FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

ビニールハウスの修繕作業が続いています。

ビニペットというC鋼のスチール材の一番端っこにつけパイプとの接合部品をつける作業をしています。一度張ったシートを外しながらやるので結構時間をかけてやっています。ラジオからはマイケルジャクソンの歌が景気よくかかっています。ノバとが2羽入り込んでいてシートに広げられていた南部小麦を美味しそうについばんでいました。隙間が広すぎるのである。昨日その隙間というか開口口を閉じる為のシートを注文しておいたので、あさってには到着するだろう。その時窓も3箇所作ろうと思っているのでその縁となる部品もトマトに行って買っておかないといけない。今日は帰り際に防鳥テープをその開口口に張ってきた。
今回からビニールシートを押さえるためのロープ掛けをしないので台風などの強風が吹くとハウスそのものが吹き飛ぶのではないかと心配している。パイプは30センチくらい地面に突き刺してあるから横にずれるという事はないが持ち上がるとひっくり返る恐れがある。昔は台風といえば秋と相場が決まっていたものだが、最近はいつ来てもおかしくないようだ。出来るだけ早々にハウスが持ち上がることのない様に細工をしておかないといけないと思っている。それから草が生えないように除草シートを通路に敷くようにしようと思っている。今年は鼠や狐の巣になる藁をハウスに入れないようにしようと考えている。麦の大体の乾燥ははぜ掛けによって行い、脱穀後ハウス内のシートに粒を広げて乾かすようにしたい。田んぼの方にははぜ掛けセットが用意されているが、畑の方には何もグッズがないのだった。森に行って間伐がてら棒材をあつらえるというのも一石二鳥でいいかもしれない。でも良く考えるとただでさえも重い材が水をしっかり吸い上げた今の木を切るとやたらと重いのだわなぁ。いっぱいある古い竹材が使えないものかなぁ。ためしにやってみることにしようか。それとも毎年の事だからスチール製のはぜ掛けセットを購入というのも考えてみよう。
それにしても雨が思っていたほど降らないね。
雨が降らないのならハウスよりもぶどうの剪定のほうが先かな。
スポンサーサイト



  1. 2009/06/30(火) 21:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨ですね、あけたら麦刈り始めます。

今屋根に音を立てて雨が降っています。良い降りです。この雨で麦はしっかり湿っぽくなり雨上がりにすぐ刈り取るというのは難しいはずです。せめて2日は晴天が続きそれから刈り取りと行きたいところでありますが、この雨はどうやら土曜まで降り止まないと予報されていますね。そうだとしたら来週の月曜から曇り空のした麦刈りとなります。寝てしまっているライ麦は晴天が続かないと枯れませんが、立ち枯れしている小麦はコンバインで一気に刈ることができそうです。とにかく来週から刈り取りをはじめます。お手伝いできそうな一時間があるようでしたら連絡を下さい。出来るだけ一緒にやりたいと思います。仕事内容はお天気にもよりますが、刈り取りとはぜ掛けとシート掛け、あるいはコンバインで刈り取った麦粒をビニールハウスの中のシートに広げて乾燥させる仕事になります。乾燥している麦や麦粒がある場合はゴミ取りと袋つめ収納の仕事があります。来週は曇りだという事なので、熱中症の心配はなさそうですね。それではボランティアの皆さんの連絡をお待ちしております。
  1. 2009/06/29(月) 20:34:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ビニールハウスのシート張替えをしました。

0906-28ビニールハウス
北側です。下に30センチくらいの隙間が出来ています。冬までにこの隙間を閉じないといけません。南側はもっとすごい隙間です。

0906-28ビニールハウス
夕方強風が吹き荒れてドアがアッサリと開いてしまいます。トラクターが入れるように大きな一枚ドアをつけたのですが、風で開かないように工夫が必要です。取りあえずつっかい棒2本で抑えて帰ってきました。

