FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

南部小麦を育てているかえで農場の様子です。

0911-21南部小麦
息子がランタン作りの材料としてちょうど良い太さの栗の木を一本間伐したいと言うので、一緒に小ナラの森へ薪拾いを兼ねて行ってきました。その帰り道にかえで農場の横を通ったので、その様子を撮ってきました。まだ3時だというのに山側は日陰に入って麦畑の向こうにかえでおばさんの家が見えます。きれいな景色でした。
スポンサーサイト



  1. 2009/11/21(土) 18:28:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

お疲れ様でしたバインダーくん。

0911-21バインダー

0911-21バインダー1
稲の刈り取りをしてくれたバインダー君であったが、刈り取り終了とともにダウンして車には自力で乗り込むことが出来なかった。家に帰ってから店長がキャブレターを一部はずして簡単に治ると思って作業をしたが、なかなか今回は簡単には直りそうもない。しばらくそのままにしておいたが、昨日やっともう一度分解して小さな穴やキャブの中にクリーンスプレーを掛けて掃除してまたトライしてみたがどうにもエンジンが生き返ってくれなかった。
クボタ農機に修理をお願いすることにした。軽トラに乗せて事業所に届けに行った。駐車場の一角に中古農機らしき物が沢山置いてあったのでそこへ下ろすんですねと担当者に声を掛けると、そこは廃棄処分品を置いている所なので、こちらへと言われた。まだ使えそうですが、使えないんですか?と聞くとまだ使えるのですが、廃棄処分として引き上げてきたものなので譲ることも売ることも出来ない決まりなんです。
んんんん・・・・・。返す言葉がない。
エコをうたい文句に走っている国だから、これで世の中がうまく動くのかい。
  1. 2009/11/21(土) 18:18:49|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギも収穫しました。

0911-16長ねぎjpg
午前中に抜いて地表に並べて乾燥させておきました。

0911-16長ねぎ1jpg
夕方新聞紙に10本くらいずつくるんでコンテナに立てて収穫しました。

0911-16長ねぎ2jpg
コンテナ2つ分の収穫となりました。これも土蔵にしまいこみます。この冬は美味しいねぎなべが食べれます。
  1. 2009/11/16(月) 17:34:20|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大根と長ねぎの収穫終えました。

0911-16だいこん
もう少し早めに収穫をしても良かったくらい太く大きくなっています。中にすのいってしまったのも有るかもしれません。

0911-16だいこん1
上の葉も炒めて食べると美味しいのですが、付けて持って帰ってもこの量はいただけません。葉をつけたままだと水分の抜けが早まり保存が良くないので葉は落とします。

0911-16だいこん2
コンテナに4箱収穫しました。

0911-16だいこん3
家に帰ってから1本ずつ新聞紙でくるんでからコンテナに立てて戻して土蔵に運んで保存しました。昔は土間に立てていました。
  1. 2009/11/16(月) 17:27:25|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の除草畝立て作業始まりました。

0911-15スペルト小麦,jpg
一輪管理機で通りの両脇を、広い所の真ん中を中型の管理機で耕起しています。

0911-15スペルト小麦1,jpg
こんな状態です。近じか黒マルチを掛けてしまい来春の種まきを待つように準備しておきたいと思っています。それまでの除草も考えてのことです。

0911-15スペルト小麦2,jpg
その隣のライ麦ですが、こちらは草がほとんど出ていないので、様子を見てみようということになりました。
  1. 2009/11/15(日) 17:57:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そろそろ小麦の筋間に除草兼畝立て作業をしたいなぁ。

大きい麦は15センチほど葉を伸ばしており、いつでも畝立が出来る状態となった。これで天気さえ良ければ早々に始めたいのだが、雨で重たくなっている土を相手にこの作業はなかなか難しい。来週もはれ続きの天気は望めそうに無いようだ。昨年は10日当たりにその作業を始めているから今年は種を早くまいたのに作業が逆に後れているということになっている。農業は気候に左右されるので、やれる時にやっておかないと大失敗となることが多い。先日の大豆の収穫も少し早めの気もしたが、その後の雨の天気を思うとやっておいて良かったと正直なところ胸をなでおろしている。
  1. 2009/11/13(金) 19:25:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

