FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

ハウスにやはり換気口が必要でした。

2010-7-27きゅうり
ハウスのきゅうりの先端が枯れ始めていました。高温で焼けてしまったと思われます。

2010-7-28ビニールハウス
遅まきながら高い位置に四角い穴を開けました。が、これが原因でハウスが裂けなければいいんだけれど。
スポンサーサイト



  1. 2010/07/28(水) 18:50:58|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はにんじんと種芋にするジャガイモの収穫をしました。

2010-7-28にんじん
にんじんは大きいのと小さいのとありますが、香りも甘味もありとても良い出来でした。

2010-7-28じゃがいも
ジャガイモは大白とメイクイーンを10キロほど掘りました。これから9月まで日陰干ししてから又2ヶ月ほど埋めて12月頃には種芋として収穫をします。今回は一部を種芋としての収穫です。
  1. 2010/07/28(水) 15:28:34|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの草取り1回だけやりました。

2010-7-25田んぼ

2010-7-25田んぼ1

2010-7-25田んぼ2
今日は月一度のお休みの日なのですが、早朝5時から7時まで田んぼの草取り作業をする事にしました。田んぼウォーキングのおかげもあって今年の草取りは楽でありました。店長は手作業での草取りは今年やらずに様子を見てもいいと思っていたのですが、克子さんの意向もあり、では1回だけやろうとなりました。家族4人とクラちゃんとで5人という大人数での草取りでした。
周りを見渡すと羽化したばかりのトンボの多い事。蚊も顔の周りを飛び回っています。稲の苗は良く見ると大きくなれないものはそのほとんどが根が浮いた状態でした。草取りしながらそういうのを見つけると根元を持ってぐっと下に押し下げて植えなおし作業です。しばらくの間上の田んぼは水を入れずに干しあげて土を堅くする必要がありそうな気がしました。
新種か病気かわかりませんが、白い腑の入った稲が二つほどありました。

一番下の高校1年の勇気君は田んぼに入るなり、これとるのかと稲をさしていったのには驚いた。稲と雑草の違いが判らんのかと、こりゃ参った。
  1. 2010/07/25(日) 07:58:07|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干しシイタケも出荷しました。

2010-7-24シイタケ
2010-7-24シイタケ1

ビニールハウスの乾燥棚の温度はご覧の通りです。午前9時です。まだ暑くなります。昨日の午後から乾燥を始めています。12時ごろアルプス市場にもっていくので、これから工場へ持っていって包装いたします。
一袋120円と大変お買い得の小袋で販売いたしております。見かけたら是非お買い上げ下さい。

  1. 2010/07/24(土) 19:19:42|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雨続きと好天続きでシイタケ天国になっていました。

2010-7-23シイタケ
10時に農事を終えてお店に休憩に帰って来ると息子が森のホダ木に大きく育っているシイタケを見つけた。周年用のシイタケが大きく沢山育っていた。好天続きで雨に打たれなかったのが幸いしていた。大慌てで3人で収穫しアルプス市場に持っていくことにした。

2010-7-23シイタケ2
あまりにも大きく育っている物や形の悪い物は細く切って乾燥させて天日乾燥させて売ることにした。
明日にでも乾燥シイタケを市場にお届けできればと思っている。
やっと森から木を切り倒して里山整備をし始めてからこうやって収入へと変わってきたかとなんだか嬉しい作業だった。
  1. 2010/07/23(金) 20:53:33|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝作業はやっぱり理想であるのだ。

早朝5時からの作業は実に涼しく多くの手作業も楽に感じられる。仕事前にはいつも今日やらなければならない事ややったほうが良いことやり方などの話し合いをするようにしている。今日はハウス内のトマトときゅうりが病気気味になっているので、その理由と対策を話す。日中のハウス内は50度から60度になっていて病気にならないはずが無かった。すそのビニールシートを南側も上げることにした。水やりは根元にではなく、通りにたっぷりとあげる事。散水設備のもう少しの改善とかえで農場での藁の片付けと耕起などをやってしまう事にした。
そのほかに山形の百瀬さんところへスイカを買いに出かけ、ついでに洗馬のお風呂に入ろうかと。
昨日はズッキーニが3本とナスが5個の収穫がありました。今朝はきゅうりが5本取れました。いよいよ本格的な収穫シーズンに突入してきた感じがあるのですが、待ちに待っているのはトマトなんだなぁ。実は付いているのだけれど、中々収穫になってこないのが残念。昨日の夕方はそんな思いでたっぷり通りに水をやっておいた。
  1. 2010/07/23(金) 08:34:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そば畑の水やり。

