FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

さんざん苦労してきた稲の苗ですが、

稲苗

今日からイベント作業に入る為に農事の時間などないのですが、朝6時から1時間半ばかり時間をもらって作業してきました。
モチ苗だけを苗箱から引き抜いて植え直しをしました。
新しい根はしっかり箱の底から出ていましたのできっとつく物と思われます。

今写っている画像のまま片付ける時間もなくこの土日が過ぎていくことでしょう。
スポンサーサイト



  1. 2014/05/30(金) 18:59:43|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナマンテン小麦畑の除草作業もう少しです。

麦畑の除草 (3)

ハナマンテン小麦は順調に育っています。
が、この中にライ麦とハーブ類の背の高く育つ物が混じっているのです。
コンバインを詰まらせる原因となりますので、除草作業をしています。

麦畑の除草 (1)

もう1ヶ月近く中に入っては取り除いていますが、次から次と育って新兵が現れてきます。
ライ麦はとりあえず引っこ抜いて根についている土を落として畝間に横にしておいています。
しっかり乾燥して黄色くなっていますが、土に根がついていた物はそこから水分を取り始めてまた穂を上に持ち上げるものも出てきました。
ライ麦は強と思うのです。
昨日からそれらの枯れたライ麦を畑から出す作業を始めました。
一通り3回入り込み抱え込めるだけ抱えては畑から出していますが、これが結構な労働です。

麦畑の除草 (2)

40センチ位の高さの山が10メートルの長さで山積みとなっていますが、まだ終わりません。
中を歩いているとヨモギとヒメジオンが育ち始めているのが判ります。
これもコンバインを詰まらせるので、取り始めないといけません。

除草作業いつまで続くのかと思うとちょっとだけつらくなります。
早く終わらせたい。

追記有り。 [ハナマンテン小麦畑の除草作業もう少しです。]の続きを読む
  1. 2014/05/29(木) 19:18:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

胡麻の移植作業始めました。

昨日そばが沢山発芽してしまったので、耕起し直しておきました。
今日は畝立てをしてハウスにある先発胡麻苗だけを移植する作業をしました。

ごま (1)

苗を荷台に積んで出発です。

ごま (2)

畑に畝を2通りとりあえず作りました。

ごま (3)

30センチ間隔で手で穴を掘って中に一握りの鶏糞を入れました。

ごま (4)

水を穴にたっぷり入れてから苗を移植していきます。

ごま (5)

2時間位掛けて全部移植してきました。
結局二通り分は有りませんでした。
数にして約150個分位かな。

作業中道を通る人3人にそれは何かと聞かれました。
ここらでは作っている所を見たことがありませんし、胡麻を見る人は案外少ないのだと思いました。

ポット苗は割と大きく育っていた方がポットからの抜けが言いように思いました。
底の穴から根が出てしまっているのはやはり抜けずらかったですね。
あと1週間ほどで後発隊の移植作業となる見込みです。

追記有り [胡麻の移植作業始めました。]の続きを読む
  1. 2014/05/28(水) 13:19:34|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラムと林檎の様子です。

かぼちゃ (5)

枯れたプラムの枝でしたが、4匹の蛾の幼虫を殺してから活きを取り戻し始めました。
もう切ろうかと思っていたのですが、切らなくても良さそうですね。
しかし4匹だけでもこうも木が弱ってしまったことも驚きでした。

今朝自宅にある豊後梅の葉に小さなアメシロのようなコロニーを作っている虫が葉の裏にいっぱいいたので直ぐにつぶしました。見たら直ぐその時に対処するのがやはり良いみたいですね。

りんご (2)

昨年やっと初めて1つだけ実を付けた林檎の木ですが、今年はいっぱい実を付けています。
収穫有るかもしれませんね。

おまけ記事です。
今朝稲の苗床に水やりをしようかと思ってビニールシートを空けようと思ったら、中でごそごそとおとがしてそのうち水の中を走る音がして大きなネズミが飛び出して逃げていく姿を見てしまいました。
おやおやと思って中をよく見てみるとあちらこちら苗が抜けている所が見つかり、ネズミに苗を食われていたことが判りました。
ネズミの害は初めてです。
ビニールの端に土を乗せて入り口になりそうな所をふさいできました。

