FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

サヤインゲンの収穫が始まりました。

さやいんげん

白い花が先週より咲き始めています。
今日は15個くらい収穫しました。

赤小豆

雨降りの前に蒔いておいた赤小豆の芽がもう出始めていました。
少し遅れて蒔いた黒小豆の方はまだでした。

次郎柿 (1)

同じ桔梗農場にある甘柿の次郎さんですが、枝を折ってみたらすっかり枯れておりました。

次郎柿 (2)

それでも、やはり強いもので枯れるとわかると潔いもので新しい幹を根元から出し始めました。
農場にあるクルミも今年の寒さにやられたのか根元から新しい幹を出し始めています。
スポンサーサイト



  1. 2013/05/30(木) 17:33:38|
  2. さやえんどう・いんげん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈りってやっぱり大変だ。

たんぼ (1)

このところ草刈りばかりで刈り払い機を使うと右肩から首筋の痛みがきつくなってくる。出がけに体操をしてみると体中堅くなっていて動きがぎくしゃくしていた。
とはいえ早朝6時から雨の確率が30から一気に70となる予報だ。早い内に田んぼの畦の草刈りを終えておきたいと思って5時50分から作業に入った。
そんなわけで昨日の様な素早い動きで草刈り機を振り回せなかったが小雨が降り出してきた6時40分頃には何とか全部切り払い作業を終えることが出来た。

たんぼ (2)

田んぼのレンゲは大きく育って花をつけては順に枯らして種をつけ始めていた。
  1. 2013/05/30(木) 07:52:18|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの土寄せ作用までやりました。

長ネギの土寄せ (1)

予定してはいなかったが、アカザ君たちを見ると今の内でないと大変なことになるなぁと・・ちょっと疲れ気味だけどがんばりました。
と言っても片側だけですが。

長ネギの土寄せ (2)

すぐ横の大根はしっかりロゼット状の葉を見せています。梅雨の雨で大きな根を膨らませておくれ。
  1. 2013/05/29(水) 17:20:23|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の道沿いに今年もアスターを植えますですよ。

道路沿いの花 (1)

ハウスの中で一番最初に種まきしたアスターである。大きくなってきたものから順に定植している。
今日は24ポットの移植です。

道路沿いの花 (2)

ここは今年もワンカップの酒瓶が5つばかり捨てられていた。とにかくきれいにしておきたいと思う場所だ。
アスターはお盆の頃満開になるので、飾り花に使えてありがたいのである。
  1. 2013/05/29(水) 17:13:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハナマンテンの除草作業2ラウンド開始。

麦の除草作業 (1)

昨年ライ麦を作ったところへ今年はハナマンテンを栽培している。先日さんざん軽トラで運び出したところだったが、畝間はそんなでもないがご覧の通り背の高いライ麦がだらけ状態となっている。

麦の除草作業 (2)

ノコギリ鎌で根元から切り倒す作業をしている。まだ花が咲いたばかりなので実がないのが有り難い。来年はこの場所からライ麦は出てこないと期待している。
この作業今日は半分の広さ、濃いところをやった。
つづきはまた。

麦の除草作業 (4)

こちらは黒麦を作ったところで、ハナマンテンの中にやはり黒麦らしい麦が混じっている。

麦の除草作業 (3)

よく見ると黒麦の方が大きく葉の色も濃い。ハナマンテンは穂を出しているが、黒麦の方はまだである。
こちらも早いうちに刈り取り除去作業を進めたい。
  1. 2013/05/29(水) 17:03:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

草刈り草刈り草刈り。

今朝は5時からと思っていましたが、どうにも気持ちがわいてこない。
漢方薬を朝一で飲んでから醤油ご飯を1ぱいいただきコーヒーを入れてラジオ体操をこなして、7時前にやっと行動開始となる。

今日こそ田んぼの畦の草刈りをしないといけない。上の田はやはり草が水路からの入水口に詰まっていて夕べ雨が降ったのにも関わらず土が見える状態となっていた。詰まった草をあげて捨てようと思った目先にシマヘビ君が動かずにいる。手袋をしていたので背中をなでるとするするっと田んぼの草陰に入っていった。初めての行為でしたがどういった訳かいつもの気持ち悪さが少し遠のいた感じがした。
今年は藁の中で蛇が子供を沢山育てた様で、あちらこちらでシマヘビ君を見かけている。

