FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

麦刈りはペース落として、草刈り作業を中心に。

ライ麦は朝から刈り始めたもののまだ枯れきっていないところが多くなり、手を止めてしまった。
これはもう少し待ちにするべきか、中の方へ入って行って枯れた物から刈り取って外へ運び出して脱穀作業をするべきか。
そうなると結構大変な作業になっちゃうなぁ。

ライ麦 (2)

ライ麦 (1)

雨は降っていないが昨日と比べるとやたら暗くて風が強い。
日中は晴れると予報が出ているが、どうかな。
8時には刈り取り作業をやめてハウスのライ麦の天地返しに向かった。

ライ麦 (3)

やはり重いは。
湿気っている。
日中温度が上がってくれれば少し期待出来るかな。
左が天地返ししたばかりのもので、右がこれからというもので違いは殆ど無いみたい。

追記
実は昨日刈り取ったライ麦を乾燥箱へ移す作業をしていたら金属片を発見した。
オレンジ色の塗料が付いている物だったので直ぐにコンバインのものだと判断ができた。
刈り取ったばかりの麦は2列の茎を歯車が挟みんで束ねられチェーンベルトが持ち上げていって脱穀ドラムに穂だけを送り込んでいくのだが、チェンベルトの送り部分のカバーというかボディー部がだいぶこすれ減って来ていた。
もしかしたらあの部分が削れ取れたかなと。

何せ中古で農機をそろえていってるので、故障や部品交換や整備は頻繁に自分でして行かないといけない。
この送り部分は昨年故障して気になっている箇所でもあった。
いつどこかが壊れて作業ができなくなってしまうか判らないので、もしやの時のことを思ってもう一台コンバインを中古で探してみるとネットオークションでイセキの同じ歩行式コンバインが5万円で出ていた。
他にも今所持しているクボタ製が即決20万で出ていた。
今つかっているのは13万円だったので10万位で落とせたらなと考えていたら、5万3000円で落とせてしまった。
希少となってしまっている歩行式をこの値段で落とせてしまったのは本当にラッキーだった。
何せこの歩行型は軽トラに乗るし、藁切り機能まで付いている優れものだ。

農作業が落ち着いたら取りに行く予定だ。
スポンサーサイト



  1. 2015/06/30(火) 09:54:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

午後からライ麦の刈り取りを始めました。

ライ麦はまだ一部補が枯れていないところもありますが、枯れたところとの差がありすぎまして、全部枯れるまで待ちますと穂先折れがだいぶ出てしまうので、思い切ってこの晴れ間を使って刈ってしまうことにしました。

先ずは気になっていたイノシシの被害の出ているところです。

イノシシ大暴れ (3)

こりゃ、すげーや。
約3/1が駄目になったようです。
毎晩ここで大暴れしているようで、被害箇所がどんどん拡がっているところであります。
4年ほど前に平出の田んぼにまでイノシシが入り込んで大暴れしたことがありました。
その田んぼでできた米は悪臭を放ってとても食べることが出来ないものだったと聞きました。
穴・・・クレーターの近くで土に穂が付いた物はあきらめます。
穴にそれほどの異臭はありませんが、作業をしているとふっと獣の匂いが鼻につくことがあります。
歩くにも穴が大きくて気をつけないと転びます。

ライ麦刈り取り (2)

かえで農場では湯川さんが豆の種蒔き作業をしていました。

ライ麦刈り取り (7)

ライ麦刈り取り (4)

今年は一度もカラスノエンドウの除去作業が出来ませんでした。
黒いさやが沢山絡んでいました。

ライ麦刈り取り (9)

ノコギリ鎌をつかって手作業で刈っていきます。
昨年の2倍の広さでライ麦を作ったので今度の雨の日までに刈り取れるのかちょいと心配ではありますが、まあ、何とかなるでしょう。
とりあえず4通りだけ刈り終えたところで脱穀作業をしました。
本来なら一日刈り取ってこのままおいてから脱穀作業をしたいところなのですが、イノシシが刈り終えた麦に対してどんな事をしでかすのか割りませんので、しょうが無く脱穀してビニールハウスへ運び込むのでありました。

ライ麦刈り取り (11)

湿気もだいぶありますので、このまま刈り取ってバインダー袋に入れっぱなしだとカビの発生する可能性がありそうです。
乾燥箱に広げて乾燥棚に並べてきました。
今までで一番カラスノエンドウが多いのと緑色の粒が多いのであります。
乾燥が進むと色も茶色に変化していきます。
刈り取りは6通りで3時間の作業、今日の分で約50キロの収穫がありました。
  1. 2015/06/29(月) 20:51:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼに落ちる蝶。

田んぼウォーキングをしていると水の中の雑草の様子はもちろんだが、水面に落ちている鳥の羽やら蝶をよく見かける。
どうぞご覧下さい。

田んぼの蝶 (1)

田んぼの蝶 (2)

田んぼの蝶 (3)

田んぼの蝶 (5)

田んぼの蝶 (7)

田んぼの蝶 (8)

田んぼの蝶 (12)

田んぼの蝶 (14)

田んぼの蝶 (15)

田んぼの蝶 (16)

これはおまけですが、良く浮いているので何かなとつまんでよく見ると葉を折り曲げて作った浮き物でした。
中には誰か住んでいるようです。

田んぼの蝶 (10)

田んぼの蝶 (13)

  1. 2015/06/29(月) 19:15:32|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれもこれもと忙しすぎるぞ。

カテゴリは麦ですが、今日2回目の田んぼウォーキングから始めました。

田んぼ (1)