稲苗 (1)

追記しています。 [プラムと林檎の様子です。]の続きを読む
  1. 2014/05/27(火) 13:36:34|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぼちゃの自然発生苗移植しました。

かぼちゃ (2)

昨日の夕方自宅で自然発生していたかぼちゃを掘って25本の苗をポットに移しておきました。

かぼちゃ (3)

その前に同じ所にやはり自然に増えてきている付記を一つ掘り起こして、自然農園へ移植しました。
自然農園の入り口にはふきがたーくさんあったのですが、春先ふきのとうを取っていく人が多くいて消滅してしまったのです。

かぼちゃ (6)

かぼちゃ (7)

11時まで掛かってかぼちゃネットを2トンネル作ることが出来ました。
ごぜんちゅうになえをぜんぶいしょくしなくてはとみずものまずにがんばってしまいました。

かぼちゃ (8)

元気のない苗も10ほど有りましたが、夕べからの雨が土を重くしているのできっと復活してくれると信じて移植してきました。
  1. 2014/05/27(火) 13:25:23|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後から蒔いた胡麻の種も順調に発芽しています。

ごま (1)

こちらは最初に蒔いた胡麻です。もう定植しても良い位となっていますが、畑の準備が出来ていないので、このままハウス内でもう少し待ってもらいます。

ごま (2)

こちらがその時に発芽しなくてやり直した胡麻ですが、ご覧のように順調に発芽し始めました。

ごま (3)

白い寒冷紗を被せておくと昼間の直射日光の下でも土が乾きすぎることがなくて良いようです。
今回成功したのはこのおかげでありました。
これからはポット苗の上には必ず寒冷紗を使おうと思います。
  1. 2014/05/25(日) 19:24:58|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぼちゃの種蒔きし直しました。

やり直しの多い年となっている。
かぼちゃの芽がなかなかでないのである。
3日前に心配になってポットの土を掘り返して様子を見てみると種の先っちょに白い物が出始めていたので、これなら大丈夫だろうと毎日せっせと水やりをしていたのだが、それから3語っても土の中から芽が出てこないのだった。
イベントが終わって夕方水やりの際にもう一度ほじってみるとなんと種がかびているでは有りませんか。

速種を買いに行ってまき直しをしました。

かぼちゃ

種は農協へとも思いましたが、6時を過ぎていたので近くの薬屋さんまで行ってきました。
こんなところで種を買うのは初めてですが、以前よりビタミン剤や痛み止めを買いに行った際に入り口付近に並んでいるのを確認しておりましたし、店員さんがちょっとかわいいので本日使わせて頂いたというわけです。
種はタキイのミヤコカボチャです。
収穫後1週間位の放置で食すと良いとありました。

自家採取の種なら2から3粒ずつ蒔くのですが、お高い種なので1粒ずつにしました。

追記有り [かぼちゃの種蒔きし直しました。]の続きを読む
  1. 2014/05/25(日) 19:14:32|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠れない原因は今年の稲に有り。

夕べの夕食の時に苗作りに失敗しそうだから、今年もよそから苗をもらう手配をしたらと言われてしまった。
苗作りのやり方は自分ではすでに確立はしているのだが、その通りにやることが出来ないでいる。
特に今年はアクシデント続きで全てが全く裏目に出ている。

疲れた身体で布団に入った葉良いがなかなか眠れない。
先発隊の葉の緑が戻ってこない。
原因は何だろうか・・・・水持ちが悪すぎる。
腰まで水を入れたら後発の苗が沈没してしまうし。
土も昨年まで畑土だったのが原因か毎年苗床に香る腐敗臭混じりの臭いが全くない。
苗床を作る際に水が使えなくなってしまったことで代掻きが出来なかったことが今になって大きな問題となってきている。

