FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

日曜日の午前中いちごの苗の移植作業します。

きんぴら農園の夏野菜は今年だいぶいけなかったですね。昨年もひどかったのですが、今年も駄目でした。
思い切った土地改良が必要と感じました。

そんなわけで夏野菜の片付け作業、少し早いのですがやってしまおうかと思います。
それと楽しいいちごの苗の引っ越し作業をしようと思います。
お手伝いに来て頂ける方は日曜日の午前中お店が開く前に一仕事しちゃおうかと思いますので、是非ご参加下さい。

畝は作ってありますのでマルチシートを引いて穴に今年ランナーが出て育った苗たちを集めてきて移植して貰う仕事です。
朝8時から10時か11時頃までの予定です。
時間にゆとりのある方はぶどう園の草刈り作業もして頂けると有り難い。
帰りにはお店でコーヒーサービス致しますので、パンでも買って食べていって下さい。
スポンサーサイト



  1. 2013/08/30(金) 17:07:40|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きんぴら農園ぶどう狩りいよいよオープンです。

きんぴら農園のぶどうは完全無農薬栽培しているものです。
基本はお店のパンの材料として栽培しているものですので、見かけの悪いものが多く混ざっています。
今年はぶどうパン以外にぶどうライ麦も人気商品となりましたので、お店分を50キロほどあらかじめ収穫してからのオープンとなります。

さて、ぶどうの房もずいぶん色づいてきました。
ナイヤガラはやはり病気が急激に入り始めています。
糖度が増すにつれて茶色い粒も多くなっています。
よってナイヤガラは販売出来るものはほんの数キロとなる見込みです。
昨年1キロ350円で販売致しましたが、安すぎるのではという声をずいぶん頂きましたので、今年は400円にさせて頂こうと思います。
切りはさみはこちらで用意してありますが、取って頂いたぶどうの入れ物を持参して頂ければと思います。
袋よりも箱の方がつぶれなくて良いと思います。
それから今年は一件10キロまでと制限を設けたいと思います。
多くの人に来て貰いたい思いでいます。

ぶどう狩りオープンの予定日ですが、今年は9月の21(土).22(日).23(祭日)の3日間としました。
その他の日も都合さえ合えば平日も対応したいと考えていますので、お問い合わせいただければと思います。
0263-53-5494(留守電の場合は用件と名前電話番号を入れておいて下さい)
  1. 2013/08/29(木) 19:00:34|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スターターロープの交換しました。

午後3時からいちごの移植作業に取りかかろうと出かけました。ごま畑の左側に新しく大きないちご用の畝をこしらえようと機械を出しましたが、土寄せ用の小型管理機フラミンゴちゃんのスターターロープが先日切れていたことをすっかり忘れておりました。

スターターロープ (7)

スターターロープ (1)

スターターロープ (2)

以前切れてしまったときに靴紐で応急処置して使っていたのでしたが、一年近くも良く持ったものです。
こういうことも度々あるので、専用ロープは用意しておくことにしています。ハウスに取りに行ってきてさっそく修理開始です。

スターターロープ (4)

スターターロープ (5)

スターターロープが巻き付くコイルケースを外してロープを仕込みます。引きの取って部分を口元まで持ってきてロープを回転盤のケースの中でたるませてから、たるんだロープが巻き込まないように回転盤の丸い溝から出して逆方向(時計回り)へ5回転ほど回していきます。ゼンマイが戻ろうとする力が強くなってきたら溝から出していたロープを回転盤に巻き付くようにして戻しますとたるんだロープがきれいに収まるというわけです。

もう何回もやっているので10分くらいの作業時間で済みました。
  1. 2013/08/29(木) 18:37:06|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラクターのオイル交換とバッテリー液の補充をしました。

今朝から麦畑の耕起作業をトラクターでやっている。前回オイル交換をしたのはいつだったろうか、どうもパワーが落ちているようにも感じる、そう思っておいるチェックをしてみた。

トラクタ整備 (1)

左側のパネルを外すとオイルゲージが下の方にあるので、抜いて色をチェックしてみると炭のように真っ黒だった。
やはり交換時期だった。

トラクタ整備 (2)

エンジンの底をのぞいてみるとボルトが二つあった。それぞれ膨らんでいる部分にオイルが貯まるのだろう、この2カ所のねじを外してオイルを抜く。
5分ほど待ってしっかり落とした後ボルトを締めて新しいオイルを上のキャップの穴から入れるのだが、結構オイルが入りそうだ。ゲージを確認しながら入れると4.5リットル入った。

パネルを外したついでにバッテリー液の状態もチェックしてみるとローレベルだった。足す必要がありそうだ。
昨年コンバインのバッテリーに補充しておこうとかっておいたのがあったので、それを使うことにした。

トラクタ整備 (4)

トラクタ整備 (5)

6つある補充穴全部に入れていったら未開封のこの補充液が全部終わってしまった。
大食いだった。
ロータリーの方もオイルを補充しないといけないような気になってきた。
手持ちのオイルがなくなってしまったので、後は次回ということにした。
オイル交換したので明日からの耕起作業にいい影響が出ることを楽しみにしよう。
  1. 2013/08/29(木) 16:33:01|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦畑の耕起作業3回目です。

麦畑耕起作業 (2)

早朝より全くの快晴である。文句なしの好条件。
なにがってさ、トラクターに乗っての作業だべ。

麦畑耕起作業 (1)

