FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

水やり作業とそばの除草作業続いています。

そば開花
水やりを終えた後暗くなるまでに4通りの除草作業をしました。雨が降らないのが影響してか背が高くならないうちに開花が始まりました。雨がないことは雑草も伸び悩んでいるので除草をしていてもとても楽なのですが、いい事ばかりではないですね。

水やり作業 (1)

水やり作業 (3)

水やり作業 (5)
自然農園で使っていたホースをこちらで使うことにしました。とにかく水を汲んで両腕に持って7回の往復はやはりきついのであります。10メートル位給水口が近くなってこれはいいと思って作業を続けていると、学校帰りの小学生が元口の所で6人くらいたまっていた。「何しているダァ」と近づいて声をかけるとバラバラっと逃げるように遠のいていった。どうやら元口から大量に水が流れだして道路を川にしていた。止めようと思ったのだなと思って「わかった、わかった」と言いながら子供たちに手を上げた。
これは困った元で止めたり出したりしないと大量の水が道路にあふれて流れていってしまうことになる。何時まで経っても課題が出てきて困ってしまうな。

うろこ雲
夕方近くにうろこ雲が近づいてきた。もう秋近しだね。

追記

 
翌朝このブログを見た月パンさんが急遽除草作業をしに畑で一人頑張ってくれていた。店長は少しでも暑くならないうちにと午前中屋根上の作業をして、それからフライヤーの油を落とす鍋とそれをこすステンレス網の長年の油とり・・洗浄のために野外でその鍋に湯を沸かす作業をしていた。沸騰したのを確認してからそば畑に行ったのだが、その時にはすでに綺麗に除草さてていたというわけだった。ありがたやという気持ち以上に助かったーという気持ちが湧き上がるお昼前だった。

油鍋の洗浄 (1)

そばの除草 (3)
月パンさんがやり残しの通りをしっかり綺麗にしてくれていた。

そばの除草 (1)

そばの除草 (2)
後から自家採取の種を蒔いたそばの方もついでに除草しておいた。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/28(火) 19:01:22|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そば畑の除草作業をしなくては。

そば (2)
昨日小型管理機を使って畝間の除草作業を始めたのだが、ご覧のとおりに幅が狭すぎて倒してしまい仕事にならなかった。

そば (1)
機械で済ませる予定が、草欠きを使ってて作業となった。炎天下の仕事としてはきついので、毎日3通りを目標に続けることにした。
  1. 2012/08/27(月) 13:57:01|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギに復活の兆し。

長ネギ8
8月20日に移植した長ネギは次の日には枯れそうな姿になっていて、あまも降らずで少し心配していたのです。
少し水やりも長ネギにもしたほうがとは思ったが、長ネギは乾燥に強いと聞いていたので、地中10センチに音が入っているネギは大丈夫だろうと水やりはあえてやりませんでした。しかしながら根元の土が柔らかだったので足で踏みつけて硬くしておきました。

大根
右遠くに見えます白く枯れてしまった長ネギたちです。

長ネギ
今日は移植して1週間目です。雨は一度もありません。外側はしっかり枯れて葉は白くなってしまいました。でも中心部分から新しい葉が出始めていたので、今日はひとつ悩み事がなくなる日となりました。と言うお話でお後がよろしいようで。
  1. 2012/08/27(月) 13:26:25|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水撒き作業をしています。

空模様 (3)
今日も空には積乱雲の崩れ雲が広がり始めている。

水やり作業
水やり作業を一人でやると1時間はどうしてもかかってしまう。楽しい気持ちで挑むように心がけるために大声で詩を歌っている。

大根
大根が一番最初に芽を出した。

人参大根白菜の秋野菜の種を蒔いたので、発芽のためにどうしても水がほしいのですが、蒔いたその日から夕立がなくなってしまいました。昨日はとなり町の松本市では相当の夕立だったとか聞きましたが、その雷の音と真っ黒な雲の確認はできましたが、こちらへは来ませんでした。
夕方暗くなるまでの1時間水やりをしに行きました所その前の日の昼に職場体験できんぴら工房へきた生徒さんに畑の水やり作業もして頂きました。そのせいかがあり夕方には大根の発芽が認められました。
ありがたいことです。この大根の芽を枯らしてはいけないので、連日店長一人の水撒き作業が朝晩と続いています。

昨日の夕方は2時間もかけてしっかり水やりをしたのに、午前10時に畑に来たらすでにカラッカラでして、種まきをしてから7日が過ぎようとしているのに発芽できないでいます。むしろ発芽を始めてしまった大根には枯らせてしまうのではないかと申し訳ない状態です。1時間でさっと済ませていた水やりの時間が2時間かかるようになり、朝晩の水やりだけで少々疲れ気味という状態です。

水やり
かぼちゃ畑はアカザとヒメジオンが花を閉じて種実をつけ始めている。モンシロチョウや蜂が戯れている。今朝も早くから周りの山の上に積乱雲が育ち始めている。
  1. 2012/08/25(土) 18:51:39|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月田んぼの様子です。

