FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

稲刈りも近づいてきましたね。コンバインの中古エンジンが見つかりました。

昨夜オークションでヤンマーコンバインの中古エンジンを見つけました。
15000円くらいで購入したいと思って買います情報を発信していたのですが反応は全くありませんので、半ば諦め掛けていたのですが、ヤフーオークションを久しぶりに覗いてみたところ15000円で掛けられておりました。

落札出来なかったらそれはそれでと思っていましたが、店長しか入札した人がおらずそのまま15000円で落とすことが出来ました。

というわけで早速壊れたエンジンの取り外し作業を行いました。

コンバインのエンジン交換 (1)

エンジンを囲っているカバーを全部外さないと取り出せそうもありません。

コンバインのエンジン交換 (2)

フレーム台座に着いているボルト4本とアクセルワイヤーなどを外します。

コンバインのエンジン交換 (4)

コンバインのエンジン交換 (6)

主軸に着いている大型プーリーも出っ張っているので外します。
プーリーの中を覗くと取り付けネジがあります。

これで持ち上げて外せるかと思いきや、ちょびっとひっかかって出せません。
藁押さえのレールも外すことにしました。

コンバインのエンジン交換 (5)

やっと取り出すことが出来ました。

あと4日くらいでエンジンが届く予定です。

009.jpg

雨でない良い日を狙って動くエンジンを載せて稲の脱穀に間に合わせようと思います。
スポンサーサイト



  1. 2014/09/30(火) 17:51:02|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばのゴミ取り作業が済みました。

唐箕掛けの前に収穫コンテナを使って多いな茎を取り除きました。
その後唐箕掛けをしましたが、小さい粒が多いようなので、今回は風を弱めに設定しました。

思うほどきれいに取れませんでしたが、自家用ですのであまりこだわりません。

近々製粉作業をしようかと思っています。
が、製粉し立てをそばにして頂きたいので月パンそば屋さんと相談してからにしましょうか。

とりあえずは明日明後日の家にパン工場の方へ運んでおきましょう。

そば

斗缶半分くらい、3キロ粉が取れるかなといった所でした。
  1. 2014/09/30(火) 17:34:15|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の生長がいったん止まりましたね。

最初のかえで農場のうどん用麦が発芽してから1週間くらい経つので、そろそろ除草作業かなと思い確かめに行ってきました。
うどん用小麦

どうやら雨が降らないのが成長ストップの原因と見ました。
7日まで雨予報が出ていないですね。
この分だともう少し先もしばらくは大きくはなれないようですね。

そのおかげで除草機の作業が涼しくなってからとなりそうでちょびっとうれしいな。
  1. 2014/09/29(月) 15:44:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鶏小屋を造り始めよう。

四賀の友人から鶏を貰えることになったのは良いが、やることに追われすぎてなかなか鶏小屋を作り出すきっかけが作れないでいた。
台風の影響で今日は雨予報となっていたが、この塩尻では朝から陽が差しよい天気となった。
事務の仕事をしようかと思ったが、小豆のさやから豆を取り出す作業を終えてから、そうだ、今日は鶏小屋に着手するのにちょうどいいじゃん。

と言うわけで、もう15年くらい前に立てて、今博多向き始めている鶏小屋を壊して作り直すことにした。

鶏小屋 (1)

雑草が小屋を覆い始めている。

鶏小屋 (2)

とにかく周りの雑草を片付けないことにはどうにもならない。
鋸鎌を手に奮闘していると雨が降り始めた。
どうやら今日は強く降ったり止んだりで外仕事が何だか中途半端になりなかなか進まない。

明日は曇り晴れなので一気に壊してしまいたい。
と言ってもバキバキ壊すのではなく使える材料をもう一度組み直して・・・と、作り直しを基本に考えているので、釘抜きトンカチと電動ドライバーでの作業になるかと思う。

続き2回目
鶏小屋 (1)

土に直接木の柱が着いていたので腐って短くなって傾いている。
風情・・とは言えない。
小屋周りの草を刈ってから周りに畦畔ブロックを置くことにした。
狐が穴を掘って小屋の中に入り込めなくする為に並べようと思う。
ビニールハウス横に積み上げておいたので取りに行ってきた。

鶏小屋 (2)

小屋周りにもかぼちゃが蔓を伸ばしており、これだけ収穫があった。
畑よりも自生の方が出来が良いというのはどういうこっちゃ。

鶏小屋 (3)

1つはネズミが毎日囓っているようだった。

小屋を直すのに板や棒が必要になると思い、あちこち探し回っているうちに片付け作業になってしまった。

ガレージ二階の階段下は特にひどくなっていたので、燃やせる紙類の袋や段ボールは結構な量となって畑で燃やすのに15分ほどかかってしまった。

明日から松本城のイベント出店の為に結構の量のパン焼きとなる。
息子は朝3時過ぎから作業に入っていてお疲れバージョンとなっている。
配達だけでも手伝いに行かないと不味いなと思い1時から手伝いに行ったので、午前中小屋作りに費やした時間は1時間もしなかったかな。

鶏小屋 (4)

夕方暗くなるまで小屋作りをしたがとにかく蚊が多くて困った。
作業中ふと周りを見ると10匹くらいに取り囲まれているじゃん。
顔に10カ所ばかり手に4カ所手袋の上から刺された。

