FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

秋野菜の収穫作業をしました。

少し暖かくなった午後一で克子さんと大地君と3人で収穫作業に出かけた。
白菜とキャベツと野沢菜を残して全て収穫してきた。

秋野菜の収穫作業 (1)

にんじんと大根の葉は畑で取り除いた。なんだかもったいないなと思いながら今夜食べる分だけ葉をもってきた。
昔は葉もつるして乾燥させて冬の食料にしていたが、今では豊かすぎて流行らない。
にんじんの葉の天ぷらは店長好きなんだけどな。

秋野菜の収穫作業 (2)

にんじんは抜き取っている時もそのにんじんの臭いが有り、旨そうであった。

秋野菜の収穫作業 (3)

大根はありすぎだ。食べ切れそうにないがおろして冷凍すれば良いじゃんという。
毎日味噌汁に大根が入るし、おろしも出そうである。漬け物もきっと出るし、とにかく大根料理がいっぱい続きそうである。根菜根菜大いに結構。

秋野菜の収穫作業 (4)

白菜はちゃんと丸まったのだけ3つ取ってきた。このまま残しておいて塩尻の冬を越えることは出来ないだろう。
長ネギは30本位を麻紐で束ねてしまい込みます。

秋野菜の収穫作業 (5)

秋野菜の収穫作業 (6)

軽トラいっぱいになりました。
自宅の土蔵にコンテナごとおいて布団を掛けて春まで楽しみます。
どれだけ腐らさずに無駄にせず食べれるのかが冬の課題となります。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/29(金) 20:13:02|
  2. 大根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの選定作業の前に片付け作業をしないとな。

桔梗農場もですが、農具小屋のある農場は今年木や建物の脇に生えている雑草をほとんど刈らずに過ごしてしまいました。刈り払い機や草刈り機が使えなかった所で、本来は鎌を手にさっさかやっておかないといけない場所であります。今も続いていますが腕や手指の痛みがなかなか取れないので無理しないでと言うことだったので仕方ありません。
枯れ草になると当然軽いので刈った枯れ草を抱えて移動するのも楽ですし、風のない日を狙って燃やしてしまうことも出来るので今が片付け時となっています。

片付け作業 (2)

片付け作業 (4)

片付け作業 (5)

片付け作業 (12)

片付け作業 (17)

ビニールハウスや柿・杜仲・プラムと結構蔓植物が絡んでしまいました。
枯れ草を除去しながら果樹の選定作業も同時に行います。
プラムの選定は今年もきつくしましたので、来年も実はならないでしょう。
来年は大きく伸びた枝だけの剪定にしようと思っていますので、再来年は実がなる予定でいます。
りんご(赤玉)の木は今年選定をしません。
来年10個以上の収穫を狙っています。が、どうなりますか。

来年は2度くらいは鎌を手にして除去作業をしたいと思いながら作業を進めました。
冷たい風が強く吹いています。帽子を忘れてしまったので頭だけがやけに冷え込みました。

農具小屋はプレハブとたんゴヤであります。ボロなのですが、固定資産税が自宅の母屋よりも取られているのです。基礎があることと鉄骨であることと四方が囲われていることと言うのが理由だそうです。
思い切って今年中に裏の波トタンの壁をはがして価値を下げようと企んでいます。

収入を増やすことは難しいですが、支出を減らすことがまだあるのでは無いかといつも考える訳です。

※おまけですが、次の日にトラクターのシートの穴を直しに行ったらボディーとシートの間になくなっていたデジカメを発見しました。これからは予備カメラとして使いたいと思います。
[ぶどうの選定作業の前に片付け作業をしないとな。]の続きを読む
  1. 2013/11/29(金) 19:54:20|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の選粒作業あと1時間あれば終わりそう。

大豆の選粒作業 (1)

大豆の選粒作業 (2)

半人動選粒機よりっこの作業は本当に目が回って気持ち悪くなる作業です。

15分以上しないようにとの取扱説明書には従わずに、今日は2時間もやってしまいました。
もしかしたら寿命を縮めているかもしれないと思いながらもやってる次第です。

首と肩も随分張るし寒い所で立ってやっているので、まあそれなりに重労働なのかもしれませんね。

話は変わりますが、一時画像が悪かったのはカメラ紛失のために昔使っていた埃やゴミがカメラ内に入り込んでしまったのを代わりに使っていたためでした。ニコンのお気に入りカメラはどうも出てきそうもないので同じ物を再購入しました。

ところがこういった機械は更新が早く外観は全く同じでも使い方や性能機能が増えており、微妙に変わった画面の色合いのクセにも少し違和感を覚えながら今使っている所です。

昨日パノラマと3D撮影とやらを部屋の中で使ってみました。
昔のとは違いとても簡単に取れることにびっくりし、これからのブログにも大いに使えそうだなと思った次第です。と言うことで、画像にも力を入れてみようかと思ったことでした。
  1. 2013/11/26(火) 10:52:52|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農事ボランティアに興味がある方へ

