FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

桔梗農場のなすときゅうりとズッキーニがなかなか大きくなりません。

なすの実は沢山なっていて大収穫かと期待していたなすですが、1回収穫した後なかなか次の収穫になりません。
ズッキーニも同じです。葉は大きく育っているのに根元のみが大きく育ってこないのです。
これは水不足が原因だと思います。
スプリンクラーを使い始めたのは良いのですが、ネジの緩みとパッキンが入っていないことで順調に水やりが出来ません。
パッキンを買ってきてはめ込みましたが、プラ製部品のねじ山が無くなっており修理にはなりませんでした。

スプリンクラー (1)

スプリンクラー (2)

明日ビニールテープを持っていって止めてみるつもりでいます。
それで完治とは言えないと思いますが、応急処置としてはまあこんなところでしょうか。

先日定植したごま苗ですが、順調にすくすくと育っていました。
中には茎を虫に囓られて折れてしまっているものも有りましたが、この分だと収穫が望めそうです。

ごま
スポンサーサイト



  1. 2016/07/31(日) 20:23:38|
  2. きゅうり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦畑の準備、4回目の耕起

そろそろ8月に入ってしまいますね。
10日から15日の間にそばの種蒔きをしようと思っています。
今日は耕起前に苦土石灰と鶏糞を撒いておきます。
苦土は20キロ撒きました。
鶏糞はバケツ15杯分、一杯約6キロだから90キロ位です。
広さは2反5畝位だと思います。

そば (1)

苦土も鶏糞も1反のいろさで100キロといいますのでほんとに薄撒きです。

そば (2)


3回耕起で何とかいけると思っていたのですが、アカザの太い根や茎がじゃまして平らに耕起ができません。
今回の3回で何とか枯れた茎や草がすき込まれないと何回やっても平らにならないと思います。
耕起の深さを10センチ深くすることにしました。
抵抗が大きくなるので、回転は一番遅いのにして速度も3-2から2-3にしました。

そば (5)

そば

やっと地面が草よりも土の方が多くなりました。
これならあと1回種蒔きの直前の耕起でごんべえを押すことが出来そうです。
明日の午前中に残りの耕起を終わらす予定です。
  1. 2016/07/31(日) 20:14:08|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾麺、黒細麺、再販売見込み立つ。

2年前乾麺にカビ臭の有るものが混じっていて販売を中止しました。
麦自体にカビ菌が確認されたことも判り、廃棄処分としました。
しかし、全部捨ててしまうには余りにもったいなく未だその乾麺を自分で昼食として食べ続けている農園長です。
ちなみに今食べているケースは全くカビ臭を感じていません。

その年は米の予約のお客さんが半年経っても購入して貰えなかったことも重なり、農園の経営として大きなマイナスの年となりました。毎年収穫後大きな収入がある訳で無く、小袋に入れた全粒粉を年間掛けて売っているのです。小銭を地道に稼いでいる農園業としては次の乾麺を作る予算がなかなか出来ませんでした。
今年はそれでも米も昨年ほど収量を落とさずにいけそうですし、そば屋さんの契約栽培農家としてスタート出来る見込みが出来たので、そちらの収入が見込まれ、何とか乾麺再開の目処が出来ました。

今まで通り栃木県の黒澤製麺さんに又とも思いましたが、やり取りでの送料が大きな出費となってしまいます。
もう少し売値を下げたい思いもあり近場の製麺所を探す事にしましたが、なかなか思うところがありません。
粉を直接届けられる又出来上がった乾麺を取りに行ける距離の所で・・・・
そんなところが見つかるまで、そして麦の収穫が出来て一番新しい今年の麦で製造してみたいと思って今まで乾麺製造を進めてきませんでした。

この春に友達からハガキが届き、そこに自分で作った麦で乾麺まで作っている人が居るという情報を得ました。
人づてに調べていきましたが、繋がりません。
上田市の殿城という地区に居る人だと言うことは判っていましたので、上田市の農業委員会に問い合わせてみました。
そんな人は知らないなと直ぐに電話口で言われましたが、それでも調べてみてくれるという事で返事を待ったところその人が判りました。
中村和夫さんという人で殿城豊穣館という会社を作って農業の6次産業化を進めている人でした。
電話では外から依頼されて製造したことがないので・・・・と言われましたが、
話を進めていくとどうやらやってくれそうな具合です。

乾麺パッケージの方もラベル貼り付けではなく袋へ直接印刷にしてより一層商品アピール出来る物にしていこうと思っています。
もう暫く時間が掛かると思いますが、ぼちぼちと農園ブログにその進み具合と様子もアップしながら製品化していこうと思っています。
  1. 2016/07/30(土) 08:47:25|
  2. 営業のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモの収穫をしました。

本日梅雨明けだそうで、しかし、今年の梅雨は全く梅雨らしくなく曇り空の割りに雨の降らない梅雨でありました。

水不足はしっかりジャガイモにもやはり影響しておりまして、今年は春先の端境期に売ろうかと圃場を広げたのですが、昨年よりも収量が減ってしまいました。

収穫のお手伝いをしてくれた方には安くジャガイモを・・・・その声に応えてくれたのはいつもの顔なじみ、中村さん親子でありました。

じゃがいも (1)

午前中から晴れていたので本来なら午前中に掘っておき午後暖かくなっているジャガイモを収穫カゴに入れてしまうという流なのですが、今日はパンの配達やらちょっとばかし営業などもしたく・・・午後3時過ぎから畑で収穫作業続けて土蔵へのしまい込みとなりした。
昨年は2列少なく作って5ケース取れていました。
今年は4ケースと言ったところです。

じゃがいも (2)

おまけ記事

刈払機キャブレター

ながく手こずっている共立刈り払い機のメンテですが、今日午前中はネットで注文して届いた新品キャブレター(3690円https://www.amazon.co.jp/dp/B00O6Q75TS?psc=1)を付けてみました。
一発で掛かったものの30秒から1分で止まってしまいます。

仕方なく振動の大きいリョウビ君で大豆畑の除草作業をしました。

大豆 (2)