小屋の中に入っていたものを全部出してみると結構なゴミの山となってしまった。
もう使わない畦シート・・・どう使おうか。

欲しい人がいたら上げるんだけどな。

つづき、3日目
とにかく鶏を頂きに行く火を探してみるとやはり今日の午後しかないと思った。
急ではあったが午後1時バイクで出掛けることが出来た。

今日はゆとりがあるので結構ゆっくり友達と話をすることが出来た。
そばの製粉に関しては店長の持っている製粉機と同じものを使っていて、いろいろと情報を頂けたので、少しやり方を変えて製粉してみようと思う。

鶏をもらいに行く (2)

鶏をもらいに行く (5)

四賀村ってやっぱり景色の良いところだ。
昔からそう思っている。

鶏をもらいに行く (6)

鶏小屋

5時頃やっと鳥さんを入れられる状態になった。
その間2時間あまりバイクの荷台の段ボール箱の中で眠ったように静かにしていた。

もらってきた段ボールはそのまま産卵部屋に使わせてもらった。

今回気にした点は夜は外から鶏を見ることが出来なくすることだった。
四賀の友達は既にその方法で飼っていたので、さすがだなぁと感心してしまった。
とにかくある材料で使えるものはそのまま使ってというけち精神ですので、何だかつぎはぎ小屋になっております。
元々ゆがんでしまった小屋をそのまま使うので、こうやった方が・・・・という気持ちはあっちへ押しやるのでありました。

鶏をもらいに行く (7)

明日は小屋にいっぱい籾殻を入れたり産卵室に藁を敷いてあげようと思います。


後ろのコンテナに入れてくれば良いと思っていたが、段ボール箱を用意してくれて中に3羽入れてもらい帰ってきた。
取っての穴も口もテープで閉じて真っ暗状態にしたので全くもって静かなものでした。
小屋はまだ口が1つ閉じられていなかったし、地面にあたるところは穴を掘って侵入出来ないようにと網を埋めて置いたので今回外すことにした。

[鶏小屋を造り始めよう。]の続きを読む
  1. 2014/09/25(木) 21:43:26|
  2. 養鶏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ちょうど良かった雨の量

台風の影響で大雨になって種蒔きした直ぐ後地表面が流されたら困るなぁと少し心配もしていたが、昨夜になって本格的に降った雨は今朝早朝には既にやんでおり、普通の降雨で終わった。

一番最初に種蒔きをしたかえで農場の様子を見に行ってきた。

かえで小麦 (3)

さすがに一番最初だけ有って伸びている葉の長さは一番長かった。
毎年生育の悪い奥の方も割と順調に伸びているようだった。

ライ麦

らい麦も順調だったが、こちらは奥の方の生育が悪いように見える。
製粉で出てくるふすまをかえで農場の奥の方へ撒いてから除草作業に入りたい気持ちだが、乾麺の売り行き次第と言うことになりそうだ。
1回目の製造販売は初めてということもあり、試し買いで売れたと思うが今製造している分は今度はリピーターになってくれた人が購入することになるだろう。
これが順調に売れるようだったら本物と言うことになると思う。
2ヶ月に1度のペースで乾麺製造になると理想なんだけどな。

さて、かえで農場まで行ったのだから田んぼの様子見もして、そのまま銀行へ記帳と支払いに行こう。

たんぼ (1)

たんぼ (2)

だいぶ周りの田んぼでは刈り取りが始まっていた。
うちの田んぼは1ヶ月遅れだが、青すぎないかと心配になる。
稲刈りは10月半ばくらいになるような気がする。

それにしても我が田んぼのイナゴの量は普通じゃないな。
いすぎだ。
今に稲にも害が発生するんだろうな。
  1. 2014/09/25(木) 12:03:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハナマンテン麦今朝発芽したようです。

昨日ぶどう狩りの時にはちっとも気付きませんでしたが、今日は葉が目立っていたので直ぐに判りました。

ハナマンテン麦 (1)

ぶどう園の直ぐ脇にある場所です。
ほらね、でてるでしょう。

ハナマンテン麦 (2)

それよりも一日は役に撒いたビニールハウス横ですが、しっかり発芽しているのが判ります。

ハナマンテン麦 (3)

今日の午後から雨となるので、今の内に耕起で枯れなかった雑草を今の内に抜き取ることにしました。
バケツを持って歩き回るわけです。

ハナマンテン麦 (4)

大きなうんこがありました。
ぶどうを食べたうんこです。
さすがに臭いチェックは致しませんが。 [ハナマンテン麦今朝発芽したようです。]の続きを読む
  1. 2014/09/24(水) 16:45:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ニンニクの植え付け作業をしました。

今年は大粒のものを使ってみました。

にんにく (1)

ネット2つで6球ぶんです。
分解してみると結構小さいものも混じっており、これは自宅で調理用にしてしまおうかと思い植え付けしませんでした。

にんにく (2)

毎年奥の方へ植え付けるのですが、今年は破れマルチのある手前に植え付けしました。
  1. 2014/09/24(水) 15:32:26|
  2. にんにく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小豆の収穫もしました。

そろそろ小豆の収穫が出来そうだなとは思っていたのですが、色々と忙しくて伸ばしておりました。

小豆 (1)

小豆 (2)

まだ葉は緑色していますが、さやはすっかり枯れて中にはきれいな濃い紫色した豆が入っていました。

小豆 (3)