9月中旬の麦の種まきまでにそばを刈り取らねばなりません。通常8月のお盆過ぎにそばの種まきとなるところを大急ぎで種まきをしました。しかしながらこの雨無しの暑い日が後1週間は続きそうな気配で、このままほって置いたのでは芽を出しそうにありません。ジョロで二人係で水やりを始めたのはいいのですが、30分行ったり来たりを繰り返しても半分も終わりません。ホースをつないで散水機をつけてと、散水場所も4箇所は必要だね。足りないホースとホースジョイントと散水機も購入してきて午後やっとひとまずの散水設備が整った。
夕方二人がパン工場で仕込みをしている時にしっかり店長は水やりの仕事をしていたのだが、終わってからなすにも水をと思ったその時頭に強いショックを受けた。
やっちまったー・・・・、頭から血がたれ始めていた。
皆さん心配するといけないので、続きは教えましぇん。
たいした事無かったでおしまい。
  1. 2010/07/21(水) 18:59:12|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い中こんなに働いていいのだろうか。

2010-7-20そばの種まき
パンの仕事が終わった午前11時から畑に出かけた。今日は麦刈り後にそばの種まきをした。種は4キロ購入したが、今日は2キロの半分で止めておいた。意外と大変だとにかく熱すぎる。群馬では38度も温度が上がったそうだ。ここらでも35度はあったのだろう。手伝いに来てくれたやす子さんも額に汗して倒れそうな赤い顔をしていた。

2010-7-20秋野菜の種まき
くらちゃんはマルチシートを敷いた後大根とにんじんとほうれん草と野沢菜などの秋野菜の種まきをしてくれた。

2010-7-20たまねぎの準備
葉君は初めてのマルチシート掛けを一人淡々とやってくれて、暑さと疲れで相当不機嫌になっていた。そばの種まきを済ませて仕事振りを見てみると、やり方が違っていたので指摘すると、一気に切れてしまった。言われたいわれない説明が無いという前に自分でしっかり考えてから取り組めるようになるといいなといつも思う。店長だって人から教えてもらってやるという事はほとんどなくやっているので、いつもどうしたらベストかなと思って素人ながらの仕事をしているのだ。お互いにより良いやり方はどうやればいいのかをいつも頭に入れて何事も取り組んで行きたいものだ。
この暑さで気持ちも体力も疲れてしまった。今日は3時半で仕事を止める事にした。
次回からは夕方4時から6時までの2時間農事をするように、少しでも涼しい時間に行動しようと思った。

  1. 2010/07/20(火) 18:19:13|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの風景に出会う。

2010-7-18.田んぼjpg

2010-7-20田んぼ

2010-7-20田んぼ1

2010-7-20田んぼ2
田んぼはやはりふるさとの風景だろう。田の無い街で育った人でも、日本本土で育った人にはやはり田んぼの一面の風景はやはり身近だと思う。田水の独特のにおいとかえるの合唱。稲の花が咲き始めると一気に稲の香りが漂い始め夕時の田んぼの空気は夏を創造してくれる。
今は畦にある雑草を全て刈り取ってしまうが、昔は花をつける雑草は残して楽しんでから刈るなどという遊び心もあった。今年はこの花たちを見るために刈り残しておいた。野にある花も楽しんでみたい。僕だけでなくこの道を通る人もきっと花を楽しんでくれるに違いないだろう。
  1. 2010/07/20(火) 18:00:24|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼに水入れを再開しました。

2010-7-19田んぼ

2010-7-19田んぼ1
今日は朝一番で田んぼの畦の草刈をしました。奥の畦はすでに腰の辺りまで草丈が伸びていて、今に苦情を言われるのではないかと気になっていました。田んぼに水を入れながら早速草刈を1時間ほどしました。
御覧のように稲の根株の周りにはコナギがびっしりとはえていました。
梅雨の豪雨は山の石を水路にしっかりと流し込んできてまして、水を入れたとたんにジャラジャラと石がいっぱい入ってしまいました。こりゃあしばらくは収穫箱でも設置して石が入り込まないようにしないとまずいね。
さてとこれからこの青空の下、最後の黒小麦の収穫となります。
  1. 2010/07/19(月) 18:35:16|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お手伝い2人を招いて黒小麦の刈り取り脱穀済ませました。