これはもう燃料が来ていないと判断し、開通していることを確認はしているのですが、燃料ホース関係をごっそり取り替えることにしました。

刈払機メンテ

綿半ホームセンターに配達の帰りによって買ってきました。
1000円以下ですからこれで動けば安いもんです。

さて、取り替えた結果は チャカチャン!
動きました。
今度は止まりません。

動かなかった原因がこの安かった燃料ホースだったとしたら今までの苦労は相当むなしいものとなってしまいますので、きっとキャブだったんだなと思うようにします。
  1. 2016/07/28(木) 17:25:20|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば畑を増やそうと思う。

昨年収穫した蕎麦はまだ30キロ近く土蔵に入ったままとなっている。
まあ、売らなくても蕎麦会で何とか食べきれるのではないかと期待しているが、今年は刈り取り作業が手刈りからバインダー作業で出来るのではないかということから圃場を広げようかと思っている。
市場では麦粉よりもそば粉のほうが買取価格も高いし、粉にした場合にも歩留まりがいいので現金にした場合そばのほうが収入が多くなる可能性が高いという訳だ。

そこで黒麦を潰したところに大豆を蒔いたがこれまた大豆の発芽が悪くてとても収穫が望めないので、そこへそばをと思って本日苦土石灰を5キロ薄撒きして耕起作業をしたのである。

蕎麦

桔梗農場の耕起作業も2回目をして、大分草の存在も消えてきたところだ。
まだ緑の葉を全部隠すだけの耕起とはならないが、次回は苦土石灰を撒いて耕起すれば何とか種蒔きごんべえをはしらすことが出来るのでは無いかと思っている。

蕎麦 (1)

蕎麦 (2)

桔梗農場で育てている長ネギの葱坊主だが種を落とし始めていたので慌てて種取の為黒くなった葱坊主を4球ほど捕ってきた。
ハウスのかなへおいてあるがどれだけ種が取れるのか・・・余り期待はしていないが来年3月頃にポット苗箱で育ててみようと思っている。

長ネギ


おまけ記事
今年の秋に収穫となるそばですが、どなたか農園で採れたそば集を買ってくれる人が居たらお願いしたいと思います。
石抜き乾燥磨きまでして販売致します。
粒で1キロ500円の販売です。
粉の場合はキロ900円で販売します。

連絡先はきんぴら自然農園 080-8875-6097 中野まで。
コメントからでも対応致します。
  1. 2016/07/27(水) 18:40:39|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの除草助っ人はこれだ。

今日でまる2日間田んぼの除草をしていません。
又元に戻っているところも増えていることでしょう。

桔梗農場のごまやらなんやらと一通り手を入れたので明日からは又同時進行で作業をしていこうと思います。
田んぼ除草は踏み込み助走はやめてもっと効率よくスピードアップする為に刈り払い機を使う事にします。

昨年使った水草カッターがどうしても見つからないので同じものを買うことにしました。

田んぼ除草 (1)

田んぼ除草 (2)

今年はリョウビの振動のひどい刈り払い機を使うので手のしびれが気になっています。
暑いゴム手で対応してみます。
[田んぼの除草助っ人はこれだ。]の続きを読む
  1. 2016/07/26(火) 05:31:43|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追加のサツマイモの挿し木をしました。

追加分は芋から出てきた茎を挿します。
ごま畑の隅の方に立てて置いた芋から結構葉が茂っていました。

サツマイモ (1)

はさみで4本茎を切り取りました。

サツマイモ (2)

サツマイモ (3)

今有るサツマイモマルチにはまだ挿してないところがあるので、そこへ挿しておきました。
こうなってくるとなんという種類のいもだったのか判りません。
ネチョネチョ系3種類と言う事は判っています。

サツマイモ (4)

今年は全体に水不足のようで桔梗農場全体の出来が悪いのであります。
もっと早くスプリンクラーを回せば良かったのですが、今更ですから。
昨年大収穫となったオオジロジャガイモも今年は後半葉の茂りが悪くなり、今は葉が黄色になっています。
もうそろそろ収穫してしまおうと思い雑草も交えて刈り払い機で刈ってしまいました。
明日雨予報が出ているので次の晴れを見て掘り始めようと思います。

じゃがいも


ジャガイモを買いたいという方がいらしたら連絡を下さい。
芋掘りからしたいという方がいらしたら格安でお分け致します。
  1. 2016/07/25(月) 11:18:06|
  2. さつまいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラクターにバッテリー強化液を入れました。

今年の2月にトラクターのバッテリーが上がってしまい始動出来ませんでした。
バッテリー液が不足しており水を入れて充電して対処しましたが、ウインカーが点滅しない状態が続いていました。
電圧が下がっているとウインカーばかりでなく、水平維持装置(モンロ)等にも影響が有るように感じています。
強化液を入れてもう一度充電してみようと思います。

トラクター


今日は強化液を入れただけですが、近いうちに充電とそれからもう2年間交換していないギヤオイルも交換しないといけないかなと思っています。
  1. 2016/07/25(月) 06:03:34|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗農場、秋作付け準備を進めています。

一通りだけ残してあったマルチを敷いたごま畝です。
そこから17本ほど草藪の中で育っていたごまを抜き取り新しく作ったごま畝に移植しました。
これでやっと此処もマルチを外して耕起作業をしておくことが出来るようになりました。

ごま (1)

ごま

なすも背を高くした雑草にしっかり囲まれていて、光と風が通らない状態です。
刈り払い機で周りの草を切り倒しておきました。
10個位収穫がありました。
しかし雨が全く降らないので、たっぷり水やりをしないと良い実がなりませんね。

なす (1)

なす (2)

道路沿いの花も雑草の中でひどい状態でした。
此処も刈り払い機でやっと綺麗に出来ました。

花

此処はジャガイモと枝豆と夏大根を栽培していたところです。
収穫出来るものはジャガイモと枝豆でした。
収穫後マルチが敷いてあるのでそれを片付けて耕起作業をしておきます。

秋野菜の種まき準備 (1)

秋野菜の種まき準備 (2)

秋野菜の種まき準備 (3)

この枝豆は来年の種取の為に収穫しないでおきます。

秋野菜の種まき準備 (4)

今年のジャガイモ(メイクイーン)は小粒でした。
一株に20個位付いていました。
雨が少なかったことが原因しているのかもしれませんね。
この小いもは来年の種芋に使おうと思います。

秋野菜の種まき準備 (5)

秋野菜の種まき準備 (6)

