FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

田んぼの畝草刈と水管理に行ってきました。

いよいよ明日は田植えです。
苗の調子はいまいちで数が大幅に不足になりそうです。
苗の高さがないので暫くは水張りを少なくしてやるしかないでしょう。
色々と後管理のことを考えると辛い部分もありますがしょうがありません。

さて、早朝より畦の草刈り作業です。
水の方は下の田んぼは良いようですが、上の田んぼの方は泥上10センチ位水が入り込んでいました。
3羽のアオサギが中に入ってゆっくり歩いていましたが、車を停めて下りたら隣の田んぼへ飛んでいきました。

田んぼ (1)

上の田んぼの隅にはやはり雑草種が集まってきており、丁度これから畦を低く切って水を抜くので一緒に流し出します。

田んぼ (3)

田んぼ (2)

長く調子よく使っている草刈り機ですが、今日は回転が上がらずそろそろ調子も悪くなってくる頃なのかなと思いながら使いました。今まで一度もキャブのメンテをしてないので、一度見て上げた方が良いのかもしれません。

田んぼ (6)

下の田んぼは土寄せをしたりして結構時間をさいた割りに平らに行ってないようです。
小さい苗を植えるには余り良くないのですが、苗に頑張ってもらうしか無いです。
と言うか深水管理を暫くは出来ないでしょうね。

田んぼ (7)

一度汗で濡れた服を着替えてから次の土日のイベントに備えてこれからケーキ焼き作業が待っています。
スポンサーサイト



  1. 2016/05/31(火) 10:21:27|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨降りですが、本代かきをやって来ました。

きのうまで松本クラフトフェアーでどっぷり体力を使ってしまい、足腰背中が痛いのでありますが、今日本代かきをやっておかないと水曜日の田植えが出来ないのであります。
と言う訳で頑張るしか有りません。

田んぼへ行ってみると2日様子を見れなかった為に水不足になってひびが入り始めていたことに気付かずにいたのでした。
水口を少しだけ開けておいたのですが、上流で草刈りをした草が流れてきて詰まっていたのでありました。

午前中に水口をいっぱいに開けて松本の用事を済ませに出掛けました。
午後2時からトラクターに乗って代かき作業の開始です。

本代かき (1)

田んぼの隅には昨年育った雑草の種が流れ着いて溜まっていました。
少しでも雑草を増やさなくする為にもこの雑草の種は除去しておかないといけませんね。
スコップでかき集めて手で畦にあげておきました。

本代かき (2)

本代かき (3)

前回の1回の代かきではピーピー草は綺麗にすき込めませんでした。
今日の本代で泥の中に埋め込めると良いのですがね。

本代かき (4)

本代かき (5)

帰ってきたら自宅の時計は既に6時を回っていました。
今日もよく働きました。

おまけ記事
ハゼ足に掛けているトタンを剥がしたらシマヘビ君が3匹も丸まっておりました。
気持ち悪いのですが、一方かわいい奴らだという思いも同居しているのであります。
熱い好天気の日に草刈りをするとシマヘビ君を切ってしまうことが有り、この時ばかりはうううう・・・・となります。
出来るだけ朝の寒い時間帯や雨降りの日に草刈りをするべきだと思うようになりました。
  1. 2016/05/30(月) 18:55:24|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの枝の誘引作業を始めました。

毎日どうしてこう強風が吹くのでしょう。
風力発電機でも置きたい気持ちであります。
この強風によって伸び始めたぶどうの枝が折れて枯れるという被害が出始めていました。
そろそろこの誘引作業もやってしまわないと・・そう思ってはいましたが・・・

この長い枝の枯れはカミキリムシの幼虫が枝の中に穴を開けて枯れた物です。

ぶどう (2)

あちらこちらにある短い枝枯れは強風で倒され元で折れてしまったものです。

ぶどう (3)

今日は40分ほど作業をしましたが、身体がだるいので帰ることにしました。
やはり朝夕の涼しい時間帯にしか外作業はできない感じですね。

ぶどう (1)
  1. 2016/05/26(木) 10:13:04|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦の種蒔きもしました。

花を目的とする蕎麦種のまき直しをしました。
場所はぶどうとかぼちゃの間、それからモロコシと大豆の間です。
画像はありません。
後日又という事で。
  1. 2016/05/26(木) 10:06:07|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆防鳥シート外し一部しました。

