FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

稲刈り2日目

今朝は5時半起床で6時20分から作業に入りました。
やるそぉ!と言った気分ではありませんが、何せ時間が無いので心にむち打っての出動でした。
上の田んぼのハゼ掛けの続きから作業に入ります。
2段で済むと思っていましたが、意外と収量が多そうです。
途中から3段に切り替えて何とか終わらせました。
ここらでいったん自宅に朝食と休憩で帰ります。
もう9時半となっていました。

tanbo (1) tanbo (3) tanbo (4)

ひん曲がってしまっている畦棒も稲の重みで強制修正させるのであります。

tanbo (5) tanbo (6)

作業を始めて30分ほどすると里山の裾野からのろしが上がった。
知り合いの爺さんが毎日早朝に剪定木を焼くのだ。
いつか酒の席でのろしが上がったらまだ生きてるなと思っているからと冗談交じりに言ったことがある。
その爺さんには除草剤を使わずに除草機を押してるオイラを見て平出の原風景だからずっと続けろと言われている。

休憩時間を終えてさて下の田んぼの刈り取り作業です。
所が、結構水が引いておらず一部刈り取り断念となりました。
それからエンジンの調子が悪く今日は30分ほど苦戦してエンジンを掛けることが出来ましたが、2速ではパワーが足りず止まってしまいます。1速でアクセル全開にして何とか作業ができるような状態です。
今からキャブメンテなどしていられないので、これでエンジンが止まってしまうまで強引にやり続けることにしました。
30分ほど作業を続けていると突然回転が上がって調子が戻ったようです。
アクセルを通常に戻して2速で作業ができます。

tanbo (9) tanbo (10)

しかし、刈れると思っていた部分がまだ浸水が酷くてあきらめる事にしました。
結構な広さを残して刈り取ることにしたのですが、今度は急に結束出来なくなってしまいました。
原因は刈った稲を送るためのチェンがギヤから外れてしまいました。
この故障は初めての経験です。
どうやらカバーを外さないことには直せそうにありません。
工具箱を取りに行って・・・・今日中に刈り取りだけ済まそうと思っていましたが無理かも・・・・と言う気分です。

tanbo (11) tanbo (12) tanbo (13)

色々とアクシデントがあり手間取りましたが、1時頃には刈り取りが終わり帰ってくることが出来ました。

tanbo (14)

明日はアルバイトがないので、1日作業ができます。
下の田んぼのハゼ掛け作業を済ませてます。
稲は立ち枯れ状態に近かったので、既に水分は大分飛んでいました。
刈ってから1日おいたら大分軽い束になっているので速脱穀が出来そうです。
明日中に上の田んぼの脱穀作業を開始出来たらとも思っています。

来週中には新米が食べられそうです。
スポンサーサイト



  1. 2017/09/30(土) 14:01:42|
  2. いちご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り1日目

早朝6時から作業に入ろうかと前日床に入ったのですが、今朝はそんな気分にはなれずに8時から動き出しました。
それにしてもさわやかなお天気でした。
何だか空気も美味いような気がしました。
ハウスにしまってあったバインダーは簡単にエンジンが掛かりませんでした。
この機械は今まで結構簡単にエンジンが掛かっていたので何かの加減でクセが付いたのかもしれません。
この後蕎麦の刈り取りにも使いますが、その後はオイル交換をしておこうかと思います。

今日から4日ほどは雨予報が出ていませんので、一気に全部刈ってしまおうかと思いましたが、下の田んぼの半分だけ残しました。
水がいっぱい漬きすぎているので様子を見ることにしました。

上の田んぼからハゼ掛けをしました。
水口に近い手植えの所はやはり刈り取るには少し早いようでしたので、残しています。
今日はハゼ棒2本一通りを2つ分やり終えたところで自宅に帰ってきました。
なんとここまで朝8時から午後の2時までやっていたわけです。
自分的にはそろそろ12時なんだろうなと思って帰ったのですが・・・・
午後4時からバイトが始まるので、昼食を取って着替えてと忙しく動きました。

たんぼ (1) たんぼ (5)

下の田んぼは半分だけ刈ったところです。
明日は午後3時からアルバイトなので1時には帰ってこないといけません。

たんぼ (3) たんぼ (7)

明日は早朝6時から動き出せれば良いのですが、夜が遅いので朝が辛いのであります。
何処までハゼ掛け作業ができるか全く判りませんが、マイペースで頑張ります。
  1. 2017/09/29(金) 22:34:23|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から稲刈り始めます。