収穫


草が多すぎるのでこの後は鍬を使って手作業でマルチを敷いた畝を立てて、にんじんや大根の種蒔き、それからオクラの苗を3本定植しないと。
葉物の種蒔きも進めたいな。

おまけ記事
明日のそば会に今日取った枝豆でも持っていこうかな。 [桔梗農場、秋作付け準備を進めています。]の続きを読む
  1. 2016/07/24(日) 21:15:47|
  2. じゃがいも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦畑の種蒔き準備です。

ハンマーモアーを使って除草をしたにもかかわらず、田んぼや麦刈り作業を優先したばっかりに耕起作業ができないでいました。
と言う訳で元の木阿弥状態となってしまいました。
又再度ハンマーモアーを取り付けてと言う面倒な作業もしたくなく、とにかくこれ以上雑草を大きくしてしまっては8月半ばの種蒔きまでに耕起作業ができなくなりそうです。

と言う訳で雑草抜きが目当ての耕起作業をやっとやって来ました。

蕎麦 (2)

幅2メートルでやけに背丈の高い雑草の場所があるのです。
ハンマーモアーで草刈りをしていた時に2羽のヒバリがやけに虫を加えては通っていた場所です。
雛を育てている様子だったので怪しい箇所をそのまま残しておいたのです。
無事に雛が巣立ってくれたんだろうと思っています。

蕎麦 (3)

とにかく少し深めでゆっくりとロータリーを回して雑草を抜くことだけは出来ました。
1週間以内にもう一度やります。
その時には苦土石灰を撒いてからやるつもりでいます。

蕎麦 (4)

直ぐ横です。
先日ごまの定植作業をしたところですが、

ごま (4)

元気な苗だったのですが、結構枯れ始めているものがありました。

ごま (6)

ごま (1)

雑草で埋もれているところにそれでも花を咲かせて種の実を付けているものがあるのです。
これを枯れた苗の代わりに又移植しようと思っています。

ごま (2)

ごま (3)

それが済んだらこの雑草地帯もマルチを片付けて耕起してしまおうと思っています。
とにかく今やっておかないとお盆過ぎの種蒔きに間に合わなくなりそうです。

追記
田んぼの除草作業は既に始めやったところから雑草が復活を始めています。
園長のペースではエンドレス状態になることが判明しました。
草刈り機を使って去年と同じように除草作業を進めることにしました。
蕎麦畑の耕起作業が終わったら再開です。
  1. 2016/07/23(土) 18:54:51|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中村圃場の大豆畑。

麦刈りの後大豆の種を蒔きました。
麦の根株を外した姉に種を蒔いて麦わらは除草の為にその場に広げてあります。

中村大豆

大豆は順調に育っていました。
このやり方でこの秋の麦の種蒔き前、10月10日当たり遅くても11月に入る前に収穫が出来てしまうのならば麦と大豆の輪作が出来ると言うことになります。
でも、一年おきに麦と大豆を交互に作るやり方としてこのやり方は良いかもしれないなと思って様子を見させて貰っています。

自宅のトマトの収穫が始まっているのですが、テントウムシに葉をすかすかにされて被害が広がっています。
先日段ボールマルチを敷いて毎日テントウムシを落としては潰すようにしました。
被害は収まり虫の数も目立たなくなってきましたので、今後は大丈夫と思っています。
今日刈り払い機のプラグを買いに行った際店先に無農薬栽培グッズコーナーが有り見てみると手頃なマルチシートが売られていました。
アルミシートが貼り付けてあり反射光で虫を寄せ付けないようにするのだそうです。2枚入りで500円位でした。
効果を見たく早速トマトに使ってみる事にしました。


無農薬グッズ (1)

無農薬グッズ (2)

共立の刈り払い機のです。
古いプラグの様子は良い感じでしたのでプラグ交換はしましたが、思っていたとおりエンジンは掛かりませんでした。

刈払機のプラグ

田んぼの除草の際に見つけたカエル君です。
何だかしっかり者の顔つきですね。

かえる (1)

モロコシ1つ取ってみました。
良い感じです。
スイートコーンという品種です。
生でその場でごちそうさま。

とうもろこし


  1. 2016/07/22(金) 05:56:30|
  2. 大豆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤフラム交換しました。

少しお金が入ったのでトラックと携帯缶にガソリンを入れたり、刈り払い機のダイヤフラムを買ってきました。
ダイヤフラム交換をしたから直るという保証はないのですが、だいたいは直るようです。

ダイヤフラム (1)

昨日トマトで買ってきたダイヤフラムです。
メーカーが違っても同じ部品だから大丈夫と言われていたのですが、いざ取り替える時点で、あれれ、違うじゃん。

ダイヤフラム (2)

袋から出してしまったので返品出来ませんね。
でもこれは今回買った中古刈り払い機に合うようなので大事に取っておきます。

と言う訳で、綿半へダイヤフラムを買いに行ってきました。
綿半は共立エコーの刈り払い機を売っていたので、部品もあるのでは無いかと思って出掛けましたら、やはりありました。
綿半で買ったものは全部でポンプ側のものも一緒に入っていて全部で4枚入っていました。

日中の暑さいさなかの作業はやはり室内作業がむいています。
早々にキャブレターを分解して取り替え作業をしてみました。
残念ながら調子よくはなりませんでした。

まだまだ続きそうです。
  1. 2016/07/20(水) 19:00:36|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エクスプレッソで麦茶を入れてみました。

先日農場に来たひだまりさんが最近はエクスプレッソで珈琲を入れていると言います。
濃いけれど香りも良くスッキリしている感じがすると言います。
長いこと使っていないそれを使って珈琲を入れましたが、僕にはミルクと砂糖を入れて飲む環境がなく、お湯で薄めて飲んでみたのですがいまいちでありました。

自分で煎った麦茶をこれで入れたらどうだろうかと試してみました。

麦茶 (2)

麦茶 (1)

香りは良いのですが薄すぎました。
蒸らし時間というものが必要です。
1回使った麦をそのまま入れっぱなしにして夕方下の容器に水を入れて再挑戦です。

4分位強火に掛けるとぽこぽこと音がして抽出完了です。
良い感じです。
美味しいじゃん。

今度は麦を入れたら麦の所から容器分のお湯を差して5分おいてから火に掛けてみようかな。

時間がたっぷり有るならば水の中に前日から入れておくだけで良いんだから、こんな事する必要は・・・無いんだよね。
  1. 2016/07/19(火) 20:15:45|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上の田んぼの3分の1だけ踏み込み除草が終わりました。