今の内にやっつけておかないとトラクターではきれいに耕起できなくなってしまうのだ。

麦畑耕起作業 (3)

麦畑耕起作業 (4)

ここでの雑草の種類はアカザはなくなり、イノコズチとスベリヒユの2種類だけだった。
スベリヒユはこの間摂っていって太い堅い茎は取り除き軽くニンニクと炒めて酢みそで味付けして食べたのだった。味噌が少し多く入りすぎてご飯が進んで困った。

麦畑耕起作業 (5)

郷から麦畑を順々に耕起していくつもりだが、今回で収穫後3回目となるのだが麦の種蒔きまであと何回この作業をすることになるのだろうか。農道の北側を今回やったのだがタンクの燃料が半分終わってしまった。約20リットルかな。燃料代も結構掛かってくる。そう思うと緑肥にもなる雑草を大いに育てておいてハンマーモアーできれいに処理して耕起一回だけというのがやはり理想だなと思う。 [麦畑の耕起作業3回目です。]の続きを読む
  1. 2013/08/29(木) 15:58:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの様子。

田んぼ (1)

左側上の田んぼは穂が出そろった感じです。1ヶ月遅れの下の田んぼは穂が出始めたばかりです。緑色は相変わらず濃く、窒素が多いので味の方が少し心配でもありますが、昨年栽培した大豆が残してくれた窒素ですので余分と言うことはありません。しっかり頂きたいと思うのであります。

田んぼ (2)

午前中2時間あまり草刈り作業をしました。右手が痛くなってきたのでやり過ぎないうちに今日は上がりです。
久しぶりに店に行ってこれからナッツクッキーを焼きに急いで行きます。

田んぼ (3)

田んぼ (4)

田んぼ (5)

畦にはきれいな花を付けた雑草たちがあるのですがここで一度全部刈り払います。
露草の青い花びらがまぶしいくらいに輝いて見えました。 [田んぼの様子。]の続きを読む
  1. 2013/08/27(火) 18:36:36|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種蒔き種蒔き。

今朝一で蕎麦畑に行ってきました。
きれいに芽が出そろっていて思わずよかったーとつぶやいた次第です。
でも、芽が出てこないものがありました。
ほうれん草でした。
種が古くても出たのもあれば出ないものもやはりあるわけでして、ほうれん草は全く出ておりませんでした。
明日種を買いに行ってきてまき直しをするか。
自家種がやはり古いのですがいっぱい有るのでそれをまき直してみようかと思います。

明日は田んぼの畦の草刈り作業から始めます。
  1. 2013/08/26(月) 20:47:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの傘掛け作業しています。

ぶどう傘掛け (1)

朝7時からぶどう園で作業開始です。松本方面の空は雨が降っているのではないかと思わせる感じでした。1時間ほど作業をしていると雷の音が遠くから聞こえてきました。この分だともしかしたら雨が降るかも知れないなと思い朝の水やり作業を見合わせることに決めて、傘掛け作業に専念することにしました。

イノコズチ

ぶどう園の支柱付近は草刈り機掛かりではかれないので刈り残しが結構あります。中でも蔓植物とこのイノコズチはこの先の収穫作業を面倒にするので手で引っこ抜きながら作業を進めています。
イノコズチは食用にもなりますが、馬鹿といって種がやたらとズボンや服につくのでやっかいです。花が咲いている今の内に片付けないとね。

傘に使っているのは紙製ではなく、何年も使えるようにとポリ製のものを使っています。昨年予備として用意しておいた200枚も今日使い切りましたが、まだ房があちらこちらと残っている状態です。
昨年よりもだいぶ収量が増しそうでうれしい限りであります。

柵状に育てているぶどうは今年下から上に枝を立てていこうと思っていましたが、面倒が見れなくて房が皆地面に近いところとなってしまいました。ずぼらなおいらには上から垂らしていくやり方がやはり良かったのかなと反省しましたが、この冬の選定で今年の枝を折りのように立てて残せばまた違ってくるのかも知れません。

今日は雨が激しく降ってくる午後1時までしっかり熱中して作業を5時間も続けてしまいました。
道理で首がやたら痛くなってくるわけです。
掛ける傘がなくなりましたので、今年はこれでおしまいとします。
  1. 2013/08/23(金) 14:49:39|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早速秋野菜の種まきを始めました。

秋野菜の種蒔き (1)

秋野菜の種蒔き (2)

秋野菜の種蒔き (3)

秋野菜の種蒔き (4)

秋野菜の種蒔き (5)

秋野菜の種蒔き (6)

ハウスのタネ置き場から集めて持ってきたタネです。毎年残り物を蒔いているのでありますが、販売年度を珍しく確認してみたら、あーらあら、2003年度かい、古いなぁ2008年度は割と新しいじゃん。
困難でほんとに発芽するのかい。もしかしてなかなか発芽してこない黒田五寸人参は古すぎた種だったりして。
でも、人参は発芽が遅いからね、きっと大丈夫だもう少し待ってみようか。
サラダカブは今年買ったんだ。

種まきを終えてからしっかり草欠きの腹でもう一度抑えてきた。
水撒きはしないでおこうと思う。タンクで水を運ぶのも大変だし、水撒きで朝晩この広い畑を1人では撒ききれないことは明らかだからね。
もう少し経つと頼んでおいたスプリンクラーが届く予定なので、そうしたら水やり開始しよう。
でも、予報では明日少し雨が降る予報が出ているけど、きっと外れるだろうな。

