FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

椎茸大量発生しました。

今年は松茸が沢山出ているようですね。
きんぴらの森でも椎茸のホダギにこれでもかという勢いで椎茸が発生しました。
パンのバン重に2段積みで5箱分取れました。
少し開き気味になっているので、生での保ちの悪い販売はせず皆干し椎茸にすることにしました。

干し椎茸

ビニールハウスの麦は先日全部倉にしまい込むことが出来てすっきりしたのですが、一気に椎茸でいっぱいになってしまいました。
こういう一刻も早く乾かしたい茸を並べた日に限って曇りや雨というのもなかなかのもんです。
このまま乾きが悪いと色が黒くなりやすく腐りやすいので明日はからっと晴れて気温が上がって欲しいですね。

畦直し (1)

朝一の仕事は畦直しでした。先日水を入れっぱなしで夜に水口を止めに行くのを忘れていたのでした。
下の田んぼの畦の一カ所にネズミの穴があってそこからダダ漏れいていてお隣の田んぼに迷惑を掛けたのでした。
畦はしっかり固いのですが、ネズミのトンネルは結構深い所に出来ていて上で人が飛び跳ねたくらいでは穴がふさがらないのです。ツルハシで一度畦を崩してから叩き直しをしました。
ついでに水を入れてから稲の間の泥をスコップで柔らかにしておいて、長靴で入ってぐちゃぐちゃと簡易代掻きもしておきました。

畦直し (2)

周りの田んぼでは8割ほどが田植えを済ませていました。
昔は田上と山の紅葉と一緒だった気がしますがやはり田んぼの景色が秋の風景にふさわしい気がしますね。

大豆の袋つめ

昼間は椎茸騒動で終わってしまい、夕方になってやっと大豆の袋つめ作業に手を付けることが出来ました。
大豆は1キロ詰めにして30袋出来ました。

椎茸

椎茸の茎の部分が沢山残りましたので、試しにえのき氷のまねをしてシイタケ氷でも作ってみようかと思いました。 [椎茸大量発生しました。]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2013/09/26(木) 20:02:41|
  2. キノコ栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦と大豆の選粒作業何とか終わりました。

ライ麦

後はライ麦だけとなりました。3袋きれいにして袋に詰めました。今年は全部で70キロ有りました。
昨年の在庫が180キロ残っているので、1年分は足りそうです。
売る分は有りませんが、これで一安心でパン作りが出来ます。

レーベンパック (2)

レーベンパック (1)

きれいにした麦と大豆はレーベンパックに入れていきますが、2年目にして早くも虫穴がありました。
よくよく見ると紙部分は食われて穴となっていますが、その奥のビニールには穴が開いていません。
虫と湿気を防ぐという袋に間違いは無かったようです。

大豆選粒 (1)

大豆は選粒機を使いで目視できれいにしましたが、唐箕のホッパーに広げて上っ面の豆だけもう一度確認してみますと。

大豆選粒 (2)

ご覧のようにまだまだ虫に食われたまともじゃない豆が沢山見つかります。

大豆選粒

駄目豆がこんなにいっぱい貯まってしまった。麦の生育の悪い所へ蒔きに行ってこようと思います。

豆は全部で30キロくらい出来ました。
明日にでもアルミ蒸着袋で真空して閉じようと思います。
今日も克子さんに豆を煮てもらいました。
高級食材のちくわを入れて・・家の豆はやはり旨いのでありました。
  1. 2013/09/25(水) 13:44:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦の唐箕掛け作業と昨年の大豆の選粒作業を始めました。

朝一の仕事は自宅で自生しているしその葉と実を摘んでハウスの乾燥棚へ持って行き広げます。

しその葉の乾燥 (2)

葉は乾燥すると縮んで小さくなるので、少し重ね気味で置いていきます。

しその葉の乾燥 (1)

しその実はしごいて取ってきますが、おかげでしそのあくで人差し指と親指が濃い茶色に染まります。

しその葉の乾燥 (3)

12時過ぎにハウスへ行ってみるともうすっかり乾燥していました。
後はビニール袋に入れてもんで粉状になるまで細かにします。
そしたら瓶に入れて密封して保存しながら使っていきます。
お店ではピザやちりめんこっぺやすいとんに使っています。

7月の収穫からすぐにやってしまいたかった唐箕掛け作業でしたが、夏野菜や田んぼごまなどの除草作業に追われてしまいほとんど進みませんでした。
やっと秋の空気に変わり雑草の勢いも穏やかになってきて、畑以外の作業に手を付けることが出来るようになり、ハウスの乾燥棚に乗っかり放しになっていた麦の遠見掛けと倉庫へのしまい込み作業を始めたわけです。

午前中は麦畑の耕起作業とそろそろロータリーのオイル交換もしなければと動いていました。

ロータリーのオイル交換 (2)

ロータリーのオイル交換 (4)

ギヤボックスの下の方にオイルを抜くためのドレインボルトがあります。このネジを外して古いオイルを抜きます。この機械を買ってから2回目の作業ですので5年くらい変えていませんです。

ロータリーのオイル交換 (3)