5時半から田んぼで作業開始です。
やり始めて直ぐに足の痛みを感じ始めまして、少し心配でしたが、30分位経ったらすっかり痛みが取れて慣れてきました。
足の血行が良くなってきたのでしょうか。

田んぼ

昨日苦土石灰を撒いた効果がどう出てくるのかが楽しみです。
縦方向が済んで横方向も済んだところで溜まった米糠と籾を撒いて今年の除草はおしまいとします。
もう切りがありませんので。
後もう少し頑張ります。 [上の田んぼの3分の1だけ踏み込み除草が終わりました。]の続きを読む
  1. 2016/07/19(火) 20:03:31|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳永圃場の麦の脱穀作業が済みました。

何せ大阪からなのでなかなか麦の都合に合わせることが出来ません。
約2週遅れの作業となりました。

徳さん2人は午後3時半から作業を始めました。

農園長は機械の使い方を教えてから緊急課題のお店のくみ取り作業をしました。
先週の土曜のお店番の時にトイレを使った時に、大これはやばいぞと気付いたのでした。
この春先にやっておかなかったでしょうね。
くみ取り作業は年2回春と秋とにやっています。
くみ取ったものは柿の木の根元あるいはぶどう園にあげております。

午後6時頃までに3種類有った小麦を全て脱穀しておりました。
脱穀した後残った麦藁は畑のあちこちに広げて燃やして藁灰とします。

明日は脱穀機の掃除と脱穀した麦の唐箕掛けをして貰い後は袋に詰めておしまいです。
午前中の3時間でゆとりで終わることでしょう。

僕は徳永圃場と山浦圃場の藁燃やしと苦土石灰蒔きと耕起作業を済ませてしまう予定です。
これでやっときんぴら農場の麦の作業が殆ど終わったことになります。

麦畑

あと、時間を見つけて自分のライ麦の唐箕掛け作業を済ませるだけです。
今年の麦は刈り取りの天候とハウスに恵まれて皆さん良い出来で良かったです。
内心胸を撫で下ろしております。

畑の方はこの後苦土石灰と鶏糞を撒き、耕起を2回から3回繰り返して秋10月の麦の種蒔きに備えます。

[徳永圃場の麦の脱穀作業が済みました。]の続きを読む
  1. 2016/07/18(月) 20:40:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの畦草刈りやりました。

今日から上の田んぼの除草作業ですが、その前に畦草刈りを済ませないとどうにもいけません。
昨日刈ってきた刈り払い機で作業開始です。

リョウビ刈払機 (2)

リョウビ刈払機 (3)

1時間の作業ですから使い勝手が分かります。
振動は安物クラスで結構有ります。長時間の使用は控えた方が良さそうです。
長時間使用の時には共立の今まで使っていたものを使った方が良さそうです。
それからエンジン回転の微妙な調節がなかなか出来ません。
アクセル調節がスイッチ状の板をスライドさせるタイプです。
共立はレバー式なので力加減が容易です。
もしかしたら中古という事もあり、油ぎれでスライドの摩擦が大きくなって動きが悪くなっているだけかもしれません。
後日メンテしたいと思います。

それから肩掛けベルトを掛ける穴が小さすぎて使いづらいですね。
共立のはこの3倍の大きさがあるですよ。
カラビナでも付けようかと思います。

1時間半かかって草刈り作業を終えました。
振動で手のしびれを感じた頃に終わったので助かりました。

それから上の田んぼに苦土石灰を1袋20キロを撒いてから踏み込み除草に入りました。
朝7時から田んぼ作業を始め手11時になろうかという所で自宅に戻りました。
4時間続けての作業はやはりしんどいですね。
  1. 2016/07/18(月) 18:54:02|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごま苗の移植作業をやりました。

後は定植するだけとなっていましたので、朝の田んぼ除草の後作業をしてきました。

何だか雨が降りだしそうです。

ごま (7)


ごま (1)

根が巻いているので植え付けるには十分の状態と言って良い。

ごま (3)

カッパ持っていないので、急いでじゃんじゃん植えていきます。
一箱で丁度一通りでした。

ごま (4)

なかなか雨が降りません。
明日はお晴れと予報が出ています。
念のために水やりをしておく事にしました。

ごま (5)

したらば雨が降り出してきました。
丁度終わるというタイミングで・・・なかなか。

ごま (6)
  1. 2016/07/17(日) 19:17:21|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刈り払い機の中古購入しました。

もうあちこちの雑草が伸びており、草刈りを進めたいのです。
安い新品を・と思っていたのですが、山形の農家のスーパー トマトへ行って中古を見てからでも良いのではないかと出掛けてきました。一台だけ14800円で有りました。24ccでした。
店内の新品を見てみると殆どが40%位安くなっていて、2万円出せば4万円位のものが購入出来ます。
迷ってしまいました。
この所各メーカーではスターターロープが軽く引けるもの、エンジン重量が軽い、それから排気がエコと3拍子のものに変わってきています。中古のものはそういったタイプの出始めのもので、今のものと性能は変わらないそうです。色も形も全く一緒でした。
中古なので一応気になることを聞いてみました。
「使っていた人は何故これを手放したんですか」
『初期型のはトラブルが多かったんだよね 排気ガス規制対策として排気ガスをいったん貯めてポンプ代わりに使うようになったんだけれど、どうもその部分の部品にトラブルが多くて調子が直ぐ悪くなってしまっていたんだけれど、今売られているのは全て部品が変わっているからそういう事は無くなったけどね』
「これは大丈夫なんですか」
『古い部品は新しいタイプのものに取り替えたから大丈夫だよ 全部整備し直してこれはと思うところの部品は新品に取り替えたから中身は最新の新品状態だよ』
『何か気になることとか出てきたら持ってきてくれれば直ぐ直すから』
これなら決まりだと思った。
安くていい買い物が出来たと思った。

刈払機 (1)

刈払機 (2)

早速燃料を入れて大豆の除草作業を初めて見るとエンジンの掛かりも調子もグーでした。

大豆

燃料切れで全部出来ませんでしたが、明日からは田んぼと草刈り作業となりそうです。
  1. 2016/07/17(日) 19:07:44|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ続くよ田んぼの除草。

