FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

乾燥棚の竹を角材に交換しています。

2年前に乾燥棚を作ったのですが、やはり竹ではプラスチック製の乾燥箱が滑って落ちそうで心配でした。
鉄パイプのハゼ棒を通してみると結構使いやすかったので、これで行こうかと思っていましたが1本900円くらいになります。
全部揃えたらたいそうな金額になります。
木だといくらになるかとプラスワンで調べてみると4メートルの長さで30☓40の角材が一本350円でした。
これなら半値以下で済みます。
粉が売れた金額で早速角材20本購入してきて入れ替え作業をしました。

kansoudana (1) kansoudana (2)

今日は20本だけ交換することが出来ましたが、まだ棚が有り後10本必要です。
棚の長さは5メートルあるので、後1メートル分継ぎ足さないといけないのであります。
又余分なお金が出来たら角材を購入して乾燥棚の完成となります。

追記
パイプのハゼ棒は肉厚が少し薄い気がします。
曲がりやすいのです。
軽くて良いのですが、一度曲がると使いづらくていけません。
それに○だと垂らした藁束がずれ落ちやすくなります。
いっそのこと角材にしたらどうだろうかと思います。
4センチ角か5センチ角で十分強度はありそうです。
今年4メートル材を購入して使ってみようかと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2017/05/14(日) 21:16:51|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスのシートが飛ばされた。

宿直の仕事を終えて朝帰りの日だった。
朝ご飯に久しぶりに買ってきたインスタントラーメンを作って一口虫歯でない口内右側でかみ始めたところでピンポーンとチャイムが鳴った。のびやすい麺なので・・・と思ったが玄関に出るしかない。

隣の畑の主であった。
お宅のハウスのビニールが今にも飛ばされそうなので今行って直した方が良いよという事だった。
午前中からの風は段々強くなってきていたが、つい30分くらい前に畑の横を通った時には何でもなかったが・・・・これはたいへんだ。
午後からは雨になると予報が出ているし、飛ばされてしまったらこの強風の中一人でどうやっても直しようがないし、遠くの飛ばされて道路封鎖でもしたら・・・・電線に引っ掛かってしまったらどうしよう・・・
とにかく今ラーメンを口にするのはあきらめる事にした。

片側だけは何とかビニペットが外れずにいてくれたがもう片側は完全に飛ばされていた。
ハウスの中も壁が大きく揺れた影響か本棚や収穫カゴなどが散乱していた。

ビニールハウス (1) ビニールハウス (2)

向こう側へよってしまったビニールの端にハウス用のビニール紐を縛ってこちら側へ引っ張りじわりじわりと全面に掛けるところまで来たがビニペットで留めようとするとどうしても風邪で引っ張られるので上手く行かない。
とにかく飛んで周りに迷惑を掛けない状態までしておく事でそれで良しとする事にした。
とりあえず3本ほど掛けて一旦食事をしに帰った。
そうね、昼飯になっちまったね。

ビニールハウス (3)

午後1時から雨が降り出した。
風がおさまるようならビニペットで止める事が出来そうなので期待して出てみたが、全くおさまっていない。
紐だけでなくロープも3本掛けてきた。
明日風が無かったら早々にハウスの修理作業をしに行こうと思う。
  1. 2017/01/27(金) 15:12:32|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスのシート張り替え 2日目

今朝は6時30から作業開始です。
早朝なので風が無いかと思っていたら結構風が出ていました。
単管パイプを買い直してとも思っていたのですが、考えを変えました。
ハウスパイプの上に持っていって西側から伸びてきているパイプにつなげます。
乾燥場の方と同じ高さでシートを張ることにしました。
そうした方が外観もスッキリするし雪に対しても大丈夫ということも判ったし。
と言う事でカインズ製でも大丈夫になりました。

ビニールハウス (5)

ビニールハウス

こうなるとハウスパイプの長さの足りない分のパイプを買ってきてつなげないといけません。
とりあえずは此処でいったん休憩に帰ります。
店の開く時間になったら早速作業開始です。

