FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

大豆の刈り取り作業順調に・・・進んでいます。

大豆 (2)

仕事をはじめる前にイナゴ取りをする。左の畦を往復してきた。この寒さでイナゴは跳ねても10センチほどとなった。だが跳ねないので目立たない。葉をひっくり返してみるとやっぱりいた。
往復で約6分で30匹くらいゲットした。なんて効率がいいのだろう。

大豆 (1)

大豆1 (2)


草払い機で向こうまでやってみた。雑草が多いので大豆だけ取り出すのに一苦労となってしまった。
やはり、1つずつ手作業でのほうが早く済みそうだ。今日はハサミが使えるほど手は元に戻っておらず、引っこ抜いてから土の付いている部分だけ折り取ることにした。
手作業だと大変という感じでいたが、これがやってみたところ一番楽だということが判った。
これで行こう。

大豆1 (1)

後から手作業でやったのは綺麗に通りを揃えていくことができて大変綺麗である。
明日はひだまりさんが幸田町からボランティアに来てくれるそうなので、刈り取り作業は午後に終了する予定でいる。
ありがたや、ありがたや。おみやげに大根とカブを持って行ってもらおう。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/31(水) 21:26:29|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大豆の収獲を始めました。

大豆収獲 (3)

大豆収獲 (4)

桔梗農場の大豆の収穫は朝8時から始めました。残念ながら夏場に付けた実はほとんどネズミに食われておりました。密集して風通りの悪い分昨年と同じように葉がいつまでも緑色をしていてほとんど枯れ落ちていませんでした。実が付いていないので、収穫と言うよりは片づけ作業となりそうです。


大豆収獲 (6)

一方田んぼで栽培している大豆の方は雑草畑化していますが、よーく見るとなかなか上出来であります。

大豆収獲 (10)

ほとんど雑草がなく大豆だけちゃんと育っているところもあります。

大豆収獲 (5)

目立たない低い所にはレンゲが花をつけているところも結構あります。

今日は草払い機と鋸鎌と剪定ばさみと枝切り鋏を持って行き、一番仕事効率の良い物を選び使おうと考えました。枝切り鋏が軽い力で切れるので使いたいところでしたが、雑草が多いので左手はどうしても雑草を避けるのに使わざるを得ず、片手で使えないと利用できないことがわかり結局剪定ばさみを使ってほぼ一日作業をしました。
午前中はそれでもあまり痛みを感じていませんでしたが、午後の作業ではさすがに右手が痛くて使えません。午後は左手でハサミを持って作業をしましたが、2時間やったら左手もグロッキーです。
剪定バサミのう~んと良いのがほしいとつくづく思いながらの作業でした。
今日は結局約半分の広さを刈り取ることが出来ました。
後半分この痛い手でやったらいけないだろうな。
丁寧な仕事はできないけれども、刈り払い機を使ってみようかな。
  1. 2012/10/29(月) 16:07:43|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの脱穀作業8割終了。

そばの脱穀 (1)

石曽根さんから譲り受けた足踏脱穀機です。今回始めた使用しますのです。

そばの脱穀 (2)

下にシートを広げてその上で作業開始。上にもビニールを掛けて埃と飛び散りを防ぎます。

そばの脱穀 (3)

そばの脱穀 (5)

今日も昨日に引き続き快晴に近い高天気です。頭を白くした北アルプスが見えます。葉や枝を含むものも一緒にメッシュの収獲袋に入れて、ハウスの乾燥棚に収めます。

そばの脱穀 (4)

後蒔のそばは今日刈り取りを済ませました。日曜辺りに雨になりそうなので、農具ハウスの中にはぜ掛けしました。

もう雨の心配はないので、そばから離れて一先ずは大豆の収獲の方へ頭を切り替えたいと思います。

月パン殿今日もお疲れ様でした。
  1. 2012/10/26(金) 13:37:34|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

玉ねぎの苗の植え付け終わりました。

玉ねぎ (1)

今日は残りの600本を植え付ける予定だ。それにしても今日は空気がツンと冷たい。風が吹いていないのがありがたい。倒れているそばの束を見ぬふりをしてとにかく植え付け作業に入った。束を広げると一番外側の葉はぬるっと腐り始めていた。雨の影響もあったのかもしれない。葉の先も黄色味を帯び始めていたが、ネギは思いの外強いのでこのくらいは全く心配はいらない。

玉ねぎ (2)

