FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

ごまの収穫終わりました。

0910-31ごま
0910-31ごま
0910-31ごま

乾燥しきったごまは枝ごと振動を与えて種だけを落とし、集めてふるいで大きなごみを取り除きました。
細かなごみは種と一緒にまだある状態です。10メートルの長さで20センチ間隔で2通り作った割には沢山の収穫量で驚きました。金ごまのほうが粒が大きく収量も2割ほど多かったです。
スポンサーサイト



  1. 2009/10/31(土) 15:20:04|
  2. ごま
  3. | コメント:0

いけね、しいたけとなめこが知らぬ間に出ていました。

0910-30しいたけ

0910-30なめこ

木曜日の日にしいたけを3つほど収穫しただけで油断していました。その下の斜面に倒してあるなめこの方に気が行っていませんでした。傘がすっかり開ききっておりなめこだかなんだか判らんキノコです。でもこの場所に生えてるんだからなめこです。さっさととって食べるしかありませんぜ。

追記31日
0910-31きのこ
本日月パンさんと味噌汁に入れて食べました。美味かったですわい。
  1. 2009/10/30(金) 18:36:39|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまねぎの植え付け準備やっと始めました。

0910-30たまねぎ
落花生を収穫した跡地に石灰と鶏糞を少量撒きました。時間が無くてそこまでで終わっていますが、後切り藁を撒いて軽く耕し土と混ぜてからビニールマルチを敷いておこうと思っています。今年から草取りをグンと無くします。確実な収穫を目的にこちらでは作ります。
もちろん自然農での栽培も少し別の場所で行います。今年は藁を埋めて栽培してみるつもりです。
  1. 2009/10/30(金) 18:22:47|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種からのにんにくも芽が出ていました。が小さいワイ。

0910-30にんにく
雑草と一緒でよくわかりませんが、細い葉っぱのがにんにくです。7センチくらい伸びているかな。

0910-30にんにく3
こちら球根からの芽です。既に20センチくらい伸びています。
  1. 2009/10/30(金) 18:15:41|
  2. にんにく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごまが乾燥したのでさやが開いていました。種を集めます。

0910-29ごま

ごまの収穫は初めてなので、勝手が良くわかりません。すっかり乾いてさやが開いて自然と実が下に落ちています。枝を持って逆さにするとぱらぱらと小さな実が落ちます。鈴を鳴らすように持っている腕をたたくといっそうぱらぱらと落ちます。こんな収穫方でよいのかいと思いながら1本ずつやっておりましたが、10時過ぎのお天気のビニールハウスの中の作業は暑すぎてつろうございます。
午前早くか夕方日が沈んでからの作業にするべきと思い、やめました。
  1. 2009/10/30(金) 16:52:27|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花豆の収穫、とりあえず半分だけしてみました。

0910-29花豆2

雑草と共に育っている花豆は今年3本だけつるが伸びて収穫の時期となりました。芽の出なかったものとの違いは判りませんが、昨年に続き多くの花を咲かせ実がつきました。半分収穫して約1キロでした。まだ緑色をしたさやがありますが、中にある湿った実も収穫しています。
正月に食べてもいいのですが、取立てを水につけておきました。明日にでも克子さんが煮てくれるかもしれません。楽しみです。
  1. 2009/10/30(金) 16:46:50|
  2. 花豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落花生の収穫をしました。

0910-30落花生2

0910-30落花生3

霜が降りるようになり、落花生の葉もちじれて枯れ始めました。広がった枝葉をまとめて引き抜くとどっさりと実がついていました。今年は豊作であります。春から夏とねずみの被害やらポット苗の失敗やら芽の出てこないのやら色々と有りましたが、3回の移植で結局は三分の一の生き残りとなり、これだけの収穫となりました。
普通は2週間くらい外でひっくり返して乾燥させ味を良くするとの事ですが、ハウスの中で逆さ干しをする事にしました。1週間くらいでさやから出して食べたり来年の種用に保存させようと思います。
来年はこの4倍の作付けにしてお店のピーナツバターをまかなえるようにしたいと思っています。
  1. 2009/10/30(金) 16:41:08|
  2. 落花生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果樹の冬支度今日で一応に終わりました。