秋野菜の種蒔き (9)

秋野菜の種蒔き (8)

玉ねぎを作ったところの横にも畝を作りました。こちらにはアカザを入れていません。鶏糞を薄撒きしてから畝立てをしています。ご覧のように雑草の根がいっぱい混ざっています。今にこれが土と混ざって良い土に変わってくものと信じています。鶏糞は堆肥という意味もありますが、微生物が沢山混ざっているので店長はこちらの方を期待して入れています。雑草の根は微生物のすみかとなってくると思われます。

秋野菜の種蒔き (10)

秋野菜の種蒔き (11)

秋野菜の種蒔き (1)

遅まきながらキュウリも蒔きました。蒔き時期すれすれですが、何せキュウリも古い種なので使ってみるしかない。王将白菜は否のグリーンファームで昨年仕入れたものです。新人ですわね。生育期が85日ですから保存が良いわけですわい。

いっぱい取れたらお店に並べるぜい。
  1. 2013/08/22(木) 20:10:01|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午前中に月パンさんが手伝いにくるってえー。

本日午後からの予定だったぶどうのふさへの傘がけ作業でしたが、メールで午前中時間が有るのでやってますとあった。桔梗農場での畝立て作業を終えたところでぶどう園へ行ってみると一人で作業をしておりました。

ぶどう傘掛け (1)

こちら過ごしずつ黄色みを帯び始めたナイヤガラです。

ぶどう傘掛け (3)

こちらは濃い紫色に変わり始めているコンコードです。

ぶどう傘掛け (2)

昨年も手伝ってくれたので、一人でもどんどんお仕事してくれています。
10時頃まで一緒に作業をしてお別れとなりました。
  1. 2013/08/22(木) 14:26:16|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きくなった雑草を使っての畝作りをしています。

雑草処理 (1)

雑草処理 (2)

雑草処理 (3)

雑草処理 (4)

長ネギを日陰にしていた大きく育ったアカザです。調子の悪ハンマーモアーを使って細かに砕いて耕起して土と混ぜるか、それとも刈払機で刈ってから畝の中に埋めようかと思案する。
後法を選ぶことにした。
随分昔に快医学の瓜生先生の講座を受けた時の話だ。瓜生先生は現代医学で治らない難病の人に対して快医学の療養所を作って診ていた時の話だった。ナズナやヨモギを使ったお茶や煎じ薬など、民間療法と呼ばれるものでも患者さん本人が治るという方法があれば何でもやるというお話だった。プロポリスや勿論整体法や玄米による食事療法、気功や断食など範囲は無いようだった。

その中でもそうだろうなと胸に落ちる話の一つにタイに治療に行った時の話で、日本からいつも使っているヨモギの煎じ薬を飲ませてもちっとも良くならず、その病院の周りに生えているヨモギを積んできて煎じて飲ませたところ効果が出たというもので、そこに暮らしている人はその土地の雑草でないとあまり効果が無いようだという。

雑草との戦いに敗れて店長の畑では雑草が大きく育つことがよくある。大きく育てようと思っていたいちごも長ネギも雑草たちの日陰となっていい育ちにはならなかったが、アカザは大きく育った。
その土地で一番良く育つ雑草が一番よい農薬の原料になったり、有機資材となる気がしている。
この土地に一番必要なものをこの土地の雑草たちが与えてくれているのではないかと思うのだ。

秋蒔き野菜の畝作り (1)

秋蒔き野菜の畝作り (2)

フラミンゴちゃんで溝を作ってから刈り取ったアカザを敷き詰めていきます。緑色のままが良いのか枯らして草藁状態にしてからの方が良いのかは判りません。根こそぎ抜いたものもあるので、根付きのまま敷き詰めていきます。根の部分は保水力が有るのでこれはこれでいい資材となります。
昔は田んぼの畦やみちくさを刈っては畑に入れたもんだと年寄りから聞いたものだ。草を抱えて何遍も往復していく作業は結構大変でもあるが、お金を使って化学肥料や有機肥料を入れるよりもよっぽど気持ちの良い作業だと店長は思っている。

秋蒔き野菜の畝作り (4)

秋蒔き野菜の畝作り (5)

踏みつけて抑えた所へ土をかけていきます。一度に両側からはやりづらかったので、片側から行きと帰りでかけていきました。

秋蒔き野菜の畝作り (6)


午後3時からとりかかったが今日は6時までにここまでしか出来ませんでした。明日は朝からこの続きの作業をして白菜と大根の種まきを終わらせればと思っています。


[大きくなった雑草を使っての畝作りをしています。]の続きを読む
  1. 2013/08/21(水) 18:55:55|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葡萄の房に傘をかけます。

いよいよ葡萄も緑色の房が色つき始めてきました。
秋の雨に当たり始めると粒が割れたりカビが発生したりしますので、傘がけ作業を始めようと思っています。
22日の午後と23日午前中からを予定しています。
お手伝いしてくれる方の連絡をお待ちしております。
  1. 2013/08/21(水) 06:33:58|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3回めのそばの種まきとなりました。

