FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

田んぼに残っていたハゼ掛け米ですが

やっとさっと粉脱穀が済みました。
雨に濡れたかと思っていた脱穀機でしたが、台風の雨はシートで防げていたようです。
次の日の強風ではがされたということです。
今日の内に田んぼの脱穀と農場にある餅米の脱穀と済ませて蕎麦に集中したいのでありました。

tanbo (1) tanbo (3) tanbo (2)

脱穀機の袋置き台に溜まっていた水がしっかり凍っていました。
脱穀をする前にまだ刈り取れそうな稲を20速ほど最初に刈りました。


ハゼ掛けしておいた分は脱穀後直ぐに倉庫へ運べますが、今日刈り取った分は脱穀までしましたが、乾燥していませんのでハウスに置いておくことにしました。
近日お天気が良さそうなので3日程置いたら倉庫へ持っていこうと思います。


tanbo (4) tanbo (6)

餅稲は強風で倒されたままとなっています。
地面に着いている穂は湿っていますが、他は乾燥バッチリです。
脱穀で混ざり合って調和して丁度良くなるかもしれません。
近々籾すりをして玄米にします。
湯川どのしばらくお待ちを。

tanbo (7)
スポンサーサイト



  1. 2017/10/31(火) 18:44:42|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残っていた脱穀と稲刈り作業しました。

今日の午後から雨予報となっていました。
どうも酷い降りではないそうですが、今度は5日位の長期間で曇雨となるそうなのでシート掛けして置いた物を脱穀することにしました。
田の角に刈り取りを待っていた稲もついでに刈ってしまうことにしました。

今日脱穀した分で60キロ有りました。

inekari (3)

下の田んぼに溜まっていた水はやっと無くなっていました。
掘った穴には泥が結構溜まっていました。

inekari (1) inekari (2)

上の田の入り口付近の収穫になりそうなところだけ刈り取ってハゼ掛けしてきました。
20キロくらいは取れるのかもしれません。

機械が順調に動いてくれたので2時間くらいで全ての作業を終えることが出来ました。
といっても今日刈り取った分は又ハゼ掛けしてシートを掛けてきたのでそれの脱穀を済ますまでは機械を片付けることが出来ません。

農場にハゼ掛けした分はシート掛けだけしてきました。


rikutou.jpg

おまけ記事
2日前から腕や背中やら腹にやらと出ては消えしていた発疹でした。
広がってこなかったので虫刺されかなと思っていましたが、夕べ風呂に入るときに裸になったのでしっかり見てみましたら脇腹から背中に掛けて広範囲でそれが広がっていました。
これはもう帯状疱疹に間違い有りません。
塗り薬がまだ残っていましたので風呂上がりに厚めにしっかり塗っておきましたら、今朝は全く発疹が消えていました。
蕎麦の種蒔き後に一度薬で静まった帯状疱疹は稲刈りに又出たわけです。
今度は蕎麦の臭覚・・その次は麦の種蒔きと・・・・・・アパッチのように攻めてくるようです。
まいったな。
  1. 2017/10/12(木) 13:16:14|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陸稲餅の刈り取りをしました。

中中身の充実が進まない。
最近は寒くて寒くて・・・こんなもんか。
もう少し待つべきかそろそろ次のそば作業のために刈って進めるべきか。
ちまたの情報だとこれから先はもう充実はないだろうから・・・稲刈りを遅らせてもしょうが無いよとのことだった。
それが当たりかどうかは分からないがこの先のことを思うと刈った方が良いとみた。

rikutoumoti (1) rikutoumoti (2) rikutoumoti (3)

しかし未熟米が多すぎる。
湯川さんと1キロか2キロずつしか分けられないかもしれないな。
  1. 2017/10/08(日) 17:06:10|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はゆっくりしています。