メールでボランティアにという問い合わせを頂きました。
スマホからのようでした。
こちらからお返事をしたのですが、スマホの設定がパソコンからのは拒否するように設定されているようで、返信メールを送ることが出来ないでいます。
たまにこういうことがあります。

お近くにお住まいの方ならば今やっている作業をお手伝いと言うことで続き続きとなりますが、遠くから日帰りの方は一回だけでとなりますので、何をして頂いたら良いのかと迷うのであります。

今現在はライ麦畑の草取りか、にんじんや大根の収穫作業か、大豆の選粒作業と袋詰め、農園の中の枯れ草や小屋の片付け作業やぶどうなどや栗の果樹の選定作業、竹林の間伐作業。
どんどん出てきます。
困った。
とにかくいっぱいお手伝いして頂きたいことがあります。

来たい日、来られる日がありましたら連絡を下さい。
良かったらこちらからも連絡が取れるメールファックス電話番号なども教えて下さい。
  1. 2013/11/22(金) 18:32:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かえで農場でライ麦畑の除草作業してます。

午後からライ麦畑の除草作業をしに来ます。
もう3年も前に菜種油を取ろうかと菜種の種を蒔いたのですが、それ以来麦畑に菜種が混じってしまいます。
昨年は息子が一度も除草作業をしなかったので、今年この場所では麦はほとんど出ずに一面菜種畑になっていました。

ライ麦畑の除草作業 (1)

ライ麦畑の除草作業 (2)

筋間は先日小型耕運機ロビン君できれいに除草しましたが、麦と一緒に菜種が結構生えているのです。
こればっかりは手作業で抜き取っての除草しかやりようがありません。
1時間ほど掛けて暗くなるまで2通りやってきました。
明日明後日とはパンの仕事で農事は出来そうにありませんが、雪が降る前に土が乾燥しているうちにやってしまいたい作業です。

暗くなってしまうと夕食までの間蔵に入って大豆の選粒作業をします。
手作業目視除去選粒機(よりっこ)を使っての作業です。
機械の取扱説明書によると15分以上続けての作業はしないようにとありますが、今日も50分頑張ってしまいました。
目が回るんですよね。
橋の上から川の水の流れを見続けていると自分が動いているようになってきますよね。
あれと全く同じくなってきて流れる豆から目を離して壁を見るとふと身体が一方向へと流れます。
楽しいと思うか気持ち悪いと思うか、気持ちの持ちようで自分自身の問題でもあります。
作業が終わって家に入ってからもどうもやはり車に酔ったみたいな気持ち悪さがまとわりついているのであります。夜布団に入ってもこの症状が取れない場合はやはりやり過ぎでしょうね。 [かえで農場でライ麦畑の除草作業してます。]の続きを読む
  1. 2013/11/22(金) 18:20:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハナマンテン小麦の除草作業一回戦終了。

昨日5時間、今日5時間。
麦畑フォーキングの時間です。
腕振って健康的な歩き方はちょいと出来ませんが、歩かない人よりも健康になれる気がしています。

ハナマンテン除草 (1)

ハナマンテン除草 (2)

ハナマンテン除草 (3)

昨日暗くなるまでやった北側の畑です。
今日は午前中北側の続きと南側を3時間かけて済ませました。

午後はかえで農場のライ麦畑を新鋭ロビン君(中古小型管理機)を使って除草作業しました。
ロビン君は耕耘幅が丁度80センチくらいでライ麦の筋間にぴったりでありました。
ところが速度が遅すぎました。1時間あればすっかり終わっておつりが…・と思っていたのですが、1時から取りかかって3時に終了。2時間かかってしまいました。
ロビン君は2輪走行なので倒れる心配が無く、後をゆっくり着いていくだけの作業ですので、腕や手が痛い店長にはとても有り難いのでした。

芽が出始めたばかりの所とまだ全く芽の出ていない圃場は春この作業をすることになります。
雑草の芽が出そろった所でやっつけることになる訳です。


  1. 2013/11/21(木) 13:17:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦畑の除草作業始めました。

麦畑除草作業 (1)

麦畑除草作業 (2)

かえで農場の黒麦です。大きな雑草はありませんが刃の丸い雑草が結構びっしりと生えています。
寒くなる今の内にやっつけておくと春先の麦の生長には追いつけずに日陰で朽ち果てます。
溝も作れるので梅雨時の雨対策にもなります。
一石二鳥となるので出来ればこの作業はやっておきたいといつも思うのですが、やらなくても済むのならそれが一番良いとも思います。

麦畑除草作業 (4)

頃麦の隣に南部小麦も撒いています。一度中断して二度蒔きとなっています。今日は最初蒔いた所だけとなりました。かえで農場ではライ麦も除草作業ができるくらい大きくなっていますが、間隔が1メートルと広く取っていますので、一輪フラミンゴでは出来ません。明日にでも桔梗農場に置いてある小型管理機を使ってやろうと思っています。

