FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

いつのまにやらクルミの木に青虫がいっぱいになっていました。

2011-6-30くるみ

成長していく葉先の部分を集中的に食べられていました。

2011-6-30くるみ1

2011-6-30くるみ3

木をゆすって下に落としました。キャベツの葉にたかっている青虫くんを大きくして少しホワイトを混ぜた色をしています。黒い毛を持った毛虫くんもいました。

2011-6-30くるみ4

先日汲み取り肥をあげたクルミの木ですが、葉の色から想像するとまだ元気になっているふうではありません。新しい目が出始めればいいんだけれどな。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/30(木) 21:25:29|
  2. くるみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまねぎとにんにくの収穫をしました。

2011-6-30たまねぎ.jpg
雑草ばかりが目立っていますが、たしかにたまねぎもあります。

2011-6-30たまねぎ1.jpg

2011-6-30たまねぎ2.jpg

収穫しましたが、やはりピンポンパールの大きさにまで育たなかったものが結構有ります。食べれそうな大きさの物だけで180個ありました。

2011-6-30にんにく

横にあるにんにくもこの高天気の中収穫することにしました。収穫後しっかり片付けをして堆肥をたっぷり入れて秋まで休ませることにしました。来年は絶対に大きいたまねぎを作りたいものです。

2011-6-30たまねぎ3

マルチシートも片付け始めましたが、さすがにこの暑さの中結構きつくなってきました。倒れる前に家に帰ることにしました。夕方温度が下がってまだ出てくる元気があったら続きをと思っていましたが、やはりもうやめました。腰がいたいのであります。今日は働きすぎました。
  1. 2011/06/30(木) 21:14:45|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨が降る前にごまの種蒔きだけでも。

パン焼きの作業と伝表だしをしたところで店長は午後から雨が降るという予報に合わせて何とかそれまでにごまの種蒔きのやり直しを済ませようと後のお店の仕事は二人に任せてと畑へと出かけた。時間はちょうど12時だ、いつ降ってきてもおかしくない黒い雨雲が松本と木曽から迫ってきていた。

2011-6-30ごま

2011-6-30ごま

肥料は一輪車2回分入れました。雑草がはえている畝に肥料と有機資材を振りまきました。

2011-6-30ごま

2011-6-30ごま

小型耕うん機で雑草ごと土と混ぜます。そのあと雑草をとりながら新しく畝を作りなおしてマルチシートを敷きました。

2011-6-30ごま

2011-6-30ごま

次はマルチを敷いていたところの雑草取り作業です。ご覧のとおりに雑草を育てているようでした。

2011-6-30ごま

雑草をとりながら浮いているところを踏みつけていく。マルチの下は空洞になっているところもあるのだ。

2011-6-30ごま

2011-6-30ごま

午後から雨と予報は出ていたが、雲はどこかへ消えて山の上に入道雲ができはじめている。暑すぎる。2時間以上頑張ってる。危ない。

2011-6-30ごま

2011-6-30ごま

雑草をとったところへこのくらいの肥料を入れて土とよく混ぜ合わせてから又種蒔きをしました。新しくマルチを敷いたところへも種蒔きをしました。今回は発芽率を高めるために一箇所に5粒以上播きました。

2011-6-30ごま

雨が降りません。しょうがないので水を撒きました。夜になったら雨が降るかもしれませんでしたが、予報は信用できませんでした。
  1. 2011/06/30(木) 20:52:46|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011-6-29たまねぎ

こちら枯れて倒れているたまねぎです。90%が小粒のたまねぎです。今年こそはと思っていましたが、やはり肥料の入れ方が控えめすぎました。この収穫が過ぎたらこれでもかと思うくらい肥料を入れて秋の苗植えに備えたいと思います。

2011-6-29ごま

こちらのごまですが、マルチをしたところにアリゴが広範囲にすを作っておりごまの苗はあまりありません。強い雑草もスポット抜けるくらいに簡単に除去できてしまいます。ふかふかしたマルチを踏んづけて土を固くしてきました。雑草取りをしてまた肥料を加えてから種蒔きのし直しをしてみようかと思います。
マルチなしでごまを蒔いたところですが、芽が出たのは確認しましたがその後大きくなっていないので、雑草にうもれて枯れてなくなったようです。こちらは肥料や有機資材を撒いてから畝立てをしてマルチを敷いて種蒔きのし直しをしようと思います。今年も相当に暑くなるようなので今から種蒔きでも秋にはしっかりと収穫ができそうです。
それにしても凄い雑草畑だ。