ええ、そですよ。
まだ手刈りと脱穀作業が終わっていません。
ですが、もういい加減にやろうかと思っています。
結構疲れてるもん。
朝おしっこが出なくなってしまったぞよ。
筋肉痛ばかりか前立腺にまで疲れが及び始めたので、漢方とハルナールと痛み止めを飲み始めています。
昨日は約300キロ担いで運び込んだので右肩と腰が少々痛いです。

だから鶏の囲い網をしっかり設置したり、桔梗農場へ大きくなってしまっている小松菜やトマトを収穫しに行ってきました。
午前中は整体にも出掛けて少し身体を休めています。

蕎麦畑ですが博物館で育てている蕎麦は昨日大勢の人が来て収穫作業をしていました。
それより1週遅れで種蒔きをしているのでもしかしたら来週中には我が農園の蕎麦の収穫作業も始めることになりそうです。

  1. 2017/10/06(金) 11:47:34|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り6日目、ここらでひとまず終了か。

下の田んぼの脱穀作業から作業開始です。
掛けておいたシートのおかげで雨に濡れずに済んだので曇り空の下でも脱穀が出来ると言うわけです。
下の田んぼの水が引かないことが判ったので、強引に刈り取りをしてハゼ掛けしました。
上の田の稲も機械刈り出来そうな所だけ少しだけ刈りハゼ掛けをしました。
明日は又雨が降るようなのでハゼ掛けシートを掛けておきました。
今日刈り取りはしませんでしたが、ちゃんと実っているところがまだありますので、後日そこは手刈りをしようと思います。
でも、疲れたし、売る分も食べる分もしっかり有りますんで、もうやめようかな・・・とも思うのであります。

inekari (1) inekari (2) inekari (3)

下の田の籾付き玄米は18袋取れました。
上の田より3袋多く取れています。
昼に米を積んで蔵に収めましたが、米倉庫に入りきりませんでした。
久しぶりの豊作となりました。

inekari (9) inekari (11)

来年はネズミ害のことももう少し気を遣って苗作りも成功させてもっと良い米を作りたいと思います。

バインダーで刈りましたが、作業クラッチが切れなくなってしまいました。
蕎麦刈りの前にしっかりメンテしないといけなくなりそうです。

 inekari (4) inekari (5)
  1. 2017/10/05(木) 22:02:40|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

切り藁を広げる作業をしました。

お天気は曇りです。
稲刈りの続きを・・・・脱穀の続きをしたい気持ちでいますが、タイミングが合いません。
出来ることを出来るときにと言うことで上の田んぼに筋状態になっている切り藁を広げる作業をしてきました。

田んぼへ行ってみると下の田んぼの水が全く引いていません。
昨日水路から染み出ている水を出来るだけ少なくしようと入り口に砂利混じりの土を入れて水口の隙間を閉じておいたのです。
水路のつなぎ目から漏れた水が田に入っている量が結構有るようです。
対策として角に深さ40センチ直径1メートルほどの穴を掘っておきました。
効果があると良いのですが・・・・雨が降らずにこの水が減らないようでしたら、ぐちゃぐちゃ覚悟で稲刈りを済ませようと思います。

taono (1) taono (3) taono (2)

熊手で広げられると早いかと思いましたが、やってみるとそれほど効果的でないことが判ります。
やはり手で抱えてないところへ撒いて広げるのが一番綺麗に早く広げられるようです。
朝8時から9時半まで1時間半かかって広げ終わりました。

taono (5) taono (6)

次は下の田んぼの入り口においてある代かき専用のロータリーです。
これを移動しておかないと脱穀機を入れることが出来ません。
昨年は上の田んぼから畦を超えて出し入れしたのですが、今年はその場所がぐちゃぐちゃ状態なので正規の通路をあけることにしました。
トラクター本体だけを持ってきて後部に装着して移動します。
置き場所は田んぼの中で使っていないところがあります。
以前置いたのですが、一年使わないと土に埋まってしまい機械も錆びますし、装着時に苦労したことがありました。
今年はパレットを下に置きましたので、これからはここを置き場所にするつもりです。