小豆 (4)

根には窒素分をため込んだ根粒があるので根ごと堀取らずに根元から切断して収穫していきます。

小豆 (5)

もうはじけて豆が下に落ちてしまったものもありました。
さやはくるくるっとよじれています。
これもちょっとかわいい感じ。

小豆 (6)

かと思うとまださやが緑色をしてるものも混じっています。
これは残しておいて後日忘れなかったら収穫しようかと思っています。

小豆 (7)

小さなコンビニ袋に8分目ほど収穫が有りました。
種を100gくらいとって後はイベント時のあんパンに使ってもらおうかと思っていますがどうなるか判りません。
家に帰って脱粒作業を手作業で致します。
  1. 2014/09/24(水) 15:28:06|
  2. 小豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの脱穀作業が済みました。

蕎麦畑に行ってみると、刈り払ったままのそばを月パンさんが方向を合わせて集めておいてくれました。

そば (1)

そば (2)

トラクターを動かす距離が大幅に少ないし、乗り降りの回数も減るので大変助かります。

そば (3)

それに、茎ごと投げ込まず穂先だけを入れて脱穀出来るのでゴミの量が少なく、詰まり具合もだいぶ違います。
そのおかげで1時間半で脱穀作業が済ますことが出来ました。

そば (4)

収穫量はコンバイン袋に半分とまでは行きませんでした。
で、粉2キロくらいにはなると思っていますが、ゴミ取り、唐箕掛けでまたぐグッと減る見込みです。
  1. 2014/09/24(水) 15:18:05|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日目の無農薬栽培ぶどう狩り開園の様子です。

23日のぶどう狩りの様子です。
今年はチラシの効果も加わり沢山の人が来園してくれました。

ぶどう狩り (3)

開園は今年で3回目となります。
常連さんもいて皆さん楽しそうにぶどう狩りを楽しんでくれていました。

ぶどう狩り (4)

小さなお子さんを連れた人が割と多いのが又嬉しいのです。
蜘蛛の巣が掛かっている農薬に汚染されていない園で自由にとってもらうことは、お客さんにとっても安心して楽しめる場だと確信していますし、僕も摘み取り作業が省けて助かるのです。

ぶどう狩り (2)

次回のぶどう狩り開園は28日の午前10時から12時となっています。

最近の農薬事情は作物の中に浸透していくネオニコチノイド系に変わってきています。
怖いことに洗っても取れないのです。
昆虫の神経系を壊す毒物で人には影響ないとされてきましたが、最近ではこの農薬散布による大気汚染により人への影響も出ていると報告されています。
作物の約70%は昆虫による受粉によって実っています。
害虫も益虫もとにかく昆虫を殺していけば良いという農法には問題がありすぎます。

消費者が無農薬で栽培された作物を購入していくことが、農業のあり方を変えていく早道だと思うのですが、農薬使用料と日本の安全基準(ヨーロッパ諸国の200から300倍)の実態知る限りでは日本の作物が安全安心だと言えるのか疑問なのです。

日本の中での県単位の今までの出荷総量を調べてみると長野県は80トン以上となっていました。
80トン以上というのは使用量の多い県で他に北海道・福島・新潟・熊本となっています。
少ない県は西日本に多く、20トン以下となっています。

「平成23年農林水産省作物統計」から、水陸稲、野菜、果樹、工芸作物のうち、作付面積の広さで上位に相当する水稲(水陸稲1位)、ばれいしょ(野菜1位)、だいこん(野菜2位)、みかん(果樹1位)、りんご(果樹2位)、茶(工芸作物1位)を選択しました。

稲への使用料がダントツで北海道のジャガイモにも結構使われているんだなと判りました。
ぶどうは栽培面積が少ないことから上位には入っていませんが、この塩尻市ではぶどう畑ばかりなのでぶどうが1位と言うことに間違いないでしょう。

田んぼからイナゴが消えていく現状が見えてきました。
夏のミツバチの食料はなんと稲の花粉なのです。
ミツバチの大量死ももしかしたら田んぼへの農薬散布が招いたことのようです。

このあたりでは松食い虫防除の為に大量に空中散布を行われて問題となっています。
人の神経系を狂わすというこの農薬を安易に使うことはもう許されないと思うのですがどういったものでしょうか。

農薬というか毒物を撒かなくてもちゃんと利益の出せる農業経営を目指したいものだと思います。

明日から雨予報となっていますが、もし午前中雨が無かったらそばの脱穀の続きをやろうかと思っています。
今年はこのあたりの田んぼの稲刈り作業が大幅に遅れています。
15日あたりにはもうすっかり稲刈りが済んでいるはずなのにまだ殆どの田んぼの稲刈りが済んでいない状態です。
今年の我が田んぼの稲の実入りは昨年よりも悪くはなさそうですが、実は小さいようです。
10月半ばか後半の稲刈りになりそうです。
  1. 2014/09/23(火) 21:05:42|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの脱穀作業始めました。

朝7時からトラクターに脱穀機を取り付けてました。
今日はハウスの中から脱穀機を引きずり出すのと、トラクターへの取り付けに2時間もかかり結構手間取ってしまいました。

蕎麦の脱穀作業 (3)

葡萄への農薬散布

いやー、農ぶどうの収穫時期だというのに農薬散布をしているところがあるんだ・・・大丈夫かなと思ってしまう。

蕎麦の脱穀作業 (4)