9時自宅を出てみると小雨じゃん。
このくらいなら作業は進めるさ。
柱になる部分とつなげて長くする部分と2.5メートルの単管2本、それからつなぎの部分に差し込むジョイント1つを買って早速てっぺん部分を作った。

その当たりから小雨は本降りに変わってしまった。

ビニールハウス (1)

新しいシートを広げ多は良いが結構雨だけで無く風を出てきてしまって、このまま作業を進められるか迷いながら・・・
農機を濡らすのはやはり良くないのでそのままカッパも着ずに濡れながら作業を進める。
風がシートを舞い上げてはいるが紐で6カ所止めたのでこれでいったん昼休みにして帰ることにした。
時間は丁度1時。

ビニールハウス (3)

え、え、え:::::濡れた服を着替えていたらそば会の誘いに中村さんが顔を見せた。
今日そば会なんて連絡受けてないな。
と思ってメールチェックしてみると午前10時頃にメールが配信されていた。
午後1時からそば会だって。
メール見てる間が無かったわけだわ。
そのまま店に行って蕎麦を食べてきた。

蕎麦を食べている家に雨はやんで畑に行ったら青空まで見えてきた。
ビニペットで端から止める作業をした。

ビニールハウス (4)

これでやっと3年前の大雪の被害で壊れていたビニールハウスが何とか復活できたというわけであった。

おまけ記事
この雨で蕎麦はすっかり元気になったようだ。

蕎麦
  1. 2016/08/15(月) 09:35:28|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスのシート張り替えしています。

穴あきシートにずーと悩まされてきましたが、ついに農機を置いている側もシートの張り替えが出来そうです。
雨が降らなくて困ってもいますが、強風も無いこういう時にこそシート張り替えのチャンスであります。

昨年秋のハウスです。
今年の春先の強風で上に掛けてあった白とブルーのシートが完全に破けてしまいました。

ビニールハウス (3)


今日も日射しが弱まり始める3時から出動です。
穴が開いているホワイトとブルーシートそれから古い穴あきシートを剥がします。

ビニールハウス (1)

4メートル単管があったのですが、肩掛け農機置き場を作る際に代用してしまったのでカインズに1本買いに行ってきました。
T字のつなぎジョイントでつっかい棒を作ります。
これでジャッキーで押し上げてパイプのてっぺん部分を持ち上げます。

ビニールハウス (2)

ビニールハウス (3)

ビニールハウス (4)

ジャッキーで押し上げている割りにてっぺんのパイプが揃っていきません。
外に出てみてみたら単管パイプがよわっちくてそれ自体が反ってしまっていました。
カインズ製品ではどうも駄目なようです。
やり直しです。
明日改めてプラスワンへ丈夫な単管パイプを買いに行かないといけないようです。

ビニールハウス (5)

シート張り替えが済むまで雨が降らないでいて下さいと願うばかりです。
つづく。
  1. 2016/08/14(日) 19:03:19|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスのシート張替えをします。

今年の春先はアウトレットのシートを運良く見つけてだいぶ安く張替えができたのですが、透明部分ではなくてコンバインをしまっている西側部分の張替えができていないのです。
先日中朝残高を確かめるために記帳をしてみたらシート張り替え予算2万円がどうも使えそうな具合でした。
夕立はひどいものですが、日中は始末に負えない程の強風が吹いていないのであります。
梅雨も明けたし、今がシート張り替えのチャンスと見ました。

シートは今日発注したので5日位先になると思います。
8日から11日の間位に作業ができたらと思っています。
お手伝い出来そうな方がいましたら連絡を頂ければと思います。
  1. 2016/08/04(木) 17:25:44|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの床直し又始めました。

砂利を敷き詰めてこれでオッケイのつもりでいましたが、全く土埃は落ち着きませんでした。
シイタケの乾燥が終えたのでまた床土をいじり始めました。

カインズで見つけた固める土という物とセメントを混ぜて表面に撒いてみることにしました。

ビニールハウス (1)

ビニールハウス (3)

全面に厚さ3センチで撒きたいのですが予算の都合上厚さ5ミリ一部という事になりそうです。
どこかで要らなくなった敷きマットやじゅうたんなんかが有れば欲しいな。
それ敷いちゃえば解消しちゃうんだけど、昔我が家でもあったんだけど・・・捨てずにとっとくべきだった。