3時間かかってなんとかひとりで植え付け作業終了となった。疲れが溜まっているのか粘りと馬力がでない。休まずにボチボチとマイペースで根気よくやり通した感じだ。

玉ねぎ (3)

左側がグリーンファームから買ってきたのです。右側のがアルプス市場で買ってきたものです。二回りほど大きさが違うのがわかります。アルプスで買うのはいつも同じ人かは判りませんが、あまりに良い苗だったので名前を確認してしまいました。安曇野市の北村さんのでした。
  1. 2012/10/24(水) 16:23:36|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

田んぼの耕起作業終えました。

田んぼ (1)

昨日の雨でしっかり藁が濡れている。ということは柔らかになっていて土のなじみやすくなっているということだ。耕起するにはチャンスというわけである。朝7時から糠と籾を撒く用意に入った。
今年は収量が多かった分藁も多い。来年の代かきにまでは藁を浮かせないように土になじませておきたいがこれがなかなか難しい。ワラクサールという微生物を入れた商品も売られているが、値も高いしこの田圃の土も7年間の努力の成果でそろそろ微生物の量も多くなっているのではないかと思っている。

田んぼ (2)

米を精米する際に出る糠と籾が10袋溜まっていたので田んぼに撒いてから土と混ぜるために耕起をする。

田んぼ (4)

田んぼ (5)

普通はあら耕起をして土の塊を作るが、きんぴら農園はしっかり細かに耕起をする。
さくで米作りをしている農家のブログでしったのだが、来春の代かきまでに最低4回も耕起を繰り返してしっかり切り藁を土化していた。荒起しは常識だが、いい方法なのかはなんとも言えない。今回のやり方で来春この量の切り藁が水を張っても浮かなかったらこの田圃はもう微生物の心配は全く要らないと結論づけてもいいかもしれない。
今朝は冷え込んだ。北アルプスが雪で白くなっている。日傘し始めた周りの田圃や畑から湯気が立ち始めていた。
綺麗な景色に囲まれて仕事が出来る幸せを感じることが出来る朝だった。
  1. 2012/10/24(水) 16:11:16|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎの苗の移植作業開始。

たまねぎ

午後一番で今年ごまを栽培していたところに鶏糞を撒いてから耕起しました。

玉ねぎ (1)

防草シートを使った種まき用のマルチを敷きます。風邪が強いので風上側からUピンで止めます。向こうまで行ったら引っ張りながらさして帰ってきます。
鍬を使って裾のシートの下の土を掻き出しながら一周りします。
シートを踏みつけながら鍬で書きだした土をシートに乗せていきます。

玉ねぎ (2)

共同しても植え付けたいのはグリーンファームから買ってきたのです。ご覧のとおり黄色い葉が一層黄色くなっていました。300本分の救出作戦開始です。アルプスで買ってきたのも元気はもちろんありませんのでとにかく早めに時間を作ってこちらもちゃんと植えつけないとな。
体がもうひとつあったらと思った一日だった。
  1. 2012/10/22(月) 18:17:03|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然農場の一部を貸し出しました。

農業をするということは自給自足率を高めることです。つまりお金に頼らない生活を作ることでもあります。

家庭農場 (1)

きんぴらで使い切れない農地もあるので原発事故によって信州に避難されている人に貸し出すことにしました。
今日は玉ねぎの苗を植え付けていました。
なんにせよこうして誰かさんのために一役買えることだけでも、農地を持っていた甲斐があったというものです。大いに活用してもらえればと思います。
  1. 2012/10/22(月) 17:59:06|
  2. 自給自足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの片付け作業終了。

田んぼ (1)

最後一通りだけ残っていた脱穀後のわら切り作業をしました。4通りに田んぼの中に広げます。この作業で1時間以上かかってしまいます。これから藁切り機で細かくしていきます。予め藁束を田んぼに広げて置いておくと後で広げる作業がなくなりますので、多少楽かなと思いますが、どうだか判りません。午前中かかって終わりました。
午後からは玉ねぎの苗の移植作業が始まります。とても忙しいのであります。
  1. 2012/10/22(月) 17:52:14|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈終了しました。

稲刈り (1)

