FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

今年はプラムが採れそうです。

0806-30プラム

大きなプラムの木を思い切って小さく剪定した年から一度も実をつけなかったプラムが今年は実をつけました。昨年秋には切ろうかなと思っていたのですが、忙しくてそれも出来ないでいました。自宅のほうには新しくプラムの木を植えましたので今年こそは切ろうかと思ってはいましたが、実をつけてくれるのならば切る事はありません。これからも畑に残して良い付き合いをしていこうと思います。それでも大きな脚立を持ってこないと取れないほど大きくはしないように管理が必要ですね。
今年はアメリカシロヒトリが大発生をするといっていましたが、柿木やプラムの木や胡桃も栗もひとつも発見していません。予想より結構寒いのかもしれませんね。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/30(月) 12:57:47|
  2. プラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの補強をしています。

0806-30ビニールハウス補強

今日は日曜日で月一度の本物のお休み日です。朝から晩までパンに関する仕事はありません。農事の事だけを考えていればいい日なのです。前の日は父の四十九に出席するために、朝1時前から起きだしてパン作りをしたこともあり、今朝もその疲れを引きずっていました。枕元に部屋に雨の音が響いています。外仕事はやらなくてもいいみたいですね。こんな日はビニールハウスの補強をするのがうってつけだなという訳で、一日中ハウスの中で克子さんに手番をしてもらいながら補強作業をしました。畑にあるハウスは強い雨と風でぐらぐらと大きく揺れます。仕事をしながら大きな台風がきたらぜったい飛ぶだろうなと、とりあえずは雪が乗っかってもつぶれないものにと補強しています。
麦たちの収穫も後半月ほどで始まります。それまでに乾燥棚を中に作らねばなりません。出来るだけ少ない予算で使えるものを使って挑みたいと思います。
  1. 2008/06/29(日) 20:00:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまねぎとにんにくを収穫いたしました。

0806-27たまねぎ収穫後地

たまねぎの収穫したあと地です。雑草がしっかりあリンス。この後何を蒔こうかと思っていますが、とりあえずは溝を浅く掘って大量の雑草と焚き火後の炭を拾ってきて埋めたいと思います。

0806-27にんにく

土つきのたまねぎとにんにくをビニールハウスの中に運び2日ほど乾燥させます。たまねぎはザルの中で、にんにくは縛ってつるしました。

実はいつ収穫しようかとあぐねていました。こういうときは先輩たちが書き残したものを利用いたします。なになに6月か。葉が倒れないときは無理やり倒していいのか。倒したほうが実が大きくなるだとな。ふむふむ。昨年は2年越しのたまねぎを7月にはいるまで待って結局葉だけが大きくなったけど玉はさほど大きくはならず、収穫したたまねぎもやたらと筋っぽくて美味しく頂くことが出来なかった。そういう苦い経験がある。今日こそは収穫しよう、そう思っていた。
みゆきさんが元気そうに現れた。にんにくも収穫してもっていってもらうことにした。残りは保存するためにハウスの中で吊るして少しばかり乾燥させることにした。中国産のにんにくは安くていいのかもしれないが、栽培に関しての農薬のことや、昔漂白された物が有った事もあり、安全に関して顔が見えず信用ならない。かといって日本製はその値段を比べると手が遠のいてしまうので、農園にはにんにくは欠かせないのである。
大阪の徳さん達も農園の中でにんにくが一番気になる野菜だといっていたので、全粒粉を送るときに一緒に少しばかり入れてあげようかと思っている。
  1. 2008/06/27(金) 16:31:57|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぶどうの剪定作業2本終了。

0806-27ぶどう1

0806-27ぶどう


朝7時半からの作業でした。朝から良いお天気です。おかげでペットに水を入れて持ってこなかったことを後悔しながらの作業となりました。冬の間に大まかな剪定作業というのをほとんどしていないので、この時期の余分な実を落とすのと絡まっている部分の選定と誘引作業が同時に行われるという事になっています。この作業は目を凝らしてやっているのですが、見落としが結構出ます。後からやった所をもう一度みて回る必要があります。
2年間収穫を止めてひたすら剪定をしていた2本は今年多くの房をつけています。やっとここまで元気を取り戻したんだなと思うとうれしい気持ちになります。今年は約半分の元気をもらうことにして、半分の房ははさみで切り落します。昨年秋に根元に植えた野紺菊の葉は見つけることができません。
実をつけるために必要な栄養分のカリをどのように調達していくかはこれからの長い道のりの課題となっています。ぶどう棚のした一面にはびこるカラスノエンドウが野菊に変わってくれればなと思うのですが、良い方法はないものでしょうか。
  1. 2008/06/27(金) 16:04:05|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう棚の下の除草作業やっと終わりました。

