FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

農機具の整備と小屋の修理作業をこの冬こそしっかりしておこう。

今使っている中古の久保田トラクターサンシャインf255は60万円で購入したものだった。
その当時はネット社会の影響は我が家にはなく、地元の久保田農機へ頼んで探してもらって購入したものだ。
それ以来約10年ほどオイル交換は2回しかしていない。それもエンジンオイルのみでギヤオイルその他のメンテナンスの方法が判らず何もしていない。
今年の作業でギヤの入りの悪い事やモンローという水平機能の狂いなど、それから色んな機械の取り付け方など自分流でやってきてしまっており、本来のメンテナンスや取り扱い方をしていてはいない。

中古とは言え出来るだけ調子よく長く使っていきたいのでこのオフシーズンに本気でメンテナンスをしてみようとネットで取扱説明書を手に入れたのである。
それが、買った所へ取扱説明書はないんですかとむかし聞いた事があったが、はっきり無いと断られたのだった。
昔から農業していた日となら何となく古い機械から新しい機械に変わろうと取り扱いは出来るだろうけど、全くの素人が中古で扱い書もないとなるともう少し何とか良い対応をして貰えないものだろうかと思ってしまう。

まあとにかくメーカーに頼るよりもネット社会に頼ろうかと決め込んでいるおいらである。

と、言う訳で自宅周りの片付け作業が終わったら農機具のメンテと小屋のメンテをやる予定でいる。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/17(火) 21:46:37|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白菜10個収穫してきました。

来春に収穫予定で種蒔きをした白菜でしたが、完全凍結になる前に収穫しないと腐ると聞いて大きいのを10個収穫してきました。
残る小さいのと巻きのないやつは試しにと黒い寒冷紗を2枚重ねにして掛けてきました。
すごい強風になる事は判っているので30センチのピンを刺してきました。
雪が降って残雪となれば飛ばされる事は無いと思いますが、雪が少なく冷え込みが厳しい冬だったらそれでも飛ばされるかもしれませんね。

傍らにぞくぞくと出ているのらぼう菜の葉をちぎって食べてみたら今までで1番甘かったです。
葉を食べるなら今が1番良い時なのかもしれませんね。
  1. 2013/12/16(月) 17:25:01|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下の田んぼにもチップ材を入れました。

ガソリン1リッターあれば結構チップ材が作れると思って森に出掛けた。

森作業 (3)

道に近い側の小枝はなくなり機械を次の場所に引っ張っていき作業に入った。
雪交じりの冷たい風が今日は森の中にも吹いている。

森作業 (2)

今日はなんだか気持ちが乗らない。
チップ材作りもほどほどにし、薪作りの作業をしようとチェンソーで木を切り倒して玉切り作業をしていたらオイルキャップが振動で外れたらしくオイルがなくなってしまった。道理でチェンソーのパワーが弱くなったようになかなか切れない訳だ。

作業をやめて林道の上の森を見に行ってみた。
赤いツツジの花が遠くに見えた。
つぼみが沢山着いているので、正月前までここで咲いていくのだろうか。
広い森でこの一本だけが咲いているのも不思議な事だ。

そろそろお昼になるので田んぼにチップを撒いて早く帰ろう。
いざ撒き始めると田んぼはすごい強風で身体がよたるほどだった。
この所の片付け作業も結構大変で身体が疲れ気味のようだ。
今日の寒さも結構厳しい。

午後は1時から動き始めた。
田んぼに入れる有機資材は一通り入ったので、早めに耕起して土となじませておかないといけない。
来春の代掻きの時に多くの浮き藁が出ては大変だ。
今年の藁は田んぼ全体に広げていないので圧撒きのところが多く、浮き藁が出ても仕方ない状態でもある。

田んぼ

寒いったら無い。
雪交じりの横風がひっきりなしに吹き続けていて、トラクターの上で吹きさらし状態の作業となった。
2時間かけてやっと終わって家に帰ってきたが、足の感覚がなくなっている。


  1. 2013/12/13(金) 12:34:55|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今頃になってスペルト麦の播種作業しました。

スペルト麦はほとんど売れませんし、お店でも使っていないので在庫の60キロで来年も十分乗り切れると踏んでおりました。
ところが先日の日曜日にスペルト全粒粉を扱ってくれている方が見えられて、卸販売での購入をしたいという事で12キロ買って貰えたのですが、在庫として取ってあったものをいざ製粉という段階でカビの発生を確認してしまったのです。
当然売る事は出来ません。
となると、来年用と思っていたものは駄目と言う事になってしまった訳です。
せっかくお客さんが着いたというのに来年用のスペルト小麦はなし…・・って訳にはいかないでしょう。