2010-7-19黒小麦

2010-7-19麦畑の後処理

2010-7-19小麦の後処理1

松本市でベーグル屋さんをしている小熊さんがお子さんとお手伝いに来てくれました。刈り取ってもらっているのは黒小麦です。種が少ししか入手できなかったので、今年は来年播く用の種取が目的です。量が少ないので他の物と混ざらないように手刈りしました。その後は刈り取った後の麦藁処理のための焼畑の火の番もしたり、午後は小麦の栽培とその後の処理の仕方を見てみたいそうだったので、ハウスの中で乾燥したライ麦のとうみ掛けと袋詰め作業もしていただきました。
その後刈り取った黒小麦の脱穀作業もしていただきあっという間に午後3時になっていました。
いやーお疲れ様でした。
さて、私らはこれから明日のパンの仕込みに突入となります。今日もなんともハードな一日でありました。
  1. 2010/07/19(月) 18:22:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ライ麦の収穫を済ませました。

2010-7-17ライ麦

2010-7-17ライ麦5
今日は朝から日差しが強くまたとない麦刈りのチャンスです。午後1時クラちゃんが配達から帰って来たのでお店番を頼んで息子とライ麦刈りを決行しました。ライ麦は倒れているのはほとんど発芽して枯れた状態でものになりそうもありません。立っている物だけをコンバインで刈り取る事にしました。

2010-7-17ライ麦1
昨日コンバインの掃除をしたし、立っている物はさすがに湿っぽさも無く今日は一度もトラブル無く刈り取る事が出来ました。やはりコンバイン様様です。

2010-7-17ライ麦3

2010-7-17ライ麦4
刈り取った後日差しが入ると一気に落ちた種から新芽が出て芝のじゅうたん状態となっています。

今年は3反近くの広さで作っただけのことはあり、昨年の苦労ばっかりでの収穫90キロに比べ、ほとんど機械でやっておきながらの300キロとなりました。来年こそは倒れないライ麦作りをしたいものだと思います。
後残る刈り取りは黒小麦だけとなりました。量が少ないので手刈りをしてから大豆の脱穀機で少量脱穀をしてみようと思います。麦刈りはいつも梅雨時になってしまうので、チャンスと見たらやってしまうしかありません。予定通りにはやってられませんのです。
  1. 2010/07/17(土) 19:00:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

切り詰めた割りに収穫ありそうです。

2010-7-16ぶどう
特に入り口に一番近いこの木は実を多くつける優秀な木です。全体に少ない枝に綺麗な房が付いています。これから熱くなって来ると実も大きくなりますが、病気も出やすくなってきます。光と風邪の通り抜けるわがぶどう園です。
  1. 2010/07/16(金) 20:26:29|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまねぎの種まきをしました。

2010-7-16たまねぎ
スペルト麦を刈り取った跡地を利用しました。畝間の1メートルの間に鍬を入れて整地しました。

2010-7-16たまねぎ1

2010-7-16たまねぎ2
昨年作って使う場が今まで無かった筋付け板を使って3から5センチ幅で筋をつけます。

2010-7-16たまねぎ6
この種は昨年の秋に購入したものです。種からはなかなか良い物が出来ず、苗を買って今年はたまねぎを栽培したのですが、今年からまたたまねぎの種(保存期間の長いネオアース)まきとなりました。

2010-7-16たまねぎ4
筋の交差するところ480箇所に種を2つぶ落としますが、何せ人のやる事なのでそう思う通りには種を落とす事は出来ません。多いところは6粒ほど落ってます。その後ふるいを使って土を軽くかぶせます。

2010-7-16たまねぎ10
その後上に藁を軽く乗せて上げます。温度と湿度を安定させてくれます。

2010-7-16たまねぎ8
2010-7-16たまねぎ9
スイカアーチを使って寒冷紗をかけます。たまねぎの種まきは一般には9月に行いますが、3月に播き玉を大きく育てる方法もあります。今回3月に播かなかったので今頃播くわけですが、これから夏に向かって暑さに弱いたまねぎを少しでも大きく育てるために寒冷紗を使うわけです。あくまでも店長の実験ですのでうまく行かない可能性は大と言っていいでしょう。が、やらないわけには行きません。8月に暑さで枯れた時にいったん収穫をします。又秋になったら定植する予定です。
  1. 2010/07/16(金) 20:10:47|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場へ大豆の種まきをしました。