パンの仕事は順調に終わり、毎週楽しみにしているげつパンさんの手打ちそばをいただいき、お寺に生活クラブの牛乳を取りに行ってから、いざ畑に行ったのでありました。カラスノエンドウが押し寄せるように今年もあっという間にぶどう棚の下一面にはびこり、性能の良い刈り払い機を購入したにもかかわらず、厄介な作業に代わりありません。田んぼが一段落するまでほったらかしを決め込んでいたのでした。まだ田んぼは手で引き抜く除草となっていないので、今週当たりにこの作業をしてしまいたいと思っていました。あまり厚くない涼しい曇り日ですし、今日はうってつけです。約3時間の奮闘で切り倒すところまでやりました。後は集めてある程度大きく育っているジャガイモやナスやトマトのマルチに敷き詰めようと思います。
今日は種まきもしました。5月の悪阻がけに撒いたスナックエンドウの成育がいまいちなので、蒔き直しをしました。種はまだ一袋の半分も終わっていません。この種来年また使うべきかなぁ。ちょっと問題ですね。生育の悪いものはサトイモも同様で、本を見てみると相当に堆肥が入っていないといけないようですね。なくなったおばあちゃんは肥え(人糞)を沢山入れないといけないと言っていたようです。自然農ではなかなか上手く行かないものもあります。原因は何なのかというのをいつも考えますが、とにかく今日は堆肥をサトイモの横に穴を掘って埋めてみました。これが救済策になるのかは今のところ判りません。
ぶどうのつるもぐんぐん伸び始めていて、早々に剪定しいらない弦の手を切らないといけません。棚の針金に誘引して留めていかなければならないし、余分な実を切り落とす事もしなければなりません。イヤーやらねばならぬ事が山積みですワイ。
あ、ひまわりの種もまきました。
  1. 2008/06/26(木) 16:12:09|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロッコリー一つ持っていってください。

3本あるブロッコリーのうち2つが収穫となりました。ひとつ農園長がいただきましたので、もう一つはみゆき殿持って行って下さいね。チェーンソーの横の袋の中に入れておきました。今日も畑作業に来ていたようですね。ご苦労様でした。
ブロッコリーはこの後横芽を出してまた次々と花を付けて行きますので、大きなトラブルがなければ収穫が秋まで続くと予想しています。
お菜も味噌汁のみとしてお使いくださいね。
自宅プランターのミニトマトはそろそろ収穫ではないですか。

来週は一緒に田んぼの草取り作業をしましょう。
  1. 2008/06/25(水) 13:16:57|
  2. ブロッコリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1回目田んぼの除草作業しました。

0806-25田んぼ除草1

朝7時半から気を入れていざ除草作業に出た。除草剤を1度だけ使えば相当に米作りは簡単で楽にはなるが、僕にはそれが出来ない。そういう米が食べたいのだからしょうがない。だからこの除草作業はつらくてもやるしかないのである。でも、つらいばかりではないと思っている。田んぼの中で歌を唄いながら結構楽しくやっている。ちょうど半分終わったところで休憩とした。時間は9時半でちょうど2時間終えたところだった。この分だと後2時間11時半で昼前には終わる見通しだ。

0806-25田んぼ除草2

田植えから8日たちました。田んぼの水の中の画です。ごらんの通り雑草が芽生え始めています。これを除草機でかき回して根こそぎ浮かしてしまうわけです。

0806-25稲水ゾウムシ

今年もちゃんと稲水ゾウムシが稲の葉を食べ始めている。昨年はためしに駆除をしないで様子を見てみた。危うい景色になってどうしようと相当に迷ったが手出ししないでおいたところ、見事に7月に入ったらぱ?と虫は消えて稲は生きを取り戻したのだった。というわけで、今年も見て見ぬ振りではないが、見守りたいと思っている。

