FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

マルチ栽培のジャガイモ収穫しました。

昨年湯川さんがとても簡単に良いジャガイモを収穫したマルチ栽培。
今年はまねをして我が農園でもその方法で栽培してみました。
朝から陽が射していた本日収穫となりました。
さて、その成果は。

マルチ外しには結構気を遣います。薄いビニール製なので草の根があると簡単に持ち上がりませんし、強引にやると直ぐにちぎれて破片となり後で拾い集めるのが面倒になります。マルチの上に生長している雑草の取り除き作業から入ります。
土寄せの時には刈り払い機でガンガン切り倒して寄せれば掘り上げられましたが、今回ばかりは全て手作業となりその作業に結構時間が掛かりました。

jagaimo (1) jagaimo (2) 

さて、ビニールを剥がしてみるとジャガイモの腐敗臭が広がりました。
結構腐りが多いのです。これは余分な水気が抜けないことにより、地温が上がりすぎたことと湿度が上がりすぎたことで病気になったものと思われます。小芋が多いというのも気になりますし、お肌の緑色した物も目に付きます。
毎年被害が出るネズミの囓り芋ですが、ちゃんと今年も深い所にある大きな芋に被害が目立っていました。

jagaimo (3) jagaimo (5) jagaimo (4)

去年は同じくらいの広さで5ケースでしたが、今年は3ケースとなりました。
来年は楽しようなどと考えずマルチ栽培はやめることとします。
実験的にやるとしたら水分が通る防草シートで試したいですね。

jagaimo (6)

追記8-8
開田高原の話しです。
開田は寒いのでジャガイモはマルチでやってる人が多いそうです。
3月下旬まだ植えるには早い時期です。
その頃に植え付けるそうで、暑くなる前に収穫すると聞きました。
塩尻も割と高原で寒いのでマルチでやるのなら1ヶ月ほど早めにずらすのが良いようです。
成る程と思いました。
スポンサーサイト



  1. 2017/08/05(土) 18:13:55|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳永圃場の空きにジャガイモを植えました。

もう5月の下旬になります。
時期的には遅いのですが、それでもちゃんと収穫になると思います。
徳さんは大阪に住むのでちょくちょく畑に来るという事は出来ないので農園長が管理する事になると思います。
とにかく1番手の掛からない方法は・・やはり黒マルチを使った栽培になるかと思い、徳永圃場もマルチ栽培にしました。

jagaimo (1) jagaimo (2) jagaimo (3)

鶏糞を10キロほど撒いてロビン君で逆転耕起をしました。
後は手作業となります。
鍬で土寄せをして畝を作り軽く抑えてしっかりとした山畝を一通り作ります。
蔵に残っていた芽が出ている小芋を15個もってきて20センチ間隔で埋めていきます。

その後マルチを掛けて風で飛ばないように土を端に乗せて完了です。

とくじゃが


この所暖かいので3日くらいで伸び始めて目がシートを持ち上げ始めますので、そしたらその部分だけ手で穴を開けてやります。
後は収穫までほっとける予定です。
  1. 2017/05/20(土) 10:37:18|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがいもマルチやってきました。

風のないうちに行って来ました。
と言ってももう8時近くになってからでいつもと変わらない時間です。
モーニングコーヒーを桜の下で飲みたいと思うのですが、なにせ寒くていけません。
昼近くにモーニングコーヒーというのもいいかもね。
そういった時間もよほど意識しないとなかなか作れないものだ。
毎日ほとんどっ昼食は乾麺を食べている。
もらった物や買った物そして農園で作った物と毎日品を変えて楽しんでいる。
味付けに使っている汁は同じなのだけれどどういう訳か飽きずに毎日食べ続けていのだった。
その後花の下にでも行って腰をどっこいしょと落とすだけのことなのだが、こたつに下半身を滑り込ませて目を閉じてしまうのだった。

さて、今日はジャガイモマルチよりも大変な作業が待っているのだった。
稲の種蒔き作業のやり直しだ。
午後2時から湯川さん一家が畑に登場して、一緒に種蒔き作業をした。
冗談言い合いながら6時近くまで4時間ぶっ続けで作業をしてどうにか終わらすことが出来た。
湯川さん播種機を使っての種蒔きは初めてだそうで、以前お手伝いに来ていたかと思っていたが勘違いだった。
みのる式の苗箱に播種機専用の培養土を使わないといけないのだが、そうで無いので土の乾燥状態が酷く悪かった。
その為に一定の深さに種蒔きをすることが出来ませんでした。
これが裏目に出てしまうかのせいはありますが、とにかく蒔き終えたので後は天命を待ちたいと思っています。