朝8時30分より夕方4時30分まで昼飯も食べないでの作業となりました。息子とげつパンさんと克子さんと店長の4名で何とか終わらすことが出来ましたが、やはり店長の適当さがあちらこちらと出てしまい、シートの長さが足りないとかパイプが足りないとか接続部品が足りないとかで大変スムーズな仕事とはなりませんでした。部品はお店の定員任せにしてしまって買って来ていたのですが、自分である程度確認作業をしていればこんな事にはならなかったと反省しました。
夕方カインズホームに出かけて足りなかった接続部品を買いに行ったのですが、探すのが面倒で近くにいた男の定員さんに持ってきたそのものを見せてどこにありますかと聞いたところうちでは扱っていないと言われてしまいました。それでもと思い端から見ていくと全く同じものではありませんでしたが、それと同じ内容の部品がありましたので買って来ました。
今南側は高さ50センチ幅20メートルにわたってビニールシートが足りず抜けた状態になっています。風がびゅうびゅう入ってきています。そのまま口を閉じようかと思いましたが、この隙はは逆手にとって長い換気口を3箇所作ることに決めました。
  1. 2009/06/28(日) 19:58:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦刈り取り始めました。

0906-27麦刈り
倒れが多かったのでトラぶりもありましたがきれいに南部小麦の部分だけ刈り取りが済みました。ノバトやカラスが来て落穂をついばんでいました。

0906-27麦刈り
県産パン用小麦粉3種の混合蒔きの畑です。下の低い部分に付いた穂がほとんど緑色をしており、なかなか充実してきません。7月の12日以降からの麦刈りになりそうです。ここはコンバインで刈り取りが出来るのでその後の乾燥とゴミ取りに人出がいりそうです。

かえで農場の南部小麦がすっかり枯れて刈り取り時期を一足先に迎えました。今日午後コンバインで刈り取りを済ませました。2回ほど麦が詰まってトラぶってしまい、そのたび炎天下の下30分ほど苦戦しましたが、何とか済ますことができました。今までだとつまりを気にせずにそのまま致命傷を負うまで使ってしまったところですが、毎年機械の使い方にも気を使えるようになってきたってことでしょうか。余分ですが、手の握力がなくなっています。長時間詰まった藁を引っ張るって結構大変なことだったと手が言っています。刈取った麦はまだ半乾きなので、ビニールハウスの雨漏りをしないところにシートを敷いて今日刈り取った約80キロ分の麦を広げてきた。猫や鼠や鳥にやられないようにと祈る気持ちだ。明日はいよいよビニールハウスの本格的なビニール張り直しを朝からやる予定である。
  1. 2009/06/27(土) 18:23:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大豆選粒機はよりっ子シリーズしかありませんでした。

今年は大豆が本格的な量で収穫ができる見込みです。100キロ以上収穫できるのではと皮算業しています。しかしながら豆は収穫後の選粒作業がとても大変なのです。30キロあまりを1ヶ月かけてというのは当たり前で、昨年20キロあまり収穫した大豆は中途の選粒でやめてしまいいつも使う分だけボールにいてれその度その量を選粒しています。選粒機を農協で購入しようと業者と製品を調べてもらったところ、よりっ子シリーズの目視選粒機が一番安く、それでも22万円するのでした。昔現代農業で自分で作ったとういう記事を見たことがあり、その人は掃除機を使って目視で取り除くやり方でした。自分で作ってみようかとも思ったけれど、最近のやらなければという量は半端ではなく、やはり購入することに決めて、本日注文して来た。この機械もきんぴら農園だけで使っていくにはとても惜しく、できればこれからも揃えていくだろう農機具を何とか有効に使える方法を考えていきたいと思っている。コイン製粉機も考えていたが、そういった製品は今はないそうだ。そばや小麦を誰でも気軽に製粉できるシステムも何とかしたいなぁ。きんぴら工房が普通の人の自給を少しでもあげていくことに関われればと思うのだった。
  1. 2009/06/25(木) 20:20:25|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早くも田んぼの反省会。

