FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

人参に続いて白菜の種蒔きも終えました。

本日画像はありません。
春蒔きの白菜ではありませんが、種があったので蒔くことにしました・・という適当なお粗末な作業です。持ち、収穫を願っての作業であります。息子が気を聞かせて水をまいてくれたのですが、土が流れるほど撒いたので種も流れてしまったところがあるみたい。1週間たっても芽が出てこなかったらやり直します。後大根とほうれん草もキャベツもまく予定です。
自由報道協会ホームページ http://fpaj.jp/?page_id=393
スポンサーサイト



  1. 2011/04/28(木) 19:29:53|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のライ麦刈り払っています。

2011-4-28ライ麦
ライ麦は今年薄播きにしてみました。ところがご覧のとおり昨年とほとんど同じ状態でして、このままだと皆倒れる運命となりそうです。

2011-4-28ライ麦1

2011-4-28ライ麦2
そこで刈り払うことにしました。無収穫にするのではありません。刈り払った麦は枯れるのではなく新たに背の低い幹を伸ばして保をつけます。だから粒は小さくなるかもしれませんが穂はしっかり付けますので収穫はできます。実験農園らしく1通りずつ間を開けて刈り払ったところとそのままのところと残して違いを見てみることにしました。店長としては皆刈り払って収穫に繋げたい思いをぐっとこらえてのことでした。

2011-4-28ライ麦3
120センチの間隔をあけて種蒔きをしたところはまだ人が通れるだけ空いています。
それでも倒れて収穫ができない可能性が大ですね。
来年は刈り払い法が確立するかもしれません。

今日は日差しが良かったのですが、西山には白い雪がまだ残っており雪雲か雨雲がかかっていて、強風に乗ってここまで小雨が舞い続けていました。

今回から反原発を支持するものとして、その度お薦めリンクを貼ることにしました。
今回は原子力研究所の小出浩章助教授からhttp://www.webdice.jp/dice/detail/3034/
  1. 2011/04/28(木) 18:44:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

酵素水を黒小麦に撒きました。

2011-4-27酵素水
一昨日お風呂に1リットルの酵素水を入れた風呂水を下水に全部流してしまうのはもったいなく思い、ポリタンクを購入してきてそこへ入れておきました。弱っていた黒小麦の土質を変えたいのと少しでも黒小麦に元気になって欲しくジョロでまくことにしました。

2011-4-27酵素水1
今回の量では半分の広さにも撒けませんでしたが、1週間に1度酵素風呂に入ろうと思っていますので、その都度ポリタンクに摂って畑に運んで撒こうと思っています。
これから暖かくなると麦は一気に大きくなってきます。どれだけの違いが出てくるのか楽しみです。
  1. 2011/04/27(水) 19:48:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハウスでハーブとキュウリの芽が出始めました。

2011-4-27苗栽培
いち早く芽が出てきたのは息子が種をまいたハーブの芽でした。名前はわかりませんがチャイブかコリアンダーです。左側は店長が種蒔きしたものです。名前札を立てているので安心です。地這えきゅうりの芽が出始めていました。
  1. 2011/04/27(水) 19:40:42|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微生物を使ったバイオ堆肥を使い比べます。

2011-4-26人参
畝を立てました。

2011-4-26人参1
畝の頭に草欠きで小さな溝を作ります。

2011-4-26人参2

2011-4-26人参4
その中に今まで使っていた鶏糞を右側の畝の頭にほんの少しだけ手でパラパラと撒いていきました。量は一畝の長さが約36メートルそこへ丼スジ切り1杯くらいの量を撒きました。