良く降りました。
アルバイトから帰ってくるときにガード下の温度計が10度になっていました。
ぐんぐん冷え込んでいますね。
明日は5度くらいまで冷え込むようですし、お山では霜注意報が出ているそうです。
田んぼは雨水が入ってしまいぐちょくちょじょうたいになっているかもしれませんが、今から始めないと蕎麦大豆と収穫作業が続いていきませんので、進めていくしかないでしょう。
今年は2枚しっかり稲が育っているので1人で3日掛かり・・・・午後からアルバイトがあるのでもしかしたら5日掛かりになってしまうのかもしれません。

泉ちゃんは松本マラソンで楽しむ予定ですが、僕は田んぼで楽しもうと思います。
  1. 2017/09/28(木) 21:46:52|
  2. 米つくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

改築6回目

明日は雨だそうです。
今日は昼近くにブドウの摘み取りに来てくれる人がいるので11時頃からぶどう園へ行きます。
午前中に中の壁板に使う外板壁外しをしてしまいます。
そんな時に電話が入りました。
これからぶどうを取りに行きます。
おお、湯川さんからか。
今日は3人ぶどうを取りに来ることになった。
昼時間に行くつもりだったが、早く行って一緒にコーヒータイムにする事にした。

今日の解体作業は2時間もあれば済む予定だし、アルバイトがない日でも有るので気は楽である。
ぶどうを取りに来てくれたやすこさんが手作りの炊き込み茸御飯を差し入れしてくれて、美味しい昼ご飯にありつけてしまった。
おかげで昼に自宅へ戻ることなくぶどう園からお店に直行して作業の続きをする事が出来ました。

夕方4時近くにはいた壁打ちも終わってドアも付け終えて帰ることが出来ました。

次回は増築部分の解体作業となります。
板壁と床を解してから屋根を外して柱を取り除いて後は片付けとなります。
後もう少しです。
雪が降る前には予定通りに終わらせそうですが、金曜日から稲刈り作業となります。
暫くは農事に専念しなければならなくなりそうです。
  1. 2017/09/28(木) 14:17:42|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無農薬栽培コンコードストレートジュース出来上がりました。

昨日午前中に加工所に持ち込んだぶどうですが、今朝出来たのでと知らせが入り早速取りに行ってきました。
加工料金は訊いていなかったのでどのくらいになるのかと心配でした。
すぐその場で支払いができると良かったのですが、今月はちと厳しいので振込にして頂きました。
500ミリリットルの瓶詰めで76本出来上がっていました。
ぶどうの粒の重さで約70キロは有ったので重さだけでいうと約半分に減ったことになります。
加工賃は消費税込みで29000円でした。
1本あたり382円となりました。
僕の取り分を加算しましょうか。
年間の作業代として、1キロ400円で販売とすると28000円の加算です。
それプラス今年加えた微生物有機肥料20000円で、48000円加えたい気持ちです。
29000円プラス48000円で77000円となります。
それ割る76本で1本あたりの売値は1013円です。

区切りよく1000円。
こんな値段で売れるのだろうか。
俺だったら買えないな。
でも、お土産にするなら思い切って買うかも。

東京渋谷の朝市では売れるんだろうな。

只今ラベル製作中です。
希望販売価格として1000円でやるしか無いでしょうね。
賞味期限は2年だそうです。
  1. 2017/09/27(水) 00:00:10|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの摘み取り作業が済みました。

今日は3時ころまでに100キロ分を取ってジュースの加工所へ運び入れようと思っていたのですが、加工所の都合もあり午前11時までに持ち込んでほしいと連絡がありました。
10時まで頑張って収穫した量は70キロでした。
残り1時間で5キロ増やすのがやっとですので、70キロで納めに行くことにしました。
そういう事でぶどう棚には後3分の1くらいが残ったままとなっています。
僕はもう取る元気はないので、このブログをご覧になっている方に後はただで持っていってもらおうと思います。
余りまともな房は殆どありませんが、美味しい粒がまだたくさんあります。
加工用に是非取っていって下さい。
ただ、こちらの都合で午前中に限らせて頂きます。
携帯にいつ行きますと予約の連絡を入れてから来て下さい。
080-8875-6097中野です。
早く取らないと後1週間位で今あるものもダメになると思います。
  1. 2017/09/25(月) 15:02:27|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日でぶどう狩り終わりました。

今日は絶対に誰も来ないと踏んでいたのですが、持っていた携帯に電話が入りました。
一方来るようです。
女の子を連れた女性が訪れました。
すでに11時近かったのですが、取り終えたのは1時間近で2時間しっかり楽しんでいかれました。

budou (1) budou (2) budou (3)


後は存分にジュース作りに使いますので、じゃんじゃんオイラが取っていきます。
じゃんじゃんのつもりでしたが、2時間かけて取れる量が10キロでした。
予定量100キロ摂るのに20時間かぁ・・・・・・