3回目のそば蒔き


胡麻といい蕎麦といい何回種まきのやり直しをしたらよかんべ。
雨が降らないとこんなにも鳥の餌となってしまうとは思わなかった。
昨日そば畑の状態をチェックしてみるとまたまた鳥に殆ど食べられてしまっていた。
種まきの深さが浅すぎることもあるのではないかと今日は1センチ深く種まき機の調節をしてから作業に入った。
3通りほど撒いたところでそれでもと思って種まきした所をチェックしてみると、土が硬くなってきたことが影響してか今までと同じくらいの深さで所によっては被土のないところまであった。
これはいかんってんで、もう2センチ深く蒔くように調節しなおしたのだが、店長の畑は雑草畑にして整地するので、草の根や茎がやたらと多くて溝掘りの部分にそれがやけに引っかかるようになり、トラブル多くすんなりと撒き機を押していくことができなくなってしまう始末である。

引っかかる根や茎を取り除きながらの作業ではありましたが、午前中早くに種まき完了となりました。

空

午後から雨と予報は出ていましたが、今朝の予報では午後6時からとなっていました。
夕立が来て欲しいですね。

夏蒔き大根

天王寺カブ

夕方水やりをしに行ったらついに大根と天王寺カブの芽が出始めました。今日明日と雨が降ってくれたら本場も大きく出てくるでしょう。
そしたら水やりの心配はもうなくなります、後は細く地中深くに伸ばした根が自分を育てるはずです。
人参の方はいつものことながら後4日くらい経たないと無理かな。
  1. 2013/08/20(火) 12:11:09|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃが芋掘りしました。

ジャガイモ掘り (1)

午前7時から作業かいしです。
コンテナ4つ有れば良いかな、刈り払い機も必要かな、手袋有ったかな、水も忘れないように。

最初はアカザや芋の茎を刈り払い機できれいにかたづけておきます。

ジャガイモ掘り (2)

ジャガイモ掘り (3)

昔はまんのうや鍬で掘り起こしていましたが、傷物がどうしても出来てしまうので、ここ数年は手袋をして手掘り作業で掘りあげています。
今中さんと中村さんがお手伝いに来てくれました。

ジャガイモ掘り (4)

今年のできはまあまあでした。一時期発育が悪くネキリムシの害も出始めどうなるかと思いましたが、米糠トリップと追肥の寄せ土でぐっと元気を取り戻したのが良かったと思っています。

ジャガイモ掘り (5)

いよいよ昼前に終わりそうです。最初に掘りあげて、暖まった方から順にコンテナに拾い分けします。大きいの中くらいのそして粒の小芋です。
粒の小芋を今中さんに拾って貰っています。

今年は4コンテナを目標に作付けしましたが、結果は6コンテナとなりました。
来年初夏までの芋はこれで十分です。

今中さん、中村さん暑い中ご苦労様でした。
また宜しくお願い致します。
  1. 2013/08/19(月) 14:34:03|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝晩の水やり作業がはじまった。

朝晩の水やり

秋野菜の種蒔きをしたのは良いが、雨が全く降らないのである。
本葉が出るまでは毎朝板の水やりが必要となった。一通りと半分だけなので20リットルタンクに一回だけ水くみをすれば間に合うので楽ではある。
今日で3日目となるがそろそろ芽が出て欲しいな。

麦畑の耕起

麦畑の1回目の耕起後だが、雨がそんなに降らないのにも関わらずもうこんなに雑草が広がり始めてしまった。
大きくしてしまうとハンマーモアーを使わないといけなくなってしまうので、トラクターでの耕起作業を始めした。

明日は朝7時から桔梗農場のジャガイモ掘りをします。
雨が全くないので、きれいにジャガイモが掘れそうです。
お手伝いに来られそうな方がいらしたら是非ご参加下さいね。
  1. 2013/08/18(日) 20:09:08|
  2. にんじん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦の種蒔きし直します。

蕎麦種蒔き (1)

蕎麦種蒔き (2)

蕎麦は残念でした。
ご覧の通りのざまでして、一部できれいに発芽しただけでほとんどが鳥の餌食となってしまいました。
昨夜は岡谷諏訪方面はすごいゲリラ豪雨だったんですね。
花火も電車も車もストップ中止となるなんてね。
1時間に70ミリの雨って前が見えない大雨ですからね。

秋野菜の種蒔き (1)

ネギ移植作業 (1)

14日の日にきよかよさんがネギの移植作業をお手伝いしてくれました。雨が降らない時の作業は控えておきたい作業内容ですが、日陰のままでほっとくよりも良いだろうとの思いです。
帰りにかよさんが車の中で痛いと声を上げました。蜂に刺された様子で、急遽自宅で応急処置をしました。

後日メールのやり取りで翌日にはすっかり良くなっていたそうで、刺された後の冷やし効果があったのではないかと言っていましたが、その通りだなと思います。
店長は刺された後どうってことねえやなどとそのまま腫れてくる手のままで30分も作業を続けていましたから、
次の日も膨らんだ手でお仕事となってしまったのでしょう。
今度刺されたらすぐ虫刺されの薬を塗って冷やすことにしようと思った次第です。

秋野菜の種蒔き (2)

今日も夕立が来ると予報が出ていますので、朝から色んな種蒔きを始めています。
夏大根とほうれん草と天王寺カブと黒田五寸ニンジンです。
種が大きな雨粒で流されないようにと深めに蒔きました。
今回は、畝の中に肥料や草藁を入れていません。
生育が悪いかも知れませんが、昨年薄撒きした鶏糞と雑草を生やしておいた効果が出るかも知れないという期待でいっぱいで実験しています。

