FC2ブログ

きんぴら農園は自然農法実験園

美味しくて安全な食材を作りたいのです。 ホームページはこちらhttp://kinpiranouen.web.fc2.com/

葡萄の木に藁を巻きました。

もう5年以上冬前の葡萄の幹に保温用の藁を巻いていませんでした。
病害虫の発生が多くなったのを機に昔のように藁を撒いてみようかと思います。

過保護にしてはいけないと思いやめていたのですが、弱ってきたらやはり守りの体勢に入りたくもなります。

budou (2)

葡萄だけではなくて、リンゴや梅やブルーベリーの木にも藁撒きをしました。
今日も風が強くてしっかり冷え切って帰ってきました。

おまけ記事
葡萄の根元に籾殻を撒きました。

kaju (1) kaju (2)

鶏糞も後日撒く予定でいます。
来年の葡萄は良い出来になるように少し手を入れたいと思っています。
  1. 2017/11/28(火) 21:53:04|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬前の自宅周りの大片付けです。

昨年秋に切った竹や剪定木を焼き始めました。
生け垣以外に柿や梅や桜の木の枝も切るのでその量たるや大変で、毎年4日くらい掛けて焼いています。
これが片付いたら来年訳文の剪定作業をするわけです。
一年もおいていると腐ったり湿っていたりでババット燃えませんが、それだから火が大きくならず助かっています。
ただ煙の多さは近所迷惑になっているなと心苦しく思ってやっています。

kataduke (1) kataduke (2) kataduke (3)

今年は竹藪の手入れを一度もやらなかったので、獣道が出来ていました。
正月前か後には太くなっている不要木や余計な竹を全部切ってしまわないと行けないと思っています。
何せ夏過ぎに隣の家から竹が家の壁に寄りかかっていて困るので、切らせてほしいと申し出があったくらいですから。
  1. 2017/11/28(火) 18:26:49|
  2. 草刈り作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定作業終了しました。

剪定作業は普通2月には行って行うのが良いと聞きますが、森作業では11月が一番水の吸い上げが少なくなりますので、その点を考えると葡萄や果樹などの剪定作業も11月が一番良いのではないかと考えています。

午前中掛かってやっと終了しましたが、兎に角冷たい風がヒューヒューと吹いている中での作業となりました。
あまりの冷え込みにかき氷を食べたときのようにこめかみ当たりが痛くなり、毛糸の帽子での作業を少し反省しました。
風の通さない帽子をかぶってくるべきでした。

明日からは自宅周りの生け垣や梅や柿の木の剪定作業と同時に、草木の焼却作業を進めたいと思っています。
雪が降る前にやっておきたいことがまだまだ沢山あります。
中でもお店の増築部分の解体作業は至急なのかもしれませんね。

おまけ記事
軽トラのバッテリーが昨日上がってしまいました。
バッテリーは今までにも2,3度上がっており、その都度充電器を用意して対応していました。
ソーラー発電機なるものを取り付けてからはそういう事がなかったのですが、スマホの充電を車でやっていたのがまずかったのか昨日はエンジンを動かすことが出来なくなってしまいました。
今朝一番にエンジンを動かす事が出来ないようだったら新しいバッテリーを買わないと行けないかなと思っていました所、朝の冷え込みが少し緩んだのも影響してか一発で掛かりました。

気をよくして選定作業後車にピカ-ルなるものを付けて磨き上げることにしました。
これはやったらお安い金属磨きクリームです。
カインズで先日買ってきました。
車専用ワックスではありませんが、大分みず弾きも有り気に入って使っています。
洗車した後これで擦っているとまたまた車の錆び状態を知るわけでありますが、あと6年くらいはこの軽トラには頑張って貰いたいなと愛情を注ぐのでありました。
  1. 2017/11/26(日) 15:21:35|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶどうの剪定2日目

昨日から始めた剪定作業です。
今日はカブ乗りイコさんがごま作業に続いて剪定作業もお手伝いに来ました。
農園長は相変わらず絶好調とは行かず、実は両腕腱鞘炎状態なのです。
剪定ばさみを扱うと途端に症状悪化が目に見えていますので、大いに助かるわけであります。
昨夜から消炎湿布を貼り付けております。

budou (1) budou (2)