2011-6-29ごま1

ピーマンの苗をひとつだけ買って植えたのがやけに元気が無い。横に穴を掘って今日混ぜて作った肥料を一握り入れておきました。肥料不足かどうかはこれから先の成長を見ていれば判りますね。
  1. 2011/06/29(水) 19:39:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがいもの土寄せ作業再挑戦。

昨年作ったところへ今年も芋をつくってみたのはいいけれど、どうにも麦栽培には適していたが、養分を必要とする作物にはどうにもイマイチという結論が出始めている。
土寄せをしっかりした割にはのしげりも良くないうちに花が付き始めている。花が付き始めているということは成長はやめて子孫を残す行動に移ったということでつまりこれから枯れていきますと宣言されたということである。
収穫を大いに期待する者としてはもっと葉を茂らせてくれないと困るので、追肥をすることにした。
十分土寄せが済んでいるので一旦その土をどけて堆肥を混ぜてからもう一度土寄せをするという面倒な仕事となる。
午前6時30分皆が起きてくるのを待ってからでは気温が熱くなりすぎるのでご飯に卵を割りいれて醤油をたらしてだし粉をふりかけ食べてスタートを切った。

2011-6-29じゃがいも
この2日で出た米の籾殻を最初に撒いた。

2011-6-29じゃがいも

2011-6-29じゃがいも

2011-6-29じゃがいも

完熟鶏糞とバイオ肥料とかんてんぱぱの海藻肥料をよくかき混ぜてジャガイモとその周りに一輪車3台分
薄撒きをした。

2011-6-29じゃがいも

こんな感じに撒きました。

2011-6-29じゃがいも

次は温床に使ったチップや落ち葉や切藁や米ぬかが混じったものを6袋撒きました。

2011-6-29じゃがいも

これで有機資材と肥料はバッチリだと思いますので機械を使って土寄せした土をどけるのと撒いた肥料分を混ぜる作業となります。

2011-6-29じゃがいも

2011-6-29じゃがいも

機械のありがたみが身にしみます。日差しはいっそう強くなり水なしではもう死にます。今日は珍しくそうなるだろうと水を持参してきましたが、ペットの水があと少しで終わりそうです。

2011-6-29じゃがいも

後は鍬で手作業となります。丁寧に土寄せをしながらアカザのどの目立った雑草を取り除きながら作業を進めました。

2011-6-29じゃがいも

やっと終わったところです。自分の仕事の出来を見るのはなんとなく気持ちの良いものであります。今日も倒れなくて良かった。
明日は成長の悪いごまの種蒔きのやり直しに挑もうかと思っています。たまねぎも葉を枯らして倒れましたので収穫しないといけません。
  1. 2011/06/29(水) 18:25:09|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

精米機が壊れてしまった。

今回画像はありませんが・・・、というわけでして壊れました。
昨日のことです。午前中にメールチェックを入れたところ一昨日お米を配送したお客さんから玄米を楽しみにしているというのがあり、注文していたのはてっきり白米だと思って発送していたので、確認のために玄米ですかと返信メールを出したところ玄米ですとのこと。結局送料はお客様持ちで取替をすることにしました。昼過ぎからもみすり作業に入ったのですが、途中でモーターが止まってしまう症状がではじめました。数回スイッチを入れなおして動かしていたのですが、全く動かなくなってしまい分解しました。中には玄米と籾殻がしっかり詰まっていて、モーターはその中で動いていたようです。モーター君汗かいてへたばるわけです。綺麗に中を掃除してからなにせ中古とは言え大枚はたいて購入したものですから、籾や玄米がどうして貯まるのか原因を見つけ対処しておかなくてはいけません。ところどころ米の通り道になっているパイプの継ぎ目にあるスポンジが劣化していて隙間が出来ています。これかと思う箇所にはテープを巻きつけて隙間をなくしました。モーターはしっかり冷たくなっていましたので再起動のスイッチを入れましましたが、動きません。夕方ついにモーターが1つお釈迦になってしまったかとがっくりして自宅に戻りました。
5時半から6時まで30分布団に入って横になって考えました。もしかしたらモーター自身の中にも入り込んで摩擦を大きくしているってこともあるかもしれないなと。晩飯前にもう一度どうしてもその事を確かめないとと思い又精米所となっている土蔵へ行きました。モーターの空気の入る穴は横にありますので、重い精米機自身を横に倒して回転軸についているプーリーを手で回します。ポロポロと小さな隙間から玄米や籾殻が出てきます。
やっぱりね・・・・でなくなるまでやってからスイッチを入れましたが、やはり動きません。
何遍やっても同じだとは思いましたが、スイッチを入れたまま危険ですが手でプーリーを回していると急にグーンという音と共に動き始めました。精米機を横にしたままモーターをしばらく動きっぱなしにしておきました。モーターに回転の癖をつけるためです。