土を乗せたり止め箸の数を増やしたりしていたシートですが、新葉も目立ち始めましたので、外すことにしました。
出来るだけ朝の早い内が風も日射しも弱いので5時から作業開始です。
巻き取るだけの簡単な作業ですが、結構時間が掛かります。
この広さで3時間かかりました。

大豆 (2)

昨日も結構巻き取り作業をしたので直ぐ終わるかと思っていました。
たまに切れ端の細い糸が手袋をした指に絡みつくのでありました。
この半分の細さでも良いかもしれないなと思いました。

大豆 (1)

大豆 (3)
  1. 2016/05/26(木) 10:03:51|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペルト麦畑の除草作業終わりました。

お天気の悪さが朝露を付けさせなかったので今日はびっしょに濡れることはありませんでした。

麦畑除草 (1)

穂だけでカゴ2杯のお山が4つ出来ました。

次はハナマンテンの麦畑に行きます。
こちらは取っても取っても後から出てくるライ麦の除去作業です。

麦畑除草 (3)

しかし、スペルト麦も出始めていました。
それからカラスノエンドウが結構大きなコロニーを作り始めてもいました。
収穫前にもう一度除去作業をすることになると思います。

麦畑除草 (2)
  1. 2016/05/25(水) 19:22:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ビニールハウスで育てていたなすの苗を定植しました。

毎日ハウスの苗たちに水をやる作業はそろそろ終わりにしたいと思っていた。
ごまの苗は枯れが目立ち始めているし、アスターは一応予定量は植えたし、後はなすだけとなっていた。

野菜は殆ど桔梗農場の方で育てている。
早速畝立てをしようと思って畝立て機を動かそうとしたら・・・ぷつんとスターターロープが切れた。

なす (1)

直している時間は今は無い。
鍬を手にしてさっさか作業開始。

なす (2)

黒色したマルチを敷いて定植作業開始。

なす (3)

左が期待の水なす。

なす (4)

マルチの両端に鶏糞を撒いて水まきをして完了。
なすやトマトはとにかく根を深く広く張らせるにつきるかもしれない・・・・それはなすやトマトばかりではないか。
水を求め養分を求め・・だから遠くにそういう環境を作ってやると言うことか。

なす (5)

今年も美味しいなす、ごちそうさん。
  1. 2016/05/25(水) 07:33:45|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

したばかりの防鳥シートが風で飛ばされていました。

防鳥シート

黒色の羽衣が中山道にも数本たなびき始めてしまい、通行を妨げていました。
大慌てで除去作業をしました。
巻き取りをしていきますが、結構大変ですね。
シートを敷いたらあっという間に大豆が首を伸ばしたようです。
熱がこもって地温を上げたのでしょう。
シートを引きずって除去できなくなったという訳です。
  1. 2016/05/25(水) 07:01:02|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝一の大麦除去作業は。

スペルト麦の中に混じって生えている大麦は粒の形態が違う為に混じってしまうと製粉時に支障が出てしまう。
手作業で今の内に除去しておかないとコンバインでの収穫が出来ないのだった。

最近の日中の暑さには身体も付いていかなく、朝の涼しい内にこの作業を進めることにしたと言う訳だ。
ところがいざ進めてみると朝露が半端ではなく向こうまで行って帰ってきたら腰の下はびっしょになってしまった。

針のような穂先が赤みを帯びているのが大麦。

大麦除去作業 (1)

下の方から抜き取るとすごい量になってしまうので種の付いている穂先だけを鎌でちょん切っている。

大麦除去作業 (2)

大麦除去作業 (3)


スペルト麦もライ麦と同じように花を咲かせています。

大麦除去作業 (4)

通りを行って帰ってくると大きな背負いカゴがいっぱいになってしまうのでした。
一カ所に山に置いて後日やいてしまおうと思っています。

大麦除去作業 (5)

8時頃まで続けましたがここで休憩と着替えに自宅へ帰ります。
田んぼにも寄って水の様子も見てきます。
  1. 2016/05/25(水) 06:56:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの代かきをしました。

今朝4時半におきまして5時には田んぼへゴーです。
日中の暑さに結構ダメージを受けていますので、出来るだけ早くから動き出すことにしました。
トラクターのロータリーを外して田んぼに置いてある代かき専用ロータリーに付け替えます。
シートを外してみるとシマヘビ君が一匹塊となって寝ているようです。

田んぼ (1)

ロータリーをトラクターに付けて走り出したのですが、シマヘビ君はそのままあらわにそこに寝たままでいました。
水は昨日の午後1時頃から入れっぱなしでいたのでスムーズに作業が進むかと思いきや奥の方までまだ水が届いていませんでした。