毎朝のことですが、今朝も丘状態のところが有りますね。

田んぼ (2)

田んぼ (3)

しかし、良いお天気です。
この分だとライ麦も枯れそうな気がしますが、ハウスの中は麦だらけで置き場がないので、とにかく田んぼと麦乾燥に集中しないといけません。

朝のウォーキングを済ませてからビニールハウスの乾燥棚に昨日大麦を袋詰めしたので8つの空き箱ができ、小麦の乾燥の為に使いました。
日が昇ってからのハウス内の仕事は結構暑くて辛いものがありますが、しょうがありません。
大麦の水分量は14と12になりました。
お米は16がちょうどいいらしいので、16以下ならカビの発生はなさそうです。
自宅へ持って行き芒取り作業とゴミ取り作業をして早々に全粒粉にして販売していく予定です。
今日製粉作業まで出来ると良いなと思い、午後7時頃まで働いてしまいました。

大麦の乾燥は一時お預けで湿気の多い小麦から乾燥させていく予定です。

明日はライ麦の手刈り作業を進めてみようと思っています。

さて、午後一の仕事はごま畑の畝立て作業です。

ごま (1)

ごま (2)

30分ほどで作業は終わりました。
明日月曜にマルチにする予定のシート発送の日です。
水曜日には届く予定なので、届きしだい胡麻の苗の移植作業に入ります。

折角桔梗農場へ来たので、雑草に追われてしまったり収穫期を過ぎてしまった野菜はほっといて、ものになりそうな里芋とにんじんの除草作業をしてきました。

にんじん (1)

にんじん (2)

手作業で1時間ほど掛かりましたが、にんじんが食べれると思うとやりがいがあります。
今なら救えるものだけの作業しか出来ません。
雑草畑大いに結構。
  1. 2015/06/28(日) 20:42:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

天気が悪いと当然乾燥していかないね。

今日は朝3時45分に起きて4時半からのパン作業に備えた。
パン作業に入るとなかなか外に出られなくなってしまうので、田んぼの水入れを済ませておこうと思った。
昨夜は結構どしゃ降りだったので田んぼには結構水が溜まっており1時間の入水だけで済んだ。

そう言ったわけで農事は出来ませんでした。
5時にお店を閉めてからハウスの乾燥棚の麦の状態を見てきました。
あのどしゃ降りで雨漏りの被害があったのでは無いかと心配だった。
とりあえず対策して置いただけのことが有り、被害は見つからなかった。
棚に広げた麦の水分を調べてみると14から17という数値で有り、やはり曇りではいくら広げてあっても乾燥はそうは進まないことが判った。

明日は雨ではないようなので田んぼウォーキングと草刈りと肥料撒きとごま畑の畝作りまで出来ればなと思っているが、今日のお店の売れ残りを朝一でアルプス市場まで配達もしないといけない。

考えただけで忙しいな。

追記
夕方7時前にぶどう園で湯川さんに会った。
ライ麦畑がイノシシに荒らされて大変な状態になっているという。
外からは判らないが、連日畑の中で夜中に大暴れしているようだ。
  1. 2015/06/27(土) 20:13:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

いよいよ麦の乾燥とゴミ取り計量となりました。

梅雨らしい雨続きの日となりました。
この長雨前に麦の刈り取りが出来て本当に良かったです。

昨日一日乾燥棚に置いておいた大麦を自宅に運んで唐箕掛け作業をしました。
水分量は14.4でした。
12位まで乾燥させたいところですが、この雨続きではなかなか日が掛かりそうです。
14という数字は袋詰めして長期保存する際に落ち着く数字と聞いています。

大麦作業 (1)

大麦には芒が着いていてこのまま製粉やお茶にするのには少し抵抗が有り、唐箕掛け作業の後に芒取り作業を加えることにしました。

大麦作業 (3)

大麦作業 (4)

大麦作業 (5)

大麦作業 (6)

今日3キロほどコーヒーや豆工房へ大麦の焙煎が出来るかどうか試し用に届けてきました。

ビニールハウス (6)

午後2時過ぎにハウスへ行って水分量を測ってみると12.5でした。
文句なしの乾燥状態です。

開いている乾燥箱にハナマンテンも入れて同時進行させます。
今日メールで今年のハナマンテンの全粒粉が欲しいと連絡が入ったからです。

ビニールハウス (8)

ビニールハウス (11)

この数値はどうやら雨漏りが原因となっていたようです。

ビニールハウス (4)

ビニールハウス (12)

ビニールハウス (15)

午後4時から結構強い雨となりました。
やはり雨漏りが出始めました。
小雨の内は大丈夫なのですが、雨脚が強くなるとあちらこちらで雨漏りが始まりました。
竹の棒で穴の付近を持ち上げてぽたぽたと落ちなくしたり、どうしても修まらないところはシートを被して濡れないように対策をしておきました。
  1. 2015/06/26(金) 20:52:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼウォーキング1回目

今朝はラジオ体操をせずに5時30分から田んぼに入った。
水がやはり足りない。
奥のもちの方は水が結構有るので畦の浸水を少しでもなくすために畦の堺を良く踏みつけて粘土質にする作業から始めた。

田んぼウォーキング (1)

朝一では必ず丘状態の所が出来てしまう。
こんな状態では田んぼウォーキングをしたくても出来ない。
水口を全開にして水を入れながらの作業だ。
しかし、今日は水路の水が少ないと来たもんだ。

田んぼウォーキング (2)

田んぼウォーキング (3)

きれいな羽虫が落ちている。

田んぼウォーキング (7)