2010-7-16かえで農場大豆
麦刈りのすんだかえで農場です。麦の根株をそのままに畝間を軽く耕起して大豆の種を蒔きます。

2010-7-16かえで農場大豆1
2010-7-16かえで農場大豆2

小型管理機で軽く耕起をしたのですが、どうにも雨の影響で土が重すぎて泥がくっついて管理機が止まってしまいます。以前不耕起で大豆を播いて育てた事があるので、急遽そのまま種まきをする事にしました。土も藁もかけませんが、一応播いたところを踏んでいくという方法を取りました。大豆はこの10月の麦の種まきまでに収穫ができれば収穫しますが、駄目な時は小麦の種まき優先となります。かえで農場に窒素を多くしたいという目的は達成できます。

2010-7-16かえで農場大豆3
2010-7-16かえで農場大豆4
2010-7-16かえで農場大豆5
  1. 2010/07/16(金) 19:28:29|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペルト麦のごみ取り(目視編)作業やっと済みました。

2010-7-15スペルト麦
シートに広げて目視で大きなごみと石や土の塊を取り除いていく。今年のスペルトには紫色の粒が混じっている。突然変異か何か分からないが、その粒を見つけたら拾い集める事にした。

2010-7-15紫麦

2010-7-15紫麦1
全部で100粒は見つかっただろうか。最初は黒小麦に近い通りが影響を受けて化けたのかと思うねなどと話しながら探していたが、外の黒小麦の穂から一粒取り出してみるとずいぶんと違う要旨なので、やはり全く違う系が出始めたのだろう。この秋にこの100粒を播いて増やしていければと思っている。
  1. 2010/07/14(水) 17:12:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カボチャの吊るしネットを設置いたしました。

2010-7-15かぼちゃ

2010-7-15かぼちゃ1
カボチャはスイカアーチに左巻きに巻き付けようと考えていましたが、カボチャを吊るすのには高さがたりなすぎるので、ネットに絡ませる事にしました。ネットは一番安いいのししよけの升目の大きな物です。今年はこれでねずみにかじられるカボチャが減る物と信じています。
  1. 2010/07/14(水) 16:54:29|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨降り続くと何も出来ない。

2010-7-13ライ麦
ライ麦はこの強風と大雨でしっかり倒れてしまった。ハウスの入り口に立てかけておいた戸板が紐を切って飛ばされるほど強風が吹いた。もろこしも倒れた。

2010-7-13トマト
露地トマトにかけたビニール屋根に大きな水溜りが出来た。つくりを変える必要あり。

2010-7-13ハウス
ハウスの中で麦の乾燥が進んでいるが、この湿度の高さにハウスの内側ビニールには露がしっかりと付いていた。今以上の乾燥は無理のようだ。
  1. 2010/07/13(火) 17:33:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

家庭菜園の裏ワザ。

2010-7-12本
克子さんがにっこりして夕食時に言った。いい本見つけちゃったぁ。最近家で黙々と本を読んでいる姿を見ていなかったが、又本を読み始めるのかと思ったら違った。農業関係の本であった。JAの本局に行くと待合席の近くに本が並んでいて、待っている間にその中に在る本を自由に読む事が出来るのだ。その中にあった本で早速注文を入れてきたそうだ。その本の帯にはこう書かれている。先人達に学ぶ農薬・化学肥料を使わない野菜つくりの知恵、いかにも店長好みである。内容も分かりやすくその訳も書かれておりこれは使えそうだ。コンパニオンプランツも自然農法やこうやったら良いよという口伝え農法もやってみて上手くいくもの行かないものとどうしても思うように成果は出ない。土質や気候や虫の発生条件などいろんな違いが影響しあうのでこればかりはしょうがない。来年5年目を迎えるきんぴら農園に又一つ情報源が増えたとい言うわけだ。
  1. 2010/07/12(月) 08:15:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