ブレーカー付きの精米機なのでモーターに負荷がかかるとまずブレーカーが切れるはずだと思うのですが、それがなくただモーターが止まってしまう症状だったのでスイッチの入れ直しばかりをしてなかなか原因がつかめないでいました。カバーをすべて外して中を見てやっとこれかと気づいた次第です。なにせ中古で購入したものなのでところどころ悪くて当然ですので、とにかくメンテナンスをしていくしかありません。

先日バイクのスピード計を直すのにブチルテープというゴム製の伸びるテープを買いました。あれを使ってもう一度中の米粒の通るパイプの継ぎ目に巻いて隙間という隙間を無くしておく必要があるようです。

今年になって玄米でほしいというお客さんが増えてきました。家の田んぼは肥料を使っていないことと冷たい湧き水が入ることから粒がとても小さいのです。白米にすると削り部分が多いので籾付きということはないのですが、玄米となると籾を外すだけの作業ですので簡単ではありますが、この精米機についている昨日は簡易もみすり機というものでして、1度通しだけでは綺麗に外れません。今回もみすりと精米を2回ずつやってやっと綺麗かなと思う玄米になりました。10キロ1時間もかかってしまいました。でもこれなら大丈夫と思える玄米になることが判ったのでこれからは玄米の注文も大いにいただこうかと思いました。
※しかしながら販売用のお米はあと10キロとなりました。もうないに等しいですね。





  1. 2011/06/28(火) 07:18:22|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人参と畑の様子。

2011-6-24にんじん

2011-6-24にんじん

バイオ肥料で育てている人参はそろそろ間引いていかないといけなくなってきた。間引いた人参は天ぷらにするとうまい。我が家では誰が料理してくれるのか判らない。食べたかったら自分でするしかない恐れ十分あり。
ときたもんだ。

2011-6-24ネギとオクラ

雑草ばかりが目立つようになってしまった。とにかくいつかやろう。
そんな思いで除草は出来るはずもないってことはわかっちゃいるが後回しするしかない。

2011-6-24長ネギ

長ネギは新しい葉がいつの間にか出ており収穫期を迎えていた。柔らかい葉の長ネギがこれでいただける。
大阪の徳さん送らないけどこの画像で楽しんでくれ。
  1. 2011/06/24(金) 18:03:49|
  2. にんじん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼ除草作業2日目

2011-6-24田んぼ

今日も風が朝から強く吹いている。空は曇り空で日差しは弱く作業をするには熱くなくていい。端っこにある苗を抜いて根を調べてみると10センチくらい白い根を付けていた。下の田んぼは上よりもセリが多くはびこっている。早朝から店長一人でセリ退治をしておかないと除草機をかけることが出来ないのだ。9時には葉くんが除草機がけを開始することになっている。

2011-6-24田んぼ

除草機をかけた端から米ぬかを撒き始めた。米ぬかは2箱しかない。あとは今年浮いてしまわないかと心配している籾殻が8袋ある。

2011-6-24田んぼ

2011-6-24田んぼ

籾殻はやはり撒いただけでは浮いて風下に流れるだけだった。水口から苗床だったところに水は一旦流れて田んぼに流れ入るようになっている。底へどかっと入れてみると下に沈んだのと浮いたのとが書き混ざりながら流れていく。もしかしたらかき混ぜると簡単に沈むのかなと田んぼに入って足でかき回すと思ったとおり沈んでいくことが判った。たんぼの中を歩きながら足元に袋から落としていくと調度良かった。

2011-6-24田んぼ

午前の10時に作業は終わった。ほっとした。田植えと除草作業と一旦終えるとひと安心できる。
明日からは水を切らさないようにしないといけない。今朝は除草機のこともあり夕方水を止めずに家に帰ったのだが、どこかで草刈りを下草が大量に流れてきて水口をふさいでいた。田んぼは一面丘状態となっていた。
又いつこういう自体になるか判らない。油断禁物だ。
  1. 2011/06/24(金) 11:48:22|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの除草作業に入りました。

2011-6-23田んぼ

こういったセリが厄介者だ。既に稲と同じくらいに葉を広げているが、引っこ抜いてみると根はさほど深く伸ばしていないのですんなりと抜ける。除草機を掛けながら目に付くセリを抜いては畦にほうり投げていく。田んぼの中ほどになると踏みつぶしてドロの中に入れていく。そんなやり方をしていたら1時間で1枚済ませておこうと思っていたのに6通りくらいしか進んでいなかった。

