FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

葡萄の木に藁を巻きました。

もう5年以上冬前の葡萄の幹に保温用の藁を巻いていませんでした。
病害虫の発生が多くなったのを機に昔のように藁を撒いてみようかと思います。

過保護にしてはいけないと思いやめていたのですが、弱ってきたらやはり守りの体勢に入りたくもなります。

budou (2)

葡萄だけではなくて、リンゴや梅やブルーベリーの木にも藁撒きをしました。
今日も風が強くてしっかり冷え切って帰ってきました。

おまけ記事
葡萄の根元に籾殻を撒きました。

kaju (1) kaju (2)

鶏糞も後日撒く予定でいます。
来年の葡萄は良い出来になるように少し手を入れたいと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2017/11/28(火) 21:53:04|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定作業終了しました。

剪定作業は普通2月には行って行うのが良いと聞きますが、森作業では11月が一番水の吸い上げが少なくなりますので、その点を考えると葡萄や果樹などの剪定作業も11月が一番良いのではないかと考えています。

午前中掛かってやっと終了しましたが、兎に角冷たい風がヒューヒューと吹いている中での作業となりました。
あまりの冷え込みにかき氷を食べたときのようにこめかみ当たりが痛くなり、毛糸の帽子での作業を少し反省しました。
風の通さない帽子をかぶってくるべきでした。

明日からは自宅周りの生け垣や梅や柿の木の剪定作業と同時に、草木の焼却作業を進めたいと思っています。
雪が降る前にやっておきたいことがまだまだ沢山あります。
中でもお店の増築部分の解体作業は至急なのかもしれませんね。

おまけ記事
軽トラのバッテリーが昨日上がってしまいました。
バッテリーは今までにも2,3度上がっており、その都度充電器を用意して対応していました。
ソーラー発電機なるものを取り付けてからはそういう事がなかったのですが、スマホの充電を車でやっていたのがまずかったのか昨日はエンジンを動かすことが出来なくなってしまいました。
今朝一番にエンジンを動かす事が出来ないようだったら新しいバッテリーを買わないと行けないかなと思っていました所、朝の冷え込みが少し緩んだのも影響してか一発で掛かりました。

気をよくして選定作業後車にピカ-ルなるものを付けて磨き上げることにしました。
これはやったらお安い金属磨きクリームです。
カインズで先日買ってきました。
車専用ワックスではありませんが、大分みず弾きも有り気に入って使っています。
洗車した後これで擦っているとまたまた車の錆び状態を知るわけでありますが、あと6年くらいはこの軽トラには頑張って貰いたいなと愛情を注ぐのでありました。
  1. 2017/11/26(日) 15:21:35|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定2日目

昨日から始めた剪定作業です。
今日はカブ乗りイコさんがごま作業に続いて剪定作業もお手伝いに来ました。
農園長は相変わらず絶好調とは行かず、実は両腕腱鞘炎状態なのです。
剪定ばさみを扱うと途端に症状悪化が目に見えていますので、大いに助かるわけであります。
昨夜から消炎湿布を貼り付けております。

budou (1) budou (2)

陽が射し始めたのを自宅で確認してから畑に出掛けます。
9時頃イコさん登場。
枝切りは園長がどんどんやり、イコさんは棚から枝の引き抜きをしてストーブに入る長さに切っていきます。

作業を進めながら害虫駆除も一緒にやります。
膜を張った中に蛾の卵が沢山産み付けれています。
これを取り除かないとあっという間に幼虫が大量発生して葉を食い荒らします。

budou (3)

午後は2時から作業再開、暗くなるまでやり進めましたが、終わりませんでした。

budou (4)

続きは又明日です。
午前10時から息子が温泉に行こうと誘ってくれたので行くことにしました。
朝明るくなってきたら10時まで作業する予定です。
  1. 2017/11/25(土) 17:52:31|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お店のくみ取り作業をしました。

今年の4月からきんぴらのお店は閉じてしまったので、くみ取りの回数は自ずと減ったのですが、まるまる1年もくみ取りをしていないとやはりやばいという状態になります。
夏の頃にくみ取りを頼まれたのでありましたが、伸ばし伸ばしにしている内にすっかり忘れていました。
解体作業に行ったら風が強いのでやはり今日はやめることにしたのです。
さて、何しようかと店の前で思ったときにくみ取りを思い出したというわけです。

いつもだと1タンク分50リットルだけで済むのですが、口元まで来ていましたので2タンク分のくみ取りとなりました。

kumitori (1) kumitori (2) kumitori (3)

今年はクルミ・栗・梅・桜の根周りに撒いておきました。
来年は樫ぐるみのみがなるだろうか・・・サクランボの実がなるだろうか・・・うめもそろそろ・・・

おまけ記事
深夜台風の影響で結構な風と雨が降っていた。
田んぼと蕎麦畑を見て回った。
田んぼは稲が倒れてしまったところがやけに目に付いたが我が田んぼは全く変わりがなかった。
蕎麦はべたっと倒れてはいなかったが斜めに倒れかかっていた。

soba.jpg

蕎麦はバインダーで刈り取るのだが、これだけ斜めにされると頭が絡み合ってしまい少し難儀しそうだなと思った。
  1. 2017/09/18(月) 21:05:16|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの枝の誘引作業を始めました。