やるなら明日しかない。
屋根をたたきつけている雨音を聞きながら布団の中でそう思って目を閉じていた。

朝が来た。
やはり疲れが取れきれないが、しっかりやり直しをしよう。
今日はイベント用のお菓子やケーキを焼く予定でいたが、やり直しをするなら一刻も早いほうが良い。
菓子作りはあきらめる事にする。

稲の苗床 (1)

とにかく全部取り外して片付けるとしよう。

稲の苗床 (3)

根切りをして置き直した先発隊の苗箱底には新しい根が全く伸びてきていなかった。
これでは葉が黄色みを増すばかりなのもしょうが無いか。

稲の苗床 (2)

まんのうで10センチ位掘って土を運び出す作業、雨に濡れて重いったらない。
修行だと思ってただやる。

稲の苗床 (4)

後発の苗の所まで土を掘り出してから水を入れてトラクターで代掻きをする。
水のまわりが悪かったので2回繰り返しました。
その後はトンボを使ってならし作業をします。

稲の苗床 (5)

稲の苗床 (6)

稲の苗床 (7)

今度は水持ちも良いし、水平に出来ているから安心だ。

稲の苗床 (9)

苗箱を再び並べるが、先発の苗はこれで全て土落としの為に根を切ることになってしまった。

稲の苗床 (10)

トンネルシートを掛けて元通りに整えた。

カッパも靴も泥だらけで休み無しで一気にやり遂げました。
疲れてしまったので、トラクターを洗ったり道具類を片付けることは出来ませんでした。
昼まで1時間ほどあるので、整骨院へ電気を掛けてもらいに行くことにしました。

夕方水やりに行ってきました。
代掻きをした方はそのままでも良さそうです。
後発の苗だけはビニールを外してシャワーで散水をしてきました。
この散水作業は5センチ位まで伸びたらやめて新しく畦をこしらえて腰まで水につかるようにやりたいと思っています。
今日の作業で苗の根が伸びて上手く活着してくれれば腰まで水を入れることが出来るのですが・・・

やれることはやったので後は期待を持って待つだけとなりました。
  1. 2014/05/21(水) 18:50:10|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の大豆のご報告です。

キヨカヨさんにお手伝いして頂いて播種した大豆です。

大豆 (1)

大豆 (2)

防鳥の為に置き藁をした所としてない無防備の所と共に今のところ被害無く順調に芽を出して育っていました。
今が一番危ない所なので、あと4日のうちに被害が出るか出ないかの瀬戸際であります。
今週から松本のクラフトフェアーの準備で忙しくなり、農事がおろそかになりそうで水やりの失敗から苗を枯らすんじゃないかと不安ではありますが、とにかく無事にこの時期を乗り切りたい思いです。

さて、おまけ記事です。
せっかく桔梗農場まで来たのだから黒麦や南部小麦ライ麦の様子も見てきました。

黒麦

黒麦は順調でありました。

南部小麦 (2)

南部も順調です。

南部小麦

奥の背の高いのがライ麦です。
ライ麦が今年は足りなくなってしまったので、もっと広い面積で作付けしたら良かったと少し反省しています。
黒麦は多く収穫出来そうです。
在庫が沢山あるので、500g入りはこのまま2割増量サービスで販売を続けようと思っています。

カラスノエンドウがここでも絡みつき始めているので、除去作業をしたいのですが、あっちこっちと草刈りや雑草除去に追われていて追いつきません。
[桔梗農場の大豆のご報告です。]の続きを読む
  1. 2014/05/20(火) 17:47:58|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナマンテンの麦畑でライ麦の除去作業始めました。

昨年もけっこう頑張ってやったが、今年もまだまだ出てくるね。

昨年根こそぎ取り切れなかったライ麦は穂が付いた時点で穂だけ鎌で取り去る作業をしたっけ。
それでも今年これだけ出てくるんだからすごいな。

ライ麦の除去作業 (1)