2011-6-23田んぼ

2011-6-23田んぼ

向こう側からやっていた克子さんから疲れたねという声がかかった。早く終えたいので除草機だけせっせとかけることにした。じ今年のこの除草機掛けの意味は除草よりも水を濁らせてまだまだ小さな草たちの泥を載せることを考えている。その上に粉糠を乗せて発育を止めようと考えている。だから念入りにやる必要はなくせっせとやっても良いと考えている。その後30分くらい掛けて済ませてから積んできた米ぬかを撒いた。ボックスで5つ分だが毎度のこと風が吹くと眼や鼻から入ってくるので、風の向きを考慮しながらやるがどうしても体は糠だらけになる。帰ったら風呂に入って着替えるのが良い。
今日は上のた1枚だけ済ませてやめることにした。
明日は朝から下の田んぼを済ます予定だ。
  1. 2011/06/23(木) 18:24:32|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの稲が根を張り始めました。

2011-6-22田んぼ

田植えから1週間が過ぎた。そろそろ除草作業をしないと雑草がはびこってしまう。EM菌で今年は対応しようと思っていたが、葉くんが詳しく調べてみると昨年秋から進めていないといけないことが判ったので、今年は見送って昨年同様に米ぬかを撒いて様子見をしようと決めた。米ぬか撒きの効果いかんでは昨年やった田んぼウォーキングを2週間やることになる。稲の葉はまだ黄色味を帯びて元気とはいえないが、一つ抜いてみると新しい根が1センチほど伸びていたので、除草機がけの後に米糠撒きをしてみることにした。今年の米ぬかは精米機を替えたせいで籾殻が細かく粉砕されず糠とも混じっていない。別々の籾殻と米ぬかを混ぜながらまいてみようと思う。粉砕されていない籾殻は浮いて風に流されて田んぼの隅に固まってしまうのではないかと心配しているが、まあやってみてから対策を考えたい。
  1. 2011/06/22(水) 21:09:47|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカでも大きな原発事故が起きている。

2011-6-17.jpg


昨日に引き続き今日も小雨が降ったりやんだりしている。パンの仕事を終えてからぶどう畑に出かけた。ステンの針金を400メートル買ってきたので、ぶどう棚の間隔の広いところへ張ろうと1人作業をした。
病院で苦しんでいる友達のことや見舞いに来るという友達のことや、これから多くの若者が放射能の影響で病気と共に暮らさなければならないことを連想しながら・・・・。
夕方家に帰ってからメールチェックをしているとアメリカでも洪水の影響で内地にある原発が水没し、今レベル4になっていて、これから先レベルが上がっていくのではないかと懸念されている。
原発事故は最近始まったことではなく、大なり小なり隠蔽されていました。此処へ来て関心が高まったことにより隠しきれなくなったのでしょう。それにしてもTVを見る限り報道が少なすぎる。
以下はメールによって入ってきた情報です。

「ネブラスカ原発事故」でインターネットを検索しますと複数のブログ情報がみられます。6月6日の洪水と電気火災で水没したフォートカルフーン原発内で冷却系が働かなくなり、17日現在レベル4の事故となったとのことです。1万人を避難させるため60台のバスが集められたと言う情報もあります。

関西テレビのニュースアンカーで、福井にある高速増殖炉「もんじゅ」のトラブルに関しての話がありました。
これ、昨年10月に、もんじゅの中に燃料を入れる装置が落下してしまい、それが取り出せなくなっているのです。
この取り出し、装置のみの引き出しは困難であり、周囲を取り出さないと無理な模様ですが、もんじゅは冷却材に液体ナトリウムを使います。液体(金属)ナトリウムは空気や水と劇的に反応して燃えるもので、元原発設計者の後藤正志さんは、そんな、絶対に漏れたらだめなものを使うことは無理とコメントしていました。

福島4号機が倒壊しそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2130590017719038501
倒壊したら今までで一番の放射能が飛散することになりそうです。
アメリカ軍は日本の横須賀から撤退しているという噂が出ています。

権力も金もない私たちは結局のところ日本という生まれ育って生きてきたこの場所でしか生きて行けないし、生きるにしても死ぬにしても病気になろうとやはり同じではないが同じようにここでしか生きて行けないのだとつくづく思う。
ちくしょう。

