FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

整地作業をしました。

農機置き場と水タンクの設置が済んで、その後雨降りの日がありました。
タンクからオーバーフローしたこぼれ水は必然的に低い方へ流れるわでして、新しく出来た農機置き場に水が行くのであり全く困った事態が出来上がったという訳です。
忙しいこの時期にやらなくても良い物でしたが、稲の苗床の水やりに20分ほど時間が掛かるようになり、その間に少しでもそういった作業ができればとつい頭と身体が動き始めてしまうのでした。

この画像では高い低いの様子が分かりづらいですね。

農機置き場の整地作業 (1)

ここは昔火を焚くところにしていたのでまあるくクレーターのように掘ってあるのです。
今回そこも平らにしてしまいます。

農機置き場の整地作業 (2)

トラクターで土を削って動かしたいところを耕起します。

農機置き場の整地作業 (3)

ここに水が流入っていくのです。

農機置き場の整地作業 (4)

鋤簾を使って土を移動させていきます。

農機置き場の整地作業 (5)

農機置き場の整地作業 (6)

後は作業で入ったり出たりしている内に土も硬く落ち着いてくるだろうと思います。
スポンサーサイト



  1. 2016/04/25(月) 19:03:42|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

整備された農具置き場ですが。

昨日夕方自宅に帰るとポストの上に回覧板が置いてあった。
大した無いようでなければそのまま隣のうちへ回そうと中を見てみると派出所で出している手作り新聞だった。
自転車の鍵や交通週間の取り締まりのことかなと先を読んでみたが全く違っていた。
最近地元の畑から農機具や農機が盗まれているので気を付けましょうという物だった。
特に畑に置きっ放しでシートだけを掛けている農機は盗まれやすいとのこと。...
その晩その話を克子さんにしたら、「そうだってね、草刈り機も盗まれているってよ」
やっと差し掛け屋根置き場の下に農機具をそろえたは良いけれども、まるっきり盗みやすいところを作ってしまった感じでこれはまずいじゃないかとなった訳です。

そこでやったら沢山有る寒冷紗を目隠しに使う事にしたのであります。

農具置き場 (1)

通りの方からみると中が見えないので相当効果があるように感じた。

農具置き場 (2)

おまけ記事
田んぼの脇の草は相当伸びてきている。
そろそろ一回目の草刈りの時期が来たようだ。

雑草

夕方店番を終えてから森に用事が出来て行ってきた。
その帰りに田んぼの様子を見に行ってみると、田んぼの水が引けていた。
やった甲斐が有ったんだと嬉しくなった。

田んぼ (1)

田んぼ (2)
  1. 2016/04/16(土) 18:51:54|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農機小屋の片付け作業開始。

トラクターを置いている小屋は割と大きいのだが、中に不要なものがごちゃごちゃと入っているために割と利用できないでいた。
しかしシャッター付きの四面が囲まれている丈夫な小屋なので何とかしたといつも思っていた。
さしかけ屋根置き場が出来てから底へ随分農具を納めることが出来たが、農機関係機械関係のものをまとめたいと一層思うのでありまして、ついにやる時がきたんだと思い片付け作業を進める事にした。

中に雑然と置かれていた物を全て出してみるとその奥からゴミが結構出てくる。
物の下になっていたものから土の中に埋まっているものまで、ビニール類と金属類が多い。

スペースは変わらないので棚を作って空間利用して片付けるしかないだろう。
幸いビニールハウス内に使っていた乾燥棚の板材がまだチラホラとあるのでそれを使う事にした。

冷蔵庫の密閉入れ物容器は1メートルほど奥に置き直して、手前の空いた部分に棚を作って工具類を並べました。
地面の方へは重いオイルと燃料などを置きました。

農機小屋 (1)

奥の方には中古エンジンなどを置いてます。
これは部品取りとして捨てないで取ってあります。

肥料散布器や管理機も置いていますので時間にゆとりが出来ましたらもう一度今度は奥の方を綺麗にしたいなと思っています。

農機小屋 (2)

この春はこれでおしまいとして農作業の方を進めていきます。
  1. 2016/04/15(金) 13:04:35|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨水貯水タンク設置ついに完了しました。

農具小屋の隅っこ、丁度トイレの前に設置しました。
トイレから出た時はこれから手洗いの水として使えるようになりました。
11月から4月までの間は灌漑用水が使えないので、ハウスで苗を栽培を始める3月には散水用の水としても使えるので重宝していくことでしょう。

雨水タンク
  1. 2016/04/11(月) 18:52:38|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易トイレのドアとさしかけ屋根置き場にトヨを付けました。

洗馬の何でもセンターで見つけてきたトヨをしっかりつなげて付けます。
今日まではただトヨ受けに載せていただけでしたのでつなぎ目からボシャボシャと水が落ちる状態でした。
木曜から雨が古そうですので、今日やっておく作業としたらベストでしょうか。