麦畑除草作業 (5)

麦畑除草作業 (6)

こちらは農具小屋のあるのばと農園です。
雑草がしっかり生えている所や落ち種が多くて筋間が見えなくなっているところが沢山あります。

麦畑除草作業 (7)

速度を落としてゆっくり進むと少し良いようです。
暗くなるまで頑張りましたが、今日済ませようと思っていた分が出来ず、明日の宿題が出来てしまいました。
雨か雪が降るとまたこの作業ができなくなってしまうので何を置いても早々に済ませたいのです。
  1. 2013/11/20(水) 20:12:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

少し積もったよ、初雪だね。

6時半から雪が降り始めて8時頃にやっと止んだ。
一日中降りそうなくらい空模様だったので、猛バイクには乗れないのかと心配になったが日陰に積もる程度で収まりよかった。
玄米60キロの発送の準備をしてから麦畑に行った。

麦畑 (1)

麦畑 (2)

麦畑 (3)

畑は日当たりが良いので雪が残っている所はなかった。
先日やっと播種の終えた所がもしかして芽が出始めているかと目をこらしたが、あの後雨がしっかり降ったが寒さがこれだけきつくなるとそう簡単に芽は出ないという事がよく判った。

午後西山と東山を畑から撮った。

山 (2)

山 (1)

冬の空はきれいだね。
山はまたすぐ雪が降るのだろう。
  1. 2013/11/19(火) 18:44:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大豆とそばの唐箕掛け作業が済みました。

実は黙っていようと思っていましたが、気に入っていたデジカメ無くしました。
一年もたなかったじゃん。

どこへ:・・・・・


昨日お店で売れ残ってしまったパンをアルプス市場へ並べてきて、その時目にとまった半額品の林檎の苗木を買ってきて畑に植えてきました。外国種みたいでした。
きっと小粒で酸っぱいだろうな。

午前中玄米の注文が60キロ入っていたので精米してでた籾を片付けないといけなかった。
今年大量にカビが発生して使う事が出来なくなってしまったライ麦とスペルトと黒麦を片付けなくてはいけなかった。お店の厨房に溜まっていた生ゴミと、昨日今年獲れたかぼちゃ焼きをしたので、その時に出た生ゴミも片付けないと行けなかった。
全部軽トラに積んだら・・おっといっぱいじゃん。
田んぼの中に軽トラを停めてあちこちとばらまいてきました。
明日にでもトラクターで荒耕起して土と混ぜておかないと獣にいたずらされそうですね。

午後も動き回ります。
風が出ていますが、今日あたりにハウスで乾燥させている大豆とそばをそろそろ片付けていかないとひび割れし舞うのではないかと思い、唐箕掛け作業をしました。
そばは製粉作業を外に出そうと思っています。
大豆は昨年のしっぱいを教訓にし3月までには全部選粒作業を済ませ早いとこアルミ蒸着の袋に入れて販売していこうと思います。

よーし、やるぞ、と言う思いはありますが、手指に力が入りません。
やはり店長には今休暇が必要だよね。
  1. 2013/11/18(月) 18:38:34|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の播種作業強引でしたが本日終わらせました。

今年はこんなはずじゃなかったんだけどと言いたい所ですが、大豆を作ってしまったのでしょうがありません。
今年のような事を考えるとこれからは大豆は田んぼで作る方が良いかもしれないな。
よほど麦の在庫が多ければ大豆用に麦畑を使っても良いけどね。

明日から雨模様と予報が出ているので、今日こそは頑張って麦の播種作業を終わらせてしまいたいのでした。
朝から霜の降りた畑の土を耕起するのですが、やはり思っていたとおりきれいにはなりません。
湿った土と藁とがただ練られて団子状になってでこぼこ状態は一層ひどくなるようです。
考えてみれば草藁が多くて旨くすき込めないのだから藁の比率と土の比率を逆転させれば何とかなるのではないかと思い、ぐっと深く耕起してみる事にしました。25馬力のトラクターなので、それなりの深さまでしか行きませんが刃の回転数を一番ゆっくりにして速度も歩くより遅くし、エンジンに余り負担を掛けて止まってしまわないようにしてやってみると・・今までよりも平らになり土面が多くなりました。しかし時間と燃料が倍以上掛かりそうです。

満タンにしておいて始めたのにこの場所だけで30リットルが終わりそうです。
ここは今日の2回分を入れて既に6回のすき込み耕起をしています。
90リットルの燃料を使っています。これが生活分の儲けの出る仕事と言えるのだろうかとしばしトラクターの上で考えてしまった訳です。