上の方にある黄色いネジキャップを外してここからきれいなオイルを1リッター入れます。これで完了です。

ロータリーのオイル交換 (1)

しかしながらもう一カ所オイル表示のある場所がロータリーにあるのです。位置は上の中心部分です。
どう考えてもギヤボックスと繋がっている気がするので近くにある黒いゴムのふたを取ってオイルを入れませんが、気にはなっています。
どなたか知っている人がいたら聞きたいと思っていますが、教えてくれる人いないかな。

遠見掛け作業ですが、午後3時から始めました。全部で9袋乾燥させています。ライ麦2袋とハナマンテンが7袋です。6時間で掛かってハナマンテンをすべてきれいにしまい込むことが出来ました。明日は残りのライ麦をやるだけです。
が、大変な事態が待っておりました。
大豆の方です。昨年秋に収穫した物で、お米の精米時にこつこつ選粒作業を進めていたのですが、夏場はほとんどやらずじまいでいた所虫がつき始めていました。機械のホッパーの中に入っていた豆はしっかり一つの塊となっていて転がるどころか動きませんし崩れません。
収穫時に使ったコンバイン袋の中の豆も虫がつき始めています。
大至急選粒作業を進めて虫がこれ以上繁殖しないように真空状態での保存袋にしまわないと食べることが出来なくなってしまいそうです。
とにかく麦と大豆の作業は至急やらないと行けない作業となりました。
明日の早朝より一気に頑張りたいと思います。




  1. 2013/09/24(火) 20:53:15|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたまた麦畑の除草耕起作業。

トラクター耕起 (5)

夏野菜作りをしたいという湯川家に麦の発芽の悪かった畑をお貸ししていました。
昨日のぶどう狩り後頑張って畑の片付けをしてくれたので、今日さっそくトラクターで2回耕起をしました。
まだ土と良く混ざっていないので、3日後くらいにもう一度やっておこうと思っています。

トラクター耕起 (7)

トラクター耕起 (1)

雑草の丈も相当に長くなっているし、湯川農園はサツマイモなどの蔓植物が多いためにロータリーの軸に巻き付いて軸そのものの太さを大きくしてしまい深く耕起が出来なくなってしまいます。途中何度も鋸鎌で切り取ります。
おっとマルチのビニールは畑に残しておいてはいけません。土に帰らないものは目を丸くしてしっかり取り除きましょうね。
来年は中山で畑をやるようなので、ここでは会えなくなりますね。ちょっと寂しくなりますが、また会いましょう。

トラクター耕起 (6)

今日は午前中友人宅のベランダの修理に行ってきました。
とりあえずの簡易的な修繕しか出来ませんでしたが、ものつくりの考え方を考えさせられる時間でした。
今日も一日忙しく過ごしました。
夕空が今日もきれいでした。
  1. 2013/09/23(月) 18:17:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぶどう園1日目でほぼ取り尽くされました。お茶の作り方。

1日目の午後3時。
ほぼ取り尽くされまして、良い房は残っていません。
従って早くも閉園となりました。
が、
知らずに来る方もいると思いますので、
明日店長は開園の1時から房を取るのではなく、房の中に有る使えそうな粒取りをしにぶどう園に行うと思います。
とことん集めて最期のエキス作りで今年のぶどう取りは終わりとなります。

今日ぶどう狩りに来てくれた方で杜仲の葉と柿の葉をお茶にするという事で摘んで行った方がいます。
そこで、美味しいお茶の作り方を今年もご紹介致します。

お茶作り (1)

大きな鍋の底に1センチくらいの深さまで水を入れます。沢山入れると温度の上昇に時間が掛かるので、パワフルな温度調整が出来るように少なめに入れます。

お茶作り (2)

火を付けます。

お茶作り (3)

底に高さのある器を置きます。ざるの底を浮かすためのものです。

お茶作り (4)

ざるを置いてふたをします。弱火にしてスタンバイ状態(すぐ沸騰状態になるように)にしておきます。

お茶作り (5)

取ってきた葉を軽く拭いて付いているゴミを取ります。1回でこなせる量は約30枚くらいが限界かと思います。
店長は今回大きい葉を30枚摘んできました。

お茶作り (6)

10枚くらいずつまとめて端から丸めていきます。

お茶作り (7)

このように千切りにしていきます。みじん切りにしてしまったりそのままの葉を重ねてしまうと上記の通りが悪くなるので、あくまでも長い千切りが一番良いようです。

お茶作り (8)

ざるにほっこりと乗せてふたをして一気に強火で沸騰20から30秒させすぐ出します。あくまでも予熱させるだけです。1分間出してあら熱が取れたところでもう一度鍋に戻して、今度は50秒から1分間蒸します。

お茶作り (9)

画像は柿の葉です。1分しましたが少しやり過ぎました。50秒が良かったかな。

お茶作り (10)

余分な蒸気が逃げ出すように新しい空気が混ざるようにざるにほっこり移して軽く広げます。

お茶作り (11)

お茶作り (14)