実は病気の入った房から良い粒だけ抜つまんで収穫しているのです。
房ごとかごにドサッと入れていない分時間がかかっています。
でも甘いいい粒だけを取っているので品質は上等となります。
思っていたよりけっこう大変な作業となりました。

午後は大工仕事のつもりでしたが、今日からぶどうの摘み取り作業に明け暮れそうです。。

それで、まだぶどうは有りますので、予約の電話を入れてもらって私の作業時間と都合が合うようならどうぞ取りに来ていただいて構いません。
午後はアルバイトになることが多いので、午前中に取りに来てもらえる方ということになります。
  1. 2017/09/24(日) 13:19:52|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解体改築作業5回目

今日は屋根の要らない部分の取り外しから作業に入りました。
屋根の上に乗っててのこで切って切り離します。
一度剥がしたトタン屋根の長さを残った屋根の長さに合わせ切りそろえます。
残っていた防水紙の上から打ち付けておきました。
下の板は全く腐っていないのでこれでイケルと思います。

mise (5) mise (1)

次は原料倉庫に運び込んでいたものを何処かへ移動しないといけません。
入口の左に有った棚を壊したりいらないものを投げ出しました。

mise (2) mise (3)

倉庫部分は半分だけ壊して小さくして使おうかと思っていましたが、製粉所として使っていた空間が丸空き状態なのです。
この際取り壊しでもいいのではないかと気持ちが動きました。
ドアを支える太い柱が必要‥・・だけど‥・これ使うか。

mise (4) mise (7)

まあ、はしごの昇り降りだけで疲れてしまうので、早く終わらしてしまいたいという気持ちが増殖してきたのでしょうかね。
もともと有った壁の位置に事務所で使っていた取り外したドアを付けることにしました。
倉庫を作る時に開けた高さ2メートル幅3.6メートルの大きな穴を板とこのドアさえ付けてしまえば面倒な作業はなく、後は兎に角釘を抜いて壊せばいいだけとなります。イベント用の荷物はほかへ持っていってもらいましょう。

今日はドアのサッシ枠をつけるところまで出来ました。
明日は外壁板外しとそれを使って壁作りとドア付け作業を進めます。
  1. 2017/09/23(土) 19:15:56|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦畑の準備で微生物入りの鶏糞を撒きました。

ぶどう狩りの始まる時間は10時からとなってしたので、それまでの時間に少しでも種まき前の準備をしてしまいたいと思いました。
鶏糞と微生物を混ぜて撒いておきます。

hiryoumaki (1) hiryoumaki (2) hiryoumaki (4) hiryoumaki (3)

鶏糞の上にかけているカバーを持ち上げたら長いヘビの抜け殻が有り少しビビりました。
微生物の入っている収獲美人を人袋分スコップでかき混ぜて一回80キロ分岐会のホッパーに入れました。
これを2回分約160キロを一番南側のÇ圃場へ撒きました。
もう一回分は北側ぶどう園のとなりとなるA 圃場へ撒きました。
今度の肥料撒き機は詰まることなく均一に撒いてくれたので買ってよかったと思いました。
ここまでは昨日の話です。

ここからは今日の作業です。
昨夜雨が降ったのですき込むのにはうってつけの日となりました。
土が湿っていることにより微生物の広がりと浸透がよくなり定着しやすくなるということです。
畑に乾燥しているときに肥料や微生物を撒くのは余り効果的ではないそうです。

kouki (3) kouki (1) kouki (2)

ぶどう狩りが始まる10時前に耕起作業を済ませてしまおうと動きましたが、なかなか時間内には終わりませんでした。
お客さんがぶどう狩りをしている時間を使っても午前中には作業を終えて午後は大工仕事を進めたいのでした。
昨夜ちょうどよく雨が降ったのですき込むにはうってつけの日となりました。
  1. 2017/09/23(土) 18:43:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

解体改築作業4回目

今日は午前中ぶどう園を開放することだったので午後1時から3時までの2時間だけの作業となりました。
屋根の取り外し作業です。

雨よけとして残すところもありますのでいらないところだけ外します。
昨日外せなかった部分の波トタンと腐った板材をはずし、それからこれから壊す予定の防水紙を取り外して・・・・

mise (1) mise (2) mise (3)

いらない部分の屋根板を外します。
バールで寝だと板の間に差し込んで持ち上げていきますが、足場の悪さと釘が錆びていて簡単に抜けてきません。
板はだいぶ割れましたがしょうがありませんね。

mise (4) mise (5)

今日はここまで、明日明後日とアルバイトはないので、午前中はぶどう狩り、午後からはこの作業の続きとなります。
隣の倉庫部分は防水紙が半分なくなっているので今夜雨が降ると困るなぁ。
  1. 2017/09/22(金) 15:24:31|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日からぶどう狩りをいたします。