ビニールハウス (2)

もう帰りの時間になってしまったのでこの分だけ水掛けて帰ります。
この続きは又明日。
  1. 2016/04/26(火) 21:25:30|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強風注意報、竜巻注意報

やはり注意が足りなかった。
午前中は5時半から祭りの準備に動き、8時からはせんげざらいで雨風の中をカッパを着て平出の田んぼのせんげざらいをした。
水路の泥は平年並みであったが、参加人数が倍近く多くて10時過ぎには帰ることが出来た。
その帰りに稲の苗の様子を見に行ってみるとサンサンシートの下に数ミリの緑色したとげ状の葉が出て始めているのが見えた。
順調だ。



と・こ・ろ・が

11時半からの常会の花見を終えて2時に家に帰ってから種蒔きをしようかとビニールハウスまで歩いて行ってみると。

強風注意報 (1)

剥げている。

強風注意報 (2)

こりゃひどい。

えええ・・・苗床がぁぁ.

強風注意報 (3)

何とかビニールハウスの方は簡易修理が出来たが、苗床は全く手が出せなかった。

明日の朝9時から本祭り出掛けないといけない。
その前に風が静かにおさまってくれていれば元に戻すことが出来るかもしれないけど。
ああ、お天気次第だね。

夜になっても風の音が家の中に響いてくる。
  1. 2016/04/17(日) 18:34:09|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥棚作り後もう少し。

朝早くから始めました。
道具は全部揃っているのでとにかく行けば作業ができる状態ですから。
昨日の続きで切り落とした板を使ってつなげていきます。
竹はそもそも曲がっているし、太さもまちまちなのでキチッとしたものを作っても棚そのものの高さには違いが出来てしまいます。
だからメジャーを使って計ってはつなげていきますが、几帳面にやる必要は無いように思われます。

乾燥棚作り (1)

組み立て作業を終えて直ぐに竹を通して棚を作ってみました。
竹の表面はツルツルしているので、乾燥箱の差し入れは楽のように感じました。
竹が抜けたり安易に動かないようにするために通し板にネジを通して止める事にしました。

乾燥棚作り (2)

通路に出っ張った部分は止めた後鋸で切り落とします。

乾燥棚作り (3)

こちら側にもう3箱並ぶだけ追加で作ろうと思っています。
短い竹の所は切り落として繋ぎ部分に短い鉄パイプを使います。
この鉄パイプも使わなくなったものです。
今回は殆ど再利用で作っています。

乾燥棚作り (4)

陽が高くなってきて10時だというのにハウス内は真夏状態となってしまいました。
とてもじゃないけれどここで作業していられません。
まだ続きがあるのですが、夕方までは外作業をする事にしました。

午後3時過ぎになってやっと薄雲が広がり始めて日射しも午前中よりも柔らかくなりました。

乾燥棚作り (5)

乾燥棚作り (6)

手前にも4箱並べる分の穴あき板を並べて組み立て設置しました。
後は竹を通すだけとなりました。

竹藪に切り倒しておいた竹を取りに行きました。
10本位有りましたが、太すぎる感じです。
とりあえず全部ハウスに運び込みました。

時間はあっという間に過ぎてしまいます。
半分近くやはり太すぎて使えませんでした。
細すぎる所も使えないので結構切り落とし部分がありますが、又炭にでもしましょうか。

乾燥棚作り (7)

暗くてもう何も見えません。
帰ります。

追記です。
今日は予報通りに雨です。
ハウス内の仕事なので8時頃から続きを始めました。
鉄パイプで繋ぎ部分を補強しようと思っていたのですが、雄雌と竹の太さの合うのを見つけて上手く繋げる事にしました。
それからいったん差し込んでいたものも引き抜いて渡しの狭い所は細い部分長い所は太い所に来るようにと合わせました。
有るものを有効に使って5段作ることが出来ました。

乾燥棚作り (2)

乾燥棚作り (1)