昨日の作業で泥をかぶって小さな雑草が見当たらないところもある。
9時にいったん上がって自宅で休憩する。
田んぼに水がいっぱい入るのは11時頃になるかもしれない。
それまでは薄の棚に乾燥させていた大麦を自宅に持って行き唐箕掛け作業をする事にした。

田んぼウォーキング (8)

11時から1時少し前までの1時間30分で田んぼを歩ききった。

夕方4時の時点でまだどれだけ水が濁っているのかそれと水が残っているのか確かめに行ってきた。

午後4時の田んぼ (1)

午後4時の田んぼ (2)

雨のおかげで水は殆ど減っていなかった。
濁りの方は奥までしっかり透き通っていた。
歩いただけで結構小さな雑草が浮いているのがわかる。
しばらくは毎日歩きたいと思う。
  1. 2015/06/26(金) 16:53:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胡麻の苗移植の準備に取りかかりました。

麦刈りの方ですが、ライ麦と黒麦がまだ刈り取り次期に来ていなかったので、その間に胡麻の移植準備を始めました。

ごま

桔梗農場は雑草農場化しています。
それでも奥の方の雑草の少ないところを選んで耕起作業をしてきました。
次回は畝を作ってマルチを敷いて自宅に置いてある胡麻苗を移植となります。
いよいよ明日から日中も雨になりそうなのでしばらくはこの作業も遠のきそうです。

胡麻に使うマルチシートですが、今回防草シートでは無くてハウス用シートの日光を80%通さないというものを使う予定です。
本日発注したので4日後位に着くのかな。
長く使えるマルチシートにしたい物です。
  1. 2015/06/25(木) 20:20:57|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナマンテン小麦も収穫終了です。

田んぼの除草を9時まで行い、コーヒータイム休憩を30分取って今度は麦畑です。

そろそろハウスの中も刈り取った麦でいっぱいになるので、乾燥も同時に進めないといけなくなってきました。

ハナマンテン小麦 (1)

ハナマンテン小麦 (2)

ハナマンテン小麦 (3)

朝から陽も射してハウスの中は地獄の暑さです。
でも、刈り取る前に出来るだけ乾燥棚に広げておきたいので暑い中汗を顔としながら頑張ります。
こうしておけば明日は唐箕掛けをして蔵の中にしまうことが出来ます。
粒も揃っていてなかなか大麦の出来は良かったです。

ハナマンテン小麦 (5)

刈り取りは直ぐに終わりました。
ただエンジンの回転が不安定になっているので念のためにオイル関係だけチェックしておきました。

ハナマンテン小麦 (8)

ハナマンテン小麦 (9)

エンジンオイルもギヤオイルも問題なさそうです。
やはり暑い時に長時間の使用でオーバーヒート気味になるんでしょうね。

午後からは刈り取った麦畑に鶏糞を撒く作業もしました。
もう3年も堆肥を入れていないので、生育も悪かったのでしょうか。
来年のために今年は入れることにしました。

堆肥撒き (1)

堆肥撒き (3)

堆肥撒き (5)

堆肥撒き (7)

南圃場に今日300キロ撒きました。
最初は詰まってなかなか思うように撒けませんでしたが、最初に大きい塊を見つけたら手で砕いておくと割と上手く行くことが判りました。
明日は唐箕掛け作業とサクランボ圃場と北圃場へ鶏糞を撒く予定です。
  1. 2015/06/25(木) 19:17:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの除草作業後もう少し。

早朝から張り切ってやっているがなかなか終わらない。
今朝のラジオ体操のきつかったこと。
あちこち筋肉痛で痛くて・・麦刈りで重い袋を持ち上げる作業が始まると毎年のことだが腕肩腰が痛くなってくるのだ。

田んぼ (1)

田んぼ (2)

機能除草したところはこんな状態です。
撒いたくず大豆は白く完全に腐り始めていますが、麦は浮いてきたものが多いですね。
カラスが田んぼに下りてこれを食べに来ています。

田んぼ (3)

やっと手前の方のうるち米の除草が終わりました。
奥の方のもちは3/1位済みましたので、明日には手作業での除草は終わりとなりそうです。
後は毎朝の田んぼウォーキングでだいじょうぶ。
今のところ稲はなかなか大きくなれないでいます。
刈れたのも結構目立ちますがまあこんなものかと言ったところでしょうか。

今日初めて小さな黒いオタマジャクシを確認しました。
カエルの声がここで聞けるのが楽しみです。
  1. 2015/06/25(木) 09:16:29|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの草取りと麦刈り作業同時進行中

朝体操を終えてから田んぼへ急ぎます
水は思ったよりも入っておらず丘状態の所も見られる。
水路に流れている水はたっぷりあるのであおりを引っ張ってこちらへ引き込めば2時間ほどで満ちそうだ。

水を入れながら除草作業に入った。
はじめは丁寧に引っこ抜いた後手を熊手のようにし、表土をな壊しながらやっていたが、時間が無いのだから今回は歩くだけで良しとしてさっさか出来るだけ広くやり終えることを考えた。

田んぼ除草作業 (1)

なにせ草の量が半端なく多い。
腰につけた簑に入りきれない位に直ぐなってしまう、余りに詰め込みすぎてカゴが壊れてしまった。

田んぼ除草作業 (2)

あと2日有れば何とか後は田んぼウォーキングだけでいけそうだ。

9時で田んぼから上がって麦刈り作業を始めた。

ハナマンテン小麦 (1)

ハナマンテン小麦 (2)

トラブル無く2条刈りで何とか午前中の3時間で南圃場を刈り終えた。

午後からは北圃場の刈り取りとなる。

ハナマンテン小麦 (3)