脱粒機のプーリー、その後どうなった。

0911-6大豆
回転盤の付いたこれが純正のプーリーです。

破損してしまったのでわらきり機からつかえそうなプーリーを取り外して太さの違う軸に付けてとにかく雨になる前にと大豆を収穫しました。

0911-11脱粒機
3日経ってもクボタから連絡が無いので、こちらから電話をするともう生産中止でものが無かったという返事、代用品を探しているがいいものが見つからないとのこと。じゃあいいですと答えて自分で何とかすることにした。早速ホームセンターのプラスワンへ行ってみると色々とプーリーが置いてあった。使えそうなのはと見たがまず置いてあるものはどれも小さすぎた。それから穴の大きさもぴったしくる物が無いのだった。20ミリと22ミリはあるが脱粒機はその中間の21ミリだった。しょうがないので22を買ってゆるい分ゴムバンドを切ってはさんで止める事にしてみた。プーリーが小さくなった分 Vベルトにゆとりが出来てしまい、回転を伝えなくなってしまった。A47をA42に換えることにした。ちょっと小さすぎた感はあるが、取替えに行くのが面倒なのでこれで勘弁して使ってみることにした。来年もまたよろしくね。
  1. 2009/11/11(水) 19:54:11|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日の柿吊るしでした。

0911-11干し柿
今年はご覧通りにちょっとさびしい量ですが、この仕事をするともうすぐ冬だという気になるんだな。
  1. 2009/11/11(水) 19:30:26|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウスで豆が気持ち良さそうに日向ぼっこしています。

0911-11大豆1

0911-11大豆

昨日とうみを掛けておいた大豆を今朝一番でハウスに持ち込み広げました。地面にビニールをしいていないので少し湿気が来るかもしれませんが、きっと大丈夫だろうという判断でやっています。
花豆も今日全部収穫して一緒に乾燥させています。前回取ったのはほとんど僕とじいさんで平らげてしまいました。今回のはお正月までお楽しみにしておくつもりです。

0911-9干し柿
さおで叩き落してはいません。竿状の枝切りはさみで切っています。干し柿にするのですからちゃんとへたに枝が付いている状態にいたします。

0911-9干し柿1
収穫かご1杯と段ボール箱に3分の2ほど収穫しました。

0911-9干し柿2
まだ取り残しが高いところにあります。どうするべか。

畑の方にある種無し平柿は今年20個くらいしか実を付けてくれませんでした。熟柿にすると克子さんが強く言うので、僕は自宅にある小ぶりの渋柿だけを干し柿にする事にいたしました。こちらのほうは今年もしっかり実がついていて100個くらいは取れる見込みです。
大阪の友達が干し柿つくりをお母さんとするのを楽しみにしているので、毎年30個くらいは送っています。豊作のお米と一緒にと思っています。このお母さんは毎年秋刀魚寿司を作って送ってくれるので、とても嬉しいやり取り関係です。夏にはハッポオ酒も贈ってくれます。本当にありがたやであります。
  1. 2009/11/09(月) 17:51:54|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の収穫なんとか済みました。

0911-8大豆
田んぼで脱粒してきたものです。大きなごみがたくさん混じっています。

0911-8大豆
とうみに掛ける前に収穫用コンテナを使って大きなごみだけ取り除きます。

0911-8大豆
風で飛ばせるごみだけはこれで取り除くことが出来ます。

0911-8大豆
まだ鞘をかぶっているものや重たいごみや茎が混じっています。もちろんカビの生えている豆や病気の豆も沢山混ざっているので、最終的には手作業で良い粒だけとります。今年はよりっ子という新兵器を購入したので、今年は少し安心しています。

とうみを掛け終わった時点で、収量は135キロありました。
只今ハウスに持ち込んで乾燥させております。
  1. 2009/11/08(日) 19:15:39|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだしぶとく大豆の収穫作業を続けていますよ。

0911-7大豆

0911-7大豆

0911-7大豆
ここが詰まっていたのですべて詰まってしまったわけである。

脱穀機のプーリーが壊れたのでこれで作業が出来ないとはいかないのが店長のすごいところである。藁切り機のプーリーをはずしてきて代用することにした。付いていたシャフトの太さが違うので、プーリーを付けてみるとまったくゆるゆるで合わなかった。そこで軸のほうにのび縮みの少ないナイロンテープを巻きつけて取り付けることにしてみた。動かしてみるとどうやら耐えてくれそうだ。あくまでも応急処置なので、純正部品が来た時点で取替えをするつもりだ。
今日様子を見ながらの作業で一気にやってしまおうというわけにはいかない。息子に脱穀作業をしてもらい、僕は残りの刈り取り作業をした。順調に作業が進んでいたので、お店に帰っていたら電話がかかってきた。動かなくなってしまったので家で待機しているという。機械の様子を見に行って調べてみるとプーリーが外れかかっていた。それから脱穀機の一番下のスクリューに大豆がしっかり詰まっていた。どうやら硬い茎がスコップですくい上げる部分につかえているのが原因らしい。手ですっかり取り除いて動かしてみるとちゃんと動いた。一安心だ。しばらく様子見のために一人作業をしてみると調子に乗ってしまった。2時間あまり作業をして大豆を40キロも収穫してしまったなぁ。
この調子で作業が進んだとしたら、今年の収穫量は160キロ位ありそうだね。
うれしいな。
  1. 2009/11/07(土) 18:19:11|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も大豆の刈り取り作業と機械の修理をしていました。