2011-4-26バイオ対比

2011-4-26.jpg
今回使う肥料は細かい砂のようなものになっていました。肥料というよりも複合微生物を濃厚に含んでいるものと言って良いと思います。でも、窒素やカリなどの量も表示を見て比べると一般のものより倍は入っています。肥料としても濃厚であります。ところでどうしてこの資材を使おうことになったのかというと原発事故による放射能を少なくする効果があると聞いたからです。放射能どころかあらゆる科学毒物質を分解して少なくしていくようなのです。我が畑は山の頂上や辺鄙なところに一見だけあるといった場所ではなく、周りは農薬を沢山使うレタスやぶどう園に囲まれています。

2011-4-26バイオ対比
今日も隣で農薬散布が行われています。こんなに強風な中しっかり周りに飛散しています。そんな事もありここで無農薬栽培にまっとうすることは不可能に近いと思っていました。しかしこのバイオ資材に出会ったのも何かの縁というものでしょう。とにかく試してみて効果を見てみたいのです。
きんぴら農園は近年鶏糞堆肥を使うようになりましたが、出来るだけ少なく使うように気をつけています。麦刈りが終わってからも一面に苦土石灰と鶏糞を撒きますが一般と比べると半分以下かと思います。うっすらです。気持ちとしては枯葉や藁や小枝チップの有機資材を入れていきたいのです。

2011-4-26人参10
堆肥をうっすらまいたら土で隠していきそのあと窯の刃先で種蒔きの溝を作ります。

2011-4-26人参8
種は昨年採取した黒田五寸の種と足りない分買ってきた黒田五寸の種を播きました。とにかく強風でこの作業が大変でした。種を置いたら手で薄く土を寄せて軽く押さえておしまいとなります。
左側が鶏糞で右の畝がバイオ堆肥です。両方とも同じくらいの量ですが、とても少ないので果たしてどれだけの違いが出てくるのかは判りません。
この後芽が出てきたらバイオ水(同じところから購入してきました 名前はエナジー水)を1000倍くらいに薄めて一度掛けてみたいと思っています。
この先の成長をどうぞお楽しみに。
  1. 2011/04/26(火) 20:14:40|
  2. バイオ堆肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の種蒔きやりました、が。

2011-4-24田んぼ
朝8時から作業開始です。メンバーは息子二人と店長の3人です。農協に頼んでおいたみのる式田植機専用培土は手違いで手に入らなかったので、今年は一般的に使われている稲用培土を使いました。使った感じは粒状でないので使う量が多く必要な感じでした。

2011-4-24田んぼ
種まき機で種を播きます。

2011-4-24田んぼ
その後被土を薄く掛けて仕上がります。出来上がったのから軽トラの荷台に積んでいき田んぼに運びます。

2011-4-24田んぼ
代かきをしておいた田んぼに種まきした苗箱を並べていきます。

2011-4-24田んぼ
ことしで3年目になるアルミ蒸着シートをベタ掛けします。
その後トンネルアーチを作って透明ビニールシートをかけるのですが、風が強すぎてどうにもなりません。薄いビニールなので手に持っているところからちぎれていく始末でして諦めました。夕方風の収まる頃を見はらかってもう一度挑戦することにしました。今度はビニールハウスに使おうと思っていた厚み0,15のシートを持って行きます。
  1. 2011/04/24(日) 18:05:38|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぼちゃの種蒔きもしました。

かぼちゃは沢山使うので今年も100個くらいは作りたいと思っています。今日は苗作りのためのポットへの種蒔きをしました。種類はフットボール型と糸かぼちゃと枕かぼちゃの3種類です。みやこかぼちゃは直接薪でいこうと思います。フットボールかぼちゃは昨年ひだまりさんへお土産で持っていったらとても喜ばれたので、今年は数を増やすことにしました。今年もぶどう畑の中でかぼちゃを作ります。種は昨年とれたかぼちゃの種です。
  1. 2011/04/23(土) 20:09:49|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼ苗床作り。ちょい苦戦してます。