毎年の事ながら田植えが終わって1週間もしないうちに今年のコメつくりの概要が出てしまうのだった。今年は苗つくりに失敗し、代掻きに失敗し、って、それだけで今年のコメつくりの90%の失敗が明らかとなってしまった。しかしながら昨日の除草作業の時点で嬉しいニュースがあった。それはなかなか田んぼで増やせずに今までに全く見ることができなかった赤糸ミミズの多いことだった。50センチ四方の範囲に3匹くらい泳いでいた。土の中にはもっといるだろうと想像している。このミミズがとろとろ層を作って雑草退治をしてくれるし、良質の有機土を作ってくれる。田んぼ全体にではなかったが、50%の広さでとろとろ層状態になっていた。今年の秋もできるだけ有機材(木材チップ)を田んぼや畑に入れ込みたいといっそう感じたのであった。代掻きが上手くできずで地表の高いところと低いところの差がありすぎて、結果水に沈没してしまう苗ができてしまった。今年はそれらは諦めるとして、この先は思い切って深水を心がけて手による草取りをしないで様子を見ることにしようと思う。
今年やっておきたいことは、水の深さを管理しやすいように排水パイプを立ち上げて排水口の高さを変えられるように加工改造しようかと思っている。ついでに浮き藁がつまらないように工夫したいとも考えている。この作業内容はまたいずれか載せましょう。
  1. 2009/06/25(木) 12:33:11|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨に流される。

0906田んぼ除草
0906-24棚,jpg

強風で倒されているライ麦がこの梅雨の雨で昨年のようにだめになってしまうのを何とかしたいと立て直して束ねて縛るという作業をしている。一刻も早く全面をと思って農事ボランティアの皆さんに連絡したが、なかなか晴れ日と作業日とそれぞれの日程が合わないようだ。そんな中新しい方からお手伝いをしてみたいという連絡が入り、今日の午前中8時からにいっしょに作業をしてもらう予定であった。
朝5時30分には曇りだった空が、6時30分には小雨となり7時には音をたてて本格降りになってしまった。
今日でこの作業を終えたいと思っていた店長にはなかなかきついお天気となってしまった。午前10時にはあんなに降っていた雨もすっかり上がり、ちらほらと青空も見えてきたので、田んぼの除草作業をする事にした。今日は息子が家にいるので、気を使いながらも助けを求めた。彼は快く良いよと言って一緒に田んぼに出かけ除草機をかけてくれた。2時間の作業で米糠撒きまで終えることが出来た。

それから今日は雨の時間を使って土蔵の前の片付けをしたく棚つくりをした。ごみ置き場化してしまったこの場所も棚ができると何とかなるかなと思ってがんばっているが、棚も大事だがやはりいらない物は捨て、いるものは整理しておくという事が大事なんだろうな。棚はあくまでも整理アイテムでしかないってか。
  1. 2009/06/24(水) 18:08:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの除草、そろそろかな。

0906-21たんぼ
0906-21たんぼ2
田植え後1週間と少したった時点です。水ですっぽり沈んでしまった苗はどうやら緑を失って枯れてしまったようです。雑草も目立ち始めてきました。今週あたり1回目の除草機をかけて米ぬかを撒くことをしたほうがいいのかなと思いますが、苗があまりに勢いがないので少し心配です。
  1. 2009/06/22(月) 07:00:28|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何を買おうかと迷っています。

農業と機械は切り離すことができません。僕みたいに基本的に一人でもあれもこれもこなそうと考えたり、広い農地を耕作している場合や、体力気力ともに落ちてきている老人ともなるとなおさらではないかと思います。これから収穫の見込まれる大豆の選粒作業を機械化したいし、菜種用の搾油機もほしい。間伐材を製材する為のどちらも欲しいのだが、
  1. 2009/06/21(日) 08:42:27|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴマの芽が出ていました。

0906-21ごま

3回目の種まきでやっと芽が出ました。種まき後に雨が降ったことを考えるとやはり芽が出なかったのは水やりだったのだと確信しています。マルチの穴から多いところでは10少ないところは0てな具合ですから、もう少し大きくなって来たら出ないところへ移植作業という事も考えられますね。息子の蒔いた所は一とこに10から20粒も蒔いたようなので正直チョットもったいない気もしていますが、結果がよければそれもよしですね。ブドウ畑の中に蒔いたかぼちゃの種からは順調に双葉が出て育っています。先日間引きをして一番大きく育ったものだけにしました。
今回種を蒔いた鶏糞畑は特別窒素を多くしたところではないので、ゴマ栽培にはとてもいいのではないかと予想しています。やっとこれから先が楽しみという状態(スタート)になりました。
  1. 2009/06/21(日) 08:29:50|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライ麦の立て縛り作業順調でした。