0910-29果樹2
昨日の夕方遅くまでやりましたが、暗くなってしまいうちに帰りました。

0910-30ぶどう

0910-30キュウイ

今年から果樹の防寒をする事にしました。というのはこの春に昨年秋に植えた柿や胡桃やキュウイの木が霜でやられてしまって、だいぶ弱ってしまったのでやはりこの土地では防寒は必要だなと感じたからです。いったん下でかれてしまって駄目になったと思ったのですが、どれもみな根から新しい茎を伸ばして今年成長してくれました。根元を暖めておくとやられても安心です。
今年新たに植えた苗木はプラムとベリーとビワです。皆値の張る奴ばかりなので、しっかり藁を巻いてあげました。ぶどうの木はすでに大きく育っているので必要ないかなと思うのですが、近くの農家の方はしっかりとやっているので、違いを見てみたいと思いやる事にしました。
霜が降りなくなる4月の中旬頃はずそうと思います。
  1. 2009/10/30(金) 16:32:29|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場の麦たちの様子です。

0910-24青刈りライ麦

0910-24南部小麦3

0910-24南部小麦ばら撒き

一番上が食用にもなる青刈りライ麦です。一般に青刈りライ麦は実を食べる為ではなく、緑肥目的で作られるのですが、食用にも使える品種を試しに仕入れ栽培しています。ライ麦らしく赤い茎でまだ目立っていません。
そのすぐ隣は南部小麦を筋蒔きしました。きれいに緑の葉を上につんと伸ばし始めていました。
一番下のは南部小麦のバラまきです。全く芽が出ていません。やはり覆土しないと砂漠地帯では発芽は無理のようです。近いうちにトラクターで薄く耕起しないといけませんね。


0910-24南部小麦

0910-24南部小麦2

こちらは約4反ある広いほうのかえで農場です。南部小麦の筋蒔きです。道路側から見てもまだ判りませんが、近くで見ると緑の葉が伸びているのが判ります。一安心です。
筋間が30センチですが、除草の為の管理機が入るかちょっと心配な広さに見えました。来年は筋間40センチで行こうかと思いました。
  1. 2009/10/23(金) 20:09:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの片付け作業は秋風に良く似合う。

0910-24田んぼ2

0910-24田んぼ

0910-24田んぼ3

今日も朝からお天気に恵まれた。おかげで早朝の米のとうみがけを終えた9時から息子と田んぼの藁の片付け作業に出掛けた。(今年の収穫量は500キロでした。我が家は年間400キロの消費があります。)藁の半分は燃やしてしまう事にした。もう半分は畑の肥料材や果樹の防寒材として使うためにトラックに積んだ。もち稲藁は今年緑色が濃いので、正月の絞め縄材として持ち帰るのである。それにしても良い天気ですがすがしい。秋は籾や藁を燃やす煙が里山をたなびき、いい香りが漂うのである。風上から火をつけていたつもりが、いつの間にか風下になっていたりして、煙の中にいると目にしみて涙や鼻水が出てとんでもなくつらいのであった。
  1. 2009/10/23(金) 19:52:58|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の脱穀今年は早々終わらせました。

0910-22田んぼ

0910-22田んぼ2

0910-22田んぼ5
稲刈りをして3日目ですが早速脱穀作業をいたしました。乾燥は稲刈りをしたとき既に葉が乾燥で丸まっていたので、今年は長くても1週間で良いと思っていました。月曜日に雨になるという予報を聞いたので、来週の脱穀作業はせっかく乾燥しているのに濡らすのはもったいないという理由で今日決行したという訳です。今年は粒の小さいのが目立っていて、やはり家でゴミ取りの為にとうみをかけたら軽いのが結構前にたまりました。まだ全部とうみがけと計量を済ませていませんのでどのくらいの収穫になったのかは判りません。
暗くなったので、今日の作業は途中でもおしまい。
でも、
今晩はどうしても新米が食べたい。
夕食分の精米だけはやる。