午前中に何とか大豆の後地の耕起と消防署裏の耕起を済ませて1時近くに自宅に帰りました。
2時まで昼休みをして早々に種蒔き作業に入りました。

消防署裏のライ麦の播種は間隔も1メートルと広く取るので300g位蒔いておしまいとなりました。作業時間にして30分くらいです。
問題の大豆後地ですが、やはり思っていたとおり厳しい作業となりました。でこぼこで草藁が混じっていますので、溝切りにそれが引っかかって引きずっていくので重いったらありません。腕は痛いし腰は痛いし進まないしで、半分ほど済んだ所で身体が悲鳴をあげ出していました。度々棒立ちになって腕を振ったり首を回したりと気休めの動きをしながら3時間の苦戦の末何とか終わらせました。
とにかく明日また雨模様になるというので、今日は気力で乗り切りました。

明日雨が降るようだったら久しぶりに工場でくるみケーキを焼こうと思います。
  1. 2013/11/14(木) 18:45:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ごまのゴミ取り作業終了しました。

ごまの収穫乾燥後毎日晩になるとピンセット片手にゴミ取り作業をしていた訳です。
先日大地君がそんな父の作業をみて、こりゃ駄目だよと言うのです。
もっと効率よくしないと駄目だよ。ザルとかなんか使って大きいゴミだけでも取ってやるべきだよ。
そりゃそうだとは思っていたが丁度いい編み目のザルがないのでありました。

百円ショップに鉢立てを買いに行った際に良い土ふるいを見つけたので買ってきました。黒糖や粉をふるうのにもう少し粗い編み目のを共以前から思っていたので、それも買いました。

ごま (1)

これはバッチリでした。一気に作業時間短縮となりました。後は小さなごま専用の唐箕でも作れたらもう怖い物なしになるのですが、それは来年の収穫までという事で。

ごま (2)

ごまは全部で金ごまと黒ごま合わせて8キロくらいの量となりました。
これからは毎年このくらいは収穫していきたいものだと思っています。
  1. 2013/11/11(月) 18:03:07|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆とそばのゴミ取り作業をしています。

昨日収穫した大豆とそばですが、湿った茎が多いので早い所この茎を取り除きたかったのです。
本日は雨なのでハウスの中での作業はもってこいです。

ゴミ取り作業 (1)

稲作りの時に使っていた苗箱を使っています。苗箱の種類も沢山ありますが、この菱形の大きな穴の開いたのが一番良いのであります。

ゴミ取り作業 (2)

穴が大きいのでまだ茎が完全に取れる訳ではありませんが、8割方これで取れています。

ゴミ取り作業 (3)

ゴミの取れた豆はメッシュの袋に入れ直して乾燥棚に横にして並べています。
乾燥が行くだろう来週は自宅にあると海に掛けて細かなゴミを飛ばして取り除きます。
その後は病気の入った粒を取り除く選粒作業が待っています。
使える段階になるまではまだまだ先であります。

ゴミ取り作業 (4)

ゴミ取り作業 (5)

そばの方もゴミ取りをして同じように棚に並べております。
今年は30キロほどの収穫となりそうです。
  1. 2013/11/10(日) 17:02:14|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦播きのための耕起作業まだやっています。

大豆後の耕起作業 (1)

今日は雨と予報が出ているので、雨が降る前に少しでも大豆の収穫後の所を耕起しておきたい。
ラジオ体操を済ませてから早々に畑に出かけた。
曇り空だが空はまだ明るい。
先ずはロータリーをトラクターに取り付ける作業から入った。

大豆後の耕起作業 (3)

大豆後の耕起作業 (4)

4回目の耕起の済んだ左側。

大豆後の耕起作業 (5)

これから耕起をする右側。
これで一度しっかり地面がしっかり乾燥すればきれいな耕起が出来そうな気がしているが、3日毎の雨ではなかなかそうは言っていられない。
桔梗農場の黒麦はそろそろ除草のための筋間耕起作業をしたいところだが、湿っていすぎて土が思うように動かないので出来ないでいる。
農業はこんなにも天気に左右されてしまうのかと改めて思い知らされている。

大豆後の耕起作業 (2)

 空は相当に暗くなってきて、今にも雨が降りそうだが、これから桔梗農場の消防詰め所裏へも耕起作業に行く。

桔梗農場ライ麦

こちらは太いアカザはないので、割とすんなりと播種作業に移れそうだが、次回3回目で仕上げの耕起となりそうだ。中盤あたりから雨が降り出し後二通りというところで強風と雨に打たれしっかりびしょ濡れとなった。
  1. 2013/11/10(日) 09:56:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そばの収穫も終わりました。

蕎麦) (1)

もっと待ったほうがいいのかなとも思いましたが、美が落ち始めるよりはあとで乾燥させたほうがいいかもしれないし、せっかくトラクターに脱穀機が付いているのでついでというやつです。

蕎麦) (2)

蕎麦) (3)

島建の状態ではすっかり茶色なのですが、脱穀してみると茎が緑色しています。大豆のように茎ごと全部放り込むわけではないので機械が詰まることはありませんでした。

蕎麦) (4)