それから水も飲まずに3時間ぶっ続けで作業をしてしまった。
体に悪い。

雨がまたポツリポツリと降ってきた。
まだやり残しがあるのだが、今日はここまでにしておいた。

貸し出し農場 (1)

帰りに貸し出し農場へ行ってみるとまた栽培地が増えていた。
皆さんの楽しんでいる様子がみえてくる。

貸し出し農場 (3)

中村さん、また一畝増えてるじゃん。あっちにも。

貸し出し農場 (4)

こちらは小川さんの方です。取り除いた雑草を乗せてマルチ資材に使っています。
沢山の収穫があって、お福分けがあるのかなと期待する店長である。

貸し出し農場 (2)

ワレモコウが出ていた。

除草作業 (1)

カビの病気が入っていたブドウでしたが、元気に育っています。

除草作業 (2)

昨年の落ち種のライ麦が花を咲かせ始めました。除去せねば…・一刻も早く。それにしても大量すぎるな。
そんなわけで、どちら様もよろしく。 [草刈り草刈り草刈り。]の続きを読む
  1. 2013/05/29(水) 10:33:44|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨降り前に除草作業をしなければぁ

除草作業 (1)

ぶどう園の下草は歩くにも結構邪魔になってきていた。農園を借りている人たちはいつもこのぶどう園の下を横切っていくので、雨が降ったり露で草の葉が濡れたりしたらズボンが濡れてしまうだろうと気にはなっていた。
今日は午前中3時間かけてぶどう園を中心に草刈りをすることが出来た。
まだ道路側は終わっていないが、歩くには関係所なのでよしとしておこう。

除草作業 (5)

雨降りの前に気になっていたのは、先日湯川さんが抜いてくれた畝間の麦だった。根にはしっかり土がついたままだったので根株の大きいのはまだ枯れていない。このまま雨が降ると生き返ってしまうことになりかねない。
もう麦が大きくなっているので軽トラで運び出すことは出来ないので、根株から土を落とす作業をした。
雑草をそのまま抜くと良く張った根はしっかり土を絡めるが、草欠きで根を切る様に抜くと先の細い根は土に残り根株は大きくならない。草かきの先でコツンとたたくと一発で土が払い落ちるが、細い根が残っている根株はなかなか土が落ちないのだ。後の処理を考えると雑草は抜かずに出来るだけ切り取ろう。

除草作業 (3)

除草作業 (4)

麦の出の悪かった麦畑をつぶした後大豆を蒔いたところです。きれいなところに大豆の種を蒔くと必ず鳥に食べられてしまいます。ここはアカザの芽が出始めだした頃種まきをしました。鳥は雑草の葉の緑に惑わされて大豆の芽が出ていることに気づかなかったようです。鳥による食害はありませんでした。

でも、麦がずいぶん大きくなってきていて日陰を作り始めているので草払い機で刈っておきました。
アカザはこの雨の後ぐぐっと大きく育ち大豆の生育を押さえることとなるでしょう。大豆は通りをそろえているので小型管理機で畝間の雑草を耕起してみようと思います。

  1. 2013/05/28(火) 19:04:35|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒小豆の種まきしました。

昨年採れた黒小豆の種まきをしました。
今年採れたらいっぱい食べれる量が採れる予定です。

黒小豆

種を溝に蒔いてから水まきを一度して、それから土をかぶせてからもう一度上から水を撒き完了となりました。とにかく雨がないので発芽しません。1時間ほど種を水につけてから蒔くと良いのですが、いつも慌ただしい作業となりますので予定が組めません。

