FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

苗床土にEM菌1を50ccを入れました。

苗床土作り

苗床土作り1

仕込んだ時の温度は10度でした。
翌日の朝みてみると20度になっていました。
今日は25度でした。
順調に温度は上がっています。この温度が60度以上まで上がったら中に混じっている雑草の種は皆死んでしまうことになります。中にいる微生物たちはちゃんと生きているのでしょうか。善玉の中でも悪玉でも高温で死んでしまう菌もいれば生き延びるものもいるのでしょう。
まあ、とにかく種にとって発芽しやすい過ごしやすい苗床土になってくれればいいのですが。

今日は50ccのEM1と黒糖50gを2リットルの水で薄めて混ぜてきました。
熱を持ち始めているので、上にかけているビニールはつゆで曇っていました。 [苗床土にEM菌1を50ccを入れました。]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2013/03/27(水) 12:48:15|
  2. 苗つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼのあぜ直し始めました。

畦直し

畦直し1

畦直し2

昨年大豆を作った下の田んぼですが、畦の草刈りをするのに畦シートのはみ出し部分が大きくて機械刈りに苦労しています。今年こそもうひと堀して畦の高さまで埋め込もうと思っています。
今日はパンの手伝いが9時からなので、朝の少しの時間でも作業をしたいと思いスコップを持って出かけました。
20メートルくらいは掘ったかなと思いますが、まだ3分の1弱といったところです。
一度の全部やろうとするとまた体を壊しそうなので、毎日コツコツ進めようと思っています。

それから自宅も店も薪が全くない状態となっていますので、冬にできなかった薪つくり作業も進めないと来年困ってしまいます。この夏までには両方の薪置き場をいっぱいにまでつみ込まないとな。
というわけで今年の春は農事と林業が完全に重なってしまった。
大変と思わずに、楽しみ多く嬉しい春と思いたい。 [田んぼのあぜ直し始めました。]の続きを読む
  1. 2013/03/26(火) 23:13:27|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カビが来てしまった麦を田んぼに撒きました。

カビ麦粒の捨場 (1)

カビ麦粒の捨場 (2)

ライ麦は土蔵にしまいきれないことも有り、随分と安売りしてきたが、カビ発生で200キロ余りが販売できなくなってしまった。安く売るんで無かったと今更反省しておる次第です。これだから人生やめられないってもんだ。

ハウスに置いておいたカビのきてしまったライ麦粒とスペルト麦粒を田んぼに撒きに行きました。
畑の肥料にしようと捨てたもんなら雑草のように生えてしまうので、水をはる田んぼに撒くことにしたというわけだ。
下の田んぼは今年こそ米作りをしようと思っているので、昨年より米糠や籾を入れている。
代かき前にはかんてんぱぱの海藻堆肥も5袋くらい入れたいと思っている。
今年も美味しいお米をたくさん収穫できるように毎年すこ~しだけ努力していこうか。
  1. 2013/03/24(日) 21:12:37|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まき用の土の仕込みが終わりました。

苗床土作り (5)

苗床土作り (6)

朝8時より今回は畑をお貸ししている中村さんが同行してくれた。
森に行って枝を拾って肥料袋2つ分のチップ材を作る。
山の土には畑にはびこる雑草の種がないので土も2袋分持ち帰る。

苗床土作り (7)

揃いました。
チップ材2・山土2・籾殻1・米ぬか1
ビニールハウスの中に60センチ角の穴を掘って軽いものから入れていきサクッと混ぜ合わせる。
2リットルの水に60gのにがりを入れてよく混ぜてこの上から撒いてもう一度サクッと混ぜ合わせる。

作業時間は正味1時間程度で終わった。

この先1週間ほど毎日一回混ぜあわせにハウスに出かけると種まき養土の出来上がりとなる予定だ。

今回用意した籾殻の中には米ぬかも入っている予定でいたが全く混ざっていなかったので、明日にでも米ぬかを4キロばかり持って行って混ぜようと思う。
[種まき用の土の仕込みが終わりました。]の続きを読む
  1. 2013/03/24(日) 18:43:05|
  2. 苗つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥棚作りまだ続いています。