田んぼ (2)

田んぼ (4)

結局上の田んぼにも水を流し込みながら上の田んぼと下の田んぼを行ったり来たりしながら出来るところからやるといった具合になってしまいました。それでも午前11時頃にはやり終えて帰ることが出来ました。
泥土の高低の調整までは出来ずとりあえずこれで水持ちを良くしておいて、後日田植え2日目に本代かきをしようと思っています。
丸い葉っぱの大豆が結構大きく育っていました。
春先に籾殻と一緒にクズ大豆を撒いたのが発芽したものです。
窒素分も出来ているのかもしれないと少し期待してます。

田んぼ (5)

黄色の菖蒲の花と白いマーガレットが満開です。
畦の桑の木にも実が着き始め色も付き始めています。
田植えの時にはつまみ食いが出来るかもしれませんね。

田んぼ (6)

田んぼ (8)

代かきを始めるとどこからともなく鳥たちが集まってきます。
背黒セキレイ・カラス・ムクドリ・アオサギが集まって虫を食べていました。

田んぼ (9)

今年は1日の水曜日に田植えをしようかと思っています。
都合が悪くなって少し前後するかもしれませんが、予定としております。
  1. 2016/05/23(月) 17:44:13|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場の様子。

サツマイモはやっぱり想定通りの道をたどっていました。
水をやってきました。
朝も出来ると良いんですが・・・それがなかなか。

サツマイモ (2)

サツマイモ

桔梗農場の入り口に昨年定植したマーガレットが綺麗な花を付けてくれました。
これも根分けしてどんどん増やしていく予定です。

入り口のマーガレット

先日定植したアスターもこの暑さの中しおれずにちゃんとしていましたので、今年この調子だと綺麗な花をいっぱい付けてくれそうです。

アスター


おまけ記事
稲の苗の成長が止まっています。
肥料切れだと思います。
来週イベントの間を使って田植えを急遽することに決めました。
今日から田んぼに水を入れ始めました。
明日荒代をする予定です。

田んぼ (2)

田んぼは草ボウボウ状態です。
緑の山並みと田んぼ・・・・カブと・・・いいじゃん。

田んぼ (1)

  1. 2016/05/22(日) 18:57:28|
  2. さつまいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の種蒔きがやっと終わりました。

今年は麦を少なくした分栽培圃場を広くしたことも有り、少々苦しい種蒔き作業となりました。
実は昨日体調を崩して病院へ行って検査をして貰いました。
病院では色々と検査した結果長のつまりが・・・腸炎だという事でしたが、僕は尿路結石でなければ今までと同じで過労による前立腺炎だと思っています。

さて、大豆の話題に戻しましょう。
午前中に寒冷紗切りから作業に入りました。
大阪に住む徳永農場に蒔いた大豆から鳥よけシートを掛けてしまいます。

大豆 (1)

次は残りの寒冷紗を全部切ってしまいたいのですが、今日は暑くて10時でいったん休憩の為に自宅に帰ります。
 と思ったら既に11時近くで、帰ったついでに昼食を食べてしまいました。
12時から炎天下の下で寒冷紗切り再びです。
5枚ほど切ったところで黒麦畑後地への大豆の種蒔き作業開始です。

1時間ほど掛けて種蒔き作業終了です。
ここにはナカセンナリと早生の枝豆を蒔きました。

大豆 (2)

疲れているので防鳥シート掛けはやめようかと思っていたのですが、切った分だけはやはり掛けてしまうことにしました。
湯川一家が丁度農作業に来ていたので、娘さんがシート掛け作業をお手伝いしてくれました。
シートが風で飛ばないように竹の割り箸を指して貰うのですが、大変助かりました。

大豆 (3)

小型管理機や種まき機やバケツやその他の片付け作業を最後にします。
管理機を小屋に入れて燃料を満タンにしてさてと草の上に転がしておいた種蒔き権兵衛の蓋と水筒を拾いに行くとあらら・・・

ひかれた水筒

湯川さーん。
・・・・・・・・・アイスありがと。
  1. 2016/05/22(日) 18:49:57|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とうもろこしの通路に鶏糞を撒いて耕起しました。

モロコシの葉がマルチの穴から伸び始めました。
何だか緑色が薄すぎる気がしていました。
追肥をしないといけないようなので、通路に鶏糞を撒いて耕起をしておきました。
じわりじわりと効いてくると思います。
梅雨が始まってくる頃には元気になって貰えるのかな。