蕎麦) (5)

袋の中には茎もいっぱい入っています。裸虫なるものも結構いました。
まだ乾燥しっかりしていないので大豆同様にハウスの乾燥だなにしばらくおいておきます。
  1. 2013/11/09(土) 19:00:16|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大豆とそばの収穫がやっと済みました。

今日はお店の開店日なので、早朝よりパン作業となります。
11時にパン作業もなから終わって店番となりますので、店長は大豆作業に走りました。

大豆 (1)

後一通りだけ残っていましたが、12時前にはそれも終わってビニールハウスに最終の乾燥をさせるために置いてきました。袋はメッシュではないので口を開けて立てて3日ほど置いておこうと思っています。

大豆 (2)

豆と一緒に茎も沢山入っていますが、この茎が結構湿った感がありますので、湿った茎が干されればオッケイとなるでしょうか。

大豆

今日は引き続きそばの収穫も終わらせました。終わってから機械の掃除をしハウスにしまい込んだのは4時ころとなりました。結構疲れていましたが、畑で小山となっている大豆の茎かすを畑に広げる作業をしました。
くまでで引きずって広げるのですが、今日は疲れがたまっているせいか結構しんどいです。
偶には暗くなる前にかけるのもいいかと5時少し前に軽トラに乗り込みました。
  1. 2013/11/09(土) 17:27:39|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の脱粒作業にとりかかりました。

大豆は2日前に島立てしたばかりでその後1日は雨だったので作業ができるかどうかと心配でした。
午後1時から動き出したのですが、トラクターに脱粒機を取り付けるのに1時間半も掛かってしまいました。
なかなかうまいこと行かないですね。

大豆の脱粒作業 (1)

大豆の脱粒作業 (2)

一通りすぎて二通りめの途中で気づきました。いつのまにか掃除用の引き戸が開いており大豆が大量にこぼれていました。ショック。

大豆の脱粒作業 (3)

立ち枯れしていた分は綺麗に脱粒出来ますが、葉が緑色している分は茎や葉がうまく飛んでいかずつまりの原因となり難儀しています。

大豆の脱粒作業 (4)

大豆の脱粒作業 (5)

今日も真っ暗になるまで畑で作業しましたが、終わらせることは出来ませんでした。
後一通り40分くらいの仕事量を残して片付けとなりました。

大豆の脱粒作業 (6)

月が今日も綺麗に輝いていました。
  1. 2013/11/08(金) 19:16:53|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 下の田んぼの脱穀作業しました。

また日曜に雨予報が出ています。
3日毎に天気が変わるってのはやはり秋らしい気候となっているってことでしょうか。

稲の脱穀 (1)

7時から動き始めていますが、脱穀機の送りチェーンから嫌な音がしているのでそれを直すために少し出遅れてしまいました。1時間遅れで克子さんと大地くんが手伝いに入ってくれましたが、そんな事も有り仕事を思っていた分作っておくことが出来ませんでした。
少しだけ時間をもてあそばせてしまいました。


稲の脱穀 (2)

それでも12時前に全て終わり自宅に帰ってくることが出来ました。
蔵の収納部屋に積み上げました。11段で3通り、入りきらなかったものが3袋となりました。全収穫量は900キロとなりました。昨年の販売量は400キロでした。今年は少なく見ても700キロ有りますので、1月中に売り切れてしまうということはなさそうです。

さて、午後からは田んぼに置き去りになっている脱穀機を取りに行き、蕎麦と大豆の脱穀作業に1人で立ち向かうことになります。
  1. 2013/11/08(金) 12:36:33|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤色玉ねぎを植え付けました。

赤玉ねぎ定植 (1)

克子さんにアルプス市場へ苗を100本買いに行ってもらったら、赤玉葱の苗を150本もらってきた。売れないので半値にしようと思っていたけど、きんぴらさんにあげちゃうと言われもらってきたとのこと。
今度何かでお返ししないといけないな。
サラダにすると美味しい赤玉ねぎは初めて作る。これも何かの縁となるのだろう。

赤玉ねぎ定植 (2)

植えきれなかったのは白菜のマルチの空きに植えておいた。一番手前のところです。

赤玉ねぎ定植 (3)

これは昨日植えた農協で買った苗。

赤玉ねぎ定植 (4)

こちらはその前に植えた半値の苗、やはり元気さが違うなぁ。
今に元気になってくるから心配はいらない。

赤玉ねぎ定植 (5)

空

明日から晴れが2日続くようなので、その間に米と蕎麦と大豆の脱穀をしてしまわないといけないな。
忙しくなるな。
  1. 2013/11/07(木) 19:08:20|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニンニクの植え付け作業をしました。パセリの引っ越しもです。