2011-4-23田んぼ

明日の日曜の午前中に稲の種蒔きをすまそうと計画し動いていた。苗床に水が多いと苗箱に入れた土が流れ落ちてしまうので、昼間のうちに畦を切って水を抜いてきた。念のために夕方も田んぼに出かけて水加減を見て水の減り具合をチェックしておいた。ところが今朝パン作業の前に出かけてみるとなんと水路の板が外されていて苗床どころか田んぼにまで水が溜まっていた。嫌がらせをされたらしい。昨年も一度こういうことがあった。今日は朝からしっかり雨が降っていて、何とかしないとと思い昼に田んぼに出かけてみると苗床に鴨が浮いている。水は抜けるどころか全く変りなく田んぼに穴を掘って水引を良くする作業をした。

2011-4-23田んぼ
2011-4-23田んぼ

雨の中30分くらい頑張ってみたがこれならという具合にはどうにも行かず、まあいいかと半分諦めて返ってきた。明日の朝一で水を確認してまだ多いようならまた穴を掘ってから種蒔き作業をすることになるのだろう。
スタートで足を引っ掛けられた感じでこれから先が思いやられそうだ。
  1. 2011/04/23(土) 15:13:44|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心配していた黒小麦の様子です。

2011-4-3黒小麦
これは4月3日のときの画像です。

2011-4-22黒小麦
今日の画像です。緑が濃くなってきてはも伸びています。雨が降ってからずいぶんと生き返ってきました。
  1. 2011/04/22(金) 17:44:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

果樹の寒さ避けの囲い藁を外しました。

2011-4-22くるみ

2011-4-22くるみ1
これはクルミの木です。やっと目の高さまで大きくなってきました。今年は根回りに鶏糞を入れてあげようかと思います。くるみの他にも柿とプルーンとプラムとお茶があります。
  1. 2011/04/22(金) 17:39:08|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニラとハーブ(チャイブ)を移動しました。

2011-4-22ニラとチャイブ
ニラはほんとうに簡単に作れる楽な作物らしいがどういう訳か今までニラが上手く育たなかった。不耕起の自然農園の方で作っていたのだが去年は堆肥を入れて作っている方に種を撒いてみた。さつまいものつるの広がりでだいぶハーブ類が埋もれてしまっていた。その中にニラもあって育っていたことに気づかなかったのだった。
今回この暖かさで葉を伸ばし目立ち始めたニラとチャイブを自然農園に移すことにした。どちらも宿根草なのでこれからずっとそこで大きくなっていくことになる。

2011-4-22ニラとチャイブ1

2011-4-22ニラとチャイブ2
こちらは不耕起をしないので、雑草を草掻きで地表面から削りとってから穴を掘って植えつけます。
穴の底にはわらと鶏糞一握りを入れてその上に土のついたニラとハーブを植えました。こちらの自然農園にはねずみの穴がとても多く、ふわっと土を載せるような畝作りをするとすぐに巣穴化されてしまいます。
植えつけたニラとハーブの根元はしっかり踏み込んで硬くしておく必要があります。

  1. 2011/04/22(金) 17:19:11|
  2. にら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の耕起を始めました。

4月に入ると雑草も急に勢いをまして畑に多くなってくる。雑草も日陰を作ったり保温してくれており、土の中の微生物を守ってくれているのでいちがいに困った存在ではない。しかしここで作る野菜は自然農でやる気はないので、なるべく自分たちで楽ができてある程度しっかりした収穫ができるようにしている。
今日は畑の雑草と目立ち始めているねずみの巣穴をここらで一回やっつけておくことにした。トラクターでの耕起は土質を良くするということよりも雑草とねずみを退治することと機械での畝立てや溝掘りをやりやすくすることの意味が大きいと思っている。
今シーズンも森からのチップ材を十分畑に入れ込むことは出来なかった。まだやろうと思えば頑張れるのだが、パソコンの前に座ることが多すぎて困っている。これも原発事故のせいだ。
体に良い作物を作るのだからいつここへ放射能が撒かれてしまうのか全く判らない今の状態は、非常に困る。福島からのではなく、今にも起こりそうな東海地震による浜岡原発からの放射能のことも心配だ。放射能を食ってしまうバクテリアがいるという情報が入った。埼玉県日高市にある柳田ファームでそれを実践しているらしい。
近々息子と見学に行ってみるつもりである。原発事故が今回で最後になるとは今の段階では全く望めない。が、こんなに大きな事態に陥っても止めるという結論を出さない日本という国は一体どうなんだと問いたい。
  1. 2011/04/21(木) 19:19:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの移植をしました。

