FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

土蔵の床にネズミの穴発見。

土蔵の床
土蔵の床1
ひと月前辺りから土蔵にネズミが出始めていた。米ぬかやもみを入れていた袋が食い破られるようになっていた。ぺったんこの数を増やしたり、捕獲器を設置したりとやってきて4匹捕まえたが、被害はちっとも収まらない。これはどこかに穴があるので取る前にその穴を確認して閉じておかないとどうしようもないようだ。
と、言うことで懐中電灯片手に土蔵の部屋の周りをぐるっと確認してみると、やはりたくさん見つかった。
トタン板を貼って確認できた穴は全部閉じることが出来た。
穴の出来る場所は壁から30センチ以内の場所と決まっている。床下の高さは中央に行くほど深くなっていて底は土ではなくて砂利が敷かれている。壁から30センチくらいまでの床下しかさすがのネズミも立って手が届かないというわけだ。

土蔵の床2
こちらは床をコンクリートに直したところだが、柱と床の間をかじって穴が開いていた。この穴にはコンクリートの破片を詰め込んでから板張りして直しておきました。

これでやっと安心して土蔵の中に麦や米をおいておくことができそうだ。
スポンサーサイト



  1. 2012/07/27(金) 20:48:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぶどうにモンパ病が入り始めました。

ぶどう

ぶどう1
青い粒の成長が止まりしわが入り始めています。明らかに病気になっています。病気を伝染させないように早く除去作業をしないといけないのだと思いますが、まだそちらに気が向きません。
傘がけも早くしないといけないな。
無農薬で栽培するということはオイラみたいに手薄でやれないということがひしひしと感じずにはいられない。
今日はぶどう棚の下の草刈りをやっと済ますことが出来た。
明日はコンバインの掃除ができるかなと思っていたが、ぶどうの手入れのほうが先決かもしれないな。

スペルト麦畑
こちらスペルト麦の刈り取り後の様子です。太いヒメジオンの茎が沢山立ち始めています。アカザやヒメジオンの茎は硬くて太いのでこうなる前にトラクターで耕起しておきたい。こちらも刈り払い機で早めに刈り取っておかないといけない。
  1. 2012/07/26(木) 20:30:33|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっちこっちの雑草刈をしています。

草刈り

草刈り1
毎日あっちこっちと草刈りしています。おかげで腰や肩や腕や手が痛いのであります。手押し草刈り機は力強かった大型はエンジンの調子が悪く使えそになく、ホンダの草刈機では草丈が高くなりすぎて使えない状態です。
得訳で刈り払い機を高回転にして力ずくで草を刈っているのであります。

草刈り3
明日はこちら側を刈る予定でいます。明日はパン作りの日なので、午後3時から農事作業となりそうです。
曇っててくれよ。お願い。
  1. 2012/07/25(水) 19:51:12|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼとぶどうの様子。

たんぼ1

たんぼ2
田んぼの雑草はしっかりありますが、稲の生育が良くもうだいぶ大きくなっているので、阻害してしまう事はもうないので雑草取りの心配はしません。おたまじゃくしやカエルがいなくなりました。あぜのせりにはアゲハの幼虫がいっぱいいます。シマヘビ君は苗床になっていた水たまりに横になったまま水の中ですずしんでいました。

ぶどう
昨日からぶどう棚の下の草刈りも始めました。が、マメコガネの多いことったらありません。葉にも随分害が出ていました。トラップも仕掛けてあるのですが、昨年使ったままそのまま吊るしていたので、もう香りが出なくなっていました。

トラップ捕獲剤
ぶどう1
香り剤を変えたとたんににブーンと周りからコガネやカナブンが集まって来ました。ひどい奴はオイラの頭や首に止まります。手にも匂いがついてしまったので、草刈りをしていてもカナブンが飛んできます。とにかくすごい威力であります。明日きっと捕獲器がいっぱいになっているのではないかと思います。
伸び放題だった蔓枝を整理したり重なり合っているふさも整理しないととんでもないことになりそうです。でも、なかなか手が追いつきません。

自然農かぼちゃ
自然農かぼちゃ1
ついでに、葡萄棚の下に昨年発芽しなかった種から出てきたものと思われるかぼちゃが芽を出し育っています。この場所もかぼちゃがなかなかいい具合に育たなかったんですよね。今は雑草もかぼちゃもいきいきと育っています。
  1. 2012/07/25(水) 19:40:30|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒麦の刈り取り作業やっと終えました。