出来ればパレットの下にシートでも敷いて雑草対策もしておけば良かったかなと思いましたが、来年の代かきの時に持ち上げるのでその時にしようっかな。

taono (7) taono (8)

ひとまず今日田んぼでできる作業はこんなところかな。
午後日射しが出るようなら藁切りが出来るように脱穀機のメンテ作業も考えないといけないかもね。
  1. 2017/10/04(水) 12:51:50|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り4日目

朝7時過ぎから動き始めました。
午後から雨、夕方から本格的に降り出すと言うことなのでそれまでには藁を綺麗に切って田んぼに撒いておきたいと思います。
藁切り機が付いている脱穀機が使えなかったので、一度に済まなかったわけです。
脱穀機は使えなくても藁切り機としては使えそうなのでやり始めました。

所がプーリーが1つ動かないわけでそのプーリーがブレーキ役となっています。
あまり良い使い方とはいえないですね。
判ってやっています。

最初の作業は昨日は座掛けしたところへのシート掛けです。
6時の時点で既に風が出ており一人での作業は大変です。が、毎年の事少しずつなれてきました。

inekari (2)

機械の方が順調でしたが後半3メートルというところで音が鈍くなり回転が落ち始めゴム臭い匂いまで発生。
エンジンを止めて中の様子を見てみますと細かいゴミが篩の下に溜まっていて篩の動きを止めるまでになっていました。
篩を動かしているプーリーまでもブレーキ役となっていました。
あと少しなので強引に使って終了となりました。
時間が有るときにメンテを頑張らないといけないようですが、詰まっている一番底の部分は手が入らないのでどうしたものかと思います。
徹底的に乾燥していれば掃除機のホースの先を突っ込めば何とかなるかなと思っていますが・・・・判りません。

inekari (3) inekari (5)

ハゼ足と棒を片付けて機械にシートを掛け終えて帰ってきました。
12時前に終わることが出来て良かったです。
雨は山の方から風に乗って時折ぱらぱらしましたが、作業をするには問題ありませんでした。
午後2時から本格的に降り出してきました。
  1. 2017/10/02(月) 15:46:38|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り3日目

昨日予定した作業は何とかやり遂げましたが、結構大変でした。
7時過ぎから作業に取り掛かりました。
先ずは下の田んぼの刈り取りを済ませた物を全部ハゼ掛けします。
30分ほどやり始めたところで湯川さんが顔を出してくれました。
午前中少しお手伝いが出来ますとのこと、有り難いったら有りません。
田んぼ一面に広がり落ちている稲束を集めてくるだけでも結構な作業ですから。

午前中に予定通りハゼ掛け作業が終わりました。

inekari (1) inekari (4) 

午後からは上の田んぼの脱穀作業です。
順調にいけば3時間ほどで終わるのではないかと1時から作業を開始しました。
が、大好きなアクシデントが速やって来ました。
稲束4束ほど脱穀機に通したのですが、籾が一粒も袋に落ちてくる気はいすらないのです。
絶対おかしいと思い機械を止めて掃除口を開けてみました。

inekari (5) inekari (7) 

底の篩の下に今外れたばかりの籾付き玄米がいっぱい溜まっていた。
上に登ってこないと言うことはスクリューが動いていないか詰まっているんだろうと底の小さな掃除口を外してみるとネズミが運び込んだと思われる古い籾とビニールの混じったゴミが詰まっていた。

inekari (8) inekari (9)

棒を使って出来るだけ取り除いたが、いっこうにスクリューが動かない。
ベルトカバーを数してみると1カ所掃除口が見つかったので底も開けて中を見てみるとびっくり。
真っ黒く腐った籾と底には3センチくらい水が溜まっていた。

inekari (17)

狭い口ではあるが指と棒で少しずつ引っ張り出して取りだしていくとこれまたびっくり。
結構大きな鉄板部品が出てきた。
これで動き出すのかと試してみたが、やはり動かない。
駆動軸のプーリーを強引に力ずくで回してみようかとゴムベルトを外すことにしてみたが・・・

 inekari (19)

