FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

ぶどうの剪定作業をやっと終えました。

今日で4日目となりました。朝からなんとしても今日中にやってしまおうと気合を入れて作業開始です。蔓草やかぼちゃの枯れ蔓取りをしてからやり出さないと、ぶどうの枝が見えない有様です。昨年は多収穫をするために蔓をできるだけ伸ばしておきましたが、今年は又思い切って混み合っている所の主幹も切ってすきずきとさせました。おかげで切る枝が多くなってしまいハサミを持つ右手が痛くなってしまいました。

毎年剪定作業をするとぶどうの元気さ加減がよく判ります。枝に黒カビの入っているぶどうはやはり枝も細めで長く延びられずいかにも元気がありません。元気の有る木はツルッとした肌で色も少しオレンジ色を帯びて綺麗です。元気のない枝の原因は色々とあるのでしょうが、誘引をしていた針金の締め付け過ぎというのもありました。枝は1年で相当太くなりますので、2回ねじったらオッケイなのですが、絶対解けないようにと念入りにくくりつけてしまっていた人がいたようです。太くなれなかった枝はそこからちぎ切れるように弱ってしまってその先の枝はカビの発生も促してしまったようです。

この冬もお店の肥を弱っている木を中心にあげようと思っている。枝もバッサリと整理したので光も風もバッチリ受けてくれるだろう。今年は勢い良く元気な枝を伸ばしてもらいたい。

さて、次は自宅の梅の木の剪定作業だ。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/18(水) 17:08:36|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定作業をしています。

2012-1-16ぶどう

いやー、それにしても風が吹いているとこうも寒いのかブルブルしながらブドウ畑で一人ハサミ作業をしています。1月中は集中して地元の食品関係のお店を周る仕事をしているので今日は午後3時から4時40分までしか畑にいけませんでした。もう陽も傾き始めて風も吹き始めてきたので、ラジオを聞きながらの作業も楽しさ半減であります。
今日で3日目です。やっと半分やり終えたかというところです。ぶどう園と続きの自然農の畑は枯れ草たっぷりでして、秋の終に片付けが出来なかった失態を目にしながら畑に通っています。
剪定作業が終わったら枯れ草を鎌で刈って埋めなくてはなりませんが、土が凍っているので穴が掘れませんね。
明日は朝から畑作業楽しみながらがんばります。

あ、そうだ。

2月12日の日曜日にきんぴらのお店で味噌作りをしようと思います。もし一緒に自分の分も作りたいという方がいらしたら連絡をください。大豆は今年農園で取れた大豆を1キロ300円でお売りいたします。という訳で大豆と麹の代金(材料代)を払ってもらうということで参加者募集です。大豆を煮る鍋に制限がありますので、一人出来上がり量10キロでお願いします。
段取りとしては金曜日の夕方までに大豆を鍋に入れて水に浸しておきます。
翌朝8時に鍋の下で焚き火を始めます。
9時30分から10時までに煮上げて大豆のすりつぶしをします。手動のミンチ機を使ってやります。これが結構大変。
麹と塩をよく混ぜあわせてから潰した大豆と混ぜます。
それぞれ持ってきた容器に入れ込んで出来上がりです。
  1. 2012/01/17(火) 17:40:42|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干しりんご今年も作り始めました。

2012-1-10干しりんご

2012-1-10干しりんご

今年は千切りとスライスと二種類作っています。手押しで簡単に切れる道具を克子さんが購入したので今年はそれを使っています。昨年の包丁で切ったのと比べると薄いです。お菓子作りに使うとどうなるかはちょっと判りませんが、歯ごたえがなくなることは確かですね。

2012-1-10干しりんご

午前8時畑のハウスにはもう陽がったっぷりさしていて、温度計は9度まで上がっていましたが、外は今日も氷点下5度の厳しい寒さです。大量のぼけ始めたりんごをどうしようかと作り始めたこの干しりんごですが、50g入り200円という適当な値段で売っていました。しっかり生のりんごの重さを測って乾してみてどのくらいの重さになっているのかを、今年はじめて調べてみようと思います。あまり損しているようでしたら値段変更もアリかなと・・・。因みに今年作り始めているリンゴはこのままでも十分においしいりんごでぼけていません。そんな事は干したら関係ないかもね。
  1. 2012/01/10(火) 17:02:40|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する