今年は店長一人でライ麦除去作業をしております。

まだ青い穂なので今のうちに除去するのが一番良いですね。
少し前まではハナマンテンと見分けがつきませんでしたが、ライ麦だけグッと伸び始めて色も白く太い茎なので直ぐ分かるようになりました。

小さいのは手で引っこ抜き、大きく根が張っている物はまんのうや鍬でのこそぎ掘り起こします。
これも一気にはせず、ぼちぼちやらないと疲れそうです。

お手伝い出来る方がいらしたら是非ご連絡下さい。

ライ麦の除去作業 (2)

4日目となりましたが、まだ終わりません。
今日は絶好の曇り日より、今夜半から雨の予報が出ているのでなんとしても終わらせておきたいと思っていました。
が、他にも用事が出来てしまい畑にずっといられませんし、この所の草刈り作業で体力が落ちてきています。
あと、2時間の作業を残して今日は5時で切り上げることにしました。

今夜からの雨で麦達がグッと葉の色を濃くして大きく背を伸ばすことでしょう。
待ってました雨。
  1. 2014/05/16(金) 17:50:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稲の苗床、やっぱり作り直さないといけない予感。

店長は米作りには結構気合いを入れているつもりであるが、割と家族にも言われるが失敗が多すぎる。

今年は”トラクターはまる”アクシデントから苗床を麦畑に作った小さな田んぼで作ることにしたのだが・・・
暑い日の水やり失敗から枯らすこととなり、種蒔きが2回にずれてしまった。

そんなんで先発隊と後発との間に違いが出来てしまい、水やりの仕方も変えなくてはならない状況となってきた。

稲の苗床 (1)

稲の苗床 (2)

稲の苗床 (3)

全体にアルミシートを掛けていたのでは先発の苗が大きくなれないでいる。
あくまでも発芽して葉が3センチ位伸びたら取り去るのが通常だろう。
ご覧の通り葉が黄色みを帯びてきてしまっている。

大変だが思い切って床を2つに分ける事にした。

稲の苗床 (4)

稲の苗床 (5)

移動させる苗箱が一番少なくて済むようにと、奥の方へ先発隊を集めてみた。
先発隊はこれから先腰まで浸水させる必要があるので、畦が必要となる。

稲の苗床 (6)

古い使っていない畦シートを再利用してみた。
これで大丈夫かと水を入れてみる。
水を入れている間待ち時間が出来るので、桔梗農場の道沿いにアスターの苗を植え行った。

アスター (1)

アスター (2)

アスターの苗は48ポットをハウスで育てた。
この倍くらい無いと沿道は埋まりそうにないな。
また種を2袋買ってきて苗作りを始めようかと思う。

稲の苗床 (8)

稲の苗床 (9)

帰ってくると水はぐるりと苗床を囲んでいたが、手前の方は浸水していても奥の方は全く水が届いていなかった。
これでは水管理が出来ない。
しかたない。
本当に大変だとは思ったがこの際やるしかない。

稲の苗床 (10)

浸水しない苗を引っ張り出して土も削り取って平らにし、もう一度苗を戻すという作業を始めた。

稲の苗床 (11)

大きくなってきた苗は箱の下の土に根を伸ばして引っ張り出すとその土ごと出てくる。
おかげで削り取る土量は少なくて済みそうだ。
このまま納めるわけに行かないので、底に付いた土は根っこごと削り取ってまた納めるしかない。
苗にとっては大きなダメージとなるだろう。

稲の苗 (1)

稲の苗 (2)

今度はだいぶ良いみたいです。
それでもまだ5センチ位の差があるみたいですけど、これで今年はやってみます。

ここからはおまけ記事です。

草刈り (1)

草刈り (2)

今シーズン初めての草刈り機の登場でした。
先日土手のカラスノエンドウを取り除いておいたので、乾いたその塊を抱えて片付けた後行いました。
通りの土手と、ぶどう園の中とその周辺を行いました。