0906-17ライ麦
ライ麦の約70%は倒れているのではないかと思われます。外回りだけは日の当たりが良い為に茎も太くしっかりと育っており倒れないのですが、中の方はなかなかうまくいきません。
今日の午前中からある程度まとめて縛って寝てしまった麦を立てる作業を始めました。月パンさんがボランティアに来てくれて切ってある麻ひもがなくなるまで頑張ってくれました。3分の一くらいは終わったと思います。

0906-17カムット麦
カムット麦の方はまだ背が伸びきっていないので倒れ始めていませんが、もしかしたら筋蒔きだから倒れていないのかもしれませんが、今のうちに少し対策をしておこうと思いまして、水糸を縫うように張ってみました。試しなので4通りだけそのまま糸を張らない所も残しておきました。
  1. 2009/06/19(金) 18:17:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ライ麦を立てる作業隊募集しまーす。

1ヶ月ほど前の強風で背の高いライ麦は今年も倒れてしまいました。このまま梅雨を終えるまでほっとくと昨年の二の舞で、ほとんどが腐ったり発芽したりして収穫にならなくなってしまいます。今年は手間ですが倒れたのを起こして縛る作業をしようと思います。約1反の広さがありますので一人でやるにはちょいときついのであります。手伝ってくれる人を募集いたします。今まで通り何の報酬もありませんが、ボランティアの好きだという方にぜひお願いしたいと思っています。
とりあえず水曜日の午前中と木曜日の午後作業をいたします。早速明日の午前中からやってみます。
  1. 2009/06/18(木) 18:16:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

長ネギの土寄せと落花生の移植作業を済ませました。

落花生はなかなか大きくなれずにアカザに埋もれてしまいました。芽が出てからの生育は悪くて、窒素不足なのかそれとも酸性土壌が原因なのかわからないでいます。今日気になっていた落花生をすべて植えなおすことにしました。
酸性土壌を少し変えるために苦土石灰をまいてから耕起しなおして畝を立てて移植しました。全部で小さいものも入れて70株ほどありました。とにかく今年の落花生とゴマの出来と収穫が今後の農園の作付け面積に影響してくるのだろうと思っている。
  1. 2009/06/17(水) 14:05:56|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の農作業は中止としました。

0906-16バイク修理1;jpg
0906-16バイク修理2;jpg
昨年息子が9万も使って購入して使いこなせなくて捨てたバイクをキャブレターの掃除をして乗り出したのだが、後輪がパンクして修理が出来ずに乗れないでいた。最近今乗っているバイクがパンクしたのをきっかけにこの赤バイチャオも軽トラに乗せてバイク屋のお世話になり、また乗れるようになった。バイク屋のおじさんはタイヤの形は新品のようにあるのだが、古すぎて老化が激しくタイヤを外そうとバールを差し込むとタイヤが裂けてしまったとぼやいた。今度はパンクの修理はできないときっぱりと宣言していた。ところで悪いのはタイヤだけではなく、ウインカーも点滅しない。ウインカーから延びている電線をテープをはぎながらチェックしてみると一箇所接触不良箇所があり、はんだでしっかりくっつけてやった。しかしながら点滅は直らないというのはどういうわけかちんぷんかんぷんである。どこかが悪いってのは判る。まあそれだけでいいか。曲がる時には手を上げるか。

0906-16長ネギjpg

0906-16;jpg (7)

長ネギ畑のアカザ退治をしてから土寄せをしていたところ雷のごろごろという音が遠くから響いてくる。なかなかこちらには来なかったのでまだいいかと思っていた。松本方面からじわじわ近寄ってきた黒い雲からついに大粒の雨が降り出した。大慌てで車に退散すると音がやけに大きい。雨ではなくて5ミリくらいのヒョウに変わっている。土が雨で結構重くなってしまったので今日の作業はやめて久しぶりに家で休むことにした。
  1. 2009/06/16(火) 15:35:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの様子と再度大豆の種まき

