FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

思った通りにはなかなか行かないもんだべ。

0904-23ねずみの被害
ナスやトマトの葉がなくなっている。
0904-23ねずみの被害4
朝から夕方までにこれだけの被害でした。

昨日の夕方水やりに出かけてみると、ちゃんと昼の明るい時にもネズチャンは活躍していて、何とかねずみ対策をこうじねばと考えた据え木酢液を撒くことにした。温床の周りと中にかけてこれならと思っていたが、パンの仕事が終わって様子を見に行ってみると少なくなってしまった苗たちがいっそう少なくなってしまっていた。全滅に近い状態で白ナスはまともなやつが一つだけとなっており、店長は温床から移動させる事を決意したのだった。気圧配置が冬型になっているので外は相当に寒くなっていたが、全部食われてなくなってしまうよりはまだ寒さのほうが生き残る確率が高いというものだ。
自然農の畑に生き残りを移動させて白い寒冷紗をかけてあげた。生育が遅くなるのだろうけれど、致し方ないだろう。

話は変わり、次は稲の苗場のことになる。昨年と同じやり方で今年こそはトラブルなく順調な出だしと思いきや、木枠の高さが昨年より高く、苗箱の上に太陽シートで水のプールができてしまっていた。冷たいプールの下に納まってしまった種達は地温が上がらないために発芽しにくくなってしまった。溜まった水をどけてトンネルに使っている有孔シートを雨の入らない穴なしシートに変えなくてはいけない。
今日はあいにくの雨だったが、息子とその作業に出かけてみたが、やはりはかどるわけもなくむなしく濡れて帰ってきたというあんばいだ。
明日雨がやんでいたら早朝に再チャレンジとなる。
スポンサーサイト



  1. 2009/04/25(土) 13:49:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねずみの害がひどくなってきました。

昨日小さなポットから大きなポットへ移植したトマトとナスがねずみに食われていました。今朝水をやろうとシートを剥がしたらびっくりです。芽の出ている落花生もずいぶんやられていました。
どう対策を講じたらよいのか判りませんが、温床をもう一度かき回してたっぷりと水をやって踏み固めるというよりジャンプしてしっかり固めておきましたが、これで大丈夫とはどうにも思えないでいます。
昨夜のねずみの害はポットで20個。貴重な白ナスは3分の2がやられてしまいました。
  1. 2009/04/24(金) 16:06:48|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カムット麦の畝立てしました。

ライ麦はひざの高さまで伸びてきて通りの隙間が見えないくらいになりとても雑草がはびこる環境ではなくなりまし。しかし手前の生育の送れているかむっと麦のほうはまだ30センチくらいにしか伸びておらず筋間に光がたっぷりと降り注いでおり、雑草が目立ち始めています。昨年秋に畝立てをしたのもこの頃になるとすっかりと平たくなっていて雨の影響も受けやすい感じです。除草と雨対策をかねて思い切って忙しい中カムット麦の畝立て作業をしました。
  1. 2009/04/24(金) 16:01:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大きいポットへの移植作業。

0904-23なす・とまと
0904-23なす・とまと2
今日は午後2時からボランティアのみゆきさんと月パンさんの協力を得ての作業でした。
なすとトマトは約50%の発芽率で小さな穴の連結ポットで芽が出てきていた。しかしながら使った土がハウスの中の藁のしたの土を振るったものだったので、当然雑草の種も多くどれがトマトでどれが雑草かの判断がつかないほどであった。よくよく見ながららしいものを取り上げて大きな苗土の入ったポットに移植してあげ、また温床の中に戻してあげた。

0904-23長ネギ植え
先日息子に植えてもらったねぎは一通りだけで、後200本追加でねぎを植えることにした。克子さんが用意したのは20円引きの下仁田ネギと半値になった松本一本ねぎであった。小型管理機で溝を作ってから植えつけた。3人だと2通りの植え付け約200本が10分という時間で終わってしまうのには脱帽としかいえない。

0904-23キャベツ・ブロッコリー
今夜から少し冬型の気候に戻るということで、明日の朝は相当に冷え込むらしい。まだ苗の小さなキャベツとブロッコリーに寒冷紗を掛けることにした。寒さ除けも有るけどモンシロチョウも飛び始めているので保護の意味もある。この作業も一人ではなかなか大変な作業なのだが3人もいるとへっちゃらなのだった。

0904-23花豆
0904-23花豆2
昨年取れた花豆の種も蒔いた。昨年同様雑草の中で同じ場所に穴を掘って鶏糞を埋めてその上にふた方式で種まきをしました。豆は連作障害が出ないのかなと期待しています。
今日はそのほかに自家採取のゴマ・スナップエンドウ・六角オクラの種も蒔きました。
これでしばらく農事から目が離せます。

やり残しのキノコの菌打ち作業と薪つくりをまたはじめます。
  1. 2009/04/23(木) 18:49:14|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れに遅れていたジャガイモの植付け作業やっと終了しました。

0904-20じゃがいも
半分に切って切り口に灰を付けてきた大白とメイクイーンの種芋です。それを約20センチ間隔で切り口を下にして畝の谷間に置いたところです。

0904-20じゃがいも1
足で土をかけて埋めてやり土が割合ぼこぼことしていたので今回はその上を歩いて圧をかけてやりました。その上に鎌で除草した草をマルチ代わりにかけました。全部にかけるほどまだ草が無いので、ぶどう園の下草が大きくなって来たらまたかけてやろうかと思います。金をかけずに手間をかける仕事は気持ちのいいものだとこの年になってわかるようになりました。