昨夜勇気くんに明日の稲刈りの手伝いを頼んでおいた。午前10時までなら手伝えるといった。だから父さんが予定していた8時からというのが勇気君の申し出で7時からとなった。
6時に息子に声をかけて昨夜の残り物を食べて準備に取り掛かった。袋や脱穀機を田んぼへ運び始めた。今年は藁切り機のついている麦用の脱穀機を藁切りのために田んぼへ運び込んだ。そんなこんだやって準備が整って勇気君に声がかけられたのは8時となっていた。
結局9時から10時までの一時間のお手伝いをしてもらったが、あぜシート外しと脱穀後の竿と足を片付けをしてもらっただけで大変助かった。

稲刈り (2)

稲刈り (5)

ひと通り分の脱穀が終わった所で米袋と勇気君を積んで自宅へ一度帰った。

稲刈り (7)

稲刈り (8)

予定していた2通りは3時10分には全て終わらすことが出来た。夕方暗くなるまでにもう一通りできると思った。続けてやることにしたが、やってみるとやはり結構きつかった。
やり通して米は全部蔵に計量してしまい込むことが出来た。
今年は今までの最高の925キロの収穫となりました。
昨年はダメでしたが、その前の年700キロを超えてやっとこの田圃での先を見たという手応えを感じていました。
まだ収量は増えるような気がしています。
今晩は新米です。
  1. 2012/10/21(日) 18:42:43|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春キャベツ(胡月)の苗を10本植え付けました。

近年はキャベツを栽培していませんでしたが、この秋に5本苗をアルプス市場で購入して植えつけた所順調に育っています。土の状態はどうやらキャベツに向いているようですので、春に向けて美味しいキャベツを栽培することにしました。胡月という種類で栽培日数が120日の晩成型です。グリーンファームさんで1本40円で売っていました。収穫後の保存も大変いいキャベツです。
収獲は3ヶ月半先になります。2月から3月にと思いますが、さすがに塩尻では成長が止まっていて4月の収獲になるのかも知れませんね。
昔乗鞍高原のアルムさんでおばあちゃんが作ったというキャベツをもらって食べたことがあります。それはそれは柔らかくて甘みのある美味しいキャベツでした。朝霧が濃い乗鞍だとキャベツが美味しくなるのだと言っていました。
  1. 2012/10/19(金) 19:15:48|
  2. キャベツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎの苗を買って来ました。

今年もいよいよ寒くなって来ました。玉ねぎの苗の植え付け作業をそろそろと思っているのですが、なかなかアルプス市場に並びません。
今日の午後伊那市のグリーンファームまで全粒粉を片付けに行って来ました。置かせてもらった時にきっと売れないだろうけれども秋まで置いてみましょうと言われていたものだから、売れ残りを片付けにというつもりでバイクで行って来ました。ところが24個おいた全粒粉は4つしかおいてなく、どうやら思惑とは違って売れているようです。続けて置いてもいいよと言われて結局近いうちに追加の全粒粉を持って出かけることになりました。
ここから本題。
お店の中をグルっと回ってみると玉ねぎの苗が3種類ほど売られていて、自分が育てている保存の効く晩生型のネオアースの苗も並んでいました。所持金の都合で100本650円の束を3つ買って来ました。

まで稲の脱穀作業が終わっていないのですが、動ける時間を見つけては苗の植え付け作業に入ろうと思っています。稲の脱穀作業は日曜日の早朝よりやろうと思っています。
  1. 2012/10/19(金) 19:03:48|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば刈り終わりました。

そば刈り (1)

そば刈り (3)

朝8時から作業に入りました。草刈機でうまくいければと思って軽トラに積んで出かけました。
既にボランティアの月パンさんが手刈りを開始しており一通り済ませたところでした。
全部で14通りかと思っていたら17通りありました。草刈機ではやはりうまく刈れませんでした。
結局手刈りで二人がかりで刈り取りをして、麻ひもで束ねて島立てをしたのですが、なかなか大変な作業でした。
塩尻も山から離れている所は日傘しているのですが、この場所は北側の山の上にある雲で太陽が隠れていて、風も冷たく寒いったらありません。
終わってから大根と今年はうまく栽培できたカブを3つ持って帰っていただきました。自宅に帰ったら12時40分でした。作業は4時間かかって終了となりました。

月パンさん、今日はありがとうございました。もう一箇所の蕎麦刈作業も都合があったらぜひご参加下さいませ。

追記
タマネギ苗を700本アルプス市場で購入してきた。とりあえず畑にまとめ植えしに行った。ら、

そば刈り

こんな状態でした。
風が倒して通りすぎていったのです。
これからすぐ伊那まで出かけないといけないので立て直していられません。
明日は早朝より稲の脱穀作業です。
立て直していられません。
  1. 2012/10/19(金) 17:23:04|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そばの刈取り始めました。