モロコシ (1)

モロコシ (2)

今朝モロコシの種蒔きを終えることが出来ました。
生で食べて美味しいと言われている物です。
畑でつまみ食いをする予定です。

モロコシ (3)

袋にまだ少しだけ種が残っているので、発芽してこなかったところへ又蒔こうと思っています。

  1. 2016/05/20(金) 19:13:45|
  2. とうもろこし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の覆い作業をしました。

朝4時に起きてくるまで木曽まで走ってきました。
路上の温度計は8度、今朝は寒いです。

農園の路肩に花を植えようと、木曽方面に外来植物であれ綺麗な花がたくさん咲いているのを見つけたのでいつか取りに行こうと思っていたのです。
僕は外来植物には全く敵意はありません。
日本の物が少なくなって行くのはもう仕方のない事だと諦めているというより、そうなっていくのがより自然だと思っているからです。
食べ物も庭に咲く花も野菜も皆殆ど外来種です。
野草だけが日本の物にこだわっている方が無理がある氣までします。

まあ、いいや。
なんて名前なのかも知りませんが、一株4本くらい有りましたが、それを植えてみました。
畑の中に広がってしまったら墓穴をほった、ということになるのでしょうか。
きっと大丈夫だと思いますが、種で増えるのでなくて値で増えていく宿根草だといいのですけど。

朝、8時から寒冷紗切りの作業をしました。
泰さん登場、二人で切り始めましたがこれが思っていたよりもけっこう大変な作業でした。
切れないハサミだったということもその原因であるのだが、やあやあ疲れました。

午前10時半ころになるとそろそろ農園長はパンの配達に行かなくてはならず、途中でやめなくてはならなかった。
泰さんは自分の畑の大豆分だけ覆いをしてから帰るということで流れ解散のようになってしまった。

午後2時過ぎに配達から帰ってきて作業の続きをしに畑に戻ると、どうやらスズメがもういたずらを始めているようだった。
野鳩かと思っていたのですが違いました。

こんなに発芽していたとは・・・鳥に突かれ始めたもしかたがないな。

大豆 (1)

大豆 (3)

大豆 (2)

20メートル✕5メートルの寒冷紗です。
15線幅くらいに切っています。

大豆 (4)

1枚全部切り終えて使ってみたものの全くたりません。
もう一枚を小屋から引っ張りだしてまた切り始めました。
5枚切って敷いたのですが、今日はもう疲れました。

まだ明るいのですが、帰ることにしました。

大豆 (5)

後もう1枚切ってくれば最初に蒔いたところはだいたい終わりそうです。

大豆
  1. 2016/05/20(金) 19:06:26|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サツマイモの苗刺しを行いました。

サツマイモは干し芋作りの為に栽培するのであります。
売れれば嬉しいのですが、売れなくても自分が大好きなので冬に食べれるのでそれも嬉しいという訳です。

さて、昨年は興味半分で白いサツマイモを作ったのですが、余り美味しくなかったのでもう作りません。

アルプス市場にやっと並び始めた茎苗です。
2種類買いました。名前が商品に付いていないので忘れてしまいましたが、名前のところに干し芋に向くとありましたので迷わず購入です。
10本一束となっていました。
2束購入です。
今年も1本を切って2本にして指していきます。

サツマイモ (1)

竹イボ棒を指してそのしたに隙間を作ってから茎を指します。
それから棒を抜いて土を抑えます。

サツマイモ (2)

水をたっぷり掛けておきました。

サツマイモ (3)

この後毎年枯れて無くなってしまうのですが、穴の中から新しい芽が出始めて育っていきます。
初めての時ははらはらどきどきでした。

おまけ記事
桔梗農場では色んな芽が一斉に出始めていました。

ズッキーニです。

ズッキーニ

じゃがいもです。
一回目の除草作業をしています。
もう少し大きくなったら土寄せ作業をしようと思っています。

じゃがいも

夏大根です。

大根

紫花豆です。
高地で育つ大きな豆、これ美味しいんだよね。
昨年は雑草にやられてしまって収穫できませんでしたが、今年はしっかりネットも張ってゆったり作っているのできっと食べれるでしょう。

花豆

今年根分けして移植したユキヤナギですが、どうも怪しい状態です。

ユキヤナギ (2)