昨日の晴天でしっかり乾燥したはずの黒麦は今朝から刈り取り作業のつもりでした。朝露が降りて濡れていたので9時まで待つことにしました。
それまで田んぼの畦草刈りに行きました。もう膝よりも高く茂っているので、簡単に済ませません。まだ途中でしたが1時間ほどやってから麦刈りへいきました。
小雨が降り始めてこりゃダメかなぁ。と思って一端家に帰りました。お茶を飲んでから外を見ると陽が射しているので、やはり麦刈り結構です。

結局午後5時頃までかかってやっと麦刈り終了となりました。

4時頃勇気君がやってきて、昨日の続きの仕事をやってくるねと言って自転車で桔梗農場のごまの除草作業へ行ってくれた。コンバインに溜まっている麦かすを手で落としてからハウスにしまって早々に後を追った。

ごま
ひとりで黙々とはさみで除草作業をしてくれていました。昨日2人で2時間やって7通りのうち5通りまでやっておきましたが、お互いに薬指がすりむけていました。
いつもだとこんなに積極的でないのに、夏休みのせいか暑さのせいか判りませんが、とても助かりました。

行ってすぐごまの方の作業ではなく、店長はかぼちゃに堆肥を与える作業に入りました。
今朝電話で完熟鶏糞を注文すると今日届けてくれたということで、こちらも急ぎ作業なので作業分担したのです。

かぼちゃ
桔梗農場に2t車で1つ運んでもらいました。上にシートを掛けておきました。

かぼちゃ1

かぼちゃ3
アカザが生えているのでそんなにダメ土地ではないと思っていましたが、かぼちゃももろこしも非常に生育が悪いのであります。アカザも他の所のと比べると生育が悪いですね。小さな大きくなれないかぼちゃの根元を掘って鶏糞を入れて土を戻して足でふんでおきました。
今度雨が来たらきっと根を張り始めてくれると思います。この夏に大きな葉をいっぱい広げてくれないと秋に予定量のかぼちゃの収穫ができません。
かぼちゃで作るスナフキンパンはきんぴらのヒット商品なので作れなかったというわけに行きませんので、気合を入れて取り組みたいのです。
桔梗農場の土は大豆にはとてもいいみたいですが、今年はじめて夏野菜その他の栽培をしているので、様子見の段階です。
これから秋野菜とそばの種まきが始まります。今回購入した鶏糞はEM菌と一緒に全体に蒔いて耕起しておこうともいます。一般には1反の広さで2トンの堆肥を入れると聞きます。桔梗農場は約4たんの広さなので、約半分の量となります。堆肥はなるべく使わずに有機資材(草・木・藁・その他)と生物や微生物の力で地力を高めたいと思っています。あと4~6年後にはかぼちゃも種まきだけで良い物が取れるようになればと気の長い構えでいます。が、収穫しないと困るものは鶏糞(堆肥)の力も使わせてもらいます。
  1. 2012/07/24(火) 21:48:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雨です麦刈りとりしばらく中止です。桔梗農場へ行って来ました。

ごま
雨が小ぶりになったのでバイクで行って来ました。ごまと同じ高さの雑草たちをはさみで根元から切っていきます。ひとりでやるには量が多すぎるかなって感じ。15分くらいやってからトマトとなすも少し手入れしてきました。半日みっちりやらないと終わりそうも無いですね。
そういえばひだまりさんが今日から夏休みに入りこちらへ来ると言っていたな。
玉ねぎ畑の片付けと桔梗農場の雑草切りを行ってもらおっと。

ズッキーニ
思わぬ収穫がありました。きゅうりが2本とズッキーニが2本です。
もろこしは背が低いのに花がつきはじめたのもあるので、養分が全然足りないようです。
来年ここで作るのには肥料を必要としますね。
  1. 2012/07/20(金) 17:21:48|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒小麦の刈り取り開始です。

朝焼け
今朝はパン焼きをひとりでやらないといけなかったので、4時半に起きて動き出した。5時になろうかという頃外に出てみたらびっくり、久しぶりに綺麗な朝焼けを見た。

刈り取りレバー
帰納突然刈取りの刃が動かなくなってしまったコンバインは、ヤンマーの兄さんがやってきてみてくれた。
どこもおかしくないですね、動きますよと電話が来た。今すぐ畑に行きますので待っててください。
行ってみて自分でやってみたところちゃんと動いた。どうしてだろう・・・:何かしましたか?と聞くと、強いて言えばと断ってからレバーの位置が中間になっていましたね。
この人はオイラが聞かなかったらこのことは言わないでおこうと思っていたのだろうか。
出張代だけ頂きますと言って3150円の請求書を置いていた。出張代は分かるが長いお付き合いをしようという気があったら他所に行ったついででこちらによったのだから一律料金を請求しなくてもいいのになと頭によぎるのだった。
このコンバインはどこで買ったのかと聞くので、ネットで買いましたと答えるとネットは怖いからねぇと言う。いくらで買ったかと聞くので15万円で買ったというと、安いなぁだって。
キャタピラがもう少しすると切れそうだけれど直すといくらくらい掛かりますかと聞くと。片方で10万で両方直すと部品代だけで20万かかるね。作業代はいくらくらい掛かるんですか?、そう高くないから5万円くらいかな。
25万もかけてヤンマーに出すわけにはいかないな。また15万で探しや方かいいな。
やっぱりつきあえないな。