0806-25トンボ

畦に咲いている菜の花に黄色い糸トンボが止まっていた。

0806-25かえる

畦を歩くと良くかえるが田んぼの水の中に飛び込む。ポチャン、くるっと向きを変えてこちらの稲につかまってじっと様子を見ているのである。

今日の除草作業で思った事は、泥の中の温度である。やはり水の取り入れ口付近は冷たく奥のほうと比べると生育も遅い事がわかった。なるべく水は朝の早いうちに大量に、そして短い時間内に入れて閉じている時間を短くする事が必要だ。その朝がパン屋は忙しく動けないのであった。
  1. 2008/06/25(水) 13:10:32|
  2. 稲つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモの花摘みをしました。

0806-24じゃがいも

花が咲いたという事は自分の成長よりも後世を残す事に思いを変えてきたのだろう。我が畑のものは肥料がないためかどうしてもよそのと比べると茂り方がいまいちだ。後3年後には土質も変わってくるとは思うが、それまでは少しやり方を考えていかないといけないのかもしれない。
花摘みはもう少し茂らせたい思いから試しにやってみただけの事で、これが収穫にどう影響してくるのかはぜんぜん判らない。
  1. 2008/06/25(水) 12:40:16|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼに米糠撒きましたが、

昨日精米して出来た米糠約25キロを出かける前に急いで田んぼに撒いてきた。夕方には除草機をかける予定でいた。が、まあ予定通りには行かないもので、明日午前中除草機をかけることとした。
とりあえず今朝の田んぼの画をどうぞ。
0806-24田んぼ

0806-24田んぼ2

アップです。浮いているのは砕けた籾殻です。中を良く見てみるとヒエらしき細い葉をした草が伸び始めています。小さな黒いおたまと名の知らない水生昆虫が泳いでいました。ミジンコも見られましたが、一番いて欲しいアカイトミミズは一度もまだ発見できていません。
  1. 2008/06/24(火) 19:37:47|
  2. 稲つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ田んぼの除草対策をしなければ。

田植えからちょうど1週間が過ぎた。除草機をかけたり米糠を撒かないといけない。米ぬかの在庫は今のところコンテナ1つ分約13キロくらいしか溜まっていない。それでもと思ってそれを撒いてきた。3分の1くらい撒く事が出来た。初めから判ってはいたがぜんぜん足りないのだった。近くにあるコイン精米機にとりに行って調達するという手も有るが、気持ち的には田んぼで取れた分田んぼに戻そうという事でして、今日は米欲しさではなく米糠欲しさに60キロ分の米を精米する事にした。米ぬかは約30キロ用意する事が出来た。明日にでも撒いてあさってには除草機を1回かけようと思う。
  1. 2008/06/23(月) 13:35:04|
  2. 稲つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり倒れたか。

0806-23古代小麦

ライ麦と同様に古代小麦は背が高くなるので、ほとんど倒れてしまう運命にある。昨日からの雨でやはりしっかり期待通りではないが倒れてしまった。倒れたままこのあと1週間も雨が続くと穂から芽が出てしまって収穫ができなくなる事もある。元気とずくがあったら曇りの日にでも1メートル四方ずつ紐で束ねて立てるのだが、一人でこれをするのって、イヤー考えたくねえな。
でもこれも毎年の課題なのでぼちぼちとこなすしかないかな。
  1. 2008/06/23(月) 13:11:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

防鳥ネット張りました。

0806-20小麦

ネットをかける前の小麦畑です。

0806-20小麦2


今年も防鳥ネット張りました。毎年の事ながらこれが結構引っかかって面倒なのです。正規のやり方だと小麦畑の中にネットを支える支柱が立つのですが、めんどくさがりとお金をかけたくないことから今年もそのようなことはせずにやったのですが、それが仕事を余計面倒にしているのかもしれない。麦の穂の上に直接かけると広げるにしても穂に引っかかってうまいようには行かない。克子さんと二人でやるのが精一杯だった。来年はクラフトフェアーの売上からこの支柱を買う資金を捻出したいと思う。