やっぱりうまい。
甘みと香りと粘りが全く違うわい。
幸せとはこのことだいない。
  1. 2009/10/22(木) 19:23:03|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの脱穀いたしました。

0910-20そば3jpg
ハウスの中ではしっかり乾燥したそばが掛けられている。少しゆするくらいで実がぽろぽろと落ちるのであった。

0910-20そば

0910-20そば
ハウスから大事大事にそばを外に運びだして葉くんの足元に置いていく。トラクターに連結された大豆用の脱穀機でそばの脱穀をしていく。脱穀機の風送りを弱からやらないと実も飛ばしてしまう。様子を見ながら風送りのレバー位置を決めていくことを怠ってはいけない。

0910-20そば
実も葉も取れてきれいな茎だけになっていきます。今年は昨年の倍の広さに作ったのですが、成長があまりよくなくて背丈の低いそばで実のつきも少なかったのでした。それでも2キロくらいの収穫が出来たので、久しぶりに月パンさんに腕を振るっていただいて、新そば祭りでもしたいなと楽しみにしているのであります。

0910-20そば
そばの茎は昨年の秋に植えた胡桃と柿とプラムの木に寒さよけ対策として巻いてあげました。まだ林檎やアーモンドやぶどうの木にも今年は巻いてあげようと思います。
  1. 2009/10/20(火) 17:53:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の刈り取り作業も後もう少しで始まりそうですね。

0910-19d大豆
田んぼの稲刈りが終わった横の田んぼでは、彼色に葉が染まり始めていました。来週には葉が落ちて刈り取りが出来るのかもしれません。
  1. 2009/10/19(月) 20:20:57|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り本日順調に終了いたしました。

0910-19田んぼ
バインダーは整備しておいただけに順調に刈り取ってくれる。タイヤも全く問題なし。

0910-19田んぼ.jpg
手前のもち米を刈り取っているうちに二人に防鳥糸を外してもらっている。細くてよく見えないので難儀している様子。

0910-19田んぼ

0910-19田んぼ

0910-19田んぼ
今年から本格的に家の農業も手伝ってくれている葉くんには、店長がいつ倒れてもいいようにバインダーの使い方にも慣れておいて欲しいので、はぜ賭け作業ではなく、ここらから交代してバインダーを使ってもらった。

0910-19田んぼ
稲の苗を育てていたところには自然と育ってくれた稲が結構あるので、ここのも手刈り取りをした。2束取れました。

0910-19田んぼ
作業が終わった。今年は2通り出来ました。昨年よりも約2畝ほど広いので、昨年同様に採れるとしたら600キロ近くの収穫となるはずだが、まだ判りません。今年の稲は既に葉が丸くよれるほどに乾燥状態になっており、はぜ賭け3日で脱穀作業に入れそうです。上手く行ったら今週中にでも脱穀し、新米が近々食べられる見込みです。
作業中はにぎやかだった田んぼもこうしてみるとやけに静かに見えますね。終わったって感じ。
皆さんお疲れ様でした。
田んぼよありがとう。
  1. 2009/10/19(月) 20:18:47|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急ですが、明日の朝から稲刈りします。

まだモチの穂が緑色していますが、明日の午前中に稲刈りを決行することにしました。あまりに好天続きではぜ掛けしたい気持ちがわいてしまったのでしょうがありません。
店長と葉くんと月パンさんと3人で午前9時から作業いたします。昨年の秋に月パンさんと排水パイプを埋蔵したのでその甲斐があって、毎年苦労している水溜りはないと確信しています。農事は毎年毎年の作業の積み重ねで良い方向へ進んで行っていると毎年思わせてくれます。良い成果が出る苦労は本当に嬉しいものです。
  1. 2009/10/18(日) 19:09:18|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの脱穀作業に入りました。