そば刈り (1)

そば刈り (2)

刈り取りのタイミングとしたらちょうどいい時となっていました。葉にはうどんこ病が入り始めています。背丈は全体に低めではありますが、高い所は60センチくらいはありそうです。

そば刈り (4)

そば刈り (8)

作業で使うものはノコギリガマとハサミと麻ひもですからバイクで出かけました。午後から、予報では夕方から雨だと予報が出ていますので、午前中できるだけやっておこうとひとり頑張りましたが、やはり歳のせいでしょうかガガっと倒れるまで頑張るということは出来ず、途中で腰やら手やら痛みが出るし、気力も萎え気味であります。
せめて半分の7通りくらいは済ませようと思っていましたが、5通りだけ刈り取りと島立てを済ませた所で帰ることにしました。
晴天での作業開始でしたが、3時間たった11時には一面に雲が広がって風もいっそう強くなり雨が降り出しそうです。自宅に帰ってすぐに昼前にはぽつりぽつりと雨が降り出してきました。

続きの作業は金曜日の午前中となりそうです。
  1. 2012/10/17(水) 12:10:21|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

稲刈り始まりました。

今年は豊作です。
とにかく感謝です。

稲刈り (1)

毎週続いていたイベントも昨日で終わり今日は一息ついて休養といきたいところですが、季節は止まっていてはくれませんので楽しむ気持ちで朝から田んぼへ出かけます。
一番端は土手に近すぎてしまってこの方向では刈り取りができませんでしたので、向こう側からこちらへ向かって刈り取ります。最初に刈り取りの一通りができていきます。

稲刈り (2)

丈も高くバインダーで束ねでた一束はいつもの年よりも重く感じます。

稲刈り (3)

午前10時ころに幼君と克子さんがお手伝いに入った。刈溜まってきたのを端からはぜかけをしてくれる。12時になり一度休憩で自宅へ帰ることにし、1時からまた再開だ。

稲刈り (8)

水口に近い所が今年はやけに水が付いていた。雨が降り続いていたはずでもなく、どうしてかなと思ったら水口から水がちょろちょろと漏れ入っていた。前に見た時にはしっかり止まっていたので油断していた。今回はしかたがないのでとにかくこの状態で刈り取りをするしか無い。機械刈りはできないと思っていたが、昨年中古で買ったこのバインダーは一輪式で刈り取ったカブの上を走るタイプなので、もしかしたら刈り取れるかもと試してみたらお見事・・・できるじゃん。

稲刈り (7)

今年は本当にイナゴが多い。刈り取りに忙しくて見逃すしかないのだが、2分ほど食料調達をしました。
へへへ、30匹ゲット、オイラしか食べない。

3時、やっと刈り取りが終わった。後は葉君に任せてパン屋へ向かった。
5時40分外は既に暗くなっている。仕込みも終わって自宅へ帰ったが息子がまだ帰っていない。このくらい中田んぼで作業ができるはずがないがどうしたのだろうとは思ったが、とにかく風呂の準備と夕飯の準備に取り掛かった。6時に息子が不機嫌そうに帰宅。
オイラが田んぼに来なかったのが原因のようだ。
息子は暗い中頑張って一人で全部はぜかけをこなしてきたという。
よく頑張りました。
ご苦労さまでした。

稲刈り (1)

稲刈り (2)

稲刈り二日目です。午前中はパンの仕事があったので昼食をとって午後2時から作業となりました。はぜかけシートは風があると1人ではできません。
今日は穏やかでした。アチラコチラでイナゴを取る人がクルマで来ていて、朝からここらあたりでイナゴ取りだそうです。オイラもおにぎり持参でイナゴ取りなんぞをするゆとりがほしいもんだとほんとに羨ましい。
克子さんと二人でシートを掛けましたが、3時に自宅へ戻らないといけないということで乗せるだけの手伝いでした。後は麻ひもで1人風で飛ばないように縛って止めました。
あした天気が良ければ脱穀ができそうでしたが、午後から雨だそうで午前中にやってしまうことは無理なので、次のお天気の良い日を待つことにします。
  1. 2012/10/15(月) 19:27:22|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯れ草の償却作業をしました。