ハナマンテン小麦 (4)

北圃場は後から育ったカラスノエンドウのコロニーが所々に出来上がっており、除去作業も同時にしながら進めることになりそうだ。
午後は昼食を終えて少し休んで1時半から作業開始。

ハナマンテン小麦 (5)

ハナマンテン小麦 (6)

ハナマンテン小麦 (7)

ハナマンテン小麦 (8)

ハナマンテン小麦 (9)

北圃場の麦の生育は悪く殆どが60センチ未満の高さです。
その為に詰まりのトラブル続きとなりました。
夕方6時半まで頑張りましたが、終わりませんでした。
鳴雷山の方から今日も雷の音が響いてきました。
そろそろ片付けて帰ることにします。

ハナマンテン小麦 (11)

明日も今日みたいに晴れてくれると続きが出来て良いんだけどな。
  1. 2015/06/24(水) 13:34:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大麦の刈り取り作業を始めました。

大麦の刈り取り (1)

刈り取り次期をとっくに過ぎてしまい全体に色が黒っぽくなってしまっています。
ピンと天に伸ばしていた穂も首を曲げて頭を下げてしまいました。
こうなると首から折れてしまって脱穀が難しくなってきます。

大麦の刈り取り (2)

思っていたとおりやはり穂がちぎれてしまい詰まりの原因になってしまいました。
茎が丈夫な内は穂を叩くと種だけが外れるのですが、穂も一緒に取れてしまうのです。
2.3度詰まりのトラブルがありましたが、走行速度を遅くして2条刈らずに1条だけにすると詰まりで停まってしまうことが無くなることが分かりました。
作業時間は倍掛かりますが、機械のトラブルで作業が停まるよりもよっぽどましです。

大麦の刈り取り (3)

夕方5時ですが黒い雲が広がっています。
東山の片丘地区が白く霞んできました。
どうやらどしゃ降りになっているようです。
こちらもいつそうなるか判りませんので、そろそろかたづけることにしました。

午後1時から刈り取りを始めましたが、やっと3/2を終了出来たかなというところです。
今日中に全部やり終えたかったけれどしょうがありません。

大麦の刈り取り (4)

ビニールハウスの中に運び込みました。
明日雨降りだったら刈り取った分だけでも棚に広げて早いところ乾燥させよう。
外目はカビが入り始めていましたが、脱穀後の粒を見てみると非常にきれいな状態で一安心しました。
去年のように雨降りの中の刈り取り作業で無いことがありがたいと言ったらありません。
麦の刈り取り量は去年よりも少なくなる予定ですので、乾燥待ちの時間も少なくなるはずです。
今年こそカビの発生だけは出さないようにしたいものです。

刈り取った大麦は麦茶と後は製粉して大麦粉として販売する予定です。

[大麦の刈り取り作業を始めました。]の続きを読む
  1. 2015/06/22(月) 18:41:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの除草作業午前中の3時間だけしました。

雑草取り (3)

畦シートの効果は歴然と現れました。
シートのこちら側にはまったく水が染み出ていません。
今のところ保ちは1日1回は水を入れないといけない状態ですが、夜や朝方1時間ほど入れれば一日大丈夫という具合です。
2週間ほどすればもっと水持ちが良くなってくるはずです。

草取り作業は一番濃い部分をやっています。
もう一日3時間位やれれば後はウォーキングだけで何とかなりそうですが、その3時間がなかなか取れないのであります。

雑草取り (1)

雑草取り (2)

誰か一人加勢してくれる人が居たらと思いながら作業をしている次第です。

今日は一日雨が無く夕方から又雨降りだというので気になる大麦の状態を見に行きました。
急遽田んぼの草取りをやめて麦刈り作業に変更することにしました。
[田んぼの除草作業午前中の3時間だけしました。]の続きを読む
  1. 2015/06/22(月) 18:10:21|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの畦直しをしました。草取り作業も始めました。

ツーリングに行ってくる間水の管理を家族に託しておいた。
留守中は梅雨入りということもあり、今年は雨の日が多かったようだ。
それでも田んぼの水は溜まっている時間が短くて、水を入れても直ぐ無くなってしまうとぼやかれた始末だ。

帰ってきてからも雨の降らない日はまだ無くて、一刻も早く大麦の刈り取り作業を済ましてしまいたいところだが、それもできないので優先順位からいっても畦から水がしみでないように畦板を設置するという作業をすることになった。

畦板は昨日の夕方カインズに買いに行ったのだが、思っていた40㎝幅の商品が無くトマトまで足を伸ばして買ってきた。
だいたい40メートルとみて枚数を計算したのだが、結局5枚も足りなかった。

畦板設置作業 (1)

輸入物よりも100円ほど高い国産品にした。
ぱっと見はうねり数が多いことしか違いが無いが、これが強度という点での違いに出るようだ。

畦板設置作業 (2)

畦板設置作業 (3)

そのまま田の泥に押し込むことは大変無理があったので、スコップですくい部分が全部埋まるまで足で踏み込みその差し込み後に押し込んでいった。

畦板設置作業 (4)

畦板設置作業 (6)

足りなかった5枚分の所は昨年まで使っていた畦シートを短く切って使っておいた。

今日はこの作業の後気になっていた雑草取りに掛かった。
ツーリングに行く前だったら値が張っていなかったのできっと拾うように雑草が取れるはずだったが、さすがに5日も6日も立つとしっかり根が張り始めていて拾うようにとは行かなかった。

挿し直し (1)