0910-16そば

0910-16そば

0910-16そば

今日の午前中にそばの脱穀作業を済ませてしまおうと思って動き始めたのですが、トラクターに脱穀機をつけるまでに手間取ってしまいました。30分ほどでやっとつけたまでは良いのですが、脱穀機の中に結構くずが入っていて簡単に掃除をしてからと思ったら、、今度はベルトが1本切れそうなのを見つけてしまい、それを交換することになり息子と二人で解体作業となってしまいました。午前中は外した所までで終わりとなり、午後は明日のクラフトピクニックのパン焼き準備を始めないと朝早いうちに県の森での出店ができません。
そういう訳でそばの脱穀作業は来週までお預けとなりました。
  1. 2009/10/16(金) 12:41:10|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南部小麦の種ばら撒き実験もしました。

3年前に店長が田んぼで小麦の種の稲刈り前にばら撒いて栽培したことがあります。自然農法の福岡さんのマネをしたのですが、違っているのは面倒な土団子にしなかったことです。結果はちゃんと収穫まで行きましたが、まだその頃は土に腐葉土や栄養が足りなかった為に背丈の低い麦で収穫量は1反当たり100キロくらいでした。
今年は息子が麦班長をしており、かえで農場の4反に南部を筋蒔きで種まきしてあるので、お店分と販売分は確保できます。そこで田んぼの方は大豆の後に麦を3年ぶりにばら撒き栽培したいという事で、実験する事となりました。今朝20分ほどで1反3畝の大豆畑に息子が種まきをしてきました。一人で種まきごんべえで筋蒔きをしたとしたら1時間以上掛かったでしょう。

大豆はまだ2週間ばかり経たないと葉が落ちて収穫とはなりませんので、種まきは大豆畑の中に入って散粒機で種を5キロばかり撒く事となりました。来週あたりに大豆の葉が枯れて撒いた種の上にはらはらと落ちて伏土の代わりになるはずです。何もない土の上や中に種を蒔くと必ず鳥が目ざとく食べに来ますが、大豆の茂っている中に撒いてあるとその心配もありません。今年この方法で小麦が順調に取れたならばこんなに簡単でいい方法は他にないという事になります。3年前にはコンバインもなかったのでランダムに茂った小麦を手作業で刈り取りましたが、来年はその苦労もありません。
どうかこの先良い夢を見させてくださいな。
  1. 2009/10/16(金) 12:25:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今年初めて栽培する黒小麦の様子です。

0910-5黒小麦

0910-13黒小麦

0910-15黒小麦

10月5日に種まきをしたのは黒小麦の種500gでした。種まき後すぐの恵みの雨で鳥に食べられる間もなくぐんぐん芽を出し大きく育っています。ライ麦のように赤みを帯びていることもなく、若いやわらかそうな緑の葉が伸びています。今のところスペルト小麦やライスターのような感じです。
  1. 2009/10/15(木) 19:00:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

南部小麦の播種も終わりました。

0910-14南部小麦jpg

0910-14南部小麦2

0910-14南部小麦3jpg
今朝は7時半から播種の準備に入った。種まき権兵衛と南部小麦の種30キロ、それから整地用のとんぼあまりにでこぼこのひどい所はトンボで平らにしておく。今日はなんとしても菓子類を焼かないと卸し先で店頭並べができずに困っている。後は葉くんに任せるとしよう。
どうやら一人で3時間掛けての播種作業であったらしい。
  1. 2009/10/14(水) 21:02:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦の種まき作業じわじわと進めています。