午後2時から畑に行って黒小麦の刈り取り作業を5時までやったのはいいけれど、人もばてたが、突然ブザーがなって水温ランプの赤い色が光ってしまったわけだ。機械もグロッキーになってしまったところで家に帰ることにした。今日は4分の1くらい刈り取りできたかな。明日は午前中が勝負だ。

黒麦の刈り取り2日めです。早朝6時に麦の様子を見てみると朝露で濡れていて刈り取りができそうにありません。朝日は射し込んでいるので7時になれば始められるかも知れません。出直しです。

黒麦刈り取り
昨日の続きですが、倒れた麦の下に土付の麦やアカザがありそれを引きこんでしまうととたんに詰まってしまいます。雑草退治をしてくれたのは良かったのですが、トラップのようにあるので困ってしまいます。引き込まないように刈刃位置を上げると刈れなくなってしまうし・・・です。

黒麦刈り取り1

黒麦刈り取り2
刈り取り作業をしていると大きなネズミが飛び出します。昨日は3匹見ました。今日は2匹です。倒れた麦の下にカメラを入れて撮影してみるとこんな感じです。楽しそう。

太陽虹
もう昼時です。持っていったペットの水は飲むたびに高温になっていき、そのうち容器の臭いまでしてくるし、不意に飲むと口がやけどしそうです。入れ物変えるべきです。空には虹を持った太陽が輝いていました。

黒麦刈り取り4
今日は15袋の収穫となりました。2日掛かりでまだこの広い場所だけも終わらないのです。黒麦は1トン取れそうです。今年から売値見直しとなります。これだけ多く取れるともちろん安くなります。

黒麦刈り取り3
麦乗せ過ぎなのでしょう。乾燥だなが傾き始めました。
今日は午後4時に終了となりましたが、時間でもなく、麦がなくなったわけでもなく、体力の限界・・・は感じていたが、それでもなく、青いメッシュの乾燥袋がなくなったわけなのであります。

黒麦刈り取り1
今日刈り取っている所は完全に横倒し状態で、その上トラッブも多くかすって刈り取りできないところもありました。無理した刈り取ろうとするとすぐに詰まってしまうので、深追い禁物です。

黒麦刈り取り
入道雲が猫の手のように伸び始めました
3日続きの晴天で収穫後の乾燥の必要性なしと見て、今日は米用に使っているバインダー袋を使って休みなしで収穫作業を続けた。午前7時から10時までそれからパン作業をして午後2時から6時まで、昨日に引き続き畑では確実に猛暑状態であった。機械は鉄で出来ているのでエンジンの熱さと太陽熱とで焼肉ができそうな熱さ。素手で触るとやけどします。
今日は水で濡らしたタオルを首に巻いて出動した。いくらか疲れ方に良い影響が出ると期待してである。しかし用意したお茶と水1リットルが4時30にはなくなり、連日続きの刈り取り作業で相当体はくたびれている。夕方6時にはもうクタクタ状態で死にそうだった。
あと3時間あれば全て刈り取りができそうな気がする。
明日はついに午後から雨という予報が出ています。とにかく明日フィニッシュにしないと。

早朝4時30分屋根に音がする。雨か?それとも鳥か猫か?・・・慌てて確認しに居間の窓から外を見ると雨だった。車の屋根やトタン屋根が次第に黒く濡れ始めてきた。
体中だるくて痛いので、ここらで休憩をと神様でも雨を降らしたのだろうか。
昨日の天気予報では午後3時から本格的な雨予報となっていた。外れましたね。この分だと麦の刈り取り作業はしばらくおやすみということになりそうだ。
体力回復の機にしないといけない。それから土蔵の中に麦を収める部屋作りもしておかないといけない。栽培面積を毎年広げているのでついに収穫後の麦の置き場が今年から足りなくなってしまった。

つづく。
  1. 2012/07/17(火) 19:03:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スペルト麦とライ麦の刈り取り本日終了。