午前10時から12時までぶどう園の開放です。
この所お店の改築作業に忙しくしていてブドウのつまみ食いもしていません。
いよいよ明日から日曜日まで3日間ぶどう狩りをしますので、例年ご参加していただいているお客さんま他沢山のおいでをお待ちしております。
深さの浅い箱などを持参して下さい。
1キロ400円での販売となります。
パンは並びませんが、小麦粉と乾麺でも並べてみようかと思っています。
近くまで来たが場所がわからないという方は携帯に電話を入れて下さい。
080-8875-6097 中野です。
  1. 2017/09/21(木) 21:05:21|
  2. 営業のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解体作業、3回目

昨日は一日出来ましたが、今日は5時から車の運転手のバイトです。
4時には自宅に戻って着替えを済ませていないと慌ただしくていけません。

さて、今日は床材を取り外して屋根を支える柱を取り付けるところまでやる予定でいました。
床に敷いてあったカーペットを剥がして早速板をしたから持ち上げるようにバールで叩いて外していきます。
全部根田から剥がしたところで板についている釘を抜く作業となります。
板を外す作業よりも釘を抜く作業が時間がかかって大変なのです。

mise (1) mise (2) mise (3)

ネダを外すと後は地面だけになりました。
いらない方の外壁を外しますが、上の方だけは雨よけとして残します。
新しく屋根に取りつける柱は3メートル以上のものが見つからなかったので、製粉所を作ろうと思って購入しておいたものを自宅から持ってきました。
天井から紐を垂らして長さを測って柱を切って取り付けました。
これで外壁で支えていた屋根の半分を切っても大丈夫になりました。

mise (4) mise (5) mise (6)

屋根の上に登って波トタンを外しにかかりました。
簡単に釘が抜けて波トタン板が剥がれましたが、その下はルーフィング、その下が板、その下が防水紙となります。
板は屋根全体がシロアリの巣でした。

mise (7) mise (8) mise (9)

今日も軽トラ2杯分の築材と廃棄物が出ました。
明日はいらない部分の屋根の撤去作業となります。
  1. 2017/09/21(木) 16:19:39|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

店解体裏口部分 2回目

今日は内壁と物置場となっていたロフト部分とサッシ窓、外屋根を取り外しました。

ロフトと店内を繋げていた入り口を左の壁板を外して切りそろえて塞ぎます。

mise (2) mise (3) mise (4)

口を塞げばもう壊してしまっても大丈夫ですが、屋根を支えている天井部分は雨よけとして半分だけ残す予定です。
新しく屋根を支える柱を立ててから壁板を全部外すことになります。

mise (7)

初めて使われた材ももちろんあるのですがこの部分は再利用された材のようで釘穴がやたらと多いのであります。
材の長さが足りないのでこんな所に短い材を足して使っていたことを思い出しました。
まだまだ長いものは再利用していきます。
子供の頃の我が家の木箱の釘箱には錆びて曲がって先が潰れたものばかりでありました。
使える物をとことん再利用していたあの時代は周り中貧乏ばかりだったけどそれが連帯感や助け合いの気持ちが育ってよかった。
昭和の良さを受け継ぐ気持ちよさを死ぬまで続けたいと思っています。

 mise (5) mise (6) mise (8)

雨よけの短いトタン板を外しましたが、これはどうも簡単には打ち釘が抜けず随分と潰れたり曲がってしまいました。
これは金属ゴミとして出すか迷います。

mise (9) mise (10)

昨日と今日で軽トラ2杯分の築材が自宅と農場へ運び出されました。
結構出てくるなと感じていますが、又どこかで使えると思うので大事に取っておきます。
が、置き場所がなかなかない。
土蔵の差し掛け屋根の下に農機と一緒に並べたのはいいが、だんだんゴミ屋敷状態になってきちゃった。
  1. 2017/09/20(水) 19:02:41|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お店の増築部分の解体作業再開しました。裏部分1回目。

表の土間部分は既に解体しましたが、裏部分も今回解体することにしました。
雪が降る前に終わらしてしまいたいのですが、どうなる事やら・・・・・時間はあまり取れそうもないのでやれるときに少しずつやるしか有りません。
稲の刈り取り作業が10月に入ると始まるので、それまでには何とか出来ればと思っています。

道側から見ると右側の部分となります。

mise (2) mise (1)

中に入っている物を隣の倉庫へ移してから、波部の中に入っている電線コードを片付けるのですが、あまりに暗くて作業になりません。
最初に光が入るように壁板を外す作業から行いました。
オープン当初から長いこと使っていた丸看板を外します。

mise (3) mise (4) mise (5)

壁板の間には三陸水産で使っていたスチロール箱が収まっています。
断熱材に使っていたものです。
配線撤去の作業と壁板はずしは同時作業です。


mise (6) 