玉ねぎの定植をした残りの穴にニンニクを植え付けます。

ニンニク

今年まだ食べきっていないニンニクを持ってきてばらして1つずつとがった方を上にして浅く土の中に埋め込みます。作業は簡単なのであっという間に終わってしまいました。
まだ穴が100ばかり残っているので玉ねぎかニンニクを小丹生して植えるのが良いのかな。

パセリ

桔梗農場に植わっていたパセリ2株のうち1つをハウスの中に移植しました。
しばらく毎日水やりに行かないと枯れますので通う事になりそうです。
灌漑用水の水が先週の日曜に止まったのでこれからは雨水を利用する事になります。

  1. 2013/11/06(水) 16:42:43|
  2. にんにく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆畑の耕起作業も始めました。

大豆はまだ刈り取り出来そうなところが残っていたのですが、全てハンマーモアーで平らに致しました。

4時過ぎからモア―を取り外して耕起用のロータリーに付け替えて早速耕起作業に入りました。

大豆畑の耕起作業 (1)

大豆畑の耕起作業 (2)

大豆畑の耕起作業 (3)

ライトを点けながらの作業で5時半頃まで頑張りました。
一回だけでは雑草藁やアカザの太い茎は土となじみそうにありません。
農家の先輩にや泊なじませる方法が何か無いかと尋ねた事がありますが、何回もやるしかないねとあっさり言われてしまいました。
佐久地方の方で有機農法の田んぼをしている人が田んぼの藁と根株を春までに土になじませるのに4回も耕起していました。

明日はかえで農場の消防署蔵を耕起しに行きます。
2回ほど耕起したら麦の種蒔き作業をしようと思っています。

明日の午後は田んぼで脱穀作業をしてみたい気持ちですが、藁束を持ち上げてみて決めようと思っています。
なにせこのさむい季節ですので、稲は水の吸い上げは行っていません。
だから干す時間も少なくて良いのであり、雨に濡れた分を干せばほぼオッケイではないかと店長は思っているのです。
明日の午後田んぼに行って再確認して脱穀作業に入るかどうか決めようと思います。 [大豆畑の耕起作業も始めました。]の続きを読む
  1. 2013/11/05(火) 19:30:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

玉ねぎ苗の定植作業を始めました。

予報では今日は一日快晴となるはずです。
朝から桔梗農場へ玉ねぎの定植作業に出掛けました。

玉ねぎ定植 (1)

玉ねぎ定植 (3)

アルプス市場から苗を500本克子さんに買ってきてもらった物です。毎年葉が黄色になって半値になった物があればそちらを優先的に購入しているのです。後500本買う予定でいます。種類はネオアースという保存の利く物を選んでいます。

随分前に農事ボランティアに来ていた今中さんとマルチシートを敷いて用意してありますので、穴の中に生えている雑草取りから始めました。

玉ねぎ定植 (2)

相変わらず土に水分が多いので畑の中を歩いているうちに靴底にしっかり厚みを持った土がくっついて足が重くなってきます。こんな日に畑を歩くのは足の上がりの悪い人には良いリハビリになるかもしれませんね。

苗を適当に分散していよいよ定植作業に入ります。
手スコップで穴を開けて鶏糞を一握り入れ込んでから苗を植えていきます。
こんな土なので最初に水やりをしておくという作業は省かれますので、悪い事ばかりではないですね。

玉ねぎ定植1

毎年強風に煽られて苗がすっ飛んでしまいます。今年は最初から風下に葉を寝かして定植しました。
根さえ張ってくれれば葉はまっすぐ上に伸び始めるのでこれでも行けると判断しました。
またまた今年も実験です。

500本でやっと半分が終わりました。後500本購入してきて植えねばなりません。
お手伝いに来てくれる人がいたらありがたや。
[玉ねぎ苗の定植作業を始めました。]の続きを読む
  1. 2013/11/05(火) 09:45:50|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下の田の稲刈りが終わりました。

夕べも今朝方も結構雨が降りまして、今日の稲刈りは無理ではないかと思っていました。
6時半過ぎに目が覚めていつもより寝坊してしまいました。この数日の農事は結構ハードなので疲れていて寝坊につながってしまったようです。
さて、7時過ぎに大慌てで農機具を乗せて田んぼへ出発です。カッパを着込んでいるので多少の雨は覚悟の上での作業です。

雨上がり

田んぼは静かな空気をまとっていました。

下の田の稲刈り (1)

バインダーを車から降ろしてお手伝いさんが来る前に、出来るだけ多く刈り取っておこうとさっさと動きます。
カッパの下は汗でびっしょりとなっていました。

下の田の稲刈り (2)

最初のうちはそれでもぱらぱらしていたのですが、湯川一家が来る頃には全くやんでお日様も差し始めてなかなか良い稲刈り日和となってきました。

下の田の稲刈り (3)

下の田の稲刈り (4)

日さじも一時期強くなってきてカッパは着ておれません。子供達も周りから稲束をせっせと運んでくれてハゼ掛け作業も順調です。お昼は上の田の新米でのおにぎりを食べました。中身は梅干しのみキックです。