スペルト麦
本当は早朝より始めたいのだが、息子はパン焼きのない日10時過ぎないとお目覚めにならない。顔つきを見て7時?8時?・・・9時から始めようか。
9時から2人で炎天下でがんぱった。息子はバインダーで刈り取った後、ハーベスターで脱穀作業をしていきます。

ライ麦の刈り取り
店長はコンバインで刈り取り脱穀を一気にやっていきますが、毎年トラブル続きで大変です。今年も案の定つまりました。

コンバイン詰まり
やはり茎が長い分引き込みがうまくいきません。脱穀まではこなすのですが、藁を引きこんで切って落としていくところで引き込みきれずに引っかかってしまいそこへ次々と引きこまれたのが押し締め付けていってしまうわけです。手で簡単に引き抜けるようではなく、鎌で切り刻んでから手で少しずつ抜いていく訳です。とにかく一回詰まるとすぐにリセットさあ開始というわけに行かないわけです。とにかく暑すぎるわけで疲れるのです。
水だ、水だぁ~!

コンバイン詰まり1
おかしい。10メートル進むと詰まってしまう。それも山盛りじゃん。
おかしい。すぐ詰まるじゃん。・・・・・・・・、動かしながら降りて後ろに回ってみてみたら送りチェンが動いてないじゃんか。
緩みができていたのだった。

コンバイン詰まり2
右側にある少しこすれて光っているネジを緩めてチェンを引っ張ってきつくしてからネジを締め付けるのであります。これでオッケイ終わりまでもうトラブル無しでした。

黒麦刈り取り
一段落ついたところでやっと自宅に帰る。もう12時半だった。冷やし中華を食べて仮眠30分ほど取り、午後2時から再び黒麦刈り取りにと・・・おおっ、炎天下だ。水は持ったカーイ。
ところがコンバインで刈り出して3メートル進んだところで刈刃が動かなくなってしまった。購入してから初めてのトラブルだった。作業レバーからのワイヤーでも切れたのかと配線と動きをたどってみても何も問題が見つからない。どうやら素人には無理らしい。炎天下だし。
農機具屋に電話をしに家に帰るとオットー、祭日じゃん。電話に誰も出ないわけだ。
明日のパン焼きの仕込みに急がないといけん。

5時に再び畑に戻ると息子が、バイイダーで刈り取りは無理だわ。スペルト麦はいけたが、黒麦は茎が長い上に今年はしっかり倒れてしまった。どうやら手強そうだ。こうなるとどうしてもコンバインを修理して使っていくしかないようだ。
修理はいいが、また高額出費かと思うとどうにも気持ちが悪い。こちとら10000円稼ぎだすのに100円単位のパンをいくら売ればいいんだ・・・と、そう思うとここへ修理に来るだけの片道10分ほどの移動に3000円払わなければならない訳で・・・とにかくオイラから見ると暴利に近いと思ってしまってどうしても気持ちよく業者に頼めなくなってしまうのだ。
さーて火曜の午後から刈り取り作業ができるのでしょうか。
たぶん無理だろうなぁ。
  1. 2012/07/16(月) 21:24:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

トラクターのオイル交換もいたしました。

トラクターの整備
トラクターのフロント横のカバーを外します。前から見て向かって右側にオイルゲージと注ぎ口があります。オイル量は適切でしたが、やはり真っ黒状態でした。替えどきでした。
入った量は3,5リットルでした。

トラクターの整備4
落とした黒いオイルは自宅にあったオイルパックンに吸い込ませました。

トラクターの整備2
後ろのタイヤの間にある赤いオイルキャップです。前から気にはなっていましたが、どこのオイルなのか判りません。適当で申し訳ないのですが、1リットル補給しておきました。いけなかったかもしれないな。レベルゲージらしきものが見つかりませんでした。

トラクターの整備1
それから耕起する刃のついているロータリーにもオイルを補給しておきました。右に見える黄色いプラスチックのネジキャップを外して入れました。前に口元まで入れればいいと聞いていたのでそうしようかと思いましたが、オイルの種類と量の表示シールが張ってあり、それを見ると1リットルとあります。口元まで来ませんでしたが、1リットル補給しておきました。
機械がトラブったり故障する度に大金が請求されますし、仕事もはかどらないと言うよりも全く進まなくなってしまいます。自分で出来る整備はとことんこまめにやろうと思います。
次は今年使う予定のないクボタのバインダーの整備をします。ヤンマーのバインダーがトラブった時に活躍してもらえると思うからです。
  1. 2012/07/13(金) 17:19:20|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の刈り取りコンバインの整備をしました。