アルミ蒸着シートと発砲材トンネルシートの組み合わせはこの寒さの中で使うと地温を殆ど上げることが出来ず、もう9日を過ぎようとしていても種の膨らみなどまったく変化が見られていません。
これはまずいのでこれから先はアルミ蒸着シートを外し白い防虫ネットシートを伏せ掛けし、昼間はトンネルを外して苗箱に陽が直接当てるようにしようと思います。

作業が終わって湯川さんが乾麺5袋ほしいと言うので自宅へ急いだ。
今日は常会の花見で酒を飲んでいたので歩いて通っている。
夕日が東山を赤く染め始めていた。
オレンジ色の夕陽はいつも景色を美しくしてくれるなぁと思う。

夕方景色 (1) 夕方景色 (2)

乾麺を取りに製粉所へと・・・ああ、桜が綺麗だ。
  1. 2017/04/23(日) 18:25:13|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種芋の植え付け作業をしてきました。

朝早くから作業に入りました。
種芋は今年は買わずにくらに眠っている小芋を使います。

じゃがいも (1) じゃがいも (2)

半分にカットしてストーブに残っている灰を切り口につけて準備をします。
昨日畝立てまでしておいたので頂上から押し付けるように浅く埋めていきます。
黒マルチシートを被すので土を厚くかけなくても良いそうです。

じゃがいも (3) じゃがいも (4)

畝間には小麦製粉で出来たふすま粉を撒いておきました。
雨で養分が地中に染み込んでじゃがいもの成長に効果があるのではないかと期待しています。
風が強くなったのでシートを被せるのは明日の朝にすることにしました。
じゃがいもは種芋を使わないといいじゃがいもは出来ないと言われています。
今年はどうなるのでしょうかね。
  1. 2017/04/21(金) 20:54:54|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモの種芋を今年は用意します。

毎年種芋を購入していましたが、今年は小芋がやったらと多かったのでこれを食べずに種芋として来年使おうと思います。

夏に収穫した芋を9月に土に埋めます。
12月に凍みる前に掘り出して土蔵で保管すると種芋として使えるようです。
初めてのことなのでどうなるか・・・。

種じゃがいも (1)

種じゃがいも (2)

3キロくらい小芋が有りました。
  1. 2016/09/06(火) 19:11:01|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモの収穫をしました。

本日梅雨明けだそうで、しかし、今年の梅雨は全く梅雨らしくなく曇り空の割りに雨の降らない梅雨でありました。

水不足はしっかりジャガイモにもやはり影響しておりまして、今年は春先の端境期に売ろうかと圃場を広げたのですが、昨年よりも収量が減ってしまいました。

収穫のお手伝いをしてくれた方には安くジャガイモを・・・・その声に応えてくれたのはいつもの顔なじみ、中村さん親子でありました。

じゃがいも (1)

午前中から晴れていたので本来なら午前中に掘っておき午後暖かくなっているジャガイモを収穫カゴに入れてしまうという流なのですが、今日はパンの配達やらちょっとばかし営業などもしたく・・・午後3時過ぎから畑で収穫作業続けて土蔵へのしまい込みとなりした。
昨年は2列少なく作って5ケース取れていました。
今年は4ケースと言ったところです。

じゃがいも (2)

おまけ記事

刈払機キャブレター

ながく手こずっている共立刈り払い機のメンテですが、今日午前中はネットで注文して届いた新品キャブレター(3690円https://www.amazon.co.jp/dp/B00O6Q75TS?psc=1)を付けてみました。
一発で掛かったものの30秒から1分で止まってしまいます。

仕方なく振動の大きいリョウビ君で大豆畑の除草作業をしました。

大豆 (2)

これはもう燃料が来ていないと判断し、開通していることを確認はしているのですが、燃料ホース関係をごっそり取り替えることにしました。

刈払機メンテ

綿半ホームセンターに配達の帰りによって買ってきました。
1000円以下ですからこれで動けば安いもんです。

さて、取り替えた結果は チャカチャン!
動きました。
今度は止まりません。

動かなかった原因がこの安かった燃料ホースだったとしたら今までの苦労は相当むなしいものとなってしまいますので、きっとキャブだったんだなと思うようにします。
  1. 2016/07/28(木) 17:25:20|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場、秋作付け準備を進めています。

一通りだけ残してあったマルチを敷いたごま畝です。
そこから17本ほど草藪の中で育っていたごまを抜き取り新しく作ったごま畝に移植しました。
これでやっと此処もマルチを外して耕起作業をしておくことが出来るようになりました。

ごま (1)

ごま

なすも背を高くした雑草にしっかり囲まれていて、光と風が通らない状態です。
刈り払い機で周りの草を切り倒しておきました。
10個位収穫がありました。
しかし雨が全く降らないので、たっぷり水やりをしないと良い実がなりませんね。

なす (1)

なす (2)