道路側から取り始めたのは良いが、苗の植え場所が不味かった。
水の落とし口やあぜのきわぎりぎりにまでうえてあった。これでは機械で刈り取りが出来ないし、冷たい水が入ってくる場所では大きく育つことが出来ない。
この場所のは全部抜いて田んぼの奥の暖かいところへ引っ越しをさせることとなった。

今日はとりあえず9通りだけの雑草取りを済ませることが出来た。

挿し直し (2)

畦の草刈り作業 (1)

畦の草もしっかり伸びてしまい、今日から草刈り作業も同時進行しないといけない。
ききょうの状へスコップを取りに行った際に目に付いた花豆畑の雑草を引っこ抜き始めてしまった。
抜いた雑草の根には泥土がしっかり付いていて軽く叩いた位では落ちてくれない。
この作業も土が乾いてくれないと作業効率が悪くてしょうが無い。
とにかく詰まっている農作業はどれも天気で無いと進まない状態となっている感じだ。

明日も曇り雨の予報となっている。
天気の悪い内に田んぼの草取り作業を終わらせてしまおう。
  1. 2015/06/21(日) 21:04:22|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼにカビのきた麦粒を撒いてきました。

お昼前に田んぼの様子を見に行ってみると水がもう少し欲しい感じだったので水口を2時まで2時間開けておいた。
本当だったら午前一番早くに冷たい水を入れておくのがベストだが、午前中水やりをした後直ぐにケーキを焼いておかなくてはならず田んぼへ行く時間が取れなかった。

田んぼにカビ麦 (2)

昼ご飯を済ませてから予定しておいた除草のための麦粒散布をしに行った。
少し田の中に入って作業を始めたのだが、浮き苗が余りに多くこれでは作業になりそうも無い。

田んぼにカビ麦 (4)

散粒機を畦において手作業で浮き苗や斜めになってしまっている苗の植え直し作業を始めることとなった。
来年は植え方指導を皆にちゃんとしてから作業を始めないといけないなと反省だ。

田んぼにカビ麦 (3)

田んぼにカビ麦 (5)

田んぼにカビ麦 (6)

田んぼにカビ麦 (9)

中には枯れかかっているものもあり、苗の数が少なかっただけに不安だらけの3日目の田んぼの様子です。
が、出来たものを有り難く頂くことに何も変わりは無く、ベストを尽くして天命を待つという事でしか無い。
この苗の量で300キロ以上取れたとしたらこれはやはりすごいことだと思うな。

田んぼにカビ麦 (7)

苗起こしをしていると湯川さん夫婦が農道に止まった車から降りてきた。
15分位時間があるからとお手伝いしてくれた。
散粒機を使ったことが無いようだったので、少し遊んでもらった。

田んぼにカビ麦 (8)

撒いた麦粒はむずの中で1週間位の家に腐り始めて白くなってきます。
この腐敗が泥を腐らせて雑草の種の発芽を遅らせてくると予想し期待しているのです

結局軽トラで持っていた分全部は撒ききれずに、3袋分75キロと大豆のくずを15キロ撒きました。
この後直ぐに除草機を掛けようかと思っていたのですが、やはり筋付けが上手く行かなかったこともあり通りが揃っていないので断念することにしました。
苗の根がもう暫くすると活着してしっかり立ってきたら田んぼウォーキングをしようかと思いますが、月曜からツーリングに出掛けてしまうので、それもお預けとなります。

どうなりますやら。
  1. 2015/06/12(金) 16:57:59|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎとニンニクの収穫をしました。

今年の玉ねぎは期待をしなかった と言うより出来なかった苗でした。
小さな玉の多い思った通りの結果となりました。

毎年同じ場所に通りだけ変えて作っていたのですが、余り良い結果が出ていません。
来年はまったく違う場所に移動し枝豆を作っている場所で作るか上の田んぼで作ってみたい気持ちです。
田んぼで玉ねぎというのは昔から良いと聞いていました。
泥のような粘土土が良いみたいですね。
玉ねぎの需要は多いので田んぼ一面見事な玉ねぎというのも良いかな。
保存も利くので収穫してから半年間は販売出来そうですね。
ただ吊して保存させておく場所が無いので作らないといけなくなりそうですね。

玉ねぎとニンニク (1)

午後4時過ぎから作業に入りました。
今夜から朝方まで雨が降るという予報なので、どうしても今日中にこの作業はこなしておきたいと思いました。
玉ねぎの葉は折れているところもあればまだ立っているところもあります。
全部収穫します。
出来る時にやってしまうと言う方針ですから。

玉ねぎとニンニク (2)

玉ねぎとニンニク (3)

疲れが溜まってはいますが、せっせと動きます。
ピンもマルチも片付けて軽トラに収穫カゴ3箱乗りました。
隣の畑で作業していた奥様が、「どうだったぁ いっぱい取れたぁ」と聞くので横に手を振って「ぜんぜんだめだったぁ」と答えると
「うちもだめだったぁ」と返事が返ってきました。

今年は小さな玉を車庫に保管では無くて吊してみようかなと思っています。

おまけ記事です。
白カブ君が収穫時期を迎えています。
3つ取ってきました。

白カブ

今晩味噌汁になると良いなと思います。

  1. 2015/06/11(木) 18:49:58|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆畑の除草作業してます。

朝一の仕事は昨日の片付けです。
田んぼの作業が一段落付いたところですが、片付けをしないことには次の作業に入りづらいのであります。

昨日は本当に疲れ切っており、帰ってから農機を軽トラから降ろすのもままなりませんでした。
農機小屋へ行ってフラミンゴ君を下ろします。
今日はこちらの大豆畑の除草をするのでそのまま使う予定です。