ほうれん草は発芽した時点で追加の種蒔きをする予定です。

保存用の冬大根や漬け物にする野沢菜は9月に入ってから蒔く予定です。

今日でお盆も終わりとなり、そろそろ唐箕掛けも本格的に取りかからないとね。
麦の製粉作業のことも進めないといけないですね。

今5時になろうとしていますが、昨日のような雷雨は来ないようなお天気ですね。
種蒔きが無駄に終わっちまったかな。
こんちくしょう、うまくいかなえーなー。

と言う訳で、今年は種蒔き後の雨が無くて失敗することが多く、ごまの種蒔きなどは3回し直したわりに上手くいかなかった;・・で終わりそうです。
ついに散水機を購入しようかという思いが出てきました。
ネットで高からず安からずのあたりで何とか探しています。

今中さん、ご無沙汰デース。
ジャガイモ掘りに来ませんか。
掘らずにいますので来て下さいね。
  1. 2013/08/16(金) 11:04:58|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先週の予報はやっぱり外れたか。

丁度一週間前の予報だと明日は雨となっていたはずで、今週の水曜日までには何とか種蒔きを済ませねばと思っていた。もちろんそう上手く作業も進むはずはないのでありますが、この調子だと蕎麦の種は鳥の餌食となって全く発芽しないことになりそうだ。
こまった。
昨日桔梗農場へ長ネギ移植作業をしに行った際に、蕎麦畑一面に無数の鳥の足跡が有り、土の中の蕎麦の種をチェックしてみたらほとんど無いのだった。地面にはそば殻が散らばってる状態で、どうも毎日鳥が食事をしに通っているようだ。

今ネットで予報をチェックしてみたら来週木曜にもしかしたら雨かもと出ていた。
今年はとにかく作業が上手く実らない年だな。
  1. 2013/08/13(火) 19:35:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろお盆の準備ですね。

ぶどう園横は毎年麦の生育が良くないので、出来るだけ雑草を生やしておこうと思っている。
かえで農場に蒔くはずのクローバーの種がしっかり余っているので、ここへも種を蒔いた。

麦畑の整地

ハンマーモアー

種を蒔いた後ハンマーモアーで草を刈っておき、その後トラクターで耕起をしました。
ハンマーモアーの走行ベルトがひどいひび割れを起こしていたので、農具小屋に沢山ある微妙に違う新しいベルトを掛けてみた。操作ワイヤーの調節で引っ張り具合を買えることが出来るので大丈夫と判断していたが、べルトが若干太いようで、緩んでいてもプーリーを回してしまう症状が出て困っている。
走行が止まらないという訳で、正直これは困った。
しかしながら本日もずいぶん使わせて貰った。
2時間ほど使っていたらやたらパワーが無くなってきて、草刈りが出来なくなってしまった。
エンジンに新たな問題が出たとしたらやっかいだなぁ。
今年は結構頑張ってくれていたので、当分使えるなと思っていたのになぁ。

青カブ君の荷物 (2)

青カブ君の荷物 (1)

そんな訳でバイクに工具を積んで走っており、日中はハンマーモアーの修理時間ばかり費やしてしまった。
半袖で動き回っていたので、日焼けしてしまった。

ガレージ入り口の巣

自宅のガレーに入り口の軒先に先日お世話になった同じ種のアシナガバチの大きな巣が出来ていて、毎日止まっている蜂の数を増やしており、ガレーに入り込んでくる輩の数も増えている。
ガレージとの開け閉めの度に頭の上が気になってしまう。
もう少し大きくして白いふたが増えたところでこの蜂の巣を取って、蜂の子を食おうかともくろんでいる店長であります。只今直径13センチくらいなので16センチ位をめどに決行を予定しています。
野蛮人なんて思わないで下せ-、子供の時からごくごくフツーの生き方だとおもっ取りますので。
  1. 2013/08/13(火) 17:55:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハウスの中の雑草退治、ありがとうございました。

ビニールハウス

昨日麦を取りに行ったときには草ボウボウ状態だったのに、昼に麦を取りに行ったらこんなにきれいになっていました。

ありがとうございました。

助かります。

ホンダの刈り丸君もバックは出来なくなりましたが、復活しましたので、ぶどう園の草刈りに出動します。
  1. 2013/08/12(月) 19:21:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの救出移植作業始めました。

秋までにはまだ早いのですが、長ネギの移植作業を始めました。

長ネギの移植 (2)

アカザと共に育っています。
あまり良い状態とは思ってはいませんが、まあしょうが無い。

長ネギの移植 (1)

引き抜けるところもありましたが、アカザと根が絡んでいるところは鍬で掘り起こさないと抜けません。

長ネギの移植 (3)

おいらが掘り起こし抜いたのを克子さんが溝に並べていきます。
朝の30分間の作業となりましたが、少しでも進み出した感じです。
夕方続きをしにまた行きます。

ネギの移植 (1)

克子さんが手伝ってくれるというので、夕方も1時間ほど作業をしてきました。
全部並べ終えたところへジョロで水を撒いてから鶏糞を薄撒きして、それから土を掛けました。
雨が降りそうもないので、その上を足で踏んで土を硬めに抑えます。乾きを抑えるためです。

ネギの移植 (2)