強風で大分おられてしまったぶどうですが、遅ればせながら誘引作業を始めました。
本当は稲苗の手植え作業を田んぼでやるはずでしたが、水が多すぎて良い作業ができそうもないので水が減るまでの時間を使って作業をしました。

budou (1) budou (2) budou (3)

密集しているところや太い枝の際に小さな枝が出ているところ、折れている枝葉の除去などととにかく風と光が通るようにしていきながら、主要となる枝だけ棚に細い針金で固定していきます。
所々にマメコガネや虫の卵や蓑虫などを見つけると取り除いています。

budou (4)
  1. 2017/06/12(月) 12:33:28|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの枝が強風で大分折れました。

ビニールハウスにバイクのガソリンタンクを置きに行きました。
チラとブドウ棚から枯れた枝がぶら下がっているのが目に入り、よく見てみるとその数は結構な数です。
どうやらこの所の強風やら雹やら雨やらの大荒れの天気のせいで枝が折れたものと思われます。
せっかく伸び始めてそろそろ誘引作業を始めなければと思っていた矢先でした。

budou (1) budou (2) budou (3)


こういう年もあるさ。

じゃ、また。
  1. 2017/06/05(月) 14:57:36|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果樹園の様子。

今まで実を付けた事のなかったブルーベリーだったが、今年は花を沢山付けている。
このブルーベリーが一番先に植えられていたにもかかわらずちっとも大きくなれないでいて、今にも枯れるのではないかと思っていた木だ。
今日草刈りをしたのだが、白い花を沢山付けていたのでびっくりした。
毎年根回りに鶏糞や昨年アガーライトを与えたのがやっと効果となって出てきたのではないだろうか。

kusakari (5)

手前の小さいのがその木です。
その向こうに3本目のブルーベリーの気があり、その向こうの空き地に今年紫蘇の種を蒔きました。
でも、発芽を確認出来ていない内にアカザや他の雑草の芽がぐんぐん伸び始めてきました。
これだと紫蘇は期待出来ないなと感じて、青じその苗を180円で購入してきて今日植えました。
この果樹地帯にはほっといても食べられる野草を少しずつ植えています。
次はお墓の向こうに自生しているニリンソウを移植しようと考えています。

おまけ記事
リンゴやアーモンドに付く擬態毛虫はお花見以後も6匹ほど見つけて処分しています。
この毛虫は桜の木と梅の木でも見かけていて、農園全体で見かけます。
柿の木には蓑虫が目立っており、10匹ほど処分しています。
ブドウの木には白い綿毛に包まれている卵のコロニーが1つ見つかっています。
これはリンゴの木でも見つける事がよく有り、手で剥がして潰しています。
見逃すと6月に一斉に孵化して小毛虫が爆発的に発生し一気に葉を食い尽くしてしまいます。

農園に行ったら木の肌に何か変化がないかと目をこらしています。
リンゴが小さな実を付け膨らませ始めました。
今年は雨が少ないせいか葉に黄色い部分が目立っているように感じます。
郷原街道の道沿いのイチイの葉にも黄色が目立ち始めている気がします。
自宅の垣根のイチイは毎年次々と枯れていくのでその原因を調べてみたのですが、チッソ不足でないかという結論になり、先日農業用の液肥を撒いてみました。
人も植物も病気の原因を見つける事はとても難しいなと思うのです。
そして対処療法ではなくて、原因を取り除けるようになりたいと思うのです。
  1. 2017/05/17(水) 21:36:14|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果樹園整備をしています。

ブドウの枝の皮むきを少し始めたところ、幹と皮との隙間に毛虫の卵発見。
潰しておきましたが、結構蜘蛛の巣も多く一概に全てを潰しまくるのはよくないなと思いやめました。
果樹園で屋台そば(麺)を始めようと企てています。
テントを立てるところはやはり芝生が良いと思いまして日本芝の種蒔きをしました。
以前にも芝の種蒔きをしましたが、3年後に生え始めたので、気長に対応してみたいとも思いますが、屋台は今年夏にはオープンしたいと思っています。

芝の種蒔きは簡単のようですが、整地されていないところでは結構大変です。
トラクターで耕起作業をした後種を薄撒きして、レイキで地表をなでて種と土とを混ぜ、その後鎮圧のために踏みつけ歩きます。
広かったので、2時間くらい掛かりました。

場所が場所だけに保健所の許可を取っての営業ではなく、知り合いを会員にしての遊びの範囲です。
要するに遊び心の気晴らしの場にしたいのであります。

芝生 (1) 芝生 (2)

夜にぶどう園の棚の下を歩いてそば屋台まで行く、美味しい時間がそこにあると考えるだけで・・・わくわくしてくる。
ゆで麺にめんつゆ掛けてごま油と刻んだ紫蘇の葉をぱらっと落としてパキッと割り箸を開き割って食べる。
そんな質素な食の時間ではあるけれど、そんな時間がほしいと思う。
贅沢な時間を求めて生きがちではあるけれど、笑顔を見合える、話が出来る、そんな食事の時間は食堂には必要では無いのだろうか。
僕は月に一度くらいそういう時間がほしいなと思うようになった。
だから自分で作る。
沢山の人が集え会えたり、友達になれたらと思う。
今回ばかりは酒も出そうかと思っている。
勿論、飲める環境にある人への提供に限るのですが。