苗床を片付けて畦を切って水を出して耕起して、これからここで稲の直まきの実験をする予定でいます。
勿論これからでは収穫は望めませんが上手く発芽して除草の問題をクリヤー出来るのかまで判ればそれで良しということでやるつもりでいます。

田んぼの片付け (1)

さて、畦きりを済ませてからトンネルシートの片付けです。
泥が結構付いているのでデッキブラシを使って汚れを取って乾燥させてからしまい込みます。
シートは濡れているとくっついてしまい来年使えなくなりますので、面倒ですが乾燥させてからしまいます。

田んぼの片付け (4)

田んぼの片付け (5)

お玉杓子がいっぱいいるので、それだけが残念です。
時間的な余裕が無いのでカエルになるまで待ってあげられません。
ごめん。

田んぼの片付け (2)

田んぼの片付け (6)

トンネルアーチに掛けて乾かせました。

さて、大豆畑の除草です。
昨日バックでフラミンゴを使っていると目が回り始めました。
バック作業が辛いと感じたのは初めてでした。
今日は疲れがまだ残っているので、前進作業でこなすことにしました。

機械のギヤの使い方が判るように画像に残すことにしました。

フラミンゴのメンテ (4)

速度を2速で使っているので早い作業です。
根元までの耕起は出来ませんので後で田んぼと同じようにやはり手作業で仕上げるつもりです。

5通りほどやったところで突然停まる症状が出始めました。
スターターロープを引くと直ぐにエンジンは掛かりますので、 力不足と感じました。
キャブがいけないのか、それともクリーナーが詰まり気味なのかと調べていきましたが、そんなに気になるほどの原因は見つかることが出来ませんでした。
後残るのはプラグとエンジンオイルでしょうか。
プラグは換えが無いのでこのまま使います。
オイルはトラクターから出た古いものがあるので、古いといっても見た目真っ黒では無かったので、耕運機に使い回しに使っております。それに替えてみることにしました。
フラミンゴ君から出たオイルは黒くはなっていませんでしたが、白く濁っていました。
水が混じると白く濁ることがあるのでそれかなと思いましたが、どうやったら水が入り込むのか全く判りません。

調子は良く一度も停まること無く動いてくれましたが、やはり力不足は感じますね。

大豆の除草作業

止まってしまったフラミンゴ君です。

大豆畑 (1)

やり終えたぶどう園横の大豆畑です。
午後は田んぼの大豆畑で手作業となります。
桔梗農場へ鍬を取りにバイクで行ってきます。

青カブ君

青カブ君には鍬もよく似合うのでありました。

やり始めると中村さんがやって来ました。
やはりこれから作業をするようです。
声を掛け合いながら楽しく作業が出来ました。

3時には終えることが出来ました。
最後の方は中村さんにもお手伝いしてもらえラッキーでした。
田んぼの畦にある桑の木に沢山のみが着いているのをゆずちゃんが見つけました。
桑の実の季節をすっかり忘れていました。

桑の実 (3) 

桑の実 (2)

黒く熟した実もあったので皆でつまんで食べました。
おかげで手が黒色に染まってしまいましたが、桑の実は美味しいなと改めて思いました。
今は桑の実ジュースを作っている時間が無い生活です。
ですから水見に来た時にでもここに寄って、つまみ食いで我慢します。


  1. 2015/06/11(木) 16:14:09|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え作業が無事終了しました。

前日の様子です。
夜に雨が降るというので水が溜まらないように畦きりをしてきました。

田植え準備 (2)

結構水が溜まっています。

田植え準備 (1)

田植え準備 (3)

畦を切っても水が流れません。
排水パイプの中が詰まっているようです。
細いスコップを突っ込んで詰まっていた土を崩して、ちゃんと抜けているのを確認して帰ってきました。

今日は田植えが出来そうです。
早朝5時より作業開始です。
お昼に出すおにぎりを今のうちに作っておこうと起きてすぐにおにぎり作りをしまして、それから出陣です。

田植え作業 (1)

農機具小屋によって作っておいた筋引き機を軽トラに積んでいきます。
上手く使えるか心配ですが、やってみるしかない。

田んぼの短い辺を往復して使い勝手を確かめます。
余りに重くて沈してしまい滑りません。
行ったは良いが帰って来られない。
こういう事もあろうかともう少し軽いパイプを使っての2機目を考えていた。
慌てて自宅に帰って制作開始です。
材料はそろえてあるので1時間ほどで作って田んぼへ行きました。

山浦さんの息子さんが車に乗って待っていてくれました。
朝食を取る時間が無かったので、お昼に予定していたむすびを持って田んぼへ行ったので、作業の途中で食事です。
作業は筋引き機が使えないわけではありませんが、改良しないと使い方も難しいし体力も使います。
中村さんが来たので一緒に苗取り作業をしに行って僕だけ筋引き作業に帰ってくると、月パンさんと湯川さんも到着して人手が増えてきて心強くなってきました。
二人には中村さん一人で苗取り作業をしているので、助っ人に行ってもらいそれまでに田植えが出来るように筋引きを急ぎます。
筋引き作業は苦戦しながらも交代しやり続けましたが、2号機は取ってと筋付けパイプの止め金具が折れて使えなくなりまして、3号機を作りに又自宅へ戻りました。

田植え作業 (2)

田植え作業 (3)

田植え作業 (4)

田植え作業 (5)

こういう事もあろうかと3号機まで考えていた農園長であります。
板と竹を使った3号機は鉄材と違って組み立てが簡単です。
30分ほどで作って田んぼへ戻ります。

筋引き機 (2)