もやしのように長く伸びた葉ははさみで切り落としました。
秋までにもう一度土寄せをしっかりします。
これから冷え込みが来て秋には柔らかい太いネギに変身していきます。
  1. 2013/08/12(月) 13:27:12|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホンダ刈り丸修理開始、してみたが。

刈り丸修理 (1)

克子さんが自宅周りの雑草を刈り丸君で刈ってくれた。が、どうも持ち手の位置が低すぎるので何とかならないかと要請が入った。店長が確認してみると以前よりもずいぶん低い位置となっており、な時位置を変えることによって高さ調節も出来るようになっている。が、一番高い位置にそのねじは停まっており低くなっている理由は他にありそうだ。
なるほど、持ちハンドルの柄自体が折れ曲がってしまっているじゃん。

刈り丸修理 (2)

外して曲がりの直し作業に入るが、曲がった場所で元に戻すとひびが入って折れてしまいそうだ。
まっすぐの部分で数カ所ずつ曲げ戻すことにした。

刈り丸修理 (3)

外しついでにクラッチレバーがやたら重くて30分も握っていると握力も無くなるし、痛いしでどうにかならないものかと感じていた。ワイヤーを外してみるとエンジンに近い側でしっかりさび付いて動きが悪くなっていた。
円滑材を根気よく吹き付けながら30分ほど動かしているとやっとスムーズに動くようになった。
ところが元の状態に戻したのはいいが、くらっちレバーを握っても走行してくれない。
クラッチがつながらないのだ、前からクラッチがスムーズに繋がらないことはあったが、全く繋がらなくなってしまった。

刈り丸修理 (4)

エンジン側にあるレバーの可動域は5ミリ程度しかない。これがどうも納得できない。
本来はどうなんだろうか。
専門家の意見を伺いたいところだが近くにはおらず、ネットで検索してみたが農機具の修理に関する記事はないもんですね。

壊す気は無かったが、壊してしまったか。
誰か詳しい事判る人がいたら教えて下さいな。

草刈り機

午後も刈り丸君につきっきりでした。とにかく元の形に戻してエンジンを掛けて動かしてみました。
ちゃんと前に動いて草を刈ってくれますが、バックが出来なくなっています。
でも、やっている内にバックが出来たりもします。
おかしなやつですが、まだまだつきあって貰うしかないです。
  1. 2013/08/12(月) 13:20:33|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ麦の唐箕掛け作業を開始します。

収穫した麦は相変わらずビニールハウスの乾燥棚に乗っかったままでして、初めて栽培したハナマンテンが果たしてどれだけパン用粉として使えるのか早く製粉して使ってみたいものと思ってはいます。が、店長やることが多すぎて思うことは一つも順調に進みません。追われるばかりのように感じています。

まあ、それでも毎日あれこれと動き回っているのだから周りの景色も変わるのでありまして、この暑さの中日陰作業で頑張ろうとそろそろ麦収穫での最後となる唐箕作業を始めました。

麦の唐箕掛け (1)

麦の唐箕掛け (2)

昨年作っておいた大きなゴミを取る網ですが、葉君扱いが荒っぽくて網は伸びるし縁の木はすり減っているし、縁部分のいっぺんは完全に縁から外れてこぼれてしまう状態になっていてすぐには使えません。
網の端っこにあたる切れ端部分は手に刺さってけがの原因になりそうなのでと思って薄い細い木板で止めていましたが、この木板をした部分に付け替えて編みそのものを止めることにしました。よって切れ端部分はビニールテープで隠してけが防止としました。

麦の唐箕掛け (3)

袋からすくって網の上に出しふるいます。ゴミだらけという状態ではありませんが、このまま製粉機を通せるくらいきれいではなく、細い長い藁くずや藁の節を残した藁や種を囲っている籾部分の着いたものも結構あります。

麦の唐箕掛け (4)

唐箕掛けは一回ではなく2回やります。目視でもごみを取り出します。今回はあまりありませんでしたが、年によっては泥の塊なども入っていることがあります。

麦の唐箕掛け (5)

麦の唐箕掛け (6)

唐箕で吹き飛んだゴミはこのビニールシートの上に飛ばされます。後で袋にでも入れて春先の苗床土の材料にでも使おうかと思っています。
今日は2時間ばかりやって80キロくらいきれいな麦粒を袋つめできました。
  1. 2013/08/11(日) 18:49:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦畑(かえで農場)にクローバーの種蒔きしました。

かえで農場

今朝は蜂に刺されたぱんぱんの右手での作業となった。

クローバーの種

苦土石灰

苦土クローバー石灰

苦土石灰に水が入ってしまったのかずいぶんと塊が多くなっていた。手で塊をしごいて出来るだけ細かにはしたがどうも散粒機で撒けるか心配だ。器に苦土石化利を取ってその上にクローバーの種を入れて混ぜておきます。
クローバーの種は小さすぎて畑全体に均一に蒔くことが難しいのでそうしました。砂や土と混ぜてかさを増やして蒔くというのは良く行われるようです。

種蒔きはやはり散粒機は使えず、手ですくって空中に蒔くような形で畑を歩き回りました。30分くらいで終了しましたが、この後トラクターでの耕起作業が大変でした。
今年から急斜面のある段差のある石の多いところでも麦の栽培をしようと思っています。歩きながらのハンマーモアーでの作業時にも地表にある大きな石やゴミは拾ったのですが、地中にある物はこの耕起作業で発見できます。
やはり石は多いし急すぎてロータリーが浮き上がってしまってから回りしてしまいます。
そういう所は方向を変えて何度も耕起し直します。急登も削られる度に崩れてなだらかになってきます。
この作業もこれからは毎年行うことになりますので、今回はロータリーのはが浮き上がらない程度でオッケイとしておきました。