久しぶりにラジオ体操をしてから田んぼへ出掛けました。

そろそろ2時間経つのかなと時計を確認してみると歩き始めて1時間で少し足が重く感じられます。
足の疲れがやはり取れないようです。

下の田んぼをやっているのですが、やっと縦方向でひどいところだけやることが出来ました。

田んぼ (2)

田んぼ (4)

出来れば続けて同じ所を今度横方向で歩き通したいのですが、上の田んぼの稲の生育が悪いので明日からは上の田んぼをやるつもりです。

田んぼ (3)

葉の色も薄いし分けつ数が5から7本でした。
下の方は多いもので23ですので何か対策を講じないとまずそうです。

明日は苦土石灰40キロと溜まっている籾と糠、それから鶏糞も3袋40キロ位薄撒きしてみようかと思います。
その後踏み込み除草をします。
  1. 2016/07/17(日) 18:50:28|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たんぼの踏み込み除草毎日2時間。

どうも一気に進めることができないでいます。
今日も朝6時から2時間だけでまあ良いか、と終わりにしてしまいました。
7時には結構強い日射しが田んぼに差し始めます。
これがいけません。

明日も暑くないうちの2時間頑張ります。
夕方も2時間できると理想ですね。

さて、今日の午前中はごま苗を植える畝のマルチシート敷き (張るって感じじゃないんで)を終わらすことが出来ました。

ごま


桔梗農場では大根やキャベツレタスにんじんなどもう収穫が終わったままのマルチシートが敷いてある畝がそのままになっています。早くそれも片付けて新しい野菜の種蒔きを済ませないといけないのであります。
8月に入るともう秋野菜の種蒔きとなります。
その時期もあっという間に来てしまうのです。
又麦の種蒔き作業になりますし、クリスマスと大晦日もその後直ぐ来ます。
もう雪かきの準備も・・・
田んぼで足踏みしてる場合じゃないぞ。

明日は田んぼの除草作業をした後ごま苗の移植作業をします。
2通り作りましたが、苗が植えきらなかったらもう一通り作る作業もしないといけません。
それから刈り払い機の修理に時間をこれ以上取っていられないので、ホームセンターで安い刈り払い機を購入することにします。
ダイヤフラムだけで1800円かかるし、それでも直らなかったら農機屋へ持って修理、そんな事になったら直ぐにキャブの交換となります。キャブ交換となれば2万は出てしまいます。
振動はひどくなりますが、安い刈り払い機を買っちゃおうかとなってしまいます。
既に大変なことになっていますが、とにかくあっちこっちの草刈りを進めないことには・・・。
  1. 2016/07/16(土) 18:10:20|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦収穫後の耕起作業をしました。

麦の刈り取り後は大豆を蒔いてみたかったのですが、蒔く大豆がありません。
来年は大豆種をしっかり取っておいて麦刈りの後蒔いてみようと思います。

さて、今日は幸田町からひだまりさんが農事のお手伝いにバイクで駆けつけてくれました。

ブロンコ (1)

キャブメンテ (3)

シールド状弁をカッターで綺麗に剥がし取ってみたら赤錆が溜まっていました。
これを綺麗にすればきっと直るだろうと信じて作業をしましたが、結果は変わり無しでした。

キャブメンテ (1)

キャブメンテ (2)

朝のうちは田んぼの踏み込み除草を一緒に10時過ぎまで1時間半位やりました。
色んな話をしながら並んで足踏みしていくのですが、新婚旅行でイタリアに行った話が聞けて楽しかったです。

パンの配達も一緒に行きました。

午後は刈り払い機のメンテ作業をして貰いました。
その間農園長は麦刈り後の畑の耕起作業をすることが出来ました。
来年落ち麦の種がいっぱい発芽しないように耕起を繰り返して年内中に数回発芽させておきますと来年発芽するものが少なくなり、異種の除去作業が楽になるのです。
それに空きの種蒔きの準備の為の除草作業も耕起だけで済みますので、広い圃場の対処としてはこれも有りと思っています。

麦畑の耕起 (1)

畑にそのままある麦わらは境に有る歩道によけておきます。
この藁は来年の大豆の種蒔き後の防鳥シートの代わりに使う予定です。

麦畑の耕起 (3)

耕起の前に圃場全体に苦土石灰を撒きました。
ご覧の圃場の広さで袋の半分、散粒機のタンク一杯分約10キロを薄撒きしています。

麦畑の耕起 (4)

麦刈りが終わって日当たりの良くなった圃場には既にアカザが30センチ位の高さまで大きく成長しています。
今の内に耕起しておかないと耕起作業も多くしなければならなくなります。
今日少しでも耕起作業が進んで良かったです。

麦畑の耕起 (5)

麦畑の耕起 (6)

桔梗農場でのもちきびの種蒔きとごま苗の定植作業の為のマルチ剥がしをして貰いました。

ごま畑は雑草にすっかり覆われてしまい、順調に発芽したり定植できていた物も大きくなれずに花を咲かせ始めていました。
明後日にはビニールハウスで育てている胡麻苗を新しく作った畝に定植できるようにしたいと思っています。

桔梗農場 (1)

息子から頼まれていたきび持ちの種をやっと蒔くことが出来ました。
どうしても優先順位を考えると米作りになり、田んぼの除草作業に時間を奪われてしまいますが、ひだまりさん援農のおかげで気持ちをずらすことが出来ました。

桔梗農場 (2)

桔梗農場 (3)

なかなか色んな事が同時になっているので一番収入になっているものの作業となってしまいます。
しかし、今やっておかないと収穫に繋がらないので特に時期ごとの種蒔きというのは重要です。今日の夕立の前に種蒔き作業ができたのは大いに助かり良かったで有ります。

夕方5時近くまで一緒に農事をして頂きほんとに忙しい時だけに助かりました。
モロッコインゲンとジャガイモいっぱい収穫できて差し上げられて良かったです。
あと1週間遅かったらモロコシも持ち帰って貰えたのに・・・残念でした。