後は乾燥させるとできあがりとなります。蒸してから干すことによってビタミン類が壊れるのを防ぐようです。それから色もきれいな緑となります。左側が杜仲の葉で右側が柿の葉です。杜仲は濃い緑色となりました。
乾燥させてから粉状にして粉末で飲むと体にはいっそう良さそうですね。
冬は自分で作った野草茶を頂くのもとても楽しくうれしいものです。

皆さんも是非作ってみて下さい。
来年の秋もまたぶどう狩りにいらしたらついでに少し葉を摘み取っていって下さい。
  1. 2013/09/21(土) 18:13:16|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥しそを作り始めました。

しそ (1)

しそ (2)

自宅にはしそが自生していて、毎年随分と使えて重宝しています。
しその白い花が咲いて実がなり始めています。
このままほっとくと実が固くなってしまうので、実をしごきながら取り始めました。
葉も一緒に摘みます。

しそ (3)

菓子箱一杯分取ってビニールハウスの乾燥棚に干しに行きます。

しそ (4)

天気が良いのでハウスの中は50度近くまで上がっています。葉を並べているだけで背中や顔から汗が流れ始めます。
これからしばらくはパンやピザすいとんなどに使っているしその乾燥粉末を作ることになりそうです。

少しゆとりが出来たら柿の葉や杜仲のお茶も作りたいところですね。
  1. 2013/09/20(金) 18:11:07|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の草取り作業してます。

ぶどう園開園に向けて昨日やっと草刈り作業を終えました。駐車スペースの方は出来ませんでしたが、お客さんの車で踏んでもらうことにしました。
さて草取り作業ですが、やはり小さい内にやっておけば後々苦労がないので白菜だけでもと思って出かけました。

白菜

白菜は最初に蒔いて順調に発芽したものは葉も15センチくらいに育っているものも目立ち始めましたが、発芽しなかったところへまき直したものはやっと芽が出始めたところです。左のが最初のでその30センチくらい右に出ているのが出始めたばかりの芽です。
アカザやスベリヒユに混じってこのとこと急にナズナが勢力を伸ばして畑に広がり始めました。

にんじん

にんじんは一斉に順調に芽が出て育っています。いつもなら雑草取りはしないのですが、今年はマルチなしで栽培しているものが多く、やはり今の内にやっておかないと行けないことが判りました。これからますます冷え込みがきつくなるので、雑草に関わる時間は半分以下になるのではと期待しています。

今日はほうれん草とカブとダイコンの通りも長ネギの通りも雑草取りをしました。2時間半ですがそんなにも疲れずきれいに出来て気分すっきりでした。
これから秋の根菜類が獲れだして、お店のすいとんの中にも入ってきます。すいとんはやっぱり秋が美味しいと思うのであります。10月に入ったら皆さん是非すいとんを食べに来て下さいな。

そば

そばも順調です。先日の台風の影響は全くなかったといっても良い状態です。

きつね (2)

きつね (1)

先日ハンマーモアーできれいにしたカボチャ畑です。夜にでもキツネがネズミを捕りに来たのでしょうか、掘ったばっかりの穴があちらこちらに開いていました。
草藁にうんちを乗っけて帰ったようです。
良い肥料になるので、ご苦労さん、ありがとうといったところですか。
  1. 2013/09/20(金) 11:38:40|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウリの種取をしました。

キュウリ種取 (6)

まな板のキュウリです。鯉ではないです。
誰が鯉と間違えるんだ 説明はいらん
という声が聞こえてきました。

キュウリ種取 (7)

キュウリ種取 (8)

キュウリ種取 (1)

切って種のある綿部分をスプーンで取り除きます。後の方は皮をむいて一口サイズに切ってビニールに詰めます。煮物が良いと聞きましたが、あえて漬け物にしてご飯のおかずにしようと企てました。
ちょっとつまみ食いなどしてみましたら少し酸味を感じました。
種のある綿の部分を少しつまみ食いしたところしっかり酸っぱくなっていましたので、乳酸発酵しているものと思われます。この後肉部分が腐って堆肥となり種が土に混じるということになっていくのでしょうか。

キュウリ種取 (2)

ビニール袋に詰めて自然塩と醤油と黒酢を入れました。それぞれほんの少しなので、食べる時には醤油を少し掛けて食べることになりそうです。

キュウリ種取 (4)

綿の中から指で種を取り出して紙の上に落とします。
カレージの二階に置いてきました。ここは昼間相当に高温になるので乾燥するというわけです。 [キュウリの種取をしました。]の続きを読む
  1. 2013/09/19(木) 17:28:47|
  2. きゅうり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

快晴です。やっと竹藪と栗林の下草刈り作業ができます。

昨日の午後は降ったりやんだりと台風の影響もここらではそんなになく過ぎ去りました。そんな小雨の中農機具に掛けてあったはずのはがされてしまったシーとをを直しに出かける程度でしたが、テレビではあちこちと各地からの災害の映像が流れていて、これから大変だなと思いをはせるわけですが、こちらもボランティアに行けるほどまだまだ日々の暮らしにゆとりはありません。画面を見て同情するだけしか出来ません。