田んぼ (2)
4日に一度水を入れるペースとなっていますが、水路に水が流れてこないことが多く、少々水不足気味となっています。

田んぼ (3)
根元には水草が生えております。ひび割れも目立っています。が、全体としては周りの田んぼよりも粒が多い気がします。多収になりそうな予感がしています。

田んぼ (1)
一番入り口の角に色が抜けたように白っぽい穂がありました。ざっと回ってみたところこの一箇所だけのようですが、ほっといていいものか除去した方がいいものか判りません。念には念をで明日にでも除去しに行こうかな。

おまけ記事ですが、畑で作っている大豆と端っこにおいて腐らせている藁の事も載せましょう。

大豆
大豆も順調に大きくなっていますが、雑草たちも順調に大きくなっています。収獲の時には大豆だけかまで切り取ります。今年はハンマーモアが復活したので大きな雑草も粉々に綺麗にして平らにしてくれるので・・・と思っています。今日は実はエンジンがかからないで使えないでいるのであります。

稲わら
シートでくるんで発酵させている藁は随分体積を小さくしていました。秋の収穫が済んだら田んぼ全面に撒きたいと思っています。
  1. 2012/08/20(月) 16:09:03|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの引越し始めました。

長ネギ

長ネギ1
来年麦を栽培予定のところに長ネギが鎮座しているのであります。そろそろ雑草を一回やっつけて10月の播種作業に備えておかないといけないので、桔梗農場へ引越しをさせます。
ご覧のとおり雑草の中で順調に育っているネギであります。

長ネギ2
引きぬいたネギは左側です。右側のは鍬を使って掘り出したものです。根のつき方が全く違うので掘り起こしたいのですが、手元に有る鍬では深く掘れずに傷つけてしまうものが多く出るので、みな手で抜き取ることにしました。
長ネギ5
コンテナ2箱分取れましたが、後まだ一箱分くらい取れずに違う場所に残っています。今日はこの場所のやつだけお引越しさせます。

長ネギ3
早朝より今日も動いています。前もって溝堀と藁引き少量の鶏糞を入れてあります。

長ネギ9

長ネギ4

長ネギ6
ネギは余分の葉は切り落とします。根もちぎられて運ばれてきたので少し不健康になって不機嫌になっていますので、水分を蒸発させる葉を小さくしています。
用意しておいた溝に10センチ間隔で並べてから水をかけてやりました。昨日から夕立が来ません。せっかく種まきをしたあとなのに思うとおりにはならないものです。ネギも今日雨が降らないとダメージが大きすぎるので根元だけでも水分をと思いました。

長ネギ7

長ネギ8
土寄せをして引越し完了です。なんとか午前中にここまでやり終えることが出来ました。午後は明日からのパン作りの再開で仕込み作業となります。
この夏休みに遅れがちの農事をしっかりこなすことが出来ました。しかしながら収穫時期を迎えたトマトたちは家に持ち帰っても食が追いつかず、余るばかりです。畑で腐り始めたのも出てくる始末で・・・・。
誰か農事ボランティアに来てくれればいっぱい持って帰ってもらえるのになぁと・・・・そう思う店長であります。
トマトジュースか・・・。
  1. 2012/08/20(月) 15:54:38|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大根とほうれん草の種まきをしました。

大根緑輝 (3)
大根は去年の残り種を使いました。綠輝という品種です。冬の間も保存しながらいただいていますが、保存の良い品種ではないようです。煮てもおろしても食べやすく使いやすいので毎年これを作っています。

大根緑輝 (2)
種は25センチ間隔でひと粒ずつ入れています。発芽率がとてもいいので・・・ですが今年は残り種なので・・・どうかしら。

大根緑輝 (1)
最後はくわの腹で抑えておきました。

日本ほうれん草 (2)
このほうれん草の種も昨年蒔き切れなかったものです。ほうれん草の種は自家採種のものを蒔いていたのでこれは結構古かったりして。自家採取の種でのほうれん草は出来がなかなか良くなってこないので、今回蒔いた種からまた撮り直しをしていこうと思っています。今度は種類が違うのでいいかも知れません。

日本ほうれん草 (1)
2粒ずつ蒔きました。筋蒔きして間引いていくのが普通だと思いますが、間引きの手間がなかなか取れないので、15センチ間隔で粒蒔としました。

今回も畝を立てた後に少量の鶏糞とEMテラを混ぜ込んであります。
  1. 2012/08/19(日) 11:49:37|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばは順調に育っています。

そば
ご覧のとおり今年は鳥に種を突かれることもなく順調な滑り出しとなりました。肥料の効かせたところと効かせてないところの違いはほとんど現れていません。
先日蓼科自由農場へ行った際にもろこしと例によってそばの乾麺を買ってきた。乾麺は店長が大好きなので、ついつい美味そうなのがあると購入してしまうのである。
しかし、自前のそばが取れて粉に挽けたらまた督太さんがそば打ちをしてくれるだろう。そば乾麺卒業は次第に近くなっていると今は信じている。