又ゆとりの時間とお天気に恵まれましたら是非農園ボランティアに来て下さい。
お泊まりで来れる時には農場にテントを張って野営料理で楽しみましょう。

おっとお、すごい夕立だ。
ひだまりさん雨に遭って濡れたかなぁ。
お疲れ様。
事故なく無事に帰れますようにと願います。

おまけ記事
ライ麦の乾燥状態です。

ライ麦

11.2でした。
流石に陽が差すと温度も上がって一気に乾燥が進みました。
間を見て唐箕掛け作業に早速入れそうです。
  1. 2016/07/15(金) 21:01:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スペルト麦の唐箕掛け作業終了しました。

日中の暑さで炎天下での外作業はできるだけ避けて動いています。
今は麦の唐箕掛け作業があるので、それを進めている次第です。
あと2時間位使えばスペルト麦の唐箕掛け作業は終わりそうなので、今日の晴れ間を利用して終わらせる事にしました。

麦 (3)

毎朝田んぼへ行く前にハウスによってごま苗に水をやっています。
乾燥の進まないライ麦の水分をついでに計ってみますと15.4と言う数字でした。
なかなか手強いな。
2日で2%しか減ってないもんね。
今日は好天だから一気に進むかもしれない。
箱の中のライ麦の段の入れ替えと粒を手でかき混ぜてきました。

麦 (1)

麦 (2)

午後の2時から唐箕掛け作業を始めました。
唐箕掛けをしてもご覧の通り籾殻の付いた物を取り除くことが出来ません。
抵抗式精米機を利用してみたら綺麗に取り除くことが出来ましたので、後半は全部その作業もしてから袋詰めをしました。

スペルト麦 (3)

スペルト麦 (1)

スペルト麦 (2)

土蔵に入った今年のスペルト麦は全部で240キロでありました。
まあ、そんなに売れないので来年の作付けはないでしょう。
  1. 2016/07/14(木) 10:05:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田んぼの除草は踏み込み除草。

除草機での作業が辛くなってきたので、ついに時間はかかるけれども踏み込み除草に変えることにした。

しかし、機械を使ってもっと簡単に広い範囲が出来ないかと昨夜はネットでいろいろと調べてみた。
中でも手頃な価格と今持っている刈払機が使えるということも有りカルガモンという商品が目に止まった。
17000円・・・・・、プレビューを読んでみるとやはりプラスチック製の軽さと老朽化の速さ、それから軟弱さから改善箇所が結構あることが判り、購入を控えることにした。
それにどうやら20ccクラスの自分の機械では力が弱すぎるようだ。

さてさて、踏み込み除草だが横歩きで草を倒しながら踏み進んでいくだけでやることは大した技もないわけです。
除草機は軽いので草が小さい内は泥の中にすき込んでくれますが、こう草が大きくなってしまうと泥と混ぜ込むという事はかえって大変な作業となっています。踏み込み除草は体重を掛けて踏み進んでいけばたいていの草は泥中に踏み込まれます。
ただ水が多すぎると作業が大変になるようです。
出来るだけ泥と混ざるように3から5センチ程度の深さで行うのが宜しいようです。

2日前に除草機でやったところが左側です。
これからやるところが通りがはっきりしていないところです。

踏み込み除草 (1)

このあたりは山浦さんと月パンさんが最初に植えてくれたところなのですが、どうも間隔が狭すぎて20センチ位しか隙間がありません。足を横にして通れないのであります。ラインを勘違いしてしまったんだろうね。

踏み込み除草 (2)

最初の1時間は良かったのですが、これも簡単かと思ってやり始めたのは良いのですが2時間目に掛かると足が上がらなくなってきますね。中学校1年生のバレーボールクラブの活動を思い出してしまうのです。
苦痛を感じ始めたらやめるに限ります。
今日はここまで。

踏み込み除草 (3)

踏み込み除草 (4)

やはり除草機でやるよりも確実に綺麗になります。
草を田の外に運び出す手間も省けるので明日からは踏み込み除草でじわりじわりと田んぼを綺麗にしていきます。

分けつ状態は良いところ〈自家苗〉で17本、悪いところ〈もらい苗〉で5本といったところです。

順調に育っているモチ田んぼですが、
水口以外は殆ど大きい株となっていますが、分けつを数えてみると大きいので32もありました。
これはすごいです。

もち田んぼ (3)

もち田んぼ (1)

  1. 2016/07/14(木) 09:56:11|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈り機のメンテナンスをしました。

刈り払い機は全くエンジンが掛からなくなりました。
田んぼの除草作業も2連の手押し除草機を押しきれないと判断しまして、刈り払い機の先の刃を田んぼ除草用に付け替えて挑戦しようかと思い始めました。
所が刈り払い機も故障となり、まあ、とにかく自分でできる限りのメンテナンスをしてみてから中古か安い新品を購入するか決めたいと思っています。
刈り払い機のダイヤフラムを交換すればまだまだ使える気がしています。
明日、ホームセンターで入手できなかったら農機屋へ注文しに行こうと思います。

さて、スパイダーモアーの方ですが、今日やっとエンジン掛けのクセを発見できました。
チョークを引いて3回スターターロープを引いてからチョークを戻してスターターロープを引くと結構エンジンが掛かる事が判りました。
回転調節ネジはもういじらずにそのまま畑で作業をしてみたところ、1時間近く作業をしてくれました。
エンジンが止まってしまう前の10分位は回転にうなりが出始めて、なんだかつまり現象が出始めたといった感じでした。
どこからか汚れが流れいってつまりを次第に起こし始めているという感じです。
明日時間が有ったらもう一度ポンプ側から開けて中の詰まりを確認してみたいと思っています。

今日は雨予報だったんで田んぼ作業はお休みしました。
少し体力の復活もあるかなと期待して
さて、そんな訳でスペルト麦の製粉作業をしました。
販売用に30袋位用意できました。
明日、アルプス市場と、JA産直所ききょうへ持っていこうと思います。
スペルト麦はドイツパンには欠かせない麦粉です。
堅めのドイツパンを焼いている方焼きたい方には是非購入をお勧め致します。
450g入り600円です。

明日の朝は田んぼの除草に行こうと思います。
身体を壊さない程度にやってこようと思います。 [草刈り機のメンテナンスをしました。]の続きを読む
  1. 2016/07/13(水) 21:42:29|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田んぼの除草作業1日6時間。

しかしもう少早い内に除草作業をしっかり済ませたかったと、今更ながら反省しきりであります。

田んぼ (2)

田んぼ (1)