今日は朝から晴天に恵まれてたまっている外仕事を一気にこなしてしまおうと動き出しています。栗はそろそろ・・・また見ていないのですが、落ち始めるのではないかと思い、下草刈りが優先順位の一番となっています。
夏に一回でもやってあればもう少し楽にこなせる作業なのですが、今年はなんやかんやと他のことばかりで、一度も草を刈っていないし、広がる竹の処理もしていませんでした。

自宅の片付け (1)

陽が上がり温度が上がったら草に付いた梅雨も乾くのではないかとそれまで貯まった洗濯物の干し場を広げていました。自分の毛布をここらでしっかりお日様消毒しておかないと冬が越せないだろうと思ったからです。
今夜は久しぶりに暖かい臭いに包まれて眠れるのかと思うとやりがいもあるものです。

自宅の片付け (2)

自宅の片付け (5)

ここまで草を刈って進んでくるのに約30分かかっている。汗びっしょりだし、燃料切れとなった。
一休みだ。

自宅の片付け (4)

奥に見えるこの景色は完全にジャングルだ。
ああ、年3回の草刈り作業もう少し簡単にできないものかと思案する。
石や木や切った竹などなくしてフラットに整地してしまえば草刈り機で処理できるんだけど、ああ、何とかしたいな。
やるとしたら今じゃないな、雪降る前か雪解けすぐだね。
森作業の続きでやるしかないか。

栗・竹下草刈り (1)

自宅の片付け (3)

自宅の敷地内には祝殿ともう一つの祠がある。栗の木での鳥居もある。草や蔓で全く埋もれていた。

栗・竹下草刈り (2)

すぐ目の前に栗の木があるはずだが全くわからない。
あれかな。あれだよな。

栗・竹下草刈り (3)

実が全くついていない。暗すぎるもう昼だというのに日陰じゃん。

栗・竹下草刈り (4)

頭の上まで南側にある大きなケヤキの枝葉が押し寄せてきている。
栗の木はここではもう育ちそうにないので、竹藪に戻すことにしよう。
この秋に栗の木を切ることに決めた。
来春出てくるひこばえを畑に挿すことにしよう。
  1. 2013/09/17(火) 11:39:22|
  2. 栗・竹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風接近 ここは大丈夫かな。

8時半頃からここも風と雨が強くなってきた。
午前中にアルプス市場へ昨日のお店の売り残りのパンを配達に行く予定だ。
こんな天気の日に市場へ買い物に来る人がいるのだろうか…。
アルプス市場はいつものように営業しているのだろうか…。
きっと営業しているだろうな。
とにかく車を走らせてアルプス市場に向かってみた。

さすが犬飼さん、お店は納入者の人が結構いて商品を並べていた。
いつもと変わらぬ様子だった。
残りパンは一つも無く、持っていったパンを空いたスペースにゆったりと並べてきた。

帰りは行きとは違い雨も風ももっと強くなってきてワイパーも止まったり動いたりの状態で良かったのが、せっせと動かさないといけない状態。いつもは底が見えている田川も濁った水が全面を覆っている。
高速道路から流れ落ちる水路は既に氾濫状態で、塩尻まで来る途中の側道の水路もあふれ出している所が結構でてきた。

見かける蕎麦畑のそばは皆倒れていた。
家の蕎麦畑は大丈夫だろうかと頭をよぎる。
耕運機にかけたシートは飛ばされてはいないだろうか。

桔梗農場へ寄り道をすることにした。

台風接近 (3)
やはりここは風の通り道のようだ、車が揺れる。そばは斜め気味ではあるが、倒れてはいなかった。
フラミンゴは倒れていた。シートはひもで縛ってあったので、外れているが飛ばされてはいなかった。

台風接近 (1)

カッパと長靴を持っていないので、このまま帰ることにする。
畑までの道は深さ20センチほどの川となっていた。
塩尻で暮らして始めての大きな台風の接近かもしれない。
大きな被害が出ないことを願いたい。
  1. 2013/09/16(月) 10:25:41|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとカボチャ畑の片付けが終わりました。

カボチャ畑の片付け作業 (2)

かぼちゃ畑

昨日突然止まってしまい再起動できなかったハンマーモアーでしたが、一日経ったらご機嫌になったらしく3回ほどロープを引っ張ったら動いてくれました。また調子が悪くなるかもしれないと思いながらの作業でしたが、30分ほどですっかりきれいに片付きました。根を残したままで冬越えです。
雪が積もるまでに雑草が盛り返してくるかと思いますが、それはそれでこのままにしておくつもりです。

黄うり

今日の土産は雑草に埋まっていた黄色い瓜です。
キュウリとは黄色い瓜から来ている名前だそうで、種と皮を取ってそれ以外を煮て食べるのだそうです。
  1. 2013/09/14(土) 17:21:05|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎのマルチシート敷き終わりました。

昨日の続きで玉ねぎのマルチシートの準備をしています。

玉ねぎ (1)

今年はフラットな地面にそのまま広げて作ります。何せ冬から春の風の強さといったら大変なもので毎年シートを数回はがされています。今年はまた違った方法でやってみようと思っています。

玉ねぎ (2)

玉ねぎ (3)

玉ねぎ (4)