貰ってきたトヨの端っこは折れたりしていて切り口が綺麗でないので切り直しをします。

差し掛け屋根置き場 (1)

それから繋ぎ分分の縁の所は雌と雄となるように加工します。

差し掛け屋根置き場 (2)

差し掛け屋根置き場 (3)

こちらの方も切り直します。

差し掛け屋根置き場 (4)

それから長さをそろえます。
重なり部分が1㎝位になるように印をします。

差し掛け屋根置き場 (5)

雌になる方はドライバーの先を差し込んで広げています。

差し掛け屋根置き場 (6)

いよいよ取り付けとなります。
重なる部分にコーキングをしてつなげながら取り付けていきます。

差し掛け屋根置き場 (8)

差し掛け屋根置き場 (9)

コーキング剤は30㎝位付けただけで殆ど使っていません。
この先いつ使うのかは全く皆無ですが、とりあえず又使えるように対処しておきましょう。
古い農ビが有ったので端を切って押し出し口のとんがりキャップと本体との間に挟んでおきました。

差し掛け屋根置き場 (10)

落としパイプも取り付けたいのですが、後で水槽タンクを設置する予定でいますので、とりあえず竹を通しておいて地面に落とすことにします。
これで暫く行きます。

差し掛け屋根置き場 (11)

さて、次はトイレです。
取っ手が壊れてしまっていたのでこの秋に剪定した柿の木の枝を使って取り付けました。
鍵も付けたい所ですが、これが又簡単にいきませんので、と言うか有るものを使って作ろうと考える訳でありまして、それで簡単にいかない訳です。

トイレに取っ手が付きました。

簡易トイレ

このつづきはまた。
  1. 2016/04/06(水) 13:55:11|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スグリの移植作業とハウス内の整理

農具小屋のさしかけ屋根置き場がやっと出来て、使いやすくゴミの片付けをしていますが、そこには昔から植えられているスグリがあります。今日はスグリを抜いて移植作業をしました。

内側にあったのを外側に移植しました。
カブが大きかったのでクワで掘って抜いてみると18根株位になりました。

スグリ (1)

外に4株ほど並べて植えて水をやっておきます。

スグリ (2)

後はぶどう園の道川沿いに植えました。
スグリは独特の渋みと甘酸っぱさが有り、つまみ食いには楽しい果樹です。.

スグリ (3)

散歩でもしている人がたまにつまんでいくようにとわざと道側に植えたのです。

ハウスの中も一刻も早く片付けてごまの苗を育て始めたいと思っていますが、ついついやることが多くて出来ません。

ハウスの整理 (3)

ハウス内の大型農機を全部出してトラクターで耕起しようと考えていたのですが、やはりこれを一人でやるには大変だと気づき小型耕運機と手作業でとりあえず半分だけやってしまうことにしました。

ハウスの整理 (2)

土に直接ものを置いているとそのしたがネズミの住処になりやすいので、ぼちぼちとこちらの方も棚置き場が出来たら移動して片付けていく予定です。

ハウスの整理 (1)

夏前までには何とかしたいな。
  1. 2016/03/28(月) 11:26:31|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さしかけ屋根置き場 5回目

色々とあって一気になかなか進まないでいる。
今日は1日関われるので仕上げたいと思っているが、電動インパクトドライバーの調子が悪く5分ほど使うと電池切れとなってしまい自宅へ6回も通っている。
コンパネから根太を外して屋根に並べていく。
おいらはいつも壊して又使えるようにと打ち釘は出来るだけ使わない。
今回もねじ釘を外すのでこういった時には大変だ。

差し掛け屋根置き場 (1)

差し掛け屋根置き場 (2)

差し掛け屋根置き場 (3)

外したコンパネを上に並べて根太に木ねじで止めてからいよいよトタンをはり付けます。

差し掛け屋根置き場 (4)

差し掛け屋根置き場 (5)

充電している間は手回しドライバーでせっせとやるのだが手が痛くなってきてしまった。

差し掛け屋根置き場 (6)

傘釘が無くなってしまったので、昼ご飯を食べに、そして何でもセンターへ傘釘探しに行くのだ。
それから小屋と差し掛けとの間が30センチほど隙間が出来ているのでその部分を埋めるトタンも買ってきます。

差し掛け屋根置き場 (7)

6尺約180センチのものを3枚買ってきました。
9枚分欲しいので切りました。

差し掛け屋根置き場 (8)

これまたトタンばさみで切る時に山を微妙に潰してしまうのか切り終えると変形しているのです。
それが原因で下の波板と同じように重ねられずつなぎ部分が上手く行きませんでした。

差し掛け屋根置き場 (9)