大きすぎたのが枯れた原因でしょう。
今から小さく切ったら大丈夫かなと思って枯れ枝を切ってみると中は僅かに緑色していました。
これなら根まで枯れていませんのできっと元気になってくるでしょう。

ユキヤナギ (1)

引き抜かずに今年は様子を見ることにしました。

クラフトフェアーの調理パンに使おうと栽培しているレタスです。

004.jpg

  1. 2016/05/19(木) 19:40:54|
  2. さつまいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の種蒔き後の作業です。

種蒔きはまだまだ続いているのですが、最初に蒔いたところはあと2日もすれば芽が出始めそうです。
かわいい双葉が出ると野鳩達の餌食になってしまいます。
今日はその分だけでも草を被せておく作業をしないとと少し気持ちも焦って動いております。

この時に使おうとぶどう園の一角に雑草を育てておきました。

大豆 (1)

大豆 (2)

手刈りしては抱え込んで運び出します。
草の良い香りを味わっております。
こんなに良い匂いだもの山羊も食べたくなるはずだわ。

大豆 (3)

朝ににあたって綺麗な緑色です。
丼物の最後に青ネギを掛けた時の色によく似ている気がした。

大豆 (4)

草が足りないし、結構な労働だと実感する。
他にも雑草を育てて置いたところが有るのだが、大きく育っていたのはエン麦であった。
これは麦の中までここらでは連作障害を起こさないようにとレタス畑に作るのであるが、その生命力の強さは大したものできんぴらの農場どころか全国の空き地に広がってしまっている。

えん麦

通りに生えてきた物は今年に入って2度刈っているのだが、背を低くしてもしっかりと穂を付けて種を来年の為に落とすのであった。

えん麦 (2)

この麦の穂は青い時に刈られてもちゃんと種として生きているみたいでどうやっても減っていかない。
麦畑の中にも勿論入り込んでいるので、除草作業に毎年苦労している。
そんな訳で麦畑の中にあえて入れて使うという事は麦栽培時にはやめておきたいなと思いました。

大豆の種蒔き作業に来てくれた泰さんと草の代わりに寒冷紗を使って覆いシートを明日作ることにしました。
午前8時頃からハウスのところで作業をしようと思っているので、時間の有る方はお手伝いに是非お出で下され。
  1. 2016/05/19(木) 12:00:43|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスター残りの苗をぶどう園沿いに定植しました。

桔梗農場の道路沿いにと思って育てていたアスターでしたが、数が多すぎました。
余った苗だけでも100本はありそうです。

自然農場の道路沿いに咲く花も増やそうと思ってはいるのですが、なかなか思うようには増えていません。
出来れば毎年花が咲く宿根草の良い物を見つけてと思っているのですが。

今年はこの余ったアスターを植えることにしました。

アスター (2)

群をなすようにズミの間に植えていきました。

アスター (1)

ズミに綺麗な緑色下見が付いていました。
田植えの頃にみのるのでこのあたりでは田植えズミと言うそうです。
赤く熟してきたらつまみ食いをする予定です。

ズミ
  1. 2016/05/19(木) 11:51:16|
  2. 景観
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦の様子です。

ハナマンテンの生育の悪い方で病気が出ていました。

追記 調べてみるとどうも病気ではなくて虫か鳥の害かもしれないようだ。

ハナマンテン病気か

ライ麦は全体が順調に育っているようです。

ライ麦 (4)

今花が咲いてハエ虫が花粉を食べにやって来ていました。

ライ麦 (6)

スペルト麦には昨年栽培していた大麦が結構混じって生えていました。
大麦が混ざると製粉時にも支障が出そうなので今の内に刈り取り除去を行わないといけません。
大豆の種蒔きが終わったら早速作業に入ります。

スペルト麦

これが大麦です。
綺麗な麦です。

大麦 (1)

真上から見たところです。
麦粒が6方向に付いています。
6条麦というゆえんです。

大麦 (2)
  1. 2016/05/18(水) 20:34:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大豆の種蒔きまだまだ続きます。

3キロ追加購入したので早々に種蒔き作業をしました。
隣のぶどう園は消毒をするのでぎりぎりまでは作らずにトラクターが入るように2メートル位離しています。
大豆や麦は外側の殻を取るので割と汚染されない作物だと思っています。
これが葉物野菜だとしたら大きな問題となるところです。

大豆 (1)

ここも手前にスギナが多く出ています。
スギナの生えているところは麦の生育が悪いのですが、大豆も悪い気がしています。

大豆 (2)

夕方まで掛かってやっと終わりました。

大豆 (5)