いやぁ、もうこうなってしまうとどうしようもない。
倒した草の上を除草機が転がるだけで除草なんてしていないわ。
行ったり来たりと4,5回繰り返すが無駄な抵抗か。

田んぼ (10)

朝晩3時間ずつはやはり疲れますわい。
今日は6時までやる気でいたのですが握力が無くなってしまって限界となり5時で切り上げました。
明日は雨、久しぶりに外作業は休みとします。

明日は今日唐箕掛けを住ませておいたスペルト麦の製粉作業をしようかな。
明日明後日の内に市場へ並べられると思います。

おまけ記事
スパイダー君復活かと思いきやまたしても・・・。
昼の暑さの中農機小屋の中でスパイダー君の調整にチャレンジしたのです。
やっと動き出したところで調節ネジをいじくってみたところ何とかなりそうな感じとなり、早速大豆畑の除草作業をしてみました。
行って帰っていって帰ってと4通り順調に作業をしてくれます。
しかし、手撒きのあやふやさで通りの狭いところが有り、スパイダー君が入れません。

モロコシとそばの間の除草に切り替えたところ草丈の高さと茎の太さにパワー不足となりエンストしてしまいました。
それからはもうエンジンが掛からないという具合です。

スパイダーモアー

スペルト麦とハナマンテンの唐箕掛け作業も日中の暑い時間帯の作業となっています。
スペルト麦は籾殻の外れない物が結構有ります。
製粉の際には篩で取れるので粉にする際には大丈夫なのですが、余り多くあると製粉機の調節落とし口に詰まってしまい少し厄介になってしまいます。出来るだけ網と手作業で取り除きながら唐箕掛け作業をしています。

スペルト麦 (3)
  1. 2016/07/12(火) 19:41:46|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの除草作業再開の再開です。

刈り払い機と草刈り機も直ったふりして使ってみるとやはり動かないというそんな感じで付き合いきれません。

さて、草だらけ状態となっている田んぼですが、今日の午後から再開しました。
貰った苗は成長が遅く雑草と殆ど見分けがつかない状態となっている。
前進あるのみという事は判るのだが、どう進んだら良いのかが判らない。
自動車免許を取る時にだろう運転はいけないと習ったものだ。
田んぼでだろう運転をしていくしかない。
全体としては50%正解だと思うが、90%間違って進んで行っているところもありそうだね。

田んぼ

夕方近く3時から始めた除草作業は6時過ぎまで続いたけれど、草が多すぎて軽く前進していく事が出来ず体力と時間ばかりが過ぎていく作業となった。
明日は午前中の暑くない時間に頑張ろうと思う。

おまけ記事
午前中に直したスパイダーモアーで作業開始。
回転も安定して完全復帰を思わせたが、一番向こうまで行って回転を落として方向転換したら止まってしまった。
もう動かなかった。

大豆

自宅に有る3本のトマト。
実は沢山なり大きく育ってきたが、なかなか赤くならない。
根元に雨水が落ちると根張りが悪くなる事が影響しているのかも知れない。
昨年は段ボールでマルチをしたところ非常に多く長い間赤いトマトを提供してくれた。
少し遅めではあるが、段ボールマルチをした。

トマト
  1. 2016/07/11(月) 19:54:02|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農園通信7月号 選挙に期待・・・したい。

5月の種蒔きが始まった頃から忙しいったら有りません。
6月の中旬から2週間山口県油谷島へ老後の為の別荘作りとみかん栽培の話を進めようと行ってきました。
そのおかげでと言うかそのせいで田んぼの雑草は伸び放題となってしまいました。
今更ながらその田んぼを目にするとそんなところへ行ってる場合じゃないだろうよと・・そう思っています。

田んぼ (1)

田んぼ (3)

田んぼの水を見に朝一番で田んぼに行くとそばにある公民館の駐車場に車がいつもより多く駐まっていました。
そうか、今日は投票日なんだった。
今回こそ自民党支持が少しでも減ってほしいと思っている。
憲法改正をなんとしてもやめさせたいと思っているからだ。
杉尾さんの選挙活動を応援しに直接行く事はなかったが、そういう事で応援している。

今日は店番を1日頼まれていて農事はお休みする覚悟をした。
久しぶりに店に立つと窓の外の日射しがやけに眩しく感じられ、良い天気なのに店番とはやはり気持ちの中では複雑であった。


きんぴら工房 (4)

店先には白い虎の尾が咲き始めていた。

きんぴら工房 (2)

ノコンギクも早くも薄紫色の花をつけていた。

きんぴら工房 (3)

たまにしか訪れないお客さんを一日中椅子に座って待つ事は出来ないので、黒麦の製粉作業や久しぶりにごまクランキーなるお菓子を焼いたりしてみた。このお菓子の材料はきんぴら自然農園の粉100%で作っている。

ごまクランキー (2)

ゆったりと流れている時間はやはりきんぴららしいと思いながら、ついでに麦茶作りませんかも用意する事にした。
今年は昨年よりも知名度も上がって売れると良いなと思いながらの作業。

麦茶 (1)

麦茶 (2)

3時過ぎには棚に並ぶパンも少しだけとなってそろそろ閉店しても良さそうな感じだ。

今回の選挙は本当にどうなるんだろうかと心配だ。
選挙の為の演説というのは余り聞いてもしょうが無いと思っている。
政治家議員は都合の良い事しか言わないからだ、それにとても口が上手いというか話が上手だ。
気持ちの素直な人はすっかり騙されてしまうのだろう。

議員や党を見分ける方法はなんと言っても国会中継が一番良いのではないかと思う。
選挙活動などは僕から言わせればその時ばかりの宣伝パフォーマンスでしかないんだろう。

今まで何をしてきたのか、そして私達の生活はどうなってきたのか、それ以外になにも判断出来る物事はないと思う。
政府から給料や資金を出して貰っている専門家や学者や議員が数字を出してこんなにも良くなってきましたといっても納得してはいけない。
日本は良くなってきていると言われても、あくまでも自分の暮らしが良くなったかが問題なのだ。
未来の話は判らないので置いておいて、確かな明らかな問題は過去と今にしか無い。

それから言いたい事がもう一つ、政治で先ず良くしなければならない事として経済成長があげられるが、もう、そういった時代ではないはずだ。
家電品も車もこれ以上要らないだろう。
これ以上の贅沢や便利さは本当に必要なのだろうかと考えた方が良い。
高速道路も鉄道もそろそろ一杯だろう。
多くの負を抱えて走り出した国家プロジェクトのリニアなどとんでもないだろう。
人口はますます減少しますし、高齢化もまだ進みます。