左側の壁板を外して正面の大きな窓空間を閉じないと今日の作業を終わらすことが出来ません。
4時からアルバイトが始まるので3時までには終わらせないと・・気持ちは少し焦りながらやるのでありました。

mise (7) mise (8)

これで獣やよからぬ輩が店内に侵入出来なくなるのでオッケイです。
解体作業は雪が降る前に終わらす予定でおります。
つづく。
  1. 2017/09/19(火) 15:17:28|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お店のくみ取り作業をしました。

今年の4月からきんぴらのお店は閉じてしまったので、くみ取りの回数は自ずと減ったのですが、まるまる1年もくみ取りをしていないとやはりやばいという状態になります。
夏の頃にくみ取りを頼まれたのでありましたが、伸ばし伸ばしにしている内にすっかり忘れていました。
解体作業に行ったら風が強いのでやはり今日はやめることにしたのです。
さて、何しようかと店の前で思ったときにくみ取りを思い出したというわけです。

いつもだと1タンク分50リットルだけで済むのですが、口元まで来ていましたので2タンク分のくみ取りとなりました。

kumitori (1) kumitori (2) kumitori (3)

今年はクルミ・栗・梅・桜の根周りに撒いておきました。
来年は樫ぐるみのみがなるだろうか・・・サクランボの実がなるだろうか・・・うめもそろそろ・・・

おまけ記事
深夜台風の影響で結構な風と雨が降っていた。
田んぼと蕎麦畑を見て回った。
田んぼは稲が倒れてしまったところがやけに目に付いたが我が田んぼは全く変わりがなかった。
蕎麦はべたっと倒れてはいなかったが斜めに倒れかかっていた。

soba.jpg

蕎麦はバインダーで刈り取るのだが、これだけ斜めにされると頭が絡み合ってしまい少し難儀しそうだなと思った。
  1. 2017/09/18(月) 21:05:16|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農機置き台に使うパレットを買ってきました。

ビニールハウスの中に置ききれない農機を外置きしています。
勿論雨よけのシートは掛けてるのですが、地面に直置きなのでそこから錆びてしまうし、長いこと置くと埋もれていきその被害も酷くなってきます。
せめて台でもと思っても木製だと2年くらいで腐ってしまいます。
一昨年何でもセンターで見つけて購入したプラパレットが結構良かったので又良い物が出たらほしいと思っていました。
何でもセンターではもう出そうもありませんでしたが、先日グリーンファームへバイクで行ったときに中古のパレットが1つ1000円で並んでいるのを見つけ、売れてしまう前にと早々に買いに行ってきました。

只、使い方としたら平面が空気の通りが良いようにと網状になっているので、これは粉類を置くときに使うものと想像します。
機械を置くのなら穴無しの平面だけのパレットが理想なんだろうなと思っている。
が、ないよりはずっとましなのでこれで少しは良くなると思う。

paretto.jpg

朝、塩尻を出るときには雨が結構降っていたのに、木曽路から権兵衛トンネルを越えたら全く明るく視界が開けた。

inadani.jpg

山というのは気候の境目になるものだとまたまた思った。
  1. 2017/09/17(日) 12:54:43|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの草刈作業が終わりました。

これで今年の草刈作業は終了・・・ではないかと期待しています。
隣の田んぼでは稲刈り作業が終わっており機械が軽トラの荷台に積まれていました。
話しかけてみると、今年は稲刈り作業をする予定が立たないので早めだけれど刈り取ったとのことでした。
いっそのこと2週間ほど先送りとも考えたけれども台風の影響で倒れたらどうしようかと迷ったそうです。
テレビニュースで一等級の判子を押している画像を見たのですが、抜かれた米粒には結構未熟の緑色の粒が混じっていました。
今年はやはり日照不足で未熟米が多いのかなと思いました。

tanbo (4)

我が田んぼでは手植えした部分は葉は勿論のこと穂まで緑色をしている訳で刈り取りは10月に入らないと出来そうもありません。
もしかしたら後から手植えした部分だけは後刈りにするということも出てきそうです。

JAでも今年は今月下旬から10月の始めに刈り取り作業となると聞きました。
久しぶりに霜が降りてからの刈り取りになったりして。

草刈作業は約1週間かけて一巡しました。
平地はこれで終わりですが、自宅周りの生け垣の剪定作業が待っています。
まあ、これも人目に付く場所なので年がら年中ほったらかしというわけには行きませんから。
年二回くらいは剪定作業をしなければと思っています。
寒くもなってきましたので、今からやれれば今年はもうやらなくても良くなります。

まあ、ボチボチと作業を進めます。
  1. 2017/09/16(土) 14:32:53|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼの草刈作業半分終えました。