草焼き

一度雨で濡れてしまった枯れ草もやっと今日焼くことが出来た。しかし苺の苗の移植が終わったのでその場所の枯れ草も新たに出来上がり、3日後にはまた償却作業をしないといけなくなりました。
少しづつ畑も片付いていくと、冬まじかってな気持ちになってくるのであります。
  1. 2012/10/10(水) 18:14:39|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光カブの収穫時期となりました。

ひかりかぶ

直径10センチほどの胴回りとなったカブがそろそろ揃い始めた。間引きした小さいカブと試しどりした大きいカブを持ち帰ってきた。

のらぼう菜

野口種苗から購入したのらぼう菜は固定種の種だけあって成長がまちまちだ。味噌汁の具として使うには一気に大きくならないほうが都合が良いのでうってつけだ。秋から冬の間の味噌汁の具として今年は使っていこうと思う。

次郎柿

今年植えた甘柿のてっぺんには最近頻繁に目にするモズが止まり木にしているようだ。
  1. 2012/10/10(水) 10:27:10|
  2. かぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になっていた苺の苗の移植を済ませました。

iいちご (1)

iいちご (2)

自然農園に昨年6だったか8苗購入して植えたものが今年90の苗を育ててくれました。来年は本格的に収穫が出来る予定でいますが、どうなるかは作ってみないと判りません。
苗を掘り起こして抜けばいいのですが、そのままつまんで強引に引っこ抜くものだから根がついて来ません。大きな葉が付いていると蒸散が大きく枯れてしまうので切り取ってしまいます。水を注ぎ入れたマルチの穴に根元を差し込むようにしました。今日は曇り、明日は曇り雨と予報が出ています。そんな訳で今日は最適日となりました。
いちごには大きな畝を作ってマルチを敷いて作るのがいいことは解っていましたが、昨年使っていたマルチを外すのに雑草の刈り取りをしないと外せないので、疲れ気味のオイラにはちょいときついかなと思い今年は諦めました。また元気な時にでもマルチ外しをして来年使おうと思います。
今年は大根や白菜を作る時に使っていた幅細のマルチを使って人参の種を蒔いた所をそのまま使って移植しました。同じ時に蒔いたのらぼう菜は左側の畝ですが、ちゃんと発芽して葉を大きく育っていました。
8月に入ってから2度も種まきのやり直しをしたのに、人参は水不足のせいか発芽しませんでした。
この秋の人参は諦めました。
カレーやシチューや天ぷらにはやはり人参がないとねぇ。
作りすぎたと言っていた友達農家から10キロ購入することにしました。
  1. 2012/10/10(水) 10:05:22|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道かぼちゃの種が手に入ったよ。

北海道かぼちゃ (1)

北海道かぼちゃ (2)

先日お店の森で行われた夜のマーケットで見つけた大きなかぼちゃ。のらかふぇさんが有機野菜を色々並べていた内の一つだった。初めて見たのだったので、どんな色で味なのか気になる。気に入ったらスナフキンの材料としてぜひ栽培したいと思った。

切って種をとって今乾燥させている。本体の方は小さく切ってオーブンで焼いてみた。御味の方は甘みが薄かった。色ももっとオレンジ色に近いものがいいので、スナフキンに使うにはどうもイマイチだった。
明日から毎日はちみつかけてパンに挟んで食べようと思う。
かぼちゃサンドってウマそうじゃん。
  1. 2012/10/08(月) 19:00:12|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうカスはぶどう園に戻すべし。

ブドウ畑

やっとぶどう狩りも終了となり、本格的にぶどうパンのためにぶどうの摘みとり作業を始めた。ぶどう狩りの後なので良い房は殆ど残ってはいないが、小さい房や取り残しを集めればぶどうパンに使う分は十分取れそうだ。
昨日今日と2日後分ジュースを作ったのだが、残った種と皮はぶどう園のぶどうに木の根周りに埋め返してあげている。このカスには果樹にとってとても栄養となるカリ分が多く有るのでとてもいいのである。
  1. 2012/10/07(日) 18:28:51|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔓植物と雑草退治をしています。

雑草退治 (1)