もんじゅは冷温停止状態であり、しかし、この落下した装置の引き揚げ作業、ネットでは福島を越える事故になる可能性も示唆されています。
実際、引き揚げ作業を経て、もんじゅを再稼動する予定が、福島事故を経て、頓挫しています。
もんじゅは、文殊の知恵ではなく、「お釈迦」です。今まで9000億円つぎ込まれています。
地元では、引き揚げ作業での事故発生を懸念しています。

  1. 2011/06/21(火) 21:15:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農園に花を。

2011-6-20花壇紅花

克子さんが自宅の庭に蒔いた紅花の種から沢山の芽が出ている。少しあげようかと言ってくれたのでもらって畑に移植することにした。クルミの木の間に30本の苗を植えてきた。雨の日には苗の移植作業がやはりいい。
  1. 2011/06/20(月) 20:12:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011-6-20田んぼ

2011-6-20田んぼ

毎日4回くらい田んぼに出かけている。浅く簡易の代かきなので水持ちがやたらと悪いのだ。昨日あたりから常時水の流し入れをすることに決めて水口の大きさも決まってきた。今朝はちゃんと水が入っているのでよしよしと思ったが、毎年のことながら根がちゃんと活着するまではが黄色くかれいろに変わってくる。この1週間天気予報は雨となっていてお日様が出そうにない、ということは水温も上がらず光合成も悪く根の活着も悪くなりそうだ。
  1. 2011/06/20(月) 20:06:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発育の悪いクルミの木ですが。

2011-6-17くるみ

先日汲み取り肥を撒いたときにこの胡桃の根回りにもあげてやったのです。菓子ぐるみは2本同じ時に植えたのですが、1本がどうにも根付きが悪かったようで、 1年目には春先の霜で枯れそうになり何とか命を持たせていました。やっと昨年辺りに大きくなるのかなと思いましたが、もうひとつの成長のよいのと比べると3分の1の大きさかと思います。今年は病気が入り始めたのか茶色く葉が縮んでいるものが出始めていました。
その後葉の色や艶を見ていましたが、やっと性が戻った葉をつけはじめました。今年ここから生まれ変わるような気がしましたので記念撮影です。
  1. 2011/06/19(日) 20:25:55|
  2. くるみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里芋の芽が出始めました。

2011-6-17里芋

昨年は始めて良い収穫でした。今年は肥料のないところへ種芋を植えたので期待は半分といったところでした。やっぱりだめかなぁと思っていた矢先それでもと思い雑草をどけてみると筍のように刃を吹き矢の矢のように丸めて尖らせて出ているのを発見しました。それにしてもやはり肥料不足のためか昨年のと比べると相当小さいですね。
  1. 2011/06/19(日) 20:15:25|
  2. サトイモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人参ですがますます差が付いています。

2011-6-17人参

バイオ肥料を入れた右の通りは鶏糞だけ入れた畝とこんなにもさをつけてしまいました。このぶんだと人参そのものの大きさにもずいぶんの違いが出てくるものと思われます。
  1. 2011/06/18(土) 17:44:09|
  2. にんじん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

播き直しをしたオクラの種が発芽しました。

2011-6-17オクラ1

2011-6-17オクラ

オクラは我が家で大変人気のある野菜なので、やり直しをしても育てないといけません。納豆にネギとオクラとおかかと醤油を入れてかき回すともうたまりません。
  1. 2011/06/18(土) 17:40:19|
  2. オクラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギ堅し、どうすっぺ。

2011-6-17長ねぎ

2011-6-17長ネギ1

今年は長ネギをたくさん作っているが、葉がずいぶん硬くて困っている。イベントのお手伝いに来てくれた大阪の徳さんにもお礼に上げたが、ずいぶん硬いやつが行ったようだ。渡したときには気づいていなかったので店長に罪はない。今日は思い切って斬り捨て御免! をして様子をみることにした。秋に植え替えをするとネギは柔らかくなるが、この熱くなる時期にそれをしても駄目ということは先日判った。切った根元から新しく出てくる新葉に期待をかけることとした。
  1. 2011/06/18(土) 17:28:12|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿の木に花が咲いています。

2011-6-17柿

2011-6-17柿1

薄緑色した目立たない花が咲いています。今年の秋もこれが全て身をつけてくれたら相当な収穫が見込めそうです。昨年300個でしたので、今年は500個となるのではと心踊らせています。
柿の葉に結構ミノムシが付いています。大量発生すると葉がなくなってしまうことがあるので、様子を見て退治する必要が出てくるかもしれません。昨年あたりから一年経つと2周り大きくなった感じを与えてくれている柿木です。山形の伊藤さんちの1000個を実らせる柿の木にいつか追いつきたいですね。
  1. 2011/06/18(土) 17:21:37|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちごが大量収穫となっています。