乾燥棚100箱が全部収まることになりました。
気になっているのはやはり素材のことも有り滑りやすいのでいったん麦を入れて納めていたものも、他の箇所での麦の差し入れ時の振動によってずれ落ちてこないかとの不安が残ります。

麦乾燥に関する用具でまだやっておかないといけないことは乾燥箱であります。
プラの穴あきトレーに出来ればクラフト紙をはり付けて紙で出来た箱のような状態にしておきたいものです。
丈夫にもなるでしょうし、作業性を良くしたいのです。
  1. 2016/04/06(水) 13:26:12|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥棚作りやっと始めました。

ビニールハウスでの一番の使い方はやはり麦乾燥でしょうか。
7月には麦刈りに入るのでその時までに乾燥棚をしっかり作っておかないといけません。
まだ4月だからと言って油断なりません。
5月からはイベントが続きその後直ぐに田植えとなり除草作業からごまの植え付けやらと全く暇なく次から次と作業が続きます。
今の内に出来ることはやっておかないと直ぐに麦刈りとなってしまうのです。

さて、今日は板の穴開けがやっと終わって夕方暗くなる頃にやっと設置組み立て作業に入りました。
自分の使っていたコードレスのドリルはパワーも少ない上に直ぐに電池切れになってしまうのでなかなか穴開けがはかどれなかった。最近葉君がお店の外付け増築部分をなくすためにコード付きのドリルを購入してくれたのでそれを持ってきて使う事にした。
小型発電機があるのでここでも使えるという訳だ。

乾燥棚作り (1)

たまに折れた釘が丁度穴開け部分にあったりして穴開け機の刃をなめてしまう。
鋸刃やスリを使って2回ほど刃付け作業をしました。

乾燥棚作り (2)

乾燥棚作り (3)

5時過ぎになってやっと組み立て作業になりました。
しかし、この倍の量又増やさないといけないかな。
などと思いながらもとりあえず半分組み上げてみようと始めている。

乾燥棚作り (5)

だいぶ暗くなってきたのでねじ釘を打つ位置の確認が出来なくなってしまった。
明日は1日しっかりこの作業ができそうだ。
  1. 2016/04/05(火) 18:55:04|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウス内の整備 5回目

午後から荷物を入れ始めましたが、この後乾燥棚を作ろうと思っていたのですが、その前に新しく買った0.1ミリの今までよりも薄手のシートを内側に掛けようと思っていました。今の内に掛けてしまった方が後で棚がじゃまになる事がないかなと・・シート張りを始めて見ました。
所が思っていたほど簡単ではありませんでした。

ビニールハウスシート張り (2)

触ってみると意外と厚い気がしました。
これは半端規格品という事でいつもだと2万円以上掛かってしまう所もっと大きいので5000円という破格値でした。
ハウスの中で広げ始めてこれは手に負えないと判断し直ぐに外へ持って出て広げてみました。
風が意外と弱いので、いけそうだと判断してこちら側の角を3カ所紐で縛って止めておきます。
向こう側に行く方の角を長い紐で縛って先に重りとなる木を縛って向こう側へ投げつけます。

ビニールハウスシート張り (3)

向こう側へ廻って紐を引っ張りシートをこちら側までずらしてきます。
このあたりまで来た時にいつもの風が出始めました。
少しひいては縛り付けてと言うのを繰り返しながら全体の様子を見ながらバランス良く引っ張ってきます。

ビニールハウスシート張り (4)

ビニールハウスシート張り (5)

強風の中一人で無事良く張れたもんだと気をよくします。
最終的にビニペットに止めて今夜の強風でも飛ばない位しっかりやっときました。

やっとこれで雨漏りがなくなりました。
外は強風なので中で棚作りを始めます。

乾燥棚作り (1)

棚に使っていた板を再利用して又棚を作りますが、今回は竹の棒も使うのであります。
竹を通す穴を開けます。

乾燥棚作り (2)

鉄パイプも使うこともあると思うので穴の大きさはこのくらいでやっときます。
3つほど穴を開けた所で電池切れとなり、今日はこれで帰ることにしました。
時間は5時、まだ帰るには早い時間ですが結構疲れました。
  1. 2016/04/01(金) 17:28:06|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する