乾燥棚作り

棚板を打ち始めたのはいいが、このままの板を使うと全く板が足りなくなってしまう。1枚を3枚に割って棒状にして打つことにした。2段になっている棚の下の段は重い麦を並べたり取り出したりする時に、どうしもて前奥とすべらせることが想像できる。横板じゃなく縦板にしないと宜しくない訳です。
こうなったら上の段も下の段もこの棒状にして打つことにした。

という訳で棒作りに奮闘し始めた。 [乾燥棚作りまだ続いています。]の続きを読む
  1. 2013/03/12(火) 19:19:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日は東北に思いを向ける。

早朝のラジオから震災の特番が耳に入ってくる。
全国あちこちでも震災に関するイベントが行われるらしい。
中でも放射能によっての災害者はいっそう深刻で、先の見えない暮らしを余儀なくされている。

店長はいつもの様に家族の平和を守るために森や畑に出かけた。

やっと森への道の雪も溶けて今年はじめて薪作りの作業をやることができた。
息子は当てにしていた引越のアルバイトがちっとも無いらしく、毎日家出パソコンと遊び呆けている。
今日の午前中だけは息子に付き合ってもらおうと思って昨夜朝8時から薪作りに森へ行くから手伝ってくれと伝えておいた。
一番したの息子は割といつも軽くいいよと返事が返ってくる。
大学生活をするために後2週間あまりで1人埼玉へ旅立つ。

乾燥棚作り


さて、午後は昨日の続きでハウス内の乾燥棚作りの作業となった。
震災の有った時間には作業中でも1人でいいから東北に思いを向けて黙祷をしようと思っていた。
2時を過ぎると野外防災無線のスピーカーから何やら声らしき音が流れ始めていた。

ハウスから出て東の山並みに向かって帽子をとると遠くのスピーカーから長いサイレンが響いてきた。
ああ、やっぱり黙祷のためのサイレンを鳴らしていたのかと気づいた。

多くの人がほんの僅かの時間になくなり、それからまた多くの人が今も不安を抱えながら亡くなり続けている。

今の自分に何が出来るのだろうか。
何も出来やしないと思い感じるばかりだ。

この生活を守るのに手一杯だが、思いは日本がこの震災から本当に中身から変わって欲しいと思うばかりだ。

  1. 2013/03/11(月) 18:37:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

3月31日に種まきします。

いよいよ市場にも苗がチラホラと並ぶ季節となって来ました。しかしながら今朝も霜が降りていますので慌ててはいけません。今月の末からナスとトマトやピーマンの種まきをして苗つくり作業を始めようと思います。
ポットに種を蒔いて苗を作るのですが、この作業をしますとほとんど毎日朝晩の水やり作業が始まるわけです。
露地植えするまでは泊まりで何処かへ出かけるようなことはできません。

さて、その種まきの日ですが、31日の日曜日朝9時から2時間くらいでやろうと思っています。
農事ボランティアに来たい方ぜひご参加下さい。

自分の持ち種を使い方はぜひご持参下さい。
  1. 2013/03/11(月) 07:14:30|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥棚の修理始めました。

乾燥棚修理 (3)

今日の天気は日傘したり雨が降ったり強烈な強風が吹いたかと思うとピタッと止んだりと、それはそれは変なお天気でした。ハウスの中で仕事をしていたのですが、午前中は暑かったのですが、昼過ぎには強風でハウスの中野温度は直ぐに冷え込み、夕方には寒くて寒くてと言った感じでした。どうやら午後から一気に10度あまり温度が下がり冷え込んだようです。

乾燥棚修理 (1)

今年は棚の上に刈り取り始めた麦を端から全部乗せきれなくなってしまい、最初に刈り取ったライ麦から唐箕掛け作業をして袋に収めて行きました。棚で乾燥時間がたっぷり取れなかったことが、今年のカビの発生に繋がってしまったと反省しています。
今回はもっと丈夫に作り直します。3段でしたが、一番上の段は高すぎて使いづらかったので2段だけにします。棚数も増やしますが、ハウスの中での作業性を良くするために歩く通りを広く取ろうと思います。