のこぎりの歯のメンテは大事です。

2010-7-11農具メンテナンス
先日田んぼウォーキングしたときに気になっていた畦の草刈も少しだけしたのですが、のこの刃が切れないので途中で止めてしまいました。切れない刃で仕事をすると時間は掛かるし、燃料は食うし、回転をあげているので草以外のものに当たった時にそのショックも大きいので危険でもある。てのこも何もかも道具の善し悪しというのはその仕事内容にも大きな影響を及ぼしている。
研ぎ終わると早速切れ味を見るために仕事がしたくてしょうがなくなってくるものだ。仕事は楽しいものだ。
  1. 2010/07/11(日) 08:41:18|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウスのきゅうりに病気が出始めています。

2010-7-11きゅうり

2010-7-11きゅうり2

2010-7-11きゅうり1
ハウスの中のきゅうりはすでに大きな実を5本提供してくれましたが、新しく植えた苗はまだ花も咲かないのに病気が入り始めました。苗の時点で病気になっていた可能性もありますが、大きくなったきゅうりの葉にも黄色の斑点が出始めたので、どちらかが病気を発信してしまっているのでしょう。対策として今朝早くに石灰の上澄み液をジョロでたっぷり撒いてきました。この方法はうどん粉病には効きますが、この黄色の斑点に効くのかどうかは分かりません。
  1. 2010/07/11(日) 08:31:54|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小麦のごみ取り計量貯蔵が進んでいます。

2010-7-10ライ麦
これはライ麦です。あまりの湿っぽさに一刻も早く乾燥棚に並べないといけませんでした。昨日のパンつくりはほとんど息子と蔵さんに任せて、店長は足りない乾燥袋を作るのにミシンと格闘していました。真新しい乾燥袋にライ麦を入れたところです。今年のライ麦は粒ぞろいで昨年よりもいい出来でした。

2010-7-10小麦
とうみで細かなごみを飛ばしてきれいにしてから紙袋に入れます。1袋20キロで詰めています。昔は30キロで詰めていましたが、歳を取るたびにこの10キロの違いが疲れに大きくかかわるようになりました。
昨日は290キロ綺麗にして倉庫にしまう事が出来ました。昨年は410キロの収穫となっていました。きっとそれに近い収穫量があると思いますが、今年の小麦の粒は小さめです。春先の寒さが続いた気候の加減だと思います。かえで農場の北側半分の約2反の広さは丈も小さく粒も付かない所もありました。今年はその北側を中心に畑に鶏糞を1トン近く入れないと安定した麦粒にならない気がしています。
それにしても昨日は午前中45度にも温度が上がっているハウスの中で小麦のごみ取り作業をしていたのがきつく、午後2時過ぎには店長の頭と体はおかしくなっていました。熱射病だったかもしれません。
とにかくきつい日々が続いています。
  1. 2010/07/11(日) 08:13:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小麦の乾燥ごみ取りも進んでいます。

2010-7-9.jpg
2010-7-9小麦1

コンバインで刈り取った麦粒はご覧の通りです。とおみの落し口をふさいでしまいそうな大きなごみや、麦粒にとても近い大きさや重さのごみはシートに広げて目視で手作業で取り除いていきます。
今日は夕方2時間あまりかけてコンバイン袋約6袋のごみ取りを行いました。それにしてもこんな湿っぽい日に乾燥とごみ取りと袋詰め作業というのはあまりいい条件と仕事ではないなと感じています。でもこれをしないと袋に入っているスペルト小麦とライ麦を乾燥棚に広げ置く事が出来ません。3日もすればカビが発生してしまいます。次から次と進めて行かなくてはどうにもならないのであります。
  1. 2010/07/09(金) 18:15:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010-7-9ライ麦

2010-7-9ライ麦2
倒れてしまったところは手刈りしようという事で始めました。

2010-7-9ライ麦1
通りの間にはアカザやスギナが大きく育っていてコンバインで刈り取りが出来ません。雑草刈りをしています。

2010-7-9ライ麦3
コンバインで3通りまで刈り取りましたが、ついにうなりをあげてつまり始めました。分解掃除を繰り返すたびに堅いライ麦団子が出てきます。中に入るほど麦の乾燥状態が悪く、まだ緑色の生の実が多いので刈り取りを中止する事にしました。1週間後に再刈り取り決行です。
今日は名古屋から800ccバイクで登場し、ライ麦刈りを手伝ってくれた人がいます。軽食喫茶を営業しているひだまりさんです。昨年は大豆の雑草辞去作業を手伝ってくれました。あいにくの雨に見舞われてきつい帰路となりました。今度はこちらからお店に出かけたいものだと思っています。
  1. 2010/07/09(金) 17:59:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼウォーキング10日目。