借り倒しておいたそばは結構乾燥しており脱穀しても良い状態でした。

蕎麦の脱穀作業 (5)

蕎麦の脱穀作業 (7)

蕎麦の脱穀作業 (8)

脱穀作業を開始して暫く経ったが、袋になかなかそばのみが溜まらない。
実入りが非ジョーに悪いことが判った。
それから大豆と違ってそばの茎は曲がっても折れないので機械に詰まりやすいのだった。
ちょくちょく機械を止めて詰まった茎を手で出す作業が入るので、どんどん作業を進められない。
午前3時間やってやっと3分の1が終わり昼となった。

午後からは明日のぶどう狩りの準備の為に看板書きをしないといけない。
カインズホームへベイントと筆を買いに行った帰りに畑に月パンさんの車を発見。
午後時間が取れたので脱穀作業の手伝いに来てくれたとのこと。

看板書きは後にして月パンさんと二人で蕎麦畑に行き作業手順と機械の扱い方を説明して後は一人で作業を進めてもらう事にした。

午後4時に月パンさんは仕事に出掛け、その後5時まで店長がやって約3分の2を終わらすことが出来ました。
明日は朝3時からパン作業をして、なるべく早くにぶどう狩りオープンに行かないといけない。

それからきっと午後4時頃からそばの脱穀作業の続きをすることになるだろうか。
明後日は雨になる予報が出ているので、明日には終わらせたいなと思っている。
  1. 2014/09/22(月) 18:47:05|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕方耕起作業終了。明日が勝負これで最後にしたい。

今朝は2時半に起きて3時からパン作業に入った。
今月は毎週のようにイベント出店があり、息子は売り子になって出掛けていく。
店長はパン作りと店番をしていて、今日は先週慌てて作業が後手後手となってしまい11時までに配達まで行って帰ってきて店のオープンとは簡単にいかなかった。
そうするには3時から作業に入らねばどうにもならないという結論になった。

昼過ぎからの店番の眠い事ったらない。
足腰に結構筋肉痛が定着し始めている。

後もう少しで麦まき作業を終えることが出来ると思うと、頑張らないわけには行かない。
夕方店を閉めてから畑に出掛けて明日の早朝からの大麦の種蒔きの為に1時間ほど耕起作業をしてきた。

さて、そばの脱穀の予定ですが、24日にと考えていましたが、台風の影響で24日から雨になる予報もある。
そうなると22日の月曜日しかない。
月パンさん、どうですかい。
陽があたって梅雨が乾く9時頃から作業に入ろうかと思います。
お手伝いしたい方がいらしたらメールをお待ちしております。
  1. 2014/09/20(土) 20:40:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今年は好天に恵まれて麦の播種作業が順調に進んでいます。

今日はラジオ体操をして直ぐに自宅を出ました。
月パンさんが来る前に昨日耕起しておいた分だけでもやってしまおうと思っていました。

ハナマンテン播種作業 (1)

ハナマンテン播種作業 (2)

ハナマンテン播種作業 (3)

ところが、今朝は放射冷却で今年一番の冷え込みとなり結構露が降りていて地表面はしっかり湿ってしまっていました。
2往復したところで断念しました。
播種機のタイヤに土が付いて重くて進みませんし、靴底にも厚く土がくっついてしまいます。

残りの耕起作業ができれば太陽の日で地表面が乾くまでの間トラクターでの作業をすることにしました。
さすがに雨ではないので土の中は湿り気がひどく有りません。
耕起は出来そうです。9時頃まで掛かってきた圃場も全て耕起作業を終わらすことが出来ました。

ハナマンテン播種作業 (5)

ハナマンテン播種作業 (4)

竹炭作り

播種作業をちょうどやり始めようかというところで月パンさんがお手伝いに来てくれました。
珍しく今日は自転車での登場です。
播種機は1つしかないので、月パンさんにお願いして、店長は竹炭作りをもう一回やる事にしました。

ハナマンテン播種作業 (6)

月パンさんのがんばりで午前中で残りあと3時間から4時間分の広さを残し播種作業が終わりました。
今日中には終わらせることが出来る広さとなりました。
昼休みを挟んで午後1時15分から作業開始です。

やり始めたのは良い物の2往復したところでペースダウン。
結構疲れが身体に来ています。
腰と腕が痛いのでこのまま続けるわけには行かず、播種機権兵衛の持ち手部分の改良をすることにしました。

権兵衛改良

ちょっとじゃまになり始めたクルミの木の枝を切ってハンドルバーを付けてみました。
マジ、良くなったじゃん。
これなら最後までやりきれそうな感じです。

ハナマンテン播種作業 (7)

午前中あんなに晴れ上がっていた空も3時過ぎには一面雲に覆われてしまっていた。
明日はどのくらいの雨が降るのだろうか。

月曜日は南圃場の中のサクランボ圃場で大麦の播種作業となる。
それが済めば麦の播種作業は終わりとなり、23日のぶどう狩りオープンと続く。

月パンさん今日もご苦労様でした。
ありがとうございました。
  1. 2014/09/19(金) 18:18:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

玉ねぎマルチを敷いてきました。

桔梗農場に玉ねぎマルチを敷いてきました。
マルチは風があるとなかなか一人では苦労する作業ですが、今日は風もないし一人でもなく非常にスムーズに作業を進めることが出来ました。