いつも前を通る時挨拶を交わすカブ90のおじさんがこんちはと言った ので、ふいをつかれて手を上げて挨拶すると止まってしまいました。
『止めるつもりじゃなくて手を上げただけ、悪かったね』

ニンヤリと笑ってまた走っていきました。

今日は朝7時から殆ど動きっぱなしで疲れました。
明日は曇りと見てハウス内で花の種蒔きをします。

  1. 2014/05/15(木) 12:54:32|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の農事二日分一気に。

先ずはビニールハウスから
朝一の仕事は水やりでしたが、中が熱くならないうちに少しでもハウスの修理をして使いやすくしてしまわないといけません。


ビニールハウス

ゆがんでしまった部分を引っ張って戻します。

ビニールハウス (1)

中からつっかえ棒をして止めておき、そのままの状態で支柱にパイプをネジ止めしていきました。

ビニールハウス (2)

これで強風が吹いて揺れても当分ハウスの中の仕事も安心して行えます。
ごまのポットへの種蒔きを続けて行いました。

ごま

少し前に蒔いたのは順調に小さな双葉を開かせ始めています。
これと同じように連結のポットをホームセンターで買ってきてやろうかと思います。
が、下に丁度よく使っている稲の苗用の箱が足りません。
これがないとポットの底から土がこぼれ出てしまうのです。
中に紙とか網とか敷けば大丈夫なのですが、やはりポット全体の底を均一に平らにした石持ち運びの楽になるので、苗箱は必要ですね。

強風と雨

天気が非常に不安定で風が急に強く吹き始めたり日射しがあたったり雨が降ったりで、関東地区では雹が降っているとか。

今日は暑い

日は変わり、今日は朝から暑いワイ。

中古苗箱

中古苗箱買ってきました。
バイクにこれだけ積んで来れました。
全部で450円、やったぜ。
場所は洗馬に出来たリサイクルセンターみたいな所。

ごま (1)

ポットに土を入れて端でくぼみを作って種蒔きしました。大体1つに3粒位。

ごま (2)

被せ土は網で土をふるってうっすらと。

ごま (5)

黒ごま約1000ポットやりました。
白の金胡麻の方はパンにはあまり使わなかったので今年は400位にしました。
このくそ暑い日に一層暑くなるビニールハウスの中での種蒔き作業はぜったい命を縮めています。
かといって風の強い中では出来そうもなかったので今回はしょうがない所でしょうか。

これから先、中は相当暑くなるし、小さなポットで保水量が少ないので日に3回朝昼晩と水やりをする必要がありそうです。
それでもジョロをを持って畑中歩いて水やりをすることを思えば非常に楽な作業ですけれど。

麦畑の除草 (1)

麦畑の除草作業をまた始めました。
キヨカヨさんと取り尽くしたかと思いましたが、小さく目立たなかったのが大きく育って花を付け始めました。

麦畑の麦の生長の良い所と悪い所の雑草の種類ですが、

麦畑の除草 (2)

畑のすぎな 

ご覧の通りどちらもスギナでした。
スギナは酸性土壌に多く発生すると聞きましたが、草木を燃やした後に直ぐ生えてくるのがスギナなんです。
灰はアルカリなので、酸性土壌ばかりを好んでいるとはどうしても思えないのです。
早速ネットで調べてみると実験ではやはり酸性でもアルカリでもスギナは生長するようです。

スギナ退治はやはり除去を繰り返すというのが一番いいようです。
一気に地下茎まで取り除く必要はありません。
地上部は光合成で地下茎に栄養分を蓄えるので、地上部だけがなくなれば自然と地下茎も細くなり枯れていくのです。
でも、麦畑のスギナは背を高くするわけではないので、じゃまになる植物ではありませんからまあ、生やしておこうかな。
  1. 2014/05/13(火) 21:26:04|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗やっぱり1週間で発芽しました。

先週5日の日にキヨカヨさんと一緒に種蒔きした稲です。

稲の苗 (1)

枯れてしまった部分からも新しい芽が出始めている所もありました。

稲の苗 (2)