昨日から雨が降る予定で働いている割にちっとも降ってくれない。やたら暑くて、ネット張りも時間ばかりが過ぎてうまくはいかず二人していらいらしてくる。田んぼでデートなんて気分ではとても要られない。11時頃「もう休もう、疲れた飽きた、家にいったん帰ろう、お茶だお茶」
家に帰って僕は水道の水と冷たいヨーグルトを真っ先にいただいた。二人で熱いお茶と少し前にいただいた葬式饅頭を半分に分けていただいた。体も気持ちもだいぶ落ち着いてきた。しかし朝から草刈をしている僕はお疲れバージョンに入っており、30分ほど仮眠をいただくことにした。

12時に味噌汁のぶっ掛け御飯を早々食べて田んぼに一人立ち向かった。赤いネットの下に野バトが引っかかっている。完全に羽をこんがらかせて中づり状態になっている。あんまりかわいそうだったのでネットをはさみで切って(大きな穴が出来てしまった。)逃がしてやった。
ネットで全体を覆うことは出来なかったので、釣り糸のような防鳥糸をかわいく張り巡らしておいた。効果はあまり期待していない。少しばかり鳥にやってもいいと思っているのだった。
  1. 2008/06/20(金) 17:17:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの小麦がいつのまにか食べられている。

夕方田んぼの水を見に行くとやけに今日は騒がしい。小麦畑からすずめの大群が現れた。「おお、すごいじゃんか」思わず独り言が出た。小麦畑に入り込んで状況を見てみると結構な量が食べられている。明日にでも赤い妨鳥ネットを張らないとただでさえ収量が今年は少ないのに、慌てて張らねばなるまい。
  1. 2008/06/19(木) 20:01:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

昨年種から育ったたまねぎをいったん収穫乾燥します。

0806-19たまねぎ1

このたまねぎは今年収穫いたします。丸々してておいしそー。

0806-19たまねぎ2

たまねぎは普通この6月7月が収穫となるが、堆肥の入っていない我が畑のはやっとピンポンボールくらいの大きさにまで育っただけで、とても収穫とまでは行かない。それで雑草にすぐ負けてしまっているのでここでいったん保存のために収穫し、夏過ぎの9月にまた植えようと考えた。そして2年がかりで収穫に持ち込めればと思っているのだった。という事は同時に再来年収穫のためのl種まきをせにゃならんという事か。ただいま作りたてのビニールハウスの中で乾燥保存中。
  1. 2008/06/19(木) 18:48:46|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農事は大忙しです。

明日あたりから本格的に入梅らしく雨になるらしい。作物を影にしている雑草をどうしてもここらあたりで退治しておかないと、生育に多大な影響が出てしまうと言うものだ。

0806-18りんご

毛虫や病気にやられる事がやってきた。酢と万田酵素を溶かしたスプレーをりんごの木にかけてやりました。

0806-18自宅ジャガイモ

今年一番最初に植えた自宅ジャガイモ畑です。生育順調です。このジャガイモには家庭生ごみの堆肥をあげてあります。

0806-18農園ジャガイモ

自宅から1週遅れで植えつけた農園のジャガイモ畑です。2回目の土寄せをしました。除草もかねての作業です。

0806-18ブロッコリ

今年のこのブロッコリには青虫がまだひとつも付かない。どうして?、元気だってことかい。

0806-18たまねぎ

本来なら昨年の秋に収穫の予定だったたまねぎである。堆肥が入っていないのでやたら晩生である。地域新聞には盛んにたまねぎ祭りらしきものが載っているが、ここではこの梅雨明けに収穫となるのだろうか。ん?、それにしてもいいでき。

0806-18茶豆

この夏には希望どおりビールあるいはお酒と一緒にこの香りの高い枝豆を食す事が出来るのだろうか。

  1. 2008/06/18(水) 20:33:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほうれん草の種取しました。

0806-15ほうれん草種取1

0806-15ほうれん草種取2

ゴム製軍手でとげとげの種をしごいて紙の上に落とします。

0806-15ほうれん草種取3

30分ほどそのままお日様に当ててよく乾かしてから使い終わった密封式のゴマの袋にしまいました。
こうやって昨年の秋に結構甘くて美味しいほうれん草がいただけました。その種取が出来ました。
  1. 2008/06/16(月) 21:00:20|
  2. ほうれん草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植えをしました。