0910-13麦
今年から息子の葉が麦を中心に栽培班長となった。店長一人ではきつすぎてぱんの仕事もままならない状態である。麦だけなら結構簡単なので、任せることにしたが、やはりなれない機械の扱いや種まき権兵衛の作業は丁寧な作業が出来ないようだ。くねくねと通りが広がったり狭くなったりしている。まっすぐになるようにもっと工夫と慎重さが仕事には必要である。
前置きはこの辺で、葉が新潟へ行ったきりまだ帰ってこないので、急を要する種まき作業を店長が進めている。トラクターで30センチ以上に伸びた雑草のすきこみ作業をしておかないと播種機が使えない。昨日1回したが到底まだ種まきできる状態ではない。今日はもっと深くすき込んで何とか種まきできる常態にしたいと思っているが、燃料が全くないので先ずはガソリンスタンドへタンクを持って出掛ける。20リットル入れて出発と思ったが、ロータリーの刃に草が絡んでいてこれでは深くすき込めないので鎌で絡んでいる草除去作業をする。

0910-13南部小麦
丁寧に2回目をやっているが、雑草は相当手ごわくて地面がフラットにならない。ひどい所はもっと深くすき込むことにした。雑草の丈の低い所は浅く、高かった所は深くと場所によって耕す深さを変えての作業となった。かえで農場3時間の作業となった。作業をしてみて思ったことは麦刈りが終わってから来年の麦の種まきまでにこの雑草対策の為のすき込み作業を3回もすることになった。燃料と手間を考えると効率のいい方法ではないと思う。モアという草刈処理機があったら草刈とすきこみで2回の作業で終わるはず、はずである。最近は20万円ほどで人が作業しづらい斜面もかれる物が出ている刈り取った草は細かに撒かれていく。ちょっと欲しい気持ちに襲われるが、草刈機よりもそば製粉機や搾油機の方が先決だろうか。
明日の午前中はいよいよ種まき権兵衛による種まきである。これがまたけっこう疲れるのだ。
  1. 2009/10/13(火) 19:44:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

実のなる苗木を4本植えました。

0910-13シャプブルー
シャプブルーという名前のベリーです。

0910-13ブラックベリー
大きな実のなるブラックベリーです。

0910-13ブルーベリー
2年前にホームセンターで買ったブルーベリーです。2本有ったのですが、いつまでも大きくならずに小さかったので雑草にうもてていて草刈機でうっかり一つ切ってしまいました。友達が2本近くに増えたのでコレで元気になるのではないかと期待しています。
  1. 2009/10/13(火) 19:07:17|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にんにくの芽が出揃いました。

0910-13にんにく
少しだけ心配していたにんにくも台風の雨の後皆いっせいにぐんと葉を伸ばしました。雨のちからはすごいのだ。
  1. 2009/10/13(火) 18:57:21|
  2. にんにく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲、台風の被害なし。

心配していた台風の雨と風はほとんどなく、いつもの雨と風といった具合でした。田んぼを見に行ってきましたが、倒れたところもありませんし防鳥テープも飛ばされることなくそのままでした。

塩尻市のある所の山に囲まれた地形が助けてくれたのかもしれませんね。

0910-8田んぼ
0910-8田んぼ2
0910-8田んぼ3
0910-8田んぼ4
葉はもちろんですが、穂はまだ黄色に変わっていない所も多く11月の中旬の刈り取りになりそうな気配です。葉には穴が多くイナゴ君が頑張っているようです。イナゴは穂まで食べていないようなのでまあいいかとほっときます。
  1. 2009/10/08(木) 17:34:36|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

台風とビニールハウスは相性ばっちりわりいのだ。


台風が近づいていますね。
ラジオを聞いていたら今回は相当に大きく、最近葉被害のなかった長野にも影響が出るというので、
りんご農家もりんごが落ちる前に収穫しようということで大慌てで作業をしているという。
きんぴら農園も稲が倒れてしまうのはもう仕方ないとしても、ビニールハウスが強風で飛ばされてしまうのではないかと心配になり、ぱんの仕込みの最中だというのにさっきハウスに紐を掛けに雨の中いってきました。
じつはハウスを建てたときにはこの紐が45センチ間隔で約20本掛かっていたのですが、ビニールが強風で破れる事が多いので、
もっと厚い丈夫なペット樹脂のビニールに変えて、パイプにビニペットというもので止めたので紐はいらないと言われていました。
ので紐ははずしていたのですが、ハウス全体を地面とくっつけているのは土に突き刺したパイプのみで、そのパイプも土の中で広がっているとかセメントで固めてあるとかでないので上方向に風で持ち上げられたらひとたまりもないわけです。
どうにも心配になり慌てて応急処置をしに行ったわけです。

