FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

落花生の収穫をしました。

0910-30落花生2

0910-30落花生3

霜が降りるようになり、落花生の葉もちじれて枯れ始めました。広がった枝葉をまとめて引き抜くとどっさりと実がついていました。今年は豊作であります。春から夏とねずみの被害やらポット苗の失敗やら芽の出てこないのやら色々と有りましたが、3回の移植で結局は三分の一の生き残りとなり、これだけの収穫となりました。
普通は2週間くらい外でひっくり返して乾燥させ味を良くするとの事ですが、ハウスの中で逆さ干しをする事にしました。1週間くらいでさやから出して食べたり来年の種用に保存させようと思います。
来年はこの4倍の作付けにしてお店のピーナツバターをまかなえるようにしたいと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2009/10/30(金) 16:41:08|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落花生の土寄せ作業がやっと終わりました。

0908-16落花生
この間落花生の除草作業をしたばかりだというのに、5日経った所でご覧の通りの状態です。

0908-16落花生2
今回は土寄せという事で生えている雑草はもちろん周りにあった枯れ草などもきれいにどけてから鍬で土寄せをしました。きれいなオレンジがかっ黄色い花が咲き始めています。いよいよ土の中に実を付け始める時期になりました。ぎりぎり土寄せが間に合ったという感じです。ひとまずほっとしてます。
  1. 2009/08/16(日) 09:58:40|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの土寄せと落花生の移植作業を済ませました。

落花生はなかなか大きくなれずにアカザに埋もれてしまいました。芽が出てからの生育は悪くて、窒素不足なのかそれとも酸性土壌が原因なのかわからないでいます。今日気になっていた落花生をすべて植えなおすことにしました。
酸性土壌を少し変えるために苦土石灰をまいてから耕起しなおして畝を立てて移植しました。全部で小さいものも入れて70株ほどありました。とにかく今年の落花生とゴマの出来と収穫が今後の農園の作付け面積に影響してくるのだろうと思っている。
  1. 2009/06/17(水) 14:05:56|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まき第2弾はじめました。

0904-10落花生
昨年収穫した落花生です。ビニールハウスにそのままほったらかしていたものです。今年はこれも種として蒔きます。もちろん今年も買った種を用意しています。買ったものはみな小さな実でした。

0904-10落花生2
ポットで苗を育てますが、5月に入ったら直播もする予定でいます。

温床の中が狭いので新しいポットが入りません。一番大きく育っていたインゲンとキャベツは卒業してもらいました。キャベツは寒さに強いと聞いているので即かまぼこ畝に植えました。
  1. 2009/04/10(金) 13:14:54|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まきもやっぱり実験するのだ。

0805-4落花生

種を蒔くのにどうしても不耕起だと雑草にやられたり、よとうむしの害にも合いやすいようだ。どくだみを取ってきて根元におくという手もあるが、畝を作って周りより高くすると土の乾燥度が高くなり、地中に住む虫の害が少し少なくなるのではないかと思った。ただし、種を蒔いてからの水やりが大変になるということもある。種を蒔きながら思ったことは、アスファルトやコンクリートの隙間で発芽した野菜が結構肥料や農薬もなく、順調に育って実をつける事が多々ある。発芽条件の悪い所でうまく根を張り地中深くの水分を手にいれる事が出来た野菜は、丈夫に育つという事であろうか。種の周りにはもしかしたら水分がないほうがいいかなぁ、などと店長は考えているのです。それで今回落花生の種まきはあえて掘り起こし、ひっくり返した土の固まりと固まりの間に種を挟み込むだけの蒔き方を試してみた。種の周りには土がしかっかりと取りまいていないのもあり、毎日朝晩水やりを続けないと絶対乾燥して発芽しないだろうというものだ。幸いにしてお高い組合費を払って灌漑用水がしかれている畑なのでそれも出来るが、条件の沿わない所はやはり畝の高さも種の置かれる条件も湿度がある程度保たれるようにしなければならないだろう。
  1. 2008/05/04(日) 13:28:02|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する