押さえのピンは1メートル間隔で刺していきます。昨年は3メートル間隔だったので大幅にピンを使っています。

玉ねぎ (5)

それからシートの真ん中にも7メートルおきくらいで打ちました。空気が入り込んでもシートが膨らんで持ち上がらないようにしました。穴がいっぱいあるので膨らまないと思っていたのですが、隣の畑のマルチシートには水の入ったペットがポツポツとおかれていました。効果がきっとあることと思います。

玉ねぎ (6)

端っこのところだけは土を掘ってピンを刺して完全に埋めるようにしています。
後の作業はシート周りは端っこの土を草欠きで書き出してシートの上に乗せて踏んでおしまいです。
良い出来に見えました。

さて、二通り目と思ってやり始めましたが、当たり前ですが、ピンが全く足りません。急遽ハウスに取りに行きます。

ハウスの入り口の日陰で刺しピンの先を斜めにカットしてシートに軽く刺さるように細工をする。
それから丸いゴムシートを差し込んでできあがりです。
その作業中に今中さんが車でやってきた。
「何かお手伝いすることありますか」
「いっぱいあるよ、ありがとう」
今日は少しでも桔梗農場を片付けておきたかったので、大助かりだ。

今中さんと二人できれいにもう一通りできあがった。今中さんは遅いが丁寧な仕事をしてくれる。店長にないものだ・・少しだけ取り入れたいと思った。

お昼までまだ時間があるのでカボチャ畑の片付け作業もおつきあいしてもらう。

カボチャの片付け

カボチャ畑のパイプトンネルと掛けてあった網もすべて片付いた。お昼の時間になり今中さんには帰って頂いた。本当に助かりました。今日は特に久しぶりの暑さに結構疲れました。一人でなくて良かったわい。

午後2時から続きをしに畑に出かけた。
相変わらず暑い。今日は午後夕方から雨の予報が出ているのでそれまでに外したパイプを全部6本ずつにまとめてパイプハウスの中にしまい込んでしまいたい。出来ればハンマーモアーで整地状態までやってしまいたいと思って動いていた。

カボチャ畑の片付け作業 (1)

パイプをつなげていた部品やらひもやらをまとめてしまう。

カボチャ畑の片付け作業 (2)

2回の草刈りをしましたが、もうすっかり草だらけです。今年はハンマーモアーで草刈りして耕起はせずに冬を越す予定です。
が、ハンマーモアーが止まってしまい動きません。何回もスターターロープを引っ張っている家に背中と肩と首筋が痛くなってきたので、これはいかんと思い作業中止です。

カボチャ畑の片付け作業 (3)

今年の農場での成果はバイクのリアの箱に収まってしまいました。
後は自宅で勝手に自生しているカボチャが結構取れそうです。
今中さん、きれいなカボチャです、絵の材料に如何ですか。

[玉ねぎのマルチシート敷き終わりました。]の続きを読む
  1. 2013/09/13(金) 20:45:54|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎの植え付け準備を始めています。

玉ねぎの準備 (1)

トラクターを持ってきてさっそく耕起しますが、その前に鶏糞をうっすらと撒きます。

玉ねぎの準備 (2)

毎年うっすら撒いて玉の大きさを確認しています。今年は半分くらい小さいのがありましたので、まだまだ撒いて良いのですがどうしても一気に多く撒いて玉の大きいのを取ろうという気持ちにならないのであります。
そのとおりです、けちです。
今年は鶏糞を購入しないでおこうと思っています。
と言うことは麦畑にも全く蒔かないでやってみようと思っています。
麦わらが3年入れば地力も上がってきて良いと思っているからです。

撒いた鶏糞はこの小さなポリバケツに3杯ですので、重さでいうと6キロくらいかな。広さはマルチシート2通り分、玉ねぎの苗700本分植え付ける予定でおります。もしかしたら安売りの苗が並んでいたら1000本くらいまで植えても良いなと思っています。

トラクターで耕起しましたので、今度はマルチシートを敷く予定です。
この作業は雑草が出てくる前にやってしまいたいな。
  1. 2013/09/12(木) 18:53:43|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お菜の種蒔きしました。

お菜

9月も中旬に入ろうかという頃になりましたね。じっと種蒔きを我慢していたお菜の種蒔きをしました。
少し前に種蒔きように作っておいた畝には雑草の芽がびっしりで始めていて、このまま種蒔きをしたのでは雑草取りに苦労しそうなので畝を新しく作りました。

種は克子さんが農協からもらってきたやわらかい菜というやつです。
F1なのでお勧めは出来ません。
おいらも半分仕方なく蒔いている次第です。
まだもう一袋有りますが、勘弁してもらいます.そんなに作っても食べきれませんしね。
このお菜の特徴は葉や茎の繊維が少ないために柔らかいのだそうです。
要するにそういう奇形品種ということです。

それでもこのお菜の種を取り続けるとちゃんとこの土地にあった種に修復してくる力があるのだから種とはすごいものです。もちろんその種は昔の種に近づいていきますので、繊維も増えてきて堅く健康なお菜を作るわけです。