コンバインの整備
やはりチェックを入れてよかった。オイルレベルゲージを抜いてみたら量は多めで色は真っ黒状態だった。レベルゲージもオイルの注ぎ口も椅子の下にある。

コンバインの整備1
エンジンを掛けてオイルを少し温めてから抜こうと思ったら、バッテリーの調子がいまいち弱く、エンジンがかからない。発電機に充電器をつないでバッテリ充電開始。5分後にスイッチを回すと順調にエンジンがかかった。

コンバインの整備2
エンジンを掛けたままやはり5分経過したところで・・・まだ底にあるオイルを抜くボルトは温まっていなかったが緩めてオイルを落とし始めた。

コンバインの整備5
真っ黒なオイルが3リットル位落ちた。後はボルトを閉めて新しいオイルを入れるのだが、2,6リットル入った。レベルゲージのちょうど真ん中辺りより少し上まで入った。
エンジンを掛けてみると軽い音に変わっている。やっただけの事はあった。
ついでにラジエター液と油圧のオイルも補充しておいた。
後は何もトラブルなく麦刈りができることを祈るばかりだ。
  1. 2012/07/13(金) 17:01:02|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南部小麦の刈り取り後の耕起作業をしました。

かえで農場
息子が午前にトラクターで耕起して、午後開墾鍬を持ってイノシシの穴を平地に直してきました。
ご苦労さんでした。
  1. 2012/07/11(水) 19:00:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ごま畑の除草済ませました。

ごま1

ごま

なかなか出来なかった除草作業です。やっと2回目の除草作業が出来ました。今回は手作業ではなく草欠きを使っての作業となりました。通りの間は機械でやったほうが楽ですが、ここも草欠きを使って葉だけ取り除きました。
後日手作業でごまの根元に生えているのを丁寧に抜き取りたいのですが、いつできるかな。

それにしても前回の除草の際には発芽したてのごまたちが綺麗に並んでいましたが、その後の水不足のせいか3分の1が枯れてなくなっていました。麦畑のほうで発芽しているごまをこちらへ移植しようかと思っています。
  1. 2012/07/11(水) 18:53:38|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーキングをやめた田んぼの様子です。

田んぼ1

田んぼ
アオミドロもコナギもどんどん増えている様子です。昨日水見をしなかったのがいけなかった。夕方3時間水入れいたしました。稲も順調に背丈を伸ばしているので、どっちが勝つかなぁーって感じですか。

田んぼ2
おまけですが、下の田んぼで育てている大豆です。雑草が大きくまだなってこないので助かりますが、大きくなる今頃除草作業をやっておくといいですよね。
  1. 2012/07/10(火) 20:10:39|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごま畑の除草もしないとな。

ごま1

ごま
夕方遅くになってからよったので画像が暗いですね。ごま畑はアカザですごいことになっていました。明日にでもこのへんで処理しておかないととんでもなく大変な作業になりそうです。

桔梗農場
秋野菜をつくるところもこのあいだトラクターで耕起したばっかりのような気になっていましたが、今のうちにもう一回やっておかないとここも大変です。
  1. 2012/07/10(火) 19:53:13|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南部小麦の収穫終了しました。

南部小麦の穂は随分と黒くカビが目立ってきていました。こう暑くなると梅雨の雨は大敵です。早いとこ収穫期を逃さないようにしたいと気持ちは焦っていました。

南部小麦
イノシシの掘った穴は相当広く数も多くなっていました。深い所は50センチくらいの深さがありそうです。今日は早朝より軽トラの幌を外して脱穀機と刈り取りバインダーを積めるようにと動き始めました。
午前9時より息子と収穫作業の開始となりました。