2011-4-21長ネギ
雑草(ナズナ・はこべ・月見草・オドリコソウ)と一緒に長ネギが生えています。ここは昨年6月に種をまいたものです。大きいのは20センチ小さいのは10センチくらいの大きさに育っています。小さいのは雑草の影に入っていて殆ど見えない状態です。
午後から夏野菜の種蒔きや苗を植えられるようにと畑の準備に入りました。綺麗に耕起したところへ移植することにしました。

2011-4-21長ネギ1

2011-4-21長ネギ2
溝を掘ってそこに鶏糞を少しだけいれてからネギを移植しました。葱坊主のできているのはそこをちぎって取り除きました。
  1. 2011/04/21(木) 18:47:49|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香り米専用の田んぼもつくりはじめています。

2011-4-21香り田んぼ
畑の中につくるので、田んぼに住んでいる納豆菌を増やす必要があると思われます。籾と米ぬかと鶏糞を撒き入れてから耕うんいたしました。

2011-4-21香り田んぼ1
田植えを行う6月までには土が良くなっていると思います。少し畦が低すぎるかなとそれが心配です。
  1. 2011/04/21(木) 18:35:09|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼに苗床を作りました。

今週に入って頼んでおいたみのる式田植機専用苗土がまだ来ない。毎年みのる式の田植機を使う農家が少なくなっていて在庫を取っていないそうだ。きんぴら農園では除草剤を使わないのでできるだけ苗を大きく育ててから田植えとなるので、今では一般的になっている稚苗を植える田植機は使えないのだ。
その苗土が届いたらすぐにでも種蒔きをしたいのでしっかり苗床の準備をしておきたく、今日やっと準備完了となった。

2011-4-21田んぼ

2011-4-21田んぼ

14日にビニールを掛けておいたので約1週間でどれくらい藁が腐ったのかと見てみました。ビニールをはがすと腐敗臭が相当きつくドブの臭がしました。やはり藁が腐ってちぎれるほどではなく、しっかり手で畦に除去したあと代かきをしました。

2011-4-21田んぼ
昨年はしっかり代かきをしたつもりが床土を均一の高さに出来ず、水管理がやりづらかったので、今回は念には念にと5回もゆっくり代かきを繰り返し、最後にトンボを使って土寄せも行いました。

2011-4-21田んぼ
水を入れすぎて土が全て水面に隠れてしまったので、土の高さの確認が出来ていませんが、とりあえずこれで終了します。後は種蒔きの時に合わせてちゃんと表面の土が硬くもなく柔らかくもなく、調度よい状態になっているように管理することが必要です。それにしても昼間も寒い日が続いています。今年は苗木の藁がなかなか外せないでいます。
  1. 2011/04/21(木) 18:30:48|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの修繕。

2011-4-11ビニールハウス

2011-4-11ビニールハウス1
毎年のことで参ってしまう。ビニールの厚みは0.1ミリであった。今年北側のいつも破れる側を0.15ミリのものに貼り替えることにした。そろそろ注文してあるので届く頃だと思う。これで駄目だったら2.0ミリのものに変えるということになるのかな。とにかくここは風が強すぎるのだ。
  1. 2011/04/20(水) 14:31:48|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場の南部小麦の様子。

2011-4-20楓田んぼ
昨日かえでおばさんの田んぼの畦塗りを頼まれもしないのにやってきた。出掛けのついでだ。

2011-4-20南部小麦
消防詰所の隣にある小さい方のかえで農場の麦の様子。こんなもんだろう。通りの間の雑草も少し目に付くがこれからの麦の成長を思うと気にしたことはないと思う。