さて、今後の作業ですが、高さ20センチまで伸びてきたら除草を兼ねた畝立て作業となる。 [そばは順調に育っています。]の続きを読む
  1. 2012/08/18(土) 18:45:25|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白菜と人参の種まきをしました。

白菜 (1)

白菜 (2)

白菜 (3)

白菜 (4)
畝立ては午前中早いうちに済ませておいた。午後3時過ぎから肥料やりと種まきをしに出かけたが、夕立で土が重くなってしまっていて、結構苦戦の種まきとなってしまった。今回鶏糞と一緒にEMテラも一緒に土の中に入れてみた。テラは肥料促進剤なのですでに完熟肥料になっている鶏糞に混ぜてもしょうがないと思われるが、土の中にEM菌が増えることによっての変化を期待してのことです。

白菜 (5)

白菜 (6)
先日伊那のグリーンファームに出かけた際に見つけた晩生の白菜の種を今年は蒔きました。約3ヶ月かけないと物にならないわけで、それだけ長期保存が出来るのです。約300個出来る予定なので友達にもお福わけできるといいなと思って種まきをしました。
棒の先を40センチの間隔で押して穴を開けていき、種は1から3個入れていきました。このところ毎日積乱雲が現れては夕立をもたらしてくれています。あまりの大粒の雨でごまが倒れてしまったのがありました。明日も雨で白菜の種の発芽が始まりそうです。
  1. 2012/08/18(土) 18:22:26|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンマーナイフモア(残寒処理機)の修理を始めました。

前にも書いていた我が家のハンマーナイフモアの修理を日中暑い中やっています。

ハンマーナイフモア (1)
ビニールハウスの中で眠っているグリーンカッターです。昔田んぼの藁切りとして利用していましたが、重いし軽トラに乗らないし機動力が悪く田んぼまで行って帰ってくるだけで疲れてしまうのであります。せっかくご好意でただでもらってきた機械でしたが、そんなんで眠っていたのです。が、今回エンジンを取り外して利用するので生き返るというわけですね。

ハンマーナイフモア (2)
このエンジンを外して取り替えるわけであります。最大8馬力と書いてあります。

ハンマーナイフモア (3)
右側にあるのが取り付けるエンジンです。少し小さい感じ。最大6馬力とありました。さてと取り付けますか。しかしエンジンは重いですね。25キロくらいありますね。これを抱えて約20メートル歩いたら。やったーって喜んでいる場合じゃないか、どうやら腰を痛めたみたいです。。

ハンマーナイフモア (4)
エンジンを載せてみると取り付け穴位置が全く違いました。片側2つだけしかボルト止めができませんでした。が、他に道なし、これでやるしかありません。

ハンマーナイフモア (5)
何とか乗せることが出来ました。

ハンマーナイフモア (6)
ハンマーナイフモア (7)
が、プーリーの大きさと位置が微妙に違っているのであります。数は3つなのでとにかくベルトを掛けて動かしてみたいですね。
アクセルとチョークの取り付けに少々手こずりましたが、エンジンを動かすことが出来ました。
しかし、バックができません。それから作業クラッチのワイヤーがしっかり錆び付いていて動きません。
同じワイヤーは購入できないそうなので、サビつきを何とかとって使うしかありません。

あっという間に2時近くになってしまっていました。昼に帰ってこない父を心配して代表して息子が探しに来てくれました。「昼には一旦帰るってもんじゃない」バイクは走り去っていった。

3時からそばの種まき作業に出かけ、5時過ぎから錆びついたワイヤーを持って自宅で早速さびとり作業をしました。1時間半かかってやっと動くところまでたどり着きましたが、スムーズな動きとまではなかなかなりませんが、今度これで取り付けて様子を見てみようと思います。

ちなみにネットでこの機械と全く同じ型のものが出ていてオイラ2万円で入札したのですが、程度もいいみたいで10万円を軽くオーバーしてしまっていました。こうなったらやはり直さねばと火が着いたのは確かです。

2日目続きです。
ハンマーナイフモア修理 (1)
昨日やっとこ錆で固くなって動かなかったのを動くようにしたクラッチワイヤーです。なんとかスムーズではありませんが動くようになったので今朝一番で取り付けて様子を見ました。どうやら使えそうです。

ハンマーナイフモア修理 (2)
アクセルを開いてもエンジンの回転パワーが上がりません。エアクリーナーとエンジンオイルを点検してみると案の定つまりと汚れで早速綺麗にしました。
これで回転は上がるようになったので試運転となりました。

ハンマーナイフモア修理 (4)

ハンマーナイフモア修理 (3)
回転ハンマーの刃の上下位置を調節しながら作業してみました。ご覧のとおりまっすぐに走らせることができません。片タイヤのブレーキに寄って曲がることが出来るのですが、効いたり効かなかったりとなんかが変です。一周りしてこようと思い動かしていたら、畑の一番遠い所でついに家事が全く取れなくなるし、エンジンは掛かるが作動しなくなるしで立ち往生となりました。仕方なくトラクターとロープで結んで引きずって戻ってくる羽目となりました。ハンマーのついているローラーを回すため、動力を伝えているベルトがプーリの位置の違いから2本のうちの1本がすぐに外れることも明らかとなり、前途多難なこの先が見え始めました。いっそのこと1本だけにしてそのかわりもっとお高い丈夫なものに変更するという手かなと思います。

