FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

やり直しの稲苗つくり。

0905-22稲
0905-22稲

太陽シートの下では緑色した芽が3センチほど伸びていた。未だ5ミリほどしか伸びていないところもあるのだが、太陽シートを外し有孔ポリシーとによるトンネルだけに切り替えることにした。それでも夜だけは保温用にその上にシートをかけてやることも必要かナと思っている。
今日から水を苗箱が沈むくらいの量で入れていくことになる。

0905-27稲苗

1週間後の苗です。日中ほとんどシートを掛けっぱなしにして置いています。朝と晩にしっかり水につかるように5分ほど水道の水を入れっぱなしにしています。一気に成長しました。葉が伸びている割には根があまり伸びていないようです。背が高い割にはまだ3葉です。6月10日が田植えとなります。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/22(金) 06:52:11|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しずつですが懲りずにやっています。

0905-17ライ麦
しっかり今年も倒れてしまいました。残念。来年は薄まきをしようと思っています。

0905-17菊
0905-17菊2jpg
なるべく踏まれないようにと支柱の根元に植えてやりました。

今週は農事をしっかりやらないと収穫にならない気がしていた。トマトやナスなどの苗を買って来て3回目の定植をしました。トマトはハウスの中に植えました。日中の温度は60度近くになっているようです。上手くいくのかチョット心配です。ニンジンの種まきをしなおしました。なかなか芽が出てこなかったので、改めて本を見てみると種を蒔いてから芽が出るまでは水を切らさないようにすると書いてあり、これが芽の出ない原因だったんだと判りました。今回は種を蒔いてから乾燥を防ぐために黒い寒冷紗をべた掛けして毎日その上から水撒きをするようにしています。今日は少し早いのですがたまねぎとレタスの種まきをしました。ぶどう園には家の庭から取ってきたあやめと菊を植えました。菊は150円の苗を4つ買ってそれも植えましたので、色とりどりの花も楽しみとなりました。

農業はついつい農地を有効利用しようととことん畑地にしてしまうのですが、僕のところは日陰を作る木も目を楽しませるための花もたくさん植えていこうと思っています。防風の為の垣根も作りたいと思っています。後10年もしたら素敵な農園になるように今から少しずつこつこつとやっていきます。
  1. 2009/05/20(水) 13:52:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2回目の強烈な霜の襲来でまたもや苗をやられる。

0905-14野菜5
昨日の夕方霜注意報が出され、3人で出始めたジャガイモの芽や先日植えたばかりのトマトやナスの苗に囲いや寒冷紗を掛けに行った。暗くなるまで頑張って何とかこれで良いだろうと思っていたが、翌日午後パンの仕事を終えてから畑に行って見ると苦労の甲斐もなく、しっかりやられてしまっていた。寒冷紗は全く効果が無いということが、改めて判った。
明日にでもアルプスにまた苗を買いに行こうと思う。今度は霜よけ用にプラスチック製の透明帽子も買って来ようと思う。

追記 近くに住むおばさんが囲いだけじゃなく中に新聞紙でふたをすると良いと教えてくれた。寒冷紗ではなく穴なしのビニールでトンネルすれば霜よけになるのかなぁ。
  1. 2009/05/14(木) 20:05:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場の小麦の様子です。

0905-12かえで農場
0905-12かえで農場jpg

麦達は穂を付け始めました。まだこれから雨が降るたびに背を伸ばすものと思われますが、あちらこちらと黄色い葉を見せている所があり、背も低くどうやら麦の品種と土質との相性が悪いようです。というのも奥の南部小麦は全くそういったところが無く順調に育っているからです。オリジナルとしている小麦の品種の中でユメアサヒというのは粘土質がお好みだというのですが、かえで農場は田んぼのような粘土質ではなく、ブドウ畑だったところなので排水の良い事ったらありません。来年は南部小麦だけ作ってみるのもいいかもしれないと思います。
  1. 2009/05/12(火) 19:01:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稲の苗作りやり直しました。

0905-11.jpg
田んぼにあった失敗した苗を片付けました。一番奥のもち苗だけは順調です。

0905-11やり直し苗床
自宅の裏庭に苗床を作りました。今からだと相当に遅いので勉強のつもりで復習です。

0905-11やり直し苗床2
とにかく根だし作業もしないで播種したので、芽が出てくるまでは2週間ほどかかるのではないかと思います。トンネルに有孔ポリシーとをかけているので温度が低いかもしれません。早いうちに温度が上がる穴の無いシートに変えるつもりでいます。
  1. 2009/05/11(月) 20:30:31|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗にカビが発生しています。

太陽シートにたまる水対策をした後は順調に芽が出始めたと思ったらカビが発生し始めました。やはり種籾の乾燥が中途半端だったのがそのまま影響しています。播種作業の時に思い切ってやり直しを決めていればよかったと至極後悔しています。昨年は8日の日にやり直し分の種まきをしているので、今年もこれからやり直してもいけるかもしれないと思っています。最悪の時は昨年と同じ半分の量で米つくりをしようかと思います。
とりあえず未だ芽が小さいのですが、カビの発生を止める事が出来ればと太陽シートを外しました。連休の営業も終えたので明日のパン作業を終えたらさっそく稲の播種作業を根だし作業抜きでやってみようと思います。
  1. 2009/05/06(水) 18:03:34|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キノコ栽培、本伏せ作業。

0905-1キノコ栽培
仮伏せしたキノコのホダ木は地上から50センチくらいの高さで積み重ねられ寒冷紗を掛けてあります。

0905-1キノコ栽培2
本伏せ作業は仮伏せしたホダ木を崩して平らにならしたところに1本ずつ並べてその上に軽く腐葉土や落ち葉か枯れ枝を掛けていく作業です。これからは乾燥させないようにし木の中にキノコの菌が広がるのを待ちます。

0905-1キノコ栽培3
梅雨明けから秋にかけて切り口から白い菌糸が発生してきたら成功です。そうなったら立てかけてキノコの発生を待つという事になるのですが、本格的な発生は2年目からとなります。

キノコの栽培ですが、森を利用する会から離れ、完全に家族作業に入りましたので、きんぴら農園のブログに記事を移行します。梅雨前に仮伏せから本伏せをしておかなければなりません。この連休の休みを利用して息子と二人で森の中を開墾して本伏せ作業をしています。木の根っこが多いのでこれを切りながら平地を作るわけですからつるはしや草欠きではなかなかはかどりません。そのうち力任せの作業に耐えかねて草欠きの柄が折れるしで、3日目にホームセンターで売っていた開墾ぐわというのをを2つ購入しました。木の根っこも今までの事を思うと簡単に切れるのでその作業の進み具合は想像以上でした。
  1. 2009/05/06(水) 09:51:59|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は朝から結構ハードに動いております。

きんぴらの田んぼの周りにはたくさん他の方の田んぼが密集しています。その中の一つの田んぼの畦塗りを先日頼まれて、今日午前中にでもできればと朝飯前に様子を見に行ってきました。水を止めてから3日経つそうですが、まだ結構ずぶりと長靴が埋まる状態でとても機械では無理のようです。
御飯を食べてから昨日買ってきたトマト・ナスの苗の植付け作業をしました。さやいんげんの苗を植えたところへ植えます。さやいんげんも霜でだめになったからです。今度は霜にやられないようにはじめからちゃんと寒冷紗等霜対策をしておきます。トマト・ナスの所は肥料袋を切って一つ一つ周りを囲いました。ここらではそうする農家が多いようです。カブやほうれん草の所にも白い寒冷紗をかけました。
トンネルアーチが足りないので、2月に切って土蔵にしまっておいた竹で作りました。まだ青竹なのでよく曲がります。10時にアーチ作りをしていたら克子さんが一緒に少し菌打ちをしようかと声をかけられて、急遽菌打ち作業に変わりました。結局午後1時まで山から運び出したホダ木へキノコの菌打ち作業と本伏せ作業までやり終えました。昼飯を軽く済ませてお休みを20分ほど頂き、後3時まで畑の寒冷紗掛け作業をしてから慌ててパンの仕込み作業となりました。お店の森の中のしいたけはしっかり乾燥しており、2日前から大きくならずに乾燥して傘にひびが入り始めました。パンの仕込み作業をしながら、山ノホダ木への水やりもやったわけです。
レストランからの特注のピザパンの注文も入って、明日はたくさんのパンになっています。朝2時おきがベストなのですが、今夜は区常会で会議があるしで、結構ハードになっています。
  1. 2009/05/01(金) 17:43:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も苗を買うことになりました。

0905-1苗の定植

残念ながら外に出したトマト・なす・落花生の苗たちは霜で全滅してしまいました。白い寒冷紗を掛けておいたのですが、効果なしでした。来年はねずみの害も考えて金網で囲うようにしようかと思います。外に移植しておいたかぼちゃの苗もすっかり霜にやられました。樫くるみの若芽もみな黒く枯れてしまいました。アーモンドとりんごと梨の花はこの霜でも大丈夫でした。きれいな花を咲かせています。
昨日のパンの配達で立ち寄ったアルプス市場にはたくさんの苗が今売られています。今年育てていた白ナスなどはひとつ250円で売られており、珍しい野菜の種を高価でそろえ育てていただけに損害の大きさを確認してしまったわけです。
なす・トマト・ピーマンひとつ80円のを中心に3ポットずつ買いました。加えて変わり物としてイタリアントマトも買いました。今日の午前中にでも移植して、まだ心配な霜対策として空の肥料袋で囲っておこうかと思います。
  1. 2009/05/01(金) 06:24:05|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する