FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

タフシェードをマルチシートに使ってみます。

マルチと言えば黒い薄いぴにールシートが一般的でしょう。
オイラは防草シートをもう何年も使い回していますが、雑草の根がシートを通して張ってしまい剥がす時に大変苦労しています。
所々ほつれが出てきていてそれも又厄介なことになっています。

やはり根を通さない素材にしないと使いづらいということが判りました。
そこで今年の胡麻は新しい素材のものをマルチシートに使ってみる事にしました。
それはビニールハウスに使っている展張り用のシートです。
これなら厚みがあって長期に使えるはずです。
ところが、透明かあるいは遮熱効果のある白色しか無いのです。
黒がなんと言ってもベストですが、透明だと防草の役目が落ちますし、遮熱だと地温が上がらないし・・・・
なかなか良い物がありませんでした。

今回は実験も兼ねて遮熱効果のなる白色のものを購入してみました。

やっと届いたシートです。
明日胡麻苗の移植作業をします。

マルチシート (1)

夕食を済ませてから早速60㎝幅に切りそろえる作業をしました。
防草シートだとちょうど良い幅のものもあるのですが、ビニールハウス用ですので皆幅が広いのです。

マルチシート (2)

185㎝幅のものを買って3/1に切りそろえました。
スポンサーサイト



  1. 2015/07/02(木) 21:44:56|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外用養生シートはマルチとして使えるのだろうか。

やっと朝から風のない日が訪れた。
珍しく7時には朝食も済ませて家を出る。
畑の周りの霜よけのファンも珍しくスローに動いているだけだ。

紙製マルチシート (1)

紙製マルチシート (6)

養生シートはエンボス加工されたクラフト紙を薄いポリフィルムで挟んであるものだ。
手で軽く裂けてしまうことは無いが故意に引っ張ると裂けてしまう程度の強度である。
鍬や草欠きの先があたってうっかり裂けてしまうと言うことはありそうだ。
一番期待していることは使い捨てにならず3回程度は繰り返して使いたいことと、雑草がこのシートの上の乗った土程度で成長しないこと、この2点だ。

幅は1メートルある。そのままの幅でモロコシを4通り作ろうかと思って早速準備に入った。
結構今までよりも丁寧に気を遣って作業をしたつもりだったが2回ほど足に引っかけて端を裂いてしまった。
土をかけてしまってから踏むには良いが硬い塊土が下にあると裂けるのでこれまた気遣いが必要だ。

紙製マルチシート (5)

紙製マルチシート (10)

半分の幅にして先日作っておいた畝にもマルチをしてみる。
ここへはカブを早々に蒔きたいと思っている。
この幅でのマルチは今年胡麻にも試したいと思っているので時間を見てそれようにマルチを切っておかないと行けない。
まだまだ胡麻の移植作業は先になるが、広いので畝を作ってマルチをしておくだけでもやれる時にやって準備しておこうかと思う。
とにかく今までのは既に穴が開いているので先に準備しておくとその穴から雑草がはびこってしまう。
このシートは穴が無いので雨水が入らずに雑草は生育出来ないのでは無いかと思っている。

そうなると次回からは直前に畝立てとこのマルチシートを敷く作業をする事になるって事か。

紙製マルチシート (8)

昨日に引き続き今日もアルプスがきれいに見える。
[外用養生シートはマルチとして使えるのだろうか。]の続きを読む
  1. 2015/04/27(月) 12:13:11|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防草シートのマルチ作り。

2010-5-5マルチ


何せやる事が多すぎるので、どうしても雑草取りの時期にしっかりとこなしていけない。頼れるのは身内や他人ではなくて、防草シートである。しかし、どうにも広すぎる。お金をいくら掛けても農地を覆い尽くす事は出来ないので、せめて作物を作る根元だけでも雑草取りをしなくていいようにはしたい。そこで、大いに嫌っていたナイロン繊維のマルチを使う事にした。品名は防草シートだが、僕はマルチとあえて呼んでいる。長く繰り返し使う事と、空気と蒸気を通す事がまたよいと思っている。でも、何事も使ってみない事にはいいのか悪いのかは判断できない。
昨年までは自宅に眠っていた田んぼで使う畦シートに穴をあけて使ってみたが、風によって飛びやすい事が判明し、今年からはしっかりと幅のある防草シートを購入して使い始めた。
森の木々も若葉を付け始め森は明るい緑色に包まれている。この好天気の間に種蒔きや苗を植え付けたいと思い、炎天の下体に少し無理してその防草シートを畑に準備している。5/6記