2011-4-20南部小麦
上にある3反の広さがある楓農場です。左側には麦がないが、大豆を作っていたために麦の種蒔きが出来なかったのだ。今年はここへかぼちゃかひまわりを植えようと思うが、山からの獣害があるそうなので、ひまわりがいいかなと思っている。

2011-4-20南部小麦
奥のほうから撮影したところです。奥の方は毎年肥料分が少ないのと日陰になるのとであまり生育は良くない。でも、昨年よりもずっと良さそうである。種蒔きがうまくいっていなかったところが目立ってきました。
  1. 2011/04/20(水) 14:19:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

香り米の田んぼを作ります。

2011-4-19香り米
やっと雨が降った。トラクターに付けておいた畦塗り機で早速ライ麦畑と農具小屋の間に香り米専用の田んぼを作った。田んぼにもち米とコシヒカリを作っていますが、同じところに香り米を作ると完全に混ざってしまいそうなので、畑の方に香り米専用の田んぼを作ることにしました。まだ機械で出来ないすみの畦を手作業で作らないといけませんが、15分くらいの作業時間で終わりました。機械のおかげを感じずにはいられない作業です。

2011-4-19アーモンド
ぶどう畑の横に植えてあるアーモンドの花が今日綺麗に咲きました。
  1. 2011/04/19(火) 18:41:39|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たんぼのU字溝の撤去作業しました。

2011-4-18田んぼ1

2011-4-18田んぼ

まだまだ沢山埋まっています。つるはしで掘り出してグラインダーで3つに切り分けてから軽トラに乗せて運び出しています。とにかく切って小さくしないことには重すぎてトラックに載せられません。4個目を切り始めたところでグラインダーのモーターが焼き切れたらしく、ピタっと動かなくなってしましました。
あと6個ほど田んぼに残っていますが、とりあえずじゃまにならないところに移動させたので今年はこれでおしまいです。U字溝を撤去した分50センチは田んぼが広くなりました。機械もガガガーとこすって痛めることもなくなりとてもいいです。来年秋からまた畦畔ブロックとU字溝の撤去作業を再開しますが、グラインダーがその時までに都合付くかな。
  1. 2011/04/18(月) 17:44:39|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜の種蒔きしました。

2011-4-17夏やさい
アルプス市場で種を買ってきてもらうように頼んでおきました。きゅうりはF1のものを買ってきましたので、次回からは固定種をと注意点を伝えておきました。

2011-4-16苗つくり3

2011-4-17夏やさい1
これから毎日ハウスに通って水やりをしないといけませんね。
  1. 2011/04/17(日) 19:41:42|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑に垣根をつくろうと思う。

2011-4-17ユキヤナギ
畑には日影になるような木が余り無い。ここらはレタスなどの野菜とぶどうを作っている。何処もそうだが同じ作物を大量生産して経済効率を良くしている。きんぴらは基本的に販売を目的にしていないので、一つの作物を大量に効率よく栽培する必要はない。きんぴら農園と付けているのは栽培風景としても魅力有る所にしたいのだ。
それからここはフラットな広い農地なので風邪の通りが良く、いつも強風でハウスのビニールが破れてしまったり、マルチも飛ばされてしまうのである。

2011-4-17ユキヤナギ2

防風林と景観とを考えるとやはり花が咲く木で、あまり丈の高くないものでとなるとやっぱりユキヤナギかなぁ。
お店も自宅もユキヤナギばっかしです。畑もやっぱこれで行くしかない。店長ユキヤナギが好きなんですよ。
でも、紅葉のきれいなユキヤナギがあるそうでオーレアといいます。苗一つ100円でした。大金使えないのでとりあえず4つからのスタートです。よーし増やすぞー。
でも、何年増やせば農園で使える分に増えるのか全く判らんわい。
  1. 2011/04/17(日) 19:31:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ夏野菜の苗作りも始まります。