今日は水やりだけのつもりでしたので、心変わりの作業というわけです。
というかつらくなってきたので違う作業を加えてみただけです。

ジャガイモ

こちら桔梗農場ではジャガイモの新葉もずいぶん出そろってきました。

ニンジンの草取り

黒田五寸のニンジンの芽も出始めていますが、やはり水不足の影響で発芽率が非常に悪くなっています。アカザの方が強いので、手で除草作業をしました。

トマト・なすの水やり

こちらはなすとトマトの水やりです。1時間ほど掛けて畝間に水をためました。
これで当分水やりの心配はありません。
根はこの水を求めて深く広がって強い成長に繋がっていきます。
  1. 2013/05/27(月) 22:39:55|
  2. 小豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯川さん、鳥注意報が出ています。

枝豆の芽が鳥たちに食べられていました。
豆は大きくなって緑色の本葉が出るまでは鳥に狙われます。
種まき後藁を厚めにかぶせておく必要がありそうです。
湯川園は大量に栽培していない様なので、藁の代わりになる黒い慣例紗シートをお貸ししますので、
どうぞお使い下さい。
寒冷紗シートはUピンで留めて風で飛ばない様にします。
ハウスの中に用意しておきますね。
何枚必要か教えて下さい。

「なぞのたね」いいね。
  1. 2013/05/27(月) 22:02:27|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベントの合間でも、水やり作業を続けます。

水まき作業 (3)

昨日のクラフトフェアーの疲れをためたまま、今朝フェアーのお手伝いに来てくれた田中さんと早朝5時30分よりごま畑の水やり作業をしました。
二人がかりなので、約1,2時間で終わるかなと甘い考えでいましたが、結局はイベントのあまりパンと水取休憩15分を加えて10時まで4時間30分ぶっ続けの作業となりました。
畑はすっかり裁く状態で雑草たちもなかなか大きくなれません。
良い様な悪い様な…・悪いに決まっている。

水まき作業 (1)

こちらは陸稲の餅米です。水やりももちろんですが、アカザがびっしり状態になり始めているので、草取り作業も行いました。体力がなくなっているので、もう四つん這いでの作業です。

水まき作業 (2)

早朝の作業でしたが、隣のぶどう園ではもっと早くから消毒散布をしており周りの毒薬のにおいが漂っていました。アカザの草の中に飛べなくなって落ちてもがいているミツバチがいました。
散布された農薬は気温が上がってくるに従って空気中の濃度が上がることがずいぶん昔から問題視されています。
田園都市と言われる田舎の空気は農薬に頼っている農業のおかげで良い環境とはいえない現実を知らなければなりません。
日差しの強さを感じ始める6時半頃から小中学校へ投稿する子供たちが横の道を歩き始めました。
  1. 2013/05/27(月) 21:56:34|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水まきを始めましたが、

ごま

ごま畑です。午前中日が昇らないうちに水まき作業をしました。この先雨降りの予報が出ていないので、せっかく種を蒔いても発芽が望めそうにありません。少しがんばってみるかとやり始めました。

ごま夕方

夕方です。水まきを始めましたが2往復したらもう元気がありません。無理せず帰ることにしました。

餅稲

隣にある餅稲です。こちらも水やり作業を続けています。芽がだいぶ出そろってきました。
でも今日の夕方は元気がないので、ごめん。

明日から完全にイベント体制に入ります。
農事は二の次となります。
ごめん。
  1. 2013/05/22(水) 19:11:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カボチャの種まきしました。

カボチャは毎年100個は作らないとパンに使う分が足りません。
昨年初地質を見ることもかねて種まきをしましたが、全く育ちませんでした。
今年は種の下にしっかり鶏糞堆肥を入れています。

カボチャ種まき (2)

穴を掘っての種まきでも良いのですが、今回は溝を掘ってやってみました。

カボチャ種まき (1)

種を蒔いて土をかぶせて足で堅く踏み込みました。
この先雨が降る予定がないようでしたので、水持ちを良くするために堅くしました。
水まきをしておきたかったのですが、今日は元気が出ません。

カボチャ種まき (3)

今年は100個ゲットしたいな。
  1. 2013/05/22(水) 19:01:04|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上の田んぼの代掻きをしました。

代掻き作業 (1)