2010-5-5マルチ2

2010-5-7マルチシート
防草シートへの穴あけは隣でレタスを作っている農家の方にガスを使って穴を開ける機械を貸してもらった。薄いマルチシートだと燃えて溶けてなくなってしまうので、残骸は残らないそうだ。ところがこの厚い防草シートは残骸が残った。そのまま土と混ぜてしまうのはどうにも気に入らないので、拾い集める作業をした。穴あけをした日も少し拾ったのだが、あまりの暑さに頭ふらふらといった状態に危険を感じ止める事にしたのだった。今朝は早くからの作業で空気も冷たいし、ちょっと小雨気味なのでちょうど良い。

2010-5-7マルチシート1
場所によってはきれいに丸く切れていないところもあり、そういう所ははさみで切りながら回収していきます。

2010-5-7マルチシート2
しっかり溶けてなくなっているようでも、やっぱり残骸があります。これも拾います。

2010-5-7防草マルチシート
拾い集めだして約2時間経過した。結構時間がかかって疲れた。防草シートの入っていた長い袋の約半分くらいまでごみが溜まった。時計を見たら8時を回っている。木曽谷の方から雨が降り出した。
  1. 2010/05/07(金) 09:12:44|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ今年の農事本格的にスタートです。

2010-4-9ライ麦畑

今年からマルチに防草シートを使う事にしました。防草シートは丈夫な上に水を通すので、地中の微生物を殺してしまわないのです。一般的なマルチは黒色ビニールで水は通しません。だから地温もしっかり上がるのですが、穴の部分以外ではその高温のために植物も微生物も生きられません。マルチシートは薄いのでほとんどが一度使いとなります。今年ためしで使い始める防草シートがうまくいくようだったら毎年少しずつ買い足して行こうと思います。
今日はそういうわけで100メートル50センチ幅の防草シートの安売り品を早速アメリカライ麦の間に敷き始めたのでした。
それにしてもシートを止めるピンが足りないなぁ。これも何とか安く手に入らないかなぁ。
  1. 2010/04/10(土) 17:05:41|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの防草シート敷きまだやっています。

0910-5ビニールハウス
0910-5ビニールハウス2
今朝は7時前から作業に入りました。10時半までかかって除草と整地まで出来ました。 シートは南側をやった分で全部終わってしまい、新たに今日シートを発注した。
アッチもコッチもまだまだシートを敷きたいなぁ。
  1. 2009/10/05(月) 19:08:54|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日連続でハウス通いです。

RIMG0041.jpg
RIMG0042.jpg
RIMG0052.jpg
RIMG0051.jpg

今日は午後から雨になると予報が出ていたのでせいぜい午前中は焼くからがんばってビニールハウスの周りの草を片付けて防草シートを設置してしまおうと思っていた。6時前には朝飯を終わらせて、仕事着に着替えてハウスに出かけた。作業を始めてから2時間が過ぎていた。ぱらぱらと雨が降り始めた。車に乗せてあるペットの水を飲みながらハウスの中に入って昨日移植したオクラを見るとなんだかお疲れ気味でしょぼんとしている。「まだ元気出さなくて良いからしばらく休みな」とペットの水をみんなに分けてあげた。雨は降ったりやんだりしているので帰らずにやみ間を狙いながら作業を続けた。この2日草欠き作業が続いているので腕と肩が少々痛い。何とか今日中に南側だけでも済ませたかったが、9時には大雨になってしまいうちに帰ることにした。今日はビニールハウスのビニールをとめるビニペットというスチール棒の足りない所があるので、それを買いに出かけることにした。それでも後はシートをピン止めすれば良いだけにまで出来たので努力賞をやろうか。
  1. 2009/10/02(金) 16:50:27|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する