南部小麦2
イノシシの大きな穴。

南部小麦1
息子が刈り取りでオイラが刈り取られたのを拾いながら脱穀していきます。1時過ぎまでかかってやっと刈り取りだけが終わりました。

南部小麦5
麦畑は一昨年に蒔いておいたクローバの種が芽を出し畑一面に広がっていました。

南部小麦3
仮眠を30分とって午後2時から再開です。息子はパンの仕込みがあるので一端外れますが、仕込みが終わってからまた参戦してくれます。
午後3時過ぎから雨雲が木曽の方から流れてきて大粒の雨が降り始めました。昨年もそうだったような気がします。慌てて桜の樹の下に機械を動かして逃げました。畑の中には収穫した袋が4つばかり転がったままで濡れてしまいそうです。・・・あれれ・・・やんだなぁ。
そこへ息子が車でやってきて「あめだねぇ・・・まだつづける・・・」
「止んできたから全部やってしまおうと思っている」
「畑に転がっている分だけでも積んで帰るね」
「ありがとう」
ということで降ったりやんだりの中で作業を続けてそのうちまた陽が射したりと、結局4時頃には上の方は済下の消防詰所の裏の畑の方の刈り取りを始めたのです。4時半に息子が仕込みを終えて顔を出しました。
「まだやるだ」
「今日全部済ませるよ」
それから刈り取りを息子が、脱穀をオイラがと慣れた作業を分担して6時前には片付けまで終えて無事南部小麦の収穫は終わったのでした。片付けを始めたらまた雨がふりだしてきて6時30分には大雨となってきました。
ああ、やっぱり無理しても作業を中断しなくてよかった。
  1. 2012/07/09(月) 20:01:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今年は花豆いっぱい食べれそうじゃん。期待できそうじゃん。

花豆

花豆1
ご覧のとおり現在花豆の赤い花が満開となっている。花豆は店長も克子さんも勇気君も大好きなのである。いっぱい良い豆が取れたら来年の種を残して、後は楽しみながらみんなで食べることにしよう。冬の薪ストーブで豆を煮るのはなかなかいいものなのだ。
  1. 2012/07/08(日) 21:11:18|
  2. 花豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場のようす。

大豆
ご覧のとおりアカザが大豆の中に相当入り込み出している。ここらでアカザの勢いを小さくしておきたい。

大豆1
大豆2
大豆と同じ高さのアカザを途中で切って背を低くしてやり、大豆を日陰にしないようにいてあげる。根こそぎ取り除くことはしないでいる。とにかく地中に植物の根を張らせてスポンジのように水をいつも貯めてくれる土にしたいのだ。
去年は大豆の中で大豆はしっかり身をつけて日陰で茂っていたのだった。相性は悪くはない事は十分わかっている。

大豆4
早朝より桔梗農場へ出かけてハサミを手にアカザを切り始めた。トマト・ナス・きゅうり・へちま・かぼちゃ・とうもろこし・それから画像にある大豆畑の雑草を切り始めた。
雑草とともに作物を作っている。

藁の下

桔梗農場はミミズを見ない。この春より畑に置きっぱなしになっていた藁をどけてみてもミミズを発見することがないのだ。きんぴら農場はどこを掘ってもミミズが割と顔を出すのに。有機農法で野菜を育てる人がここをず~と使ってきていたが、やはり雑草を生やすことはなく、機械化をスムーズにするためにも作物を作らない時には畑の砂漠化を実行していた。
土に養分がないところには針葉樹のまつが最初に入り込み、やがて松葉に寄って土に養分が入り込むと広葉樹が育ち始める。それと同じように養分のない土地には麦や稲のように葉の細い植物が入り込み、畑ではスギナが代表かな。養分がある土地には葉の平たいハコベやアカザが良く茂る。
桔梗農場は悪い土ではないが、ミミズや微生物が少なすぎる。これからの農業は微生物の多い土作りに鍵があるとオイラは思っている。窒素を始め養分の多い土地での作物は早く育てるが、もちが悪く味の悪い作物を作ることになり、それは食べる人の健康を害する硝酸の多い作物を作ることにもつながっている。
一見小さくて不味そうな我が農園の作物だが、食べて納得の作物をこれからも目指し続けたい。
そう思ってハサミを持って畑をウロウロしている。
  1. 2012/07/08(日) 21:04:39|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎとにんにくの収穫を終えました。

玉ねぎ

午前11時に一番下の息子勇気君の部屋の窓から中を覗きこむと、ゲームに熱中している。窓ガラスを叩いて玉ねぎの収穫を手伝ってくれないかと誘ってみる。「ああ、いいよ」相変わらず軽く受けててくれるいいやつだった。
いざ、作業を初めて30分が過ぎると動きが止まっている。「どうした」と聞くと「めまいで倒れた」どうも調子悪そうだ。少し日陰で休んでいたらいいよと声をかけてオイラはじゃがいもとネギの作業を続ける。
玉ねぎとにんにくの収穫はそんなに力仕事ではないので、一人で十分簡単にできるものだと思っていたが、どうやら彼一人に任せていては終わりそうにないと感じた。
昼過ぎだろうと思い今日は一旦家に帰ってご飯を食べて休んでから出直そうということにして、一緒に帰ってきたらもう1時30分になる。勇気君はお母さんと午後1時20分にハードオフに買い物に行く約束をしていたらしく、収穫作業の続きは帰ってきてからということになった。
オイラは仮眠を1時間も頂いた後3時から畑に行ってオクラの除草作業とじゃがいもとネギの土寄せ作業をしたのだった。
もしかしたら自転車で勇気君登場かと思ったが、来ないので、疲れたので一旦変えることにした。
家に止まっていた車の中で彼は眠っていたのだった。
夕方5時彼を誘って再度収穫作業に出陣だ。