2011-6-17いちご

2011-6-17いちご1

2日おきに20から30個の収穫となっています。いちごクリームあと2週間分のジャムを作りました。花はもう咲いていないので、今日の収穫で終りになったようです。後はランナーが出たのを取り上げて、今年はポットではなくて堆肥を入れて畝の作り直しをしてマルチがけのやり直しをしてから直接移植してあげようと思っています。
昨年は本に習って6月にポットに移植したのが失敗のもととなりました。農事ボランティアで来てくれていたくらちゃんには大変お世話になった割に、良い成果が出なくて申し訳なかったです。
  1. 2011/06/18(土) 17:13:20|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え作業2日目

今日パン製造がない日なので、早朝から田んぼ作業を始めた。葉君とかつこさんは10時から参戦するので、それまでに機械で植えられるものは済ませておき、後は空身で田んぼを走らせて植え付け場所を記しておきたいと思う。植えられるものをすべて植えてみたら田んぼの約半分近くの広さとなった。しかしこの田植機は爪で植えつけ場所をひっかいて穴を作り上から土のついた苗を落としていく構造なので、水が多かったり苗の大きい物は斜めに落下してしまってただ落ちているだけ状態になってしまい植え直しが必要となる。

2011-6-15田んぼ田植え


2011-6-15田んぼ田植え

二人参戦で50分過ぎたところです。手植えで3人がかりですがなかなか終わりそうもありません。11時には克子さんが他の仕事でいなくなりました。二人で12時まで頑張り足腰はガタガタ状態です。

2011-6-15田んぼ田植え


2011-6-15田んぼ田植え


2011-6-15田んぼ田植え


2011-6-15田んぼ田植え

今年は約60枚の苗箱を用意しましたが、足りる予定がどうにも足りそうもありません。予備にと思っていただいた苗7箱使ってもです。仕方ありません今まで3本苗でしたが、2本苗にしました。・・・・・・あと4通り分がどうにも足りません。ええい、1本苗で植えることにしよう。午後2時半まで作業をしてから夕方5時に葉くんがパンの仕込みを終えてふたたび様子を見に来た。1本苗で何とか9割の田植えを終えたところだった。これから田植機が落として行っただけのところの植え直し作業となるが、今日は早朝からの作業で相当に疲れはてている。
続きは明日にして、今日は片付け作業をして田植え機や苗箱洗いを暗くなる前に済ませようと思う。
家に入ったのは7時だった。
明日はパン製造の日だが、仕事具合を見て店長だけ田んぼ作業をする予定だ。
  1. 2011/06/15(水) 20:49:40|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え作業一日目

代かきの時に感じたとおりの展開となった。機械で植えられるのは50%くらいだろうか。まあとにかく今日一日目で上の田んぼだけは済ませたいものだと気合を入れて始めました。
早朝五時にパン工場へ行ってパンの分割作業。6時からようくん登場。交代して店長は田植えの準備に取り掛かった。

2011-6-14田んぼ田植え

軽トラには今まで田圃の畦や道端に落ちていたゴミが非常に多く乗っかっている。特に多いのはあぜシートというものだ。U字溝をどかしたときに埋まっていたものが大量に出てきたのである。風で他の田んぼから飛ばされてきたマルチシートややはりあぜシートも結構ある。昨年秋からとにかく放り込んできたのでここらで片付けないといけないということだろう。
ゴミの片づけが済んで昨年活躍してくれた田植機を動かして軽トラに載せる。ガソリンは入りっぱなしであったが、一発で快調にエンジンは始動してくれた。

2011-6-14田んぼ田植え

2011-6-14田んぼ田植え

1時になったらお昼ごはんを頂きにうちに帰る予定でいたが、田植え作業にしっかり闘志を燃やしてしまって時間を忘れてしまった。気づいたら3時を過ぎている。田んぼは手植えをしながら機械植えもしながらという変則的な作業となり、1人水も飲まずに精を出しきっていた。

家に帰るとようくんがお昼に素麺を食べようとお湯を沸かしているところで、ちょうどいいタイミングであった。
午後は3時30分から克子さんと葉くんとが加わり3人がかりで手植え作業で上の田んぼを終わらすことになった。しかし体が疲れ気味でして、4時からの作業となった。終わったのは6時。
明日も朝から田んぼで勝負です。克子さんは他の仕事にでかけ、葉君と二人で下の田んぼに挑みます。
今日のように機械を使える苗が少ないので手植えが70%となる見込みです。
  1. 2011/06/14(火) 19:04:01|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植えの前準備、苗切り作業をしました。