0911-6大豆

0911-6大豆

0911-6大豆

0911-6大豆

昨日の夕方ビスは用意しておいたので今朝7時過ぎに田んぼに置き去りになっている脱穀機の修理をしてみた。順調に動く事を確認してからまだ霜が降りて濡れているので脱穀は10時頃からにし、刈り取り作業を始めた。約半分の刈り取りを終えたところで、脱穀作業を始めたが、トラクターを移動してクラッチをつなげた所鈍い音と共に新しいボルトをねじ込んだプーリーそのものが割れて壊れてしまった。
やっと判った。今までどうして壊れる理由に気づかなかったのだろうかと自分の馬鹿さにあきれてしまった。でも、これも勉強だ。今度は同じ失敗をしない事が大事と気持ちを入れ替えて、農機具屋にすっ飛んだわけである。クボタ農機では今も同じ物が有るかどうかわからないので、調べてまた連絡しますという事で、有っても部品取り寄せとなり今日は直らないという事で、割れたプーリー(鉄)を、エポキシ系の接着剤でくっつけて動かしてみる事にした。くっつけて2時間後手で回す分には大丈夫であったが、クラッチをつなげてみたら回転をまったくつなげないままパッカリ元に戻ってしまった。だめ元なので気落ちはぜんぜんしないのだが、来週の雨の日までには何とかなってほしいなと・・・・。

そうそう、壊れる原因を書き忘れるところだった。
トラクターの移動の再は必ず脱穀機の作業クラッチを切っておき、再度トラクターからの回転を脱穀機につなげる時は作業クラッチでつなげる事。
ただで頂いて来た機械だけに、説明書もないし、扱い方もやりながら覚えている次第で、これから先も色々とあるのかもしれないなぁ。
  1. 2009/11/06(金) 18:05:19|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱穀機の修理に手間取っています。

0911-5大豆

0911-5大豆

昨日から大豆の収穫を始めたのは良いが、脱穀機とトラクターの動力を伝えているシャフトとプーリーのつながりを止めているねじがどうもゆるくなってしまうらしい。と思っていたらゆるくなるのではなく溝に差し込まれるねじの先が欠けてしまうトラブルと分かった。3時から克子さんと始めたのは良いが、機械が動いてくれないと仕事が進まない。短くなっているねじをはずしてもっと丈夫なステンレス製のねじを買いにいってきた。早速入れてみようと思ったが、このねじ棒の太さではシャフトにある溝にねじの先が入らないことが分かり、ねじの先だけ細く削る必要がありそうだ、今日の仕事はやめて家に帰って先を細くする加工をして明日出直すことにした。
  1. 2009/11/05(木) 17:30:43|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の収穫始めてしまいました。

0911-4大豆
葉っぱも落ちて刈り取り出来る状態となりました。

0911-4大豆
急遽たまねぎの苗を植えつけた後3時まで時間があったので大豆の刈り取りとなったのでしたが、脱穀機の調子が悪くなり、途中でやめとなりました。
刈り取り脱穀は一応強引に進めますが、本来刈り取りしてから3日は干してから脱穀と行くのが正当だと思います。脱穀した豆はまだ乾燥が十分でないものも混ざっているのでハウスで乾燥させます。

0911-4大豆
今日も形の良いまん丸お月さんが僕の帰りを待ってくれました。
星も見えるし、明日も冷え込みそうだね。
  1. 2009/11/04(水) 19:07:11|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまねぎの苗の移植作業とりあえず200本完了。

0911-3たまねぎ,jpg
最初は鍬で手作業していたのですが、なかなかきれいに出来ないので、小型管理機を使ってやることにしました。

0911-3たまねぎ2,jpg
今度は上出来です。出来ればもうちょっとだけ幅広に出来るともっとよかったかな。

0911-3たまねぎ3,jpg
昨夜の雪でしっかり土は湿っていて、移植作業にはとてもいい日となりました。
空き缶で作った穴あけ機でマルチに穴を開けてから200本の苗を移植しました。
以外ですが、今日の作業で一番時間がかかり手間取ったのは穴あけでした。もうちょっと良い方法が無いものかと考えてしまいます。
  1. 2009/11/03(火) 17:21:31|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週中に大豆の収穫予定でしたが、雪ですね。

大豆は70%葉が落ちて緑の葉をつけているものもありますが、収穫できる状態と見ました。でも、雨と雪の影響で湿って今刈り取ってもハウスの中で乾燥させないと脱穀作業とはなりませんので、天気のよい乾燥した状態の時に刈り取り脱穀を一緒にする事にします。
明日の朝には天気は回復してくるというので、もしかしたら今週末には作業ができるかもしれませんね。
  1. 2009/11/02(月) 19:01:10|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する