筋引き機 (1)

使っているところの画像はありませんが、こんな感じのものです。
押して使うタイプです。
これは優れもので軽いので疲れません。
竹のしなやかさが加わり地面が柔らかければ何も問題なく筋が引けました。
来年はこれを更に補強と竹の刺し角度を緩やかにして使いやすくする予定です。

田植え作業 (6)

湯川さんの奥さんも東京からわざわざ参戦してくれたキヨカヨさんも到着して本格的に田植え作業が進みます。
予定通り今年は1本植えで進行。
午前中に終わらせるつもりでいましたが、やはり筋引き作業で躓いて出だしが遅れてしまいました。

結局午後4時半頃まで掛かって植えることが出来ましたが、苗は10箱では足りませんでした。
14箱は必要ということが判りました。
余りにも田んぼが開いてしまいましたので、モチ苗もこちらへ植えてしまうことにしました。

おまけ記事です。

大豆の除草作業

田植えが終わった5時から下の田んぼで作っている大豆の除草作業をしました。
中村さんが機械でやるか手作業でするか悩んでいましたので機械でやってしまうことをお勧めして、使い方のご指導をしました。
30分位かかってやり終えましたが、最初は機械の重さにふらついていましたが、2通り位やり終えると要領をつかんで安定して使いこなしていました。
さすが百姓根性半端ではありませんでした。

自分の所もそれに続いて除草作業を6時過ぎまで頑張ってやって来ました。
上の田んぼに近いところは発芽状態が悪胃ので後で耕起して潰してしまおうかと思っています。
とにかく今日はくたくたです。

家に帰ってから横になったらいちいち立って動き出すのが辛くてしょうがありませんでした。
明日のために8時前の就寝となりました。

お手伝いしてくれた皆様本当にご苦労様でした。
一人でこの作業をしていたらきっと田んぼでうつぶせになっていたことでしょう。
では又。
  1. 2015/06/11(木) 09:53:21|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦畑の異種麦の除去作業がやっと終わりました。

午後3時から作業開始です。

ムギ畑除草 (7)

4時半には全て取りきって筋間にまとめ置きしました。
ここで一休み、水を2口飲んでから続きの作業です。
畑のあちこちにまとめ置きされたのを道まで運び出します。
数日前までにやっておいたのは枯れて軽くなっていたのでいっぱい抱え込みます。

ムギ畑除草 (8)

30分ほどで全て抱え込んで道に出すことが出来ましたが、その量はやはり多かった。
軽トラの屋根の高さまで山盛り1杯分ありました。

ムギ畑除草 (9)

これ燃やいてしまおうと思っていますが、梅雨に入ってしまったので相当向こうの作業になりそうです。

おまけ記事です。
3日前のことです。
水を汲みに行った時にプラムの茂みの中に有ったモズの気配が感じられません。
無事巣だったのかなぁと思って、脚立を横に立てて巣の中を覗いてみました。

モズの巣

やっぱり卵もありませんでした。
ぶどう畑周辺でモズの姿が見られなくなったわけが判りました。

  1. 2015/06/08(月) 21:19:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

代掻き作業終わりました。

イベント疲れの次の日の早朝ですのでね、ちょっと眠いです。
早速夕べ水口を開けておいたので今朝は水が溜まっているかと思いきや、やはり半分位入っているだけです。
9時から代掻きを始めないと終わるのが夕方になってしまいます。

泉の出水口の栓は最近開けたことが無くいつも水量を必要とする時に問題が起こります。
去年は2日掛かりで水を入れたのだけれどまだ足りず、入れながらの作業となりなかなか思うように出来ませんでした。

今年は泉の出水口の栓を1つ半開きにして1時間おいてから田んぼに出掛けた。
田んぼには水がいっぱい入っていて直ぐに作業に取りかかることが出来たというわけだ。

代掻き作業 (1)

下の田んぼの畦に一年間置きざられていた代掻き用のローターリーを付けていざ作業にとりかかる。
結構草が生えているライ麦も育っている。

代掻き作業 (3)

レンゲがチラホラとピンクの花を咲かせているが、思ったよりも多くない。

代掻き作業 (4)

まだ小さな葉を広げだしたばかりのレンゲが結構多かった。
期待していた窒素がどれだけ入ったかと言うと、やはり期待は出来ないな。

代掻き作業 (5)

田んぼの真ん中当たりに葉を広げているのは大豆でした。
くず大豆を撒いておいたのが育ったのでした。

泥水の上をゆっくりとエンジン音を響かせて進んでいきます。
微妙に左右にずれる車体を真っ直ぐにするためにたまにハンドルを持つ手に力を入れるが、向こうへ着くまで20分ほどは暇となります。
ただぼんやりと前を見ているだけ。
何せ寝不足気味なのでどうしても眠ってしまいます。
ハット気付くと3メートル位進んでいます。
寝不足で高速道路を走っている気分です。

代掻き作業 (6)

作業が終わったのは午後2時頃でした。
今年はいつもよりも遅い速度でしっかりと代掻きをしました。
2枚分の時間を掛けて1枚やった感じです。
これで明後日の早朝に水が無くなって泥の表面が出ていれば筋引き作業が出来るのですが、どうやら雨模様らしい。
ほどほどの雨でいてくれれば良いのだが、当日までに地表面がでないようだったら畦きりをして排水をするしか無いだろう。

おまけ記事です。
下の田んぼの大豆ですが、

代掻き作業 (2)

こんな感じで水が入っていました。
代掻きをすれば上の田んぼからの水の浸み出しがおさまりますので、それまではしょうがありません。
そろそろ一回目の除草作業をしても良さそうですね。
  1. 2015/06/08(月) 20:57:13|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモの土寄せ作業をしました。