本当に急遽でしたが、桔梗農場の蕎麦畑の半分をスペルト小麦の圃場にしてしまいました。
来年は蕎麦畑をもっと広くする予定でいたので、どうも野菜を減らしていく方向になりそうです。

スペルト麦の播種 (3)

今朝は久しぶりに濃霧となった。9時から畑に出たが昨日ほどの冷気も風もなく、作業するには良い日となった。

スペルト麦の播種 (1)

スペルト麦の播種 (2)

播種作業をするのにトラクターで耕起しておかないといけないので、春先に雑草と共にハンマーモアーで細かにするつもりだったそばの茎を片付けなくてはいけなくなった。半分だけでトラック1杯分となった。
来年の春にジャガイモ畑に埋める有機資材に今年も使う事にしよう。

スペルト麦の播種 (5)

午前中に耕起作業まで終わらす事が出来た。
昼に返って1時過ぎから播種作業をしたいが、それまでに地面が軽く乾いてくれれば作業が楽になる。

スペルト麦の播種 (6)

スペルト麦の播種 (7)

広くはないので種蒔き作業も1時間で終了出来た。
これで約60キロの収穫を見込んでいる。

  1. 2013/12/11(水) 16:58:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最後に播種したハナマンテン小麦が出芽しました。

ハナマンテン (2)

ハナマンテン (3)

ついにやっと気になっていたハナマンテンが出芽していました。
深夜1時から降り出した雨と風で冷え込んでいた陽気も暖かく感じられました。
もしかしたら発芽し始めたんじゃと思って朝一で様子を見に行くとかすかに針のようなとがった麦の葉が出ていました。

年内中に出芽すればもう安心です。
1ヶ月近く予定より遅れてしまった麦の播種でしたが、来年は豊作になる道へ
の希望が見えてきました。
  1. 2013/12/10(火) 17:52:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼへチップ材を入れてます。

この作業は冬の作業です。
色々とやりたいことややらなければならない事がありますが、今日は森へチップ材を作りに行きました。

チップを田んぼへ (1)

森は静かなもんです。
一年ぶりにチッパーカッターのエンジンを掛けます。
チョークを引っ張ってしばらく空引きをしているとやっとエンジンが掛かりました。
回転を上げるとすぐに止まってしまうので、低速で暖機運転を五分ほどしてから回転を上げました。
さすがホンダの四サイクルエンジンです。力強くいい音が響いています。

チップを田んぼへ (2)

チップを田んぼへ (3)

森の奥から二年前に山にしている枝材を引っ張ってきてはチッパーカッターに入れていきます。

チップを田んぼへ (4)

持って行ったガソリン一リッター分を使い切りエンジンは止まってしまい強制終了となりました。
土嚢袋13袋作る事が出来ました。
1袋13キロくらいの重さかな。

チップを田んぼへ (5)

そのまま田んぼに撒いてから家に帰ります。
上の田んぼに約150キロのチップを撒き入れた事になります。
もう一回今度は下の田んぼへ撒くチップ作りをしないとな。
  1. 2013/12/09(月) 17:42:02|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒い訳です。麦の生育ストップしています。

ハナマンテン (1)

一番最後に播種作業を行った大豆後の畑です。全く芽が出ていません。12月でも暖かい日があると発芽する年もあるのですが、今年は11月中旬から一気に冬の気候となり短い秋でした。
あれ以来ここを通る度に車を停めてチェックを入れるのですが、表面ではなく土中が凍っている状態の日が続きます。凍っていたんでは発芽するはずもありません。

ハナマンテン (2)

そのすぐ北側の畑です。こちらはもう少し早くに播種出来たのでギリギリ発芽したのですが、全く大きくなってきません。成長ストップとなりました。

002.jpg

その畑の丁度境になる所にサクランボの木が3本植わっています。
下草を刈らずにそのまま残しています。今年は藁を巻かずに越冬させてみようかと思っています。
この下草が根の保温に一役買っているのではないかと思うからです。

ええ、もちろん実験農園ですので1本だけです。
  1. 2013/12/04(水) 17:28:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する