雑草退治 (3)
この袋の中にたくさんの種が入っていれ、枯れて割れるとタンポポの綿毛のように種が舞い上がっていきます。

ほうずき
草を買っていたら中からホウズキが現れました。一度種を蒔いた後自生して毎年数本生えています。
それにしても人の背丈ほどまでに雑草が積み上がってしまったぞい。
草は刈り取ってから3日目が一番燃えやすいといいます。萌えた後の草木灰はこれまた石灰のように使えるのであります。うどんこ病の予防に使えます。
この場所は将来果樹園になる予定で居ますが、苗を一度に購入するゆとりはなく、毎年2本ペースで木を増やしています。
先日ぶどう狩りに来てくれたお客さんが、塩尻で市民農園をしているところはないかなというので、化学肥料と農薬を使わないならこの場所かしてあげるよと言ったら、それは良いですね、是非と話は進んだのでした。
玉ねぎの苗を植えるそうなので、今の内に周りの雑草を片づけて燃やしてしまうことにしました。特に種をいっぱいつけて蔓植物は今の内に対処しておかないと来年大変なことになってしまいます。
桔梗農場が増えてからこの場所では野菜つくりというわけには行かず、一刻も早く色んな果樹を増やしたいと思っていました。小さいお子さんを育てている若いお母さんたちがここで無農薬野菜を育ててくれるのは実にいいことだと思います。
農園長ににとっても草刈り場が少し減るというのは楽につながりますしね。ありがたいことであります。
  1. 2012/10/04(木) 18:05:22|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苺の苗の移植を始めないとイカンな。

去年の秋に苗を購入して来て植えたのはいいが、苗は10ポットも買うことはなく今年増やしたので本格的に増やして収獲を期待しようと考えていた。この秋にランナーを伸ばして増えた苗たちを今の内にちゃんと移植してあげないと予定とは随分違った方向へ行く羽目になってしまう。

いちご (1)
とんでもなく雑草に埋もれていて、野生いちご状態になっている。

いちご (2)
でも草をどけるとマルチの穴からいちごが現れるのです。

いちご (4)
ちゃんと小さな苗たちが育っていました。
今日はイチゴ畑の苗のある場所だけの雑草退治をしました。近いうちに苗を桔梗農場の方へ移植しようと思いますが、イベントとぶどうの収穫と稲刈り麦刈りと忙しいのでどうなるかな。
  1. 2012/10/04(木) 17:43:42|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう液の作り方を紹介します。

9月の10日頃に開園してから沢山の方がぶどう園に訪れてくれました。台風が去ったらもうまともなものは残っていないだろうなと思っていましたが、意外とまだ使えそうなものが残っています。予約してくれたお客さんが全部とってしまわないとお店分をとってはいけないなと、お店で使う分は本格的な収獲を控えています。
先月より来園予約してくれた方は今日来てくれた方たちで一応全員が来てくれて終了となりました。

とったぶどうはできるだけ皮ごと使ってもらいたいと思っています。なにせ完全無農薬栽培のぶどうなんですから。皮を捨ててはもったいないのです。
昨年お店のブログでも紹介しましたが、お店でぶどうパンを作るために約3ヶ月分のぶどう液を作りストックします。そのぶどう液の作り方をご紹介します。

ぶどうエキス (1)
撮ってきたぶどうは房から粒を外して水を張ったボールに入れていきます。洗うのです。

ぶどうエキス (2)

ぶどうエキス (3)
水を入れ替えながら軽く手でかき回して浮いてきたゴミを流し出します。3回くらい繰り返してザルで水切りをしてから鍋に移します。

ぶどうエキス (4)

ぶどうエキス (5)

ぶどうエキス (9)
ぶどうの入った鍋を日にかけてマッシュしてつぶしながら煮詰めます。皮からしっかりと色素を潰し出します。ぐつぐつ煮だったら大体終了していいと思います。
熱々のうちに目の粗いザルで漉します。途中でザルを持ち上げて斜めにしたり向きを変えたりすると早く漉すことができます。

ぶどうエキス (10)

ぶどうエキス (11)
できるだけ熱いうちに瓶に注ぎ入れます。空気を入れないように渕ギリギリまで入れてからキャップを強く締めて出来上がりです。常温で保存可能となります。

このエキスはジュースとして飲んでも十分美味しいのであります。他のジュースに混ぜたりすると美味しさ倍増です。キャップを開けて空気と触れさせて冷蔵庫で保存していると、サワージュースや上手くいくとワインにもなってしまうというシロモノです。この場合出来れば熱処理してない生果汁を加えると酵母の影響が顕著となり失敗が少なくなります。
これはひとつの店長の例として参考にしていただければと思います。もっと良いやり方があったらまた情報をください。
  1. 2012/10/03(水) 17:59:48|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の片付け作業ほぼ終了しました。