陽が射し始めたのを自宅で確認してから畑に出掛けます。
9時頃イコさん登場。
枝切りは園長がどんどんやり、イコさんは棚から枝の引き抜きをしてストーブに入る長さに切っていきます。

作業を進めながら害虫駆除も一緒にやります。
膜を張った中に蛾の卵が沢山産み付けれています。
これを取り除かないとあっという間に幼虫が大量発生して葉を食い荒らします。

budou (3)

午後は2時から作業再開、暗くなるまでやり進めましたが、終わりませんでした。

budou (4)

続きは又明日です。
午前10時から息子が温泉に行こうと誘ってくれたので行くことにしました。
朝明るくなってきたら10時まで作業する予定です。
  1. 2017/11/25(土) 17:52:31|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クボタの汎用コンバイン。

来年の秋の収穫時期を迎える前に今年こそは汎用コンバインを手に入れたいと思っていた。
もう蕎麦の刈り取りや大豆の刈り取り作業に挑む自信は無い。
きっぱりと無いのである。

そこで新潟で以前中古農機でお世話になった宮沢農機に30万くらいで探して貰うように連絡してみた。
絶対見つけるねとメールでの返事を頂いている。
しかし、30万という破格値で見つかるかどうか簡単ではないだろう。

ところが、おそばのふじもりさんから使っていた中古汎用コンバインが故障してしまって、メンテに5万くらいかかると聞いて廃車することにしたそうで、もし見て使うようならただで良いよと連絡が入ったのだった。
早速今日午前中に機械の故障の程度を見に行ってみた。
自分で見た所これは直せそうだと判断した。
直ったらまだ使えるからふじもりさん使ったらどうかと言うと、もう畑も返したし機械にお金が掛かりすぎて赤字になっちゃうのでやめることにしたとのこと。
それならば気兼ねなく貰うことにしようと決めた。
朝日から塩尻まで軽トラでは運べないし、走りきることも出来ない。
業者にお願いしてここまで持ってくるのに15000円くらいかかるのかもしれないが、それでも買うことを思えば安いと思う。
廃車を予定していたので、中には蕎麦の生々しい茎葉が詰まっていた。
こちらへ運んで綺麗に掃除をして故障箇所も直して来年の秋に備えたいと思う。
  1. 2017/11/23(木) 20:39:13|
  2. そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

循環式精米機の修理をしました。

網の部分にスペルトの籾がびっしり詰まっていた循環式精米機、蕎麦の磨き作業ができるようにと今日メンテをしました。

seimaiki (4)

前側と後ろ側を外して筒状の網を後ろに引き抜きます。

seimaiki (1) seimaiki (3) 
seimaiki (2)

取りだした網をワイヤーブラシで擦っても見かすを取り除いてから又納めました。
早速磨きをしてみたのですが、期待した成果は無く、そば殻を中途半端に取り除くような感じになってしまいました。
抵抗は勿論0にしているので粒を砕いてはいけないのですが、どうしたものでしょうか。
何処が行けないのか何が行けないのか判りません。
が、もしかしたら通し口の扉調節をもっと開くようにしたら良いのかもしれませんね。
でも、抵抗は緑色のところになっているのでもっと開くと抵抗が掛かりすぎるのでは無いかと・・・・・
もう試しに通す蕎麦がありませんので、又来年の作業に続くという事になります。

今年はもう一度黒細麺を製造する予定だったのですが、黒麦がないので製造を断念するつもりでした。
でも、蕎麦を使って黒細麺を作っても良いんじゃないかなと思いまして、蕎麦粉としての販売は年内だけにして、残った分を使って黒細麺の蕎麦バージョンを作ろうかと思います。
  1. 2017/11/23(木) 17:32:24|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごまの袋詰めと精米作業を進めています。

ごまは金と黒で5キロほどになりそうです。
脱粒作業がまだ全部済んではにないのですが、出来るだけ早く店頭に出したくて綺麗にした分から袋詰めをしています。
日の射している日中は外作業ができますが、雨の日は室内作業となります。
お米も卸販売をしていこうと思うので、精米をすすめているわけでそれが寒い土蔵の中なのでありまして、身体に良くありません。
精米機を動かしながら大豆の選粒作業もやるわけです。

しっかり身体を冷やしてから製粉所の中で精米したお米の袋詰め作業をして、続いてごまの袋詰め作業もします。
製粉所は狭い上に暖房器具があるので土蔵と比べると天国でして、ラジオまで聞けて言うこと無しです。