玉ねぎマルチ

お手伝いは初めてボランティアをしてくれた北川さんです。
昨年は今中さんと二人でやったのであります。
今年は忙しそうでライ麦の手作業による刈り取りをお手伝いしてもらったのを最後になかなか連絡がありませんが、お元気でしょうか。
秋は色々と収穫があるのでお礼に渡せるのですが、又顔を見せて下さいね。

北川さんには少し遅めの収穫となってしまったにんじんとぶどうを持って行って頂きました。
あ、こちらも頂き物があった。
きんぴらのぶどうで作ったというイチジクぶどうジャムを一瓶とめずらしいあけびを頂いていました。
別れ際に口に含んだあけびは懐かしいあまっとろさでありました。
今森に出掛けるとあけびもきのこも採れるかもしれないのになとちょこっと頭をかすめたのです。

北川さん又宜しくお願いします。
  1. 2014/09/18(木) 17:52:12|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北圃場のハウス横の播種が終わりました。

一番広いハナマンテンの圃場ですが、ハウス横の北圃場が終わりました。

ハナマンテン北圃場 (1)

朝8時から予定通り北川さん登場で早速作業となりました。
播種機の権兵衛さんを使っては種作業を1時間ほどやっていたダキアとは後退して製粉で出たふすまを撒く作業をしてもらい10時30分には終わりました。

ハナマンテン北圃場 (2)

ハナマンテン北圃場 (4)

ハナマンテン北圃場 (3)

ハウスの南側は今年収穫出来ないほど生育が悪かったところでしたので、ふすまを撒いたのですが、本来は耕起前に撒いておくべきでしょうね。
判っちゃいるのですが、その時にふすまが準備されていないわけでしょうがないのであります。
まあ雨が降るまでは鳥の餌となるのでそれなりの使われ方はあるというわけです。
我が農園では鳥を4種類ほど約200羽を野外飼育しているのであります。
だからこれでいいのだ。

午後はぶどう園横の南圃場の種蒔き準備をしました。
ここは昔から生育が悪く今年は竹炭と苦土石灰とふすまを撒きました。

ハナマンテン南圃場 (1)

ハナマンテン南圃場 (2)

ご覧のように非常に薄撒きですが、毎年何んかかんか撒いているので、そろそろ効果が出てくるのではないかと期待しているわけです。
今年はひどい年ほどではなく徐々に良くなってきている感じでした。
来年はもっと良くなるはずですね。

ハナマンテン南圃場 (3)

明日はそばの脱穀が出来るかと畑に見に行きましたが、気温が低いせいか湿った感じでどうやら無理のようですね。
土日と雨模様となり来週のお天気いかんではなかなか厳しくなってきそうですね。
来週からの秋晴れを期待したいと思います。

と言うわけで明日一日必死でハナマンテンの播種作業に明け暮れたいと思います。
出来れば終わらせてしまいたいな。

追記 夕方
4時半頃暗くなるまでもうひと息やってこようと耕起のすんだ北圃場へ種蒔きに行ってきました。
12往復やったところで今日の疲れがずっしりと腰と手にやってきましたので、まだ少し明るいのですが止めて帰ってきました。
明日早くから又頑張りたいと思います。
  1. 2014/09/18(木) 16:52:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

午前6時45分、作業開始。

朝一でメールを確認してみると昨日種蒔きを手伝ってくれた月パンさんから今日午前中ならお手伝い出来るよと言う連絡だった。

今日は乾麺用の製粉作業をしたいと思っていたので、月パンさんが来ることまでにしっかり耕起作業を済ませておかないと行けません。と言うわけで体操時間にトースト食べて出発しました。

しまった。
画像とらなんだ。

11時頃までやって頂きました。
ご苦労様でした。
ぶどういっぱい持って行ってくれたかなぁ。

そんじゃあ、あさってまた。

追記 夜
ハナマンテン (1)

これは大麦の芽が出てきた所です。
19日の金曜日に残りの3キロの種が届くことになっています。
差が開かないように来たら大急ぎで播種しないと行けません。

ハナマンテン (2)

午後2時から月パンさんの続きを始めました。
午後4時まで2時間やりました。
それから着替えて整骨院へ電気治療に行ってきました。
なかなか肘や手指の痛みが取れてこないのでありますが、ぶらぶらと手を振ると痛みが引くことが判り出来るだけこの運動をしようと思っているところです。

ハナマンテン (3)

雲に太陽が隠れる時間が多くて外仕事をするものにとっては大変助かりました。

ハナマンテン (4)

夕方干し草を焼きながら6通りだけごんべえを押しておしまいとしました。
明日は朝8時から北川さんがお手伝いに来てくれる予定です。
初めて参加してくれる方なので・・・ちょっと気を遣いそうですが、今やってもらいたいことをやってもらうしか無いですね。
ぶどうの時期なのでぶどうを持って帰ってもらえるのが嬉しいかな。

それにしても夕方黒い雲がいっぱい広がってきて怪しくなってきちゃってるね。
明日明後日と天気が続いて欲しいな。
天気予報によると秋の冷気が大陸より下がってきて秋らしい天気だと。
日中も温度が上がらないとか。
週末まで雨は降らないとのこと、ボランティアの助っ人も有り予定通り種蒔き作業を進められそうだね。
  1. 2014/09/17(水) 13:02:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

