FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

製粉機設置作業です。

どうもやっぱり雲行きが怪しくなってきた。
朝6時には東山の上の空には全く雲が掛かっていなかったのに、朝食を済ました7時にはどんよりとした曇り空に変わっていた。
このぶんだとゆっくり午前中に済ませれば良いというような悠長な気分でいられそうに無いと思い早めに動き出す事にした。
軽トラに積み込んでおいた製粉機を製粉小屋に昨日と逆の方法で運び込んで定位置に置いてお店に出掛ける。

製粉小屋 (1)


お店に置いてある工具やら製粉機の細かな部品と清掃道具やすのこななどをひとまとめにして軽トラに積み込んだ。
あとは空っぽになった場所の清掃をした。
2時間ほどでほぼ片付け掃除が終わり自宅へ戻る事が出来た。

製粉小屋 (2) 製粉小屋 (3)

一段落付いた10時頃からちらちらと湿った雪が落ち始めだした。
薪がなかったので30分ほど薪割りをしてから家に入った。
一休みしてから製粉機の組み立てと固定作業に入ろうと思う。
30分ほどで雪は雨に変わった。
運び入れ作業を早めにして良かったと思いながら窓から外を眺めていた。

昼休みも終えて製粉機の固定作業を始めた。
外は雪が本降り状態である。
モーターを付けるが外す時にマジックで付けておいた目印が判らないのだった。
ベルトを着けてからモーター位置を決めボルトを締め付けるが、今までベルトを着けるのに張りすぎていて中々簡単に付け替えができなかったので、今回はゆるめにしてみた。
これで製粉の時に問題が出るようだったら元の位置に戻そうと思う。
循環機も取り付けて電圧メーターも取り付けてこれで置き場所と向きを決める事になる。
やはり手前に粉の取り出し口をなる引き出しがくるようにした方が作業はしやすいだろうか。
電線コードとブレーカーを壁に取り付けて・・・・それから製粉時の機械の揺れや振動を小さくするために壁柱と鉄材で繋ぐ事にした。

製粉小屋

これで固定まで終わったが、ここでの作業は製粉をしながら袋詰め作業なども行う予定でいる。
製粉機のうるさい音の中で1時間もいると耳や頭が痛くなってくる。
耳栓をすると大丈夫なんだけど、それがけっこうめんどうに感じている。
もう大物を入れる事はないので、これから真ん中に防音と防塵を兼ねた壁と扉を設けようと思っている。
それから、作業に適した棚やテーブルなども置いたり作ったりしないといけないだろう。
スポンサーサイト



  1. 2017/02/05(日) 16:15:26|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<通信2017.2月号 | ホーム | いよいよ製粉機の移動です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinpiranouen.blog120.fc2.com/tb.php/2305-3ce825a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する