2011-4-16苗つくり

2011-4-16苗つくり1

2011-4-16苗つくり3
畑のビニールハウスの中でいよいよ夏野菜の苗作りを始めた。種の箱をチェックしてみると夏野菜はシュガートマトしかなかった。今日のパンの配達に出かける克子さんに中玉トマトとじばえキュウリと千両なすの種を頼んでおいた。それから畑の風邪を弱めるための生垣を作るためにユキヤナギの苗木も3本頼んでおいた。これから毎日朝晩の水やりの仕事が増える。反原発のことも気になる課題なので出来ることはマイペースで続けたいと思う。今年は何だかいつもの年とは違う気がする。
  1. 2011/04/16(土) 18:55:48|
  2. 苗つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗床作りし始めました。

2011-4-16田んぼ2
運び出した藁をビニールでしっかり覆いました。ここも結構風が強いのでロープ掛けしてあります。

昨年秋に燃やさずに積み上げておいた藁は下の方もしっかり腐らずに残っていて、思っていた展開とは相当に違ってしまいました。下のほには結構水が残っていて歩くたびにぐちゃぐちゃ感がまして来ます。腐らなかった原因は温度が上がらなかったということとまあ水分のないところはそのまま残るというくらいで、シーををかぶせてしっかり覆っておけばきっと腐るだろうなと予想します。
さて来今年の秋の刈り取りが済んだらそうするとして、これからどうしようかってんで一応代かきが出来ないと苗床にならないので、藁を運び出さなくてはならない。表面に近い2段目くらいまでは良かったが、後はしっかり湿って濡れてしっかり抱え込んで運び出し、一所に積み上げる作業は結構ハードな作業となった。1時から4時まで3時間一人で頑張ってしまった。上は河童を着ていたので濡れても良かったのだけれど、ズボンはもうしっかり泥水でビッショリとなってしまった。カメラを持っていかなくて大正解だった。

2011-4-16田んぼ

2011-4-16田んぼ3


米ぬかと木片チップがわらの間に挟みこむように重ね置きしていたのでか、結構白い菌糸が目に着いた。泥との境辺りには大きなミミズもおり、藁がもう少し腐っていたらミミズの量は相当増えていたのではないかと思って。
明日はパン焼きでこの続きが出来ないが、積み上げた藁にシートを被そうと思っている。
代かき用のところにも拾いきれていない藁があるので、最後のあがきと思ってやはりビニールシートを敷いておこうと思う。ここのところ天気がよく日が当たっているので地温はしっかり上がるだろうから来週辺りにやる予定でいる種まきまでには少し変化があるかもしれない。
しっかり疲れてしまった。

2011-4-16田んぼ4
薄いビニールだけれども効果はあるだろうと期待している。来週中には代かきを済ませて種蒔きをしないといけないだろう。いよいよ忙しくなる。
  1. 2011/04/15(金) 19:08:10|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種芋の植え付けを終えました。

2011-4-15種芋植え付け
種芋として用意したのは昨年と同じく店長の中での人気1位のおおじろ9キロと克子さんお薦めのメイクイーン1キロであります。朝9時から作業開始です。一つを約6個に切ります。必ず芽の出るエクボちゃんがあるように確認いたしております。

2011-4-15種芋植え付け
切ったのは薪ストーブの灰の中に入れて濡れている切り口に付けます。土の中の雑菌にやられないようにするためです。そんなに影響のあるものかとやってみたことがありましたが、全てがちゃんと腐ってしまい芽が出ませんでした。