次は黒麦を潰したところと山浦さんところと徳さんの所です。
今日耕起作業を済ませたので、明日種蒔き作業をします。

耕起作業

おまけ記事です。
この中山道沿いの草刈りが済めばやっと一巡する事が出来ます。
次回は3週間後位になるのかもしれないな。

草刈り
  1. 2016/05/18(水) 20:23:28|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不足分の大豆の種を用意しました。

今日ききょうへパンの配達に行った時に大豆の袋詰め作業をしているところに丁度遭遇しました。
1キロ入りで310円だというので早々3袋購入してきました。

001.jpg

黒麦畑の後には9月収穫の早生の枝豆を蒔こうかと思っています。
カインズホームで2袋買ってきました。
まあ、枝豆としても食べますが食べきれなくてもだいずとしてもつかえるので冬の煮豆として食べてみようかな。
いやいや、来年の種取として使った方がこの先の出費が少なく済んで良いかもしれないな。

ナカセンナリと同じ位甘みがある早生品種が・・・それもこの土地の気候に合った物で・・・無いかなぁそんな大豆。
  1. 2016/05/17(火) 21:51:28|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトの苗そば屋さんで購入しました。

トマト苗は既にアルプスで3本購入し、自宅で育てている。
これは雨にも強い品種で今年で3年続けて栽培しているお気に入り品種だ。

毎年この3本で我が家のトマト需要は十分満たされるのだが、お蕎麦のふじもりさんでトマト苗を販売していますよという情報を得て、ふじもりさんで売るってのは相当宜しい苗なんだろうと判断し、試しに購入することにした。

さとわ農園さんのトマト苗であった。
3品種有り、ピザに向くのを選んで貰い、イタリアで一番人気のあるというサンマルツァーノ3ポットを購入してきた。

003.jpg

キャベツの生育の悪いのを3つ引っこ抜いてそこへ植えてきました。
雨よけを考えないといけなくなりそうだね。
  1. 2016/05/17(火) 18:28:24|
  2. なす・とまと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲の苗床の仕切りを低くしました。

生育の悪かったところも随分大きくなってきましたので、そろそろ水張りをしても良い状態かと思います。
そこで途中で仕切りを作って水を入れないようにしていた畦板をひくくしてみずがはいるようにしました。

苗床

おまけ記事
クラフトフェアー用に栽培していたレタスですが、定植後元気がなかったのですが、ここ最近急に元気になりまして、この分だとサンドに使えそうです。
自前のレタスを使うサンドは初めてなので大いに味も期待しちゃいます。
  1. 2016/05/16(月) 22:08:31|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モロコシピンチかもしれないな。

モロコシ (1)

葉っぱに穴が開いていたり虫に食われて半分しか無いものもある。
葉の色が黄色すぎる?
栄養が足りなくてよわっちいから虫が来てるってか。

雨上がりに一部だけ肥料を追肥してみようかな。
それともミネラルCをやってみようか。
  1. 2016/05/16(月) 22:02:46|
  2. とうもろこし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうと林檎の木にミネラルC液を散布しました。

ぶどうの枝も随分伸び始めてきました。
不要な枝は今の内に欠いてしまった方が良さそうです。

昨年修理して使い始めた散布機ですが、プラスチック製の蓋がオイラの力では廻りません。
木の棒でコンと軽く叩いたらもろく割れてしまいました。
だいぶ古い物なので劣化が進んでいたようです。

革の手袋を巻き付けて再チャレンジしてやっと開けることが出来ました。

ぶどうと林檎とキウイの葉に500倍液を撒きました。

これからも月に一度のペースで液がなくなるまで続けていこうと思っています。
今年のぶどうには本当に虫が付いていません。
どうしたのでしょうか。

6月になったらコガネムシトラップの準備をしないといけないですね。
  1. 2016/05/16(月) 21:06:29|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗くなるまで大豆の種蒔き作業をしました。

中村さんから大豆の種を1キロほど分けて貰うことが出来ました。
草刈りも至急の課題ですが、大豆の種蒔き作業も早く終わらせてしまいたいのです。

大豆 (2)

風が急に冷たくなり始めました。
さっさか作業を進めないと身体が冷えちゃいそうだし、日が落ち始めてしまいます。

大豆 (3)

この分だと後3キロは必要になりそうだけれども、秋の麦の種蒔きのことを考えると収穫の早い枝豆を作った方が良いのかもしれないと思い始めています。
麦畑を潰したところは枝豆にしようかと。
  1. 2016/05/16(月) 20:54:56|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は草刈り三昧じゃ。