今週の水曜あたりから雨が降るそうなので順調に発芽してくれればと願うばかりです。
だって、種は2006年に購入したものみたいだからさ。もっと濃く蒔いとくべきだった。ついついもったいない気持ちになって薄撒きしてしまったわい。一袋の3分の1も使わなかったな。

ライ麦畑

こちらはもう一つのかえで農場です。
消防の詰め所の裏にあります。ここではライ麦を作っています。
ここも同じようにと思っていたのですが、ごらんのように草色の濃いところがありますが、これはクローバーです。数年前に蒔いたものが発芽したのでしょう。せっかく発芽してきたのを耕起してつぶすのももったいない話で、このまま麦の種蒔きの季節を待つことにしました。
  1. 2013/08/11(日) 13:35:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

もう少しというところで蜂に刺されてしまいました。

桔梗農場で今日もハンマーモアーで除草作業をしました。後もう少しでおしまいというところで草の中に直径15センチくらいの蜂の巣があったのでした。気づいたときにはハンマーモアーでかき回した後おいらが歩いて踏んづけるという作業でありまして、知らぬ間に手袋の上から蜂が刺しているし周りに15引きくらいの蜂がぶんぶんと飛び回っていました。

蜂にやられた

この一角だけでおしまいだったのにね。

かえで農場

やっと桔梗農場の除草作業が終わりました。4日かかりましたね。

蜂にやられた (2)

成果と言っては何ですが、ぱんぱんに腫れ上がっています。夕方から冷やしているのですが、腫れは広がる一方です。
昨年も蜂に刺されているなぁ。
毎年刺されているとあぶねえじゃねえかな。
  1. 2013/08/10(土) 20:20:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

かえで農場の耕起作業始めました。

かえで農場は南側半分が毎年実入りが悪い。土が全く肥えていないのだ。2年前より鶏糞を薄撒きしているが、あまり効いているとは言えず収穫量は4反歩の広さで200キロ収穫があるかといったところである。普通1反で200キロだから800キロは最低欲しいところだがなかなか思うようには行かない。


昨日からハンマーモアーを使って麦混じりの雑草の片付け作業を行っているが、今日一日かかってその作業が終わるかどうかと行ったところだ。

かえで農場の黒麦 (1)

かえで農場 (2)

かえで農場 (3)

雑草の高さに相当な違いがあるのが判る。当然雑草の低いところは麦の生育も悪いと言うことだ。雑草も腰から肩くらいまでの高さが欲しいと思う。

かえで農場 (4)

ワークマンへ行って振動手袋を買ってきた。これで4時間くらいやってもじんじんこなかったらすぐれもんだな。

雑草の処理が終わったらトラクターで1度目の耕起して葉をと土とを混ぜ込み、その後クローバーの種を蒔いてからもう一度耕起して種蒔き完了と思っている。
予報によると来週の火曜に雨の予報となっている。それまでに種蒔き作業まで終わらせておきたいものだ。

日中の温度は38度いやいや45度くらい有るんじゃないかと思うくらいの暑さだ。
そうともさハンマーモアーのエンジンから熱風が出ているんだもの。
午後は3時からスタートするに決まってるじゃん、と言いたいところだけどさすがに今日は午後5時から畑に行ったものだ。
明日はお店でパン焼き、そしてぶどう園の除草とかえで農場の除草作業の続きです。
  1. 2013/08/09(金) 19:45:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

桔梗農場で蕎麦の種蒔きしました。

かえで農場の黒麦 (1)

かえで農場の黒麦 (2)

こちら春蒔きの黒小麦が育っているかえで農場です。昨日の夕方チェックを入れたところ非常に厳しい状態です。穂の半分から下は緑色をしたままで上の方は枯れています。枯れた穂粒から種を出してみると通常の半分以下の大きさです。唐箕掛けするとゴミと一緒に飛んでしまいそうです。
雀の害も相当にひどく半分以上食べられています。
収穫作業をしても収穫量は望めない状態でした。
早めに整地して窒素を増やしてくれるクローバーを生やすことにした方が良さそうです。今年の麦の種蒔きまで約2ヶ月有ります。
今日明日の内にその作業に入りたいと思います。


今日は3時に誰かさんでも現れたら蕎麦の種蒔きをスタートしようと思っていましたので、午前中は桔梗農場の作業のためにハンマーモアーのオイル交換をしました。

オイル交換 (2)

オイル交換 (3)

最近はオイルボックスを買わないことにしました。買い物袋を2重にしてその中に新聞をさいたものを詰めて使うようにしています。
エンジンの中のオイルは真っ黒でさらりとしていました。交換すれば馬力もアップすること間違いなしですわい。

ジャガイモ畑

ジャガイモ畑の雑草も相当に元気よく茂っていましたので、草払い機できれいに刈っておきました。
来週あたりには収穫作業となりそうです。

さて、桔梗農場の蕎麦蒔きですが。昼過ぎ2時から種とごんべいをトラックに積んで準備を始めました。
3時になっても誰も現れませんので、一人作業に容赦なく始めます。

蕎麦の種蒔き (1)