ついでに昨年蒔きそびれてしまったキャベツの種も蒔きました。
こちらは野口種苗の種なのでまともで安心です。
順調に育ってくれれば来年の5月に収穫となる予定です。

きゅうり

このお化けキュウリは種取りようです。来年このキュウリの種蒔きます。

いちご (2)

いちご (1)

そろそろ畑の片付けもしたくて、もう一度元気ないちごと今年育っている苗を移植しました。
今日は赤い実を3つつまみ食いできました。
根元に新しい芽葉がある物は大きい葉を切り落として移植しています。
午後3時から片付けとハンマーモアーにより雑草処理と耕起作業に入ります。

[お菜の種蒔きしました。]の続きを読む
  1. 2013/09/12(木) 09:49:45|
  2. 菜種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう液を作った後かすを畑に戻そう。

麦

朝一で今日はケーキを作りにパン工場へ行った。でも、その前にぶどうを取っていかないといけない。
ケーキの焼き時間を使ってぶどう液を作ろうと思っているからだ。
ぶどう取りの前に麦畑にカビの出てしまった南部小麦を撒きました。
カラスがどこからかやってきてつつきだした。

ぶどう液 (1)

収穫コンテナに8割ほど取ってから工場へ行く。

ぶどう液 (2)

午前中に無事作業が終わってぶどうかすを持って畑にやってきた。ぶどうかすにはカリ分が多く含まれているので、果樹の根本に返してあげるのが一番良い。前回はぶどうの根元だったが、今回の分は元気になって欲しい林檎の根元に入れた。
根元に鍬を入れて掘り出したら目の前の林檎の枝が動き出した。

シマヘビ

枝はくねくねと上に登っていき垂れ下がってこちらを見ている。
シマヘビ君だった。
自然農園で見るとは何年ぶりだろうか。まだ今年生まれたばかりで長さ1メートルくらいだった。
ネズミが多いので2匹くらい欲しいところだった。
気持ちの良い動物ではないが、そんなに悪さをする蛇ではないので皆さん大切にして下され。

そうそう、畑に来る途中車の前方に左側からやけに細い狐が目の前を通り過ぎて我が農園の雑草だらけの大豆畑に飛び込んでいった。
ははーん、これで判った。ハウスの中にネズミが数匹いたのに全くその気配がなくなったわけがだ。
犬だか猫だかの足跡らしきものは良く見かけていたが、猫も犬も全く見かけなかったのだ。
畑の中にもその足跡を結構見かけてはいたのだが、まさか狐がまた戻ってきていたとは。
近所の猫も用心しないと狐にやられるだろうな。
  1. 2013/09/11(水) 19:45:01|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大根の種蒔きし直しました。

大根

やはり2003年の古い種では発芽しないのだろうか。
大根は主要野菜なので取れなかったでは済まないので、慌てて新しい種を購入してまき直した。

ほうれん草

自家採取のほうれん草も1割ほどしか発芽していないので、2010年度の丸種を10メートルほど蒔いてみた。
自家種はまだいっぱい残っているので、10メートルほど穴に5粒ずつ蒔いてみた。
発芽しなくてもほうれん草は構わないと思っている。蒔く場所があるので蒔いたって感じかな。

長ネギ

長ネギはこの所急激に元気を取り戻している。根が伸び始めたのだろう。
土寄せをしてまたまた元気になってもらって、冬に鍋材料として重宝させて頂こうか。

桔梗農場

種蒔きが終わって水まきまで終わったらもう6時過ぎになっていた。
きれいな夕空だ。
明日は草取り作業とお菜の種蒔きをしようか。

  1. 2013/09/11(水) 19:23:31|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場でしっかり働いています。

そば (1)
左側の5通りは生育が悪く日当たりが良いせいか雑草が多いのであります。フラミンゴで通りの間を耕起しました。

そば (2)
蕎麦畑の半分も耕起しました。ほんとは全部やろうと思いましたが、隣同士で葉が繋がっているところも出始めていたので、こうなると日陰状態となり雑草は大きくなれないはずですので・・と言うわけで半分実験です。

そば (3)
昨年の時よりもそばの成長も早いし大きく育っていますね。このままでも大丈夫そうだよね。
でも、畝間に大きく育っている雑草もあるのでそういうのだけは中を歩き回って手で取り除きました。

そば (4)
今年のそばは順調なので、きっと手刈りではなくてコンバインでばっちり行けそうです。
月パンさんのお世話にならなくても店長一人でもいけそうです。

[桔梗農場でしっかり働いています。]の続きを読む
  1. 2013/09/10(火) 19:17:10|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦畑と人参白菜大根畑の草取り作業明日します。

そばの雑草処理作業が気になって久しぶりに桔梗農場へ行ってきました。

そば

やはり明日にでも小型管理機を入れた方が良い状態となっていました。
一回目の種蒔きで発芽したものは白い花が咲き始めていました。
左側の5列くらいは土質が違うのか大きく元気に育っていませんでした。
どうしてか、判りませんが何かあるのでしょう。

夏大根

今年は暑かったので少し遅まきだった夏大根も順調に育っています。

長ネギ (2)