下の田の稲刈り (5)

雑草はご覧の通りに枯れています。稲の生長もそんなに影響なく育っています。
雑草に過敏になりすぎなくても条件さえ良ければ雑草の中でも育つという事でしょう。

下の田の稲刈り (7)

終わったのは2時半頃になりました。6分くらい一緒に店長のおつまみとなるイナゴ取りをみんなでしました。
寒くなってきたのと雨で湿っていたという事も有り容易にイナゴが捕まります。
短い時間でも30匹くらいゲット出来ました。
青色下ハゼ掛けシートは掛けませんでした。疲れていたという事とどうせ雨でしっかり濡れた状態の物だから晴天2日あれば脱穀してしまおうという計画です。
明日明後日と晴天は続かないかな。

とにかく湯川さんに参加して頂き本当に助かりました。
我が家のメンバーが一人も参加してないという事は少し残念ではありますが、それぞれに予定がある日に日を決めてしまったおいらにその原因はありますので、誰も攻める気などありません。

脱穀の日は一応に8日にしようと思っていますが、
お天気次第で来週にずれ込む事はありそうです。


[下の田の稲刈りが終わりました。]の続きを読む
  1. 2013/11/04(月) 16:34:21|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急遽大豆の収穫作業となっています。

大豆の収穫 (1)

大豆畑はアカザその他の雑草で覆われてしまっています。通りに面した所の大豆のチェックを入れてみた所さやの中には実はある物の小粒や病気の入った物ばかりで良い物がありません。収穫作業をしても苦労のしがいがないのでハンマーモアーでつぶして麦まきの準備に取りかかろうと決めて作業開始をしたのですが、

大豆の収穫 (2)

大豆の収穫 (3)

大豆の収穫 (4)

大豆の収穫 (5)

周りからぐるぐると回りながらつぶし作業をしていたのですが、中に入って行くにしたがって収穫出来そうな部分が結構有る事が判りました。
夏のあの猛暑の中をくらくらしながら雑草取りをした事を思うとこれを収穫しない訳にはいきません。

大豆の収穫 (7)

雑草の中から大豆だけ刈り取って外に並べていき、刈り取った所をハンマーモアーできれいにしていきます。
ノコギリ鎌を手に朝から6時間一人での作業で大変疲れて昼休みに帰ってきました。
後もう3通りくらい刈り取り作業をすれば昨年同様くらいの(200キロ)収穫があるのでは無いかなと思い、まあ全部を収穫しなくても良いかと思っています。
今日午後から雨だと聞くのでそれまで頑張ってやめようと思っています。
雨上がりで稲刈り作業が終わる5日の日に耕起してしまおうと思っています。
残っている大豆ですが、どなたか自分で収穫して使いたい方がいたらどうぞ収穫していって下さい。

大豆の収穫1 (1)

大豆の収穫1 (2)

午後1時から大地君にお手伝いを頼みました。島立て作業をしてもらいました。そばのように細い茎ではないのでひもで束ねる必要はありません。空は今にも雨を降らすぞと言った黒い雲が広がっています。
雨がひどくなるまでが勝負です。

大豆の収穫1 (4)

大豆の収穫1 (5)

午後4時頃です。ついに音を立てるような雨に変わり一緒に島立て作業をして返ってきました。
畑の約半分の処理が出来ました。

大豆の収穫 (1)

大豆の収穫1 (7)

雑草もこれだけ一気に処理出来ると本当に助かります。
5日の朝までに大豆収穫したい人の連絡が無かったら残してある大豆は処理してしまうので、刈り取りに来られる方は早めに連絡を下さいね。
  1. 2013/11/03(日) 13:15:48|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅の自生かぼちゃは立派なのが8個採れました。

かぼちゃ

どうしてゴミと一緒に埋めたかぼちゃの種から自生したかぼちゃは立派なのだろう。
中も充実していてしっかり重いのです。
毎年春から地面が凍ってしまうまで我が家の生ゴミは全て自宅裏の空き地に埋めていきます。
雑草も生え放題です。
やはり土質が良いという事は言えそうです。
かぼちゃは夏頃から雑草の中から生えだしてきます。
蔓は雑草に絡みついてその上に大きな葉を広げ夏草に負けないでぐんぐんと伸びていきます。
桔梗農場のかぼちゃ畑では2年続けて不作となっています。
今は雑草をやはしたまま冬越えをする予定です。
5月の種蒔きまで雑草をしっかり生やしておきます。

早く大きな立派なかぼちゃがなる土地に育って欲しいな。
  1. 2013/11/02(土) 17:42:07|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新型ハンマーモアー購入しました。