夕方クラブマンを引っ張り出して農協への用事を済ませて桔梗農場へカブを取りに行きました。
雨のおかげでジャガイモも結構大きく育っており土寄せ作業をしないといけない状態です。
30分位頑張ってやってしまおうと上着を脱いで作業開始です。


今年は谷間にジャガイモが植わっているので土寄せの土も上にというよりは横に引きずるだけなので大変楽です。
それに寄せる土も耕起したものなので鍬の先も入りやすくて力作業で無くなっています。
30分だけで・・・やめようと思っていたものがそんなわけで終了してしまいました。

テントウムシは3匹見つけやっつけました。
ネキリムシに4本茎を食われ折れていたものがありました。
周りの土を掘って探してみましたが、虫発見ならずでした。
やはり地表面に出てくる夜から朝方ですので、朝の方が見つけやすいようですね。
  1. 2015/06/04(木) 20:05:06|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

胡麻苗の間引き作業をしました。

今年は発芽が悪く3回もまき直しをしています。
その為に成長の差が随分とありますが、きっと同じ日に定植作業をしてしまうことでしょう。

ごま (1)

追加で蒔いたものは全て発芽率を心配して一所6粒位多めに蒔いていました。
ざわっと茂っていますのでそろそろ間引きをして丈夫そうなのを2本にします。
引っこ抜くと他のものも抜けてしまうのではさみを使って要らないものを切ってしまいます。

ごま (2)

いくら目が老眼だからって丸坊主にしちまったらいけません。
やっちまったものはしょうが無い。
すんなりとあきらめるしか無いな。

ごま (3)

これで一次作業終了。

おまけ記事です。
ぶどうは強風に煽られて根元からもぎ取られてしまう枝の被害がまだ続いています。
蓑虫は最近見かけられなくなっていますが、日に1匹大きいのを見つけるといった具合ですね。
今日の雨で枝の成長が一気に進むものと思われます。
ぶどうの枝の誘引作業の時間を増やさないといけないようです。

麦畑の作業もまだ中途半端なのでそちらも同時進行しないといけないのですけど、今週末もイベント出店の為にパン作業も入りますので、なかなか思うように事が終わっていきません。
まあ、しょうが無いですね。
  1. 2015/06/03(水) 17:36:51|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぼちゃの様子。

桔梗農場で試験的に少しだけにしたかぼちゃですが、どういったわけか今年はちゃんと育っています。
苗では無く種からなのでダメ元と思っていました。
が、初めてのマルチ栽培が良かったのでしょうか。

南瓜

ひどい時はこのくらい大きな葉を付けてもその後成長が鈍くなり、実を付けるまでには行きません。
さあ、今年はどうでしょうか。

除草作業 (1)

除草作業 (2)

カボチャ畑のすぐ脇のスギナを鍬で耕起して除草しておきました。

桔梗農場ではアスパラ菜が花を咲かせていました。
つぼみの時に摘み取ってお浸しやサラダに使う予定でしたが、水不足のせいで大きく育つ前に花を咲かせ始めてしまいました。

それから苗を2つに切って移植したサツマイモのですが、

サツマイモ (1)

サツマイモ (2)

すっかり葉が枯れてまったく消えてしまっていましたが、土の中から新しい小さな葉が出始めてきました。
やはりサツマイモは強かった。

ブドウ彦生え

こちらは根元から切ったぶどうの木です。
ちゃんと彦生えが出始めてきました。
彦ちゃんは成長が早いので再来年には収穫が始まると思います。
ぶどう畑では羽音をたててカナブンが飛び始めています。

今年も6月から9月までコガネトラップを吊します。
  1. 2015/06/02(火) 21:16:08|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲苗のトンネルシートを外しました。

夕方の作業を終えて稲苗の様子を見てみました。
そろそろ葉先がビニールシートに当たり始めてきたのでどんなかなと様子を見てみたら、モチ苗の奥の方の葉が枯れているところがありました。
高温障害が出始めているようです。
そこでシートを外すことにしました。

稲苗

田植えはこの分だと予定通りに10日水曜日に行えそうです。

おまけ記事です。
ハウスの中で育てている胡麻苗です。

ごま (1)

ごま (2)

発芽が悪いので3回の追加の種蒔きをしました。
まだ全部ポットに発芽してはいませんが、6月19日頃には定植作業をしたいと思っています。
  1. 2015/06/01(月) 19:44:22|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦畑にヒバリの巣を見つけました。

昨日のイベント疲れがまだ残っていますが、朝の早い内だけでも少し仕事をしておきたいと今朝は5時から起きて畑に出ました。
陽が強く射すまでの2時間ほどでしたが、10メートル幅位の麦の異種除去作業ができました。

ヒバリはやはり今年も麦の根元に巣を作っていました。
ほんの1メートル先ぐらいから突然鳥が飛びだちました。

ひばり (1)

どこに巣が有るか判りますか?
画面中央にあるのです。

ひばり (2)

卵は黒色ですね。
目立たないので親鳥がいない時などはうっかり踏みつけてしまいそうです。

麦除去作業 (1)

左半分がやっと終わったところです。
日射しが強くなってきたのでそろそろ帰ります。
9時頃又水やりがてら少し作業をしようかと思っています。

大麦はあと2週間位で収穫になりそうな感じで麦秋を迎え始めています。

大麦 (1)

麦の穂って取ってもきれいです。
暫く眺めていたくなりますね。
  1. 2015/06/01(月) 08:47:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する