一斉にきれいに発芽してはいませんが、あと三日もすれば相当緑が目立ってくると思います。

ここからはおまけ記事です。

栗挿し木

栗の挿し木ですが、本日青い葉を出さなかった物11本を抜きました。

蜘蛛が食べる

自然農で大発生している黒い羽虫は柿・プラム・くるみ全ての果樹にたかり放題です。
プラムの木をよくよく見てみると緑色下蜘蛛がそれを捕らえて食べていました。
  1. 2014/05/11(日) 20:55:16|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大豆畑に藁置いてきました。

キヨカヨさんに手伝ってもらって大豆の種蒔きをしました。
夕べは予想していなかった雷と大雨となり、今朝は水たまりが出来ていました。
これは発芽が近いと見て慌てて防鳥用に藁を置きに行ってきました。

大豆

黒い雲が朝から西の山沿いにうごめいています。
強風ではありますが、雨はまだ降りそうも無いので桔梗農場の耕起作業に行ってきました。
昨年秋から植えっぱなしの長ネギはじゃまになるので、引っこ抜いてまた違う所に植え直しをします。
結構太くなって固くなっているので、このまま刻んで使えそうもありませんね。
植え直しする際に青い葉は切り落として弱らせようと思います。
  1. 2014/05/09(金) 15:00:52|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏飼うことにしました。

四賀の友達から鶏3羽もらってくれないかと連絡がありました。
ブログでそのかわいいひよこを見ていたので、もらうもらうと即答しました。

で、鶏小屋を作らないと行けなくなりました。
今他のことも山積みでどうしていつ作れば良いのだろうと頭を炒め始めています。
菜っ葉炒めても頭を炒めてはいけませんね。

前に飼った時には狐に毎晩1羽ずつやられてついにという結果に終わりました。

今回は下からも進入出来ないように作ろうと思っています。
  1. 2014/05/08(木) 21:07:01|
  2. 養鶏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

かぼちゃ畑の種蒔き準備を始めました。

今日は桔梗農場の麦畑の周りの草刈りから始めようと出掛けました。
所がビニールハウスの支柱が3本倒れており、今朝の強風はただ者ではありません。
日射しは強いのでハウスの中は真夏状態です。
汗かきかき作業を致しました。

ビニールハウス (1)

折れ曲がってしまった支柱を両端から新しい支柱を支える為の支え棒として使います。
ネジ止めする都合上先の止める所を万力でつぶして穴を開けます。

ビニールハウス (2)

ビニールハウス (3)

立てた3本全てに支え棒を1本あるいは2本付けましたが、てっぺんの梁にあたる棒が風で揺れているうちに外れてしまうのでひもで間隔が広がらないように縛ってみました。

さて、これでハウスは当分大丈夫と言うことで、トラクターにモアーを取り付けます。

ハンマーモアーで草退治 (1)

半年ぶり2回目の装着作業ですので、結構時間が掛かってしまいました。

ハンマーモアーで草退治 (2)

桔梗農場ののらぼう菜も殆ど片付けます。

ハンマーモアーで草退治 (4)

30分位できれいに片付きました。明日はロータリーに取り替えて耕起作業をします。

ハンマーモアーで草退治 (3)

こちらがかぼちゃを2年作っていた所ですが、どうも雑草の種類や成長状態を見るとまだまだ良いかぼちゃが取れる土質ではないなと感じました。
一度思い切って多めに鶏糞を入れないと数年は良いかぼちゃその他は育たないなと感じ始めています。
  1. 2014/05/08(木) 20:55:55|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラスノエンドウの除去作業を一日やりました。
ブドウ棚は羽を付けた黒い虫が100匹は飛び回っています。
赤い葉を広げ始めたぶどうの葉をよく見ると色んな虫が集まっている。

ぶどうの害虫退治 (1)

蓑虫は害虫で沢山付くとぶどうが弱ってしまう。

ぶどうの害虫退治 (2)

目に付く物を捕まえてはつぶしていく。

ぶどうの害虫退治 (3)