そういった中でまだ経済成長一番で良いんでしょうか。
空き家はやたらと増えて行っている中でまだ農地を壊して宅地にしていくのって本当に良いんでしょうか。

あれだけの多くの人々の人生を壊した原発被害、まだまだ何代先までも放射能被害が続くだろうと言われている健康被害。
経済の為にと言ってこれから先かならず起こるだろう原発を動かし続けて良いのだろうか。

金さえ有れば何でも出来ると言う話だろうか。
福祉サービスも金がなければ出来ないと言うが、福祉に掛ける金と防衛費に掛ける金、比べる話は殆どしない。
戦闘機2機今年はやめときましょうかという話はないんだろうね。

このまま日本が自民党の考え方で進んでいくと必ずや世界大戦にまたもや巻き込まれていくのだろうと心配するのはオイラだけではないだろう。
平和な国で有る事は金儲けの下手な国でも存在できるんじゃないだろうか。

とにかく、経済も農業も勝ち負けの世界にどっぷりっていうのが気に入らないのだ。
  1. 2016/07/10(日) 21:17:49|
  2. 農園通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小麦の製粉、少量からお受け致します。

小麦の刈り取りが済み順調に乾燥も出来ています。
今年はハウスの雨漏りもなく、量を少なくした事も影響してかゆとりの作業となっています。
これからゴミ取り作業をしながら土蔵の保管庫にしまっていく作業と同時に周りの方から製粉作業の仕事も入ってきます。

農協も粉やさんも少量の製粉はやっていませんので、きんぴら自然農園の1キロから製粉しますというのは個人的に小麦を少し作った方にはとてもありがたいのでは無いかと思っています。

製粉料金は持ち込み量1キロ100円となります。
全粒粉あるいは精製粉とふすまと言う形になります。
製粉作業は農事の合間を見て行いますので、出来るだけ前もっての連絡と時間を頂きたいと思います。
場合によっては持ち込んだその時に直ぐに製粉作業をして1時間後位にはお渡しできる事もあります。
尚粉を入れる袋は出来るだけ用意して頂けると助かります。

詳しくはブログコメントから管理者だけに表示を許可するのチェックを入れて連絡を入れるか、お店のメールアドレスへお問い合わせ下さい。
  1. 2016/07/09(土) 10:19:45|
  2. 営業のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共立刈り払い機の修理作業しました。

共立のこの刈り払い機は僕の中では結構高価な買い物でした。
何せ新品の農機具を買うという事は滅多にありませんから。
草刈りに相当苦労していた頃なので良いやつを買おうという気合いがあった時です。
おかげで長く使っています。
肩ベルトは2本目となっていますし、持ち手のアルミパイプも1回折れています。
エンジンは一度もトラブル無く頑張ってくれました。

昨日ついにエンストから立ち直れずエンジンが掛からなくなりましたので今朝から始めて修理をしていました。

修理をする前に真っ黒な油汚れを落とさないとキャブレターの分解の祭に中に汚れを持ち込みそうです。

刈払機 (1)

メンテナンススプレーとブラシで周りの汚れを取り除いてから分解です。

刈払機 (2)

燃料送りポン部のある方からネジを外して細いマイナスドライバーで接続部をこじ開けて中を出来るだけ分解して1つずつキャブクリーナーとメンテナンスクリーナーで綺麗にしていきますが、目視では殆ど汚れ事態を確認できませんでした。

刈払機 (3)

組み立て後エンジンを掛けようと努力しましたが、掛かりません。
もしやプラグかなと次はプラグを外してみます。

綺麗な茶色の焦げ付きです。
全く問題ない燃焼ぶりでした。
ついで仕事で真鍮ブラシを使って擦っておきます。
それから若干点火部との隙間をトンカチで軽く叩いて狭くしておきました。
この後エンジンは掛かりましたが、アクセルを開けると止まってしまうと言う結果です。

刈払機 (4)

こういった症状はメインジェットのつまりが考えられるので、次は上部のアクセルノズルの方を開けてみます。

刈払機 (5)

中心部に白いプラスチック製の管がありました。
この中にスプレーを指して綺麗にしたかったので結局下からも分解してスプレー液の入り口出口での開通をしました。

刈払機 (6)

これでもう大丈夫かと思ったのですが、やはり回転をあげようとすると止まる傾向にあります。
蓋にある小さな穴から空気が入らなく燃料が送られないという事もあるので・・・・おや、これはそういったタイプではないみたいだなぁ・・・しかし蓋を緩めて再度挑戦してみると・・・
良い感じで回転が上がるようになりました。
5分ほどアイドリングと回転をあげる事を繰り返した後蓋をしっかり閉めて再始動してみるとどうやら直った感じです。
今度晴れる日曜あたりに草刈り作業ができますようにと願うばかりです。

しかしスパイダーモアー君、しっかり動いて欲しいな。
  1. 2016/07/09(土) 10:03:36|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カボチャとモロコシの様子。

かぼちゃの様子を見てみると小さい実が付き始めていた。

かぼちゃ (1)

かぼちゃ (2)

かぼちゃ (3)

かぼちゃは雨が続くと葉が白くなるうどんこ病に合いやすい。
まだまだ梅雨の時期なので少し心配であるが、まだ実も付いたばかりで若いのできっと大丈夫だろうか。
出も実が多くなって夏過ぎると一気に病気が出てくるんですよね。

朝露が残っている内に石灰を花咲かじいさんのように撒くと良いという。

モロコシが市場に並び始めている。
僕は好きなのでついつい買おうかといつも迷ってしまうが、今年は結構多く栽培しているのでグット、とにかくグット我慢して買わないでいるのだった。

頭に雄しべ花がさいて花粉を落とし始めていた。
この花粉の匂いが害虫を呼んでしまうので、10本の内1本残しておけば良いそうだ、後は切り落としてしまうのだ。

アリゴがアブラムシを育てていた。

モロコシ (1)

葉っぱが灰色に枯れている物があった。
初めて見た。病気かな。


モロコシ (2)
  1. 2016/07/08(金) 20:07:29|
  2. かぼちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する