たまねぎ1
6時過ぎにコンテナ3箱の玉ねぎを車に積んで帰ってきた。
にんにくは自宅ではあまり使わないので、市場へ出して売ろうかと思っている。
  1. 2012/07/08(日) 20:29:30|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがいもと長ネギの土寄せ作業をしました。

じゃがいも

じゃがいも1

じゃがいも3

2週間あまりみなかっただけでご覧のとおり雑草が通りに茂っていました。雑草を小型管理機でやっつけたあとその土を根本に寄せる土寄せ作業をしました。この作業の途中管理機がガソリン切れとなり、エンジンを止めて燃料を入れていざエンジンを動かそうと思ったら・・ぷつんとスターターロープが切れてしまいました。

スターターロープ
切れたロープです。強いナイロンロープ。

スターターロープ1
手で持つ所が分解できて、中にロープの先が結ばれて仕込まれています。

スターターロープ2
スターターロープが仕込まれている部分を本体から外して残りのロープを取り出して新しいロープを仕込むわけですが、最初の頃はどうしたらいいのか方法がわからず全部分解して直せなくなってしまったこともありました。
今は平気です。ちゃんと直せますがロープを買いに行く事はしませんでした。先日靴紐が片方切れてしまったので今はもう儚い古い靴から紐だけ頂いて付け直したのです。その際もう片方の紐がたまたま車に載っていたので、それを使うことにしました。靴紐って結構強いんですよね。
靴紐の片方に細い針金を引っ掛けて巻き込み部分の穴に通します。グルグルと巻き込ませるのですが、ロールの部分に紐を外に出す為の片穴があるのです。そこから紐を外に出しながらくるくると回転させてゼンマイ部分を巻きしめていくわけです。返しの力が強くなったら片穴から出していた紐を穴から外してバネの帰るままに紐を巻き込ませるのです。
  1. 2012/07/08(日) 20:06:08|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農事ボランティア募集します。7月9日月曜日、麦刈り始めます。

かえで農場の方で育っている南部小麦が刈れそうです。
色が急に茶色も濃くなり、粒の硬さは調べていませんが、色から判断すると刈り取りオッケイでしょう。
今年は初めてイノシシの害が出ました。
麦を根こそぎ堀起こしたサークルが3つ出来ました。
昨夜ネットを巡らすような面倒な事は一切しないでいます。
飽きたらどこか違うところへ行ってくれるだろうとのんきなものです。

長期予報では月曜から天気が続くようですね。
玉ねぎとにんにくもここらあたりで収穫しないと腐り始めそうです。
来週から一層忙しくなりそうです。

麦刈りに興味のある方ぜひお手伝いに来てください。
連絡をお待ちしております。
ファックス・0263-53-5494
メール・zouridaisuki@hotmail.co.jp
  1. 2012/07/06(金) 19:38:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今年何回目?雑草刈リ始めました。

草刈り1

草刈り
[今年何回目?雑草刈リ始めました。]の続きを読む
  1. 2012/07/05(木) 19:12:00|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息子の育てていたパセリを畑に移植しました。

パセリ
周りにいっぱい生えているアカザを緑肥として埋めるのである。

パセリ1
綺麗に埋めて畝みたいなものを作ってみる。根だけ埋めて葉を出すとこいつらはちゃんと根付く。綺麗に全体を埋めてあげよう。

パセリ2

パセリ3
一番下の勇気君が自宅で育てていた鉢植えのパセリだが、大きくなってくるとこの密集なので、根は伸び悩むし水もすぐ無くなって葉が黄色状態になってきている。今朝学校へ行く彼にパセリ畑に移植してもいいかいと聞くとオッケイがすんなりと出た。というわけでパセリの大移動というわけだ。

パセリ4
いつだったかパセリが取れないとしがあった。黄色になっていてもいいからあったら出してくれないかなというおふれがアルプス市場で出たことをよく思い出す。その年には我が農園のハウスではパセリが2株大いに茂っていたが、その当時作っていたじゃが太くんに使っていたので市場へ持っていく量はなかった。今年いっぱい取れるようだったら市場へも出してみようかな。と思うが、なにせ肥料を使わないので、いっぱい茂ることはないだろう。
  1. 2012/07/04(水) 18:56:22|
  2. パセリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトアーチにボロビニールをかけるのだ。

桔梗農場
狭い桔梗農場です。家庭菜園からまだ抜け出せない感じですが、店長としてはこのくらいで精一杯だ。でも、なれというものが見についてくるから年々楽になってくる。ま、そのうちなんとかなるだろう。
楽の方向へ流れなければいつかいいものが作れると思っている。

トマトハウス
今朝7時から3時間もかけてやっとビニールを中途半端だが張ることが出来た。古い破れシートを3枚使っているので繋ぎ目がうまくいっていない。パイプを買ってきて補強してつなげようと思っているが、その作業はまた次回となった。とにかく暑い。
トマトはずいぶん大きくなってきていて、支柱を立てて引き起こさないといけない状態となった。でも、本当に引き起こさないとトマトは都合よく収穫ができないのだろうか。トマトハウスの中と外それぞれ1本ずつ支柱なしで栽培してみようかと思っている。地這トマト・・・か。

トマト

トマト1

午後涼しくなってきてから支柱にトマトを麻ひもで吊る作業をしてきました。ついでに横芽摘みと2本立てにするために4本くらい出ているところは太いもの2本だけ残して切りました。
今年は例年の4倍はトマトを栽培しているので、売るほど収穫がある見込みです。お店にも並べるし、冷やしうどんも自前のトマトだけで対応できそうです。
  1. 2012/07/04(水) 16:42:42|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼウォーキングは今日でおしまいとします。

田植え後2週間を田んぼウォーキングの日としていました。今年は3週間やりましたが、まだ膝丈まで稲が成長していません。昨年は体調不良で2回ほどしか出来ませんでした。しかしながら稲の出来の悪さは代かきの悪さで水の減りが早すぎて田の水の温度が上がらなかったことが一番の原因だったのです。
今年はよく歩きました。足腰が随分鍛えられた気がします。

田んぼ

田んぼ1
今日は夕方から息子と二人で初めて歩きました。田んぼウォーキングはやはり早朝が一番効果的ですが、泥が小さい雑草の葉の上に乗っかるだけでも効果は出ますので、やらないよりやったほうが良いわけです。今日は苗もしっかり活着してきたので、除草機を出してやりました。
明日からは水をできるだけ深く張って様子を見ていきたいと思います。
  1. 2012/07/02(月) 20:12:44|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトアーチを組みました。

桔梗農場
ご覧のとおりにトマトアーチばかりではなくて、きゅうりとサヤマメや沖縄ヘチマにもネットを付けることができました。

トマト
トマトの根元に相性のいいパセリの苗を植えました。本のとおりに行くのかはなんでもやってみないと判りません。いい結果を期待だけはしていますが、だから変わりなくてもがっかりはしないですね。

トマト1
きゅうりもトマトも小さな可愛い黄色い花をつけ始めていました。
  1. 2012/07/02(月) 19:59:58|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦刈りコンバインのメンテナンスをしました。

バインダー
昨年購入したヤンマーのバインダーです。エンジンその他の調子は今まで使っていたクボタとは違い何も心配することはありませんが、タイヤがいけませんでした。

バインダー6

チューブレスのタイヤは大きなヒビが入っていて空気がそこから漏れてしまい使い物になりません。
先ずはボディーからタイヤを外します。ビスを外してもフレームの隙からなかなか外せません。タイヤの軸の位置が高くて隙間が狭いのが理由でした。タイヤの軸の位置を直してから抜き出しました。

バインダー1

バインダー2

バインダー3

バインダー4
割ホイールなのでボルトさえ外せば簡単にタイヤ部分が外れるとおもいきや、これがなかなかうまく行きません。ホイールにゴムがぴっちりくっついているのでしょう。ゴム部分を踏んだり大きな木槌で叩いても全く動じません。釘抜きのハンマーで引っ掛けて足で踏みながらじわりじわりと一周二週と隙間を広げていき、やっとのこと外すことができました。2時間もかかっちゃいました。

バインダー5
タイヤの中にはプラスチックの輪っかが入っていました。幅広のタイヤを安定させるためのものでしょうか。タイヤとそのプラ板の間に隙間を作って、そこから貯めておいたプチプチを押し込みます。

バインダー7
あとはもとに戻すだけですが、ホイールが簡単に合わさりませんでした。万力を使って締め付けて隙間を詰めていきます。ボルトがやっと使える状態まで持ってきた時にドライバーの軸を穴に差し込んで穴の位置を合わせます。それからボルトを入れてネジを締め付けます。
あとは簡単に本体に取り付け戻すことができました。
各部分にもオイルを差しておきました。
これで安心して取り扱うことができます。

7月の10日過ぎからお天気を見ながらいよいよ南部小麦の収穫が始まります。
バインダー君、よろしくね。
  1. 2012/07/01(日) 17:10:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する