2011-4-15種芋植え付け

2011-4-15種芋植え付け

畑に20センチくらいの溝を掘ります。今年は間隔を2メートルほど広く取りました。根元に3度ほど土寄せをする都合上やはり作業がしやすいようにと今年は思い切りました。種芋は6分の一と標準よりも小さめです。これは後で横芽摘みという作業をしなくていいようにということと、少ない種芋で多くの種芋を作り収穫したいということからです。
溝に約20センチ間隔で種芋を並べていきます。その間に鶏糞を一掴づつ落としていきます。その上に藁を置いていくつもりでいましたが、今年はやめました。ええ、ただ早く終わらせてしまいたかっただけです。大丈夫今年も大量収穫になりますよ。

2011-4-15種芋植え付け

2011-4-15種芋植え付け

里種芋も植えつけました。昨年菜種が生えていたところです。やはり鶏糞を入れてから種芋を埋めました。
今年はいつまでも雨がふらないし、霜が来るほど寒いので水やりをして芽を早く出すことはせずひたすらまとうかと思います。
  1. 2011/04/15(金) 13:02:02|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畦塗り機が使えない。

2011-4-11畦塗り機

昨年6月に新しい刃に変えて今期を迎えたのだが、先日の雨降りの時に畑に出して試運転してみたところ全く土を盛り上げて畦を作ってくれなかった。刃の付け方がやはり違っているようだ。
農協に電話をして再度見てもらった。今度は刃の位置が私のような素人でもガテンのいく位置に変更された。でも最初の時は外のカバーに当たってこのようには付かなくて、最終的におかしな付け方をして行った筈なのになぁ。
今回どうしてスムーズにこう着いたのかは判らない。
  1. 2011/04/11(月) 18:09:22|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒小麦の様子4、11

2011-4-11黒小麦

2011-4-11黒小麦1
2日前に降った雨のおかげで緑色の葉が少しは生き返ったのかチェックを入れにでかけてきた。根元から新しい葉かあるいは緑がもどるかしているのかなと・・・・、やはり手遅れのようだ。
所によっては小さな針のような葉が出てきたところもあったので、もう一回雨があればという期待を持たせてくれた。
  1. 2011/04/11(月) 17:59:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒小麦の様子。

2011-4-3黒小麦
4月3日の水やりの時です。

3011-4-6.jpg
6日の水やりの時です。3日経ったので少し変化があるかなと期待して出かけたのですが、あまり変化はありません。しかし、原発のように悪い方向へは行っていないのでまだ期待はあります。
今まで出ていなかった新しい放射能が見つかったそうです。京都大学の原子力研究所の小出助教授はメルトダウになっている証拠だと言っていました。ついにそこまで来てしまったんだと・・・・ああ、もうもっとひどい放射能汚染がこれから広がるのかと思うと・・・・こうなる前に何遍も忠告と警告をし続けてきたのに無視してきた原発事業に関わってきた人達は、事故後の報道を見る限り事をなるべくなるべく小さく小さく・・・マスメディアにだまされないぞ、本当にいい加減にしてほしい。

夕方の水やりを独りでやる元気がなかったので、ぶどうの剪定をやった。もう終わっている作業だったが、目についた周りのぶどう園を見てみるとずいぶん昨年伸ばした枝を切り詰めているのが判る。一昨年しっかり切り詰めたぶどうはなるべく今年切り詰めずに葉を茂らせようと思っているが、昨年結構枝を伸ばしていたのはもう少し切り詰めたほうがいいかなと思っていた。夕方のアルプスがやけに白く霞み始めたこの時間にぶどうの枝の剪定作業というのもなかなか気持ちのいいものだった。一時原発のことを忘れることが出来た。
  1. 2011/04/06(水) 20:43:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒小麦の救出。

2011-4-3黒小麦

2011-4-3黒小麦

悪玉菌を薄めるにはやはり水が欠かせません。
この1ヶ月くらい雨が降っていませんので、それも関係しているかもしれません。
とにかく水をあげて根元から緑が戻ってくればオッケイなのですが、
5リットル入る我が家では一番大きなジョロで水撒きをします。
先についているシャワー口は取り外してドドーとかけていきます。
店長は朝8時半から12時までズーと頑張ってしましました。
ジョロを持つ右腕が痛くなりますし、3日ほど前から足腰が痛くなっていたり、
花粉症がひどくて体調がすこぶる良く有りません。