葉っぱをざっくり切った長ねぎでしたが皆すごく元気に大きくなっています。
土寄せそろそろ出来そうです。

天王寺カブ

カブは光カブが出てきませんが、天王寺カブは所々に大きく葉を広げていました。
大急ぎで光カブの種蒔きをし直そうと思います。
そうそう、緑輝大根も発芽してこないね。
古すぎたか・種。
来年発芽して貰っても困っちゃうな。
そう胃やぁ、アルプスで緑輝大根の種買ったよな。
あれまかんきゃ。

と言うわけで明日は桔梗農場の草取りと種蒔き作業を致します。
午前8時から始めます。お手伝いできる方がおいででしたら是非ご参加下さい。
  1. 2013/09/09(月) 18:05:31|
  2. にんじん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう狩りの看板掲げました。

ぶどう狩りの看板

緑の中に緑の看板だぜ。
目立たん。

いや、イヤ天気が悪いせいだ…と思いたい。

ぶどうエキス作り (3)

お店の前の看板立てにも案内を貼り付けたぜ。

昨日収穫しておいたコンコードぶどうでパン材料となるぶどうエキスを作ったぜ。」

ぶどうエキス作り (1)
マッシャーでつぶしながら煮ますぜ。
今シーズン初で手が震えるぜってな事は無い。ぜっ

ぶどうエキス作り (2)

ぶどうエキス作り (4)

ぐつぐつさせて熱いうちにざるでこして瓶に詰めるのだ。
ピーナツバターの入っていたリユース瓶だぜ。
いっぱい有るのだぜ。

今日は300cc7瓶作ったぜよ。
これからしばらくこの作業が続くぜ。
器具が汚れるんだぜ。
それもいっぱいだぜ。
飛び散りもするぜ。
  1. 2013/09/07(土) 20:22:12|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の救出作戦開始しました。

大豆畑は雑草畑化しており、雑草の中に埋まっております。

大豆の救出 (2)

こんな状態だし、広いし、あきらめていたんだけど、克子さんが少しでもやろうと動き出した。
そうなると動かないわけにはいかない。

大豆の救出 (1)

大豆の救出 (3)

今日で二日目、のこがまが余りにも切れないので、のこやすりで刃を付けました。
おおっ、良く切れるわい。
毎日1時間ほど頑張って終わりにする。
やすりが真っ赤に錆びているが全くよく使えるのである。

キャブレター掃除 (1)
カップの穴がゴミで完全に詰まっていた。

キャブレター掃除 (2)
ゴムのOリングが切れていた。これまたくっつけて使うしかないか。

日中の暑い時だけハンマーモアーの整備をした。キャブレターの掃除をすればエンジンの調子が戻ると判断した。
キャップを外すとゴミがやっぱりたまっていた。アクセルワイヤーが繋がっているところの動きが悪い。オイルを注したりしたが良くならない。ワイヤーの切れ始めているとことチェックしてみると数本切れた物が丸まって詰まっていたので、ペンチで切り取ってすっきりさせたがやはり上手くいかなかった。
結局結論としてアクセルの調節はしないことにした。一定のふかし(高速回転アイドリング)で固定しておいた。
5分ほど動かしていたら振動で燃料キャップが外れて落ちた。
おやぁ、アイドリングの調節ねじがなくなっているし、あちこちのねじが外れ始めている。
すごい振動なので1時間も使っていたら手がびんびりびんになりそうだ。
今に取り返しの付かない状態になることは確かだと思った。
  1. 2013/09/06(金) 19:10:09|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう狩りの準備も始めました。

ぶどう狩りの準備 (1)

ナイヤガラはこの2.3日で急に熟が始まり、明日にで収穫したいところです。
明日の朝良い物から収穫してアルプス市場へ持って行こうかと思います。
無農薬栽培だから1キロ700円売りくらいですね。
ぶどうの房が大きくなってぶら下がるためにずいぶん棚が落ちて低くなってしまいました。
自宅から竹竿を持ってきてひどいところに支柱を立てました。

ぶどう狩りの準備 (2)

看板も昨年のは薄いベニヤだったのではげてとても使えない状態です。
少し大きめにして新しいのを作リました。
ペンキが乾く明日にでも設置しようと思います。
もう一つ中山道沿いにも欲しいかな。
  1. 2013/09/05(木) 15:46:58|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年手植えした下の田んぼは多収穫になりそうです。

田んぼ (4)

田んぼ (2)

周りの田んぼでは田んぼから水を出すための水切り(畦切り)が始まりそろそろ稲刈りの準備に入り始めています。稲の穂も黄金色になりすっかり秋の風景です。

下の田んぼの水を見に先ほど行ってきました。
雨続きなので2日ほど行ってなかったのですが、そろそろ水の様子も見ないといけないかなと思っていって見ました。上の田んぼは奥の方が良い実りとなっていますが手前の方は普通以下と言ったところでしょうか。
上の田んぼはすべて友人から頂いた苗で機械植えをしました。分けつ状態は手前の方が10から15本と言ったところです。奥の方はきっと20くらい有るように見えました。

道を挟んだお隣の田んぼの苗の分けつ状態を見てみたところ15本から17本でした。

田んぼ (3)

田んぼ (1)