玉ねぎ苗の移植作業準備始めました。

先日友人宅へ行ったら奥様が玉ねぎの苗を畑の一角で育てておりました。
オイラも過去2回ほど挑戦したのですが上手くいかず、今では苗を買っていると言うことですが、やはり出来たら種から育てたいので、もう一度やってみようかと思った次第です。
あひい、今年は買います。

玉ねぎ (1)

耕起前に先日作った竹炭を一面に撒きました。
その後鶏糞を軽く薄撒きしました。
3年続けて鶏糞を入れているので来年からは鶏糞を入れなくても大きい玉ねぎが取れてくるのではないかと思っているのです。が、どうかな。

玉ねぎ (2)

モアーに描けた雑草が枯れて結構暑く残っています。
ゆっくりと走らせて耕起してやらないとでこぼこ耕起になってしまいます。

玉ねぎ (3)

耕起が終わりやっとマルチを引く作業に取りかかれます。
明日か明後日には作業に入ろうという所です。
  1. 2014/09/17(水) 12:54:24|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライ麦の播種作業短時間にて終了。

助っ人月パンさんに手伝って頂きライ麦の播種作業を二人で行いました。
広さは今年の3倍の広さです。
手刈りを考えると無謀なのですが、卸も小袋の小売りもライ麦が一番売れています。
刈り取りが出来るかは別として現金になるものを優先して栽培していかないという思いである。

ライ麦播種作業 (1)

通りの間隔は昨年と同じ1メートルです。
風や雨で倒された時に隣の根元の茎の上に重なるくらいの間隔です。
まあ、倒れる方向によっては無駄な抵抗ということもあるけれどね。

ライ麦播種作業 (2)

まだ種蒔き時期としては早すぎるので、きっと雑草も早育つことでしょう。
秋早めに雑草処理の為の筋間耕起を済ませることになるかと思います。
それも1回ですめば運が良い・・・てな事になるかもね。と。

月パン様本日はありがとうございました。
おかげで丸一日分の作業が午前中で終わらせることができました。

あの後パンの配達と自然農場北圃場の一部で黒麦の種2キロ蒔きまで終わらせることが出来ました。
それからにんじんの収穫を暗くなるまで約半分。
にんじんとぶどうを持って行ってもらったら良かったとしばし反省しました。
今度来た時にはぶどう持って行って下さいね。
  1. 2014/09/16(火) 21:30:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そば刈り1時間で終えました。

今週から先発のそば刈りを始めることになっていました。
昨日よりもグッとお天気良く、日が差し込んでいますので朝からそば刈りにと出かけました。
畑に着くと既に月パンさんが手にノコギリ鎌を持って始めようかという所でした。
「おはようございます はやいですね」
『いまきたところ』
今年は背が高いので下の方の茎を40センチばかり残して刈り払い機で切り倒しっぱなしで乾燥させようと考えています。
実験的に手間を掛けて麻紐で束ねて島立て作業もしようかと思ってもいましたが、後発のそばが同じ広さ残っていますので、それは又でもできるというものです。
しかし、後発の方も昨年と比べると背が高いのであります。

蕎麦刈 (1)

蕎麦刈 (2)

蕎麦刈 (3)

蕎麦刈 (4)

刈りっぱなしですので、後の手間の掛かる作業は無しです。
1時間という短い時間で作業は終わってしまいました。
残っている茎のおかげで直接土の上にあらず乾燥させるのには良い状態です。
それから既に倒れている状態ですので風が吹いても倒れる心配も吹き飛んでいく心配もありません。

今週晴れが続きますので、土曜日前に脱穀が出来ればと思っています。

追記 
余りに終了時間が早かったので、月パンさん「まだほかにてつだえることがあればやってくよ」
有り難い言葉を頂き、「それならばらいむぎのたねまきさぎょうをてつだってもらおうかな」
  1. 2014/09/16(火) 19:09:45|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどん用小麦の播種作業終了しました。

今年8月に販売を開始した5麦乾麺ですが、昨日15袋の注文が入って在庫が5袋のみとなりました。
早々店番をしながら第二弾のための製粉作業に入りました。

来年は大麦を使った乾麺をつくろうと考えているのですが、この分だとうどん様に使っている南部、里の空小麦もまったく足りなくなりそうです。

先日より始めたうどん用小麦の播種作業ですが、予定していた圃場への種まき作業を今朝終えることが出来ました。

うどん用麦

かえで農場の約半分の広さを使いました。
昨年の約倍の広さで条間を狭くしてますので、もしかしたら今年の約3倍の収穫量があるかもしれません。
種の量は5キロ用意したのですが、4キロほど使っただけです。
残りの1キロの種は梅川農園さんへプレゼントすることにしました。

さて、明日からは大麦の種まき・・・といきたいところですが、種がまだ届いていません。
かえで農場の耕起作業とライ麦の種まき作業をしようかな。

いやいやそば刈り作業をしてからか。
  1. 2014/09/15(月) 18:04:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒麦の種、バッチリ用意しました。

黒麦

お店番の時にぼちぼちと手作業で黒麦の種を選抜しておりました。
量ってみると1.2キロ有りました。
今年撒く分はこれで十分です。
  1. 2014/09/13(土) 19:47:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぶどう狩りオープンまで、後約1週間。