1人でやっても2時間あれば全部植え付けられると思っていたジャガイモ、種イモの植付け作業ですが、時間が取れずになかなかやっていられずやっと残りの12キロの種芋を植え付ける事が出来ました。自然農の方は除草してから穴を掘っての作業ですので結構大変でしたが、今日は昨年の12月に鶏糞を入れた畑に小型管理機で溝を作ってそこへ植えていく作業でしたので、やはり2時間で終了いたしました。気になっていたサトイモと落花生ともろこしの種も同じように撒く事が出来ました。もろこしは長期にわたって収穫したいので、2週間後に又撒く予定でいます。ビニールハウスのほうで育っている苗も後1週間後にはかまぼこ畝のほうへ移植予定でいます。もうしばらくは種蒔きと移植作業が続きますね。そうそう、アーモンドの木がきれいなピンクの花を咲かせていました。この地でもしっかりと育っていきそうです。
  1. 2009/04/20(月) 15:03:02|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の種蒔き作業をしました。

0904-18苗床作り
前日の金曜日の午前中にしっかりと苗床を作っておきました。縁に板で枠を作って土も苗箱も流れないようにしました。

0904-20稲播種作業2
0904-20稲播種作業
0904-20稲播種作業3
播種に使う苗床土はいずれ自分で作りたいと思っているが、とにかく忙しいのでそこまでやっていられないというのが今の状態である。来年は温床で使った有機土が出来るのでそれを使ってやってみるのも良いかと思っている。

0904-20稲播種作業5
0904-20稲播種作業4
播種し終えた苗箱を軽トラに積んで早速田んぼへ出かける。こんどは苗床に収める伏せこみという作業だ。

0904-20伏せ作業
0904-20伏せ作業2
0904-20伏せ作業3
納めた苗箱の上に光を通すアルミ蒸着シートをじかに乗せる。このシートのおかげで蒸れてだめになることが無い。このアルミシートを若葉が押し上げてくればはずすことになる。

0904-20伏せ作業4
出来上がりました。昨年は克子さんと二人でやった気がしていますが、今年は大人数でやれたのでとてもスムーズに短時間で終えることが出来ました。風で破けたときが大変になります。

今日は朝7時半から土蔵の前で葉君と 勇気君を従えて播種作業を始めました。9時15分前になってボランティアの前田さんと月パンさんが現れて、時期に田んぼへ出かけることになりました。予定では30枚でしたが、実際は失敗して使えない物も出る事を考えて50枚は苗をつくいりたい所です。出来た分を一度田んぼに収めてみてゆとりがあるのなら追加でまた播種してくわえようという事になりました。今年は結局45枚ほどの苗を作る事が出来ました。月パンさんと前田さんご苦労様でした。息子たちもご苦労様でした。今年は大変助かりました。

これから毎日朝と夕と田んぼへ苗床の水見の仕事が加わるわけです。


  1. 2009/04/19(日) 17:07:30|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気な麦たちです。

0904-8恵比寿小麦
かえで農場の小麦たちです。手前は南部小麦で奥のほうはオリジナル恵比寿小麦です。勢いのある緑色です。麦踏の効果は収穫に影響あるのかいまだ判りません。どのくらい倒れずに育つのかが問題ですね。

0904-5小麦
手前が古代小麦で奥のほうがライ麦です。奥のライ麦はとても元気に育っています。左手前の古代小麦は蒔く時期が遅れた分少し育ちが遅れていますが、順調といっていいでしょう。
きんぴらの麦たちは麦わらと製粉の際に出るふすま以外肥料分をまったく与えていないので、昨年は粒がひとまわり小さかったのですが、ことしはわらをいれたこうかがでればちょびっとだけ大きくなるやも知れません。何事も3年先にはという思いでやっています。
  1. 2009/04/12(日) 20:06:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

種まき第2弾はじめました。

0904-10落花生
昨年収穫した落花生です。ビニールハウスにそのままほったらかしていたものです。今年はこれも種として蒔きます。もちろん今年も買った種を用意しています。買ったものはみな小さな実でした。

0904-10落花生2
ポットで苗を育てますが、5月に入ったら直播もする予定でいます。

温床の中が狭いので新しいポットが入りません。一番大きく育っていたインゲンとキャベツは卒業してもらいました。キャベツは寒さに強いと聞いているので即かまぼこ畝に植えました。
  1. 2009/04/10(金) 13:14:54|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まきや苗つくり草取りに大忙しです。

山の作業は少しほっといて、畑作業に専念しないといけない季節となりました。
多くの農事ボランティアの皆さんの協力をお願いいたします。
日時はそれぞれの人の都合でお願いいたします。
勝手に来てやってもらってかまわないのですけれど、やり方や場所がわからない人あるいは初めての人は店長に連絡をとって打ち合わせなどをする必要があると思いますので、メールか電話で連絡を下さい。
★イチゴとにんにくの所の草取り作業。
★ジャガイモの植え付け作業。
★ポット苗で大きくなったものの植え替え移植作業と畑への定植作業。
★農具小屋の建て替え作業。
★田んぼに稲の苗床つくり。

店長の農事作業日は月・水・金曜日は午前中で火・木・日曜日は午後となっております。
一緒に出来る人は連絡を下さい。
店長は携帯電話を持たない人なので、電話での連絡はお店(53-5494)か夜7時から8時までの間で自宅の電話(52-7097)でお受けいたします。

0904-8じゃがいも

0904-8じゃがいも3

克子さんと夕方4通り大白というジャガイモを植えました。藁と鶏糞を少し入れました。

0904-10じゃがいも2
0904-10じゃがいも4


今日は実験的にジャガイモを2通り植えました。穴を掘って裏返しに納めてそこへ植えます。穴の中にはチップと鶏糞を少し入れました。
  1. 2009/04/08(水) 08:17:42|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する