どうもギヤチェンジするところのギヤボックス内が異常のようですが、開いて見ることも出来ず埃とサビと泥だらけの塊を外から眺めて想像するしかありません。
今日はハンドルと本体の付け根部分(溶接してある)が裂け始めておりこのまま使っているとちぎれて致命傷となりそうなので、おじいさん代から知り合いの鉄工所へ持って行き溶接してもらうことにした。そのためには軽トラに乗せなくてはならず、舵取りが問題となった。今のところ問題ないのはエンジンが掛かるという事と前進1速が使えることだけです。
苦戦しながらもなんとか軽トラに乗せて溶接も済ませて帰ってきた。3000円もらいところだが馴染みだからなぁといって1500円の請求となった。ありがたや。
さて、さて、バックしないこの機械をどうやって下ろすかだ。
ギヤレバーを力いっぱいにニュートラめがけて引っ張ったり押したりしているうちに運良く入った気がした。重い機械本体をやはり力いっぱいに引っ張ってみると動き出した。軽トラにかけた桟橋から外れて傾いてもしょうがないと思いとにかくこのまま勢いで一気に引きずり落として(下ろして)しまえってんで・・・・・。
なんとかなるもんだ。下敷きになることもなくタイヤは外れ落ちていたが、滑り台のように腹をこすりながら無事落とすことが出来た。

さて、問題はギヤボックス内のオイル交換だと思っているが、どこから出してどこから入れるのかがいくらにらめっこしていてもわからないのだ。綺麗に洗ってあげて見なおせば問題解決の糸口が見えるかもしれない。


〈3日目〉
ハンマーナイフモア修理 (1)

ハンマーナイフモア修理 (2)
昨日パワーがないので今日はハンマーナイフの付いているところをチェック入れてみた。錆び付いて回転していない所や刃の付いていないところがある。カレージ掃除の時に刃が3枚出てきていた、何なのかわからなかったが捨てずにとっておいてよかった。

ハンマーナイフモア修理 (3)

ハンマーナイフモア修理 (4)
エンジンから動力を伝えているチェンカバーの中のオイルも交換した。キャップがないので調度良さそうな枝切を栓がわりに差し込んでおいた。ここには黒いゴムキャップがきっと蓋になっていたのだろうな。

ハンマーナイフモア修理 (5)

ハンマーナイフモア修理 (6)
Vベルトはすぐに外れてブレーキ役に変わってしまうので、まともな1本だけにして作業をしてみました。
草丈の低い所は順調に作業ができました。それからどういう訳かギヤの入れ替えとブレーキをかけることが出来るようになっていた。オイルの入れ替えがよかたぁ?のかな。
綺麗にまっすぐに作業が出来たので、ライ麦の刈り取り後の方へ向かってみた。こちらは藁が多いので、ハンマーの位置を上にあげて作業に入ってみた。
結果は残念ながらすぐに止まってしまった。パワー不足を感じずにはいられない。回転を上げてがランバらせると一本だけのvベルトから煙が出始める始末だった。
一先ず家に帰って対策を考えることにする。

よーく考えてみるとエンジンの乗せ換えも手だったがキャブレターだけ乗せ換えでもよかたのかなと・・・。キャブレターはエンジンに寄って皆違うのでダメなことが多いが、合わせてみてから決めてみるべきだった。

ハンマーナイフモア1 (1)

ハンマーナイフモア1 (2)
ご覧のとおりやはり違っていました。エンジンから棒ネジが出ているタイプとエンジンに某ネジをねじ込んでいくと全く正反対でありました。片側は止めることが出来ましたが、もうひとつの方はうまいネジがありません。後日寸法の合うものを購入して両側からボルトネジで止めるようにしようと思っています。

ハンマーナイフモア1 (3)
エンジンを掛けようと始動ロープを引っ張ってみるとどうにもロープの引きが悪いのである。ばらしてみると巻き取りゼンマイが切れていました。組立は非常に苦労しました。2時間あまり木陰の下に腰を下ろして苦戦していると前の畑でレタスのマルチ張りをしていた農家さんが帰りがけに「なにやってるだい」と声をかけてきた。
それからまた1時間あまりの苦戦でやっと組み立てることが出来た。あきらめないってオリンピックばかりではないのだ。
アイドリングワイヤーもチョークワイヤーも錆びて動きが悪くつかってはみたものの使い物にはなっていません。直接手でキャブに付いている部分を動かして針金留めして動かしてみました。

エンジンは掛かりました。早速ライ麦畑に直行して様子を見てみました。エンジンの馬力も2馬力アップしてますし、vベルトもちゃんと2本使えていますので期待は大きいです。