0906-15田んぼ2
0906-15田んぼ
上の画像は我が家のあとからリベンジして育てた稲の苗です。温室の様なハウスで育てたので背丈は20センチほどに育ってはいましたが葉が3枚で根が張っていませんでした。いつまでたっても元気が出てこないので、とても心配していますが、藤沢さんからもらった18枚分の苗が植わっているのでダメになっても収穫なしになるという事はないので、まあいっかと思って開き直っています。下のは成功した餅の苗です。葉は4枚で根も張っています。植えた後もピンとしていてもう根がかっちゃくしたみたいです。

0906-15田んぼと大豆

したの田んぼは今年大豆を作っています。野バトが毎日通って根が伸びて持ち上がった美味そうな大豆の種を食っていました。約7割食べられてしまったので、種まきのやり直しをしています。今朝は1時間半約4往復しました。結構かにのような動きをするので足にこたえます。続きはまた今度などとじわじわとやっているところです。

0906-15大豆2

鳩から幸い逃れて育ったものは順調に本葉を広げていますが、栄養となっていた豆の部分を食われてしまったのは茎から小さな本葉を出し始めています。根と茎からですのですごい生命力です。このまま実をつけるところまで成長するとしたらやられたうちの50%は大丈夫となるのかもしれませんね。
  1. 2009/06/15(月) 21:01:37|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴマの種まき再度挑戦しました。

0906-14ごま

伊那谷のほうでは村おこしとしてゴマを作り始めたというニュースを昨年の秋にテレビで見た。近くで作られたゴマをきんぴらでも使いたいと思ってはいるが、何せ相当に高い原材料であるし、農薬問題の事もあり、ゴマとしては中間クラスの輸入物を使っている。きんぴら農園としてはどうしても栽培したい品種である。種まきをしてからこまめな水やりができないのが原因か、発芽してくれない。昨年は発芽して収穫までできたが、高さ30センチくらいまでしか育たなく、種取程度に終わってしまった。今年は鶏糞を入れたところでがっちり収穫をしたく、気持ちは高く持って挑んでいるのだが、発芽しないことにはどうにもならない。ゴマはあまり窒素の多い土地では葉ばかりが茂って実がつかないとある。やせた土地の方がいいのかと思ったが、昨年のことを思うと窒素以外のリンとかカリ分が必要なのだろう。とにかく水やりをこまめにやらなくてもいい方法として地表が乾かないようにとマルチをすることにした。ビニールなどの石油製品を農業にはあまり使いたくはないのだが、これから先のことを思うと致し方ないかと思うようになった。その代わり2・3年使ってダメになるようなやり方ではなく、10年繰り返して使える丈夫な田んぼで使っている畦シートを試しに使ってみることにした。
  1. 2009/06/15(月) 20:43:07|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカザの育つところはジャガイモも育つって事か。

0906-14ジャガイモ

0906-14長ネギ

我が農園のジャガイモの花も紫のきれいな花を咲かせ始めた。鶏糞がたくさん入ったところなのでこの場所でどんな風に育ってくるのか心配であった。ジャガイモはみな順調に育っている。落花生やゴマやサトイモは全然ダメである。長ネギはアカザの中に埋もれているが、今まで出一番いい育ちである。ジャガイモも長ネギもアカザ退治をしてから土寄せをせっせとせねばと気は焦る。
今年はジャガイモをとにかく多く植えた。自宅と実験農園とけいふん畑と3箇所。コンテナ5杯約150キロを目標としている。今日は雨が降ったりやんだりを繰り返したお天気で、小さな実験畑にはモンシロチョウがざっと8匹も飛び交っている。キャベツを育てている寒冷紗の中にも3匹ほど羽化したらしく飛んでいる。そろそろ青虫胎児もしないといけないらしい。
  1. 2009/06/15(月) 19:19:04|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場の小麦たちも実っていました。