平出地区で一番遅くの田植えがついに行われました。周りの皆さんも胸をなでおろしたことでしょう。今年の苗作りは失敗したこともありましたが、25センチの元気の良い苗に仕上がりました。となりの田んぼのおじさんがやってきて「いい苗だねぇ、茎が太いのはいい苗の証拠だ」と誉めてくれました。
気持ちはとてもうれしく高ぶったのでありましたが、そこをぐっとこらえて平常顔で「3年目ですからやっと何とかってところです」。

0806-16田植え

0806-16田植え1

助っ人に来てくれたみゆきさんです。銀河鉄道スリーナインでこんな顔の車掌がいたっけ。

0806-16田植え2

0806-16田植え3

農園長です。朝のうちなのでまだ元気に働いています。

朝7時前から田んぼに来て作業をはじめたのは良いけれど、田植え機が植え込み作業をしてくれないのであった。エンジンも調子よく走りも申し分ない。でも植え込み作業をしないのである。捜査の仕方はいたって簡単であったはずが、何がいけないのかちっとも判らないのだった。仕方なく家に帰って農協の工場へ電話を入れて来てもらった。僕の知らない操作個所が一つあった。苗の植える間隔を長くしたり短くしたりするレバーがちょうど真中でにありニュートラルになっていた。こんなことは珍しいらしい。きっと前回使った後にブラシでよく洗った時にでも当たってずれたのだろう。これで来年からは同じトラブルには会わないという事だ。良かった良かった。

0806-16田植え4

0806-16田植え5


しかしながら喜んでばかりはいられないのだった。機械植えは終了したが、苗が泥に差し込まれずに浮いて横になってしまっているものが半分ほど出てしまっている。これも機械の調節で何とかなるものなら誰でも良いから教えてほしいものだが、今回はすべて手直しするしかない。午前中に1時間ほどで機械での田植えは終わったのだが、手直しと隅ほうの田植えは手作業となり、午後3時まで農園長は奮闘し、慌てて中途半端ながらパンの仕事に行ったというわけであった。

今日は農事ボランティアのみゆきさんが朝から田んぼに顔を出してくれた。田んぼの中から「今日は仕事でだめだったんじゃないのぉ」やる気満々の格好で登場したみゆきさんは「午後からの仕事に急になったんですぅ」との返事で早々に克子さんと手植え作業を11時頃まで手伝ってくれたのだった。

明日も今日の続きで田んぼに入る予定である。
  1. 2008/06/16(月) 18:12:08|
  2. 稲つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボランティアの皆さんに仕事の連絡です。

農事ボランティアの皆さんこんにちは農園長です。
いよいよ畑の草の伸び方も勢いが良くなり週一回の手入れではどうにもならなくなってまいりました。
自然農法とはいえ、ほったらかしではなかなかうまくいったものではありませんので、それぞれの時間の都合のつく時間に出かけては作業をしていってもらいたいと思います。その仕事内容を今回から、このブログにも載せていこうと思います。

急務
1、にんじんの芽が出て大きくなり始めていますが、周りの草の陰になってしまっています。助けてやってください。
2、金曜の夕方に落花生の種の蒔き直しをいたしました。しばらくみずやりをお願いいたします。
3、かぼちゃは畝が高すぎたのが原因か全体に伸び悩みの傾向にあります。園長が、周りの草取りをかねて畝を低くしようと思っています。
4、ジャガイモの花が咲き始めましたね。雑草対策もかねての土寄せをもう一度する必要があります。
5、ぶどうの吊るきりと剪定と縛りつけ作業があります。ぼちぼちとやっていますが、一人だとなかなかですので、と、思っています。
6、カラスノエンドウが大きくなって紫色のきれいな花をつけています。が、ここらで真剣に除草しなくてはなりません。草刈機では絡まってしまってなかなかうまくいかない状態にありますので、手で引っ張ってつる植物だけでも除去しましょう。
7、3日も雨がないとやはり畝を作っているものは水不足になってしまっているようです。ある程度多くなっているものは大丈夫と思っていましたが、やはり水をやっていただきたいと思います。

どなた様もよろしくお願いいたします。
  1. 2008/06/15(日) 12:39:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの代かき終わりました。