ハンマーナイフモア1 (4)
しかしながら藁に太刀打ち出来ませんでした。回転刃の心棒に藁が巻き付きます。それからどやら刃の摩耗が激しくて藁を切ることが出来ていないようです。
エンジンオイルを見てみるとやはり黒くてさらっとしているので交換したほうがよさそうです。
明日はお墓の周りの一本の大きな桐の木がよその家のプレハブ作業小屋に倒れかけていて、その木を業者に除去して貰う予定となっています。立ち会わなければなりませんし、午後は麦のセールスに出かける予定でいます。
明日は修理の時間が取れないかもしれないな。オイルとボルトネジを買いに行く程度かもしれない。

今日はご先祖様を迎えに行く日だ。朝から家周りの片づけと庭木の剪定などをしてこざっぱりに綺麗にした。昼前に迎え火をしてお墓に迎えに行った。麦のセールスも済ませて夕方にはやっとモアの修理を少しやることが出来た。それでは枕はこのへんにして今日の成果をご覧あれ。

ハンマーナイフモア (1)

ハンマーナイフモア (2)
夕方雨が降ったりやんだりしていた。実は朝一でオイル交換をしておいたので、あとはハンマーナイフの刃をグラインダーで研げれば一応やることはやったということになります。これでもまだダメだとしたらキャブレターのオーバーホールしかありません。
明日午後には曇り空になるそうなのでその時に作業試運転をしてみようと思います。

2日とも早朝にスターターロープを引いてみましたが一向にかかりませんでしたが、3日目の今日チョークを引かずにアクセル開き気味でロープを引いてみたところ2回目で見事にかかりました。頑張りすぎずあきらめずの精神ってやっぱ大事。

ハンマーナイフモア (1)
早速隣のぶどう園との堺に近い方から作業をしてみた。このへんはアカザも大きくライ麦の藁も非常に多いのでここで作業ができるようだったら問題ないということになる。

ハンマーナイフモア (3)
一度太いアカザの茎が刃に挟まってガが回転しなくなってしまうトラブルがありましたが、Vベルトが空回りしていないか気をつけて扱えば何とか行けそうだ。が、振動がひどくてあちらこちらのボルトの止めネジが外れてなくなってしまった。

ハンマーナイフモア (4)

ハンマーナイフモア (6)
木を切ってオイルキャップの代わりにしていた蓋も気がつけばどこかへすっ飛んで消えていた。代わりのゴムキャップを買いに行ったらメーカーと機械の種類と型番を聞かれたが、10年以上前の機械の部品は取り寄せが出来ないとすでに言われていたので、代用品を見つけるつもりで行ったのだがやはり無駄であった。
ホームセンターでボルトネジとオイル耐用ホースを組み合わせて蓋をつくってみた。これで持つのかはまた動かしてみないと判らない。
これでハンマーモアの修理記事は終わりとなります。

と、思ったのですが、作業を始めてからまたいくつか手を加えないといけないことが判りメンテナンスがまた始まってしまいました。

ハンマーナイフモア (1)
草や藁の抵抗が大きくなるとベルトが空回りして煙を放つのである。ひじょーに問題である。Vベルトを張るためのクラッチは全効かないのであり、これを張るようにするにはエンジンの位置をずらすしかない。所がずらすと今度はタイヤを動かすためのベルトがその分ゆるくなっていまい前に進まなくなるという。こっちを立てればあっちが立たず、あーあ人生そのものじゃん か。
ベルトを変えてみるかってんで、今にもちぎれそうな一本ベルト側走行ベルトを外して新しいのを買いにプラスワンに行ってきた。番号はもうこすれて消えてしまっているので太さと長さを当てながら選んできた。ところが、はめてみて判ったが、すでにはまっていたこのベルトは正規のものでは無さそうだ。この溝にはもっと太いものが入りそうだ。買い替えに行ってきて太いのを入れてみたらぴったり。
作業をしてみたら今度は張りすぎていてクラッチを切っても離れなくなってしまったが、作業はしっかりしてくれそうなので、これでオッケイということにした。

ハンマーナイフモア (2)
暗くなる7時まで作業は続いた。ライ麦畑の後の草刈りやっと終了となりました。地上に出ていた草と藁は全て切り刻まれました。これさえあればこれからは雑草大いに結構となりました。

さてさてまたまた追記でございます。
今日息子が黒麦畑の方をハンマーもアーで綺麗にしてくれましたが、ガソリン切れで最後まで終わらせずに昼を迎えたそうで、夕方近くに畑から移動してしまおうと出かけたのですが、ガソリンが漏れて動かせないといって帰ってきた。様子を見に行ってみたらキャブレターからガソリンが漏れていた。下にオーバーフローのネジがあるので緩めてみたが、そこからは出てこないので、ゴミが結構詰まっているようでこれは分解掃除をしろということだと判断。やっとこ外して自宅で掃除をした。エアクリーナーにもゴミがしっかり詰まっていた。
埃だらけの条件下ですごい振動をさせて動かしているのだから色々と問題発生が出てくるのだろう。