一年ぶりに田んぼの隅に置いてある代掻き用ロータリーをトラクターに取り付けた。
下には蛙を数匹おなかに入れて満足して横たわっているシマヘビ君がいました。
画像をヨーク見るとわかるよ。

代掻き作業 (2)

下の田んぼほどではないけれど、結構草が伸びています。一回ではすき込めないほどの所もあります。

代掻き作業 (3)

午後1時半から3時半までかかってやっと終わりました。とにかく水路に水が流れてこないので、奥の方がちっとも湿ってこない。代掻きの条件が整うまでどうしようもない。

上の田は今年知人からあまり苗をいただいて植え付ける予定でいる。だから農園オリジナルのキンピカリとはならない。正真正銘のコシヒカリだ。

いただくあまり苗はいつ頂けるのかわからないので、いつ連絡が来ても良い様にこうして代掻きして水を張って準備だけでもしておかないとだめなのであった。

イベントはもう今週末だぞー、明日はケーキ焼かなきゃな。

また、頂いた後もう一度代掻きをして出始めてきた雑草の芽をやっつける予定でもいる。
2度代掻き、これも除草作業に繋がる。

代掻き作業 (4)

夕方水をもう少しためたくて、水路の口を少し開けてきた。
明日の朝までに土が見えないほど貯まるだろう。
  1. 2013/05/21(火) 21:12:12|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆と小豆と黒豆の種まきしました。

なす・トマト

大豆ネタからじゃなくてすみませんが、午前10時30までならお手伝いしても良いよというので克子さんを誘ってお店の開店時間前にトマトますなどの苗の定植作業をしました。
11時の開店時には昨日から体調を崩している葉君に11時半まで店番を頼んでおきました。
とにかく、今日の午後6時から雨となりますので、それまでに出来るだけ多くの種まきと定植作業をしておきたいと動き回っていました。

トマトますはマルチシートをして移植作業をする予定でしたが、ついつい克子さんと一緒で忘れてしまいました。
でも、昨年マルチシートを使わなくても豊作だったので、今年もまめに除草作業をすれば大丈夫でしょう。

小豆 (1)

昨年採れた小豆です。今年は種がいっぱいあります。

小豆 (2)

選粒作業をしていないので、10センチ間隔で1カ所2つから3粒ずつ蒔いていきました。

小粒の黒豆も途中まで蒔きましたが、時間がなくなり急いでお店に出かけました。

ところが留守番予定の葉君相当に具合が今日も悪いらしくお店は臨時休業となっていました。
店長も今日は大忙しなので、売るパンもないことだし農事に専念することにしました。

家に帰ったのが12時過ぎです。葉君は店のパンをアルプス市場へ配達に行ったようです。
味噌汁をおかずに食事を済ませたところは彼が帰ってきました。
事故がなくて良かったです。

大豆の種まき (1)

1時半から大豆の種まき作業に入りました。
麦が多く出ているので、後でトラクターで耕起する予定でいます。
昨年ですが田んぼで大豆を作った際に種まき後トラクターで耕起したら、鳥による害が全くなかったのです。荒耕起だったので、土の面がデコデコしていて光が奥まで届いていたことが、大豆の葉が地表に出たときにはもう青々とした葉になっていたというわけです。まだまめ状態の葉だと食べられてしまうのですが、これが良かった。

大豆の種まき (2)

午後3時、雨が降ってきました。予想よりも3時間も早い雨降りですが、丁度蒔き終わったところでした。
今年は田んぼではないので、荒耕起しても土の塊は出来ないかもしれませんが、雨上がりに耕起だと良いかもしれませんね。でも雨で柔らかくなった種まめがつぶれる恐れもあるね。
今日は耕起は無理かな。

大豆の種まき (4)

雨はいつも木曽の谷の方からやってきます。
大雨にならないうちに種まき機その他を片付けて家に帰ることにします。
恵みの雨なんだけど、軽トラのワイパーが雪の重みで壊れたままになっています。
もうちょっと良い中古車に買い換えたいな。


  1. 2013/05/19(日) 15:45:28|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールハウスの中に農業本を置きました。