とにかく朝6時家らしっかり働いた一日でした。農具小屋もできて外に出ていた管理機やシートやマルチや支柱その他ほとんどしまい込みました。
大根は直径5センチくらいにまで育っています。キャベツと白菜も球を固めるまで育つかは心配ではありますが、いい調子で育っていますが、雑草のアカザを何とかしないと日陰状態になってしまっています。
明日はぶどうジュースとケーキを作ろうと思っていましたが、早朝にでも草下記でアカザ退治に行ってこようかと思います。
とにかくパンと森整備と畑作業で忙しくてカメラを構えることをすっかり忘れて過ごした一日でありました。

追記です。10月3日
桔梗農場 (15)
先日作り始めて暗くなって中断していた物置小屋です。

農具小屋 (2)
昨日田んぼの藁置き場に使っていたホワイトシートを持ってきて小屋の完成です。今日は運び残していた農具を全部収めました。が、かご類を整理する棚がほしいかな。
  1. 2012/10/02(火) 18:05:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もち麦の種が届きました。

桔梗農場 (9)


この麦は大麦から枝分かれしており、はだか麦の突然変異から広がった麦ということです。色は紫色をしており、今まで作ったことのない餅系の麦です。
きんぴら工房ではあまり見かけない手に入りづらい麦も栽培がしやすかったり、体にも大変良いというものはどんどん作っていこうと考えています。
もち麦はお米と一緒に混ぜて炊いて食べるというのが、一般的のようですが、パン用粉に混ぜてパン作りに使ってみたらどうなるのかも大変興味があるところです。

種として購入したのですが、粒は2・3割周りを削り取られており、食べるように加工されていました。
果たして種として使えるのかは疑問形となっていますが、今年試し蒔きをすることとなります。
  1. 2012/10/02(火) 06:53:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

桔梗農場の片付け何とか終わりました。

雑草だらけになっていた桔梗農場の片付けを何とか終わらす事ができました。

桔梗農場 (1)
トラクターで整地したごま畑後です。

桔梗農場 (2)
こちらは同じくトラクターでやっつけたかぼちゃ畑後です。

桔梗農場 (4)

桔梗農場 (7)
トマトとなすブロッコリーやモロヘイヤなどが植わっているのですが、トマトアーチやトンネルアーチを片付けてからハンマーモアーくんで草だけ粉々に刈ってもらいます。さすがにひまわりの太い茎が次々と入ってくるとパワー不足で止まってしまいました。

桔梗農場 (13)
ハンマーモアーの良い所は根は残して地上部の茎葉を細かに粉砕してくれるところです。トラクターで耕起すると茎が巻き付いたりするだけで残ってしまうので種まき機が使えません。それから地中に居る生物を殺してしまいます。出来るだけミミズを始め多くの生き物が住むようになってもらえると良いなと思っています。
今のところミミズどころかカエルも見当たりません。麦畑ではミミズ・カエル・甲虫・クモが多くみられます。
後何年したら生き物がこの土地に帰ってくるのでしょうか。
桔梗農場は来年雑草を生やしながらの農業3年目を迎えます。

桔梗農場 (15)
桔梗農場には農具ゴヤがありません。ハサミやクワや紐や農業機械など、屋根のある場所がほしいと思っています。トマトアーチを片付けたのでそれを使って物置き場を作り始めました。今日は真っ暗になってしまったので、続きはまた今度ということにします。掛けるビニールは光を通さないしっかりしたものにしようと思います。
  1. 2012/10/01(月) 19:49:53|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンマーモアー完全復活いたしました。

ハンマーモアー

ベルトが2本ちぎれそうになってきてクラッチを入れても空回りしてしまうようになっていました。昨日イベントから帰ってきてから大急ぎでプラスワンへベルトを買いに行って来ました。
という訳で今度は同じ長さなのですが、太いベルトに変えました。すんなり入るのかと思ったらどうやっても入りませんので、エンジンの位置をずらしてベルト交換となりました。
ベルト交換してから試し運転をしてみると快調です。
ハンマーモアーを軽トラに積んで、今日は桔梗農場の片付け作業をしてしまおうと思います。
  1. 2012/10/01(月) 09:31:13|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する