荒れとなるようだ。
シートを使った苗床や自宅の菜園の見直しをしないとまずいとみて午前中はシート留めの確認をした。
大粒の雨が降ったらアスターの種を蒔いたばかりのポットの土もはじかれてしまうかもしれない。
寒冷紗をベタ掛けしてピンで留めておいた。

稲の苗床は昨日の風でも所々隙間が出来ており、止めピンの数を倍に増やしてきた。

自宅に移植したブロッコリーは中々使う機会がない黒マルチを使ってとにかくあるだけのピンを使って止めておいた。
これで飛んだらしょうが無いだろう。

ブロッコリー

桜は朝のうち1歩咲くらいだったが昼過ぎには5歩咲になっていた。
来週の日曜日は常会の花火の予定となっている。
それまで持つのか心配だ。
  1. 2017/04/17(月) 13:23:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する