何でもセンターは新品はありません。
クズの中で売れそうなもの使えそうなものを取ってあるのです。
火起こし器の中に20本ばかりの傘釘が入っていました。

差し掛け屋根置き場 (10)

釘抜きで乱暴に引き抜いてあったものらしく傘は半分近く強風に煽られてきのこになっておりました。

差し掛け屋根置き場 (11)

今日で終了。
ハウスから出したものをここへ移動しなくちゃ。
この続きは・・・明日と言いたい所だけど土曜は店番だ。
  1. 2016/03/25(金) 12:29:51|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さしかけ屋根置き場 4回目

午前中は病院へ行ってまして、作業は昨日と同じ午後からとなりました。

さしかけ屋根置き場 (2)

さしかけ屋根置き場 (5)

鉄パイプでやっと骨組みを組み立て根太をあげましたが、つっかえなどの補強の部分も増やしたためにパイプとクランプが足りないことになってしまいカインズへ買い出しに行くことになりました。
昨日は6000円位今日は4000円位かかってしまったので、3月にあちらこちらから集まっていた役員手当があっという間に無くなってしまいました。

さしかけ屋根置き場 (3)

今まで使っていたトタン板とベニヤ板も使うので分解します。
トタンがへこまないようにスコップをトタンの上に乗せて釘抜きの支点がスコップに乗るように使いました。

さしかけ屋根置き場 (4)

トタンまで外した所でベニヤを根太から外そうとしたのですが、ボロの電動インパクトの電池切れで作業終了となりました。

さしかけ屋根置き場 (6)

まだ6時まで30分ほど時間が有りますので麦畑の除草作業をする事にしました。
  1. 2016/03/24(木) 19:05:28|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さしかけ屋根置き場 3回目

午前中は炭作りをして、午後2時から物置小屋作りをしました。
作業を始めて直ぐに自在形クランプが13個必要だったことに気付いて買い物から始めました。
トラックで動き回るのだから自宅の灯油も・・・納豆も鶏の胸肉も買うことにしたのだが、きったねえ作業着のままだったのでお店の中ではさっさと用を済ませるために必要な所だけを急いで通り過ぎることとなった。

差し掛け屋根置き場 (8)

差し掛け屋根

昨日の夕方6時過ぎが上の画像で、今日の夕方6時が下の画像です。
1つしか無い脚立をその度動かしては乗ったり下りたりと結構忙しいです。
たまに遠くから見て水平や垂直や傾きなど確認しながらの作業です。
メジャーも水平気も使わずにやっております。
トヨの方向きはトイレ側に傾けて集めた雨水は手洗い用の水としても使えるようにしたいと思っています。
  1. 2016/03/23(水) 18:49:07|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の農具ハウスをきれいにしました。

この3年間桔梗農場にある農具を入れている小さなビニールハウスがどうにもひどいことになっていた。
一昨年中に4メートルのバイプを棒棚を作って片付けはした物の、重みに耐えられずに渡してあったパイプが2本曲がって殆どのアーチパイプと4メートルパイプが下に落ちてしまった。
その下にあったマルチシートやアミタビニールシートはそのままもう引っ張り出すことも出来ず、釜やら鍬やらその他の物も中に入れられずに入り口周辺に固まり置き去れ、それも雨が風に流されて吹き込み濡れてしまうという自体であった。

農具ハウス (1)

昨日やり始めたのは良いのですが、とにかく物を全部出してみたら物の多さったら有りません。
棚も無しでどやって使いやすくしまえるのかと頭をひねったまま元に戻らない有様です。
シートは今まで上部だけに掛かっていて、裾部分は開いたままでした。
だから風で雨が吹き込んでいて中に雑草がいっぱい育ってしまいました。
今回は入り口部分だけ開けて全部シートで囲うことにします。
シートを掛ける段階になると風が出始めてどうにもシートを掛けることが出来ず中断しておりました。
と、いうわけで今日は朝の風の無い時間を狙っての作業開始です。

農具ハウス (2)

地べたに直接おいていたパイプはぶどう園にあった栗の木を枕木にして置き直します。

農具ハウス (4)

考え考えやっているもので、ついつい時間が掛かってしまいました。

農具ハウス (6)

中から出てきた段ボール類はハウスの周りに生えていた雑草と一緒に燃やすことにしました。

農具ハウス (7)

木で棚を作ってきれいに箱に入れ直してしまい直したい気分ではありますが、ハウス仕事ついでにあのビニールハウスも雪降る前に本格的に修理をしないといけないなと自分にプレッシャーを掛けるのであります。

東山の中腹まで日陰が出来ると頭が夕日で赤紫色に染まってきます。
じっと見ていてもなかなか日陰部分が登っていかないのに、次第に白さを増してくる月を見とれて又山を見たらあっという間に日陰山になっていました。
  1. 2014/11/04(火) 19:33:56|
  2. 農具小屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する