先週草刈りしたのに一週間で元に戻ってしまっている。
とにかく田んぼから始まった草刈りはまだまだ一巡していない。
自宅敷地は2回目の草刈りをしないともう膝丈にまで伸びてしまっている。
看板のある沿道の草も膝丈まで伸びてしまっていて、草刈り機では無理かもしれないと思いながら朝一の作業として車を出した。

のだが。

パンク (1)

どうも走りが変だ、下りてタイヤを見るとパンクしてた。
朝一の作業はパンク修理となった。

パンク (2)

傘釘が刺さっていた。
農場の差し掛け屋根の修理の時に落とした物を踏んだのだろうか。

パンク修理 (1)

修理に使う接着剤が見当たらないので、自転車のパンク時に使っていた半端物を有る分だけ塗って差し込んでおいた。

夕方帰ってきてからタイヤにたっぷり空気を入れてみた。
明日の朝空気が抜けていなかったら予備タイヤとして備え付けることになります。

パンク修理 (2)

少し出遅れたが看板のある空き地の草刈りを始めた。
やはりこれだけ茂ってしまうと倒すだけで刈れない。
押したり引いたりしながら徐々に作業を進める。
時間もより以上かかるし、腕も痛くなってしまった。

草刈り (1)

草刈り (4)

ここが済んだら次は桔梗農場だ。
桔梗農場は草刈りをした後ハウスで育てていたアスターの苗を植えてしまう予定だ。

草刈り (2)

ここはイエロー君ではなくて、先日やっと復活したスパイダー君で草刈り作業をしました。
最初は順調に働いてくれていましたが、1時間ほど下あたりから吹き上がりが乱れ始めてそのうち止まりましたわ。

沿道は止まる前に刈っておいたので、苗を植える作業をしました。
畑側の草を開墾ぐわで削り取って苗が雑草でやられないように準備します。

アスター (1)

苗の植え付けに使っている車輪付き台車を使って座りながら作業を進めます。
これは便利です。膝は痛くならないのですが、腰が背中が痛くなります。
ええ、歳だからです。

アスター (3)

20センチ間隔で300本植え付けました。
今年は全部順調に育って花を付けたら見事だと思います。

アスター (2)

最後に夜中から雨予報が出ていましたが、水をやってやっと帰れます。

アスター (4)


  1. 2016/05/16(月) 20:48:07|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百薬草植えた。

百薬草 (1)

雲南、と言うことは中国からおいでなすったな。
アルプス市場でみっけてこれは自然農園に植えるべしと思った。

百薬草 (2)

蔓植物で生でも食せるとある。
畑でつまみ食いが出来る訳だ。

百薬草 (3)

そう言えば植えっぱなしの行者ニンニクは・・・・頭に種を付け始めていた。
ほんとにニンニクである。

行者にんにく

自然農場の林檎をチェックするとやけに枯れて丸まっている葉が目立っていた。
昨年も同様だった。
この葉っぱの中に幼虫が潜んでいる。
目立つところだけ摘み取って処分したが、春先には見当たらなかった枝の根元に潜む蛾幼虫の巣が5つも見つかった。
棒でつついて潰しておいた。
この毛虫が3匹付いているだけでその木は枯れてしまうので要注意だ。

りんご

ざっと他の果樹を点検してみたが、今年は害虫が非常に少ない。
5月に入ったのでそろそろミネラル液を撒かないといけない。
今回は根元ではなく、新葉に直接撒こうと思っている。
  1. 2016/05/15(日) 21:12:09|
  2. 野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆の種蒔きを始めました。

朝一に田んぼの作業をしたのですが、その帰りにガイダンス棟当たりで羽の先がとがった鳥が素早く里山の方向へ飛んでいくのを見ました。
まさしくあれはカッコウに間違い有りません。
カッコウの声を合図に大豆の種蒔きを始めようと準備していたのですが、いつまで経っても鳴き声が聞こえないので正直なところそわそわしておりました。

鳴き声の確認はありませんが、カッコウ目撃という事で大豆の種蒔き開始です。

ここは黒麦畑ですが、穂が付き始めるというのに生育は思わしくありません。
来年の為に今年は潰して大豆を蒔くことにします。
奥と端っこだけ生育が良いのでそこは残して種取に使おうと思います。

黒麦

それから麦雑草が結構出ているところは耕起のし直しておきます。

大豆 (1)