ビニールハウスに本棚

湯川さんお待たせいたしました。
お店に置いている物も持ってきました。
段ボール箱の本棚ですが、よろしくね。

そうそう、これから・・とかどうやったっけ? ってな時に引っ張り出しますので、手元に置いておきたい本です。
貸し出しというより、この本見ながら作業を進めるのが良いかと。

前12冊とにかく皆さんに使って貰いたいと思います。

湯川さん長ネギに水やりはいりませんよ。
一時葉が黄色になりますが、だいじょうぶです。
長ネギはしっかり生き返ります。
  1. 2013/05/17(金) 19:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごま畑の整地作業しました。

ごま畑

昨日この作業をやったのですが、元気がなくて2間やったらダウンしました。
昨日漢方薬の午車腎気丸を飲んで2日目でしたが、今日になってやっと効き始めてきたようです。
午前中までは体中がだるいし関節痛はあるしでなかなか動けませんでしたが、午後になってから気力がわいてきました。

夕ご飯を食べて6時から畑に出かけて暗くなるまで仕事をしてきました。

トマト・なすの畝作り

トマトとなすの苗も大きくなりましたし、最期の寒波も遠ざかりましたので、定植が出来る様に畝立て作業をしました。もうふた畝左側に作る予定でしたが、ガソリン切れで今日はこれまでとなりました。

餅米に水やり

タマネギの横に蒔いた餅米ですが、雨が足りません。全く芽が出てきません。
今日は元気なので、水まきをしてみました。取水口から一番遠いところに種を蒔いたのは失敗でした。
麦も水まきをして発芽したので、もしかしてと思っての作業であります。

暗くなるまで

コウモリが飛び始めました。
もう限界だな。
けえろ。
  1. 2013/05/17(金) 19:48:25|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメ元シリーズ?稲苗再挑戦します。

大豆の種まき (4)

稲苗再挑戦 (3)

どうですか、すっかり変態しています。
潔く全部捨てまして、トラクターで6回ほど代掻きをしました。
水は多めにして泥の移動を容易にしました。
時間にしてここまでに戻すのに1時間ほどかかりました。

昨日穂高の友達にこれから萎え作りをしても間に合いそうですかと電話で聞いてみたところ、今からじゃあ間に合わないねと快い返事を貰った。

と言うわけでダメ元でやり出しました。
同じ事を繰り返しません。
今回の作業はしっかり代掻きをして縁に水路を作らないことにしました。
だから水持ちが良くなるので、毎日水を入れないでも良い気がしています。
とにかく実験です。勉強です。

稲苗再挑戦 (1)

稲苗再挑戦 (2)

泥状にした物の泥の移動は結構大変です。ここの深さは50センチほどあるのでもう沼状態です。中に入っての作業はできません。縁からレーキで土の移動をします。

稲苗再挑戦 (4)

稲苗再挑戦 (5)

仕上がりました。今回は水による温度低下をさせない様に水路からの漏れ水を直接田に流す様に手前にはいせつ口をもうけました。

今日明日のうちに種を蒔いた苗箱を仕込みたいと思います。

[ダメ元シリーズ?稲苗再挑戦します。]の続きを読む
  1. 2013/05/17(金) 13:16:26|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネズミ注意報が出てます。

Yさんの枝豆

Yさん家族が先日ポットに蒔いた枝豆はネズミ君にしっかりほじくり出され食されてしまったようです。
ねずみ取りの新しいのがあったら仕掛けておいてあげたいのですが、在庫がないので・・ごめん。

Yさん、枝豆はもう直まきしても良いですよ。
カボチャもモロコシも…とにかくもう暖かいので畝を作って直まき開始です。

農業の仕事はその人・土地・生活環境でいろんなやり方があります。
正当なやり方に固執せず、自分のやりたいやり方を見つけていってもらえればと思います。
農業本をハウスの中においておきますので、一つの方法として参考にしてみてください。
マルチシートを一つお貸しいたしますので、それも活用するなら使ってみてください。
ハウスの入り口においてあります。
  1. 2013/05/16(木) 17:57:07|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごまの種まき終了しました。