りんご

黒い羽の虫は林檎の木の周りには200匹位飛んでいるんじゃないかな。
とにかくそごい量飛んでいる。
害虫か益虫なのかまだ判断が付かない虫です。
  1. 2014/05/07(水) 21:05:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然農、ぶどう園周りのカラスノエンドウ除去作業しました。

カラスノエンドウ除去作業 (1)

豆科の蔓植物です。
窒素を地中に作ってくれるので畑にとっては良いのですが、そこで育っている植物にとりついて生育を阻害してしまいます。それから絡みつくので刈り払い機は草刈り機が使えません。
厄介です。
今年は花が付く前に一掃することにしました。

カラスノエンドウ除去作業 (2)

道路伝いの土手には花を咲かせる植物を移植しているのですが、カラスノエンドウが毎年日陰を作ってしまって大きく育たないでいます。
今年は頑張って取り除きましたので花植物は大きくなれるのではないでしょうかと期待します。

カラスノエンドウ除去作業 (3)

カラスノエンドウの根元や他の植物の根元にも抜け殻となった多くの幼虫の黒い塊がありました。
他にも何かの蛾になるだろうと思われる幼虫が沢山根元に現れました。
ヨトウムシもいました。
つぶします。

ぶどう園 (1)

ぶどう園 (3)

午後4時にやっとぶどう園周りの自然農園のカラスノエンドウ除去作業が終了となりました。
  1. 2014/05/07(水) 20:54:54|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日午後2時より大豆の種蒔き致しました。

のらぼう菜

溝きりの機械フラミンゴ君を取りに桔梗農場へ行きました。
春の野菜の主菜となっていたのらぼう菜は黄色い菜の花をいっぱい付けていました。

大豆 (1)

今日もキヨカヨさんがお手伝いに来てくれました。
東京から連休を使って帰省している間お手伝い出来るそうで、連日来てくれています。

大豆 (2)

午後2時から4時まで2時間あまりで作業を順調に終わらすことが出来ました。
「水はやらなくて良いんですか」
『日曜日に雨が降るようだからその後発芽するかも』

大豆 (3)

すぐ上どなりの水田には水が入り始め代掻きの準備をしていました。
畦にはタンポポが咲き乱れ春爛漫です。

かえで農場 (1)

かえで農場 (3)

せっかく桔梗の場まで来たのだから、ライ麦や黒麦の見学をしました。
ライ麦が一番茂っていました。
草はの中に小さな穂が出来ており、これから一気に背を伸ばして実を付け始めます。
ライ麦の中に花々が結構混じっていました。
一緒に除去作業をしてもらって今日の作業は終わりとしました。

今日もご苦労様でした。
ありがとうございました。

明日はぶどう園や田んぼの畦や土手などの草刈り除去作業の予定です。
お手伝いして頂ける方がいらしたら、朝9時頃ぶどう園にお集まり下さい。
  1. 2014/05/06(火) 19:28:16|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の種蒔きやり直し、今年もやりました。

もうやめて買ったらという身内の言葉は聞く耳を持たない店長です。

さて、今年もやり直し作業となりましたが、全部ではありません。
予定約17枚です。

朝8時から畑に出掛けるとキヨカヨさんが既に来ていて、待たせてしまったようでした。
メールで行きますよという連絡が1つも入っていなかったのでつい油断してしまいました。
遅刻したわけではありません.8時丁度に畑に行ったんですけどね。

稲の種蒔きやり直し (2)

稲の種蒔きやり直し (3)

田んぼ土をふるって用意しておいた残りの土は3袋しか有りませんので、有る分で終了となります。
やはり一人でやるのと二人では大きな違いがあるようで、1時間かからずに終わってしまいました。
一人で午前中いっぱい掛かると覚悟していたので大変楽出来ました。

稲の種蒔きやり直し (1)