2011-6-13田んぼ苗切り

トンネルを外しています。

2011-6-13田んぼ苗木り

苗を苗床から音を切って外す道具です。が、外れません。苗箱の方にねがなく、苗床にしっかり根を下ろしているために箱が抜けて取れてしまいました。昨年こんなだったかなと思いますが、どうやら播種作業で種が薄播き過ぎるのが原因ではないかと思います。種の調節ネジはいじっていないのでもしかしたら他の原因があるかもしれませんね。

という訳で、カッターを2つ用意して箱から2~3センチくらい土をつけて苗床から切り離しました。結構大変な作業となりました。
明日田植えとなりますが、この土が付いていては田植機は使えませんのでどうなることやら。
今年半分以上が手植えになる気がしています。
火曜水曜と二日間を使って田植え作業をする予定ですが、手植え作業が増えると3日4日と掛かりそうです。
誰かさんお手伝いに来てください。お礼は収穫したお米30キロでどうでしょうか。
平日お暇な方ってそうはいないんですよね。
  1. 2011/06/13(月) 19:58:45|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これで3回目のさつまいもの苗の定植です。

2011-6-12菊なす

購入したナスはコンテナ左に植わっています。右のちっこいのが農園で栽培しているものです。ハウスで苗を作って移植してからというもの、あまりの寒さでちっとも大きくなっていません。今年はやはり異常です。早く例年の暖かさに戻って元気になって欲しい限りです。
トマトは3日前あたりから急に元気になり始めぐんぐんとおおきくなりはj
2011-6-12陸ワサビ

2011-6-12行者にんにく

行者にんにくは実は赤松の山に自生していたのですが、3年前に探してみたのですが何処にも見当たらなくなっていました。誰かさんが取って行ってしまったのでしょうか。
畑で増やすことができたら山に持って行こうと考えています。

2011-6-12カラーピーマン


店長はタマーにしかアルプス市場へパンの配達には行きません。今日はレモンカードと黒糖バタークリームサンドの2種類だけの配達だったので、店長がバイクで配達に行きました。アルプスに行ったら成長の悪いナスとさつまいもの苗を買おうと思っていましたので、1つだけナスの苗買ってきました。ついでにスイカとカラーピーマンと気になっていた行者にんにくと陸ワサビの苗も1つずつ買ってきました。

夕方4時から雨が降ってくる5持迄つるを伸ばし始めたぶどうのつる選定をしました。葡萄の蔓には手と呼ばれるヒゲがあり、手にあたったものをかたっぱしから絡みついてしまうので他のつるに絡んで絞めつけてしまいます。このヒゲを取り除いたり、大きく育たない不要の枝葉とあちらこちらから伸びてきて重なりあってしまっているところを取り除いて風と光の通りを良くすることをします。
  1. 2011/06/13(月) 08:50:51|
  2. さつまいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと田んぼの代かき作業です。

2011-6-12田んぼ代かき;jpg

2011-6-12田んぼ代かき;jpg (1)

眠くてだるいのですが、朝5持には起きてトイレに行って田んぼの水出しをしてきます。代かきが出来るまでにはめいっぱいの入水で約3時間はかかりそうです。一旦うちに帰って朝御飯を頂き今度はトラクターで田んぼに行きます。
代かき用のハローは田んぼに置きっぱなしなので後ろのハローは外していきます。

2011-6-12田んぼ代かき;jpg (2)

2011-6-12田んぼ代かき;jpg (3)

先週やっつけておいた雑草たちは皆枯れており、代かき後にアクが田んぼ一面に浮いて苗を植えても被害が出ない状態です。

2011-6-12田んぼ代かき;jpg (5)

2011-6-12田んぼ代かき;jpg (6)

出来れば1回だけの代かき作業にしたいのですが、土の高低の特に気になっていたところは土の移動も兼ねて3回掛けをしました。毎年少しずつですが、よくなっていって欲しいと思って作業をしています。畦沿いにU字溝が埋まっていたところは土や石が多く、そこも毎年代かきを繰り返しながら平にしていこうと思っています。
特に気になる点は浅い耕起での代かきですので、草が土の中に埋まるということがなくて田植え機がこの浮いた枯れ草のために苗の植え残しを大量に生産してしまうのではないかと心配しています。
  1. 2011/06/12(日) 11:24:26|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑や道端の雑草刈の作業をしています。