本日午後3時からごまの種まき作業に入りました。
残りあと半分だったので気は楽でした。
今日相変わらずの強風の中での作業です。
今日は袋から直接つまんで蒔きました。
なので袋の丈を短く切り開けたのです。

ごま畑

種まき終了後畝間の草刈りをしやすくするために高くなっているところを草かきで削って平らにする作業も少しやり始めましたが、どうにも体がだるくていけません。少しだけやってやめました。
つづきはまた。

長ネギの土寄せ作業も気になったので始めました。

長ネギ土寄せ (2)

ご覧の通りアカザがびっしりと生え始めています。大きくならないうちに、今のうちに土寄せしなければ。

長ネギ土寄せ (1)

と、やり始めたのは良いのですが、この畑は石灰分が多いらしく土がやたらと硬くなります。この場所は歩いていた場所なのですが、草欠きの刃が軽く入りませんので、鍬の様に突き刺して削り取ります。
だるい体には応えますので、やはりここらでやめることとなりました。
明日小型管理機を持ってきて機械で耕起してから土寄せをすることにします。

おまけですが、この畑は有機農家に長いこと貸していた畑であります。隣の農家の土地も一緒に借りていたのですが、その農家の方が何でこんなに石が多く入ったのかと怒っておいらに話すのでした。
貸す前の土の状態を知らないおいらはどれだけ増えたのかは想像できませんが、この石はセメントやコンクリートの塊がついている物が多いので、コンクリートに混ざっていた物だということはよく見るとわかります。
なぜこんな物が入るのかというと、有機肥料を作るときの材料として家屋の解体時に出る産業廃棄物を使っていることが良くあります。特に木材片をそこからとるのですが、木材だけ積み上げているのではなく、全部一色単に野積みされたところから簡易選別をして使われているようです。

友人がその現場に関わる仕事をしていたことが有り、おいらにその酷さを教えてくれました。もちろんその仕事を長く続けることはありませんでした。
有機肥料の中に石が覆いようでしたら、要注意です。
とにかくセメントも加わっているのですから、土は硬くなるのは当然です。

石拾いをしきりにやっているわけですが、石の様に硬い土の塊もとても多いのです。
この畑にミミズや微生物が入り込むのはいつになるのだろうかとそれを楽しみに関わっています。
  1. 2013/05/16(木) 17:28:15|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葱坊主の収穫でもするか。

長ネギですが、定植したばかりだと思っていたらもう葱坊主が出来てきた。

長ネギ (2)

みんな一緒に帽子をかぶったみたいで少しかわいらしさがある。
種を取るのならこれで良いのだが、まだまだ大きく太く育てたいのでこの葱坊主をとる作業をしないといけないのだ。アルプス市場ではこの葱坊主を食用として売っていたので、天ぷらや味噌炒めにでもして食べてみることにする。

長ネギ (1)

葉先の黄色かった下仁田ネギだったが、さすが長ネギ元から色の濃い葉がしっかり生長していた。
長ネギは簡単だからどなた様も作ろうではないか。
  1. 2013/05/15(水) 19:29:38|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カッコウの下でごまの種まきを始めました。

午前7時からごまの種まき作業をしました。

ごまの種まき

畝の頭に10センチ間隔でくぼみを作っていきます。一通り約300回つついていきます。
たいした作業ではないのですが、何せ数が多いので肩や腕が痛くなってきます。

カッコウ鳴く (2)

カッコウ鳴く (3)

日差しも気温もきつくなってきた頃やけに近い頭の上でカッコウが鳴き始めた。

今日は風が強くて種まき作業もままならない。素での左手に種を少し袋から開けておき、右手でひとつまみしながら穴に2粒ずつ落としていく作業だ。左手を広げると強風で種が飛び散る。
作業にならない。
11時まで4時間かかって、半分もいかなかった。

簡単な作業だったが4時間で十分腰も腕も背中も痛くなった。
今度の雨までに種まきを終えておきたいものだ。
  1. 2013/05/15(水) 19:17:57|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗ですが、ひどい状態です。

稲の苗 (1)

今日アルミ蒸着シートを外しました。

稲の苗 (2)

