FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

麦の上作業に助っ人登場。

今朝6時頃にメールチェックを入れると昨夜農作業のお手伝いをしたいとの連絡が入っていた。麦畑の除草作業に追われているだけにこれは助かると思って快諾の返事を早々に出しておいた。
9時にお店で会ってから早速畑へと向かった。以前からお店のぱんやアルプスでニンニクを購入してくれていたご夫妻であった。またどうしてお手伝いをと聞いてみると、以前からブログを見ては行きたい期待と思っていたそうで、なかなか機会が出来なかったのだということだった。松本市に住んでいるそうなので、もしかしたらこれから先ちょくちょく手伝ってもらえるかもしれない。

麦の除草作業 (2)

さて除草作業は3人となって、ペースは断然速いのであった。作業をしながら農業をしたいという話を聞いて、今年麦の生育のだめだったところをお貸しすることにした。
ジャガイモもまだ間に合うので、早急に二人で植え付け作業をするといいと勧めた。
午前中しっかり二人にお手伝いしていただいたおかげで、2日掛かりかなと覚悟はしていたこの作業ったが、この分だと一人でも午後がんばれば今日中に終えることが出来そうだ。

麦の除草作業 (1)

麦畑には猫の足跡がよく見られる。3年ほど前までは狐の足跡が目立っていたが、最近は全く見られない。
猫になった気分で想像してみると畑の中を斜めに横切るのは相当に気分がいいかもしれないな・・などと思いながら手を休めた。

湯川さん (1)

夕方今日農事ボランティアに来てくれたYさん家族がジャガイモとネギの定植に来た。
なんだか賑やかになって少しうれしい気分だ。
自給のための家庭菜園がいっぱい広がってくれると良いなと思う。
日本政府や企業が何を行おうとその商品を買う人がいなければ成り立たない。
市民は自給を目指す。
これはなになに運動ではなく、私たちの生活スタイルそのものなのだ。
食を守るのは農家や政府や企業ではなく私たち自身なのだと思う。

湯川さん (2)

農園の簡易トイレにはカラスの羽が飾ってあったのだが、Yさんの下の子が菜の花を摘んで飾ってくれた。
「みてって」と言われたので、しっかり確認しておいた。

ありがとうね。
トイレを使う人がきっとにこっとするね。
スポンサーサイト



  1. 2013/05/13(月) 16:31:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<稲の苗床のトンネルの開け閉めを始めました。 | ホーム | ごまと大豆とかぼちゃの種蒔きを考える。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinpiranouen.blog120.fc2.com/tb.php/1221-5cf55855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する