0906-13かえで農場小麦3
0906-13かえで農場小麦
0906-13かえで農場小麦2
ほとんどの所は順調に穂を着けて育っている様子でした。一部南部小麦のところに獣が入り込んで倒しているところがありました。このあたりでもいのししの害が目立っていると聞きますのできっといのししの仕業だと思います。
  1. 2009/06/14(日) 07:06:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田植えと直し作業本日終了。

0906-11田植え1

田んぼの畦寄りに藤沢さんからいただいた薄緑色の苗と今年やり直しで育てた色の濃い自前のなえ合わせて30枚が置かれているところです。今年は時間をかけて丁寧に代掻きをしたつもりでしたが、深いところと浅いところがやはりできてしまいました。稲の刈り取りが終わったら土の移動を本格的にやる必要がありそうです。苗が大きくなって水をもう少し入れられるようになったら特に高いところと低いところに棒を立てて水平を出してテープで印をつけておこうと思います。


0906-11植えなおし

パンの仕事を終えた午後1時から、昨日深水の為に植えることができなかったところの田植えと機械植えで欠植のところとか倒れている苗を直すとかの作業をしました。昨日からしっかりと水を抜いておいたので作業はとてもやりやすいのでありますが、苗が小さいのでこの後水を入れるのがまた心配でもあります。今日はみゆきさんがお手伝いに来てくれました。1時間ほどで作業は終わりましたが、下の田んぼの大豆の種まきのやり直し作業もついでにやってしまおうと誘ってみると、快く了解してもらえ暑い中続いて種まき作業をいたしました。途中克子さんも田んぼに応援に来てくれて午後四時頃まで3人で約半分やり終えることができました。この種まき作業は思っていたより大変で、足腰にきついのでありました。防鳥テープの心配もしたのですが、周りの雑草もだいぶ行き追いついてきたので、新芽が目立たないのではないかと楽な方に期待をかけて、今回もその仕掛けをすることをせずに様子見にすることにいたしました。明日は午前中一人で残りの半分に種まきをいたします。
  1. 2009/06/11(木) 18:27:10|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと気になっていた田植えがすみました。

今年は穂高に住む藤沢さんからなえを18枚いただき、自宅に勉強とリベンジのつもりで作った苗が、結構いい出来だったのでそれを12枚使って田植えをいたしました。朝5時頃から田植え機の準備やらで動き出し7時半から田んぼで田植えを始めました。水の落し口の近くは結構浮き藁が多くスコップを使って取り除き作業となりました。それから水面から土の頭が出ているところもあるのですが、結構まだ深い所もあり、そういうところは機械植えが出来ず浅い所から植え作業となりました。8時頃月パンさんがお手伝いに登場。上手く植わっていない所の植えなおしに田んぼに入ってくれました。克子さんも9時半から11時までヘルパーの仕事の合間を縫ってお手伝いに入ってくれました。12時に深水でないところをすべて植え終える事が出来、明日もっと水が引いたところで残りの苗を手植えする予定です。明日はパンの仕事が終わる午後からの田植えとなります。雨でなく曇りでありますように。

下の田んぼには大豆を蒔いたのですが、野バトに半分近く食われてしまいました。田植えが落ち着いたらやられた所だけのやり直し作業と今度は防鳥テープを張ろうと思います。それから麦も色がずいぶん黄色が入ってきたので、乾燥場に使うビニールハウスの張替え作業も進めていかなくてはなりません。慌てて仕事をするとろくな事になりませんが、やはり気は焦りますね。
  1. 2009/06/10(水) 16:15:41|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一回目の代掻き作業。

今朝も5時から起きて動き始めている。代掻き前の水を入れる前にあぜ塗りを終えておかないといけない。クラフトフェアーと杜の市のイベントの間を縫うようにどうしても一回目の代掻き作業をしておかなくてはならない。来週はいよいよ田植えとなるからだ。今回の代掻きは雑草対策のためのもので代掻きをしてクローバーなどの陸草を圧制させ水草の種を発芽させておき2回目の本代掻きで除草をかねる方法だ。昨年の麦刈り以降8月からクローバーを茂らせておいたままだったので、水草そのものの繁殖は相当に低いと思っている。
  1. 2009/06/01(月) 08:27:21|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する