ナイヤガラはほぼ全滅の状態に近づいていました。

ナイヤガラ

お店を閉めてから夕方餅田んぼへ水を入れに行きます。
ぶどうの様子もチラと覗くのですが、毎日病気が広がっていくのであります。
黒くなったぶどうの粒は手で触ってみるとぽろぽろと落ちます。

けむし

やはり近くにあるアーモンドの木の様子もチラと見ます。
毛虫がいっぱい付いていました。
枝を揺すって下に落としておきます。

餅稲 (1)

餅田んぼの方は実がついたものの緑色からなかなか黄色に変わっていきません。
まだこれから実が大きくなっていくのかもしれません。
昼間の気温がぐぐっと上がって暫く好天が続くことを願うしか有りません。
  1. 2014/09/13(土) 19:41:25|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樫ぐるみの苗木のはずだったのに鬼だった。

あれから6年経ったのだろうか。
ネットで国家園から購入したクルミの苗木、樫ぐるみの苗木だったんだけど。
今年初めて実がなって落ちていたその実は  鬼ぐるみだったなんて、なんて残念な落ちなんだろうか。

くるみ
  1. 2014/09/13(土) 19:26:39|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月ですが、うどん用(乾麺)の麦まきを始めました。

昨年は10月に入って直ぐに種蒔き作業に入ったのですが、11月の中旬になっても作業を終わらすことが出来ませんでした。
その年の気候によっては雨続きになってしまうとトラクターによる耕起も種まき機も使えなくなってしまいます。
今年は早め早めで出来る時に出来るだけやってしまおうと思い、早々に始めました。

麦の種まき (1)

この画像は先日大麦(しゅんらい)の種蒔きをした南圃場の続きです。
追加注文した種がきしだい直ぐに種蒔きが出来るように今日耕起作業をしました。

麦の種まき (2)

その後かえで農場の耕起作業を済ませて直ぐにうどん用の麦(南部・里の空)の種蒔き作業をしました。
5キロの種の約半分を撒いたところで疲れたので止めました。
今年はライ麦以外の麦まきの筋間を狭くします。
昨年まで50センチ開けましたが、今年は35センチとします。
収穫量が増えるのと2条刈りコンバインを使うのだから一度に2条刈れる幅にするということです。
今までは1条しか刈れませんでしたので一度に50センチでしたが、来年は70センチ一度に刈れていく寸法です。
仕事率も上がるわけです。

明日明後日はぱん屋の仕事をするので来週月曜まで作業の続きはお預けとなります。

ボランティアの方で種蒔き作業をしてくれる方がいましたら連絡を下さい。
  1. 2014/09/12(金) 19:14:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2度目の竹炭作りをしました。

自宅に積まれていた竹ですが、1カ所一山分だけこれで全部片付きました。

竹炭作り (1)

前回やいた分がそのままくぼみに残っているので袋に入れました。コンバイン袋に約半分、15キロくらいになりました。

竹炭作り (2)

今回は湿った竹が多くてなかなか火が付きませんでした。
3回目にやっと燃え始めました。

竹炭作り (3)

竹炭作り (4)

10センチくらいの厚みで炭が出来上がったので、結構な量になりそうです。

ところが、

夕方見に行ってみたら又火がつき始めたようで、白い灰になっており約半分の量になってしまいました。
広げて水まきをして煙がなくなったのを確認したのに・・・・ざんねん。
次回は湯気が上がらなくなるまで水まきしてやるからな。
  1. 2014/09/12(金) 18:57:25|
  2. 肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胡麻は順調に実を付けています。

ごま (3)

ごま (1)

ごま (2)

秋になってからは先っちょだけに花を1つ2つ付けるだけとなっている胡麻です。
通りを散歩する人がきれいなピンクの花を見つけて、なんだいねと聞く人もたまにおられます。
塩尻では胡麻を作る農家は殆ど居ないようです。

毎年のことですが、相変わらず胡麻のさやに穴を開けて中の胡麻を食べまくってる茶色の芋虫がおります。
手での除去作業をしようかと思いましたが、他にやりたいことがいっぱい有るので、やはり今年も虫が食べ残したものを有り難く頂くという路線を選ぼうかと思います。
いっぱい有るから今年も大豊作かな。

  1. 2014/09/12(金) 18:47:08|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の片付け作業進んでいます。

今日はトラクターにハンマーモアーをつけて早速雑草の片付け作業をしました。

中学生と農作業 (1)

桔梗農場片付け (1)

撮している方向が違っていますが、同じ場所です。
あっという間に雑草処理ができてしまうので大変助かります。

桔梗農場片付け (2)

胡麻畑の周りの草もご覧のとおりです。

桔梗農場片付け (3)

午後からロータリーに付替して耕起作業もしてきました。

後玉葱の植え付けが出来るように鶏糞を少し撒いてから耕起のしなおしをしてマルチをします。
その前に蕎麦の刈り取り作業になりそうです。

  1. 2014/09/11(木) 17:05:36|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとマルチの片付けが終わりました。

今日夕方行って暗くなる前にいちごと大根のマルチを片付けましたので、やっとハンマーモアーをトラクターに付けて雑草の片付け作業ができます。
明日は桔梗農場の雑草の片付けとなります。

先発のそばもそろそろ収穫時期が近づいてきたようです。
月パンさんお待たせしました。来週あたりから手刈り作業ができそうです。

今日の主な作業は雑草の片付け作業の続きでした。
朝から午後3時まで掛かって気になっていたところ全部やり終えることが出来ました。
これも機械のトラブルがなかったことと感謝であります。

