FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

自然農春の教室いたします。

毎年思ったとおりの成果がなかなかでないのであります。今年初めてハウスでの苗つくりをしようと思います。それに伴って春野菜のポットでの苗つくり教室を行います。3月20日の祭日の午前中10時から12時まできんぴら農園で行おうと思います。主にビニールハウスの中で行いますので雨天決行となります。きんぴら市民農園の方と農事ボランティアの方は参加無料です。興味のある飛び入り参加したい方は参加費200円ほど頂こうと思います。

〇踏み込み温床の作り方
〇ポットでの種まきと苗つくりのやり方
〇その後の管理と移植の仕方
〇収穫までの管理と注意点
スポンサーサイト



  1. 2009/01/21(水) 20:45:26|
  2. 自然農教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロッコリーの芽が枯れ始めました。

新年を迎えてから雪が降り凍りつく日が続いています。ハウスの中で発芽していたブロッコリーの芽が今朝枯れ始めました。ハウスの中に置いてある水の入っているはずのポリタンクはしっかりとコチンと固まってしまっており、傾けても一滴も落ちてきません。
来年はこんな無理な栽培はよしておきましょう。
  1. 2009/01/13(火) 18:16:52|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアーコンプレッサーを購入しましたさ。

0901-9エアーコンプレッサー

昨年の麦の収穫時に詰まらせて使えなくなったままのコンバインのつまりを今年の麦収穫の時にまでに何とかしなくてはならない。先日1時間あまり奮闘したが、やはり棒や鎌の先では届かない所はまったく手のつけようがなかった。やはりエアーコンプレッサーを我が家でも購入し、農機具の掃除に使いたい。果たしてコンプレッサーでこのひどいつまりを解消することが出来るのかどうかはやってみないとわからないが、脱穀機やコンバインの掃除には重宝することだろう。
ホームセンターのチラシに13000円のコンプレッサーが9800円で載っていた。中古でもなかなか安くていい物がなかったので購入することにした。
今度の休みに早速再度つまりに挑んでみようとおもう。
  1. 2009/01/09(金) 19:50:50|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの修理は続く。

0901-4ビニールハウス

本当に冬の強風にはまいった。何回目の修理になるのか忘れたが、結構何回もやっているなと感心している。ついにビニールシート用のテープが尽きて米の袋の穴の修理に使っているテープを張る羽目になった。これはこれで貧乏くさくて美しいと感じた。
  1. 2009/01/04(日) 21:56:26|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今年から老木の梨の木の(手入れ)剪定を始めます。

0901-4梨剪定
古い大きくなれない枝芽がびっしりついている。

0901-4梨剪定1
昨年伸ばしたほとんどの枝の先には白いカビがついている。

0901-4梨剪定2
古い枝にはほとんどこのようなカビが生えている。

0901-4梨剪定3
白い丸いカイガラムシも目に付く。

0901-4梨剪定4
午前中は特に太い枝と左側の枝の剪定を終わらすことが出来ました。

0901-4梨剪定5
午後3時過ぎから剪定続行。なんとか暗くなる前に終わらせました。

果樹はぶどうと柿と林檎だけで十分だと思っているのだが、先代から生き残っている20世紀という梨の老木が1本だけ残っている。一度だけ鶏糞を根元に撒いただけのことがあったが、その年は小さな実を沢山つけたが収穫とまでは行かなかった。今年からしっかりとこの梨の木と付き合おうかと思っている。やっと仕事をしてはいけない3ガ日が過ぎたので初仕事は梨の剪定から始めようと思う。
基本的にはぶどうと同じで、多くの実をつけないように剪定をし、実がついてから酢の散布を2回ほどして様子を見ていこうと思っている。土のほうはとにかく毎年有機質のものを撒いたり混ぜ込んだりして土質を豊かにしていくしかないと気長に思っている。今年の秋には野間さんちの鶏糞を入れてみるのも良いかと思ってはいるが、様子を見ながらだろう。
  1. 2009/01/04(日) 08:51:12|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウス栽培の様子。

いやはや、やはりこの冬の冷え込みというのは結構きつく昨日の午前11時ごろでさえハウスの中の水入れようのポリタンクは凍り状態になっている始末で、大根の芽も日が経っても固まったままちっとも大きくなってこない。暖房を使わないとやはり無理なようだ。2月になってからの種まきというのが当然だと改めて実感している。
  1. 2009/01/04(日) 08:05:54|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する