全部苗床に並べ終えてからはジョロで水をたっぷりやって、いったん片付けておいたアルミシートをもう一度全体に被せることにしました。
天気の良い日には朝晩シートを外してジョロで水やりをする必要があります。
既に大きくなってきている物は10センチ位まで伸びた所でシートを外して腰まで水に浸す必要が出てきます。
発育の違う物が混じって同じ床で違う水のやり方が出来るのかと・・・先に問題を残しながらの再スタートです。

稲の苗床


さて、時間があまりにも余ってしまったのです。
まだやることがあればやりますというお言葉に甘えまして、最近時間を見ては麦畑の中の除草作業をしていたのですが、二人で一気に終わらせることにしました。

麦畑の除草 (1)

麦畑の除草 (2)

畑の中には生育の悪い場所も所々あります。
今年の収穫後には鶏糞をそういう所に撒く必要があるなと畑の中を歩いて思うのです。

除草作業ですが、何せ広いので見落としもあります。
幾日か前には小さかった物も大きく目立つようになっていて、今日も結構な量の雑草が取れました。
収穫直前には麦に絡みついたカラスノエンドウを取り除く作業が出てくるとは思います。
今日でこの麦畑の除草はおしまいとしました。

いったんこれでお店に帰ってお茶とたい焼きを食べて午後ハウスの中の支柱立てを手伝ってもらいました。

ビニールハウス (1)

支柱は梁の端に立てるようにしていましたが、それだと一人では重すぎるし立てた支柱をそのまま維持出来ませんので、梁の真ん中に支柱を立てて一人でも作業出来る方法に代えたのです。
今日は手番もいますので、3本の支柱を立てて梁も繋げる所まで出来ました。

ビニールハウス (3)

後は暑くならない曇りや雨の日に中のパイプ切断の作業をしてスッキリさせていく作業と、支柱を固定していく作業が残っています。
風のない日にはもう一度シートを外して全体を低くするように張り直しをする必要もありそうです。
これもぼちぼち時間を見つけては進めていこうと思います。

誰かまたお手伝いさんがいる時が良いですね。

今夜このまま雨が降らないでいてくれれば、明日は大豆の種蒔き作業を午後出来そうです。
  1. 2014/05/05(月) 18:35:59|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗が枯れました。全部じゃないよ。

稲の苗

昨日の夕方枯れ始めていたのを発見していました。
散水しただけでは昼間の暑さに苗箱が乾いてしまうようです。
今日から朝昼晩と3回の散水を計画していたのですが、朝から一人でパン作業となり昼近くまで全く動けませんでした。

出掛けて散水した時には朝からの日射しに干されてしまい17枚近くの苗が枯れた状態となってしまいました。
今まで順調に来ていたので気落ちはしますが、昨年苗のやり直しをしたのは16日でした。
それでも田植えに間に合っていましたので、明日20枚近くやり直しをしようと思っています。

熱くならない朝8時頃から作業に入ろうと思っています。
お手伝い出来る方がいたら是非お願いします。
  1. 2014/05/04(日) 17:26:22|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポットで種蒔き追加しました。

家庭菜園ではないが、農園では大量栽培している物が中心となるが一律に同じ作り方をしないことが多い。
故意にやっていることもあるが、しょうがなく違うやり方で補うことも多い。

ごまの種蒔きと大豆の種蒔きに関しては今年は違ったやり方で試してみたい気持ちがあり、初めてごまの苗を栽培してみることにした。
ごま畑は相当に広いので全て苗でと思ったら中途半端な量では済まない。
今年は200本ほどで済ませて後は直まきをしようと思う。

胡麻種蒔き

アルプス市場で家庭菜園様に使うだろうと思われる簡易ポット栽培キット成る物を買ってきた。
養土も入っていたので、これは田んぼ土と混ぜて使うことにした。

ぶどう

梨

ぶどうの新芽が開き始めてきました。
山梨の知人の所では春先の柔らかいぶどうの葉を天ぷらにして食べると言っていました。

白い梨の花も満開となりました。
まだ蜂が飛び交う姿は見れていません。
  1. 2014/05/01(木) 18:37:23|
  2. ハウス栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する