道路沿いの花も雑草の中でひどい状態でした。
此処も刈り払い機でやっと綺麗に出来ました。

花

此処はジャガイモと枝豆と夏大根を栽培していたところです。
収穫出来るものはジャガイモと枝豆でした。
収穫後マルチが敷いてあるのでそれを片付けて耕起作業をしておきます。

秋野菜の種まき準備 (1)

秋野菜の種まき準備 (2)

秋野菜の種まき準備 (3)

この枝豆は来年の種取の為に収穫しないでおきます。

秋野菜の種まき準備 (4)

今年のジャガイモ(メイクイーン)は小粒でした。
一株に20個位付いていました。
雨が少なかったことが原因しているのかもしれませんね。
この小いもは来年の種芋に使おうと思います。

秋野菜の種まき準備 (5)

秋野菜の種まき準備 (6)

収穫


草が多すぎるのでこの後は鍬を使って手作業でマルチを敷いた畝を立てて、にんじんや大根の種蒔き、それからオクラの苗を3本定植しないと。
葉物の種蒔きも進めたいな。

おまけ記事
明日のそば会に今日取った枝豆でも持っていこうかな。 [桔梗農場、秋作付け準備を進めています。]の続きを読む
  1. 2016/07/24(日) 21:15:47|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがいもの土寄せ作業始めました。

ジャガイモもだいぶ大きくなってきました。
そろそろ土寄せ作業をしないといけませんね。
田植えを午後4時30までやってから片付けを終えて小屋に帰ってきたら、やはり大豆に掛けてある防鳥シートを早く取り除かないといけません。
疲れていましたが、1時間ほどその作業をしてから桔梗農場へレタスを1つ取りに行ってきました。
イベントで使えるかのチェックをする為です。

そこでレタスよりもジャガイモの土寄せの方が緊急課題という現状を見た訳です。
疲れているので家に帰りたかったのですが、鶏糞撒きと2畝だけ土寄せ作業をして帰りました。

じゃがいも (1)

じゃがいも (2)

大阪の徳永大豆だけは全部シートを外せましたが、泰さんところは少しだけしかやれませんでした。

徳永農場
  1. 2016/06/01(水) 20:28:59|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオジロじゃがいも種芋の植え付け作業をしました。

昨年は12日に植え付け作業をしていました。
今年は22日ですので、遅いですね。
いつまでも霜が来そうでついつい遅らせていた・・・という気持ちですが、他にやっておかないといけない事が山積みでできなかったというところでしょうか。
種芋はアルプス市場で3キロ分購入しました。
自宅にある食べ切れていない芋から種芋を選抜します。
芽の出る位置を確認しながら小さめの芋を3等分しました。

ジャガイモ大白 (1)

ジャガイモ大白 (2)

長さ9メートルの溝を9通り作りました。
底に鶏糞を薄撒きしていきます。
その上に片側の土を薄く載せていき、これで種芋を並べていきます。

ジャガイモ大白 (3)

ジャガイモ大白 (4)

ジャガイモ大白 (5)

今年は燻炭を鶏糞に混ぜ入れることが出来ませんでした。
燻炭使用は昨年ネキリムシ防除の効果があったと感じましたので、今年はこれから用意して地表に撒いてみようと思います。
今年も約15センチ間隔で種芋を置いていきます。

ジャガイモ大白 (6)

片側の土を芋の上に被せてしっかり踏みつけておしまいです。
しっかり踏みつけることによって湿度が保たれます。
深く埋めた場合や大きな芋を2つ切りの場合は種芋の乾燥によって駄目になる率が低いので、その必要は無いと思いますが、農場では種芋片が小さく3センチ位しか土が掛かっていません。

ジャガイモ大白 (7)

ジャガイモ大白 (9)

5月の10日頃に一回目の除草作業になる予定です。

6時過ぎに帰路につくと久しぶりの夕焼け空となりました。

夕焼け (4)
  1. 2016/04/22(金) 20:01:35|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腐り始めたジャガイモの取り除き作業をしました。

今年は収穫時のひなたぼっこの時間が身近掛かったのか、やけに腐ってしまうジャガイモが多いのであります。
おかげで保存しているガレージの中が腐敗臭であふれて、中でバイクのメンテナンスをしていると体臭までも変化してしまいそうです。

じゃがいも (2)

特にひどかったカゴはそこに穴が開いていないカゴでした。
これは洗濯カゴで有りますんで、まったく使い方が間違っているのですが、収穫カゴが自宅にないのであります。
入れ替え作業をしながら拾い出しましたが、カゴがないので段ボール箱2つに平済みをしておきました。
これから先はもう猛暑はなくなるものと思いますので、腐ることも無くなるのでないかと期待しています。
今年はこの作業を2回もしてしまいました。
  1. 2015/08/26(水) 18:08:18|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する