キャブレター

それから動かしてみたがどうにもパワーが戻ってこない。エンジンは掛かるが調子が出ない。キャブを外すのはとても苦労するがもう一度分解掃除をするしか無いだろう。
今回はフロートという浮き輪の奥にある部分も外して掃除をした。これ以上の掃除はないのでこれで調子が戻らなかったらやり用がない。

プラグ交換
プラグ交換もした。

添加剤
添加剤も入れた。

動いたが、やはり調子がイマイチとなる。よく見るとキャブとエンジンにつながっているビニールパイプが外れていた。しかしこのパイプは外れやすいし、折れ曲がっているのでほとんどふさがっている。曲がったまま固まってしまっているのでドライバーを差し込んでしばらく真っ直ぐになるまでほっといてから長さを短くして折れ曲がらないように取り付けに挑戦してみようと思っている。今度は外れないように針金で締め付けてとめようかと思う。


ハンマーナイフモア (1)

ハンマーナイフモア (6)

ハンマーナイフモア (5)
翌日伸ばしておいたパイプの取り付けをした。どう考えても長すぎて折れてしまう。2回の長さの調節で折れずにパイプに差し込むことが出来たが、針金で止めることは狭すぎてできなかった。1時間ほと動かして作業をしてみても外れなかったのでこれでオッケイとしておくことにした。

ハンマーナイフモア (2)

ハンマーナイフモア (3)

ハンマーナイフモア (4)
エンジンの上にある可動部がアクセルワイヤーを取り付ける部分なのだが、エンジンを動かしてからここをいじるとエンジンが停まってしまう。キャブとエアクリーナーの間にある吸入部分の口の大きさを調節する羽を動かす可動部はチョークワイヤを取り付ける場所だと思っているが、ここでしかエンジンの回転を調節できないので困っている。アクセルワイヤーの動きが悪いのは黒い塊オイルのせいかと綺麗に掃除をしてみた。もしかしたらこれでアクセルが調節できるのかも・・・・綺麗にしてみたが、やはりダメだった。
キャブの掃除を2回しても良くならないし原因がわからないので、バイク屋へ持ち込もうかと思う。
まだ当分続きそう。
  1. 2012/08/10(金) 20:16:14|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

そばの種巻き終わりました。

克子さんの入手情報によると明日の土曜から雨だとのこと。これはどうしても今日そばの種まきをしておかないとと意気込んで早朝6時半から頑張った。もちろん朝飯食ってからでさぁ。

そばの種まき (1)
昨日息子にトラクターの後ろにロータリーがついているかけ枯れたので、今日はてっきり息子が麦刈り後の耕起をするものと思って早朝から頑張ったのが本音である。
しかし、半日息子は麦のゴミ取り袋詰め作業をこなしていた。こちらも早急の仕事なのだ。
8時30に耕起を済ませて一旦自宅に帰っておやすみタイムを取る。

そばの種まき (2)
そばの種は2袋2キロ購入してきた。
日中は熱さで参ってしまうので、そばの種まき作業は3時から始めた。

そばの種まき (3)

そばの種まき (4)
種まき権兵衛で一番奥のごまの隣から蒔き始めた。正反対の道路側にしようかと思っていたのですが、なんとなく奥から蒔き始めてしまいました。
奥のぶどう園の端まで通りは続きます。幅は10メートルとなりました。
鶏糞は奥の方は撒かれていないので、成長の違いを見てみようと思っています。
  1. 2012/08/10(金) 19:18:55|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場に鶏糞撒きを行いました。

鶏糞撒き
やっと2日掛かりで鶏糞撒きまでたどり着きました。シートから外れている所は雨にあたって固まり始めています。

鶏糞撒き1
トラクターを使って撒きますが、大きな塊が入るとつまりを起こしてしまうのでスコップで入れながら大きい塊を見つけては手で砕いて入れていきます。

鶏糞撒き2
シートがかぶさらない所のは全部畑全体に撒くことができました。後は養分をたくさん使う玉ねぎやじゃがいもを作るときに使っていきます。基本的には少し足りないかなというくらいの養分で作物を作って行きたいと思っています。植物も人も栄養のとりすぎで酷い病気になることが多いものです。
作物の様子を見ながら足りなかったらやっていこうと思っています。

隣のぶどう園に近い方は鶏糞撒きをしていません。出来方の違いを見てみようということと、大豆はすごくこの土に合っているので、来年ここへ大豆を作ってもいいかと思っています。

さて、明日はいよいよ鶏糞を土と混ぜるためと、種まきをするための耕起と種まきを行います。
種まきが済んだら来年麦畑にしようとしているところに植わっている長ネギとごまの引越しも出来ればと思っています。まだまだやらなければならない事だらけです。
  1. 2012/08/09(木) 20:20:33|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの種まき準備に入りました。