この所画像がアップされて寂しいのですが、カメラが見当たらなくて・・・

そうだ、大麦(しゅんらい)の種蒔きを1キロ分だけしました。
予定している圃場からすると後3キロくらい種が必要となりそうなので、大慌てで農協に種を追加注文しました。

大麦は6条麦と言って上から穂を見ると6粒並んで見えるので、こういう名前が付いているそうです。
スペルト麦は上から見ると4つだった気がします。
普通の小麦は2つです。

六条大麦の種を注文したところしゅんらいと品種名に書いてあったので、これ違うんじゃ無いかなとちょっと思ったが六条麦に違いないだろうなと思い込んだもので、今日六条大麦の追加注文をしたら担当者がファイバーホワイトですねと言い返してきた。
あれ、しゅんらいじゃないんですかと聞いたところ、電話の向こうでやり取りしている声が聞こえてきた。
同じ同じ・・・・みんな六条麦だから・・・

六条麦の中にも色々種類があるのかなと思ってネットで調べてみた。
1,二条大麦(大粒)
2,六条大麦(小粒)
3,裸麦(小麦のように籾が脱穀時に取れる)

種類によって何の加工食品に使われるか変わってくるようだった。
今回取り寄せた六条大麦は一番色んな使い方がされているものだった。
勿論パンにも良いと思うが乾麺にも向いているようだった。
  1. 2014/09/10(水) 19:12:50|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにいっぱい働きました。

今年は昨年の麦の種まきが遅れてしまったことを踏まえ、9月の半ばから種蒔き作業を開始することにしました。
と言うことで麦の種蒔き準備に入っています。
かえで農場の耕起作業を今日終えましたが、播種前にもう一度仕上げの耕起作業をしないといけないようです。
生育が悪いので今年は鶏糞を入れた方が良いと思っていましたが、奥の特に悪いところだけ苦土石灰を軽く撒いて耕起して種蒔きをしようと思います。昨年思ったことは割と早い時期に播種したところは生育が良かったと言うことです。
生育の悪いところは特に早く、遅くても10月中には播種しておかないと行けないと言うことでしょう。

先日中学生と草取りをしたところの続き作業をしました。
ほうきもろこしとにんじんと小豆にやっと陽があたるようになりました。
秋の日射しで少し作物が大きくなってくれるとやった甲斐があるのですが、すでにもう遅すぎたということもあるかもしれない。

いちごマルチの外し作業は右腕の肘の痛みが取れてからにしようかと、今日は触れないことにしました。

あちこち雑草が大きくなってしまい、今の内でないと草刈り機が使えなくなってしまいます。
自宅と、農場と空き地と道沿いの土手と、これから順番にやっていく予定です。
今日は自宅とかえで農場と自然農場の出口道を行いました。
が、どうも機械の調子が変です。
音と振動が大きくなってきています。
それから馬力が落ちています。少し抵抗が大きいかなと思うと直ぐ止まってしまいます。
一度止まるとエンジンのかかりが悪くもなっています。
それからガソリン漏れを見つけてしまいました。
燃料がやけに早く終わるわけです。

この機械が壊れたら昔のように刈り払い機での作業となります。
昔のように刈り払い機での作業だけで全部こなすことは体力的にもう無理です。
中古で良いので性能の良い草刈り機を又見つけないと行けなくなるかもしれません。
広いところはハンマーモアーで出来るだけ対応していきたいとは思います。

今夜はきれいな満月が見られそうですね。
明日も晴れのようです、今までたまりに溜まっていた農事を一気に進めるチャンスの日になりそうです。
  1. 2014/09/09(火) 19:31:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

かぼちゃ畑の支柱の片付けとモロコシの収穫が済みました。

中学生と農作業 (1)

午前8時半お店に来てくれた中学生と、幸田町から来てくれたひだまりさんと今日はかぼちゃ畑の支柱撤去作業をすることになっています。
先ずは昨日コーヒーの入れ方を教えたのでその復習と言うことで中学生二人にミルクコーヒーを入れてもらうところからスタートでした。
正直にお味を評価するとコーヒーをもっと濃く入れて欲しかったかな・・でも朝のスタートにふさわしいコーヒーでした。

撤去作業は順調に終わり次はいちごマルチの外し作業です。
大人数でやるとやはり早い。

中学生と農作業 (2)

しかしマルチはがしは雑草の根がマルチに入りすぎて苦戦。
鍬で両端を掘り起こしながら進むが疲れてしまって途中でやめることとなった。
仕事内容を変えると気力体力的に作業を続けることが出来るので、途中からにんじん畑の除草作業をしてもらった。

中学生と農作業 (3)

中学生と農作業 (4)

いちごの隣のモロコシはもうすっかり収穫時期が過ぎており、帰り際に全てもぎ取ってきた。

もろこし

家に帰ってきてから全て茹でては見たものの身の皮がしっかり固くなっていていつもの倍噛まないと胃に悪そうだった。
これはもしかしたら鶏の餌にした方が良かったかもしれないな。

今日お手伝いをしてくれた皆様方本当にお疲れ様でした。
大変助かりました。
ありがとうございました。
  1. 2014/09/04(木) 17:06:56|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する