1ヶ月遅れで手植えをした下の田んぼですが、この2,3日で一気に穂が出始めました。苗は1から3本植えとしましたので分けつ次第で収穫量が増えると思いますが、20から25本に分けつしていましたのでちょっと驚きました。そしてまた驚いたのは同じ時に機械植えした所と手植えしたところの高さにずいぶんはっきりとした差が出ています。手植えの方が10センチくらい背が高いのです。生育が良いと言うことだと思います。
機械植えしたのは友人から貰ってきた苗を苗床にもう一度納めて大きくしてから一緒に植えたモノです。

友人には5月17日に入ってからではもう苗作りのやり直しは駄目じゃないかなと言われていましたが、やってみるとダメ元でやり直した苗の方が大きく育ったという結果になりました。
4月の15日あたりがいつも桜の花が咲いて、それを合図に苗作りに入るのですが、5月15日でもまだ間に合うと言うことが判ったので、これから先は苗作りのリベンジは気が楽になりそうです。

畦をぐるっと回ってきましたが、昨年同様うちの田んぼだけイナゴが大発生の模様です。
食えって事か。
  1. 2013/09/03(火) 16:37:38|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごま畑の雑草刈りをしました。

ごま (1)

ごまの花がもうすっかり落ちて緑の鞘がいっぱい付いているものもあれば、種蒔きのやり直しで出遅れて育っているものは背丈は小さいのですが、きれいなピンクの花を付けています。最近の朝晩の寒さからかその花に蜂が飛び交う姿はほとんど見られませんが、今に鞘が付いてくれることでしょう。

昨日の午後ぶどう畑の棚の下や周辺の土手の草刈り作業をしました。今中さんには手押しの草刈り機で棚の下を、店長は刈り払い機で土手の草刈りをしました。湯川さん家族がニンジンと小豆の収穫作業をしにやってきました。一番下の女の子がニンジンを抱えてこれどうぞと声を掛けてくれました。今中さんが取り立てのニンジンを頂きました。ここにはいい気を持っている人が集まっているのだなとうれしくなります。

ごま (2)

ごま畑の草刈りは手押しの草刈り機でこなすように畝幅を取っていましたが、機械がこちらに持ってきてないので、刈り払い機でこなしますが、刈り払い機だと根元の草まで刈れるのがとても良いのであります。が、誤ってごままで刈ってしまうこともあるのでありました。

ごま (3)

作業開始後40分ポツポツと雨が降り出しました。小降りなのでもう少しで区切りよくごま畑が終了しそうなのでがんばりますが、結構な降りにすぐなってきました。やるっきゃないでしょ。びしょ濡れ覚悟で10分ほど作業を続け何とか終了し、慌てて車に乗り込みました。
車内には今朝来るときにぶどう畑から取ってきたナイヤガラの大きな房が待っています。
お手伝いさんが来たら休憩の時につまもうかと思っていましたが、このまま自宅へ持ち帰ることにします。
今日はこの雨やみそうにないですね。

ナイヤガラの収穫時期は今週からオッケイのようですね。
  1. 2013/09/02(月) 09:36:56|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜の片付け作業に取りかかります。

明日から桔梗農場のトマト・なすなどの夏野菜の片付け作業に取りかかります。
午前8時から11時頃まで、午後は2時から5時頃まで行います。
お手伝いに来てくれる方がおりましたら連絡を頂けるか、場所を知っている方は直接現地においで下さい。

作業内容はトマトのパイプトンネルの片付けとキュウリ支柱とネットの片付けと、鞘を付けなかった豆の刈り取り除去、その後のトラクターによる耕起作業となります。この場所は耕起作業よりもハンマーモアーによる草刈りだけにしておく方が良いかもしれませんね。でえも、ハンマーモアーの調子が良くないのだー。

※そうなったら刈り払い機で刈っとくだべさ。雨天だったら速お休みじゃ。

  1. 2013/09/01(日) 19:04:13|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちご苗の移植作業しました。

いちご

いちご苗が育ったマルチシートを外します。

いちご苗 (2)

片側は被せ土が沢山あるので土で良いと思いますが、もう片側から寄せる土がないのでピンの数を増やしました。約1メートル間隔です。それから頭の部分シートの中央にも3カ所ピンを刺しました。

いちごの苗

新しい苗を移植する畝にマルチシートを掛けてから一つ一つの穴に鶏糞を一つかみずつ入れていきます。今日は今中さんがお手伝いに来てくれました。いつもありがとうございます。

いちご苗 (1)

今年頑張ってくれた本苗からランナーで増えていた小苗を集めてきて移植します。繋がっていたランナーを今年は切って移植しました。ランナーには養分が有り根がしっかり伸びていない小さな苗には取らない方が良いのですが、植えた後強風であおられて根こそぎ抜けやすくなってしまいます。
今年は長いランナーは切って根元もしっかり土に入れて固定しました。
冬から春までの強風は相当なものでシートも苗も飛ばされ気味です。
強風対策として苗の葉が枯れた頃を見計らって大きな葉だけは切り取ってみるのも良いのではと思っています。
  1. 2013/09/01(日) 16:30:14|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する