そば種まき準備
右半分が強引耕起した所、右は草刈機で刈っていくところです。

そばを蒔く桔梗農場はあっという間にアカザ畑状態になっています。トラクターで耕起しておかないと手押し種まき機の種まき権兵衛が使えません。しかし耕起しても1回だけではアカザの枝は土の中で中途半端にしっかり残っていてやはりうまく種まきが行かないのです。一番いい方法はハンマーナイフモアと言う機械で地面から出ている植物を粉々にしてから耕起する方法です。この機械は果樹園で出たりんごの剪定枝などもしっかり粉々にしてしまうのです。我が家にも仙台が購入したのがあるのですが、手入れが悪くエンジンがかからず錆び付いて回転しないという鉄の塊化したのがあるのです。
昨年キャブレターの分解掃除中に部品を一つなくしてしまってついにお陀仏にしてしまったのでありました。が、もらったグリーンカッターのエンジンを載せ替えてどうにか使えないものかと今思案中であります。
おっといつものようにはなしがどんどん・・・ととととおくなっていくわい。


そば種まき準備1

そば種まき準備3
桔梗農場はトラクターで強引に耕起を半分だけしました。後半分は草刈機でなんとかかることが出来ました。これではすぐに種まきができません。明日鶏糞と苦土石灰を薄撒してからもう一度トラクターで耕起します。それにしてもこの1万5千円で買った草刈機には助けられているな。

そば種まき準備2
こちらはごま畑です。アカザ畑状態です。先日勇気くんに手伝ってもらってごまの周りの草取りをしたので、埋もれてはいますが、ごまは元気そうでした。

ごま
ここも草刈機で畝間のアカザを刈っていきます。ご覧のとおり確かにごま畑だという状態に戻りました。
明日はパン作業を終えた午後鶏糞撒きに取り掛かります。
  1. 2012/08/08(水) 19:52:01|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

除草作業に今日は専念しました。

どうやっても刈り払い機を使っていた時には3時間かかっていたのが、この草刈り機を使ってやると1時間で終わらすことが出来るようになった。大きな石や障害物が多かったので少しずつ取り除きながら今まで草刈りを進めてきた。ついに今回からそういう作業から開放されて安心して草刈機を動かすことが出来るようになった。
1時間は草刈り作業で後の1時間はアカシヤの伐採除去作業となった。
散歩で通り過ぎのおばさんから綺麗になったねと言われた。ここの除草も年4回はと思っていたのだが、この機械のおかげで6回に増えていて、その度に清々しい景色となっている。
今年に入って3回やったので、秋の風が吹くまでもう3回やることになるのだろう。
ただ、そういう時間が・・ねえか。
ぶどう園での傘がけ作業もしやすいようにと棚下と園周辺もしっかり草刈りをしました。

追記
気になっていた玉ねぎとにんにくの収穫後のマルチ外しがやっと午後やることが出来ました。
お、つ、かれ、さん。でした。
そしていよいよ麦の種まきもしないと。
  1. 2012/08/07(火) 20:14:45|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの傘がけ作業順調に進んでいます。

黒カブ君2
このところバイクはタイカブ君を使っています。これからは黒カブ君と呼びましょう。
午前中は2時間ほど草刈機で麦畑と他所のぶどう園との堺の草を刈りました。太陽が登ってからは自宅避難です。木陰の下で黒カブ君を洗ってからワックスを掛けてあげました。黒カブ君にワックスを掛けるのは初めてだね。古いワックスで10年も前の使いかけのやつだ。おお、中身がクリーム状でなくなってるわい。水色のさらさら液体ですわい。匂いは腐敗臭でないのできっと大丈夫。飲める。飲めねえか。

ぶどう
午後3時からぶどうの傘がけ作業を一人でがんばる。
半分は終わったかな。
そろそろ6時を回ろうとしている。

夕空
松本の方から雨が降り出しているようだ。頭の上にも入道雲がおいかぶさってきた。後30分くらいでここも降りだすのかな。

夕空1
南側の塩尻峠の方は青空が広がっている。
明日もこの続きの作業を朝しよう。 [ぶどうの傘がけ作業順調に進んでいます。]の続きを読む
  1. 2012/08/05(日) 23:09:49|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日刊ベリタで気になる遺伝子組み換えと除草剤と原発ニュース。

ニュースの内容は転載ができませんので、下のアドレスにアクセスしてみてください。
日本のマスコミや企業政府の思惑のせいか、世界でのニュースがほとんど入って来ませんが、命を育む農業のあり方に大きな影響があるはずです。本当に大事なことは経済を見るのではなく私達の生活や暮らしを見なおさなければならないことです。

http://www.nikkanberita.com/index.cgi?cat=writer&id=201012281117352
  1. 2012/08/02(木) 21:39:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがいもの収穫を始めました。

じゃがいも

じゃがいも1
今年もじゃがいも掘りに勇気君が参戦してくれています。ただし無料ではありません小遣いを払わないといけません。文化祭にお金が少々必要のようです。体調を崩している店長には大変助かります。自分の小遣いから支払うのであります。

じゃがいも2
葉の茂りが悪かったので今年も収穫量は悪いだろうと掘り始めました。今年種芋と一緒に入れたのは藁ともみでした。個数は少ないのですが、小芋が少なくて割りと大きいのが取れています。来年からは桔梗農場へ引越しとなるので、今から作戦を練らないといけないな。
午前7時から10時まで2時間頑張りましたが、なにせこの暑さですので途中で下が帰って来ました。
また夕方残りの収穫作業をしに行きます。