いやいや、今こんな機械のメンテをしている場合じゃないわい。
今日中に脱穀をやってしまわないと・・・
もうこれでおしまいにして麦の脱穀に使っていたものを持ってきて一刻も早く作業を再開することにした。
時間は3時を回っている。

inekari (20) inekari (22)

結局風が吹き出した3時過ぎから6時まで約3時間かかって脱穀をやり遂げた。
軽トラに18袋積み終えて土蔵の倉庫に積み上げ終えたのは7時前になっていた。
真っ暗じゃん。
下の田んぼにハゼ掛けした稲は好天2日目に脱穀をする予定で今の所予定は決まっていない。
上の田よりも出来は良かったので、販売用は下の田の米となります。
それから2年続きでこれだという美味い米の栽培が出来なかったので、今年は1㎏300円で試食米を販売して、それから本販売をしようと思っています。

とりあえず今日収穫した分は明日の夜にでも食べようかと思っています。

追記
明日は雨、午後から雨。
2日間雨になるようです。
軽く半日くらいで雨はそんなではないと思っていたので、この予報通りだとハゼ掛けした米のダメージが大きくなりそうです。
明日の朝早々にハゼ掛けシートを掛けに行こうと思います。
しかし、疲れた。
  1. 2017/10/01(日) 20:04:20|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り1日目

早朝6時から作業に入ろうかと前日床に入ったのですが、今朝はそんな気分にはなれずに8時から動き出しました。
それにしてもさわやかなお天気でした。
何だか空気も美味いような気がしました。
ハウスにしまってあったバインダーは簡単にエンジンが掛かりませんでした。
この機械は今まで結構簡単にエンジンが掛かっていたので何かの加減でクセが付いたのかもしれません。
この後蕎麦の刈り取りにも使いますが、その後はオイル交換をしておこうかと思います。

今日から4日ほどは雨予報が出ていませんので、一気に全部刈ってしまおうかと思いましたが、下の田んぼの半分だけ残しました。
水がいっぱい漬きすぎているので様子を見ることにしました。

上の田んぼからハゼ掛けをしました。
水口に近い手植えの所はやはり刈り取るには少し早いようでしたので、残しています。
今日はハゼ棒2本一通りを2つ分やり終えたところで自宅に帰ってきました。
なんとここまで朝8時から午後の2時までやっていたわけです。
自分的にはそろそろ12時なんだろうなと思って帰ったのですが・・・・
午後4時からバイトが始まるので、昼食を取って着替えてと忙しく動きました。

たんぼ (1) たんぼ (5)

下の田んぼは半分だけ刈ったところです。
明日は午後3時からアルバイトなので1時には帰ってこないといけません。

たんぼ (3) たんぼ (7)

明日は早朝6時から動き出せれば良いのですが、夜が遅いので朝が辛いのであります。
何処までハゼ掛け作業ができるか全く判りませんが、マイペースで頑張ります。
  1. 2017/09/29(金) 22:34:23|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から稲刈り始めます。

良く降りました。
アルバイトから帰ってくるときにガード下の温度計が10度になっていました。
ぐんぐん冷え込んでいますね。
明日は5度くらいまで冷え込むようですし、お山では霜注意報が出ているそうです。
田んぼは雨水が入ってしまいぐちょくちょじょうたいになっているかもしれませんが、今から始めないと蕎麦大豆と収穫作業が続いていきませんので、進めていくしかないでしょう。
今年は2枚しっかり稲が育っているので1人で3日掛かり・・・・午後からアルバイトがあるのでもしかしたら5日掛かりになってしまうのかもしれません。

泉ちゃんは松本マラソンで楽しむ予定ですが、僕は田んぼで楽しもうと思います。
  1. 2017/09/28(木) 21:46:52|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する