午後2時間作業をしてきました。
丁度半分終えたところで帰ってきました。
やり過ぎると明日の疲れに加算されますので、やってもこの辺でしょうか。
直ぐ上の田んぼは家族3人がかりで稲刈り作業をしていました。
娘と孫もお手伝いに来ていましたが、直ぐに帰って行きました。
殆どお手伝いにはならなかったにしろ、良い光景です。

排水路側でながーい蛇の抜け殻を見つけました。
財布に入れておくとどうのこうのと御利益があるようですが、正真正銘の迷信ってやつらしいので画像で拾っておくことにしておきます。

tanbo (1) tanbo (2)

緑色の濃いところは後から手植えした自前の苗を刺した部分です。
全体的には上々の出来になりそうです。
  1. 2017/09/15(金) 15:06:44|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋野菜の種蒔き作業をしました。

この2年ほどはキャベツも白菜も良く出来ている。
マルチを使ったことが成果として出たのだと確信しているが、今年はマルチ無しでやる事にした。
どうして安全パイを取らないのか・・・・・収穫無くてもいいやとどこかで思っているんだろうな。

大根の種が残っていなかったのでそれ以外蒔いておいた。
蒔いたのは白カブとにんじんと白菜、キャベツこんなもんだろう。

akiyasai.jpg


  1. 2017/09/15(金) 10:52:40|
  2. 白菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キジの卵

シュラーク圃場のライ麦が刈られてから2ヶ月が経った頃その雑草畑化したところにキジの卵が7つ産み落とされていた。
シュラークさんはモアーを使って雑草を刈っていたのだが、その部分だけを残すこととなった。
皆顔を見合わせてキジが戻ってくるかなぁと心配していた。

それから数日間畑道を通る度にキジの姿があるかどうかを確かめる日が続いていたが、どうも姿を見ることがなかったので5日後についに決心した。
卵を食べることにした。
それでもと思いゆっくり歩いて近づいてみたが、やはりキジの気配は全く無く・・・・・産み落とされた巣を見下ろしてみた。
7つ有ったはずの卵はなかった。
きっと俺と同じ思いの狐か鳥が見つけ持ち帰って食べたのだろう。

その後はトラクターで少しだけ残っていた草藪を耕起してきたのだった。
  1. 2017/09/14(木) 22:00:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長ネギの救出しました。

苗から栽培しているので、愛着は有ります。
しかし世話をする時間と体力がないのでありました。
今年は何だか体調がなかなか戻ってきません。
夜のバイトの影響も有るのかもしれませんが、これくらいで弱音を吐いていたのでは次に進めませんね。

さて、こんなです。
葱のねの字も見えません。
雑草の中から葱を引き抜いていきます。

naganegi (1) naganegi (2) naganegi (3)

隣に耕起したところを用意して溝を掘って底に枯れ草置き場の土を入れました。
藁を入れるととても良いようです。
抜いた葱を4本束にしてどさっと植えました。
ほんとは1本ずつ植えたかったのですが、本数が多すぎてまとめ植えしたのでした。

naganegi (4) naganegi (6) naganegi (5)

雑草ジャングルの中からの救出がやっと出来ました。
帰りには植え付けられなかった葱が一抱え出来ましたので、これは自宅の軒において食べて貰おうと思います。

空いた土地には明日秋野菜の種蒔きをしようと思っていますが、にんじんも大根もほんの少しにしたいと思います。
  1. 2017/09/14(木) 15:32:16|
  2. 長葱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈り機の前輪修理しました。

左のタイヤはどうもパンクしているらしい。
空気を入れたその日は良いが翌日には見た目は変わらないが足を乗せるとペコちゃんである。
だから左側だけ地面に回転刃が当たって斜め切りをしていく。
それから回転刃の前に1つだけある前輪タイヤなのだが、一番高い位置にしていてもスコンと一番低い位置となってしますのだった。
詰めの引っかかりが浅すぎるのが原因で、それを直すには一旦タイヤを外して形の変形を直してから付け直しをしないといけないみたい。

タイヤのパンクはチューブレスなのでホイールとタイヤとの隙間に機械油を垂らして空気を入れて置いた。
明日これで空気が抜けていないようだったらゴミが噛んでいて微妙な隙間が出来ていたのが原因だと判る。
出来ればタイヤを外して接地面をぼろ切れできれいに拭いてから作業をしたかったが、いい加減な気持ちが少し強かったのでしょうがない。

kusakariki (1) kusakariki (2)

直したところで桔梗圃場へ草刈に行ってきた。
1時間くらいで周りや通り道の草刈を済ますことが出来た。
その間に前輪が落ちるという事もなくどうやらこれでいけそうだ。

kikyou (1) kikyou (4) kikyou (2)