先代が使っていた残幹処理機(ハンマーモアー)を直して2年間使ってきたのですが、動かなかったぼろを直しだだけの事は有り、ついにやばい状態にまでなってしまいまして、ついに今年9月に購入を決めていました。
ネットで中古やら新品やらどんなメーカーがどんな物を出しているのかと調べて決めたのですが、やはり一番安く収まる所へとなりました。
自走式のキャタピラというかゴムクローラー式の物か現在使っているトラクターに取り付けるタイプにするか随分迷ったのですが、値段が倍以上の違いが出てくるので約20万で購入出来るトラクタータイプにしました。
これからは振動と排気ガスと太陽からの熱射の中を長時間歩き回る苦労はなくなりそうです。

新型ハンマーモアー登場 (1)

午前中に西濃運輸から電話があり、事業所に届きましたので取りに来て下さいとの事。
うちには重たい機械を運送屋のトラックから下ろす機械など無いので、事業所止めにしてもらい軽トラックの荷台にフォークリフトで下ろしてもらうように手配してもらいました。
軽トラから降ろす時はアルミスロープとトラクターの力を使えば引き下ろせそうだったので、畑でやってみると案外簡単に下ろす事が出来ました。
購入したのはマキロン・ハンマーナイフモアーです。

新型ハンマーモアー登場 (2)

いざトラクターに取り付けようとしたのだが、ジョイントに使っているオートヒッチに合わないのだ。直接つなぐしかないんだなと気を取り直して苦戦して何とか取り付けて自宅に昼ご飯を食べに帰ると。
お父さん荷物が届いているよと言われみてみると今し方まで苦戦していた農機の取扱説明書と納品書だった。
読んでみるとオートヒッチは外して下さいとか取り付け方が詳しく書かれているし、ベルトの張りの調節や後ろに着いているローラーの傾きや設置後の動かし方や操作の仕方が詳しく書かれており、もう一度機械の取り付け方やネジの締め直しをしに行ってきました。今まで自分流に機械の取り付けをしていたので、この取扱説明書で知らなかった事も有り結構勉強になりました。

取り付けた後夕方暗くなるまでまだ1時間ほどあるので、早速消防署詰め所裏のライ麦畑の雑草処理作業に行ってきました。ウイーンと聞き慣れない回転音に最初はびびりながらであったが、今までの機械はタイヤで浮かして地上と刃の間調節だったのだが、今度のはそりをはかせている感じで地面にそのまま置くタイプとなっている。よっぽどでこぼこで無い限り高さ調節をしょっちゅうやる必要はなさそうだし、パワーも7馬力から一気に25馬力となり余裕の作業できれいに処理出来ていた。
雑草を出来るだけ生やしておいて微生物を増やしておき種蒔きをするとなるとこいつは絶対必要な農機具だと店長は思っている。
新品で農機具を買ったのはこれが初めてで、良い買い物をした気がしている。
  1. 2013/11/01(金) 19:28:41|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

かえで農場で播種作業しました。

うどん乾麺用の種蒔きがあと少しだけ残っていました。
昨日の夕方耕起しておいたので、今日の午後には地面も乾き播種作業ができるようにと計画していたのですが、午前中から始める事にしました。
背中と肩と首に疲れが溜まってきているので、午前中森作業へと思っていたのですが、それでも少しでも力仕事でない方を選んだわけです。

かえで農場 (1)

かえで農場 (2)

かえで農場は少し傾斜があって南側には大きなクルミの木があり、右側には向かし保育園だった建物と大きなしだれ桜があります。紅葉の時期もとてもきれいな所です。
店長お気に入りの圃場ですが、石が多くて土もなかなか良くなってこない所です。
それでも毎年こうやって麦を作って藁や種が入って雑草も生えているのでほんの少しずつでも良い方向へ向かっているはずです。

田んぼ

1時間ほどで播種作業が終わりました。と言うか種切れとなりました。
まだ200g程の種があればまんべんなく種蒔きが出来た所ですが、空き地には雑草を生やしましょうか。
帰りに田んぼによってみました。
いよいよ4日の祭日に稲刈りとなります。
豊作は間違いないようです。

くみ取り作業 (1)

くみ取り作業 (2)

お店のトイレのくみ取り作業も気になっていたので、済ませました。屎尿液がしみこんでくる作業手袋をやめて新調した赤いゴム手袋を使いました。手を入れたり出した利がなかなか使いやすくて気に入りました。
水仕事にはやはりゴム手が良いですね。
屎尿液は今年は全部柿の木の根回りに撒きました。タンクの上部分だけしかくみ取らなく、しっかり熟成しているので割合と臭くないのであります。

お店の森も紅葉できれいになっています。これから松葉もはらはらを雨のように落ち始めて屋根の上に積もりますので、雪が舞い始める頃に屋根の上の落ち葉落としもしないと行けません。
東京の納納屋さんは今日近くの霧訪山登山をしているでしょう。
お天気にも恵まれ、上の方は広葉樹の紅葉が始まっていてきっと気持ちいいだろうな。
  1. 2013/11/01(金) 11:08:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する