2010-7-8田んぼ5
朝一の田んぼのウォーキングでやっと気づきました。土の柔らかいところは歩くたびに谷が深くなっており、稲の根を断ち切っていました。雑草を抑えるための泥の立ち上げにばかり気が行っていました。雑草もやっつけなくてはいけませんが、稲にも相当なダメージを与えているようです。底の堅いところは大丈夫ですが、柔らかいところはそろそろウォーキングも考えていかないといけないようです。

2010-7-8田んぼ
田んぼに緑の藻が増えています。発生源になっているのはごらんの放射線状に細い葉を伸ばしている植物です。

2010-7-8田んぼ1
昨日から同じ苗に住み込んでいるゲンゴロウです。子供の時は田んぼに囲まれたところにすんでいて、夜になるとカブトムシに混じってゲンゴロウも部屋の灯りに誘われて飛んできたものです。

2010-7-8田んぼ2
2010-7-8田んぼ4

底の柔らかいところと雑草の勢いの強い所へ米ぬかを撒きました。これで雑草が抑えられるのかもしれませんが、すでにある程度大きくなった雑草は根を下に張っているので効果が無いかもしれません。駄目もとの実験です。

  1. 2010/07/08(木) 20:08:38|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペルト小麦も刈り取り終了しました。

2010-7-8スペルト小麦

2010-7-8スペルト1小麦
スペルト麦もライ麦ほどではありませんが背の高い麦です。今年は去年のように倒れずに助かりました。コンバインで小麦のように刈り取る事が出来ました。しかし藁の量が半端な量ではありません。明日燃やす予定でいます。
  1. 2010/07/08(木) 19:42:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ライ麦ライスターは手刈りで行きました。

2010-7-8ライスター

2010-7-7ライ麦ライスター
しっかり穂は枯れているのですが、脱穀しにくい麦だという事が分かりました。脱穀で穂をたたくのですが、首から取れてしまい穂そのものが取れてしまいます。その量が半端でなく多いのです。明日は拾い集めた穂を手作業でたたくかして脱穀するつもりです。粒の形はライ麦よりも小麦に近い形でした。今までのライ麦のように甘味と粘りの出る麦であれば切り替える予定でいますが、どうも違うような感じです。
  1. 2010/07/08(木) 19:36:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ライ麦ライスターも刈り始めました。

2010-7-7ライ麦ライスター
ライスターの刈り取りも始めました。今日刈り取った麦流の乾燥は女性人に任せて少しでも刈り取りを進めたくらいスターにも手を出し始めました。夕方6時にやっと半分まで刈り取りを済ませました。
  1. 2010/07/07(水) 19:35:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小麦の刈り取りすみました。

2010-7-7小麦
残り藁は今年土と混ぜずに灰にする事にしました。

2010-7-7小麦
午後2時に息子が伊那の自動車学校から帰ってきました。早々にお手伝いです。

2010-7-7小麦
昨日のようなきついつまりのトラブルは無かったものの俳藁部分でやはり3回ほど詰まりました。が2時間ほどで全て刈り取りを済ますことが出来ました。小さいほうのかえで農場には南部小麦と青刈りライ麦を作っています。くらさんとやす子さんと克子さん3人で青刈りライ麦を手刈りしてもらいました。後残っているのはきんぴら農園の黒小麦とライ麦ライスターとアメリカライ麦とスペルト小麦となりました。がパン屋と田んぼの事とイチゴの事も進行中なので、これから一層ハードな生活が続きそうです。
  1. 2010/07/07(水) 19:06:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稲の分結が始まりました。

2010-7-6たんぼ1
1本苗でもしっかり泥の下の土に根を張った物は4本に分けつしています。うちわのように直線状に葉を広げていきます。

2010-7-6たんぼ2
田植え時に3本苗でもしっかり根をまだ張っていない物はまだ横に葉を広げ始めていません。

2010-7-6たんぼ4
同じ3本苗が分けつしている物です。とにかくここの所毎日稲がたくましくなっています。
  1. 2010/07/06(火) 19:16:23|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する