水の流れが少なかった奥の所だけ、生育が良かったのですが。

稲の苗 (3)

8割がひどい状態でこのままでは使えそうにありません。
今年は特に力を入れて苗床を作ったので、正直ショックです。
疲れている体にとっては大変な毒となっています。

今からやり直すべきか…悩んでいますが、
今夜穂高のお友達に電話を入れてみのる式の苗が余る様なら頂きに行こうかと思いますが、
こう毎年毎年失敗を繰り返していたのではお気楽な店長も気落ちせざるを得ません。

来年は実る式の苗を作っているところを見学してからやらないとどうにもいけません。

さて、それでも8割復活をかけてこのまま様子を見ていくこととします。
  1. 2013/05/15(水) 18:38:43|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウスでの苗作りの様子。

苗作り (1)

苗作り (2)

苗作り (3)

苗作り (4)

苗作り (5)

中村さんの苗ポットにきの子がいっぱい発生している。
食用キノコだときっとうれしいのだと思うけど…・。
小さい苗ですけども、カッコウも鳴いたし定植してもいいね。
でも、もういっかい寒波到来予定なのでそれが過ぎたらがいいかな。
  1. 2013/05/14(火) 21:02:03|
  2. 苗つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年一回目の除草草刈り作業です。

草刈り作業

やはり雨が降ると麦と同じように雑草も一気に背丈を伸ばしている。
田んぼの畦草までは手が回らないが、ビニールハウス周辺やブドウ棚下の雑草を今日夕方がんばって草刈りをした。
背の高い麦草はこの機械では刈れないので、草払い機を今度持ってきて刈ろうと思う。
  1. 2013/05/13(月) 21:12:42|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場の春蒔き小麦の様子。

かえで農場

かえで農場の黒麦は順調に葉を伸ばしていた。この土曜日にもう一度雨が降ると10センチ以上になることだろうと期待している。

今日ハナマンテンの除草作業をしたときにカッコウの声を今年初めて聞いた。
いよいよ路地の種まき作業の開始の合図だ。

ハナマンテン

ハナマンテンの草の中には小さな穂を持った茎が出来ていた。
あと1週間で穂が40センチほど伸び始めてくるのだろう。

とにかく麦の成長の時期に入ったことは確かだ。
  1. 2013/05/13(月) 20:51:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稲の苗床のトンネルの開け閉めを始めました。

朝一で水やりに行っている。水温の差をつけない様にするには、もしかしたら夕方だけにした方がいいのかなとも思いながら…

たんぼ (1)

今日から朝生育の良い側のトンネルを開けて温度を上げない様にすることにした。どれだけの効果があるのかはわからないが、やらないよりは良いだろうくらいの気持ちである。

たんぼ (2)

たんぼ (3)

ご覧の通りアルミ蒸着シートがしっかり持ち上がっているところと全くというところが出来てしまっている。持ち上がり箇所が3分の2くらいになったら蒸着シートを取り外そうと思っている。
今日の日差しも強いので、夕方いったらもう外せるかもしれない。
  1. 2013/05/13(月) 16:38:43|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の上作業に助っ人登場。

今朝6時頃にメールチェックを入れると昨夜農作業のお手伝いをしたいとの連絡が入っていた。麦畑の除草作業に追われているだけにこれは助かると思って快諾の返事を早々に出しておいた。
9時にお店で会ってから早速畑へと向かった。以前からお店のぱんやアルプスでニンニクを購入してくれていたご夫妻であった。またどうしてお手伝いをと聞いてみると、以前からブログを見ては行きたい期待と思っていたそうで、なかなか機会が出来なかったのだということだった。松本市に住んでいるそうなので、もしかしたらこれから先ちょくちょく手伝ってもらえるかもしれない。

麦の除草作業 (2)

さて除草作業は3人となって、ペースは断然速いのであった。作業をしながら農業をしたいという話を聞いて、今年麦の生育のだめだったところをお貸しすることにした。
ジャガイモもまだ間に合うので、早急に二人で植え付け作業をするといいと勧めた。
午前中しっかり二人にお手伝いしていただいたおかげで、2日掛かりかなと覚悟はしていたこの作業ったが、この分だと一人でも午後がんばれば今日中に終えることが出来そうだ。