0806-13代かき

撮影はパンの仕込が終わっての夕方でした。午前中の代かきの後水はにごっていたのですが、水をためるために入れていましたので、水口付近のこの画像では透き通っています。苗はとっても元気そうでしょ。

0806-13代かき2

陽の入る少し前の雲の輝きを田んぼが映しています。実際はもっときれいだけどね。

今日は朝6時から起きてお湯を沸かしてコーヒーを一人で飲んでから昨夜のカレーの残りをいただき、7時から代かき準備に入った。トラクターに苗箱の下に張っている稲の根を切るワイヤーと飲み水と代かき前に撒こうと思うEM菌テラ1袋を乗せていざ出発となった。現場ですることはまず有孔ポリシートのトンネルを片付けることからだ。あぜシートも竹の差し棒も板もすべて取り外して、やっと苗箱の移動となった。苗箱の下にはしっかりと根が張っているのでワイヤーを苗箱の下にいれて手前に引っ張って土と箱を剥がすのだ。ところがちょうど箱の底からワイヤーが持ち上がる時に泥をしこたま顔に飛ばすのであった。最初は目に泥が入り込み川の水で目を洗ったりと早々のアクシデントが待っていたのだった。初めての体験だったので、これも勉強のうちだ。苗は順調に育っていた。今日代かきをすると泥がある程度固く落ち着く、まあ3日後当たりに田植えとなる。除草剤を使わないので、どうしても毎年除草作業に追われる日々を過ごしているのだが、これが結構きついのだった。今年は出来るだけ大きな苗をと思い6月中旬までトンネルの中で育てた。それから田植えの日に苗箱をはがすのではなく、根を切っておき、新しい根が生え始めた頃に田植えとなるように3日前の代かきに合わせて剥がしたのだった。
トラクターに乗っかって代かきをしているとどこからかモズがやってきて、ミミズなどをついばんでは近くの桑の木の枝に止まって食べている。ツバメが2羽飛んできて水面の水をかするように触って飛んでいる。隣りの田んぼではおじさんがカモよけのきらきらテープを張っている。まだ苗が小さいのでかもが入ると倒されてしまうのだとぼやいていた。それにしても梅雨だというのになんていい天気なのだろう。
今日の作業で気になったことは、青草が田んぼの水で混ぜ合わされて異臭発酵をはじめていた事だ。代かき前に歩きながらテラを振りまいたのが効果となって現れると良いのだが、これも初めての事でどうなるかは判らない。田んぼの草はクローバーがやはり多かった。肥料を入れていないが、昨年の秋に桜の落ち葉をみゆきさんとずいぶん入れた事とこのクローバーのもたらす窒素分の効果に期待したいと思う。
田植え後3日目で除草対策として米ぬかをまた撒こうかと思っている。今年こそ除草機1回がけだけで終わらせたいものだ。
  1. 2008/06/13(金) 16:31:26|
  2. 稲つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチゴの実が赤くなり始めました。

0806-3いちご

みゆきさん、イチゴが赤くなってきました。
  1. 2008/06/02(月) 19:45:34|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

代かきの準備に入りました。

0805-30

トンネル内の稲の苗は順調なのかどうかまだ判断が出来ないですが、枯れずにゆっくりペースで育っています。
0806-2代かき.jpg

6月の11日以降天気と仕事の都合を見ながら田植えをしようと思っています。今のうちに水を入れて軽く代かきをして田んぼの雑草をはやしておこうかと思い今年は田植え2週間前の代かきをしようと思いますが、イベント用の菓子やパンを作らねばならないのでした。農事の雑草取りもあそこもここも状態でどこからやればいいのか困っています。明日にでも水を入れて荒代が出来るといいんだけどなぁ。
  1. 2008/06/02(月) 13:40:52|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サツマイモの苗を定植しました。

0806-2さつまいも

0806-2さつまいも2

大根はだるま大根とりょっきを蒔いておいたのですが、やはり春蒔きでは育たないという事がわかりましたので、その場にサツマイモの苗を10本ずつ2種類買って来て定植いたしました。
定植した後ちょうど良く雨の日となりましたが、元気のない姿であります。来週あたりには元気にきっとなってるでしょう。
  1. 2008/06/02(月) 13:30:43|
  2. さつまいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する