桔梗圃場の蕎麦は今年も順調である。

kikyou (3) kikyou (5)

帰りに落ち種から自生してきた小松菜を取ってきた。
この場所へ長ネギを植え替えしようかと思っている。
  1. 2017/09/13(水) 17:42:33|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎの種蒔き再度。

職場体験で2人の生徒が来てくれたときに玉ねぎの種蒔きをポットにして貰いました。
少し不安はありましたが、最初説明をしただけで後は任せておきました。
大分芽が出そろってきたので、発芽しなかったところへ蒔き直しをしました。
残念ながら3分の1しか発芽はしませんでした。

tamanegi (1) tamanegi (2)

毎年保存性の良いネオアースという種類を栽培しているのですが、今年は早生品種大玉にこだわってみることにしました。
そばのすきまにポット苗を設置したのですが、日陰状態になってきましたので、周囲の蕎麦を刈り取りました。
刈り取った蕎麦はお浸しにしてお昼に頂きました。

中村さんが大豆畑の除草作業に来ていました。
そろそろ麦蒔きの準備のためにここらで雑草対策をした方が良いと思い、トラクターでの耕起作業を進めました。
午前中なら出来そうという事でついでにやって行かれました。
これで播種前の耕起作業だけで種蒔きが出来そうです。

nakamura.jpg

雨上がりで陽が射している徳永圃場の蕎麦です。
3日くらいで葉の茂りが濃くなるようだったら液肥が効いたということです。

tokunaga.jpg
  1. 2017/09/13(水) 13:04:05|
  2. たまねぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦の様子。

蕎麦は順調に育っていますが、良いところとそうで無いところの差が随分有ることが判ります。
先ずは出来の良いところから、北側のA圃場です。

soba (6) soba (5)

北と南の真ん中に当たるB圃場。ここは貸し出し圃場となっているところでビニールハウスの南側となります。
畝間の隙間の地面がよく見えてしまいます。
一番良いところから3日遅れでの種蒔きとなっているのでその生育の差もありますが、差が大きすぎる気がします。

soba (9) soba (8) 

そのB圃場の中で東側に当たる部分も中々良くなってこないところがあります。
一番公園に近いところです。
ここは背が低いし葉が少ないので茎の赤がやけに目立っています。
右の画像に行くにしたがって公園よりとなります。

soba (1) soba (2) soba (3)

昨日撒いた液肥がどれだけ効果を出してくれるのか楽しみであります。
この雨上がりの後の成長が問題となります。
  1. 2017/09/11(月) 16:32:50|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になっていた草刈り作業再開してます。

大豆の間に大きく目立ってきた雑草と果樹園の中で刈り残しのあったところや自宅回りのジャングル化してしまったとおり、それから沿道沿いの空き地の雑草も早く今の内に買ってしまえばと思ってはいたものの、体調と刈り払い機のベルト問題が重なって中々出来ないでいました。
今日は朝からそんなところを順にやっていきました。
午後3時には田んぼの畦と桔梗農場を残して全て終えることが出来ました。

草刈りをしていると良い香りがするときがあります。
草の種類によって香りを放つ物があるのです。
自宅周りにはドクダミが多いのでその香りに包まれます。
道路沿いの所は今年ゲンノショウコが沢山生えていました。
白い可愛い花を咲かせていました。
この花の香りではありませんがミントに近いすかっとした香りを放っていた草があるようです。

kusakari.jpg
  1. 2017/09/11(月) 16:15:55|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦畑の生育の悪いところへ液肥を撒きました。

蕎麦は大分大きくなってきています。
北と南の間にあるB圃場は麦の生育も悪いので鶏糞やら色々と有機質を入れています。
その部分のそばの生育は他の所よりも良いようです。
やっと成果が出始めたのかもしれませんが、今まで良かったところの生育が悪いのであります。
これは今の内に対処して置いた方が良いと思いまして、鶏糞と微生物肥料を混ぜてバケツに入れ水を入れて置いた濃縮液を薄めて撒いてみることにしました。

ekihi (6) ekihi (1) ekihi (3)

ekihi (4) ekihi (5)

日中の暖かさでしっかり醗酵しているようです。
ゴミはザルで濾して取り適当に水で薄めて使っています。

明日か明後日には雨が降りそうなので丁度良い感じです。
  1. 2017/09/10(日) 20:40:12|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刈り払い機の釣りバンドを新調しました。