水を撒きながらついでに麦踏みもしました。
根がしっかり土に活着していないのではと思ったからです。
枯れている所は心持ちふかふかしています。
枯れている所のと緑色の所の根を掘りとって見比べてみました。
どちらも土の中に入っている根の長さは同じで水を吸い上げられなかったということではなさそうです。
緑色のほうが根の量が圧倒的に多いことが判りました。

夕方4時半から勇気君を誘って水撒きに行きました。
やはり2人だとはかどります。
どう考えても2分の1の時間ですみますもんね。
家族の協力は実にありがたい。
とても疲れるがこの作業を3日続けてみようと思います。
  1. 2011/04/05(火) 19:06:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

お茶の苗木を5本植えました。

もう3年くらい前になるのかな。大阪の徳さん夫妻に手伝ってもらってお茶の苗木を植えたことがあった。その時の苗木はやたらと貧弱であった。2年目の冬に全て枯らしてしまった。今度は違うところから仕入れた。値段ももちろん倍位(1本380円、送料別)であったがとても生きの良い苗木で、これなら丈夫につきそうだなという感じで嬉しい。品種は花粉症に良いとされているベニフウキです。

2011-4-3お茶
袋から出す前に水を入れておきました。前もって十分な苗木に水分を吸わせるためです。

2011-4-3お茶
穴を掘って2握りの鶏糞を入れて水をたっぷり入れて水の引くのをまちます。

2011-4-3お茶
いよいよ苗を袋から出して植えます。

2011-4-3お茶
もう一度上根元に水をやった後周りを踏みしめて土と根の活着を良くしてあげます。その後根元から15センチに枝を切りそろえます。横芽をたくさん出すためだそうです。

2011-4-5お茶
その日の夜風呂に入って疲れをとっていたらラジオから明日の朝は霜注意報が出ているので農家の::::まずいじゃんか。風呂から上がって早速懐中電灯と藁束5つを持って畑にでかけ、わらぼうしをかけてきた。
霜注意報が出ていたのだから早朝は風がなかったと思うが、昼に行ってみると風にやられてすっ飛んでいた。

2011-4-5お茶
まだまだ寒い日が続いている。明日も朝の気温は零下5度にまで下がるという。もう1藁ずつ大きめの帽子を作り、今度は支柱を立てて昼間の強風にも飛ばされないようにしてきた。
  1. 2011/04/05(火) 15:07:38|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月初旬、畑の様子。

2011-4-3玉ねぎ
これは玉ねぎです。今年こそはと思った割には去年のうちに葉を大きくすることができませんでした。

2011-4-3東山
そろそろ種まきをしないといけないかなと思うのですが、
東の山も西のアルプスも白い雪をまた新たに乗せてやたらと寒いのです。

2011-4-3にんにく
それでも、にんにくはずいぶんと此処へ来て大きく葉を伸ばしていた。

2011-4-3にんじん
玉ねぎと人参はそれほど変わってはいないが雨が降り出すようになると一気に大きく葉を伸ばすのではないかと期待している。

2011-4-3長ネギ
長ネギは種からのは元気ではあるが10センチくらいの大きさで、ナズナやはこべの影になっていてまだ目立ってこないでいる。秋に植替えしたのは場所によって元気なのと、霜でやられて黄色くなってしまったのと有り、この違いは一体なんなのかと思う。きっと根の張り方が違うのではないかと想像している。

2011-4-3ほうれん草

秋に小さくて収穫しなかったほうれん草は、このところ急に元気が出てきたようだ。
根から上をはさみで切り取りボチボチと食べ始めている。
  1. 2011/04/05(火) 14:47:28|
  2. にんにく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する