FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

微生物による土壌改良材を入れました。

入荷した収穫美人なるものを今日鶏糞と一緒に果樹園に入れました。
先週は天然塩の薄め液とEM菌と鶏糞をすき込みましたが、今日はそこへ加えてすき込んだのです。
今年のぶどうにはどれだけ効果が出るのかは判りませんが、来年こそは病気の少ない日持ちの良いぶどうを期待するところです。

袋の口を開けると結構なきつい匂いがする。
サラサラッとしていて湿った砂という感じ。

syuukakubijin (2) syuukakubijin (1)

根元から1メートルくらい離した根回りに収穫美人と鶏糞を撒いて小型耕運機ロビン君で耕起しました。
10センチくらいの深さのつもりですが、結構ロータリーの刃にぶどうの根が絡みついたので大分切ってしまっているようです。

syuukakubijin (3) syuukakubijin (4)

リンゴや梅やブルーベリーの根周りにも同じようにあげておきました。

025.jpg

この後灌水しないといけません。
午後から雨と聞いていたので丁度良かったと思いましたが、1時頃さらっと降っただけであまり降ってくれません。
夜になってから降ると良いんだけどなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2017/08/22(火) 16:42:35|
  2. バイオ堆肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人参ですが、バイオ肥料が圧倒しています。

鶏糞を入れたところとバイオ肥料を入れてところと種を蒔いて比べています。なんと先日の大雨のあと一斉に芽が出たのですが、バイオ肥料を入れたところだけで鶏糞肥料を入れたところはほとんど芽が出てきません。鶏糞の方は後日種蒔きのやり直しをしてみようと思っています。
  1. 2011/05/16(月) 19:37:03|
  2. バイオ堆肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微生物を使ったバイオ堆肥を使い比べます。

2011-4-26人参
畝を立てました。

2011-4-26人参1
畝の頭に草欠きで小さな溝を作ります。

2011-4-26人参2

2011-4-26人参4
その中に今まで使っていた鶏糞を右側の畝の頭にほんの少しだけ手でパラパラと撒いていきました。量は一畝の長さが約36メートルそこへ丼スジ切り1杯くらいの量を撒きました。

2011-4-26バイオ対比

2011-4-26.jpg
今回使う肥料は細かい砂のようなものになっていました。肥料というよりも複合微生物を濃厚に含んでいるものと言って良いと思います。でも、窒素やカリなどの量も表示を見て比べると一般のものより倍は入っています。肥料としても濃厚であります。ところでどうしてこの資材を使おうことになったのかというと原発事故による放射能を少なくする効果があると聞いたからです。放射能どころかあらゆる科学毒物質を分解して少なくしていくようなのです。我が畑は山の頂上や辺鄙なところに一見だけあるといった場所ではなく、周りは農薬を沢山使うレタスやぶどう園に囲まれています。

2011-4-26バイオ対比
今日も隣で農薬散布が行われています。こんなに強風な中しっかり周りに飛散しています。そんな事もありここで無農薬栽培にまっとうすることは不可能に近いと思っていました。しかしこのバイオ資材に出会ったのも何かの縁というものでしょう。とにかく試してみて効果を見てみたいのです。
きんぴら農園は近年鶏糞堆肥を使うようになりましたが、出来るだけ少なく使うように気をつけています。麦刈りが終わってからも一面に苦土石灰と鶏糞を撒きますが一般と比べると半分以下かと思います。うっすらです。気持ちとしては枯葉や藁や小枝チップの有機資材を入れていきたいのです。

2011-4-26人参10
堆肥をうっすらまいたら土で隠していきそのあと窯の刃先で種蒔きの溝を作ります。

2011-4-26人参8
種は昨年採取した黒田五寸の種と足りない分買ってきた黒田五寸の種を播きました。とにかく強風でこの作業が大変でした。種を置いたら手で薄く土を寄せて軽く押さえておしまいとなります。
左側が鶏糞で右の畝がバイオ堆肥です。両方とも同じくらいの量ですが、とても少ないので果たしてどれだけの違いが出てくるのかは判りません。
この後芽が出てきたらバイオ水(同じところから購入してきました 名前はエナジー水)を1000倍くらいに薄めて一度掛けてみたいと思っています。
この先の成長をどうぞお楽しみに。
  1. 2011/04/26(火) 20:14:40|
  2. バイオ堆肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する