ここはぶどう園横、相変わらずスギナだらけで何遍耕起しても勢いが落ちると言うことがありません。
残っていた苦土石灰を撒いてから耕起のし直しをしました。

大豆 (2)

耕起後フラミンゴ君で溝付け作業です。

大豆 (3)

付けた溝の底に大豆の種蒔きをしていきます。

大豆 (4)

北圃場の半分が終わりましたが、大豆種が4キロ位足りなくなりそうです。

大豆 (5)

明日明後日と葉君の代わりに製造とお店番をしないといけないので、この作業も途中ですが暫くお預けとなります。
  1. 2016/05/13(金) 18:37:40|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの基盤作り。

年中水路から染みいっている為に田んぼの隅を中心に基盤がなくなっており、思いトラクターを走らせるとタイヤが埋もれて出られなくなってしまいます。秋の収穫の際もここは水浸しでやはり機械刈りが大変なところです。
春先にビオトープを兼ねた水路を田んぼの中に作ったが功を奏してこの隅っこが乾くようになりました。
代かき前にトラクターを走らせて基盤を作る作業をしてみました。

田んぼ (1)

田んぼ (3)

今日もシマヘビ君がハゼ足置き場のトタンの上でひなたぼっこをしていました。

田んぼ (2)
  1. 2016/05/13(金) 18:09:24|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパイダーモアーのメンテナンス、ついに終盤か。

先ずはここまでの話し。

キャブのオーバーホールを何べんやっただろうか。
もう、忘れちまった。
エンジンのシリンダーへのキャブクリとパーツクリーナによる掃除も何回か繰り返したが駄目で、ついに農機具屋へ行くこととなった。
が、症状の話だけでキャブ交換を進められてキャブを頼んだのだが、値段が15000円位という話が19000円の請求が来た。
ネットで最安値を調べると送料込みで13890円が有り、余りの値段の開きにキャンセルしたのだった。

そしてキャブ交換の前にキャブレター部品であるダイヤフラム交換をしてからキャブという風に自分では修理に伴う順序を経て進むことにしたのだった。

本日午前中もう一度シリンダー内の掃除を試みてみた。
やはり動かなかったので、ダイヤフラムの到着を待つ事にした。

家に帰ると丁度運送屋さんが来てダイヤフラムが届いた。

スパイダーモアー (1)

スパイダーモアー (5)

スパイダーモアー (6)

午後一で早速ダイヤフラムを交換するところから又修理というメンテナンスが始まった。
ポンプ側を外すと中に黒い薄い膜のダイヤフラムが見えた。

スパイダーモアー (3)

スパイダーモアー (4)

簡単に剥がせると思ったら長いこと圧着されていたので癒着しており半分は剥がれずにカッターの刃で削り取ることとなった。
外してからよく見るとネジの周りの赤サビが広がっておりどうもこれがつまりの原因となっていたのでは無いかと思われた。
これが原因だとしたらこれで解決間違い無しだ。

スパイダーモアー (8)

スパイダーモアー (9)

だとするとこの付近のジェットノズルも分解して綺麗にしておく必要がありそうだ。
とにかく思ったところを全部綺麗にしていく。
分解したは良いが小さなバネが仕込まれており又元に戻すのが大変だった。

これで動かしてみるとでコンプからどばどばっと燃料が吹き出ていたのが直ったので、ダイヤフラムの交換の効果有りと見た。
しかし、エンジンが掛かってもすぐに止まってしまうのだった。

それから何遍も分解掃除と組み立てを繰り返すが、どうも燃料がちゃんとキャブにきていないと思われる症状が消えないのだった。
ポンピングしても燃料の通じ方溜まり方が悪いのも気になる。

タンクから繋がっている燃料ホースもちゃんと通っているし、先にあるゴミ取り器部分も綺麗にパーツクリーナによる掃除もしたし、もう点検する場所がなくなってしまった夕方。
午後2時からその修理作業を手伝っていた湯川さんももうこれで駄目だったらあきらめるしか無いねと言った。
自分も網や利用がないのであきらめて小屋にしまおうかと思ったのですが、それでももしかして・・・と思い先端部のゴミ取り器を外してタンクに戻して動かしてみると・・おおっ、燃料来てる。

諦めの土壇場で修理完了となった。
長い旅路の果てで見つけた物はたわいの無いものだった。

スパイダーモアー (10)

  1. 2016/05/12(木) 20:00:27|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する