麦の除草作業 (1)

麦畑には猫の足跡がよく見られる。3年ほど前までは狐の足跡が目立っていたが、最近は全く見られない。
猫になった気分で想像してみると畑の中を斜めに横切るのは相当に気分がいいかもしれないな・・などと思いながら手を休めた。
[麦の上作業に助っ人登場。]の続きを読む
  1. 2013/05/13(月) 16:31:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ごまと大豆とかぼちゃの種蒔きを考える。

大豆やかぼちゃは種を播いてから雨が降ると3日もあれば発芽してくれるが、毎年ごまの発芽はまだかまだかとはらはらし、発芽してこない所は何度も播きなおしをする事が多い気がする。
昨年は11日のごまの種蒔きを皮切りに種蒔き作業に終われてが、今年は寒さがまだ厳しくて例年よりも遅らすしかないようだ。
兎に角自然の速度で農事を行う身としてはカッコウの声を聞かないうちは安心して種蒔き作業が出来ない。

渡りをする鳥たちは地球の気候の事をきっと人間よりも判っているのではないかと勝手に想像している。
だからまき時はやはり桜や鳥に教えてもらうのが一丸なのだろうと思っている。
もうしばらくの辛抱だ。
今は晴れの日にすぐ種蒔きが行えるように準備しておくことが仕事となっている。

15年程前から姿を消した留鳥のオナガをこのところ自宅付近で見かけるようになった。青色が目立つきれいな鳥だ。もしかしたらカケスと見違えているのかもしれないが、長い尾を下に下ろして3匹5匹と集団で移動している。
もう絶滅してしまったのかと思っていた。
  1. 2013/05/12(日) 15:43:38|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恵みの雨やっと到来。

とにかくダメ元でと春に蒔いた麦でありましたが、雨が降らないので発芽してこないのでした。
泣きっ面に蜂状態というわけで、我慢できずに手作業で水まきをしたのでしたが、やはり何時間も降る自然の雨にかなうわけがありません。

麦と雨 (2)

麦と雨 (1)

上の画像は夕方雨が降り出したばかりの時のものです。土はまだぬれていません。

久しぶりに水たまりを土の上に見ました。有り難い景色です。

明日からまた晴れになり気温も上昇するとか。
しかしながらその後もう一度寒波が日本列島を覆うという予報が出ている。

いつまでたったら平均して暖かい日が訪れるのだろうかと思うが、虫や植物はだまされてショック死するものも出るが、晩生のものがちゃんといる様になっているものだから心配いらない。
大きくて元気なものは先発隊。こういう不安定な季節の時にカバーしれくれるものは皆それよりも小さい弱いものということで、自然界は不思議でおもしろい仕組みとなっている様だ。
  1. 2013/05/12(日) 07:57:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稲の苗は半分順調みたいです。

たんぼ (1)

たんぼ (2)

アルミ蒸着のシートの下では順調に芽が伸び始めているようです。シートが持ち上がってくるのでわかります。
でも全く持ち上がってきていないところが半分ほど有ります。水の入り口に近い方側であります。
地温の上がり具合がやはり低いのでしょうか。
今年はとにかく寒いので、トンネルをかけないと今頃全く芽が出なかったのではないでしょうか。
針の様な葉が5センチほどになったらアルミシートを外して畦を高くして水に尽かせる予定です。
育成差が出来てきている様なので、今年は兼ね合いが難しそうです。

たんぼ (4)

下の田んぼにはレンゲが咲いていましたが、寒さで咲き始めた花もすぐに枯れているようです。

たんぼ (3)

田んぼの畦にはタンポポが咲いていますが、オレンジシジミが停まったのでチャンスとばかり1枚とりました。
僕は蝶が大好きです。それにも関わらず名前は知らないのであります。名前は勝手につけているのでありまして、オレンジシジミは正式名ではありませーん。

  1. 2013/05/10(金) 16:41:32|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する