蕎麦の種蒔き (2)

約1時間で作業終了となりました。
今回は筋蒔きの間隔を40センチとしました。
麦を蒔いたときに50センチ間隔を取ったのですが、小型管理機のフラミンゴちゃんがもう少し幅が狭かったので、今回はフラミンゴの耕起幅に合わせたという訳です。
なるべく手持ちの機械を上手く使っていきたいと思います。
しかしながら、適期にその作業ができるのかという問題は…残ったままですが。

追記
ぶどう畑のある自然農場ですが、草刈りをそろそろしないと草刈り機が使えなくなりそうになってきました。
黄色い草刈り機をハウスの中に入れておきましたので、助っ人募集です。
宜しくお願い致します。



  1. 2013/08/08(木) 19:55:28|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

精米機の修理始めました。

昨夜のことだった米びつの中を確認するとそこに少ししかないので、明日から里帰りの息子二人が増えるので精米をすることにした。
我が家の人数が少なくなって当然ながら精米の回数も減り前に精米したのは一月も前のことだった。
猛暑もあり精米機の中は虫が巣を作っていたらしく機米が詰まって動かなくなってしまった。

精米器修理 (1)

精米された白米の出口部分のカバーを外して、その中の精米装置部分までたどり着くと思わずおおっと声が出た。
これじゃあ停まる訳だわ。

精米器修理 (2)

精米器修理 (3)

米を削る部分は六角形したおろし金のような網状の筒だった。
それを引っ張り出して中に掃除機の口を入れようと思ったが太すぎて入らない。

精米器修理 (4)

散水用のホースの先を加工してビニールテープで掃除機のホースにつなぎ合わせてゴミを吸い取ることにした。
が、細いホースは詰まりやすいと言うことが判った。

精米器修理 (5)

八〇%あまりのゴミは取れたものとみて元の状態にすべて納め精米をしてみると米ぬかの排出口からやけに米粒が出てくるのであった。組み立て方を間違えたのかともう一度壊してみると六角編みの1カ所に穴が見つかった。
ここから米がこぼれていたと言うことは判ったがどうやって直したら良いのだろう。
お金にゆとりがあれば部品交換で済むが、何万円と掛かるかも知れない。
ステンの針金で誤魔化すことは出来ないかなと今思っている。

この続きはまた。
  1. 2013/08/06(火) 16:57:38|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの粒抜き作業やっちまいました。

今日するつもりは全くなかった。
午後トラクターでの仕事をしに来たのだが、まだまだ暑い。

ぶどう粒抜き (1)

ぶどう粒抜き (2)

ぱんぱんに固まっている房の救助作業をすることにした。
ぶどうの葉の下での作業なので、日光の直撃がなく楽をさせて貰った。
粒抜き作業をしたらみんなゆるゆるになってうれしそうな感じに見えた。
  1. 2013/08/02(金) 19:47:03|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のきつい霜被害は。

柿の木

今年は柿の花を見た覚えがない。
自宅の入り口近くにある柿の木に小さな4つの柿の実を発見した。
畑の干し柿用の柿の木は実がついているのだろうかとずいぶん前に気にしてみてみたら全くなかった。
最近再度見直してみたがやはり実は一つも発見できなかった。
霜被害は柿の枝先の実のつくところを直撃して枯らしていた。
その後は脇目から新しい枝が沢山出て今年の枝先はやけに葉が混み合っている。

今年の秋の干し柿作りはなくなったとみて良いようだ。

ナイヤガラ

さて、ぶどうの方だが、周りの農家でも被害はあまりなかったようだ。
今年は昨年有ったカミキリムシの被害がまったくなく、長い枯れ枝を見ることはなかった。昨年伸ばした蔓枝はそのまま太く生長し、多くの実を付ける新たな蔓を伸ばしてくれた。

ただ忙しさにかまけて粒抜き作業が未だにできないでいる。
房を触るとカチカチに固まっていて粒を大きく出来ない状態でぶら下がっていて、早う何とかしないとなと焦り始めてはいる。
  1. 2013/08/02(金) 09:10:07|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆畑の除草作業再開。

豆畑 (2)

7月19日に1度きりしかできなかった除草作業でしたが、やっと続きに取りかかりました。
本日午後3時からの予定でいましたが、出がけに克子さんから片付け作業で処分に困っていると渡された財布、昔使っていた店長の革の財布は縫い目がほつれてお金がぽろぽろ落ちる状態のものだった。使いやすかったので捨てられずにその辺に置き忘れ去られていたのだった。
ボランティアに来るという人の連絡も無かったので、日射しも強くもう少し遅くからの作業でも良いかと思ってほつれを直す縫い物作業となった。
30分くらいしたところで玄関のチャイムが鳴り克子さんが応対に出るとその声はボランティアできてくれていた中村さんだった。
「大豆の場所はあそこで良いんですよね」店長が現れないので、この場所が今日の除草作業の場所か不安になってきたとのこと。
大急ぎで桔梗農場へ行ったという具合だった。

豆 (1)

豆 (2)

夕方6時頃までつきあって貰ってしまった。
夕飯の準備もあるだろう遅くまで済みませんでした。
おかげさまで半分以上が済みました。明日はフィニッシュまで持ち込みたいものだとおもっとります。

豆 (3)

レンズ汚れてますね。
  1. 2013/08/01(木) 18:47:43|
  2. 蔓豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する