2月前に釣りバンドが切れたのでミシンでしっかり縫ってつなげておいたのですが、作業して30分もしないうちに又違うところが切れてしまいました。どうやら風化によってナイロンベルトそのものが弱くなってしまったようです。
新しいベルトを購入しようと思いましたが、1月バイトが出来ない状態が有り、収入がありませんでしたので購入を断念していました。
家の経費からベルトの代金を出して貰えないかと相談したところ良いんじゃないだろうかと一人言ってくれた方がいましたので、新しい物を買いに行きました。今度購入するとしたら出来るだけ紐やベルトではなくてネットで釣れるタイプにしたいと思っていましたので結構探しました。カインズ・綿半・ケイヨー・大地・コメリ・とまとと廻って山形村のトマトでやっと見つけました。

4000円近い物なので長持ちしてほしいと思います。
早速ハウスや沿道沿いの途中作業になっていたところから草刈り作業を進めました。
使ってみた感想は結局はネットなのに肩全体に重さが掛かるのではなく、首筋に重さが収集していたので返って前の物よりも痛いのでありました。
ベルトの締め具合で変わるのかもしれませんが今の所調節で良くなるところまで使いこなせないでいます。

画像は後日又アップします。
  1. 2017/09/10(日) 20:13:25|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄米粉製粉しました。

昨日アルプス市場へ野草麦茶を納品してきました。
季節も秋の入口ということも有り、麦茶も売れなくなってくると思い在庫を全て50円の値引きにしておいてきました。
賞味期限はまだまだ有りますので、慌てることはないのですが、やはり風味の強い内に飲んでほしいと思いました。

その時に粉類をチェックしました所玄米粉が売り切れとなっていましたので、本日製粉作業をしたわけです。
gennmaiko (1) gennmaiko (2)


改めて思ったことはたかだか3袋分の製粉をするのに2時間あまり付きっきりの作業となる事でした。
小さな卓上製粉機できな粉や蕎麦粉や玄米粉を製粉しているのですが、商売品を作り出すのには効率が悪すぎます。
製粉機だけではなく途中には手で古い作業も加わってきます。
玄米は5回に分けて細かさを強めていきます。
細かくなるにつれて落ちる速度がゆっくりとなります。
1キロ200の粉を落とすのに最後は25分かかりました。
その際落ちが悪くもなってきますので、ホッパーに詰まるのを箸の先でつついて落としています。
なんという手間の掛かる効率の悪いことをやっているんだと改めて思うのです。
出来上がった3袋の粉1袋いくらの値を付けるんだという事です。
時間給で2時間分1000円はほしいな。
原材料代として1050円はほしいな。
私の取り分はこれで良いとして、卸先の取り分2割が入ると・・・・
ざっとで900円で販売しないとそれぞれの取り分が出てこないわけですか。
1000円で販売したいけど900円で行くか。

おまけ記事
蕎麦と陸稲の状態です。
雨の中見てきました。

okabo (2) okabo (3)

陸稲にも穂が付き始めました。
湯川さんと山分けとなる予定です。
陸稲は餅なので正月のお餅となる予定です。
上手く収穫まで行くのかまだ判りません。
  1. 2017/09/07(木) 14:00:27|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどう狩りの予定日が決まりました。

budou (4) budou (1)


この2,3日で一気にぶどうの色も黒く染まり始めつまみ食いも楽しくなってきました。
今年も天候不順で回りのぶどう園では農薬散布の回数も増えていますが、きんぴら農園は一切使いません。
出来た物を有り難く頂くだけです。
それでも土質を良くするために3万円ほどの出費をして微生物を有機資材、肥料と共にすき込みました。

無農薬栽培のブドウもこの3年ほどは気候の不順土質の変化などもあり病気の広がりがひどくなっています。
それでも良いところは何とか無駄にせず食につなげていきたいのであります。
今年は22日金曜から24日日曜日まで3日間10時から12時までの午前中2時間ずつぶどう園を開放します。
摘み取り価格は1キロ400円です。
平箱など入れ物持参でおいで下さい。

今年から100キロほどはジュースに加工して瓶詰めにて販売しようかと思っています。
ぶどう園は1反にも満たない小さな圃場ですので初日で良いところは取りきれという事もあります。
どうかご容赦ください。

ぶどうの様子です。

budou (2) budou (3)

コンコードは大分熟しが場所によって差が出来ています。
色の濃いのをつまんでみましたが、まだ糖度が乗っていませんでした。
でもこの分だとぶどう狩りの時には良くなると思いますが、その分又腐敗も多くなってしまうので13日頃から取り始めたくなります。
今年は3日間と1日長くしましたので、初日にまだという所も24日には丁度いいという事になるかもしれませんね。
全体的にはやはり病気が多く房は多いのですが、売り物になる量は少ないかもしれません。
ナイヤガラの方は既に半分以上が痛んでいました。
粒の綺麗なのをつまみ食いしましたらやはり美味しかった。
ぶどう狩りの頃にはナイヤはないやとみて良いでしょう。
  1. 2017/09/04(月) 07:21:00|
  2. ぶどう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する