じゃがいも3
収獲の際に傷をつけてしまったものやネズミに齧られていたものなどを台所に運びました。残りコンテナ3つは土蔵と車庫とに分けてしまいました。もちろん冬場凍みが来ない土蔵のは秋から食べ始めるものです。
  1. 2012/08/02(木) 13:34:59|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆はとても元気だな。

ごま
ゆうきクンと雑草取りを済ませたばかりのごま畑ですが、もうご覧のとおりの状態です。高さ20センチくらいのものまで花をつけ始めてしまっています。

早煮豆1

トマト
トマトは葉の黄色が目立ってきた所が出てきています。きゅうりも皆曲がっていて水不足だよと言っています。トマトは一日でも早く赤くなって欲しい食材です。ナスはすでに良い物を8本くらい収穫しています。が、水茄子だけはまだ収穫になっていません。

今日は水をしっかり畝間に流してきましたので、ナスは2日後くらいには良い物が収穫できると思います。

かぼちゃもズッキーニももろこしも唐辛子もパセリもごまもどれもこれも皆養分不足のようです。化学肥料による養分過多よりは良いと思ってはいますが、収穫につながらないでは困ります。桔梗農場全体に鶏糞と苦土石灰とEM菌を撒く必要がありそうです。田んぼの済に積み上げている藁もこちらへ運んできてまこうかとも思います。
昨年生育の良かった大豆は今年もとても良く育っています。この土地は豆がとても相性いいですね。
これからそば・人参・大根・長ネギ・玉ねぎ・にんにく・白菜と秋まき野菜の作付が始まります。8月12日からの夏休み中にそばから始めますので、それまでに全体に有機資材と鶏糞を蒔いて耕起しないといけませんね。
これから数年はこの土地の土作りとなりそうです。
  1. 2012/08/01(水) 21:33:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きい草刈機が直って来ました。

現在持っている自走式の草刈機は2台あります。その内の一台アメリカ製のパワーのある方がどうにも調子が悪くなってしまいました。バイク屋さんへ持って行ってみてもらったらエアフィルターが汚れで詰まっていてそれが原因で調子が悪かったのですが、どうもそればかりでは無さそうです。しっかりみてもらったらキャブレターの中にもつまりがあったようです。オーバーホールしたのでこれで調子を見てみてくださいと言われ今日持って帰って来ました。

回転刃の研ぎ方がどうも悪かったようです。石に当たることが多かったので鈍角にわざとしていました。それが切れ味を悪くしていたようです。エンジンのパワー不足と刃の切れ味の悪さ両方の影響で機械のストレスが溜まっていたのでした。
ちなみにキャブのオーバーホール代金は10500円でありました。
  1. 2012/08/01(水) 20:34:42|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとコンバインの掃除ができました。

快晴
連日快晴で猛暑で同仕様もなく外作業が辛いのです。麦刈り後体調を崩してしまい力仕事と暑い中での作業ができないでいる。まだパワフルな動きはできないが、そろそろ片付け作業くらいはと動き出した。

コンプレッサー
コンプレッサーが携帯発電機で動くんではないかと長いホースを用意したが、やってみたら結局動かなかった。

コンバイン掃除
掃除機は使えるので、これで立ち向かうしかないが、最初は手を突っ込んで掴み出せるだけ掴み出して綺麗にしてから掃除機を使う。ゴミは針のような麦の穂先のノギがほとんどだった。黒麦のノギは長くて刈り取り作業の時も藁づまりもあるだろうが脱穀時のドラムのつまりはこのノギつまりが多かった。

コンバイン掃除 (2)

コンバイン掃除2

コンバイン掃除1
機械の中に入っている網は3/2が詰まっていました。藁とノギです。この状態でよく脱穀が出来たものだと不思議です。もしかしたらゴミと一緒に飛ばし出していたかも知れませんね。
今回暑かったこともあるでしょうがオーバーヒートで2回エンジンが停まってしまいました。椅子の下のラジエターに風を取り込むフィルター掃除をその度したのです。今回も念入りに掃除機でホコリやゴミを取り除きました。

来年は使い勝手が悪くなるのかも知れませんが、日除けを装着して刈り取り作業を出来るようにしようかと思います。午前中約3時間かけての掃除となりました。分解掃除ですのでやはり時間がかかりますね。これで来年まで安心してハウスの中にしまっておけます。

先日ぶどう棚の下で店長の代わりにぶどう作業をしてくれている月パンさんに会いました。体調の悪いのを知ってお手伝いに来てくれています。お手伝いと言うよりは店長がやれないので殆どやってくれています。ありがたいことです。秋には家族でぶどう狩りに来てもらいたいものです。
ボチボチ動けるようになってきたので、店長も傘がけ作業をしないとな。
その前にじゃがいも収穫とたまねぎマルチの片付け作業かな。
  1. 2012/08/01(水) 18:08:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する