FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

差し掛け屋根作り。

雨や雪解け水で製粉所の周りは泥状態になっている。
昨日やっと基本の形まで作り上げておいたので今日は補強と垂木の数を30センチ間隔の倍に増やして早速トタン屋根を載せ始めた。
波トタンの打ち付けには木ねじを使って止めている、傘釘は最近では使わないのだ。
綺麗に打ち付けることが難しいからだ。
雨水の心配はするのだけど、そんなに酷いことになっていないのでこれでオッケイとしている。
電動ドライバーでねじ込むのだが、長手の釘でポンチを打ち付ける要領で山部分にへこみを付けてからやっております。

差し掛け屋根 (1) 差し掛け屋根 (2) 差し掛け屋根 (3) 差し掛け屋根 (4)

屋根の先部分を支えている梁材は細いので柱と柱の中間部分は酷く垂れ下がってしまいました。
少しでも下がりを抑えるために真ん中部分には小屋から長い差さえ棒を出して三角形を作り補強してみました。
枚数が後3枚足りなかったのですが、古い薪小屋に使っていた茶色いトタン板があるので、色違いではあるけどこの際使ってみようかと思います。
それで足りない分だけ再購入とします。
それから透明アクリル波板とトタン板の山の間隔サイズが違うために今の付け方では少々無理があるのでした。
そこで透明の短いのは一通り分真ん中当たりに使おうかと今考えています。
直接波トタンの上に乗ったら簡単にへこんだので足場板〈コンパネ〉を載せて作業をしました。
午後3時だがこれで仕事を切り上げて運転手・宿直・すいとん屋・運転手 帰ってくるのは明後日の夜8時過ぎになる予定。
このローテーションが月に4回入ってくる。
でも3月いっぱいで宿直のバイトはやめる予定なのでもう少しの辛抱だ。
スポンサーサイト



  1. 2017/02/23(木) 15:21:25|
  2. 大工仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<差し掛け屋根ができました。 | ホーム | 製粉所に差し掛け屋根を作り始めました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinpiranouen.blog120.fc2.com/tb.php/2314-0c38727e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する