乾燥棚修理 (8)

真ん中にあった棚を両端に分けることにしました。
奥の方から壊しながら南側に新しく作って設置しています。後2日くらいあれば出来上がりそうです。

乾燥棚修理 (5)

ハウスの中で栽培していたアスパラが棚の下になってしまうので、今年から露地栽培にすることにします。
引越しです。

乾燥棚修理 (6)

乾燥棚修理 (7)

画像のアスパラは3年目のものです。もうひとつ4年ものもあります。2つの根を掘りあげました。
果樹園の奥に引越ししようと思っています。

それから棚に乗っかっていたライ麦150キロは今年カビ臭があるので、田んぼに撒いてしまうことにしました。
大豆は120キロ余りありましたので、土蔵に運んで選粒作業後レーベンパックに詰めてしまおうと思います。
この選粒作業にまたしばらく時間が取られそうです。

  1. 2013/03/10(日) 19:15:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マルチシート今年もシュワッチと飛んでしまったわい。

アルプス市場へパンの配達に行ったあと店番を息子に任せて久しぶりに畑に出かけた。雪はすっかり溶けてなくなっていた。ビニールハウスの中にある乾燥だなの作り直しをしないといけないので、今日から作業に入るつもりだった。ところが、中村さんたちが作っている玉ねぎシートが見事に風で飛ばされていた。

いちご3

桔梗農場で作っている店長の玉ねぎシートは大丈夫だろうと思ってはいたが、心配になって見に行ってみた。

玉ねぎ1

だめじゃん。今年はあんなに丁寧にしっかりシートを黒丸くんと土で止めておいたはずなのに。

いちご1

いちごのシートは完全に隣の畑に飛ばされていたらしく、柿の木の苗木に絡まらせてなお黒丸くんでところどころ止めてあった。隣のおじさんありがとう。

いちご

今日は結局マルチシートを直すために帰郷農場で2時間あまり作業をして来ました。2日前辺りから春の黄砂が春風とともにやってきたせいか目と頭がボヤンと痛いのであります。
放射能汚染を騒がないマスコミが中国からのPM2,5や花粉が黄砂と混じって大変な自体だと言っていますが、何れにしても経済優先の考えによる環境破壊が人々の生活を脅かしていることに間違いはないようです。







  1. 2013/03/09(土) 21:51:47|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農園の干し柿いよいよ販売します。

干し柿

干し柿1


昨日冷蔵庫に入れておいた干し柿の様子を見てみるとしっかり白い粉が付いていました。一つ食べてみると少し渋みが有ったのにそれも全くなくなりいい状態となりましたので、本日午後2時間ほどかけて袋詰め作業をしました。
干し柿は糖度が高いとはいえこれから暖かくなってくるとさすがにカビの発生が心配となります。ラム酒を数滴入れて袋を閉じて保存を良くするという手もありますが、アルコールのダメな方やお菓子作りの材料にする人もきっといるでしょうから、今回は真空パックにするためにエージレスを入れました。
販売品は一袋に2個入りとしました。干し柿は手間も随分とかかるもので、僕としては高級食材と思っています。市場の相場をみてみると1つあたり50円から100円でしたので、2個入り200円で販売いたします。

先月より売りだしたにんにくも順調に売れているようでありがたい限りです。
農園の昨年収穫したものは干し柿が最後かと思っていましたが、土蔵にしまっていた大根が今年の厳しい寒さについに凍みが入ってしまいました。無駄にしたくないので干し大根に加工しようと思っています。
まだまだ沢山有るので、お店のメニューのすいとんに使ったり、市場へも持って行こうかと思っています。
お手伝いしたい方がおりましたらご連絡下さい。
お礼は出来上がった干し大根で、それではよろしく。
  1. 2013/03/06(水) 13:56:45|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する