カンビオさんでは精白米も注文があったので、5歩突き米として10袋納品しました。アルプス市場へも5歩突き米を加えることにしました。
明日蕎麦製粉をして精白米と一緒にアルプスへ持っていこうと思います。
  1. 2017/11/18(土) 22:01:50|
  2. ごま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラクターのエンジンオイル交換をしました。

トラクターの後部を脱粒機に交換しておこうと動かしてみたところ、エンジン音にかんかんという音が大きく聞こえました。
いつもそんなに気にしていなかったのですが、念のために左側のエンジンカバーを外してオイルゲージを引き抜いてみると真っ黒でした。
これは交換しておかないとこのエンジンと長くつきあえなくなってしまいそうです。
いつもだとMonotaROへ発注して購入するのですが、廃油が溜まっていてこれを処分したいし今日中にオイル交換もしたかったので軽トラに廃油を積んでオートアールズに行ってきました。
ディーゼル用のエンジンオイル20リットル缶で8000円をちょっと出る商品を購入してきました。

toakuta- (1) toakuta- (2)

説明書を見ると5.7リットルとありましたが、5リットル入れたところでゲージを見ると少し多いところだったのでこれでオッケイとしました。

toakuta- (3) toakuta- (4)

ついでにエアーエレメントの埃も取っておきました。
そろそろギヤオイルも交換したいのですが、これまた8000円近くオイル代が掛かりますので、農産品の入金が溜まったら購入しようかと思います。

おまけ記事
前に使っていたホンダの軽トラですが、車検がこの11月まで残っていたものをこの春友人が3万円で購入してくれこの秋に車検を取りに行きました。すんなりとは思っていませんでしたが、車検が通らなかったので廃車にすると言っており、それならオイラが1万5千円で再購入して車検の要らない畑内で壊れるまで使う事にしました。
そのお金も都合付けないと・・。
今ないからしばらく待っててね。
  1. 2017/11/17(金) 17:18:43|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルプス市場とカンビオでお米販売します。

今までお米は直売しかしていませんでしたが、売れ行きがかんばしくないので卸しも考え始めました。
アルプス市場でもカンビオでも販売してくれると返事を頂けたので早々準備を始めています。

米に付けるラベル表示ですが参考に一枚頂いてきました。

kome (1)

きんぴらでは農協から種を買ったことがなく、殆どはコシヒカリの種を毎年自家採取して苗作りをしていますので、その都合上国の検査を受けていませんし、受けてもコシヒカリとは認めて貰えません。
勝手にキンピカリという名前を付けています。
農園から直接販売の時にはそれで良かったのですが、お店に並べて販売するときには未検査米という表示と産地名は塩尻市平出とは付けられず国産という表示をしないといけないそうです。

kome (2)

お米表示もオシャレにこけし堂のを使って農園産品として統一感を出しています。
今の所お試しにという意味も兼ねて玄米で1キロ詰めだけ用意しています。
アルプス市場では精米機をレジ横に用意していますので、白米が良い人はそこで精米して下さい。
勿論使用は無料のようです。
お客さんからもっとキロ数の多いものをと要望があれば答えていきたいと思います。
  1. 2017/11/16(木) 23:11:40|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラクターのウエイト(重り)を付け替えました。

ロータリーの後ろに播種機を付けて公道を走ると前輪が上がるのです。
跳ねるのです。
もっと前を重くしないとまずいなと言うことでオークションで探していると1000円以下で20キロというウエイトを見つけました。
勿論クボタサンシャインに合う物ではなく、他の車種に付いていた物です。

ueito.jpg toakuta- (5)

画像のは家のあちこち探して出てきたものを2個乗せて落ちないようにナイロン紐で縛り付けてあります。
これを新しいものに取り替えました。
  1. 2017/11/16(木) 22:57:44|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
農園パン屋きんぴら工房、元店長で今はきんぴら自然農園を担当しています。
穀類を中心として麦・米・大豆・蕎麦を栽培しています。
そのままでの販売もしていますが、精米、製粉、加工〈玄米・小麦全粒粉・黒細麺・きな粉・お茶等)もして販売しています。
ネットでの販売もホームページで行っております。
農園ボランティアをしたい方はいつでも受け入れております。
お問い合わせはコメント(管理者だけに)からお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する