それにしてもだ、明日作ったパンは台風の中売れたりするのだろうか。これまた心配だな。

追記8日午後。
全国で大きな被害があちらこちらとあったようです。ここ塩尻は幸いに風も雨もそんなではなく、春先や冬の強風の方が台風よりも強い感じでした。
  1. 2009/10/07(水) 17:48:56|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土つぼの再利用します。

0910-7土ツボ
0910-7土ツボ2

ぶどう棚の隅っこに伏せて置かれていた土つぼです。30年は使われていないな。ここにこうしておいておいてもごみと同じなので、お店の入り口の雨水ために使う事にした。1人ではひょいこらと行かないので、息子と一緒に運べる機会を現在狙っておりやす。
  1. 2009/10/07(水) 17:43:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライ麦の芽が早くも出始めました。

0910-7ライ麦ライスター
0910-7ライ麦ライスター2

月曜日じゃなかったかなぁ、種まいたの。その次の日の夜からすぐに雨がしょぼしょぼ降り続いていたのがやはり良かったのでしょうか。それにしても種が表面に出すぎていやあしないかい。
種屋さんから今回買ったのは薬剤処理され赤いので、鳥も食べにきません。隣に蒔いた我が農園のアメリカライ麦には毎日5羽ちゃんとハトが食べに舞い降りております。
  1. 2009/10/07(水) 17:40:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハウスに移植したオクラは沈没しましたが。

ハウスの中に引越ししたオクラは茶色に葉を変えてから下に落ち始めました。気候は秋前なので黄葉して葉を落とすのにはちと早いわけです。このままかれて沈没かと思ったら、中心部分から若い葉が出始めていました。収穫は出来そうもありませんが、また元気に育つ日も近いかもしれませんね。
  1. 2009/10/06(火) 17:21:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農園を美しくという事で花をまた植えました。

0910-6花
0910-6花
畑から中山道へ抜けていく道沿いに宿根草の花を5ポット植えました。零下10度まで大丈夫という事と毎年手入れしなくても育って花を付けてくれる宿根草という事でイエローサブマリン号に決めました。もっとお金があったらたくさん買って向こうまで植えるんだけどなぁ。今年の花は菊とこれで約2500円の出費でした。
  1. 2009/10/06(火) 17:17:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

しいたけのホダ木を立て始めました。

0910-5しいたけ2
0910-5しいたけ

乾燥する夏の時期が終わり気温も下がってきました。乾燥を避けるために寝かしてござや寒冷紗を掛けておいたホダ木を雨も降ったし、という事で立て始めました。昨年は10月14日からキノコが取れていたようなのでここらあたりがグッドタイミングと見ました。キノコ班長の息子はもう少し経ってから立てたいと思っていたようですが、昨年14日にキノコが・・・という事が立てるかとなったようです。
今年は木の間に縄を張ってそこに立てかけることにしました。なるべく簡単に楽できるやり方を考えていきたいという事です。
  1. 2009/10/06(火) 17:12:02|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの防草シート敷きまだやっています。

0910-5ビニールハウス
0910-5ビニールハウス2
今朝は7時前から作業に入りました。10時半までかかって除草と整地まで出来ました。 シートは南側をやった分で全部終わってしまい、新たに今日シートを発注した。
アッチもコッチもまだまだシートを敷きたいなぁ。
  1. 2009/10/05(月) 19:08:54|
  2. 防草シート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する