先週3時間の草刈り作業をしましたが、とてもそれで終わるはずもありません。2枚の田んぼの畦とぶどう畑の下半分をやり終えるのが必死であります。今日は午後3持から夕方まで2時間畑の中を中心に草刈りをしました。自然農園ではカラスノエンドウがつるを伸ばし放題となっていまして、とても草刈機で枯れる状態ではなくなってしまいました。鎌を手に手作業でやるしかないようです。
明日は山沿いの道の草刈をしに午前中頑張ろうと思います。新しいタイプの草刈りの刃を用意したのでどれほどの効果の違いがあるのか試してみようと思います。

2011-6-10雑草刈作業

ノコギリ波ではありません。ひとつの山が大きい分草の食い込みがとてもよく、振り返しの時でも良く草が切れます。草刈り時間が慣れてくると半分とまでは行きませんがとても短くなりました。(この草刈刃は梓川の橋の近くにある越前鎌屋さんで値引き商品としてあったものです 1500円でした 裏返しにしても使えるという優れものです 自分で刃を研ぐこともできます)注意点は石やその他切れないものに刃先が当たると衝撃が強いし刃へのダメージも大きいです。それからプラスチック棒線で切った時ほどではありませんでしたが、切れた草の飛散がノコギリ刃より有りました。メガネは必要と思います。石や障害物の比較的少ない場所ではとても効率のよい草刈刃だと感心しました。

2011-6-10雑草刈作業

2011-6-10雑草刈作業

約1時間半でこの場所の草刈り作業を終えました。缶や瓶など捨てられやすいところなので毎回ゴミ拾いもします。不思議なことに今回は座布団一つとコーヒー缶一つしか落ちていませんでした。5月連休前にゴミ拾いウォーキングをした人がいたのかな・・・・そう言えばエプソンの人達が連休中にやってましたね。思い出しました。この前の通ったんですね。有難う御座いました。
  1. 2011/06/09(木) 18:53:23|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EM菌を入れた汲み取り人糞尿を摂しました。

2011-6-8肥やし撒き

先日の大雨で我がお店のトイレタンクに水が相当に流れこんで、くみ取りせざるを得なくなってしまった。くみ取り作業はいつものように店長の楽しみとなっている。紙も落とさずに微生物の液も混ぜ込んでいるので良質な液肥が出来上がっている。匂いも全然きつくない。

2011-6-8肥やし撒き

2011-6-8肥やし撒き

豚の糞尿から出来ている微生物菌をタンクに200cc混ぜ込んでから梨の木と葡萄の木の根回り半径1メートルに溝を掘って撒いた。

2011-6-8肥やし撒・アーモンド

2011-6-8肥やし撒き・りんご

2011-6-8肥やし撒き・スペルト麦

アーモンドとりんごとスペルト麦の発育が悪いところへも撒いておきました。収穫が終わった秋に堆肥を上げるのが通常ですが、ここでは店のタンクがいっぱいになったらあげるのでありました。
  1. 2011/06/08(水) 20:13:43|
  2. 堆肥つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆は8~9割が鳥に食われてしまいました。

2011-6-6だいずとそば

そばは綺麗に発芽していました。ところが大豆は防鳥糸を張ったにもかかわらず発芽したものが見当たりません。

2011-6-6大豆

2011-6-6大豆1

よくよく見るとありました。でも葉が食われています。昔田んぼで大豆を作ったときに捕りにやられたときの様子によく似ていましたので、やはり鳥に双葉が開いたところをやられてしまったのだろうと思います。大雨の後に観に行ったときに畑全体にこの双葉が持ち上がっていたのを見てひと安心してしまったのは間違いでした。
  1. 2011/06/06(月) 22:04:34|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペルト麦と黒小麦のようす。

2011-6-6スペルト麦

土質がどうにも良くないスペルトムギ畑です。穂も付き始めました。下の方から枯れ色が始まりました。景色としてはとても良いです。

2011-6-6黒小麦

2011-6-6黒小麦1

2011-6-6黒小麦2

黒小麦は力強さも感じるほど茎や穂がしっかりしています。きれいな穂をしています。
  1. 2011/06/06(月) 21:56:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011-6-6菊芋1

2011-6-6菊芋

菊芋です。
昨年栽培したのですが、大量につくると後の利用があまりにも大変なので今年は少しだけにしようと思います。
昨年取り残した芋から沢山の芽が出ていましてしばらくは除去作業をしようと思います。
菊芋にはインスリンが含まれていることから糖尿病の方にはとても良い食べ物です。
  1. 2011/06/06(月) 21:51:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する