今日は紫蘇の種蒔きと周りから少しは目が届かないようにとユキヤナギの苗を周りに5本移植しました。
数年後には夜の暗闇の中ほのかな灯りの中で色んな話をしに質素な食事をしに来てくれる人が集まる場がここに出来ればと作業しています。
豆工房さんがコーヒーを提供してくれそうです。
農園では乾麺を使ったつけ麺を350円で提供しようと思っています。

開店の時が来ましたら又ブログでお知らせ致します。
  1. 2017/04/16(日) 21:53:05|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうと林檎とキウイの剪定作業終わりました。

2日掛かりでの果樹の剪定作業が終わりました。
今年は蓑虫を殆ど見かけることがありませんでした。
が、昨年も春と秋に蛾の幼虫が大発生して林檎の葉を殆ど食い尽くしましたので、剪定作業をしながら幹や枝に卵が無いかしっかり確認しながら剪定作業を行いました。

剪定作業と害虫駆除 (2) 剪定作業と害虫駆除 (1)

ジグモの巣のように糸を吐いてその中で越冬している卵です。
綿のようなそのコロニーを剥がして潰すとピンクの卵がびっしりと出てきます。
これが孵化して小さな幼虫がぞろぞろと上に登っていって一気に木の葉が食われてしまうのであります。

剪定作業と害虫駆除 (3) 剪定作業と害虫駆除 (6)

木肌と同じ色で身体を覆っている幼虫です。
落ち林檎の中にも越冬してる者がいないか砕いて見ましたが、落ち林檎の中には見つかりませんでした。
でも小さな卵だったら判りませんので、後日落ち林檎も全て拾って剪定僕と一緒に燃やす予定です。

下の方の枝をもう2本切りました。
しっかりスッキリしてしまいましたが、このくらいが良い気がします。

次は豊後梅の木もチェックします。
やはり根元に貝殻虫とカモフラージュ幼虫がいました。
こちらも駆除します。
キウイの根元にも結構コロニー化した越冬卵が見つかりました。

剪定作業と害虫駆除 (5) 剪定作業と害虫駆除 (7) 剪定作業と害虫駆除 (13)

夕方近くになって全ての果樹の剪定を終わらすことが出来ました。

まだ帰るには早いので、ぶどうの剪定枝を挿し木に使えるようにと少し準備しておきました。
これは友人がぶどう畑をするというので苗木を買わなくて良いからねと言った都合上今年やっておかなければならない仕事でありました。

芽を2カ所残して枝を切り詰めます。
新聞紙を湿らせてそれをくるんでビニール袋に入れて挿し木の季節3月まで冷蔵保存しておきます。

剪定作業と害虫駆除 (9) 剪定作業と害虫駆除 (10) 剪定作業と害虫駆除 (11)

トラクターをしまっている農機小屋の前はゴミ化している使えないシートなどが散乱していて毎度の事ながら何とか綺麗に片付けたいと思ってみている。
この時期だと草も刈れていて片付け作業をするにはチャンスなのだ。
明日お店の開店前に少しでもやるか・・と思った。

ここに植えてあるプラムもなかなか良い実がならない。
なっても直ぐにカビが入ってしまい、中々食べることが出来ないでいる。
害虫チェックもついでにするべきだね。

剪定作業と害虫駆除 (14)
  1. 2017/01/06(金) 17:58:50|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定始めました。

今日も良いお天気。
午後から又風が吹き始めると一気に寒くなるので、午前中から作業に入った。

風景 枝焼き

風の吹かない日はなかなか無いので、今日がチャンスかと柿の剪定木を焼きながらぶどうの剪定作業をする。

剪定 (1) 剪定 (2) 剪定 (3)

昨年は枝の中にカミキリムシの幼虫が入って長い枝が3本くらい駄目になってしまった。
怪しい枝を見つけたので元の方から切り取って端から枝を曲げてみると、やはり簡単にポキッと折れるところがあった。
中を見ると幼虫の頭が見えた。
今までは、10センチくらいに切ってそのまま畑の中に落としていたが、今年は病気と虫の害がどのくらい減るか判らないが剪定木を燃やすことにした。

剪定 (5) 剪定 (4)

後4分の1くらいで終わるところまで出来ました。
このまま帰ろうかと思ったのですが、日が沈むまでに林檎の木の剪定もすることにしました。
毎年林檎の木に大量に発生する毛虫取りがしやすいように枝を少なく又スッキリさせようと思います。
下枝も思い切ってなくして草刈り作業もしやすくします。

剪定 (6) 剪定 (7)

明日で農場の果樹の剪定作業を終了させたいと思います。
その次は自宅の梅の木と柿の木・・・それから境界線の生け垣もやってしまわねば。
  1. 2017/01/05(木) 17:06:32|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する